みんなで紡いだご縁(てりたま)

都心のマクドナルドの前でごはんのおねだりを日課にしていた外猫てりたま

33 (15)

 

 

てりたまの日中の保護劇は多くの方の注目を引きました。

33 (10)

 

 

私の素手スカウトが成功したことを書いたこちらの記事をぜひお読みください。

33 (8)

 

 

その際、てりたまを心配したいろんな方に声をかけられたのです。

 

「どこかの動物愛護団体の方ですか?」

 

「この猫をどこへ連れて行くのですか?」

 

「保護猫活動をされているなら(身分を証明できる)HPなどを持っていますか?」

 

改めて、首都圏での保護猫活動の関心の高さを知り、驚いたほどです。

 

 

もちろん、私は聞かれたことに答え、名乗ったのですが、その後その方たちからの連絡はありません。このブログを読んでいないと思いますが、本日の記事はてりたまの保護シーンを間近で見ていた方にもお届けしたいです。今、こんなに幸せだよ、と。

 

 

さて、まずは「てりたま相関図」を拙い言葉で説明してみます。

 

①かおりんの長男さん

→外でてりたまを見かけ、お母さんのかおりんにその存在を伝えました。

②かおりん

→自分の息子さんから相談されて、てりたまを保護しようと動いた私の友人

③フラゴビさん

私のSNSを経由してかおりんのSNSを見て、「(かおりんの撮ったてりたまの写真は)まさに自分たちが気にかけている猫だ!」と気づいてかおりんに連絡した方

④フラゴビさんのご主人

→フラゴビさんとともに外猫てりたまのお世話をしていました。

⑤私

→てりたまが外にいるときから、かおりんにてりたまの保護や譲渡に関する相談を受け、「どうにもならなかったらお願い~」と言われ、実際にてりたまを保護

 

 

どうでしょうか? わかりましたかね^^;

 

 

無事に保護したあと、てりたまはかおりんちにステイ。かおりんと相談して、てりたまを一般募集(広く家族募集)する前に、いちばん気にかけ動いていたフラゴビさんご夫妻に打診するのはどうだろう? という流れになったのです。

 

 

フラゴビさんはすでに2匹の愛猫と暮らしているので、不安もあったようですが、ご夫婦で話し合った末、てりたまとの長期トライアルを希望してくれました。

 

 

余談ですが、かおりんと私の関係を少し掘り下げると、私の勉強会や講演会に昔からかおりんはいつも参加してくださって、それが縁で友だちになったのです。

 

 

トライアル先のフラゴビさんのお宅で集合

IMG_3324

 

 

このメンバーで会うのは2度目

IMG_3323

 

 

かおりんの長男さんも参加(ご結婚おめでとうございます)

IMG_3326

 

 

「顔見知りの身内でのなあなあの譲渡」とならないよう、譲渡誓約書(トライアル用)もきちんと交わします。フラゴビさんが細部にまで気を配ってくださったのです。

IMG_3344

 

 

おいしい和菓子をごちそうさまでした。

IMG_3343

 

 

「ドームベッドはおちつくわね」

IMG_3330

 

 

ケージに布をかけてもらって

IMG_3346

 

 

外猫時代からのつき合いの、てりたまとフラゴビさん

IMG_3352

 

 

「てりたま」という名もフラゴビさんがつけたのですよ♪

 

 

別室にいたフラッフィーくんと

IMG_3368

 

 

ゴビくん

IMG_3367

 

 

トライアルはふたりの王子が決め手となるので、どうか徐々に受け入れてね。

 

 

玄関の脱走防止柵のにゃんがーど

IMG_3337

 

 

木のぬくもりがいいですね。

IMG_3340

 

 

猫部屋もありました。

IMG_3339

 

 

猫部屋の腰高窓にはルーバーがついているので猫は脱走不可能

IMG_3338

 

 

うっすら透けて見えますか? リビングの掃き出し窓にも脱走防止柵が……

IMG_3329

 

 

その横の「てりたまルーム」の掃き出し窓にも柵がつけられていました。

IMG_3331

 

 

いうことなしの安全性ですよね。

 

 

猫ドア(ドアノブにも注意!)

IMG_3335

 

 

テント

IMG_3327

 

 

オモチャ各種

IMG_3355

 

 

ベッド各種

IMG_3332

 

 

巨大なキャットタワー

IMG_3336

 

 

うちのさぶあたりが見たら「おれもそっち行く」と引っ越しを決意されそうで怖いです(苦笑)。

 

 

フラゴビさんはノラ猫あがりのスターたち(ノラスタ)を読んでくださっている方

IMG_3345

 

 

本当にうれしい。とても光栄です。

 

 

人に甘える健気な性格がかわいくて通り行く人の心をくすぐったてりたま

IMG_3342

 

 

けれど、果たしてそれが猫にとって望ましい生活環境でしょうか?

 

 

私は人間の庇護のもとに生きられる猫のほうが断然「自然な姿」だと思います。

 

 

フラゴビさん、お菓子やあまぱんへのお見舞いをありがとうございました。

IMG_3385

 

 

かおりん、超絶大好きなマンゴーとシャインマスカットをありがとうございました。即ペロリですよ! 補液パックもうちで遠慮なく使わせてもらいますね。

IMG_3387

 

 

てりたまという宝を見つけたかおりんの長男さんと

IMG_3359

 

 

私もちゃっかり記念写真を♥

IMG_3362

 

 

まずはトライアルだけど、時間をかければきっと共生できると信じています。

IMG_3334

 

 

「わたし がんばる~」

IMG_3333

 

 

よっしゃー!

 

 

かつくん「x300てりたまおめでとう。トライアルが無事に終わりますように。てりたまは703号室卒業生というより、ハハがあたためてきた人と人の縁がじんわりと広がって、みんなで結んだ赤い糸だと思います。広義的な波及ですね。かおりんからブログ配信を依頼されたハハ。ぼくがしゃしゃり出てきたけど、5人でコラボした感じだよね。かおりん、お疲れさまでした」

1-3483

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





内側を掘る

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

カメラロールに保存されている外出写真を見てはため息を吐く日々……

tt (5)

 

 

あの日は楽しかったな、この日はなに食べたんだっけ?

tt (3)

 

 

制限のない暮らしがいかに豊かだったか。でも、そのときはそのときでいろんなことを悩んでいたっけ? 少し前のできごとが遠い昔みたいに懐かしいです。

 

 

豆さんといっしょにお茶した日の写真。皇居が見渡せる景色のいい場所にて

tt (4)

 

 

メイクして、服を迷って、約束の時間に向けて自分を(それなりに)仕上げていく。大なり小なり、女性にとって「見られる」のはたいせつなことかもしれません。

 

 

最近のわたくしはというと……世界中の皆さま、お目汚しをごめんなさい。失礼いたします。

tt (6)

 

 

スッピンしかめっ面でテキストとにらめっこをしています。

tt (7)

 

 

保護猫たちとだらしなく戯れたり寝っ転がったり^^;

tt (8)

 

 

勉強をはじめようと思ったとき、世の中はもう少し雰囲気がよかった。

 

 

緊急事態制限も出ていなかったし、少なくても今日よりは切迫していなかった。

 

 

しかし、近ごろはだれにとっても安全とは言い切れません。

 

 

信じていた常識や、培ってきた価値観、つづくはずだった日常が、形を変え、崩れようとしています。生命の危機や経済的な問題として、私たちに不安の影を落としていきます。

 

 

虚無感、疲労感、閉塞感、理不尽も感じる。

 

 

私(とうちの母)は死活問題レベルで仕事が減り、登壇予定だったイベントや講義もキャンセルやzoomでの参加になりました。画面を通じてしか人に会えない。zoomの微妙なタイムラグが苦手。人のぬくもりは、やっぱり接近したほうがちゃんと伝わってきます。

 

 

そんな中で、(おそらく私だけではないでしょうけれど)やさぐれ、萎える気持ちが生まれます。一生懸命やったって、一寸先のことはわからないのだから、と。

 

 

それでも、自分が決めたことはやり通したい。この瞬間をただひたすらに嘆くのか、この瞬間を自分のために活かすのか、すべては自分次第だと考えています。

 

 

昨日、7枚あるレポートのうち、1回目を投函しました。

 

 

郵便ポストに茶封筒を突っ込んだあと、私は小さな達成感を得ていました。

tt (2)

 

 

外に広げられないときは、内側を掘る。

 

 

選択肢は己の中にこそあると信じて。

 

 

共に歩んでくれる家族たちに感謝を添えて♥

tt (1)

 

 

優等生みたいな発言をしてしまいましたね。

 

 

本心はもちろん「勘弁してくれや!!」と叫んでいます。

 

 

Smile

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ある日の703号室猫スターたち

※ブログを連続更新中。さかのぼってお読みください。

 

 

飼い主さんがあまぱんとさぶに腎臓フードのおさがりを送ってくださいました。もふもふ譲渡祭のときも持ってきてくださり、どうもありがとうございます。

26 (14)

 

 

ふふ。私もちょこっとしたプレゼントを投函させていただきました♡

 

 

さて、パソコンの中に写真が入ったままになっていた分をパッと書いてしまおうと思います。先日MIHOさんが遊びに来てくれたときのうちの様子です。

26 (9)

 

 

MIHOさんは卒業前の白まんじゅう改めアスターがお目当てだったのです。

26 (5)

 

 

 

アスターにお婿入りおやつをありがとう。預かったおやつは里親のコスモちゃんに渡しました。新しい保護猫たちへのフードもこんなにたくさん……助かった!

26 (13)

 

 

 

MIHOさんは普段ひとりでは撮れない写真を撮ってくれます。

26 (25)

 

 

長年外でがんばってきたココ玉と

26 (22)

 

 

ミミ玉

26 (23)

 

 

さぶが熟女と距離を置くタイプなので(苦笑)ココ玉とミミ玉は保護部屋がメイン

26 (24)

 

 

かわいいでしょう?

26 (21)

 

 

リビングにも来てもらいました。

26 (26)

 

 

 

べったり甘えん坊のココ玉です。

26 (1)

 

 

キャラ、濃いですよ。アスターやまうの卒業記事が終わったら保護猫たちのことをいっぱい書きますからね。みんな家に慣れてくれた素晴らしい子たちです。

26 (2)

 

 

ハンモックがお気に入りのミケ玉

26 (3)

 

 

 

「わたし ハグはだいすき」

26 (16)

 

 

「でもじっとしているのは苦手なの」

26 (17)

 

 

すぐに走り出そうとするミケ玉

26 (18)

 

 

若いからエネルギーがあるのは当然ですよね。

26 (19)

 

 

それにしてもモコモコパジャマのおかげで猫にやたら好かれている気がします。

 

 

あったかいし、やわらかいもんですから。

 

 

MIHOさんは保護猫たちと遊んでくれたりごはんの配膳を手伝ってくれたり……

26 (15)

 

 

 

ロイカナのカリカリとモンプチのペーストがこの日のメニューでした。

 

 

掃除機の間のミケ玉とたわしちゃん

26 (10)

 

 

ふたりして避難している「つもり」(笑)。

26 (11)

 

 

MIHOさんが撮った写真がおかしくてツボに入りました。キュートすぎる。

26 (12)

 

 

会って間もないというのにミケ玉とたわしはすっかりお友だちになりました。

 

 

へへ。うれしい^^

 

 

豆さんからのプレゼントのケーキに紅茶を淹れてのんびり過ごす午後

26 (7)

 

 

カレーもごちそうさまでした。ひとつ食べてひとつは楽しみにとってあります。

26 (4)

 

 

 

この日は「猫の日」と決めて猫と戯れつづけた私たち

26 (20)

 

 

それぞれがキラキラのスターとしてここを巣立つまで大切にしていきたい。

26 (6)

 

 

 

卒業間近だったアスターもリビングでくつろいでいます。

26 (8)

 

 

 

最近、保護猫たちの毛艶がよくなってきた気がします。

 

 

長毛のたわしは絡まっていたあごの毛玉をブラシで整えました。

 

 

手をかけることでイキイキと美しくなるのは人間も猫も同じですね。

 

 

事務所703号室の目前の目標はミケ玉の卒業です。

 

 

皆さまごひいきによろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





白まんじゅうのお茶会

みなさまこんにちは。いろいろとご心配をおかけしてごめんなさい。

 

 

本日は保護猫白まんじゅうが主役。いっしょに喜んでいただければ幸いです。

 

 

もふもふ譲渡祭に出れなかった保護猫白まんじゅうですが、この度お茶会を経て良縁を得ました。人馴れの部分で1年かかってしまいましたが、あとは里親コスモちゃんに引き継ぎます。コスモちゃんのお母さまは703号室卒業生ハリと暮らしています。三本足のハリをおぼえていらっしゃる方も多いのではないでしょうか? コスモちゃんなら皆さまに安心、納得していただけると思います^^

000eise (14)

 

 

オシャレしてます♡

000eise (2)

 

 

私は譲渡会ではなく、里親希望者さんと細かくやり取りを重ねたあと、自宅に招くスタイル(もしくは私が伺う形)を取っています。理由はじっくり話せるから。

 

 

変な話、時間やコストはかかりますが、立ち話で縁結びするのが私は苦手なのです。

 

 

703号室スターたちのそれぞれが主役になる晴れの日

000eise (15)

 

 

私も気持ちがウキウキします。

000eise (1)

 

 

コスモちゃんが白まんじゅうと私の写真を撮ってくれました。やったね!

000eise (16)

 

 

天国のロンちゃんが使っていた医療グッズを譲っていただきました。感謝。

000eise (11)

 

 

15歳まで生きたがんばり屋でハンサムなロンちゃんはコスモちゃんの宝物

000eise (13)

 

 

おみやげも恐縮です。

000eise (12)

 

 

ご主人とははじめてお会いしたのですが、コスモちゃんとお母さまはもふもふ譲渡祭にも遊びに来てくださったのですよ。仲よくさせてもらえてうれしいです。

000eise (4)

 

 

おもしろくて素敵なご主人に抱っこしてもらえてよかったね。

000eise (3)

 

 

住宅のペット可の証明書を持ってきてくださったコスモちゃん

000eise (8)

 

 

和気あいあいの雰囲気で卒業日が決まっていきます。

000eise (5)

 

 

あまぱんは自分からご主人の膝に飛び乗って甘えモード全開☆

000eise (6)

 

 

ふふ。あまぱんやるね~!

000eise (7)

 

 

いい子いい子してもらってウットリ中

000eise (9)

 

 

荷物チェック係のさぶも近くにいます♪

000eise (10)

 

 

白まんじゅうは「アスター」というかっこいい名でまもなくうちを巣立ちます。

 

 

長くかかってしまいましたがあたたかい目で応援してくださった皆さま、どうもありがとうございました。コスモちゃん、アスターをよろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





風雅くんとして

皆さまこんばんは。つづきが遅くなってごめんなさい。

 

 

ふうちゃん改め風雅くんの新居へご案内します。

 

 

風雅くんの里親さんは長年猫と暮らすのが夢だったそうです。

 

 

念願かなってにゃんにゃんちゃんを迎え入れ、そして長い時間を経て「もふもふ譲渡祭」に出たふうちゃんと出会い、2匹目の家族として名乗りを挙げてくださったのです。

 

 

もふもふ譲渡祭で私のかわりに譲渡ブースを担当してくれたみいさんは、里親さんのふうちゃんへのちゅーるのあげ方が穏やかで素敵だったと話していました。

 

 

猫に関する安全意識の高い方なので脱走防止対策は完ぺき!

Inked33 (6)_LI

 

 

玄関にも当然高さのあるゲートが設置されていましたし、キッチンから室内に入るときも写真のとおり柵がたてられています。まさに2重の安心ですね。

33 (29)

 

 

カレンダーにはふうちゃん婿入りの日がしっかりと書かれています。

33 (30)

 

 

名前もさんざん迷ったのですね(笑)。

33 (31)

 

 

ふたりで話し合って「風雅」にしたのです。由来は前のお家との繋がりですが、里親さんと友人宅と私の胸にしまっておきます。気品のあるいい名前でしょ?

 

 

ノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)をお買い上げくださいました。感謝!

33 (32)

 

 

私はこうしてノラスタが少しずつ波及していくことがとてもうれしいです。

 

 

「あなたはだれ?」

33 (2)

 

 

ごめんね^^; 獣臭がするでしょう。今日は新しいお友だちを連れてきたの。

 

 

「なんの話?」

33 (13)

 

 

にゃんにゃんちゃんかわいいねえ♡ 怒っているお顔もイケてます。

33 (20)

 

 

風雅くんのために新設されたケージ

33 (3)

 

 

コンパクトで機能的。ずっと使えそうですね。

33 (19)

 

 

風雅くん、リラックスしてね♪

33 (33)

 

 

里親さん世帯と隣に住む息子さん世帯はなんとこの内側の扉で行き来できるのです。自己物件ならではの造りですね。うらやましい限りです。

33 (18)

 

 

息子さんともごあいさつさせてもらいました。礼儀正しくやさしい男性です。

 

 

猫ファーストのお部屋

33 (26)

 

 

いたるところに猫グッズが……

33 (28)

 

 

おもちゃ発見

33 (5)

 

 

もふもふ譲渡祭バザーの戦利品の一部を見せてもらいました。

33 (17)

 

 

りょうちゃんのねこまくらとマイ太郎さんのシュシュも買われたのですね。

 

 

おいしいお菓子とお茶をごちそうさまでした。

33 (25)

 

 

里親さんがソワソワしているのが伝わってきて、微笑ましかったです。

 

 

どれだけ心待ちにいてくださっていたのか……。

 

 

風雅くんは幸せですよね。皆さまもそう思いませんか?

33 (24)

 

 

先住さんがいるお宅ですのでまずは2週間のトライアルでしたが、私は戻ってこないトライアルだと踏んでいました。なぜならば風雅くんはほかの猫さんがOKですし、里親さんは年単位で馴染ませていきたいとの固い意思をお持ちだったのです。風ちゃんおめでとう。安心して日々楽しくね!

33 (4)

 

 

プレゼントありがとうございました。

33 (1)

 

 

※お預かりした(風雅くんにかかった)医療費は全額友人のご主人に渡しました。

 

 

トライアル終了後、正式譲渡のお申し込みをいただきました。

 

 

風雅くん、終の棲家で家族に囲まれながらワイワイ生きていきます。やったね。

 

 

以下は里親さんのSNSから拝借した写真です。

IMG_9644

 

 

別室の隔離からスタートしたふたりですが、だんだんと距離が縮まっています。

IMG_9659

 

 

里親さんの努力の賜物ですね。

IMG_9658

 

 

外猫時代の風雅くんを知る者としてこういう姿は感無量です。

IMG_9660

 

 

 

一匹でも多くの犬猫たちが終の棲家を得られますように。

 

 

私も微力ながら1頭1頭丁寧にご縁を結んでいきたいです。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ294風雅くんおめでとう。よかったね。風雅くんを取り巻くすべての善意が結んだ結果だと思います。ハハにかわってもふもふ譲渡祭で里親さんの対応をしたみいさん、お疲れさまでした。ぼくからもありがとうを送ります」

1-3483

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク