2021年 譲渡活動を通じて送り出したお子たち

今日が2021年の最後の日ですね。こうして書いてみると感慨深いものがあります。年末年始はいくつかのお仕事と予定が入っていますが、丸1日のんびりできる日もあり、本当にうれしいです。

 

 

自宅でDVDを観ながら猫たちとくつろぐ時間が至福です。

 

 

20年の保護譲渡活動の中で、「看取り」は何度となく経験してきましたが、2017年のべべの死を皮切りに、ナナ、ほほ、高菜、あまぱん、リル、信くんを天国へ送り出しました。私にとって、一頭一頭の「生と死」は決して軽くないので、彼らの老いと病に苦悶し、自分もいっしょになってのた打ち回ってきた気がします。そのため、2017年以降は、自分の精神の立て直しが最重要課題です。2022年は悲しいお別れがないことを全身で祈りながら、できることをつづけていきます。

 

 

2021年は、13匹の保護猫の譲渡をしました。

 

 

成猫は1匹だけで、あとはめずらしく子猫が多かったです。

 

 

そして、残念ながら2021年は卒業犬が一頭もいませんでしたが、犬についてはまた保護譲渡を通じて今後も関わっていきたいと考えています。犬が猫と同じ位大好きなのに、かつては犬だらけの我が家だったのに……犬が自分の傍にいないことがさびしくて仕方ないこの頃です。

 

 

リルや信くんの闘病や介護、さぶの通院などもあったほか、仕事に本腰を入れなければという焦燥感もおぼえました。活動が思うように捗らなかったけれど、それでも、自分にできる範囲で「ゼロより1」のスタンスで取り組んだつもりです。703号室にステイしたお子もいれば、別の保護宅にいたお子もいますが、「命を譲渡する」という重い責任をもって臨んだことはまちがいありません。

 

 

終の棲家でのそれぞれの近況画像は折に触れTwitterに流しているので、ここでは譲渡前後の写真を簡単にUPさせていただきますね。懐かしいお顔もあるかもしれません^^

 

 

1月は、①成猫のんちゃん正式譲渡

306non

 

 

私がお世話になっている豆さんのお姉さんご夫妻が里親になってくださいました。豆さんのお宅には703号室卒業犬のリリコとルースがのんびりと暮らしています。

 

 

5月は、②トンミム(キジトラ)、③ウリム(キジ白)

309tommimu

 

 

保護猫七色の赤ちゃんとしてうちで産声をあげたふたりは、5月に揃って同じお宅へ♡

308urimu

 

 

④玉

310tama

 

 

七色の赤ちゃんの玉ちゃんもそっくりのお兄さんのいるお宅に嫁ぎました。

 

 

7月は、⑤トラ(キジトラ)、⑥マタニナ(三毛)

311tora (1)

 

 

私が信頼してやまないイクラ家に婿入り、嫁入りを果たした兄妹は、幸せに暮らしています。

312matanina

 

 

⑦にこ(キジトラ)、⑧ふみ(キジ白)

313nico

 

 

お渡ししたあとに風邪がひどくなってしまったのですが、やさしい里親さんの看病でメキメキ回復!

314fumi

 

 

⑨ルチル

315rutiru

 

 

ひとりっこのお坊ちゃまとして大事に育てられています。

 

 

⑩リリ(三毛)、⑪まるお(キジトラ)

317maruo

 

 

オシャレで遊園地みたいに楽しいお家にて姉弟はスクスクと育っています。

316riri

 

 

⑫ぶん

318bun

 

 

先住兄のいるお城で成長中。里親さんとはよく話をさせてもらっています。

 

 

8月は、⑬にこ

319nico

 

 

私の地元でIさんに保護されたにこちゃんは、私が譲渡を担当しました。

 

 

※子猫たちは全員不妊手術を終えています。

 

 

実は2021年の14番目の卒業生として、母猫の七色を載せるのをひそかにウキウキしていたのですが、七色は皆さまご存じのとおり、私の力不足で出戻ってきています。

 

 

しかし、だからこそ、2022年の卒業生に七色の名を書けるようがんばりますので、慈悲深い皆さま、どうかどうか、七色を応援してください。七色を見てくださっている方はいませんか? ステキな女の子ですよ。七色がいるからこそ、トンミム、ウリム、玉はこの世に誕生したのです。母猫も子猫たちと変わりません。愛されてぬくぬくと生きるためにこの世に生まれてきたのです。

 

 

保護猫七色

aebrgf (1)

 

 

保護猫あゆむ

aebrgf (2)

 

 

保護猫まなぶ

aebrgf (3)

 

 

から、「保護猫」を取っ払って、「愛猫」になってもらいたいです。

 

 

外猫→保護猫→愛猫……まるで出世魚のように、どんどんと確固たる幸福に近づいてほしい。

 

 

七色、あゆむ、まなぶをどなたかの「愛猫」にするのが私の来年の目標です。

 

 

皆さま、2021年はありがとうございました。

 

 

2022年もひきつづきよろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





保護猫まなぶーちゃん

雨は上がったけれどとても寒かったですね。

 

 

私は仕事で犬のお散歩をするのでコート2枚を羽織って家を出ました。

 

 

3か所でのお世話を終え、スーパーへ。温まりたいので今日はいただきものの「きりたんぽ」でお鍋に決定! お目当てのセリとごぼうを買えてホッとしている次第です。

IMG_8640

 

 

カイくんのお母さんから信くんにお花をいただきました。

IMG_8611

 

 

ブログを読んでくださったのですね。信くんのお骨の横に飾ります。ありがとうございました。

 

 

さて、703号室の新しい保護猫はこのお方

11bu (1)

 

 

外猫時代に「ぶーちゃん」と呼ばれていたのですが、一足先に我が家に来た兄弟とおぼしき「あゆむ(歩む)」と揃えたかった私は「かける(駆ける)」にしようと考えていたのです。

 

 

けれど、「欠ける」とも読める。欠けるじゃ、なんかイヤだなあ……。

 

 

やっぱり「ぶーちゃん」に戻すとTwitterで報告したところ、卒業猫星ちゃんのママさんが「まなぶくんはどうでしょう?」と提案してくれたのです。まなぶかぁ。いいかも♡

 

 

まなぶなら、「ぶーちゃん」も残せる! ということで、まなぶくんになりました。

 

 

ふふ。あなたは「まなぶーちゃん」です。

11bu (17)

 

 

まなぶはあゆむと同じ場所(私の地元)で生きていました。

11bu (11)

 

 

どちらも黒白ハチワレ成猫のオスです。

11bu (10)

 

 

あゆむにだいぶ遅れて、ようやく保護されたまなぶ。寒い中本当にがんばったね。

11bu (9)

 

 

まだまなぶが外で困っていた頃にその存在を知り、私なりに動いていました。

 

 

しかし病院で家猫修行を開始したあとも、縁談などが流れて譲渡にいたらずで、この度我が家に移動してきたのです。チチの大反対は目に見えていたので、作戦を立てて説得したという^^;

11bu (12)

 

 

病院で会うたびに「ごめん。待っていてね」と話しかけていました。

11bu (14)

 

 

病院のスタッフちゃんたちにも愛されたベタベタ王子

11bu (13)

 

 

迎えに行った日の昼は、チチさんにうなぎをごちそうしました。そしてその足で病院へ行き、「いっしょに関わっている感」を演出してみたのです。実は私もいろいろと大変なのよ(笑)。

11bu (2)

 

 

さあ、まなぶ行こう!

11bu (3)

 

 

まあ、チチさんは私にはメチャクチャ文句を言うのですが、保護動物たちには気持ち悪いほどやさしいので皆さまご安心ください。さっそくベタベタ生活を開始していますよ。

 

 

病院の面々は個性的でキュートだなあ♪

11bu (18)

 

 

みーんな訳あって保護された子たちです。

11bu (16)

 

 

お気に入りの一枚。チャポポとももちゃんの女子コンビ

11bu (15)

 

 

リルがいなくなったあとにあゆむが、信くんがいなくなったあとにまなぶが来ました。

 

 

リルの代わりも信くんの代わりもどこにもいないけれど、あゆむとまなぶのおかげで日々に張り合いが出たことはうれしいです。失うばかりでは心がひどく疲弊しますから。

 

 

あゆむとまなぶは毛色が似ているので、それぞれの個性を皆さまにお伝えできるかじゃっかん不安ですが、「共通項」も「ちがい」も堪能していただければ幸いです。

 

 

こっちが元からいるあゆむです。

11bu (7)

 

 

もう完全フリーだからわかりやすいかな?

11bu (6)

 

 

ケージ内でお食事しているのはまなぶ

11bu (5)

 

 

ふたりとも食欲旺盛で助かっています。

11bu (4)

 

 

ちなみに、あゆむはノンキャリア(2度検査済)ですが、まなぶはFIVキャリアです。

 

 

私にとっては、どちらも甲乙つけがたいすばらしい保護猫さんです。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





いい週末 4真剣な、告白

卒業生はな家からのリンゴの下に、平べったいプレゼントたちが隠れていました。気づいてよかった。パスタさっそく茹でて食べましたよ。おいしかったです。ありがとうございました。

1111ggg (10)

 

 

はなちゃん、ぬくぬく幸せそうだね!

1111ggg (11)

 

 

卒業生牛丸家からもプレゼントやお見舞いやお手紙をいただきました。うっしー、ありがとう♡

1111ggg (9)

 

 

これほとんどが腎臓用のごはんです。一袋約100キロカロリー。いいですね♡

1111ggg (12)

 

 

早速信くんやみーちゃんに食べさせていますよ。

1111ggg (13)

 

 

すでに週末からかなり過ぎていますが、ブログにUP予定の写真が溜まっているので、放出させてください。卒業犬まう、みーちゃん、信くん以外の面々も変わりなく過ごしています。

1111ggg (3)

 

 

お子たちが元気だと私も活力が湧きます。そして充電満タンでよくスーパーへ行くのです。

 

 

はい。出た出た愛する半額商品。鮭ってメインになるじゃないですか? メインが4切れでこのお値段って最高ですよ。これに副菜をいくつか作っておけば立派なディナー!

1111ggg (2)

 

 

私の夕飯はほとんど、店のまかないか、自宅での自炊です。それがいちばん安い!

 

 

でも、月に1度位は外食をすることもあるのですよ。先月、近所のレストランへ行ったときの一枚。私の横に写っているおじさんに、すき焼きをごちそうになったのです。

1111ggg (1)

 

 

おじさんとは私が中学1年生の時からのつき合いで、家族ぐるみの仲よしです。

 

 

この日、おじさんから「ある告白」を受けた私。

 

 

「あのさあ、アンニイちゃん、おじさんの話を怒らずに聞いてくれる?」

 

「なに?」

 

「おじさん、最近ほとんど家を留守にしないでしょ? ママの店にもあまり行けていないし……実はおじさんね、おじさん、公園で若い猫を拾って、今、うちで飼ってんの」

 

「え?」

 

「おじさん、歳だから、ほら、前にアンニイちゃんが猫飼うのやめとけって言ってたでしょう? だから怒られるのを覚悟で話しておこうと思って……」

 

「ふーん。どんな子? 写真あるの?」

 

 

おじさんが見せてくれたのは、携帯電話に入っていた“黒白のおもしろい柄の男の子”。毛布に包まれて爆睡しています。あどけない甘ったれの表情でおじさんを見つめるものも……。その猫さんの画像を見るおじさんは、いつもよりさらに目尻が下がっていて……うーん(汗)。

 

 

「へへ。こいつはもうおじさんの彼氏だな♡」

 

 

うっ。このふたりのラブラブは、私には引き裂けない。引き裂いちゃいけない。

 

 

「で、おじさん、猫ちゃんは去勢したの?」

 

「それがさ、今月行こうと思っていたのよ。アンニイちゃんに病院紹介してもらえないかな?」

 

「じゃ、大師前どうぶつ病院に行って。電話で予約しておくから」

 

「うわーありがとう! アンニイちゃん、さあさあ、お肉もっと食べないと」

 

おじさんの喜んだ顔がなんだか沁みたので、私はおじさんに提案をしてみたのです。

 

「おじさんひとり暮らしでしょ? なんかあったら猫さんが困るよね? 私が後見人になろうか?」

 

「え、アンニイちゃん、ありがとう!! おじさんこれで安心して暮らせる!!」

 

その後も、「幸せだなあ~」「幸せだなあ~」「生きていてよかったなあ~」「もっと早くにアンニイちゃんに言うべきだったな」「これで安心した」と、絶えず笑顔だったおじさん。

 

 

そして後日、おじさんは猫さんを連れて、ちゃんと病院へ行きました。

 

 

去勢手術だけでなく、猫さんに必要な医療ケアや検査なども全部終えています。

 

 

おじさんとは三十数年の長いおつき合いですし、外で独りぼっちの猫を見捨てられなかったやさしさにはとても好感が持てるので、私もできる限りのサポートをしていく所存です。

 

 

個人やひとつの団体が、多くの数を保護をすることを持ち上げる風潮ですが、私はちがうと思います。私たちひとりひとりが、身近な場所で出した成果、起こした奇跡、担った責任こそが、行き場のない犬猫たちを減らし、彼らの生き物としての尊厳を押し上げているのではないでしょうか?

 

 

結局この世を大きく変えているのは百頭千頭保護できるスーパーマンではなく、その辺の旦那さんや、その辺の娘さんや、鈴木さんや、佐藤さんや、その辺の田辺さん、ではないでしょうか?

 

 

「感動的なドラマは身近にいくらでもあるよな」

1111ggg (6)

 

 

「いい人いっぱいいますよね。ぼくも同感です」

1111ggg (5)

 

 

保護猫あゆむくんは、快活そのもの

1111ggg (7)

 

 

703号室にいい空気を流してくれています。

1111ggg (8)

 

 

すずらんとさぶも温活にいそしんでいます。

1111ggg (14)

 

 

すず、よかったね♪

1111ggg (15)

 

 

本当にさぶが大好きなんだもんね^^

1111ggg (4)

 

 

ちなみにおじさんは「ノラ猫あがりのスターたち」を10冊以上オトナ買いして、自分の入院の際に看護師さんたちに配ってくれた方でもあるのです。その節はお世話になりました。

 

 

まだ理想論の域を出ないかもしれませんが、みんなが幸せになる社会を目指したいですね。

 

 

犬も猫も、もちろん、人間も。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





疲弊したその日暮らしの生活を返上して

皆さまこんばんは。すっかり涼しくなってきましたがいかがお過ごしですか?

 

 

今日は麗しの卒業生たちをUPさせてくださいね。

IMG_5829

 

 

私の本(ノラ猫あがりのスターたち)にも登場する海子改めもも

IMG_5848

 

 

ももと同じお宅にお輿入れしたさくら

IMG_5842

 

 

ふたりはもともと別の場所(私の地元)で保護した成猫ですが、仲睦まじく共存しています。

IMG_5854

 

 

先日、里親さんよりシッティングのご依頼を受け、計5回お世話をさせてもらいました。

 

 

ももとさくらもすっかり「にくきゅうのおせわ屋」の常連になっています。

IMG_5825

 

 

内容は、ちがうお部屋でそれぞれにごはんをあげる(食べ残しの計算と記録)、お水替え、トイレ掃除、部屋にももの嘔吐があるかのチェック、アレルギー体質のももの身体のチェック、など……。

 

 

コミュニケーションの時間ももちろん多分に取っています。

IMG_5870

 

 

出たゴミは全部持ち帰るのが私の小さなこだわり♡

 

 

「ゴミ箱に捨てて行って大丈夫ですよ」と言ってくださるお宅が多いのですが、帰宅したときにちょっとでも臭いが軽減されていると、なんかホッとするじゃないですか^^

 

 

だから私がおみやげとしてお持ち帰りさせてもらっているのです(笑)。

 

 

さびしがりでママっこの次女さくら

IMG_5867

 

 

不安そうなお顔をしながらも、ご両親がいないおうちでお留守番をがんばりました。

IMG_5833

 

 

さくらはおもしろい女の子で、そばで励まさないと本当にごはんを食べないのです。

IMG_5810

 

 

ももは私にもいっぱい甘えてくれて、いろんな表情を見せてくれました。

IMG_5835

 

 

ごはんをもぐもぐ

IMG_5832

 

 

食後のお手入れ中

IMG_5836

 

 

ももを外(劣悪な環境)から連れて帰るために費やしたエネルギーを今もたまに思い出します。ふふ。ある意味私の武勇伝です。もも、幸せでいてくれてありがとう!

IMG_5852

 

 

さくらも元気でうれしいよ!

IMG_5827

 

 

疲弊したその日暮らしの生活を返上して、お嬢たちはキラキラと生きています。

 

 

ももとさくらの輝きは、私をも照らしてくれるのです。

 

 

「終の棲家」はいいものですね。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





凹と凸

皆さまこんばんは。今朝は仕事で6時半に家を出なければならなかったのに、昨夜どうしても一睡もできず、なんと徹夜で向かったという^^; いい歳してお恥ずかしい限りです。

 

 

さぶがずっと付き添ってくれたので、寝れない自分にイライラせずに済みました。そして、このかわいいお嬢さまも、寝室にちょくちょく様子を見にきてくれたんですよ。

aa1be (8)

 

 

近所で保護して以来、家庭内ノラ状態なので、「怒りんぼ」のイメージが定着しているすずらんですが、それなりにコミュニケーションが取れています。お腹が空くと私を探して鳴いてアピールするし、「すずらん」と呼ぶと振り向きます。家具にスリスリして甘えのような仕草をすることも……

aa1be (9)

 

 

ただの置物ではなく、自分の意志と感情を持った素晴らしい猫さんです。

aa1be (7)

 

 

ん? どした? 小腹が減ったの?

aa1be (6)

 

 

すずちゃん、壁紙で爪を研ぐところだけは控えめにしていただけるとありがたいのですが?

aa1be (10)

 

 

でもまあ、通院もできるし、(難易度が半端じゃないけれど)爪も一応切れるからいいよね。

 

 

正しい管理こそ最大の愛情、と言いつづけている身としては、最低限のケアはできていると自負しています。もちろん、できることならもっと近づいてもっと仲よくなりたいです。

 

 

犬猫をお世話する業種に就いてから実感するのは、意外と「爪切り」に困っている方が多いこと。たまに「爪切りのご依頼を受けました」とここにも書いていますものね。

 

 

先日は、近所に住む84歳のご高齢の方が飼っている猫さんの通院代行をお受けしました。打ち合わせで会いに行ったときに撮った一枚。名前はももちゃんといいます。

aa1be (11)

 

 

ももちゃんはとても具合が悪そうで、身体を触ろうとすると(腹部あたり)を痛がる、食欲がない、元気もない、あまり歩こうとしない、とのこと。飼い主さん自体も体調不良のため、ももちゃんの通院の内容は私に完全に託され、中島先生と相談しながら必要な検査をすすめる運びとなったのです。

aa1be (12)

 

 

ももちゃんをキャリーに入れるのも私の役目だったので、うまくできるかドキドキしたのですが、スッとタオルを被せたあと洗濯ネットに入れ、キャリーにおさめられてホッ。

 

 

病院に着いたももちゃんは慣れない通院で命がけの抵抗をし、見ていて気の毒なほど暴れました。

aa1be (13)

 

 

なんと5人がかりで押さえての診察だったのです。

 

 

血液検査の結果が出る前に、原因が半分判明しました。

aa1be (2)

 

 

伸びすぎた爪がクルっと巻いて自分の肉球を突き刺していたため、爪を切ると大量の血や膿が噴き出したのです。あまりの痛々しさに中島先生も驚いていたほどです。かわいそうに……

aa1be (4)

 

 

腹部のあたりを痛がっていたのではなく、四肢に激痛が走っていたのですね。

aa1be (3)

 

 

爪を切って消毒。飼い主さんは投薬ができなそうなので、コンベニア(2週間効果が持続する抗生物質)と痛み止めを注射で打ってもらいました。ももちゃん、がんばったね!

aa1be (5)

 

 

その後に出た血液検査の結果は良好だったので、やっぱり爪が原因でまちがいないと思います。

 

 

お返しした際に飼い主さんとよく話をして、2~3か月に一度は私がももちゃんの通院を引き受けました。お代をいただいているのでボランティアではありませんが、有意義なことをしたと心底思いました。動物福祉の観点からしても、こういう関わり合い方もあるんですね。

 

 

数日経って飼い主さんにお電話をしてみたのですが、ももちゃんは絶好調だそうです。よかった。犬猫は口がきけないので、人間側がしっかりとチェックしないとね。(自戒を込めて書いています)

 

 

一生けんめい働いて、愛するお子たちとの日々を大切に紡いでいきます。

 

 

どんなに忙しいとしても、それを言い訳にせず、彼らの声に耳を傾けていきたいです。

 

 

庇護を必要とする側と、庇護する側は、漢字の凹と凸に似ていますよね。

 

 

美しい合体を意識しながら日々を生きていかないと。

 

 

与えるばかりのつもりではなく、与えられているものが多いことを知っているからこそ♡

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク