リタのご縁が決まりました

保護猫すずらんのシステムトイレに入れる猫砂を買いにスーパーへ行った私は、つい切り花コーナーの前で立ち止まりました。お花か……よし一束カゴに入れよう!

 

 

お茶会を主宰するリタのために飾る花

000rr (1)

 

 

そういえばリタが我が家で「メイン」になったことなどあっただろうか?

 

 

過去の2回の胃腸炎の通院や治療以外、リタだけに注目をしたり、リタだけのためになにかをしたことってなかったような気がする。胸がチクチクと痛みました。幸せにするためにスカウトしたのに、いつも置き去りにしてばかりで申し訳なくて。

 

 

7か月以上703号室にいるのに、SNSでリタのことを知らなかった方もいます。

 

 

「あ、あのいつもエアコンか天井にいる子?」と言われることも……。

 

 

リタにはいろんな面があり、リタにはちゃんと個性があるのに、至らない保護主の私のせいで、ぜんぜん周りに伝えきれていなかったのです。うちの立派なスターなのに。

 

 

まあどっかしらの「上」にいることが多いのは事実ですけど(笑)。

000rr (8)

 

 

一生けんめい撮影会のモデルをがんばったときもリタは主役ではありませんでした。

000rr (6)

 

 

このときは卒業生もいのアピール写真のついでにリタを撮ってもらったのです。

000rr (7)

 

 

もいよりだいぶ前から保護部屋にいるのに、もいが巣立ったあともリタはずっと保護部屋にいました。もいに限らず、あまたの後輩たちを見送ってきたのです。

 

 

リタは猫がキライで、リタは人慣れしているのに、ですよ?

 

 

反省文を書いている今も私は泣きそうな心境です。

 

 

そのリタが、本日はキラキラ姫として未来のご家族をお招きしたのです。

000rr (13)

 

 

リタのために準備するお茶会の有意義なこと!

000rr (4)

 

 

リタを家族として迎えてくださるのは穏やかでやさしいご夫婦

000rr (15)

 

 

「ケージの中から失礼します」

000rr (14)

 

 

三月頃から共に暮らす猫をネットでさがしはじめ、横浜のほうの譲渡会へも足を運んだとのことですが、運命を感じたのはリタだったと仰ってくださいました。

000rr (2)

 

 

ふふ。さぶホスト役を見事にこなしていますね。

000rr (11)

 

 

カバンは入っちゃダメね。

000rr (12)

 

 

みーちゃん、だいちゃんと暮らし、天国へ見送ってきた里親さん。だいちゃんにいたっては自宅で補液などもしていたのです。すばらしいですよね。

 

 

18年生きたみーちゃん。リタがみーちゃんにそっくりでビックリ

000rr (9)

 

 

わかりづらい写真ですが、比べると被毛のさび具合も似ているという……

000rr (10)

 

 

リビングの隅に逃げ込んだリタを包むように接してくださるおふたり

000rr (3)

 

 

「ゆっくりでいいからね」

 

「さわらせてくれてありがとう」

 

 

小声でリタに笑いかける里親さんを見て、私はリタにもう「ごめんね」と謝らなくていいんだとホッとしました。良縁に心から感謝しています。

 

 

プレゼントもありがとうございました。タオルは実用的なので助かります。

000rr (5)

 

 

里親さんから届いたメッセージの一部をご紹介させてくださいね。

 

※リタは卒業後、「りん」という名前に変わります。

 

 

ここから↓

今日は長い時間ありがとうございました。りんちゃんの個性を尊重しながら、少しずつ時間を掛けて我が家の子になってもらえればと思います。成猫ちゃんと生活をするのは初めてですが、どんな時でも、りんちゃんを信じて接していこうと思っています。(中略)

玄関を入って、りんちゃんの顔を見た瞬間に、私はこの子を迎えたいと思いました。たくさんお菓子をありがとうございました。そしてとても嬉しいメッセージカードが入っていまして、二人で感動しています。ありがとうございます。

りんちゃん、疲れちゃってないですか?

今日はステキな日になりました。色々ありがとうございました。

 

ここまで↑

 

 

6月のブログは皆さまのお好きな卒業記事満載でいきます! ルナ、マルク、三毛チビ、キジチビ、ミラクル、リタ(りん)の6頭分を書きたいです。

 

 

リタを応援してくださった皆さま、どうもありがとうございました。

 

 

最高♡

 

 

BIG LOVE!

 

 

スポンサーリンク





2もいが幸せになりました!

皆さま、お待たせしました。今宵は卒業生もいの新居へご案内します。

 

 

※お宅の写真掲載は里親さんの許可を得ています。

 

 

玄関部分。リビング前にドア(右)があり、二重扉仕様になっています。

amoi (35)

 

 

リビングから撮った図。ね? ガラス扉の向こうに玄関があるんですよ。

amoi (16)

 

 

2階への階段はリビングの奥にあるので猫の飼育に安全な環境です。

amoi (15)

 

 

築年数が経っているとは思えない美しさと清潔感をキープさせている室内。階段を楽しげに上下運動するもいの姿を想像すると目尻が下がります。最高!

amoi (13)

 

 

また、ハメゴロシ(開かない)窓も多く、保護主としては安心の極み。里親さんは「もいちゃんが誘拐されたら大変です」と本気で仰っているので脱走には気をつけてくださると信じています(笑)。

 

 

2階にある「家事ルーム」は、今後「もい部屋」にもなるとのこと

amoi (12)

 

 

そよぐ風が心地いい明るい空間でした。脱走防止対策も施してあります。

amoi (8)

 

 

もいのために用意した爪とぎ

amoi (11)

 

 

ベッド

amoi (10)

 

 

システムトイレ……ほかにも写し切れないほどのもいグッズが♡♡♡

amoi (9)

 

 

ひとつひとつを吟味しながら丁寧にそろえてくださったのがよく伝わってきます。

 

 

2階から再び1階へ

amoi (27)

 

 

この日は代官山のイベントの前とあって、山路さんがHGA48の取材動画で使う「猫の譲渡のゴール(個人)」を撮りに来てくださったのです。

amoi (18)

 

 

里親さんは「私たちの話で、保健所から一匹でも多くの猫が救われるのでしたら……」とインタビューを快く受けていました。里親さんの穏やかな話しぶりをもいもおりこうに聞いていましたよ。もいを含め本当に素敵なファミリーです。

amoi (41)

 

 

もいちゃんなじむの早いね^^;

amoi (1)

 

 

私のほうも、常日頃より透明性の高い譲渡をめざしているので里親さんのOKさえあればどなたにでも堂々とお見せできます。だからそのときどきの犬猫の保護に関わった方や、保護譲渡活動を学びたいというemi-goの病院のスタッフなどが見学することもあるのです。

amoi (29)

 

 

優雅でおいしいティータイムをありがとうございました。

amoi (20)

 

 

そうそう。もいはうちで使っていたのと同じタイプのケージを買ってもらったのです。

amoi (42)

 

 

食卓の近くに置いてありました。

amoi (34)

 

 

トイレもベッドも似たのが我が家にあります。

amoi (19)

 

 

もいちゃん、いいねえ♪

amoi (24)

 

 

もいちゃんだけのピンクのベッド、かわいい!

amoi (23)

 

 

寝心地はどうですか?

amoi (22)

 

 

お気に召したようですね。

amoi (21)

 

 

こうして一匹の成猫が自分だけのお城を得て703号室を巣立っていきました。

amoi (39)

 

 

里親さんはもいが家族として加わって笑顔が増えたそうです。

 

 

もいの卒業式はさぶの容体が悪かったので私はいそいそと失礼し、さぶの病院へ飛んでいきました。ご心配をおかけしたし、せかせかしていてみなさんに申し訳なかったです。里親さんからは保護猫たちへのおやつと、もいの医療費を過分にお預かりしました。ラブレターもうれしかったです。

amoi (5)

 

 

里親さんはご夫婦でにゃっ展へ来られるそうですよ。山口県から参加するaiさんにごあいさつしたいんですって。もい想いのあたたかいお人柄のおふたりです。

 

 

以下が里親さんから届いたもいの近況画像↓

amoi (6)

 

 

ふふ

amoi (4)

 

 

こりゃたまらんね……

amoi (3)

 

 

もいは、ほぼお留守番ナシの家庭で家族とベタベタ暮らしています。

amoi (2)

 

 

終の棲家を得られる猫たちが増えますように。

amoi (7)

 

 

皆さま応援ありがとうございました。次はリタの赤い糸探しをがんばります。

 

 

かつくん「Ⅹ275もい卒業おめでとう。みんなにっこりの卒業式だったね。ハハは必ず家族記念写真を撮るのですが、顔出しNGの里親さんの場合は公開せず、自分のフォルダーに保存してニマニマ眺めるんだそうです。保護猫マニア保護猫ヘンタイだね」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク





2マルク、リラックスのお茶会

さて、もいの吸引力により703号室へやってきた黒猫笑子は翌日のお茶会を経て「マルク」という名を授かり、前向きなトライアルが決まりました♪ お茶会の様子をご覧ください。

IMG_0221

 

 

卒業生実葉から譲り受けた「縁力」の強いケージにて

IMG_0218

 

 

ふふ。セット完了。いただき物のお菓子も添えています。

IMG_0217

 

 

ピンポンが鳴って出てみると、イメージ通り爽やかで素敵な女性がお見えでした。

IMG_0243

 

 

マルクをすごく気に入ってくれたようです。

IMG_0246

 

 

マルクを紹介した私も鼻高々♡

IMG_0245

 

 

里親さんに抱き着くマルク

IMG_0234

 

 

自己アピール力に長けています。甘えん坊はなにをしていてもキュート!

IMG_0231

 

 

「おひざ好きだもん」

IMG_0223

 

 

「だっこだっこ」

IMG_0222

 

 

里親さんを即メロメロにしてしまいました。やるね!

IMG_0235

 

 

遊んでもらったり、「トイレできるもん」を披露したり

IMG_0247

 

 

クスクス、和気あいあい、にっこりの2時間のお茶会

IMG_0252

 

 

マルクお疲れさまでした。おめでとう。

IMG_0250

 

 

里親さんを交えて、大事に育ててくれたあつこさんとも電話で話しましたよ。

IMG_0249

 

 

みんなあなたの良縁を喜んでいます。

IMG_0376

 

 

お兄ちゃん猫たちとのトライアルがうまくいきますように。

IMG_0375

 

 

まあ、これを見る限り大丈夫そうな気もするけれど(笑)。

IMG_0378

 

 

でも、なにごとも慎重に考えておいたほうがいいですよね。

 

 

マルクの里親さんから手土産をいただきました。ありがとうございました。

IMG_0256

 

 

話し合った結果、マルクはわが家で不妊手術&マイクロチップ装着を済ませてからのお届けになりました。5月22日にお嫁に行きます。一年前の同じ日は「ノラスタ」カバーガールのローズの卒業式でした。あれから1年経っても私は相変わらず猫を譲渡しているのですね。じゃ1年後も同じかな?

 

 

幸せになれる子が増えることを願いつつ、一歩一歩歩いています。

 

 

私は自分が日本を確実に変えているひとりであると自負しています。私にできることはだれにでもできること。さあ、みんなで「できることさがし」をしましょう!

 

 

マルクは無事に不妊手術を終えました。

 

 

里親さんには写真、動画付きで報告しています。明日迎えに行ってきますね。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





詠吉の家 詠吉巣立つまでの4分の4

長らくお待たせしてごめんなさい。本日でえい吉改め詠吉の卒業レポを終えます。詠吉の近況については里親さんのtwitterでご確認くださいね。

 

 

※詠吉の家族紹介はこちらをお読みください。里親さんと私の縁が書かれています。

 

 

2月26日に詠吉は703号室を巣立ち、きちこさんとヒスさんのお宅へ婿入りしました。

IMG_7839

 

 

詠吉のご家族にごあいさつしたいと山路さんも駆けつけてくださいました。

IMG_7888

 

 

詠吉に関わらず、私は常にどなたにも自慢できるご縁を結んでいると自負しています。

 

 

703号室は透明性のある譲渡を意識しています。だから里親さんさえOKなら私は関わってくださった方は超ウエルカムでお見せできるのです。

 

 

もちろん、里親さんの考えが大切なので無理強いはしていません。ありがたいことにきちこさんもヒスさんも「心配ですよね。どうぞどうぞ」とにこやかムードで歓迎してくれました。そしてブログで応援してくださる皆さまにお見せする「お宅写真」の掲載も里親さん方の許可を得ています。

 

 

「詠吉をよろしくね~」と、先住の珠ちゃんにワイロ(ちゅーる)を贈っています。

IMG_7848

 

 

猫にモテモテですね。

IMG_7861

 

 

おいしいコーヒーとお茶菓子をごちそうになりました。

IMG_7868

 

 

きちこさんちは部屋数が多く広々しているので若い詠吉もいずれ走りまわる喜びをおぼえるにちがいありません。メインのリビングにはトイレが仲よく3つ並んでいました。こま吉、珠ちゃん、詠吉それぞれひとつずつです。

IMG_7860

 

 

和室に眠る先代とら吉兄さんとぽん吉(妹との合同卒業生)にも会えました。

IMG_7841

 

 

仲よく並んだお骨を前にすると胸が締めつけられます。でもとら吉兄もぽん吉もあたたかい家族のおかげで本当に猫らしい幸せな一生を送れた子たちです。「このお家の子でよかったね」と心の中で声をかけさせてもらいました。

 

 

やあ、こま吉ひさしぶり! きみにもワイロをやろう♪

IMG_7853

 

 

うちにいた頃は半端じゃないほど叩かれたのに今では抱っこもさせてくれるという……

IMG_7855

 

 

こまちゃん、元気に生きていてくれてありがとう♡

IMG_7880

 

 

FIVキャリアで保護当時はボロボロだったこま吉が、まんまる艶々になっています。

IMG_7878

 

 

風通しのいいリビング。掃き出し窓は換気の際に使う脱走防止柵がついています。

IMG_7870

 

 

キッチンゲートも取りつけられました。安全ですね。

IMG_7869

 

 

キッチンゲートは昔なかったからおてんばな珠ちゃん対策かな?

IMG_7867

 

 

とにかく猫を溺愛するご夫婦

IMG_7877

 

 

詠吉、最初は不安だろうけれど

IMG_7899

 

 

ぜったい大丈夫!

IMG_7885

 

 

ね?

IMG_7896

 

 

ネクタイでおめかししてきた詠吉はなかなかイケメンでしょ?

IMG_7886

 

 

みんな詠吉の味方だし、みんな詠吉がだいじだいじ

IMG_7889

 

 

きちこさんとヒスさんとはファミリーレベルの仲よしさですが、譲渡誓約書はきちんと交わしています。家族の記念写真も撮ったのですが、おふたりが恥ずかしがり屋なので私のファイルにこっそり保存させてもらっています。

IMG_7871

 

 

プレゼントのほか、詠吉にかかった医療費(明細を開示し、譲渡の際にお渡ししています)を過分にお預かりしました。猫のおもちゃ(キャットダンサー)はもいが夢中で遊んでいます。きちこさん、ヒスさんありがとうございました。

IMG_7943

 

 

盗撮カメラつき(笑)の独立した部屋のソフトケージからスタートした詠吉は

IMG_8176

 

 

ソフトケージを出て

IMG_8169

 

 

リビングへ

IMG_9141

 

 

最初は珠ちゃんのケージに居候していたのですが、先月とうとう自分用の立派な三段ケージを買ってもらったのです。ふふ。真新しい3F建ての新居はどうですか?

IMG_9269

 

 

人馴れの一環としてごはんをきちこさんのお膝で食べています。

IMG_8468

 

 

お気に入りのドームベッドでぬくぬく新生活

IMG_9419

 

 

詠吉とのお別れが淋しくて、もしかしたら私泣くかな? なんて想像していたのですが、素敵なメンバーでの卒業式を終始笑顔で過ごすことができました。

 

 

詠吉は賢いので、愛の巣だとわかったらどんどん開花していくでしょう。

 

 

詠吉の変化が楽しみです。

 

 

終の棲家を得られる犬猫たちが一頭でも多く増えますように。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ273詠吉おめでとう。詠吉はぼくに似ているからハハにとっては余計に気になる存在らしいよ。ぼくはぼくの命を精いっぱい生きた。詠吉も詠吉のの命を精いっぱい生きていってね。“自分の家”を、“家猫”を、エンジョイして。そのために生まれてきたんだから」

1-3483

 

スポンサーリンク





もいが山口からやってきた 詠吉巣立つまでの4分の2

※blogを連続で更新しています。遡ってお読みください。

 

 

さて皆さま、時系列メチャクチャにて失礼します。2月18日へタイムスリップ!

 

 

朝9時半すぎに私は車で上野に向かいました。

IMG_7448

 

 

中央改札で初対面のaiさんを待ち、もいを引き取って703号室へ

IMG_7450

 

 

aiさんとは午後再び落ち合う約束を交わして別れました。帰宅後、掃除掃除掃除!

 

 

やあ、もいもい♪

IMG_7458

 

 

今日から703号室所属のスターですよ。

IMG_7457

 

 

aiさんが描いたもいイラスト。かわいいなあ……

IMG_7455

 

 

さぶ、もいは山口市の保健所から飛行機に乗ってやってきたの。疲れているだろうし心細いと思うから仲よくしてあげてね。いい?

IMG_7499

 

 

なおっちさんのおさがりケージを姫仕様にしました。

IMG_7468

 

 

もいちゃん、居心地はどうですか?

IMG_7466

 

 

ダイソンをかけまくっていたら保護猫リタパンがエアコンの上に籠城

IMG_7496

 

 

エアコンがミシミシ言ってました。リタパン、ほかに隠れる場所あるでしょ?

 

 

もいが落ち着くようケージを布で覆いました。

IMG_7460

 

 

全体はこういう感じです。

IMG_7461

 

 

 

約束の午後、お客さまが揃って到着。ようこそいらっしゃい!

IMG_7481

 

 

殺処分寸前だったえい吉改め詠吉の引き出しでご一緒した山路さんとaiさん。おふたりともはじめていらっしゃるとあっていつもより家事をがんばった私です。

IMG_7479

 

 

山口県からはるばる詠吉をこねに来たaiさん

IMG_7497

 

 

「え~? さわれる~♪」と大興奮(笑)。

IMG_7482

 

 

保健所時代はDV男だった詠吉が赤ちゃんぽくなっていたのに驚いていました。

IMG_7485

 

 

写真を撮りそびれてしまったのですが、山路さんも詠吉をいっぱい撫でてくれましたよ。おふたりの喜びぶりを前に私は本当にうれしくなりました。

IMG_7487

 

 

 

しみじみ、詠吉は愛の子だなあ、と。

IMG_7489

 

 

お決まりのごほうびちゅーるです。

IMG_7477

 

 

お接待をがんばっているのがえらいのと、生きているのがえらいのです。

IMG_7474

 

 

山口県の保護犬猫の事情をいろいろ伺いました。

InkedIMG_7508_LI

 

 

特に印象的だった話は2つです。

 

①山口市の保健所の収容犬猫たちの引き出し活動に個人で尽力しているaiさんは、アニマルウェルフェアに則った殺処分ゼロをめざすおひとり。猫の収容数の多かった昨年は、ストレスで片耳が突発性難聴になってしまったのです。保護場所を確保できなければ自分のせいで犬猫たちがガス室送りになる、その重圧がaiさんの心身を蝕んだのでしょう。aiさんのせいではないのに、最前線のaiさんが傷つくのは不条理ですよね。身につまされる内容でした。常に笑顔のaiさんを尊敬します。

 

②山口市は平均的に不妊手術の費用が高い。不妊手術の助成金(一部)の申請もハードルが高く、やたらややこしい。だからTNR活動が浸透しづらい。いっぽう、役所では安い手数料を支払えば不要の犬猫を引き取ってくれる。必然と利用者が多くなる。健全な数のコントロールがなされていない。

 

 

aiさんたち、大変だなあ……。

 

 

でも私は、殺処分の多い地域にも希望の種を感じるのです。aiさんがまさにそうですし、今回お会いできなかったお仲間の方々もみなさん一筋の光ではないでしょうか?

 

 

濃厚で有意義なティタイムを山路さん、aiさんありがとうございました。

IMG_7502

 

 

詠吉とaiさんと私の記念写真を撮ってくださり感謝です。

IMG_7507

 

 

お仕事が入っていた山路さんは1時間ほどでお帰りになり、残ったaiさんと私はペチャクチャおしゃべり。もい、素敵な方に引き出してもらえてよかったね。

IMG_7504

 

 

aiさんが安心できるようもいのケアをしていこうと心に誓いました。

IMG_7492

 

 

おみやげやプレゼントの数々をありがとうございました。

IMG_7823

 

 

夜、母の店へ移動してたらふく食べてもらいました。

IMG_7503

 

 

台湾料理はお口に合いましたでしょうか?

 

 

aiさんも詠吉の良縁を祝福してくれています。aiさんは5月下旬にまた東京にいらっしゃるので次はホテル代の節約にうちに泊まってもらおうと考えています。

 

 

日本のあちこちで活躍している方がいるのですね。昨今の日本を殺処分減少に導いてきたのはこうした方々の努力の賜物と善き里親さん方の深い理解のおかげです。

 

 

私も大河の一滴でありたいものです。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク