21歳猫の神

皆さまこんにちは。仕事と仕事の合間の手短な更新です。

 

 

写真は仰山撮っているのに、ブログに放出する時間が足りず、じわじわとフラストレーションが溜まっています。iPhoneの中は、お子たちのキラキラショットが満杯状態。ふう。

 

 

メールなども遅れ気味になっていて、ごめんなさい。

 

 

誠に勝手ながら、のんびりとお待ちいただければ幸いです^^;

 

 

弱小な個人ゆえ、常に、内に外にと意識を向けていなければならない生活ですが、お子たちのお世話を第一に考えているので、ご理解くださいますようお願いします。

1ayumanana (2)

 

 

あゆむばかりが前面に出るので、まなぶーがいじけないようちゅーるをあげてみました。

1ayumanana (13)

 

 

「ハハ~ ぼくの体型だと 1本じゃ足りないのです」

1ayumanana (1)

 

 

まなぶーはいい意味で食いしん坊なので本当に扱いやすい♡

 

 

「あれ? ぼく今日もらったかなあ?」

1ayumanana (12)

 

 

※あゆむにもあげています。

 

 

保護猫まなぶも、保護猫あゆむも良縁をめざしていきますね。

 

 

さて、ひさびさに703号室のダントツご長寿さんに登場してもらいましょう。

1ayumanana (8)

 

 

どうしても消せなかった変顔もどうぞどうぞ♪

1ayumanana (9)

 

 

人間たちは、みーちゃんを寵愛しまくっています。

1ayumanana (11)

 

 

なんというか、みーちゃんは神々しいのです。いや、「しい」とかじゃないな。

1ayumanana (10)

 

 

もはや「神の域」に達しているとすら思える^^;

1ayumanana (4)

 

 

いや~ん……なにそのお顔? 好きっ!!

1ayumanana (3)

 

 

推定21歳のみーちゃんは、1日のほとんどを寝て過ごしています。

 

 

だから起きているときが貴重で、つい激写してしまうのです。

1ayumanana (5)

 

 

よくワーワー騒ぐし、食欲もあるのですよ。

1ayumanana (6)

 

 

※足りない分は私がシリンジであげています。

 

 

もうすぐみーちゃんは病院で検診を受けますが、ドキドキしながらも、21歳なりのいい結果を期待しています。みーちゃんとは永く永ーくいっしょに暮らしていきたいので♥

1ayumanana (7)

 

 

では皆さま、メールを1本返信したら、午後の部の身支度をしますので、この辺で失礼します。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ぼくが平和友好親善大使になるまで、ほか

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

皆さまこんばんは。いつもお読みいただきありがとうございます。

 

 

保護猫あゆむがかわいすぎて、アピールに使う写真を選べなかった話をしましたね?

IMG_9406

 

 

あゆむはのんびりとしているので、ずっと同じポーズを取ってくれるのです。

IMG_9404

 

 

だから私も何枚も撮ってしまう。連写じゃないのよ。結構時間を置いているのです。

IMG_9411

 

 

似たようなものばかりですが、捨てられないのでこちらに載せます(笑)。

IMG_9407

 

 

だって全部、微妙に表情がちがうので……

IMG_9409

 

 

ふふ。この「立ちポーズ」での、とっておきの2枚は近日中にUPしますね。

 

 

え、まだあるのかって? そりゃそうですよ。これはほんの前菜ですから。

 

 

初詣に行った際に、あゆむとまなぶーが保護された場所にチチを案内したのです。

 

 

民家の庭先や駐車場の片隅にあゆむ、その前の公園の塀の上にはまなぶー。ふたりとも汚れて真っ黒の困ったお顔でちんまりと佇んでいたのですよ。まるで神さまの忘れものみたいですね。

 

 

外猫時代のあゆむ

IMG_6578

 

 

外猫時代のまなぶ

11bu (9)

 

 

「あいつらこんな場所にいたの? 危ない。車、ふつうにすごい通るじゃん……」

 

 

チチも神妙な面持ちで、ボソッと呟いていました。

 

 

あゆむが「平和友好親善大使」になったのは、お家に入ってから。

 

 

生活に余裕が出てきたことで、本来のゆるさ、やさしさがだんだんとあふれ出しているのでしょう。

 

 

でも、皆さまには「よかった。めでたしめでたし」と括ってほしくありません。

 

 

どうかおしまいにせず、飽きずに応援していただければ幸いです。

 

 

外には彼らのような猫さんたちがいるので、私は1匹でも多くうちに招き入れたいのです。自分のキャパシティー(飼育能力)を超えないよう、保護と譲渡を回転させながら取り組んでいます。

 

 

次の保護のためには、あゆむとまなぶを終の棲家に送り出さなければなりません。

 

 

それに、あゆむとまなぶがだれの目にも留まらないのは悲しいです。

 

 

彼らを「保護猫」ではなく、どなたかにとってのかけがえのない「愛猫」にしたいのです。

 

 

お心ある方のご理解とお問い合わせを切望しています。

 

 

「ぼくたち ずいぶんピカピカになりましたよ」

IMG_9377

 

 

「ぼくもあゆむも家族募集中!」(手前がまなぶーで奥があゆむ)

IMG_9378

 

 

一匹でも、セットでも、どちらでも大歓迎♡

 

 

さて、あゆむとまなぶー以外も少々聞いてください。

 

 

うれしいことを2つと悩みを1つ。まずは悩みですが、すずらんが強烈に七色を「シッシ」と迫害するのです。これは人間の寝室に私が用意した七色のベッドですが……

IMG_9247

 

 

(長年、寝室に入ってこようとしなかった)すずらんが、なぜか占拠してしまいました。

IMG_9692

 

 

原因は、我が家の色男さぶ。さぶをめぐって熾烈な争いが起きています。

IMG_9255

 

 

擬人化でもなく、ネタでもなく、近頃の本気の悩みです。

 

 

さぶも、すずらんのいるリビングや、七色のいる寝室を行ったり来たりで、双方に「いい顔」をがんばっているのですが、その優柔不断さ、八方美人さ、二股? がアダとなったのか? 七色の存在にがまんできなくなったすずらんが、七色のケージやベッドを我が物顔で使うようになったのです。

IMG_9262

 

 

居場所を失った七色は、人間のベッドの下に潜り込んで、すずらんにビクビクしています。

 

 

部屋数が少なく、フラットな703号室は、みんなが満足する形での完全隔離がむずかしい。まあ、しかし、今は七色がこれ以上委縮しないよう気をつけていくしかないですね。

 

 

七色も切実に家族を求めているので、どうかご検討ください。よろしくお願いします。

 

 

うれしいのは、猫のみーちゃんと犬のケンちゃんがのんびりと暮らしてくれていること♪

IMG_9693

 

 

2つ目の「うれしい」は、家族(母、妹、マーさん)からの早い誕生日プレゼント

IMG_9759

 

 

ニット、スカート、靴下(330円の値札がついたままだった^^;)のオールコーディネート。選んだのは妹。妹は私の服の趣味とサイズを完璧に把握しているのです。

 

 

いったいどんだけのLOVE? って位に、LOVELOVEしつこく書かれたスカートを見て爆笑

IMG_9761

 

 

速攻大好きになりました。どこに履いていこうかとウキウキしています。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





703号室に犬のけんちゃんが加わりました

エイトくん家より素敵すぎるプレゼントを母づてにいただきました。ありがとうございました♪

kenb (10)

 

 

皆さま、聞いてください。

 

 

私の悩みは、うちにいるお子たちがかわいすぎること。皆さまに自慢しようと、iPhone片手にパシャパシャ撮ってしまうので、家の中にいても(私だけが)落ち着かないのです。

 

 

保護猫七色とさぶ

kenb (11)

 

 

保護猫あゆむ。躍っているひげがとてもツボにハマります。

kenb (12)

 

 

保護猫まなぶー。食いしん坊の甘ったれ男子♡

kenb (13)

 

 

ここにみーちゃんやら美女のすずらんが加わるともう大変^^;

 

 

いったいだれから撮ったらいいかわからなくなり、軽くパニックを起こしてしまうのです。

 

 

憩いの場であるはずの家庭でこのような事態が起きているのは由々しきことですね(苦笑)。

 

 

今は保護猫たちのアピールをしたいので、七色、あゆむ、まなぶを中心にUPしていこうと思います。

 

 

皆さまぜひお越しくださいね。だれも画像を見てくれなかったら悲しいですもん。

 

 

※保護猫七色、あゆむ、まなぶは家族募集中!

 

 

そんな、ただでさえスターが詰まっている703号室に、昨夜より新星が加わりました。

kenb (14)

 

 

名をけんちゃんといいます。男の子です。

kenb (17)

 

 

けんちゃんは譲渡をせずに、このままいっしょに過ごします。

kenb (18)

 

 

理由は、けんちゃんの年齢。けんちゃんは春で16歳になるのです。

kenb (15)

 

 

猫さんみたいにグルーミングが得意なけんちゃん

kenb (16)

 

 

ごはんをしっかり食べてお薬も飲めました。

kenb (1)

 

 

初日にしては本当におりこうです。

kenb (2)

 

 

ちょろっと出ている舌がポイントですよ。

kenb (3)

 

 

みーちゃんとも大丈夫そう!

kenb (4)

 

 

ふふ。ゆるいなあ……

kenb (5)

 

 

おやすみなさい、のけんちゃん

kenb (6)

 

 

天国に眠るべべ公の一張羅、バーバリーのコートを着せて

kenb (7)

 

 

小雪が降る中、30分ほどお散歩へ行ってきました。

kenb (8)

 

 

※ハーネスの手の位置がおかしいのは自覚しています(汗)。

 

 

後ろ足の衰えを少し感じますが、トコトコじょうずに歩いてえらいです。

kenb (9)

 

 

漠然とですが、またいつか犬と暮らしたいと考えていました。

 

 

けれど、環境面も含め、いろいろな意味で整理がつかず、犬を迎えるのはもっと先のはずだったのです。けんちゃんの話が来たのは、約2週間前。この2週間の間に数えきれないほどの自問自答を繰り返し、チチの顔色も相当窺いました。相手は重い命を背負ってやってくるのですから、私にとって、簡単なことではないです。それに正直な話、けんちゃんの年齢が気になりました。

 

 

でも、けんちゃんを迎えに行く道中、私はドキドキとうれしかったです。

 

 

本日はいきさつを書くのを控えますが、けんちゃんが余生を過ごす場所に困っていたのは事実だとしても、決して「かわいそうな犬」だったわけではありません。

 

 

けんちゃんと明るく楽しく暮らしていきますので、皆さまよろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





2022年の幕開け

皆さま、あけましておめでとうございます!

 

 

本年もよろしくお願いします。

 

 

目下の目標は、なんといってもこのお方たちの「幸せな卒業」です。

111 (7)

 

 

左がまなぶで右があゆむ

111 (8)

 

 

ビジュアルのちがいを皆さまはすっかり覚えてくださっていると信じています。

111 (9)

 

 

わかりやすくいうと、耳が一部欠けているのが「まなぶー」です。

 

 

後ろ姿は、「まなぶー」が長くてまっすぐなしっぽ。「あゆむ」はポンポンうさぎさんしっぽ。どちらも甲乙つけがたいかわいさを振りまきまくっているので、どうぞお問い合わせください。

 

 

703号室一同、首をながーくしてお待ちしています。

 

 

お正月、保護猫たちにカメラを向ける機会が多くて写真が溜まっています。

111 (12)

 

 

Twitterでは放出しきれないので、皆さま、ブログに遊びに来てくださいね。

 

 

たくさんの年賀状もありがとうございました。

 

 

大急ぎでお返事を投函しています。卒業生たちの元気な姿に励まされながら生きています。

 

 

よし! まなぶー、あゆむ、七色にも素敵なご縁を繋ぐぞ♡

 

 

保護猫七色は、さぶの見守りのもと、だんだんと落ち着いてきました。

111 (13)

 

 

ほほえましい夜食のシーン

111 (1)

 

 

まあ、これだけを見ていると、このままうちにいてもいいのかなと思えてしまうかもしれませんが、実はすずらんがやきもちをやき、情緒不安定になってしまいました。

 

 

七色を追っ払って、七色のケージでさぶにくっつくすずらん

111 (6)

 

 

すずらんはさぶが大好きだから、七色の存在が脅威なのです。擬人化じゃないよ。本当です。

 

 

さぶと七色がくっついている間、すずらんはひとりぼっちでさびしそうに過ごしています。

 

 

すずらんのためにも、七色をいい形で譲渡したいと考えています。

 

 

皆さま、応援してくださいね。

 

 

お正月といっても、まるまる休みだったのは2日だけ。あとは仕事でした。でも、私なりに心身をリフレッシュできた気がします。香さんからいただいた驚異的なポカポカパジャマのせいでおかげで、外着に着替えるのがますます億劫に^^; 今日は母と銀座へ行ったのですが、余所行き着の薄さに涙が出そうになったという。ひさびさにオシャレ? をしたので、その写真は今度勝手にUPします。

 

 

これハンパじゃないですよ。

111 (3)

 

 

ズボンと腹巻が一体化しています。

111 (4)

 

 

しかも靴下もくっついているのです。そして、足が暑くなったらこうやって出せるつくりになっています。これ考えた人、絶対に「冷え性の猫好きさん」ですよね?

111 (5)

 

 

いや~! 参りました。大重宝でございます。

 

 

サッと初詣にも行きましたよ。おみくじは大吉でした!

111 (10)

 

 

なるべく人ごみを避け、裏道を歩いたのですが、その際に見つけたレトロな看板をパシャ

111 (11)

 

 

情緒を感じますね。ナデナデしたくなりました。

 

 

2022年はみーちゃんが推定22歳になります。老齢のみーちゃんとさぶの健康を特に意識していきたいです。皆さまも皆さまの愛する肉球家族と楽しく暮らしてくださいね。

111 (2)

 

 

お読みくださった方のご多幸を祈願して。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





2021年 譲渡活動を通じて送り出したお子たち

今日が2021年の最後の日ですね。こうして書いてみると感慨深いものがあります。年末年始はいくつかのお仕事と予定が入っていますが、丸1日のんびりできる日もあり、本当にうれしいです。

 

 

自宅でDVDを観ながら猫たちとくつろぐ時間が至福です。

 

 

20年の保護譲渡活動の中で、「看取り」は何度となく経験してきましたが、2017年のべべの死を皮切りに、ナナ、ほほ、高菜、あまぱん、リル、信くんを天国へ送り出しました。私にとって、一頭一頭の「生と死」は決して軽くないので、彼らの老いと病に苦悶し、自分もいっしょになってのた打ち回ってきた気がします。そのため、2017年以降は、自分の精神の立て直しが最重要課題です。2022年は悲しいお別れがないことを全身で祈りながら、できることをつづけていきます。

 

 

2021年は、13匹の保護猫の譲渡をしました。

 

 

成猫は1匹だけで、あとはめずらしく子猫が多かったです。

 

 

そして、残念ながら2021年は卒業犬が一頭もいませんでしたが、犬についてはまた保護譲渡を通じて今後も関わっていきたいと考えています。犬が猫と同じ位大好きなのに、かつては犬だらけの我が家だったのに……犬が自分の傍にいないことがさびしくて仕方ないこの頃です。

 

 

リルや信くんの闘病や介護、さぶの通院などもあったほか、仕事に本腰を入れなければという焦燥感もおぼえました。活動が思うように捗らなかったけれど、それでも、自分にできる範囲で「ゼロより1」のスタンスで取り組んだつもりです。703号室にステイしたお子もいれば、別の保護宅にいたお子もいますが、「命を譲渡する」という重い責任をもって臨んだことはまちがいありません。

 

 

終の棲家でのそれぞれの近況画像は折に触れTwitterに流しているので、ここでは譲渡前後の写真を簡単にUPさせていただきますね。懐かしいお顔もあるかもしれません^^

 

 

1月は、①成猫のんちゃん正式譲渡

306non

 

 

私がお世話になっている豆さんのお姉さんご夫妻が里親になってくださいました。豆さんのお宅には703号室卒業犬のリリコとルースがのんびりと暮らしています。

 

 

5月は、②トンミム(キジトラ)、③ウリム(キジ白)

309tommimu

 

 

保護猫七色の赤ちゃんとしてうちで産声をあげたふたりは、5月に揃って同じお宅へ♡

308urimu

 

 

④玉

310tama

 

 

七色の赤ちゃんの玉ちゃんもそっくりのお兄さんのいるお宅に嫁ぎました。

 

 

7月は、⑤トラ(キジトラ)、⑥マタニナ(三毛)

311tora (1)

 

 

私が信頼してやまないイクラ家に婿入り、嫁入りを果たした兄妹は、幸せに暮らしています。

312matanina

 

 

⑦にこ(キジトラ)、⑧ふみ(キジ白)

313nico

 

 

お渡ししたあとに風邪がひどくなってしまったのですが、やさしい里親さんの看病でメキメキ回復!

314fumi

 

 

⑨ルチル

315rutiru

 

 

ひとりっこのお坊ちゃまとして大事に育てられています。

 

 

⑩リリ(三毛)、⑪まるお(キジトラ)

317maruo

 

 

オシャレで遊園地みたいに楽しいお家にて姉弟はスクスクと育っています。

316riri

 

 

⑫ぶん

318bun

 

 

先住兄のいるお城で成長中。里親さんとはよく話をさせてもらっています。

 

 

8月は、⑬にこ

319nico

 

 

私の地元でIさんに保護されたにこちゃんは、私が譲渡を担当しました。

 

 

※子猫たちは全員不妊手術を終えています。

 

 

実は2021年の14番目の卒業生として、母猫の七色を載せるのをひそかにウキウキしていたのですが、七色は皆さまご存じのとおり、私の力不足で出戻ってきています。

 

 

しかし、だからこそ、2022年の卒業生に七色の名を書けるようがんばりますので、慈悲深い皆さま、どうかどうか、七色を応援してください。七色を見てくださっている方はいませんか? ステキな女の子ですよ。七色がいるからこそ、トンミム、ウリム、玉はこの世に誕生したのです。母猫も子猫たちと変わりません。愛されてぬくぬくと生きるためにこの世に生まれてきたのです。

 

 

保護猫七色

aebrgf (1)

 

 

保護猫あゆむ

aebrgf (2)

 

 

保護猫まなぶ

aebrgf (3)

 

 

から、「保護猫」を取っ払って、「愛猫」になってもらいたいです。

 

 

外猫→保護猫→愛猫……まるで出世魚のように、どんどんと確固たる幸福に近づいてほしい。

 

 

七色、あゆむ、まなぶをどなたかの「愛猫」にするのが私の来年の目標です。

 

 

皆さま、2021年はありがとうございました。

 

 

2022年もひきつづきよろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク