ほほは さいごまで りっぱ!!

(追記あり)

 

みなさまこんにちは。

本日は僭越ながらMIHOが更新しています。

大変残念なご報告をしなければなりません。

みなさまにずっと応援&お祈り頂いておりました

ハハの大事な大事なほほが昨夜息をひきとりました。

水頭症という難しい病気でありながら11年4か月超生きてくれました。

大好きなおかあさんとずっと一緒にいたくてほほは本当に頑張りました。

 

1mihho (2)

 

ほほは、直近の東大の定期検診では水頭症由来の症状はあるものの

心臓も腎臓も肝臓も内臓は100点満点でした。

しかし、いつ、何が起きるのか分からないのが人生、猫生で・・・

 

 

 

突然ほほを襲ったにっくき急性腎不全

 

 

でも、厳しい状況でありながら

ほほは本当に本当にがんばってくれました。

 

1mihho (1)

 

ほほは立派です。本当に立派すぎます。

 

 

立派すぎて

切ない

 

 

1mihho (6)

 

 

 

ハハは連日連夜病院に泊まり込んで

不眠不休でほほの看病をしました。

 

 

1mihho (5)

 

 

 

1mihho (4)

 

 

大師前どうぶつ病院の中島先生、emi-goちゃん、スタッフの皆さんも

本当にご尽力下さいました。

 

 

が・・・

 

みんなの願いは届かず・・・

 

神さまは残酷です

 

 

でも、ほほは、もしかしたら

もうこの不自由な体を脱ぎ捨てて

元気に飛んだり跳ねたり出来る身体に

生まれ変わりたかったのかもしれません・・・

 

 

1mihho (3)

 

 

そう思い込もうとしてるわたしがいます。

私事ですが、ほほが大好きです。

自分の子と遜色ないくらい愛しています。

なので、とても悲しくて辛いです。

 

ほほ、絶対また会おうね。

 

 

最後にほほがずっとお世話になっていた

東京大学附属動物医療センターの主治医前田先生から届いた

メールを紹介させていただきます。

 

 

田辺さん

すみません、今メールをみました。
そうなんですね、、とても残念です。
昨日中島先生から腎数値がようやく下がってきたと連絡をいただいたので、少し安心していたのですが、、
ちょっと急なことで正直なんと言っていいかわかりません。

ただ、これだけは言わせてもらいたのですが、自分をあまり責めないでください。
この前お話しした時も自分のせいだとずっとおっしゃっていたのがすごく気になっていました。
いぬやねこは生き物ですから、完全に把握したり管理したりすることなんてできませんし、またしようとするのは人間の傲慢だと思います。
あのときほほさんは自分の意思で行動したのですから、その責任が田辺さんにあるなんて誰も思っていないと思います。
少なくとも僕は田辺さんがどうぶつたちのことを親身に思っていることを知っていますし、おそらく僕なんかよりも田辺さんの周りにいる方たちはもっと知っておられるでしょう。
それに誰よりもほほさん自身がそれを知っていると思います。

少し厳しいことも言ってしまったかもしれません。気分を害してしまったのならごめんなさい。
今すぐにはむりだと思います。
でも少し休んでその後は前を向いてください。
過去は変えられないけど、未来は変えられます。

たくさんのこたちが田辺さんに感謝しています(ほほさんも)。

どうかくれぐれもご自愛ください。
心よりご冥福をお祈りします。

前田 拝

 

 

前田先生、本当にありがとうございました。

ハハはこのメールで少し救われたと思います。

 

 

昨夜ハハが病院に向かった時のツイートで

「間に合って良かった」的なコメントを拝見しましたが

昨夜ハハが行った時ほほは危篤だったわけではなく

ハハはその夜も泊りがけで看病するつもりで

PCまで持参しましたし、ほほもおかあさんの袖口を

爪で引っ張ったり、ゴロゴロいったりしていたそうです。

まさに、「急変」だったのでした・・・

 

 

ほほのおかあさんは、今、喪失感でいっぱいで

立ち上がるのには少し時間がかかりそうです。

そのあいだ、そっと見守っていただければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク





まある卒業前検診、ほか

皆さまこんにちは。妙齢にさしかかり、体調が著しく変化しているこの頃です。

 

 

上がって下がって下がって下がってまた少し上がる。そんな日々を送っています。たいせつな催しの日だけはしっかりと自己管理しておかなければ!

 

 

あ、そういえば703交流会まで1か月切りましたね。ほんとうに楽しみです♡

 

 

参加者の方々はどうぞよろしくお願いしますね。

IMG_3130

 

 

 

さて、昨日はうちのリルの15歳の誕生日会をしました。その様子は近日中に自慢させてください。15歳に見えないと方々で言われるリル。自分が褒められているようでうれしいです。ふふ^^ 主役ちゃんは亡きかつくんの黄色のバンダナでおめかし♪

IMG_3099

 

 

 

木曜の夜、まあるを連れてemi-goの病院へ行きました。

IMG_3032

 

 

 

卒業前検診とあって、マイ太郎さんがハットリに作ってくれたバンダナをつけて

IMG_3067

 

 

ハットリに似合いそう!

IMG_3028

 

 

ねーたんありがとうございます。

IMG_3027

 

 

まある、おりこうでしょ?

IMG_3056

 

 

しっかり診てもらわないとね。

IMG_3055

 

 

「がんばっています」

IMG_3049

 

 

 

うん。えらいえらい♪

IMG_3051

 

 

 

顔がビビってる(笑)。

IMG_3050

 

 

 

まあるの写真はフォスターアカデミーに来てくれたかなちゃんの撮影

IMG_3047

 

 

 

なかなかかわいく撮れてますね。ありがとう。

IMG_3046

 

 

 

かなちゃんの明るさで通院はにっこり

IMG_3041

 

 

待合室にイケてるお子がいました。たまこちゃん5歳ですって。ヘアスタイルが斬新!

IMG_3036

 

 

名を呼ぶとテンションマックスで喜んでくれます。そのあと飼い主さんの腕の中に顔をうずめて照れるというリアクションが人間の子どもみたいで萌える。

IMG_3037

 

 

たまこちゃん、幸せに長生きしてね。

 

 

まあるは爪切りもお願いしました。

IMG_3052

 

 

 

卒業間近のこの日。まあるの未来を想像しながら家路に着いた私たちです。

IMG_3053

 

 

 

ウイルス検査(再)は陰性。里親さんに証明書つきでお渡し済みです。

IMG_3058

 

 

今週は更新頻度を意識していきますね。寝違え痛が治ればササっとやれるのに。

 

 

皆さまお身体はくれぐれもお大事に。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





耳の後ろの毛のにおい

2014年春ごろのべべとお母さん

1111syaka (3)

 

 

チチが撮ってくれました。この日は姑ちゃんたちとごはんを食べに行く約束だったのでパジャマじゃなかったんですよね。べべは命が詰まっていてぎっしりと重かったです。

 

7キロ近くあったかも。片手で抱っこすると疲れちゃうレベル^^;

 

 

2014年春ごろのリルとお母さん

1111syaka (1)

 

 

リルにチュウの自撮りです。MOMOペットクリニックに狂犬病予防注射を受けに行く途中の車内にて。もちろんきちんとパーキングに停めて撮ってますから!

 

 

2014年ごろのナナとリル

1111syaka (2)

 

 

病気と闘いながらべべは16歳半、ナナは16歳までがんばって生きてくれました。

 

 

気づけば末娘リルも15歳のおばあちゃんです。

 

 

ナナは常にお母さんを見る女の子だったのでいつもカメラ目線。

 

 

ナナの耳の後ろの毛のにおいを嗅ぎたい衝動を抑えられません。

 

 

おでこを軽く噛みたい。チュウしたい。

 

 

べべ、ナナ、と呼んで振り向く子がもういない。悲しみが胸にこびりついてしまいました。

 

 

703号室は当初のレギュラーメンバーべべ、ナナ、猫のかつが住みやすいように未完成物件を契約し私が内装を考えたんです。間取りも家具もべべ、ナナ、かつ仕様になっているところがいっぱい。チチが今使っている寝室のベッドもそう。

 

目黒のタイムアンドスタイルの定番の形をセミオーダー。特別に脚を10㎝切ってもらったんです。

 

小型犬のべべが軽々とジャンプしてあがって来れるように。

 

この家はあの子たちの痕跡ばかり。会いたい気持ちは募るいっぽう。

 

ああしておけばよかった、こうしておけばよかった、後悔で心が押しつぶされてしまわぬよう、家族を一生けんめいかわいがりたいですね。皆さま今日はお父さんお母さんとして何点でしたか?

 

 

私は毎日80点以上をめざしています♡

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





iPhoneの中のきみたち

iPhoneに入っている写真を少しずつパソコンに保存しています。

 

 

一度撮ってしまうと満足してしまう性分で、ふだんはあまり見返しません。改めて見ると懐かしさがこみ上げますね。4年位前のMOMOペットクリニックにて

atatakai (11)

 

 

2つのキャリーには誰が入っていたのかな? う……思い出せない。べべ公の後姿がまだまあるい。ガリガリに痩せてしまう前だったんですね。

 

 

通院は一気に数匹のときが多かったんですね。まあ、今もそうですけど。

 

 

ナナ、リル、ほほ

atatakai (10)

 

 

ナナに触れたい。とても会いたい。ナナにありがとうを伝えたい。

 

 

ナナは私のはじめての「保護犬」。私が土手から連れ帰った宝物なんです。

 

 

4歳若かったさぶ。さぶは変化があまりわかりませんね。

atatakai (9)

 

 

703号室に来てからずっと私をストーキングしています。

atatakai (13)

 

 

これを撮ったのは仕事から帰ってきてすぐだったのを覚えています。

atatakai (12)

 

 

お子たちの顔が見たくて会社で悶々と過ごしていました。顔が見れてうれしかったな。私たちはまるで数年ぶりの再会のごとく互いに喜び合ったんです。

atatakai (1)

 

 

 

さぶはさっき洗面所でメイクしていた私の胸にジャンピング抱っこで飛び込んできました。

 

 

しばらくあやしていたのですが、ラブラブモードが止まりません。

 

 

甘えたかったようで地面におろしてもすぐにまたジャンピング抱っこをしてきます。延々と繰り返すばかりで支度が捗らず、別室にいたチチにさぶを渡したのですが、1秒も経たないうちにさぶが私を追ってきちゃって……はい、自慢です^^;

atatakai (14)

 

 

これも4年前かな? チチの実家の法事の1枚

atatakai (2)

 

 

全身黒……。首傾げてピースはご先祖さまに失礼ですね(汗)。老舗のおいしいお豆腐料理をごちそうになりました。お料理すべてがさっぱり味でおいしかったです。

 

 

時間が一気に流れて最近の703号室へ

atatakai (3)

 

 

肌寒いこの頃、私の腕の中には猫がいる率が高いです。

atatakai (4)

 

 

まあるも元気ですよ。

atatakai (6)

 

 

好奇心旺盛のまある

atatakai (5)

 

 

とりあえずどこにでも顔を出します。見てるなら洗濯もの畳むの手伝って!

atatakai (7)

 

 

「ぼく 手が小さいからムリです」

atatakai (8)

 

 

ふふ。夜も更けまくってきました。

 

 

今日は少しがんばったのでごほうびにゆっくりお風呂に浸かりたいと思います。

 

 

悲しみや苦しみの渦中にいる方、霧が晴れるようにお心の靄がいつか取れますように。大丈夫。息を吸って吐いて。生きていればいいんですよ。

 

 

Good night!

 

 

スポンサーリンク





オアシス

私にはずっと気がかりだったお兄さんがいました。

 

 

emi-goの病院に私の保護子猫ニコちゃんに会いに来てくれたお母さんとお兄さん。ニコちゃんを抱いたときのふたりの笑顔が忘れられません。

 

 

ニコちゃんはほかの方との縁が決まり、私はお母さんにお断りメールを書きましたが、ふたりの落胆したそぶりを想像するだけで胃がキリキリと痛んで仕方なかったです。

 

 

自分が乾いたつまらない大人になってしまったと思いました。

 

 

ドライでパサパサの心。いつからこうなったんでしょう。

 

 

しかしこの度こま吉の里親きちこさんが保護した4匹の天使たちのおかげで、私はお母さんとお兄さんの夢を叶えることができたのです。

 

 

そして1匹の子猫が、お兄さんとお母さんの掌で幸せを掴みました。

 

 

ありがとうの気持ちでいっぱいです。

 

 

きちこさんが保護した子猫たちの中にキジトラの女の子がいる!

IMG_1491

 

 

 

ニコちゃんと似ている!

 

 

私はすぐにきちこさんに連絡しキジトラの女の子を私が引き継ぐことを提案。

 

 

きょうだいたちと引き離してしまう旨も伝えたのですが、きちこさんは「一匹ずつでもいいご縁なら気にしません」と二つ返事。

 

 

横浜から菊ちゃん(仮名)をemi-goの病院に届けてくれたのです。

 

 

きちこさんが愛情を込めて育てた菊ちゃん

IMG_1493

 

 

 

風邪の治療もがんばりました。

IMG_1490

 

 

 

「もしまだ子猫が見つかっていないならぜひ会いませんか?」

 

 

私は菊ちゃんの写真を添えお母さんにメール……

 

 

私たちは会う約束を交わし、お母さんは仕事帰りにひとりで病院に来てくれたのです。

kiku (4)

 

 

菊ちゃんいいところをたくさん見せてくれました。

kiku (3)

 

 

小さいけれど、利発で素晴らしい猫さんです。

kiku (5)

 

 

菊ちゃん、お母さんの腕の中はあったかいでしょ?

kiku (2)

 

 

耳を掻いていたので検査してみたのですが、異常なしでした。

kiku (7)

 

 

中島先生、かなちゃん、いつもありがとう。

kiku (6)

 

 

きちこさんがまんまをたくさんくれたのでお腹ぽんぽこりんの菊ちゃんです。

kiku (8)

 

 

きょうだいを代表して採血

kiku (9)

 

 

ウイルス検査の月齢については中島先生とつめた話をしています。あくまでもこの時点での検査結果であることも含めて里親さんにはお伝えしています。

kiku (14)

 

 

ごほうびにお母さんからちゅーるをもらってご満悦

kiku (13)

 

 

一生けんめいちゅーるを食べる姿を眺めていたら

kiku (10)

 

 

鼻の奥がツンとしました。

kiku (11)

 

 

ああ。この子は生きるために生まれてきたんだなあ、と。

kiku (12)

 

 

 

きみたちには五感と喜怒哀楽があるんだもの。ね? タロ

kiku (1)

 

 

 

もらったおやつを隠すボボボ。8年以上河川敷で苦労してきた犬です。

kiku (19)

 

 

 

食事中は隔離されるちゃぽぽ。理由はみんなの分を奪ってしまうから(笑)。

kiku (18)

 

 

 

帰り際、お母さんは菊ちゃんを育てていきたい、うちの子にします、と仰いました。

 

 

そのときの表情がイキイキしていてとても美しかったです。

 

 

私は美しいものが見たくてこの活動をはじめたことを思い出しました。「運命は変えられる」と実証するためでもあります。私は簡単にギブアップしたくありません。

 

 

壁の向こう側にどうしても行きたいのです。

 

 

砂漠を越えればオアシスが広がっている気がするのです。

 

 

お母さんはニコニコ顔で帰っていきました。サプライズを準備するんだそうです。

 

 

後日、菊ちゃんはお輿入れの日を迎えました。

kiku (15)

 

 

おみやげ、きちこさんから預かった嫁入り道具、書類を持って♪

kiku (16)

 

 

 

私たちがいる場所は砂漠でしょうか? それともオアシスでしょうか?

 

 

すべては自分次第だと思いませんか?

 

 

お母さんの様子を目の当たりにして、私も潤いを感じました。

kiku (17)

 

 

循環しているんですね。

 

 

ならば常に前進しなくては!

 

 

菊ちゃん改めチョビちゃん♡ おめでとう!

 

 

次回はサプライズパーティに皆さまをご招待します。

 

 

LOVE IS ALL

 

 

スポンサーリンク