私の指標、1人目、森絵都氏

皆さまこんにちは。日中は暑いくらいでしたね。

 

 

明日、保護猫百香がうちを巣立ちます。トライアルではありますが、明るい未来を信じ祈ってやってください。これまで応援してくださった皆さまに感謝です。

IMG_0095

 

 

 

百香にはさっき特別にちゅーるをあげました。

IMG_0094

 

 

 

美しいだけでなく、どのねことも仲よくなれる百香

IMG_0093

 

 

 

703号室の自慢のスターです。がんばれ百香!

IMG_0092

 

 

 

さかえ先生より、ナナへのブリザーブドフラワーつきフォトフレームが届きました。若い頃のナナの写真を添えて。さかえ先生、ありがとうございます。

IMG_1407

 

 

 

さて、皆さまが気にかけているローズですが、無事退院し、わが家にいます。

IMG_1461

 

 

 

ローズのことは整理したあとブログに書きたいので時間をくださいね。

 

 

 

本日のテーマは「尊敬する人」。

 

 

 

唐突ですが、皆さまには尊敬する人物がいますか?

 

 

「いる」方は、どなたを尊敬しているのでしょう?

 

 

野口英世、マザーテレサ、父親、あるいは会社の上司ですかね?

 

 

私には尊敬する人が2人います。正確には里親さんや友人を含め、もっとたくさんいるのですが、なんていうか、指標のような存在が2人いるのです。

 

 

1人目は年上の方。もう1人は年下の方。いずれも実在する女性です。

 

 

先日、お誘いを受け、1人目の直木賞作家の森絵都さんとデートしました。

IMG_1430

 

 

 

森さんと私は犬猫の譲渡活動を通じて10年以上前に出会い、以後、おこがましいながらも私は森絵都さんを親友だと思いおつき合いしています。森さんもおそらく同じ気持ちでいてくださっているでしょう。私にはそんな気がします。

 

 

よく勘ちがいされるんですが、私はミーハーではありません。

 

 

スペック? を気にして人の顔色をうかがったりもしません。

 

 

私はミーハーではなく、どちらかといえばナルシストの部類です(笑)。

 

 

芸能人、有名人、著名人、会社社長、都心に住んでいるセレブ、ぜんぜん私とはなんの関係もないですし、正直な話、いっさいの興味がないです。

 

 

森さんをブログで紹介するとき「直木賞作家の森絵都さん」と表現することが多かったのですが、ぶっちゃけ森さんにそんな肩書きがあろうがなかろうが私は森絵都さんを崇拝しています。信者です。

 

 

理由は森さんが孤高の人だからです。

 

 

 

絵本作家のスギヤマカナヨさんは、森さんを「武士」と表現します。

 

 

武士か……あわかる。でも私は森さんは「職人」かもしれないと考えています。

 

 

森さんの仕事への姿勢のまじめさや一途さや一種執念のようなものや、ぜったいに譲らない核を持っているところがたまらなく魅力的です。加えて「スイッチの切り替え方」が好き。森さんには失礼ですが、ふだんは謙虚で目立とうとせず、ほわっと抜けていて、ただの呑兵衛なのに、本づくりになると身の毛がよだつほど人が変わる。

 

 

最高にかっこいいじゃないですか。

 

 

長いつき合いの森さんと私は、適宜な距離感を保ちながらも過去に数回衝突したことがあります。しかし、衝突がさらに私たちを深め、私は森さんに怒られると素直に受け止めることができるのです。私も一度だけ怒ったのですが(笑)。

 

 

パンダのかわいいジャンバーで登場

IMG_1437

 

 

 

常に森さんは聞き役で私がおしゃべり役。ふだんは大人数で飲みますが、この日はゆっくり「森絵都」を堪能できて至福でした。ほんとうに思考の深い方です。

IMG_1432

 

 

 

場所は私が選びました。

IMG_1433

 

 

 

気に入ってもらえた様子です。

IMG_1435

 

 

 

森さんはビール→白ワイン→赤ワイン→ハイボール→ハイボールのちゃんぽん派。森さん大丈夫だったのかなあ? 私はビール→タンカレー(ジントニック)→タンカレー→タンカレー→ブレンドコーヒーのストイックめなチョイス

 

 

 

話題は犬猫や政治観をはじめとして多岐にわたり、私の人生相談で終結。

 

 

 

私はどうして森絵都さんが好きなのか、森絵都さんのどこが好きなのかを何回もご本人に告白していますが、今回あたらしい言葉を贈りました。

 

 

「森さんは人にやきもちを妬かない」

 

 

口に出してから気づいたのですが、ほんとうにその通りです。

 

 

私もそうあるべきだと思い、日々努力しています。

 

 

やきもちという感情は醜く、非合理的で、非生産的です。森さんの人にやきもちを妬かないところは、清々しいの一語に尽き、人生に於いてきっと「得」なんですよ。

 

 

対する相手は、結局、自分自身なのではないでしょうか?

 

 

自分を超えられるか超えられないかが問題でそれ以外は不要物です。

 

 

 

森さんは「あー、私はそういえばそうかもね」と素直に喜んでくれました。そのあとで「(要らぬ嫉妬は)非生産的な感情だからね」と加えました。

 

 

うーん!! 最高ですよ。

 

 

森さんの著作を読んだことがない方はぜひ一度お読みになればおわかりになると思います。数々の名作の中で特に私が胸に迫ったのは「クラスメイト」と「出会いなおし」の2冊。「カラフル」「DIVE!」なども親しまれていますね。

 

 

べべが亡くなったときも、ナナが亡くなったときも、森さんはお手紙と栄養がつくものをプレゼントしてくれました。会うたびプレゼントをくださいます。

 

 

あげまんじゅう

ghaora (25)

 

 

 

ナナの火葬前に届いたおやつと手紙

ghaora (1)

 

 

 

ご本人の許可を得て内容を公開します。

ghaora (26)

 

 

 

ナナから森さんに「ありがとう」。

IMG_0232

 

 

レストランも結局ごちそうになってしまい申し訳ないです。

 

 

私にとっては森絵都さん自体が「プレゼント」なのにな。

 

 

 

私からもささやかながら、酒好きの森絵都さんへ

IMG_1428

 

 

 

箸置きかわいいでしょ? チーズとコルクをひとつずつ森さんに買いました。

IMG_1426

 

 

 

私がつらつら勝手に書いているので、これを読んでどう思うか? じゃっかん緊張中です。

 

 

まあとにかく、森絵都さんは私の人生になくてはならない人ですね。

 

 

犬猫の話とは関係なくてごめんなさい。

 

 

 

前半に百香が出てきたから百香に免じて許してください。

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





母の店と703号室

先週は3回も母の店に行きました。家庭的な小さな台湾料理屋を営んでいるのです。

 

 

1回目はこのメンバー。昔からの友人のカメラマン太田康介さんとジャーナリストの山路徹さん。お二方は母の台湾料理が好きで、足繁く通ってくださいます。

IMG_9513

 

 

 

バレンタイン前とあって、母からお二方にチョコをプレゼント。遠い中お越しくださり、いつもペロッと平らげてくださり感謝です。

 

 

 

2回目はランチ。榮先生のご主人ポールさんとスタッフの葉さん(台湾の方)と軽くお仕事の打ち合わせ。母の店なのにポールさんにごちそうになるという。

IMG_9524

 

 

 

何度かお会いしていますが、ユーモアがあり素敵な方です。

IMG_9526

 

 

 

働くママ葉さん。私と同じ台湾出身とあって話が盛り上がりました。フランス人のご主人と娘さんがいらっしゃいます。美しく聡明な方です。

IMG_9527

 

 

 

打ち合わせ後はダラダラモード

IMG_9538

 

 

 

天井を仰ぎながら束の間の昼寝

IMG_9537

 

 

 

ママの料理の才能がうらやましい。母子なのに遺伝しなかったなあ。

IMG_9531

 

 

 

そして3回目は昨夜。4つのグループで店を貸し切り、大盛り上がりでした。

IMG_9573

 

 

 

また太田さんと山路さんの姿が(笑)。太田さんは猫のボランティアの方々と。山路さんは番組のスタッフの方々と。703号室からは卒業生楽の里親福田さん夫妻や太田さんと私のブログを読んでくださるヤマザキさんグループも居合わせました。みんなゆるーく繋がっているいい関係です。

 

 

女性陣。ふだんテレビで拝見するような方々が大勢います。

IMG_9572

 

 

 

私は緊張のあまり指が震えそうになったので、思わずお酒に手が伸びてしまいました。お酒の勢いを借りてみなさんとお話したのです。まあ、ウソですけどね。

 

 

高石さん、私の妹のエイ、山路さん。エイちゃんお手伝いお疲れさま♪

IMG_9576

 

 

 

お誕生日を迎えた田野辺実鈴アナ。紫のお花は私からのささやかなプレゼント♪

IMG_9580

 

 

 

みーたんにkiss! 酔うと女性限定でkiss魔に変身します。被害者続出の夜でした。みーたん、いい一年をお迎えください。たくさん幸せを感じますように。

IMG_9578

 

 

 

高石さん、お久しぶりの石田さん(相変わらずキレイ!)、私の大親友の森絵都さん。私は森さんがいるとテンションがあがってしまうのです。この日は森さんに過去複数回叱られたことをみなさんに暴露。私も一度森さんに物申したことがあり、ぜんぶいい思い出です。よくわからない方に言われるとカチンとくることでも、森さんの言葉は不思議と胸に響きます。人として尊敬しているからかな。

fjao (1)

 

 

 

森さんと福田さん夫妻と。福田さんの奥さん初の顔出し。めっちゃくちゃかわいいのです。福田さんはゲーム音楽ではたいへん有名な方ですよ。楽に齧られご夫婦ともに手がボロボロだったけど(涙)。イカチャーハンにハマってました。

fjao (4)

 

 

 

1週間で3回も母の店に行くことなどこれまで一度もなかったので、ちょっと飽きちゃってしばらく台湾料理は控えたいと思います。ゲフッ。

 

 

あ、そうそう。ギリギリ間に合った免許の更新。違反者なので2時間拘束され講習をみっちり受けてきました。次回の更新時は違反なしをめざしたいです!

IMG_9512

 

 

 

最後になりますが、出かけて遊びほうけてばかりではありませんよ。家が第一ですから、家のことをキチンとやり、空いた時間をエンジョイしています。

IMG_9523

 

 

 

目下時間がかかるのがあまぱんとさぶの「シリンジ食」

IMG_9522

 

 

 

さぶも一筋縄ではいきませんが、あまぱんは拒否が半端じゃないので格闘ぎみになります。先日指を犬歯で思いっきり噛まれてしまいました。痛かった……。

IMG_9521

 

 

 

ある日のナナ。ひっくり返っています。

IMG_9560

 

 

 

急いで救出し、ふかふかのベッドへ寝かせました。

IMG_9561

 

 

 

気持ちよさそうにしてくれています。

fjao (2)

 

 

ふふ。ナナちゃん大好き!

fjao (3)

 

 

 

このチェックのはリルのベッドなんですが、ナナのがうんちまみれになったので、私が風呂場で踏みながら洗ったのです。干している最中だったので、リル用を使ってもらいました。ごめんねリル。後ろでうらやましそうに見ているね。

IMG_9562

 

 

 

身体は日に日に不自由になるけれど、お顔は総じて穏やかです。

IMG_9515

 

 

 

散歩へも出ていますよ。エレベーター内は姫だっこスタイル

IMG_9520

 

 

 

ナナはナナのペースで歩けばいいの。ナナのペースで生きればいいの。

IMG_9519

 

 

 

ナナの余生はぜーんぶお父さんとお母さんに任せてください。

 

 

ナナ、リラックスね。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





“君と一緒に生きよう”の新年会 ほか

私が直木賞作家の森絵都さんと出会ったのはこの一冊のおかげ

IMG_9144

 

 

 

森絵都さんの犬のレスキューを題材にしたノンフィクション。森さんは当時地元で土手犬たちの保護活動をしていた私に取材を申し込んでくださり、それが縁でおつき合いがはじまりました。もう10年以上前の話です。懐かしいなあ。

 

 

私はいろんな方を尊敬しています。片っ端から挙げたいけれどキリがない。

 

 

中でも、森絵都さんとemi-goからは特に学ぶことが多い。スギヤマカナヨさんも仰っていましたが、森さんは作家としても人間としても、「人として信用ができる」女性。カナヨさんももちろん大好きです。ずっと仲よくしてもらってます。

 

 

 

このたび、森さんの「君と一緒に生きよう」に登場する一部の面々とひさびさに会い、新年会を開催。私の戦友だったももママちゃんもいますよ。

IMG_9153

 

 

ももママちゃんは703号室卒業生のベレーボ(猫)と暮らしています。

 

 

※ ベレーボはセブンイレブンで私が保護したクチャクチャの猫。私のブログで10本の指に入るほど大人気のスターでした。

 

 

ももママちゃん、「ベボがいなくなったら死んじゃう」だそうです。

 

 

絵本作家の大御所スギヤマカナヨさん(右)とももママちゃん(左)。ももママちゃんの息子が19歳ですって!! 信じられない~!!

IMG_9157

 

 

 

森さん、西川さん姉妹(本当は母娘)

IMG_9127

 

 

 

大きくて愛らしい看板犬とおいしいハワイ料理

IMG_9119

 

 

 

楽しくて時間があっという間に過ぎてしまいました。

 

 

ももママちゃんと西川さんの「超不適切な譲渡先から猫2匹を奪還した件」には一同腹を抱えて笑いました。気合いが入りすぎです。勇ましくてかっこいいな。

 

 

武勇伝に込められた愛情と責任が、私には痛いほどわかります。

 

 

ももママちゃんはだれもが「潰れろペットショップ」と叫んでいたころ、たったひとり「ペットショップをやるなら犬一頭300万円くらいで売ればいいのに」との持論を展開(笑)。あとになってその言葉に込められたももママちゃんの真意を、私は身をもって知りました。ちょっと無理すれば簡単に買える金額で売るから、飼育放棄が生まれやすいんですよね。極端な発想ですが、嫌いじゃありません。むしろ好き。

 

 

第一、憲法で「職業の自由」が保証されている以上、ペットショップは容易く潰せません。やるなら8週例規制。じわじわと業者を攻める(正す)感覚なので、まずは8週例規制を通したいです。

 

 

 

お店のオーナーにサインを頼まれて書く森さん

IMG_9140

 

 

 

ご自身も2頭の元保護犬(スウちゃんハクちゃん)と暮らしています。スウちゃんハクちゃんはシニア齢で持病もあるので心を配りながら育てている森さん。

 

 

スギヤマカナヨさんも元保護犬茶々(7歳)の里親です。

IMG_9145

 

 

 

西川さんも多くの保護犬猫たちと万全のケアで共生中。うちのほたるが気になって里親に立候補しようか悩んでいたらしい。あの、そういうのは早く言って!!

 

 

でもほたるの良縁を喜んでくれましたよ。器の大きな方なのです。

 

 

私は手ぶらで伺ったのに、森さん、ももママちゃん、西川さんからおみやげをいただいてしまいました。どれもおいしかったです。ありがとうございました。

IMG_9162

 

 

森さんとは「ボランティアのあり方」について語り合いました。またみんなでいろいろ話をしたいな。幹事の西川さん、皆さま、素敵なひとときに感謝です。

 

 

 

さて、風邪をひいてる私。本日はパジャマ姿のまま病院へ

IMG_9339

 

 

 

さすがに寝込むの飽きた。予定がパンパンに詰まっているので早く治したい。

 

 

 

インフルエンザじゃなくてただの風邪との診断ですのでご心配なく。病院で処方された薬を飲んだら頭が少しスッキリしてきました。

 

 

 

うちには世話が必要なお子がいっぱいいます。保護猫も増えたし^^;

IMG_9112

 

 

 

早く全快し、ナナはじめみんなと全身でイチャイチャしたいです。

IMG_9089

 

 

 

保温中のナナ。だいじだいじ♪

IMG_9338

 

 

 

最後に、卒業生つむぎ&たび家のおねいさん(里親さん)よりプレゼントが届きました。おおイソップのシャンプーだ! これめちゃくちゃいいんですよね。猫のフードもたくさん入ってました。うれしいです。ありがとうございました。

IMG_9347

 

 

 

つむたび姉妹のインスタは欠かさずチェックしています。人気なんですよ。

IMG_9335

 

 

 

大きくなっても中身は赤ちゃんのままのふたり。先ほどおねいさんにお手紙を出したのですが、暖かくなったら会いに行かせてもらう予定です。ワクワク!

IMG_9334

 

 

 

よーし! 今夜でしっかりと風邪をやっつけ、明日は元気よく過ごします。

 

 

皆さまも寒さに負けずがんばってください。

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





有限の中の最大値

2010年にうちを巣立ったメロンが8歳になりました(卒業記事はこちら)。毎年プレゼントとメロンの写真を送ってくださいます。ありがとう。

wagako (13)

 

 

 

中年FIVキャリア元シャー猫2匹「じゅん&めい」を家族に迎えてくださった里親さんからは十香が使っているケージとお菓子のプレゼントが。

wagako (12)

 

 

ありがとうございます。こちらが素敵な703卒業生じゅん&めいです。

wagako (11)

 

 

 

森絵都さんからはあったかいお手紙と体にいいプレゼントが届きました。森さんの手紙の一文を読んでほんとうに救われた。ありがとうございました。

wagako (11)

 

 

ほかにもべべへのお手紙や美しいお花などが届いたのですが、またの機会に自慢させてください。実は今もべべの話はちょっと無理で、現実逃避中です。

 

 

昨日は最悪。体調も気分も。保護活動のたいせつな約束が入っていたのですが、起き上がることすらできず、キャンセル。最低ですね。

 

 

私は行けなかったのですが、マイ太郎さんが十香の息子チャイ&ラテのご縁を決めました。詳しくはマイ太郎さんがUPします。チャイ&ラテおめでとう! 行けなくてごめんなさい。

wagako

 

 

 

その前の日(土曜日)はがんばったんですよ。サク改め楽のお届けでした。

wagako (12)

 

 

 

楽はすごいスピードで新居に溶け込んでいます。里親さんからの動画を見て仰天。まずは里親さんのツイッターだけ書いておきますね。@Tyrannosiamese

 

 

サク(楽)が、よくべべに甘えて体当たりでスリスリしていたのです。痩せて体力のないべべはサクの体を受け止めきれず、よろけたり転んだり。

 

 

およ? の顔をするサクと、のっそり起き上がるべべ。

 

 

ふたりともかわいくて何度も笑わせてもらいました。

 

 

べべがこの世から消えて、サクは輝く未来へのお引越し。

 

 

さすがにサク不在のリビングはキツかった。あのシーンの主役たちが丸ごといなくなってしまったのですから。私の大好きな一コマだったので。

 

 

「だからわたしを保護部屋からリビングへ連れてきたのね?」

wagako (2)

 

 

 

うーん。それもあるかもしれない。まあでも十香がリビングへ移動すれば、遠慮がちのポテチがもっと保護部屋を謳歌できる気がしたの。ポテチと十香がつかうにはやっぱりあそこは狭いから。

 

 

「ふーん じゃあそういうことにしてあげよう」

wagako (7)

 

 

ということで、十香がリビングに加わり、恥ずかしがり屋のポテチは保護部屋でのんびり過ごすことに。私に気力が出次第、十香の家族掲載をはじめます。

 

 

その際はどうぞお力添えください。よろしくお願いします。

 

 

最後にうちのお子たちの写真を

wagako (3)

 

 

起き上がれずチチが借りてきたDVDをぼんやり眺めているとき

wagako (4)

 

 

あまぱんはそっと寄り添ってくれました。

wagako (5)

 

 

 

冷たいほほ。私が抱っこしてほほに甘えさせてもらっています。

wagako (6)

 

 

 

チチの本妻リルもたまに横へ来てくれたりします。愛おしい。

wagako (1)

 

 

 

いちばん心配なのはナナ

wagako (8)

 

 

 

15歳のナナは現在3つの問題を抱えています。どれも深刻です。

 

①命にかかわる慢性腎不全(食欲が減少)

②吠えたり忘れたり噛んだりする症状が顕著の認知症

③後ろ足が弱く立ったり歩いたりできないことが多い

 

 

私はこの世でナナと一秒でも長く生きていたいです。

wagako (10)

 

 

 

昨夜、投函すべきものがあり、ナナとリルを連れて200m先のポストをめざしたのですが、ナナの「歩けなさ」に正直、私の心は完全に折れそうになりました。

 

 

ナナも私も、うまく歩けない。

 

 

けれど、私たちは一歩一歩ポストへ向かい、そして無事に戻れました。

 

 

帰り、ナナがマンションのエレベーターに乗った後ろ姿を見て、安堵とともに、なぜだか涙が止まりませんでした。

 

 

ナナが生きています。私はすべきことをやり遂げるお母さんでいたい。

wagako (9)

 

 

 

有限の中の最大値を常に考え、求めていきたいです。

 

 

皆さまにとっていい一日でありますように。

 

 

スポンサーリンク





10分更新 サプライズパーティ ほか

テンポよくブログを更新中。下の記事もぜひスクロールしてみてくださいね。

 

 

 

だいぶ前の話になってしまいましたが、ブログに載せようとパソコンに取り込んでおいた写真が出てきたので、10分更新で放出します。楽しかった夜の話題を♪

 

 

 

めずらしくチチが目的地まで送ってくれました。道中またもやマリオカートに遭遇。見るからに危なっかしいので安全運転に気をつけてほしいです。

1kanayo (14)

 

 

 

到着。アットホームなレストラン

1kanayo (16)

 

 

 

 

参加者にクラッカーが手渡されました。人生初の「サプライズパーティ」にドキドキします。

1kanayo (3)

 

 

 

 

主役キタとの情報を得て、みんなでコソコソ隠れます。こういうのもいちいち初体験^^

1kanayo (13)

 

 

 

ずっと仲よくさせていただいている絵本作家スギヤマカナヨさんがこの夜の主役♪

1kanayo (5)

 

 

 

なにこのケーキ・・・・・・私のウエディングケーキよりデカい!!

1kanayo (9)

 

 

 

 

写真に撮りきれないほど大勢の方が集まりました。学生時代やもろもろのご友人、ママ友、編集、出版社の方々、そしてカナヨさんファミリーにご親族・・・・・・

1kanayo (4)

 

 

 

カナヨさんの人徳ですね。飾らない雰囲気。だれとでも気軽に話す。絶対にえらそうにしない。意見はハッキリ伝える。だけど相手を傷つけない。家族や保護犬茶々ちゃんをたいせつにする。保護した子猫の離乳まで乳あげをがんばり、譲渡する。常に笑顔。まわりへの気配りを忘れない。さまざまな尊い活動をボランティアでしている。けれど決してひけらかさない。児童教育に熱い。SNSが苦手。繊細。大らか。カナヨさんが好きですし尊敬します。

1kanayo

 

 

 

カナヨさんみたいな女性になりたいです(逆立ちしても無理だけど)。私とは似ても似つかないとしても、カナヨさんのすばらしいところを意識してまねしたいです。指標となるオトナの女性に出会えると、加齢への恐怖が薄らぎ、幸せすら感じます。年を重ねることに希望が持てます。

 

 

 

お料理もラフ。それぞれの素材の自然の味がよく出ていておいしかったです。

1kanayo (2)

 

 

 

直木賞作家の酒豪森絵都さん持参のワインを開けて

1kanayo (15)

 

 

 

近くの席の方とワイワイおしゃべり

1kanayo (11)

 

 

 

真ん中のけいちゃんは森さんの古くからのご友人。「和菓子教室いろは」を主宰しています。偶然にも703号室の里親さんも通っていた教室。私も近々体験学習をしに行くのです。

1kanayo (7)

 

 

 

和菓子作れるようになりたいなあ。料理すらまともにできないぐうだら主婦ですが、けいちゃん、どうぞお手柔らかにお願いします。完成したら勝手に皆さまに自慢しますからね!

 

 

 

パーティは明るい気分になれますね。帰りにヘビロテの靴が壊れるというアクシデントに見舞われましたが、全部含めていい思い出です。

 

 

 

「ハハ和菓子つくったら はじめにぼくに試食させてください サーモン味を希望します」

1kanayo (10)

 

 

 

はい?

 

 

 

皆さま保護猫サクが世間知らずで申し訳ありません。

 

 

私が箱入り息子に育てあげてしまったもので・・・・・・(遠い目)

 

 

 

「あっ サーモン味の手だ」

1kanayo (6)

 

 

 

そんなことないよね? お風呂入ったばっかりだし、お魚のニオイはしないと思うけど?

 

 

 

「スンスン ほんとだ ぼくのかんちがいか・・・・・・」

1kanayo (8)

 

 

 

 

サク写真、暗い上ブレもあって見苦しくてごめんなさい。でも昨夜の撮りたてホヤホヤですよ。

 

 

 

DVD鑑賞していたら自分から隣にやってきたんです。かわいいっしょ?

1kanayo (12)

 

 

 

これは日中のサク。私が掃除している間、開けっ放しのケージでお昼寝しています。

IMG_4112

 

 

 

保護後ケージ生活が長かったサクにとって、ケージは一種のコアゾーン。怖いとき、不安なときはもちろんのこと、のんびりくつろぐ居場所としても重宝しているみたいです。

 

 

 

ごはんも基本はケージの中で食べさせています。ごはんを見せると自分からケージに私を誘導してくれますよ。エスコートじょうずのイケメンサクは家族を募集しています。

 

 

 

お見知りおきくださいね。ペコリ。

 

 

 

Smile

 

 

 

スポンサーリンク