女磨き(?)

毎日があっという間。薬を飲んでいるので最近体調は安定しています^^

 

今日は4月に洗いに出した服を取りにクリーニングへ行き(汗)、郵便局でノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)100冊分の支払いを済ませました。

 

もふもふ譲渡祭で販売するために、さんこう社の野島さんから2割引きで買ったのです。

 

 

その後いろいろな雑務を済ませ、これまた8月からご無沙汰していた美容院へ。いやね、美容院は学生の頃から時間のムダな気がして苦手で、本当は行きたくなかったのです。でも白髪がポツポツと目立つようになって仕方なく……あああ、神さま、私だけに不老の薬を処方してください。

 

 

リタッチして白髪とさようならしました♡

mamai (7)

 

 

昔からお世話になっている近所の激安美容院の店主に褒められた(?)のですよ!

 

「お金も手もほとんどかけていないのに、髪質がよく、量、ストレートさ、芯、髪のまとまり方、生え方、艶が生まれつきすばらしいんですよね。あの……親に感謝したほうがいいですよ?」

 

無精だとバレているところが悲しいですが、素直に喜びます。

 

 

美容院のあと一度帰宅。お子たちのお世話を終え、シッターへ

mamai (10)

 

 

常連マイ太郎さんちのマイ兄とはっちゃんです。

mamai (11)

 

 

マイ兄~ おなかすいた?

mamai (12)

 

 

仕事で伺っていますが正直かわいくてしょうがないです。

 

 

連日行っているので、本日だけでなく昨日撮った写真も自慢させてください↓

 

 

忙しいマイ太郎さんに代わってマイ兄が飲んでいるセミントラ(慢性腎不全の薬)を買いにemi-goの病院へ寄ってからマイ太郎さん宅へ行きました。

 

 

emi-goの病院ではもふもふ譲渡祭に使うケージが用意されていましたよ。

mamai (13)

 

 

新しいケージいいなあ。私もメル子に買ってあげようか迷い中

mamai (14)

 

 

到着! 朝ごはんを5時半に食べているボーイズは腹ペコを訴えてきます。

mamai (15)

 

 

マイ兄、おいしい?

mamai (16)

 

 

写真や動画をマイ太郎さんに送ると安心してくれるのでパチパチ撮影

mamai (17)

 

 

人見知りのはっちゃんが私にはこんなにベッタリなんです。

mamai (18)

 

 

もうたまらんわ(鼻血)。生きていてくれてありがとう♥

mamai (1)

 

 

マイ太郎さん宅にはしばらく通う予定です。そして少しでも収入を得たい私は母に頭を下げ、今週から不定期(週2)で母の店でバイトをすることに。今週は明日の夜と明後日の昼に店にいます。

 

忘年会シーズンですので、駒込にて皆さまのお越しをお待ちしています。

 

 

女磨き、などというオーバーな題名をつけた割には白髪染めとカットをしただけじゃんか! と思ったそこのあなた! ふふ。実はネイルも行ったのです。

 

 

ランチ代程度で爪をきれいにしてくれるのは、里親きえさん

mamai (9)

 

 

きえさんはもふもふ譲渡祭のバザーに美しいハーバリウムを30本寄付してくださった方。5名のお仲間といっしょに作ってくださったのですよ。

mamai (3)

 

 

ご夫婦で2014年卒業生の麦ととろろを寵愛しまくっています。

mamai (2)

 

 

笑顔が輝くきえさんですが、麦の目の病気は深刻でとても悩まれていました。

 

 

懸命なケアをしているにもかかわらず、直近の眼圧の検査結果が過去最高に悪かったらしいのです。麦は現在我が家と同じ東京大学動物医療センターへ通っています。

 

麦、がんばっているんだもんね。ママもパパもついているから大丈夫!

mamai (8)

 

 

いつもおもしろくて朗らかなきえさんを見ていると、人は内側では絶えず葛藤し、それぞれが大きな問題や苦しみや痛みを抱えているんだということに気づかされます。

 

なのに人の前では明るく優しく振舞うきえさんが、私は好きです。

 

 

ネイルは私のイメージを漠然と伝え、ふたりでペチャクチャ相談しながら決めるのが私たちの恒例ですが、今回は「黄色」「スター☆」にこだわりました。

mamai (5)

 

 

理由はもう説明不要ですね?

mamai (6)

 

 

歳を取った私の手の肌の質感が「黄色」に超負けているけれど、いいのいいの。全然気にしてないもん。爪だけ若作りしていると陰口を言われても平気ですっ。見てほしいのは腕でも手でもないの。

 

私の爪はすでに私の手からも腕からも乖離し、ひとり歩きをはじめました。

 

爪先だけがキラキラならそれでいいの。決して無理してませんっ!

mamai (4)

 

 

それにしても「黄色」ってやつは眺めれば眺めるほど若者に特化した色に感じられて憎らしい。

 

 

自信なさげな私の眼球はきえさんの顔と自分の指先を行ったり来たり……果てにはすがるような上目遣いの私に「いい♪」「かわいい♪」と元気づけてくれたきえさん。

 

 

うん。そうだそうだ! 自分の人生、何歳でも前のめりに生きてやりますよ。

 

 

ということで、女磨き(?)はパパっと終了です。

 

 

明日は2つお仕事が入っているのでそろそろおやすみなさい。

 

 

Smile!

 

スポンサーリンク





トーク打ち合わせ(もふもふ譲渡祭)

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

もふもふ譲渡祭絡みの内容が多くなっていますが開催まであと1か月を切りましたので、どうか大目に見てください。それ以外のことも合間にUPしますね。

 

 

バザー品仕分けの翌日、大師前どうぶつ病院にて「トーク」の打ち合わせを行いました。着くと仕事を終えたemi-goと中島先生夫妻がピザを食べていたという……

m2 (2)

 

 

司会をつとめてくださるキビ&たびきょうだいの里親市川美絵さんも到着

m2 (3)

 

 

私が作ったたたき台をもとにみんなで詰めていきます。

m2 (4)

 

 

美絵さんからもいくつかアイディアをいただきました。

m2 (5)

 

 

トークのテーマは一口でいえば「感染症」と「一次医療、二次医療」について。犬猫と暮らしている方なら絶対に聞いて損はない内容を考えたつもりです。東京大学動物医療センターの前田先生もトークに参加します。あと3席開いているとりょうちゃんに聞きました。

 

 

犬猫を家族として愛する方はぜひご参加ください。

m2 (7)

 

 

美絵さん、どうもありがとうございました。当日はよろしくお願いします。

 

 

記念にパチッ! りょうちゃんがトークの責任者です。

m2 (6)

 

 

そして、オリジナルグッズの作成もりょうちゃんが担当。まりおさんに並んでもっともたいへんな思いをしているひとりにまちがいありません。感謝感謝♡

 

 

見てください~! 195部しか販売しない卓上カレンダー(B5サイズ)

m2 (12)

 

 

紙質といい、サイズ感といい、デザインといい、めっちゃくちゃかわいい♪

m2 (1)

 

 

毎月モデルが変わります。これプレゼントでもらったらうれしいかも。プロが作ったような仕上がりです。個人的には厚紙の「ブラック」もオシャレで好き♥

m2 (11)

 

 

卓上カレンダーは制作費が高いですが、壁掛けより需要があると思うので卓上にこだわりました。ペタッと折り畳めば封筒にも入ります。贈り物としても最適でしょ? 私ももちろん何冊か買います。

 

 

早い者勝ちになることが予想されますね。

 

 

布地が切りっぱなしになっているエコバッグもいい!!

m2 (10)

 

 

形がふわっとしているので、見た目よりもたくさん入ります。このとき、着ていたコートを中に入れてみたのですが、身長160cmの私にもピッタリの大きさです。ちなみにこちらも畳んである状態は小さくて軽いので封筒に入れて気楽に贈り物として重宝します。

 

カレンダー1,000円

エコバッグ1,500円

 

もふもふ譲渡祭会場にて販売します。

 

 

打ち合わせのあと、スタッフのおだちゃんが自分の保護猫を病院に連れて来ました。

m2 (8)

 

 

じき手術を受けるこの子も譲渡祭に参加する予定です。

m2 (9)

 

 

個人は個人で本当にがんばっています。こういう方の笑顔を応援したいですね。

 

 

12月22日、門前仲町にて皆さまのご来場をお待ちしています。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





老いた犬たちとの向き合い方

昨夜、高菜くんがお猿さんに見えて無性に愛おしくなりました。

ggq (10)

 

 

淡辺さん(チチ)の仕事デスクに飾られている天国組の写真

ggq (1)

 

 

みんなにリルと高菜をまだそちらに迎えないでね、とお願いしています。

ggq (9)

 

 

うちはべべが16歳半、ナナが16歳で逝ったので、「16歳」がなんとなく恐ろしいです。

ggq (6)

 

 

お子たちの命あるうち、形あるうち、姿あるうち、がどんなにありがたいか私は身をもって知っています。実際に生きてくれているのと、心の中で生きつづけているのとでは、正直次元が変わってきます。手の届く場所にいる、がやっぱりいちばんです。

ggq (7)

 

 

私がこれまでに看取ってきた犬たちは後ろ足から弱っていきました。だから時間のあるときはなるべく足のマッサージをしています。でも、必要以上の介助はしません。

 

 

「立ちたい」

 

「歩きたい」

 

「立たなければ」

 

「動かなければ」

 

 

リルと高菜の本能や欲求を満たすために、彼らは自己処理能力を高めていきます。

 

 

それでもどうにもならないときはもちろん手伝います。

 

 

正しい考え方かどうかはわからないけれど、なんでもすぐに助けないことで、老いの速度がじゃっかん緩やかになっているのは実感しています。

 

 

最近家具の間に身体が挟まっているリルをよく目撃するようになりました。

ggq (3)

 

 

高菜はグルグル旋回しています。どちらも「老犬あるある」ですよね。

ggq (2)

 

 

こういうとき私は、回っている高菜はそのまま放置し、リルのそばへ行って、リルのお尻をポンポンと撫でるのです。するとボケっと静止していたリルがまるでスイッチが入ったように「ハッ」とした表情でバックし、椅子の隙間から自力で脱します。

ggq (4)

 

 

リルと高菜の穏やかな寝顔が好きです。

 

 

粗相や夜鳴きにつき合う辛さを上回る幸せを私は確実に彼らから享受しています。

 

 

眠っているリルと高菜の呼吸音と放つ熱(体温)に私自身が救われています。

 

 

心臓に耳を当て、リルと高菜の心音を自分の中に取り入れています。

 

 

一体化している、と思えるほどに深いつながりを感じます。

 

 

それが「家族」なんだと思うのです。

 

 

欲ばりなお母さんで申し訳ないけれど、1日でも長くそばにいてください。

ggq (5)

 

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





インプット

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

昨日私はまなちゃんを誘って、青山学院大学で行われたフォスターアカデミースペシャル2019~犬と猫のアニマル・ウェルフェア~へ行ってきました。

227 (7)

 

 

総勢500名近くで拝聴する約4時間に渡る勉強会。ドイツのティアハイムベルリンからスタッフのアネッタ・ロストさんが来日し、ティアハイムの現状をお話してくださったのです。

 

 

目から鱗だったのはドイツでもふつうにTNRをすること。マジか? 身近!

227 (8)

 

 

どんなに環境や法整備が整った国でも、虐待する変態やだらしない業者に搾取される不遇の動物たちはいます。先進諸外国ではどのように取り組んでいるのか、気になるテーマのひとつですね。

227 (4)

 

 

クリステルヴィアンサンブルの滝川クリステル理事によるあいさつも

227 (5)

 

 

※あらゆる政治観はここには無関係です。ご理解ください。

 

 

私はクリステルヴィアンサンブルのフォスターアカデミーベーシックプログラムが発足して以来、ベーシックプログラムの犬座学及び猫座学の講義を受け持ってきました。12月8日には犬座学を担当します(定員に達しているので応募は締め切りました)。

 

 

事務局の松原さんいわく、私の講義は割と人気があるそうです。

 

 

肩書きがなく、等身大の人間だからでしょうかね?

 

 

自虐ネタも織り交ぜながらまじめに話をしています(かなりのハイスピードで)。

 

 

アウトプットをするのは主に私の経験に基づくノウハウになりますが、「木」だけを見ていたら有意義な内容にはならないでしょう。「森」、すなわち「全体の時代の流れ」を肌で感じ、インプットしつづけなければなりません。

 

 

私がもっとも関心のあるテーマは以下の通りです。

①動物愛護法(全般)

②各種数値規制(第一種動物取扱業並びに第二種動物取扱業→アシュロマー統計の実現をめざすレベルでの細やかな数値規制)

③アニマルウェルフェア(動物福祉)

④アニマルウェルフェアに則った犬猫の殺処分の減少(目標はゼロ)

⑤犬猫の感染症及び予防と対策(私がもっとも恐れているのは狂犬病)

 

 

まなちゃんとのラブラブツーショットや著名な方との写真を載せてお出かけ自慢しているわけではありません。なんていうか、本気ですし、とても真剣です。

227 (6)

 

 

「私たちは現場で保護譲渡活動をしているだけだから関係ない」

 

「私は保護犬の里親になっただけだからあとは知らない」

 

と仰る方もいるかもしれませんが、果たしてそうでしょうか?

 

 

全体を見極め、私たちの国が昨今動物とどう向き合っているのか、これからどう歩んでいくのかを知るのはだれにとってもムダなことではないと思います。

 

 

そして、個人で保護譲渡活動をしてきた私にとっても、知識を得て指標を定めることは保護個体のQOL保持や譲渡に円滑に還元していけると確信しています。

 

 

自分の講義では得た知識と自分の考えをちょくちょくアウトプットしていますが、いつかじょうずにブログ等でも説明できるようになるのが目標です。

 

 

感情と理性の両輪のバランスのいい成熟した社会が私の理想です。

 

 

終盤、安楽死や殺処分の方法について識者の見解が述べられました。正直、死の話を聞いたあとも、私の中では未だ消化に至らず、肯定も否定もできない状況です。

 

 

私は「生」に強い執着とこだわりを持ってお子たちを育て、活動してきたタイプですから……。

 

 

しかし賛成、反対、を問わず、「聞くこと」は重要です。耳を塞いでしまえば、柔軟性が失われ、必要な情報すらも入って来なくなり、人としての成長が止まってしまう。

 

 

事務局松原さんの見事な進行ぶりをほめちぎっている一枚(撮影まなちゃん)

227 (3)

 

 

事務局長堀江さんと画家の岡田さんと

227 (10)

 

 

まなちゃんはメモを取っていました。お疲れさま♥

227 (9)

 

 

会場で数えきれないほど多くの友人や知人にお会いし、活力を感じた1日になりました。

 

 

隣にはまなちゃん。幸せだなあ^^

227 (1)

 

 

軽く乾杯し、ご飯→お茶をして解散!

227 (2)

 

 

まなちゃんはもふもふ譲渡祭で「保護猫メル子」の担当をしてくれます。

 

 

メル子に興味のある方も、まなちゃんとおしゃべりしたい方も大歓迎!

 

 

※当日はみいさんと山口県のaiさんも譲渡ブースにいますよ~!

 

 

「まなちゃんに会いに ぼくももふもふ譲渡祭に行きたい」

IMG_4797

 

 

ふふ。高菜くんも淡辺さんともふもふ譲渡祭に遊びに来れば?

 

 

皆さまのお越しをお待ちしています。

 

 

703号室からはメル子とふぅちゃんがもふもふ譲渡祭へ参上する予定です。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





生かすための努力

大昔、私は八幡山の動物愛護センターの職員と電話で激しくケンカしたことがありました。

 

 

私たちが徐々に引き取ると約束していた多頭飼育崩壊現場の犬猫たちの大部分を福祉の人間とセンターが殺処分してしまったのです。当時その家に住んでいた飼育能力のない精神疾患で入院中だった飼い主を福祉の人間が説得し、センターに送ってしまったのです。10頭程度は救い出せたのですが、それ以外の犬猫たちは間に合いませんでした。今思い出しても本当に辛いできごとです。

 

 

17年半前に土手に遺棄されたあまたの犬たちのことを真剣に相談したときも、役所は冷たかった。私は個人の力でどうにかするしか道はないと腹を括り、以後に至っています。

 

 

しかし、近年私は考え方が変わってきています。

 

 

もちろん地域差はあるでしょうが、多くの動物愛護センターが「生かすための努力」をしはじめていることに気づいたのです。だからセンターを悪者にするのはちがうと思うのです。

 

 

昨日は動物取扱責任者の講習会でかつて苦手だった八幡山のセンターへ

IMG_6653

 

 

ふたりの職員と思わしき方が(ボランティアの方かもしれません)笑顔で二頭の保護犬の散歩をし、その後、犬たちは順番に広い柵の中で遊ばせてもらっていたのが印象的でした。これまで多くのボランティアの方の尽力もあり、センターがずいぶん開かれた明るい場所になっているのを実感します。

IMG_6655

 

 

職員さんにもお話を聞くことができて、有意義なひとときを過ごしました。

IMG_6658

 

 

センターで譲渡事前講習会も開かれていましたよ♪

IMG_6659

 

 

私は変化を変化として素直に認め、喜びたいです。

 

 

ちなみに写真に写っている犬たちは殺処分されないのでご安心ください。

 

 

さて、動物取扱責任者はシッターのお仕事のためです。シッター士の資格はすでに持っていますが、HPを立ち上げ本格的にやるために第一種動物取扱業を取得したのです。体調と相談しながら自分のペース(牛歩)で前へ進んでいます。

 

 

シッターのお仕事は楽しいです。先日は星太郎のお茶会のあと、emi-goの病院にお泊りに来ていた卒業生「まる」のお散歩代行をしました。

IMG_6589

 

 

一度帰宅しお子たちのお世話を終え、変なズボンに履き替えいざ出発!

IMG_6588

 

 

ほれほれ行くよ~!

IMG_6587

 

 

山口県周南市の野犬だったまるは、警戒心が強く、里親の黒田さんしか散歩できません。黒田さんはその状況を憂いで、私に散歩の依頼をしてくれているのです。

 

 

散歩中は写真を撮る余裕がないので、散歩前の写真で失礼します。

 

 

二重の首輪、ハーネス、リード3~4本で脱走防止に備えています。

IMG_6591

 

 

二日目もまずは説得から……

IMG_6603

 

 

ねえ、まる~、散歩行こうよ!

IMG_6607

 

 

唸りながらもしぶしぶついてきてくれました(笑)。

IMG_6608

 

 

前はイヤイヤが激しかったのに、いったん外へ出ちゃえばテクテク横を歩いてくれるようになったまる。排泄もスムーズにできるようになりました。まんざらでもない、といったところでしょうか?

 

 

うれしくて黒田さんに報告のメッセージを送りまくった私。最高にかわいいです。

 

 

散歩から戻ったあと、めまいがひどかったのでまるとしばしルームシェア♡

IMG_6612

 

 

まるの引いた顔にみんなウケていました。

 

 

ちゅーるは黒田さんより、マッサージ券はemi-goよりプレゼントしてもらいました。

IMG_6630

 

 

ありがとう!

 

 

仕事をいただけるのは本当にありがたいですね。またのご利用をお待ちしています。

 

 

最後に我が家の近況写真を少し載せておきます。

 

 

犬のようにマテができる保護猫メル子(3秒程度)。

IMG_6662

 

 

お昼寝中のリルと高菜兄妹

IMG_6648

 

 

美犬よのう~

IMG_6647

 

 

スヤスヤ

IMG_6645

 

 

16歳に見えないでしょ?

IMG_6646

 

 

あちこちでおしっこやうんちをするようになったので、リルもそろそろおむつかな?

IMG_6644

 

 

皆さまも肉球家族たちとよい日々をお過ごしください。

 

 

書きたいことがたくさんあるので、あとでまた更新する予定です。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク