チズちゃんありがとう

今日は雨でしたね。なんとなく気持ちが沈んだ一日でした。

 

 

保護猫たわしは無事に我が家を巣立ったので、その点はご安心ください。

 

 

時間はかかりますが、卒業記事でご報告します。

 

 

生活に対する不安が襲い掛かってきます。

 

 

チチが身近にいますが、チチが養ってくれているわけではありません。お互い自己責任。だから家の固定費をめぐる口論も半端じゃないし、このご時世、暗澹たる気持ちになります。

 

 

でも周りを見渡すと、やっぱりみんな苦しそう。

 

 

先日母の台湾料理店に絡めて(娘の私から見た)飲食店の悲鳴を書きましたよね。

 

 

あのあと、週に1~2度、母の店でお弁当を買っています。母の味が好きだし、潰れてほしくないし、私にできるささやかな応援を込めて車を走らせています。

 

 

飲食店は大変なんてもんじゃない。しかし店によってはデリバリーができる。

 

 

じゃあ、デリバリーのできない接客業の方たちはどんな思いをしているのでしょう。

 

 

例えばネイルサロンとか、エステとか、マッサージ、ヨガ、スポーツジム……

 

 

ヨガとスポーツジムは有料レッスンとして動画配信をするところも増えたと聞きました。では、対面が必要不可欠のネイルサロンやエステや美容室は? 無理ですよね?

 

 

お店を経営している私の友人たちや里親さんたちの顔が浮かびます。

 

 

笑顔が浮かんできます。次に落胆している顔が。泣いている顔も……。

 

 

そうすると胸が苦しくなるのです。

 

 

「置き換えもできない職業の人たち」の苦悩を想像するとたまらないですよ。

 

 

自分も含めてどうにか持ちこたえますように。

 

 

なにもやる気が起きず、悶々とiPhoneをいじっていたら、ヨガの先生をしているチズちゃんのフェイスブックの投稿が目に飛び込んできました。私がタグ付けされています。

InkedInkedIMG_1959_LI

 

 

大好きだって! 私もチズちゃんが大好き!

 

 

え、マジか。ノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)を宣伝してくれています。

IMG_1960

 

 

チズちゃんの美しい笑顔が浮かんできて、私にもニコニコがうつりました。

 

 

ありがとう。すごいうれしかったです。

 

 

カメラマンのゆうこちゃんと私とチズちゃん

00001 (6)

 

 

滝川クリステルさんの財団が主宰するフォスターアカデミーの内輪飲みの日の写真。皆さま「犬猫の保護譲渡活動」に興味を持ち、受講をしてくださった方々です。私は立ち上げ当初よりベーシックプログラムの犬座学、または猫座学の講義(今は両方)を受け持たせてもらっています。

00001 (1)

 

 

事務局の松原さんも参加

00001 (4)

 

 

ニューヨーク州に長く滞在したチズちゃんは、ニューヨーク州やアメリカ全土の保護犬保護猫事情に詳しくて、このとき、メンバーに熱く伝えていました。

00001 (5)

 

 

財団の事務所を借りての交流会

00001 (3)

 

 

講師の私にもお声がけいただきました。

00001 (2)

 

 

ああ。楽しかったな。B7E7F145-4B90-4421-A2CD-96555C11387E

 

 

キツいキツい、苦しい苦しいだけの活動だと波及をうまない。

 

 

やる気になればだれにでもできるということを証明したくて個人でコンパクトにやってきました。

 

 

一頭一頭ですが、真剣に丁寧に取り組んできたつもりです。

 

 

楽しみながらやる、を前面に出しているものの、私だってそうじゃないときもある。

 

 

そんな意気消沈の日々がつづきましたが、チズちゃんのやさしさあたたかさに救われました。よし。まだまだ自分のペースでやるぞ。次は保護猫ココ玉の卒業をめざす!

 

 

ちなみに写真は昨年の7月のものです。

 

 

最近はいつもこのメンバーですから(苦笑)。

IMG_1961

 

 

皆さま生きづらい日々を生き延びてくださいね。

 

 

今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





まう家1

皆さまこんにちは。本日より2度に分けてまうの卒業記事をUPします。

 

 

あたたかいまなざしでまうを応援してくださった皆さまに深く感謝します。

IMG_7972

 

 

1回目は古巣でのまう、次回新居のまうを紹介させてください。

IMG_8577

 

 

野犬上がりのまうは他県から3兄妹で東京へやってきました。

mmm (12)

 

 

保護時の体重は2キロで、卒業前検診のときは6キロ弱……

 

 

持病を持ちながらまうのペースでそれなりに育ってくれたことが何よりうれしいです。

IMG_0172

 

 

emi-goからプレゼントしてもらったごはん

IMG_7871

 

 

同じものを買い足してお婿入り道具にしています。ぬいぐるみたちを添えて♪

IMG_0173

 

 

まうには多くの家族希望のお声がかかりました。どなたも素晴らしい方ばかりでお断りが辛かったです。その中で「安全意識」(→特にこれが重要)と犬への接し方、医療ケアについての考え方が自分と似ている里親さんにお願いをする運びとなったのです。

 

 

里親さんは以前、柴犬のまりんちゃんと暮らしていたのですが、まりんちゃんが5歳で病に倒れたあと、これでもかというほど手を尽くしたご夫婦です。赤坂動物病院で3年間抗がん剤治療をつづけたまりんちゃん。3年ですよ? 病院からは「奇跡の子」と呼ばれていたそうです。まりんちゃんの生命力もさることながら、やはり重厚なバッグアップや愛情があってこそだと私は思います。

 

 

抗がん剤は高いので経済的に厳しい時期もあったとのことですが、「私たちにはまりんは子どものような存在で……」と仰っていたのが印象的でした。それでも里親さんは「あれが正解だったのかわからない」と。その一言を聞いて、私は譲渡を決めたのです。

 

 

もちろん、私は延命治療だけがすべてだとは考えていません。

 

 

里親さんのまりんちゃんへの思いや行動、葛藤や迷い、そして持久力に感服したのです。

 

 

お家の中はまりんちゃんファースト仕様で、里親さんにとってまりんちゃんがどれほど大切な存在だったかをうかがい知ることができました。まうにはそういう家で生きてほしいのです。

IMG_9121

 

 

うちもべべ公が6歳の終わりに胃がんを宣告され、以後約10年闘病しました。

 

 

闘病と聞くとただ哀れな犬のイメージを持たれるかもしれませんが、楽しいことは苦しいこと以上にあったのです。里親さんとはそういう話も盛り上がれます。「してやった」みたいな雰囲気はゼロ。ニコニコと懐かしげに当時を振り返るご夫婦です。まりんちゃんを見送って何年も経ってから熟考の末に「また犬と暮らそう」と思った里親さん。言動に責任感の強いお人柄があらわれています。

IMG_7873

 

 

よかったね。

IMG_7874

 

 

私のまうへの未練はここでさんざん垂れ流したので今さら付け加えることはありません。でもそれだけ、まうは人の心を掴む犬だというのは特記しておきます。

IMG_8106

 

 

みんなと仲よくしてくれてありがとう♡

IMG_8137

 

 

高菜くんのおしめをまうがしょっちゅう勝手に外すのには困ったけれど(笑)。

IMG_8341

 

 

まうをかわいがってくれたゆちゃん

IMG_8510

 

 

プレゼントもありがとう。昨晩もゆちゃんに電話でまうの近況を聞かれました。

IMG_8513

 

 

豆さんが会いに来てくれたときの一枚。みんなに愛されたよね。

IMG_7842

 

 

もふもふ譲渡祭も勇気を振り絞って参加しました!

IMG_8242

 

 

やさしい方のお家に一緒にお出かけ

IMG_9598

 

 

立派だったね。

IMG_9593

 

 

聡明で思慮深い顔立ちです。

IMG_9594

 

 

703号室ではリビングの端っこがまうの定位置

IMG_7872

 

 

落ち着くの?

IMG_7971

 

 

まうのどこか達観したそぶりに里親さん曰く「仔犬ではなく5歳くらいの落ち着いた成犬のよう」だそうです。ふふ。完全に同感。夜な夜な映画鑑賞におつきあいくれてありがとう。

IMG_9855

 

 

お届けの日、チチが片道送ってくれたのですが、私は車内で涙をおさえられませんでした。ハンカチで目頭を拭ってもどんどん溢れてくる始末。ヤバい。里親さん宅は新宿区。帰りはひとり都心の駅から電車に乗らなければいけません。どうしよう。ボロボロの顔がいっそうボロボロになる……

IMG_0178

 

 

自分がどれだけ泣かずに帰宅できるか、どれだけメイクを保てるか、涙腺との闘いです。

IMG_0176

 

 

けれどいざ着いたら、まうのお宅を出るまで涙は一滴も流れませんでした。

IMG_0175

 

 

幸せになるまうが想像できたから。

 

 

まうに夢中の私ですが、里親さんがビビりの極致のまうを育てるうえで、どれだけたいへんかはわかります。お見合いの日、私は里親さんに正直な感想を言いました。

 

 

「おそらく今は私の言葉がピンと来ないでしょうけれど、仔犬とはいえ、野犬は……野犬の咄嗟の逃げは……なんていうか、うまく言えないのですが、ショップの仔犬たちとは別の次元、別の生き物にさえ感じられることがあるのです」

 

 

数日前、里親さんと電話で話していたら、私の言葉を思い出して同意してくれたのです。にしても、まうを育てていく気持ちは変わらない、と。

 

 

あったかいなあと思いました。

 

 

あったかいお家へまうは婿入りしたのです。ありがたいですね。

 

 

新居の紹介は後半へつづきます。

 

 

長くなりましたが読んでくださりありがとうございました。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





まうの動画を観て

皆さんこんばんは。

 

今日は白まんじゅう改めアスターのお届けへ行きました。まうの新居やアスターの卒業記事を控えているのですが、先ほど突然パソコンが起動しなくなり途方に暮れています。

 

まうのお宅の写真もたくさんパソコンの中に入っているのに……。

 

カメラが壊れたばかりなのに本当にショックです。服がほつれたりボタンが取れたりするとなんとなく簡単に直せるのに、電気機器は化石のレベルで疎い。手も足も出せない自分が情けないです。

 

これでiPhoneまで壊れたらもう絶望ですね。

 

iPhoneから更新しているので勝手がわからず、読みづらいと思いますが、どうしても書きたいことがあってトライしています。

今朝、まうの里親さんからまうが外を歩いている動画が届きました。安全を考えてダブルリードを慎重に持っていらっしゃいました。短い時間でしたが、まうもしっかりと横を歩いていました。

 

うまく言えないのですが、心がポカリとあたたまり、感謝でいっぱいになったのです。

 

ビクビク王子を育てる大変さはいかほどでしょう。それでも慈悲深く根気よく接してくださる里親さんを私は尊敬しています。

 

お人柄も環境も素晴らしいですよ。

 

里親さん宅をいろいろ皆さまにご紹介したいのですが、あと1週間トライアルが残っています。しばしお待ちくださいね。パソコンの中に写真があるのでそれまでに直したいです。

 

里親さんから届いたまうのくつろぎポーズを添えて

ら

 

 

LOVE

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





愛の子

皆さまこんばんは。立て続けに更新したりしばらく離れたり、読みづらいことこの上なくてごめんなさい。にもかかわらず、いつも遊びに来てくれて感謝です。

 

 

最近歯医者さんでほめられました。

 

 

ほめられるとやっぱり気分がいいですよね。

 

 

昔から私はスケーリングが大好き。3か月~半年に1度の割合で歯の掃除に行くのです。やりすぎないほうがいいという意見も聞きますが、サッパリするのと歯周病予防に繋がるので私は行きます。若い頃歯医者さんで働いていた私は「歯のたいせつさ」を思い知っています。芸能人のような審美追求型の人工的な白い歯ではなく、歯根を含め自然に持っている歯を強く維持するのが私の生き甲斐。

 

 

自慢は(治療済みの小さな虫歯が数本あるものの)歯や歯の神経がすべて残っていること。そして歯茎年齢が20代と言われていること! 腫れず下がらずでいい調子です。

 

 

「歯石、着色もほとんどなく、よく磨かれています」だって♥

 

 

やったね^^

 

 

さて、本日は先週にタイムスリップ

018 (14)

 

 

トライアル前のまうを連れて「卒業前検診へ」

018 (3)

 

 

バベジアを患っているまうは貧血の値が気になるところ

018 (5)

 

 

定期的に血液検査をしています。今回は悪化してしまったので、薬の量を増やしました。もちろん里親さんには偽りなく(データーごと細かく)報告しています。

018 (7)

 

 

爪切り、耳掃除、体重測定をしました。

 

 

腕に抱いた感じが5.8キロ程度だったので、予想したら見事に当たってました。実際の体重計の数字は5.9キロ。でも首輪やハーネスを外したらちょうど5.8キロになるでしょ?

 

 

なんでわかったか?

 

 

まうは亡きべべ公に重さが似ていたのです。べべは約6キロだったのでその位かな? と。

018 (2)

 

 

持病を抱えてはいるものの、まうはちゃんと育っています。えらいえらい。

 

 

マイクロチップも入れました。ちゅーるで釣って鳴かせずに終わったという……

018 (8)

 

 

雰囲気を変えて

018 (4)

 

 

旅支度が整っていくたびに、切なさが増していきます。

018 (6)

 

 

まうの検診のついでに新しい保護猫3匹のお迎えも控えたこの夜……

 

 

重労働かつバタバタするので病院で腹ごしらえを(笑)。

018 (9)

 

 

カレーだからあげられないの。ごめんね。

018 (10)

 

 

すっかり犬舎に馴れたまう

018 (11)

 

 

勝手にベッドでくつろいでいます。

018 (12)

 

 

病院にいっぱいお世話になったし、みんなにやさしくしてもらえたもんね。

 

 

emi-go、あまぱんとさぶにフードをありがとう♪

018 (16)

 

 

まうと保護猫たちを乗せて、家路につきました。

018 (13)

 

 

TNRを免れた地元の猫たちです。がんばっていいご縁を探します。

 

 

まうとの「さようなら」の瞬間が刻一刻と迫ってきます。

 

 

心の中で私は子どもみたいに「やだやだ」と足をバタつかせ、しかし一方では律儀なオトナのように里親さんに写真を送ったりまうのお世話を淡々としたり……

 

 

自分の思考と行動の乖離に苦しんだ日々を送りました。本当にキツかった。

018 (15)

 

 

トライアルに出る前日に突然まうに会いに来てくれたゆちゃん

018 (17)

 

 

私への誕生日カードとチョコレートをありがとう。

 

 

まう、ゆちゃんにおやつをもらってよかったね。

018 (18)

 

 

emi-goも車にチャポポとボボボを乗せて家の下に来てくれました。

018 (1)

 

 

「さっき」の延長線上に「今」がある以上、「昨日」の延長上に「今日」がある以上、気持ちをコロっと一新させるのはなかなかむずかしい。だから文中にまうへの見苦しい未練が漂っているのはお許しください。どうしてもウソは書きたくないのです。

 

 

けれども私は、責任感の強いすばらしい里親さん宅でくつろぎはじめるまうと里親さんを全身全霊で応援しています。まうの幸せを願って送り出しています。

 

 

まうがトライアルを終えたら「おめでとう」を捧げ、まうが戻ってきたら「お帰り。もううちの子ね」と伝えます。うまく言えないのですが、まうは私にとってそんな存在です。

 

 

どこにいようとも、まうが常に愛の子でありますように。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





もふもふ譲渡祭(動画)

皆さまごきげんいかがですか? 私は相変わらずまうロスを克服中です。

 

 

でも幸せにするためのさようならなので、納得はしています。

 

 

まうや白まんじゅうの卒業検診もUPしたい。更新が日々のできごとに追いつかないですが、新しい保護猫たちもいますし、お出かけ記事も挟んでいきます。

 

 

またちょくちょく遊びに来てくださいね。

 

 

さて、昨年末に行われた「もふもふ譲渡祭」を松本さんが動画にしてくださいました。

 

 

観て胸がいっぱいになりました。もふもふ譲渡祭の一部がわかりやすい形になっています。

 

 

興味のある方はどうぞご覧くださいね。

 

 

保護猫ブースにてQRコードをかざしているところ

0mohumohuutiage (4)

 

 

驚いてくれています。

0mohumohuutiage (5)

 

 

私は案内役を仰せつかりました。

cache_Messagep272612

 

 

うまく説明できたかな?

cache_Messagep272610

 

 

新刊を持ってお子さんと遊びに来てくれた太田記者。うれしかったです。

0mohumohuutiage (2)

 

 

ほかにも数えきれないほどたくさんのお友だちが駆けつけてくれました。バザー品を提供してくださった方を含め、人のあたたかさに感謝した1日でした。

 

 

翌日、体調を崩したまうを連れて病院へ行ったっけ

0mohumohuutiage (3)

 

 

なにかと心配をしたな

0mohumohuutiage (7)

 

 

まうの子犬らしいところも子犬らしくないところも好きだよ♡

0mohumohuutiage (6)

 

 

白まんじゅうは人馴れの関係でもふもふ譲渡祭には出れなかったけれど、703号室所属の大スターだもんね。ビジュアルならだれにも負けないハンサムさです。

0mohumohu

 

 

りょうちゃん おれ ねこまくら つかってるよ」

0mohumohuutiage (8)

 

 

準備段階から現場でなにもかもを取り仕切ってくれたりょうちゃんのハンドメイドのねくまくら。大人気でしたね。最近のりょうちゃんの身体が心配です。

 

 

先日、りょうちゃんと女二人でもふもふ譲渡祭の打ち上げをしたのです。

0mohumohuutiage (9)

 

 

銀座で串揚げを食べて

0mohumohuutiage (10)

 

 

夜景なんぞ堪能しちゃったですよ(笑)。

0mohumohuutiage (1)

 

 

有能な女性は清々しくて気持ちがいい。いろんな話をして心地よく家路につきました。

 

 

夢のようにキラキラとした企画を実現するために多くの方が汗を流したことを私は忘れません。そして現実、参加したほとんどの猫たちのご縁がまとまったことも。

 

 

感謝!

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク