星太郎のファミリー

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

さて皆さま、本日は星太郎の新居へご案内します。

 

 

星太郎のおうちは都心のマンション。人間の家族はパパ、ママ、お兄ちゃんの3人。とにかく明るく朗らかで、しかも家族の会話がひたすらおもしろいご一家です♡

 

 

ワンフロアーに2世帯しかなく、そのうえ内廊下。非常に脱走しづらい構造です。

Inkedhositarou (6)_LI

 

 

にもかかわらず、じゃーん! 玄関に脱走防止対策をしてくださっています。

hositarou (10)

 

 

立派な3段ケージは爪とぎつき! このケージお高いんですよね^^; ご覧のとおり、掃き出し窓にも脱走防止柵がついています。安全安心、ですね。

hositarou (25)

 

 

「え~? ここはどこでしょうか? ぼくプチパニックですっ」

hositarou (15)

 

 

星太郎の終の棲家なの。きっとすぐなれるから♪

hositarou (21)

 

 

だいじょうぶだいじょうぶ!

hositarou (8)

 

 

ほら、後ろにパパさんがいるでしょ? 星ちゃん落ち着いてね。

hositarou (14)

 

 

開口呼吸でドキドキしていた星太郎。意外とビビりで繊細ですね。

 

 

ママさん手づくりのプレートが星太郎のお部屋(ケージ)にかかっていました。

hositarou (23)

 

 

かわいい……星太郎が待ち遠しかったのがよく伝わってきます。

 

 

チリひとつない清潔なお宅

hositarou (1)

 

 

壁に素敵な飾りを見つけました。家族の象徴ですね。旅先で買ったそうです。

hositarou (9)

 

 

星太郎のために準備された寝床と丈夫なキャリーバッグ

hositarou (13)

 

 

震災時にも使えるようにと大きめのタイプを選んでくださいました。

 

 

星太郎のファッショングッズ

hositarou (17)

 

 

黒猫は何色でも似合うので写真撮影のときに小物たちが役立ちそうです。

 

 

マイ太郎さんお手製のブルーサテンのシュシュをさっそくつけてみることに

hositarou (20)

 

 

うわ……ハンサム! 端正な顔つきの星太郎にピッタリです。

hositarou (19)

 

 

おいしいコーヒーとケーキをごちそうになりました。

hositarou (4)

 

 

もりよさん夫妻もいます。和気あいあい、星太郎の未来について語りました。

hositarou (11)

 

 

このファミリーなら1㎎の心配もありません。本当に素敵な方々です。

hositarou (7)

 

 

ノラスタノラ猫あがりのスターたち)も買ってくださっていたので

hositarou (18)

 

 

僭越ながらサインとメッセージを書かせていただきました。

hositarou (26)

 

 

里親さんはもふもふ譲渡祭にもいらしてくださいます。またお会いできるのが楽しみで仕方ない。(里親さんのtwitterアカウント→@yamada_seitaro 星太郎★)

 

 

星太郎の医療費交通費のほか、お菓子、保護猫メル子の首輪、そしてなんと星太郎のマウスパッドをプレゼントしてもらいました。もりよさんとお揃いです。ありがとうございました。

hositarou (3)

 

 

「星ちゃんマウスパッドがもったいなくて使えない」と話していたもりよさんですが、翌日には会社で使っている自慢写真を里親さんと私に送ってきて爆笑。

 

 

へ? と呆気にとられるほどのスピードで「家族の一員」として見事に溶け込んだ星太郎。

 

 

以下は里親さんが撮った近況です。

hositarou (24)

 

 

黒々と光ってかっこいいこと!

hositarou (16)

 

 

お兄ちゃんがブラッシングしてくれています。

hositarou (2)

 

 

すぐ仲よしになりました。

hositarou (12)

 

 

来年の年賀状だそうです。最高!

hositarou (5)

 

 

(※画像や情報はすべて里親さんと相談しながら公開しています)

 

 

ふふ。いいでしょう?

 

 

「子猫ではなく成猫を希望した理由はなんですか?」

 

 

そうたずねた私に里親さんは不思議そうに首を傾げ、答えてくれました。

 

 

「え、うちは最初から子猫は考えずに、オトナの子を探していたので……」

 

 

深い理由や理屈もなく、ただ普通に成猫を求めていた里親さんの自然なリアクションが私にはとてもあたたかく、新鮮に感じられました。感動しますね。

 

 

5か月もの間、星太郎を預かってくれたもりよさん、そして星太郎の最後の日まで星太郎を息子として迎え入れてくれた里親さんに感謝しています。

 

 

不遇の犬猫たちが一匹でも多く星太郎みたいに安楽の日々を過ごせますように。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ291星太郎おめでとう。星太郎が加わったことで、もともと会話の絶えない家族がさらにいっそう楽しくなるだろうね。高い場所にのぼったり走りまわったり……自由もいいけれど、星太郎、いたずらはほどほどにお願いしますよ」

1-3483

 

 

スポンサーリンク





星太郎のお茶会(天音、ほたる家にて)

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

先週末はノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)の第一章、第二章でもおなじみの卒業生天音&ほたる家で保護猫星太郎のお茶会(お見合い)を開いたのです。

222 (2)

 

 

星太郎は私が譲渡責任者で、天音&ほたる家がフォスター(預かり)をしてくださっていました。星太郎の過酷な過去と保護のいきさつはこちらをお読みください。

 

「月太郎、星太郎/幸せの703号室」

 

 

※きょうだい猫のナイト(月太郎)は現在終の棲家で安楽に暮らしています。

 

 

「もう少し星ちゃんにお肉をつけさせてあげたい」

 

 

とのもりよさん(天音&ほたるママ)のやさしいお言葉にすっかり甘え、長いステイとなった星太郎。先月ようやく家族募集サイトへ掲載したあと、一件の家族希望を得てそのご家族とお会いすることに。たった一件ですがお会いする前からメールでのやりとりなどを通じて私は最高のご縁だと確信していました。なんていうか、丁寧さと誠実さが文面からにじみ出ていたのです。

 

 

「今日はぼくが主役?」

222 (8)

 

 

来客のたびに100%二階へ避難するともりよさんに伺っていたのに……

222 (6)

 

 

星太郎は最後まで一階のリビングにいました。

222 (9)

 

 

すごくないですか?

 

 

星太郎の行動や態度にひたすら驚いています。もりよさんも私も、星太郎が自分の意思で「この人たちの家族になりたい」と言っているように感じています。

222 (21)

 

 

もりよさんが焼いてくださったスコーンと紅茶をいただきながら

222 (1)

 

 

星太郎を囲む至福の午後

222 (25)

 

 

もちろんご家族満場一致で星太郎を末っ子として迎えることが決まりました♡

222 (24)

 

 

 

キャー! やったね!

 

 

「みなさん ぼくも家族におやつをもらいましたよ」

222 (3)

 

 

「パパ見て見て~ ふだんぼくこうしてじぶんでカリカリ食べてるの」

222 (4)

 

 

「お兄ちゃん おもちゃで遊んでくれてありがと」

222 (5)

 

 

「ママは猫の飼い方の本を持ってきてくれたんだよ」

222 (7)

 

 

お家の写真、住民票の写し、住宅のペット飼育可の書類に加え、なんとおやつや猫じゃらし、ボールのおもちゃまで持参してくださった星太郎の里親さん。責任感の強さ、キラキラの笑顔、明るさ、家族仲のよさがじわじわヒシヒシ伝わってきてもりよさんと私は感無量です。

222 (10)

 

 

「ついに星太郎も家族を得たのね」

222 (14)

 

 

「おめでとう星太郎」

222 (13)

 

 

天音、先住くろこさん、ほたるも喜んでくれたと(私が勝手に)思っています。

 

 

「お兄ちゃん それ振って~」

222 (17)

 

 

「かぶっ~」

222 (18)

 

 

元気でやんちゃな星太郎が、委縮せずにそのまま育っていくのが容易に想像できる飼育環境や里親さんのお人柄。私の脳裏には「運命」という言葉が浮かびました。

222 (22)

 

 

星太郎はまちがいなくぜったいに幸せになります。

222 (23)

 

 

星太郎を抱っこして集合写真を撮ろうとして失敗した一枚

222 (11)

 

 

後頭部で写真に参加する星太郎

222 (12)

 

 

里親さんからのかわいいプレゼント。ありがとうございました。

222 (15)

 

 

猫の形をした最中は味もおいしかったです。ごちそうさまでした。

222 (16)

 

 

天音、ほたる、先住くろこさんとにぎやかに暮らしてきた星太郎ですが、もりよさん夫妻は「星太郎は1匹でかわいがられるのがいちばん」と仰っています。

222 (19)

 

 

「星ちゃんは人から注目されるのが好きだから」

 

 

ですって(笑)。

 

 

ふふ。わかる気がする。

 

 

星太郎はほとんどお留守番のない素敵なお宅へまもなく巣立ちます。

 

 

応援してくださった皆さま、そしてなによりずっとかわいがってくださったもりよさんご夫妻に深い感謝を込めて今、これを書いています。

 

 

703号室を通じて良縁の連鎖を感じます。

 

 

美しい空気が循環しています。

 

 

星太郎への祝福として……

222 (20)

 

 

 

でっかいLOVE

 

 

PS 星太郎家のみなさんももふもふトークイベントに来てくださるそうです。ノラスタも読んでくださったとか。卒業レポートのときにまたいろいろ紹介させてくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク





私の腕の中に揃う彼ら

みなさまこんばんは。本日私は仕事場付近で無農薬野菜を発見♪

ririr (25)

 

 

タイムセールになっていて安かった。食べるのが楽しみです♡

 

 

この「なんだろちゃん」のお世話を長期でやっています。

ririr (11)

 

 

会う直前は気持ちが高揚します。かわいいんだもん^^

ririr (12)

 

 

ほかに「通院代行」のお仕事も受けました。お家に車で迎えに行って……

ririr (13)

 

 

病院へ

ririr (14)

 

 

ふうちゃん、下痢がひどかったとのこと。依頼主さんよりすべて一任されているので、CBC検査、スクリーニング検査、ウイルスチェック、エコー、レントゲンの丸ごとセットをがんばってもらいました(体重4.5キロ、体温38度)。ふうちゃんえらかった。

ririr (15)

 

 

前足も痛そう

ririr (17)

 

 

骨に異常はないのですが……

ririr (18)

 

 

念のため数日入院させて様子を見ます。

ririr (21)

 

 

(忘備録)ふうちゃんウイルス検査マイナス

ririr (19)

 

 

(忘備録)血液検査特に問題なし

ririr (20)

 

 

ふうちゃんの通院のついでに、慢性腎不全コンビのあぱまんとさぶの医療グッズと、保護子猫かおたん&さおたんの「お嫁入りフード」をちょいと買いました。

ririr (16)

 

 

703号室にはもうかおたん&さおたんがいません。詳しくは卒業記事にてご報告します。

ririr (10)

 

 

淋しいけれど、頭数が減って正直楽になりました。

ririr (2)

 

 

一頭一頭のQOLを重んじれば、一気に何頭も保護できないですものね。

 

 

特に私は働きながら微々たる保護譲渡活動をしているのでなおさらです。

 

 

さあ、明日は卒業生天音&ほたる家にホームステイしている保護猫「星太郎」を家族募集サイトへ掲載します。1歳のベタベタ甘えん坊男子。猫とも仲よし!

ririr (1)

 

 

星太郎は超絶かわいいので、皆さまどうぞ応援をよろしくお願いしますね。

 

 

保護猫メル子も元気にしていますよ。

ririr (4)

 

 

先日遊びに来てくださった「猫端会議」の大塚さんと妹さんにお子たちは甘えまくっていました。人恋しいのかもしれませんね。お母さんがいたらなくてごめんね。

ririr (5)

 

 

妹さんにずっと抱っこしてもらっていたあまぱん

ririr (6)

 

 

実は大塚さんは卒業生オブ(黒真珠)を狙ってくれていた方なのです(笑)。

ririr (9)

 

 

そしてオブ(黒真珠)のご縁が決まったときも喜んでくださいました。

ririr (8)

 

 

大塚さん、上品なお味のお菓子をありがとうございました。

ririr (3)

 

 

紅茶で乾杯~! 12月22日のイベントにも来てくださる予定です。

ririr (7)

 

 

大塚さん宅にも運命の保護猫が見つかりますように!

 

 

ラブラブする時間を1秒でも長く持ちたいお母さんは寝室にあまぱんとさぶを連行するのが日課です。みんなで固まっているとじんわりあたたかい……

ririr (22)

 

 

2019年はあまぱんもさぶも大病をして、生死の境をさまよいました。

ririr (23)

 

 

だからこそ私の腕の中に揃う彼らがこの上なく愛おしいです。

ririr (24)

 

 

ああ、また遅くなってしまいました。

 

 

明日もお仕事を控えているのでこの辺で失礼します。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





目黒雅叙園の和、と赤

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

★犬猫完全ナシのお出かけ記事なので興味のない方はスルーでお願いします。

 

 

先日私は、尊敬する女性豆さんとデートしました♡

 

 

愛のこもった雇用契約書と仕事をくださった私の社長であり、チチの仕事部屋の大家であり、703号室卒業犬リリ子とルースの里親さんでもあります。それだけではありません。豆さんはご自身で十数匹の外猫たちを保護譲渡(家族として引き取った子も、看取った子もいます)してきた尊い方。

 

 

楽しみで前の晩から興奮して寝れなかった私。チチにお留守番をお願いし、豆さんを車に乗せドライブスタート。私たちは目黒雅叙園へ向かいました。

goodday (24)

 

 

10年前に森絵都さんや毎日新聞社とコラボしたイベント「ONE」の打ち合わせのとき以来です。あのときは目黒雅叙園を堪能する余裕なんてなかったなあ……

goodday (10)

 

 

私の目黒雅叙園のイメージは、和と赤。

goodday (18)

 

 

 

赤は出身の台湾でもよく使われる色で、私のいちばん好きな色です。

 

 

我愛

 

 

血液の色、情熱の象徴……シャキッと元気になれます。

goodday (2)

 

 

ふふ。猫発見♪

goodday (9)

 

 

しかしまあ、どこもかしこも美しい。

goodday (5)

 

 

iPhoneに写しきれない。行ったことのない方はいつか行ってみてください。

goodday (21)

 

 

豆さんに鉄板焼きのランチをごちそうになりました。

goodday (6)

 

 

シェフおいしかったです。

goodday (4)

 

 

残さずペロッといただきましたよ。

goodday (8)

 

 

デザートもついていました。ベリーのソースがまた赤い♥♥♥

goodday (3)

 

 

満腹になったところで私たちは「百階段」へ

goodday (17)

 

 

実際は99段しかないけれど「百階段」という名がついています。

goodday (16)

 

 

途中途中の部屋で華道を堪能しました。

goodday (11)

 

 

いやはや、ゴージャス!

goodday (12)

 

 

こんな大きいんですよ。

goodday (13)

 

 

お見事……

goodday (14)

 

 

素朴な雰囲気の作品も胸に沁みます。

goodday (15)

 

 

昭和十年に完成した百階段は、海軍の赤十字病院として使われていたためほぼ戦火を免れたそうです。焼け消えなくて本当によかった。日本の財産ですもの。

 

 

女性同士のティータイム。紅茶とハーブティーで乾杯です。

goodday (7)

 

 

ぜったいに写ろうとしない豆さん。私ばかり撮ってもらってごめんなさい。

goodday (19)

 

 

趣のある場所で記念撮影

goodday (20)

 

 

百階段が土足厳禁とは知らず、いっぱい歩けるようスニーカー履いてきました。

goodday (22)

 

 

お出かけ自慢でうんざりの方もいるでしょうけれど、目黒雅叙園は京都に行ったような、いや、室町時代~江戸時代を旅したような気持ちになれたのです。

 

 

「死ぬまでにしたい10」のうちの1が叶ったといっても過言ではありません。

 

 

花嫁衣装にも赤は必須。粋な着物に身を包むお嫁さんがうらやましい~!

goodday (23)

 

 

豆さんとも笑いながら話していたのですが、あれこれ目を奪う目黒雅叙園の中でもひときわインパクトの強かったのが「お手洗い」でした。3回も入っちゃった。

goodday (1)

 

 

703号室から片道1時間の日帰り小旅行。昭和の女は(前日2匹の子猫たちのご縁が決まったので)自分への活動のごほうびとして存分にエンジョイしました。

 

 

明日は遠方にてシッターのお仕事が2つ入っています。

 

 

いいリフレッシュのおかげでがんばる気満々です^^

 

 

おやすみなさい。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





さんちゃん(あおたん)ち

※ブログを連続更新中。遡ってお読みくださいね。

 

 

さて、保護子猫あおたん改めさんのお届け記事のつづきです。

 

 

里親めぐみさんと私の出会いやご縁のいきさつ、環境などはすでにこの記事に書きましたので、お知りになりたい方はぜひクリックして読んでくださいね。

 

 

「ガヤガヤします どなたですか?」

IMG_2023

 

 

「あ! また小さいのをうちに連れて来たんですか?」

IMG_2038

 

 

そうですよ。

 

 

はい、さんくん着いたよ。おいで~!

IMG_5682

 

 

最後のお薬をどうぞ(笑)。

IMG_5680

 

 

よし。がんばりました。

IMG_5681

 

 

先住ハンサムりお兄、弟分のさんくんをよろしくね!

IMG_2037

 

 

ワイロちゅーるをお渡ししました。

IMG_5675

 

 

ふふ♡ この日私は黒白ハチワレのりおくんを意識してまなちゃんがプレゼントしてくれた「黒白ハチワレのお気に入りピアス」をつけて行ったのです。

IMG_5673

 

 

aiさんからも「どうぞ♥」してもらいご満悦のりおくん

IMG_5668

 

 

ソファー下に隠れたりおくんを捜索中のaiさん

IMG_2034

 

 

ケージの前でさんくんを励ますaiさん

IMG_2032

 

 

私も持参のカメラでパチパチ

IMG_5678

 

 

まだ不安だよね……

IMG_2048

 

 

めぐみさんやご家族がだいじだいじしてくれるよ♪

IMG_2049

 

 

「つまりぼくに“さんくん”という子分家族ができるのですね?」

IMG_2047

 

 

はい。りお兄大正解です。

 

 

隔離ができる個室に新設されたさんくん用ケージ

IMG_2026

 

 

個室の窓には脱走防止対策の網が設置されていました。

IMG_2022

 

 

リビングの掃き出し窓は娘さんのご主人にやっていただいたそうです。

IMG_2035

 

 

玄関の脱走防止柵

IMG_5679

 

 

実は過去にりお兄が玄関から出てしまったことがありました。

 

 

そのときは運よくすぐに捕まったのですが、「危ない」と思っためぐみさんは、さんくんを次男猫として迎えるのを機にこの度専用の柵をつけてくれたのです。703号室卒業生さんくんの安全のみならず、先住りお兄のためにもなりますよね^^

IMG_2024

 

 

先代の愛犬さんは知人から譲り受けたかわいいシーズー

IMG_2020

 

 

譲渡誓約書へのサインとさんくんの医療ケアの細かい説明をしているところ

IMG_5677

 

 

aiさんと共に……

IMG_2046

 

 

おいしいケーキとお茶をごちそうになりました。

IMG_2044

 

 

さんくんにかかった医療費のほか、703号室の保護猫たちへのプレゼントと

IMG_2053

 

 

手づくりジャムをありがとうございました。

IMG_1952

 

 

さんくん、いいお家だね!

IMG_2031

 

 

さんくんのためにいろいろ揃えてもらったのよ?

IMG_2030

 

 

時間はいっぱいあるから、りお兄とゆっくり馴染んでいってね♪

IMG_2029

 

 

めぐみさんは「縁」をたいせつにする女性なので、さんくんはトライアルなしの正式譲渡になりました。りお兄との距離を日々少しずつ縮めてくれています。

IMG_5671

 

 

さんくんの近況動画を観てイキイキしているのが伝わってきてうれしいです。

 

 

最近のさんくん。相変わらずキュートですね!

IMG_5897

 

 

姉妹のかおたんさおたんは今週末に巣立ちます。放出したいネタが多すぎて更新が追いつきませんが、かおたんさおたんから波及した良縁も紹介しますね。

 

 

応援してくださった皆さま、ありがとうございました。

 

 

同じことの繰り返しですが、私は不遇の猫たちを1匹でも減らし、終の棲家へ案内する活動をつづけていきたいです。これからも703号室をごひいきに!

 

 

かつくん「Ⅹ286さん、おめでとう。これからは末っ子として甘えて生きて行ってね。先住りお兄がぼくに似ているとハハは大騒ぎ。ぼくは天国へ来て12年以上経つけど、ハハはぼくに未練タラタラのようです。モテる男も辛いよのう」

1-3483

 

 

スポンサーリンク