七色 4、ちっち

追記:下の文章は、数日前に70%程度書いたものです。七色や赤ちゃんたちの状態がまだじゃっかん不安定ゆえ、私もジェットコースターに乗っているように気持ちが変化し、感情的になっていた(る)部分もあります。本日も乱文をお許しください。

 

↓↓↓

 

七色ファミリーをあたたかい眼差しで応援してくださっている方に、残念なお知らせをしなければなりません。すでにご存じの方も多いかもしれませんが、七色の4匹の赤ちゃんのうち、「ちっち」と名づけた黒白の赤ちゃんが亡くなってしまったのです。

IMG_1462

 

 

ちっちは、1週間の命でした。

IMG_1464

 

 

ほかのきょうだいたちに比べちっちが小さいのと、(生後6日に)七色やきょうだいたちの仲間にうまくは入れていないことが気になり、翌朝、病院へ連れていきました。

 

 

七色は産後2~4日は比較的穏やかだったのですが、子猫たちがハイハイできるようになってからは、私が子猫に触ろうとするとものすごい勢いで人間に向かってきます。人間に自分の赤ちゃんを奪われたくないといった様子は、現在もなおつづいています。

 

 

いろんな葛藤が私の中にあったのですが、ちっちを病院へ連れて行ったときには、ちっちだけ人工保育に切り替えてでも無事に育てたいと考えていました。

 

 

ちっちは私がへその緒を切った3匹のうちの1匹でした。

 

 

せっかく生まれてきたのだから、生きてもらいたかったのです。

 

 

なのに私は図体ばかりがデカい役立たずで、ちっちを助けることができませんでした。

 

 

七色にもちっちにも大変申し訳ないことをしました。

 

 

正直なところ、どの時点でどうすればよかったのか、何百回も考えたのですが、いまだによくわかりません。ですが、なにかができたのに私はしなかったのかもしれません。

 

 

病院へ連れて行ったとき、妙なしゃっくり?(しゃっくりじゃないかもしれないです)をしたので、大巻先生に横隔膜(または脳)の先天的な異常があったのではないかと言われました。ちっちは精密検査できる大きさではないので、あくまで大巻先生の知識と勘と状況による推察ですが、大巻先生は私の信頼する獣医師のひとりですので、私も素直に受け入れています。それでも、現にうちのほほが先天性の重い水頭症を患いながらも、11年4か月生きてくれたので、ちっちについても可能性がゼロだったとは思えず、ちっちの死後、自責の念に悶々と締めつけられています。

IMG_1764

 

 

大巻先生の病院には、卒業生ポテチ&コテツ(+ヤマト)の里親きーやんさんも駆けつけてくれたのです。診察の時点では、私たちの胸にはまだ希望がありました。

IMG_1765

 

 

私はどうしても2時間だけ仕事に行かなければならないので、その間、ちっちはきーやんさんが授乳してくれました。きーやんさんとご主人に深謝しています。そして、ちっちはその後急変し、大巻先生、きーやんさん夫妻、私が見守る中、お昼すぎに天国へ旅立ってしまったのです。

 

 

自分でも想定外の打撃を味わいました。

IMG_1767

 

 

赤ちゃんが誕生したことがうれしくて浮足立っていた自分が恥ずかしいです。

 

 

ちっちの亡骸の写真の公開は控えますが、一度連れて帰って703号室に一泊し、次の日にお花を供えて病院葬をお願いしました。残りの3匹の赤ちゃんについては無事に育つことだけを祈りながらケアしています。とはいっても、七色は現時点で私を完全に信じてはいませんので、私やチチが赤ちゃんにさわるのを警戒します。1日に1回の体重測定がやっとといったところです。

 

 

大巻先生も中島先生とemi-goも「母猫に任せる以上、母猫の性格を考えると、自分たちなら体重測定すらしないかもしれない」と話していました。決していいかげんなことを仰っているのではなく、むしろ絶えず生死と対峙する先生たちの広義的で深い愛情を感じる発言だと私は受け取っています。

 

 

ですが、やはり赤ちゃんたちの体重だけは知りたいので、1日に1回、なるべく手際よく(30秒ずつ)、七色がちゅーるを舐めている隙に赤ちゃんを借りて体重を計っています。増え幅が悪い日は吐きそうなほど心配ですが、とにかく母猫が栄養を摂ってお乳をたくさん出せるよう、七色の生活の質をまじめに考えています。母猫が快適なら子猫たちはスクスクと育つはずだから。

 

 

「母猫の出産と育児は、母猫の生理現象です。その生理現象と生き物としての自然の摂理を尊重してください。田辺さんが関わるのは最低限でいいとぼくは思います」

 

大巻先生の言葉にハッとしました。

 

 

自分もそれをめざしていたつもりだったけれど、ちっちを失ってからはいろいろわからなくなり、周りが見えなくなってしまったのですね。後半のほうは、たった今、書き足しています。あたたかいまなざしで見守ってくださる皆さまに、ご報告をさせていただきました。肩に力を入れすぎずに、しかし、ちっちの死を無駄にしないことを強く意識しています。

 

 

ちっちが確かにいたことを、4匹で生まれてきたことを、忘れません。

 

 

合掌

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





七色 3、落ち着く場所づくり

皆さまこんばんは。うちの十頭はみんなちゃんと生きています。

 

 

リル、さぶ、みーちゃん、すずらん、信くん、七色、七色の4匹の赤ちゃんたち。

 

 

それぞれに手がかかりますが、土から顔を覗かせたばかりの小さな芽も、若い幹も、赤く燃える紅葉をつけた木もすばらしいです。私は命の美しさの中で生きています。

 

 

毎日に感謝ですね。

 

 

さて、七色が赤ちゃんたちを産んだ翌日……

 

 

後手後手になってしまったのですが、ケージに安全対策をしたのです。図工や技術や家庭科などといった類の成績は常に底辺。センスもなければ発想力もなく、おまけに手先がとてつもなく不器用な中年女。オロオロしながら(苦手な場所)ホームセンターへ行ったのです^^;

IMG_1477

 

 

大きな白い板をハサミでチョキチョキ

IMG_1469

 

 

余分なものにお金をかけたくないので、家にあった道具でがんばりました。

IMG_1478

 

 

(とはいっても、家にはほとんどちゃんとした道具がないけど……)

 

 

3時間かけてこれかよと笑わないでください。本当に汗をかいたのです。

IMG_1482

 

 

でも、なんとか完成しました。

 

 

赤ちゃんたちが背面や側面から落下しないよう白い板をつけ、結束バンドで止めたのです。前面はなにもしていませんが、前回書いた通り、来週にはほかのケージにお引越ししてもらうし、赤ちゃんは今、ハイハイがやっとなのでこれで大丈夫だと思います。

IMG_1479

 

 

力作をカッコいい角度からどうぞ♡

IMG_1480

 

 

施工前

IMG_1548

 

 

施工後

IMG_1547

 

 

目隠しにもなるので、七色のメンタルが安定した気がします。

IMG_1481

 

 

カバーをかけてしまえば完全に外が気にならない感じになるのです。

IMG_1483

 

 

暫定的なものなので、これはこれでヨシとさせていただきます。板の名前がわからないのでご紹介ができませんが、参考にする方もいないでしょうから別にいいですよね(笑)。

 

 

赤ちゃんたちは毎時毎分著しい成長を遂げています。

 

 

七色もまた、母として日々たくましく成長しています。

 

 

私も衰えに負けず、せめて心だけでも成長を意識していきたいです。

 

 

次回はお仕事のことを書かせてくださいね。

 

 

では皆さまよい夜をお過ごしください。私は1日分の仕事をほぼ終え、これから打ち合わせです。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





七色 2、出産

3月5日の金曜日

 

 

数週間ぶりに仕事が休みだった私は、保護猫信くんの病院の送迎以外はのんびり家で寝ているはずでした。なのに朝7時すぎに赤ちゃんの産声でハッと目が覚めたのです。

 

 

それからはもう、アドレナリンの分泌が止まらない1日となりました。

 

 

●3月1日七色が我が家に移動

 

●3月4日七色の食欲が少し落ちる(猫は出産前は食欲が落ちる傾向があります)

 

 

七色はいつ赤ちゃんを産んでもおかしくないほどお腹が膨れていたのですが、正確な出産日はわかりません。前回も書いたとおり、私は病院からのアドバイスやネットで仕入れた知識を自分の中に詰め込み、ドキドキとその瞬間を待っていたのです。

 

 

私がいちばん恐れていたことは、母猫が子猫を殺すこと、子猫を食べること。

 

 

ピンとこない方もいるかもしれませんが、一定の割合でこのようなことが起きるのです。

 

 

私も昔、レスキューに入った多頭飼育崩壊現場で、その劣悪な現場の主だった女性に「父猫や母猫が子猫を食べちゃうから困る」と聞いたときは、自分の耳を疑いました。

 

 

けれど調べてみると、決してめずらしい話ではないのです。もちろん、すべての猫がそうだとは言っていないので誤解のないようお願いします。

 

 

保護したばかりの七色の育った背景や性格を私は知りません。

 

 

七色は近づくと全力で空気砲を放ってくるレベルで私に怒っていました。

 

 

お腹に赤ちゃんがいてナーバスになっているのだからあたり前ですよね。

 

 

何年も共に暮らしている飼い猫ならフリーにできますが、703号室に来て数日でフリーにして子猫を産ませることは私の環境ではむずかしい。だから七色にはケージに入ってもらったのですが、出産するにはケージが狭かったなと深く反省しています。

 

 

考えてみれば、倉庫に巨大な犬用のケージが眠っているのだから、それを引っ張り出せばよかった。七色と赤ちゃんたちには何度も謝りました。私の配慮が足りなかったです。

 

 

ケージは敢えて一段にセットしました。平地のほうがいいと病院に聞いていたのです。

 

 

知っている方の実体験をお話しすると、ケージの2段目のハンモックに子猫を1匹置き忘れた母猫に、人間がハンモックから子猫を取り母猫に返したところ、母猫がその子猫を食べてしまったのです。ほかにも数件、似たようなことを伺っています。人間が子猫をベタベタさわったり、子育てにやたら干渉すると、母猫は(人間のにおいのついた)子猫に対する興味を失い、育児を投げ出すケースも。

 

 

母猫は子猫を「においでも識別する」といわれているので、人間のにおいがしみこんだ子猫を異物として排除したのかもしれません。これも人間に対する信頼度の差や、母猫の個体差があるので、総括したものではないことをつけ加えさせていただきます。

 

 

また、人間が関わらなくても、障がいや病気を持って生まれてきた子猫を母猫が放棄することもあるので、必ずしも人間だけが原因ではないのも併記させてください。

 

 

とにかく私は、過剰に見てはダメ、触ってはダメ、手を出すのはダメ、七色を高い場所に上がらせるのも控えよう、ダメ、ダメ、ダメ、とがんじがらめの精神状態になり、結果として、ふつうの猫ケージの一段のスペースしか七色に与えられなかったのです。多少動きまわれるようにと、いちおう箱型の猫ベッドを入れたのですが、七色は箱型のベッドではなく、トイレで出産してしまいました。

IMG_1438

 

 

慌てて箱型のベッドを(動画でキャリーハウスの中でお乳をあげている猫を見たので)キャリーハウスに変えたのですが、七色と赤ちゃんたちはトイレから出てきませんでした。

IMG_1437

 

 

私は砂が入っているのが気になってしょうがなかったです。

IMG_1439

 

 

ああどうしよう。一家をトイレから出したい。

IMG_1431

 

 

(保護直後に試しにやってみたところ、七色はペットシーツで排泄しなかったのですが)根競べをしてでもペットシーツを敷いておくべきでした。ペットシーツなら砂が気にならないですものね。

IMG_1430

 

 

すぐにキャリーハウスをやめ、大きなベッドをケージに戻すと、七色はいつの間にか赤ちゃんたちを連れてベッドに移動していました。現在も授乳に使用している広々としたベッドです。

 

 

その姿を(遮光カーテンを閉め切った)暗がりで確認してちょっとだけ安心しました。

 

 

そして唸る七色のケージにカバーをかけ、目を離すことにしたのです。

 

 

子猫たちを明るい場所で隅々までチェックしたい。みんな大丈夫だろうか?

 

 

胎盤に猫砂がついていたら七色は胎盤を食べないかも。臍帯は無事に切れているかな?

 

 

病院にも何回も電話をかけまくった私。

 

 

各種の不安が脳内を駆け巡ったのですが、いじってはダメ、という呪文に縛られ、なんとか半日がまん。その間、赤ちゃんたちのお乳を吸う音が聞こえていたのが唯一の救いです。

 

 

そして午後、七色がお水を飲みに行った隙に偶然ケージを覗いた私は唖然……

 

 

4匹の赤ちゃんのうち、3匹の足がそれぞれの臍帯で絡み合い、連なっている。

 

 

胎盤をそれなりに食べた形跡はあるけれど、七色は臍帯を4匹中1匹分しかちぎっていない。ほかは1匹を持ち上げたらそのまま3匹が連動して持ち上がってしまうような状態。

 

 

え……これはマズい。

 

 

実は前に病院で同じ状態の乳飲み子たちを見たことがあるのです。

 

 

運び込まれた乳飲み子たちは残念ながら虫の息でした。

 

 

外で出産した母猫が臍帯を切りそびれ、臍帯同士が乳飲み子たちに巻きつき、血流の止まった1匹の乳飲み子の足(腿から下)は、すでに壊死して真っ黒でした。そのシーンを鮮明に覚えている私は、同じような状況を前に、「子育てにノータッチ」などとは言っていられなくなったのです。

 

 

臍帯をハサミで切って赤ちゃんたちを解放しないといけません。

 

 

怒る七色から4匹の赤ちゃんを毛布ごと取り上げ、煮沸消毒をしたハサミでチョキ、チョキ、チョキ。切り終えたあと、間髪を入れずに赤ちゃんの包まった毛布を七色に返しました。

 

 

七色はどんなリアクションを取るのかとハラハラしていると、自由の身となった赤ちゃんたちをかいがいしく舐めているではありませんか。おお、よかった。赤ちゃんたちをかわいがってる♡

 

 

臍帯を切った直後の写真

IMG_1440

 

 

もし七色が外で出産していたら、ケージの中じゃなかったら、ちゃんと臍帯をちぎっていたのかな? それともやっぱりちぎっていなかったかな? 全部想像の域を出ないので、どうなっていたかはわからないのですが、(ケージが狭かった、トイレをペットシーツにしなかったなどの)反省すべき点はしっかりと反省し、謝罪すべきところは七色や赤ちゃんたちに(言葉と行動で)謝罪し、今後につなげていきたいです。加えて、絶対に介入すべきではないという固定観念を捨て、必要最小限、臨機応変に対応できた部分は自分をじゃっかん評価したいです。

 

 

ちなみに現在も同じケージを使っていますが、あくまで出産には狭かったのであって、授乳するには落ち着いた空間だと思います。あと1週間くらいしたら、安全対策を施した犬用のケージに一家でお引越しをする予定ですが、それまでは環境を変えずにそっと見守る所存です。

 

 

皆さまご心配くださりありがとうございました。

 

 

成長記録の写真を撮りたいのですが、まだあまり刺激したくないので気長にお待ちくださいね。

 

 

まとまらない文章をお読みいただき感謝しています。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





牛丸、牛歩で家族と歩く

皆さまこんばんは。今日は朝と夜のシッティングをいただいていますが、合間の時間はお子たちとイチャイチャすると決めていたので、家の中でみんなを追いまわしました♡

 

 

さて、前日のつづきをUPします。

 

 

牛丸のお兄さんになってくれた先住猫なぁさん。本名は「なごみ」くんです。

IMG_9787

 

 

黒白模様の長毛男子。ビジュアルが牛丸と似ていますよね。厳しい外暮らしが辛く、ガリガリで汚れていたなぁさんを、親切なうどん屋さんが助けたのです。うどん屋さんのお客さんだった牛丸の里親さんがうどん屋さんと一致団結し、なぁさんを幸せへと導きました。

 

 

こうして多くの方が「ゼロより一」を実践させていることに、私はとても感動しています。

 

 

ひとりで100匹を抱える社会より、100匹をひとりずつが気にかける社会に私は住みたいです。

 

 

なぁさん、会うのはお見合いの日以来だね。お邪魔します。

IMG_9758

 

 

なぁさんは高い位置から私どもを見下ろしていました(笑)。

IMG_9759

 

 

牛丸との位置関係はこんな感じです。

IMG_9770

 

 

里親さんはご自宅を建設中なので、このお家には半年くらいしかいませんが、脱走防止対策を丁寧に行ってくださいました。ケージのお部屋も寝室も掃き出し窓は以下のとおりです。

IMG_9764

 

 

玄関の柵はご主人の手作り。強度がしっかりしていました。

IMG_9767

 

 

そして身体の大きな牛丸のためにケージ内にステップを……

IMG_9757

 

 

うっしーのメゾネットマンションの全体像

IMG_9768

 

 

部屋には上下運動をする場所もしっかりあります。

IMG_9769

 

 

うっしー、がんばってね!

IMG_9761

 

 

「ぼく ドキドキしています」

IMG_9760

 

 

うん。わかる。でもここがうっしーの未来なんだから、一歩ずつね^^

IMG_9763

 

 

「とりあえず石のように固まっておきます」

IMG_9762

 

 

「そんなにぼくを見つめないでください」

IMG_9772

 

 

「ぼくのお父さんとお母さんになってくれるのですか?」

IMG_9773

 

 

「あぁ そこそこ そこかゆいんです」

IMG_9774

 

 

うっしーは見かけよりだいぶ繊細なお子です。

 

①最初は動かない、食べない

 

②数日後、食べ出すけれど動かない

 

③少しなれはじめると警戒心がマックスになり、威嚇、攻撃がはじまる

 

④しばらくすると、先住猫の存在に気づき、仲よくごあいさつ

 

⑤先住猫がいると気が大きくなりケージから出て探検開始

 

⑥人間にもうっすら心を開く

 

⑦(条件つきで)人間にさわらせてくれたり、人間と遊べるようになる

 

 

①~⑦の過程を、(牛丸という名のとおり)ゆっくりゆっくりと牛歩で進んでいくのです。

 

 

里親さんは忍耐と根気と気合いの入った方以外にはむずかしいタイプの猫で、私は正直、牛丸のトライアルが失敗に終わり、いつ返されてもおかしくないと覚悟をしていました。

 

 

しかし、里親さんはめげませんでした。私の立てた小さな作戦をいくつも実行に移し、日に日に牛丸との距離を縮めています。感謝、という言葉では足りないですね。

 

 

先日爪切りにお邪魔したとき、「正式譲渡でいいですか?」とおたずねしてみたところ、「もちろんです」という言葉が返ってきて、私は目頭が熱くなりました。うれしいっすね。

 

 

その節は牛丸の医療費や交通費、おみやげをありがとうございました。

IMG_9779

 

 

里親さんから届いた近況写真の一部です。ドームベッドを買ってもらったうっしー

IMG_9851

 

 

殻に閉じこもりすぎないよう、いったんドームベッドを取っ払ってもらった時期のうっしー

IMG_0161

 

 

数日前のうっしー

IMG_0963

 

 

え、おっさん?

IMG_0964

 

 

里親さんは寝室があるのに、うっしーのケージの置いてある部屋に布団を敷いて眠っています。家族のぬくもりを近くに感じられていいですね。最高!

 

 

道端でひっそりと生きていた一匹の元ノラ猫が終の棲家へ旅立ちました。

 

 

応援の眼差しを向けてくださった方へのご報告をさせていただきます。

 

 

かつくん「x307牛丸おめでとう。濃厚な時間をありがとう。ハハが黒白猫を好きになったのはぼくがきっかけです。ぼくは2007年に天国へ旅立ったけれど、ぼくの印象が今なおハハの胸の中に強く残っています。牛丸も牛丸を特別だと思ってくれる家族に出会えてよかったね」

1-3483

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





牛丸と過ごした日々を

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

唐突ですが、私はどんな犬猫もかわいいと思って接しています。

 

 

でも、実はビジュアル面での自分のタイプがあり、猫でいえば……

 

①まんまる(デカい)

 

②男子(性差別をすみません^^;)

 

③黒白ハチワレ模様

 

が、大好物なのです。

 

 

ということで、本日の主役はおわかりですね?

 

 

「ぼく?」

IMG_9701

 

 

はい! その通りです。

 

 

ちなみに牛丸のサラサラロングヘアと、ウサギさんのようなボンボンしっぽもツボです。

IMG_9602

 

 

はじめて牛丸に会ったのはいつだったか? 2019年頃だったかもしれません。

InkedIMG_0754_LI

 

 

住宅街の隅っこで、牛丸はいつもひとりぼっちでした。

 

 

悩みに悩んで外で困っている牛丸をスカウトした日は本当に寒くて、牛丸は足にケガを負っていました。捕獲箱が血に染まったのを今でもときどき思い出します。

IMG_9435

 

 

2020年3月に703号室に招き入れてから、おそらく生粋のノラだった牛丸はよくがんばりました。トライアルに向かうまでの9か月間、私たちは生活を共にしたんだよね。

IMG_8926

 

 

人馴れするまでに長い時間がかかりました。はじめの数か月はとにかく怒っていたね。

IMG_8928

 

 

牛丸から放たれた怒りのエネルギーを受け止めるのは、正直大変だったけれど

IMG_8929

 

 

全身でぶつかってきてくれたことを、私は忘れません。

IMG_9724

 

 

牛丸の心の鎧を溶かしてくれた最大の功労者は天国に眠る我が家のあまぱんでした。

iker (11)

 

 

あまぱんが牛丸と私のクッションになってくれたからこそ、牛丸は徐々にリラックスをするようになったのです。あまぱんを見送り、牛丸を送り届けて、私には「思い出」だけが残りました。

 

 

けれど、なにものにも代えがたい痛みと喜びを私はしっかりとおぼえています。

 

 

あまぱんがいなくなったあとは、さぶがあまぱんの役割を引き継ぎました。

IMG_9722

 

 

牛丸はそうやってみんなで育ててきた、大切な存在です。

IMG_9458

 

 

牛丸がかつて使っていたケージには、保護猫信くんがいます。

IMG_9618

 

 

一頭ずつ一頭ずつ、小さなアクションですが、私が取り組んできたことは「無」ではありません。

IMG_9737

 

 

だれにも言わなかったのですが、あまぱんを失ったあと、私は牛丸を里子に出さずに手元に残そうと考えていたのですよ。毛色が似ているから、牛丸がサッと横切るたびにあまぱんと見まちがい、その錯覚が私の傷を癒し、慰め、前向きにさせてくれたのです。

IMG_9735

 

 

でも私は、結局そうしませんでした。

IMG_9738

 

 

「あまぱんのかわり」では牛丸に失礼ですし、若く健康的な牛丸には、牛丸としての未来がありますものね。あのときの苦しい決断のおかげで、みーちゃんや信くんと出会えました。

 

 

牛丸を卒業させる決意をしたからこそ、次の子を保護するキャパを得たのです。

 

 

牛丸、ありがとうね。

IMG_9718

 

 

トライアルへ出たあと、牛丸は一から「場所、猫、人馴れ」をご家族といっしょに努力しています。

 

 

私も、私にできる限りのアドバイスやサポートをつづけてきました。

 

 

最近、牛丸は「場所と猫」を完全にクリアし、残るは「人」だけになったのです。

 

 

そして、だんだんと里親さんを信じるようになってきています。えらいでしょ?

IMG_9720

 

 

昨年の12月27日、キャリーバッグに入った牛丸をシートに乗せ、私は彼の未来をめざして高速道路を走りました。小さなキャリーバッグの中には、とてつもなくビッグなスターが入っています。

 

 

牛丸への愛と感謝を添えて皆さまにご報告いたします。

IMG_9754

 

 

次回は牛丸の新居へご案内します。

 

 

ブログへUPするのが遅くなって申し訳ありませんでした。

 

 

牛丸を応援してくれた皆さま、ありがとうございました。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク