源ちゃんとるい兄2

皆さまこんにちは。今日は約半年ぶりに美容院行きます。チチに「白髪が目立つ」と言われた悲しいお年頃。白髪染めとカットで1歳でも若返りをはからなくては。その前に源ちゃんの卒業記事を終えられるかな? がんばります!

 

 

前回書いたとおり、源ちゃん宅は隣の隣の県。どの位で到着するのか読めず、不安なまま出発。キャリー内の源ちゃんはとてもおりこう。小さいのにえらいね。

 

 

高速道路がすいていたので結局1時間ちょっとで到着!

 

 

 

広いお庭には家庭菜園がちらほら

IMG_6715

 

 

 

玄関を開けて(私の靴がそろっていなくてお恥ずかしい)

IMG_6708

 

 

 

猫居るのにそんな開けて大丈夫? と思った方。ふふ。猫の飛び出しを防ぐ内扉があるのです。猫と暮らすために建てたお家だからきちんと設計されています。

IMG_6709

 

 

 

そしてこのお宅の窓はほとんどが「明り取りのための開かないガラス」で、なんとベランダがありません。ベランダがないのでちょくちょく外へ出ないということなんです。設計の段階でベランダは不要だと思ったそうです。なるほど。

IMG_6712

 

 

 

洗濯ものは室内干し派

IMG_6667 (2)

 

 

 

自宅内の換気は扉の上部を使えばOK

IMG_6672

 

 

 

唯一開ける可能性のあるキッチン横の小窓は脱走防止対策をお願いしました。

IMG_6645

 

 

 

もとから安全対策が徹底されていてありがたい限り。窓の写真や扉の写真ばかりを並べていますが、これは私がもっともよく見せていただくポイントです。

 

 

保護猫の脱走は皆さまの想像よりはるかに多いです。迷子になった保護猫を探されている保護主さんや里親さんもいれば、探さずにあきらめてしまう方もいて、譲渡された犬猫の中の一定数が行方不明になるという悲しい現実があるのです。

 

 

だから私は「安全」について自分と感覚の合う方への譲渡を目指しています。

 

 

 

「ぼくと源の話 しないの?」

IMG_6649

 

 

 

おおお。ごめんなさいるい兄。会いたかったよ。はじめまして。源ちゃんがお世話になりますがどうぞよろしくね。

 

 

里親会出身の4歳のるい兄は人見知り皆無。ぐいぐいこっちに来てくれるタイプです。しかも相当のかまってちゃん(笑)。源ちゃんをケージに移す際、るいくんを別室に隔離したら、納得がいかなかったようで猛抗議していました。

IMG_6679

 

 

 

中心でいたいタイプ。書いていて自分とキャラがかぶるところがあり耳が痛い。

 

 

 

「ねえねえ 見てみて~ ぼくキャットタワー持ってるよ」

IMG_6691

 

 

 

「ぼくんちの親きれい好きだから トイレもマメに掃除してもらってる」

IMG_6644

 

 

 

「ほらぼくが2Fに案内してあげる」

IMG_6634

 

 

 

「emi-goさん ぼくんちマンガ集めてるの」

IMG_6675

 

 

 

「ねこの飾りものもいっぱいだよ」

IMG_6684

 

 

 

「源のサークルだよ ぼくチェック済み 親がTシャツと段ボールで源の隠れ家つくってた ぼくは大きいから体が半分しか入らなかった」

IMG_6652

 

 

 

「るい兄 はじめまして ぼく げんちゃん♪」

IMG_6657

 

 

 

源ちゃん、ドライブお疲れさま。素敵なお家だね。

IMG_6662

 

 

 

まずはサークルからスタートしよう!

IMG_6660

 

 

 

目じりが下がりっぱなしの里親ご夫妻。メロメロです。

IMG_6668

 

 

 

希望通りの新居を建てるまで、おふたりはペット1匹のみ飼育可能の賃貸アパートでるいくんと暮らしていたそうです。当時は住居の規約をキチンと守り、「猫2匹を家族として迎え入れる夢」をがまん。

 

 

このたび晴れて次男坊源ちゃんと家族になりました。

IMG_6664

 

 

 

私はこういう方こそが責任感のある方だと思います。るいくんの暮らしぶり、明るい性格を見ていれば、おふたりがどんなに大切にしてきたかよくわかります。

 

 

 

「つぎはぼくが1Fに連れて行ってあげる 書類にサインするんでしょ?」

IMG_6686

 

 

 

「まあ ぼくの親が淹れたお茶でも飲んでいってください」

IMG_6696

 

 

 

とりあえずなんでも前面に出て全面的に張り切るるい兄。頼もしい限りです。

 

 

肝心の記念写真は元気すぎてブレてしまうという

IMG_6703-3

 

 

 

里親さんからはおいしいスイートポテトとキュートすぎる動物たちをプレゼントしていただきました。うれしいいい。どこで買えるんだろ?

IMG_6723

 

 

 

源ちゃんのワクチン代、ウイルス検査代、駆虫薬費は里親さんに負担していただき、全額emi-goに渡してあります。

 

 

以下が里親さんの撮ったるい兄と源ちゃんの写真↓

IMG_6608

 

 

 

るい兄めちゃめちゃ見てるし^^;

IMG_6611

 

 

 

源ちゃん腰が引けてますね。

IMG_6606

 

 

 

ごあいさつ

IMG_6607

 

 

 

源ちゃんはるい兄指導のもと、楽しくおおらかに成長していくでしょう。

IMG_6667

 

 

 

源ちゃんファミリーの幸せを願いつつ、応援リツイートしてくれた皆さまにも改めてありがとうを。終の棲家を得られる犬猫たちが一頭でも多く増えますように。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「x252源ちゃんおめでとう。ベランダで生まれ育ち、きょうだいたちと生き延びたたれ目の源ちゃん、善い方に出会ってきみはラッキーだね。快適なおうちでスクスク成長してね。きょうだいたちもつづくから安心して!

長距離を運転したemi-goさんお疲れさまでした。休めるときは休んでね」

1-3483

 

 

スポンサーリンク





ごま家訪問とみいさんの根性を

※ブログ連続更新中。下の記事もご覧ください。すみません書きたいこといっぱいで!

 

 

パソコンが危ない感じになってきております。新しいのを買わないと。

 

 

とりあえずチチのノートパソコンを借りましたが、キーの位置がなれません。

 

 

少し前になってしまったのですが、卒業生ごましおんちに遊びに行った日のことを

IMG_4623

 

 

 

ごましおは昔ひどい交通事故に遭い、emi-goに頼まれ私が里親探しをした猫。

 

 

 

マイ太郎さんの卒業猫瑠璃ちゃんの里親さんが、手術を乗り越え前向きに暮らすごまの姿に目を留めてくださり、瑠璃ねえの弟分としてごまは703号室を巣立ちました。

 

 

 

以来、年に1度の割合で里親さん宅に集まっているのですが、今回はみんなが忙しく、約2年ぶりの再会になってしまったのです。

 

 

 

やあ瑠璃ねえ、久しぶり。やっぱ隠れるよね?

1kurata (15)

 

 

 

「臭い!! あなただれですか?」

1kurata (16)

 

 

 

ああ。大根餅持ってきたの。その匂いかなあ?

 

 

 

「クンクン……ちがいます 大根餅のニオイじゃなくてハハは獣臭がします」

1kurata (11)

 

 

 

※手前の白黒猫が703卒業生ごましおで、奥のキジトラが先住瑠璃ねえさん

 

 

 

ごまちゃんあんたひどいことゆうね。お涙お涙の再会はナシか。まあ隠れるのは「すっかり家猫」の証拠。一目会えたのであとは勝手にくつろいで帰りますね。

1kurata (6)

 

 

 

リラックスの図。これはあくまでイメージ画像を撮るために取ったポーズです。

1kurata (8)

 

 

 

母作の大根餅を切ってこんがり焼きます。大根餅は私の大好物

1kurata (13)

 

 

 

ごま家のキッチンでお料理コトコト

1kurata (10)

 

 

 

里親さんがパスタを茹でてくださいました。

1kurata (7)

 

 

 

うーいい! 静かな環境で瑠璃ねえとごましおは本当に幸せ

1kurata (9)

 

 

 

在宅で働く里親さんは猫たちのそばに長くいられます。このたび感動したのは「人側の急病や突然死の話」。お一人暮らしの里親さんには後見人のKさんがいますが、ほかにも万が一に備え、いろんなことを準備しています。そのひとつが、「自宅に猫がいます」というカードを書き持ち歩くこと。わが身を振り返っても、できそうでなかなかむずかしい。

 

 

愛情の形は人それぞれかもしれないけれど、里親さんの穏やかな表情と責任感漂う言葉を見聞きしながら、私はごましおをお渡ししてよかったと心から思いました。

 

 

 

ごまは不審者(私)を前にめちゃくちゃ逃げようとしていますけど……

1kurata (3)

 

 

 

 

じゃーん! ランチ完成!

1kurata (14)

 

 

 

私の持参した大根餅もテーブルに上がりました。みんなおいしいって言ってくれてうれしかったです。作ったのは母で、私は焼いただけですけど。

1kurata (12)

 

 

 

 

出してくださったお野菜が新鮮で全部めっちゃくちゃ甘いのです。

1kurata (5)

 

 

 

あまりの旨さに入手先を伺ってみると、なんと里親さんの仕事関係の商品だとか。

 

 

大げさ抜きに本気でおいしかったので、情報を貼り付けておきますね。

 

 

「天晴れ北陸」「旬のカラフル野菜セット」

 

 

ごちそうさまでした。スイーツのようなグリーンピースを、私はうまれてはじめて食べました。ズッキーニーを生で食べたのも初体験です。

 

 

 

さて、しょっぱいものを食べると、次は甘いものを欲してしまうのは人体の謎

1kurata (18)

 

 

 

ということで、デザートを担当したマイ太郎さん、ケーキいただきます。

1kurata (4)

 

 

 

ふふ。ニコニコしてる。マイ太郎さんのテンションが高くなりました。

1kurata (2)

 

 

 

仕事でお疲れモードのマイ太郎さん。ダイエットの話をしながらケーキをペロリの矛盾。体が糖分を欲しているってことですよ。

 

 

 

ごまの里親さんからは夏にぴったりのゼリーを

1kurata (17)

 

 

 

マイさんからはラスクと、先日はアマーへの心遣いをありがとうございました。

1kurata

 

 

 

ごまの里親さん、ごま&瑠璃ねえ、また来年か再来年お会いしましょう。楽しみにしています。それまでお体をたいせつにしてくださいね。

 

 

 

最後になりましたが、保護猫サクについて

IMG_5153

 

 

 

なかなか「ご縁が決まりました」の報告ができなくてごめんなさい。べべやお子たちの体調の変化と、保護猫ポテチ、十香が加わり、私自身が自由に動けません。今回ブログに登場した「ごま家訪問」は、実は約1か月前のできごとです。たった1か月ですが我が家はあの頃と状況が一変。

 

 

しかし私は、べべたちの病気を免罪符にせず、サクに合った良縁を結びたいです。読んでいて歯がゆい部分や見苦しい部分もあるでしょうけれど、皆さまが見守ってくだされば心強いです。

 

 

サクの動画をツイッターに載せましたのでよかったら見てやってくださいね。私の表現が誤解を生んでいる可能性がありますが、サクは普通にさわれます。ただ、普通にさわれるようになるまで「1か月程度」大目に見てほしいのです。それだけです。

 

 

よく写真を撮りに来てくれるみいさん。かれこれ10年以上つきあっていますが、みいさんの存在が、私の励みになっています。

 

 

数年前、みいさんちには2匹の「さわれない保護猫」がいたのです。

 

 

家族募集ができる状態になるまでもだいぶ時間がかかり、実際募集を開始したあとも2匹にマッチするお問い合わせが来ませんでした。来る日も来る日も保護猫たちをブログにつづるも、月日ばかりが経ち、2匹には気の毒なほど声がかからなかったのです。そばで見ていた私は「みいさん心折れるだろうなあ」とヤキモキしていたのですが、みいさんは淡々と2匹のことを書きつづけました。

 

 

保護主としては、やさぐれ、落胆し、あせるんです。世間から見放されたようなさびしさ。保護猫に申し訳ない気持ち。私にも何度も同じ経験があるからわかります。

 

 

けれどみいさんは募集をやめませんでした。だれもがみいさんの保護猫に飽きていたとしても、みいさんはやめませんでした。

 

 

そして保護から2年後、2匹はそれぞれ素敵なお家に旅立ったのです。2年ですよ2年。

 

 

すごい根性です。尊敬します。

 

 

くじけそうになるとき、私はみいさんの2匹「愛ちゃん夢ちゃん(仮名)」を思い出し、自分を鼓舞しています。だから大丈夫。私が絶対にサクをいい場所に連れていきます。サクを譲渡するために私はサクを保護しました。サクは素晴らしい猫です。

 

 

 

LOVE

 

 

 

 

スポンサーリンク





10分更新 ぼくのあこがれの先輩

私はべべのいいお母さんになりたい。いいお母さんになりたいのに、いいお母さんになるためにどうすればいいのか、よくわからない。べべとさようならをするときはべべを胸の中に抱いていたい。今ほんとうにどうすればいいかわからない。べべが好きすぎてとにかく苦しいです。

 

 

ふう。吐き出した。すみません。聞いてくださりありがとうございます。

 

 

 

ではでは、スイッチを切り替えてこの週末のできごとをいくつか。

 

 

 

昨日夕方フラッと妹んちへ。703号室から徒歩20分の距離。運動も兼ね歩いていきます。

neneiru (9)

 

 

 

1カ月に1度、妹がネイルをしてくれます。「簡単なのでいいよ」と言ったんですが、なかなか凝ったデザインに仕上がりました。気持ちが明るくなります。ありがとう。

 

 

妹家の愛猫福ちゃんは元、私の保護猫。もう長いこと生きています。

neneiru (11)

 

 

 

ネイル後、妹といっしょに近所のスーパーで買い物。そしてそれぞれの家に戻りました。

 

 

 

うちの夕飯。タケノコと厚揚げで炊き込みごはんを。

neneiru (13)

 

 

 

チチはインスタントも冷凍物も惣菜もNGなので、毎食なににしようか考えるのが面倒。もともと炊事が得意じゃない私は、心に余裕がないとキッチンに立つことすらげんなりします。でもまあ、食べることは生きること、ですしね。しょうがない。

 

 

 

日曜の本日は、近所に住む卒業生のんき(ジョイ)&なつこ(つぼみ)んちへ♪

 

 

 

のんきくん、せっかく会いに来たのにつれない態度じゃんか(笑)。

neneiru (4)

 

 

 

けど、ちゅーるをあげたらちゅーるはしっかり食べてくれましたよ。のんきの彼女なつこに至ってはソファの下に隠れて最後まで出てきてくれませんでした。THE家猫! ですね^^;

 

 

のんきの卒業記事→ 「2 のんき 卒業式とその後/幸せの703号室」

 

なつこの卒業記事→ 「ベストカップルの誕生/幸せの703号室」

 

 

 

のんきとなつこの部屋をパチリ。相変わらずいい感じ♪

neneiru (3)

 

 

 

おいしいお菓子をいただき、しばしおしゃべり

neneiru (2)

 

 

 

ふたりとも隠れてしまったので、里親ちほさんに写真を送ってもらうことに。

neneiru (6)

 

 

 

右下の写真はのんきがなっちゃんのしっぽをチュパチュパしているんです。かわいいなあ。

 

 

なっちゃん、あなた女の子なの? おっさんなの?

IMG_5151

 

 

 

「ぼくたち 幸せ中でーす」

neneiru (5)

 

 

 

おふたりさん、どうもごちそうさま。末永くなかよしでいてね。

 

 

ちほさんとは同年代かつ同じ血液型なので話が盛り上がります。ちほさん大好き。のんきとなつこをたいせつに育ててくださりありがとうございます。おみやげ、遠慮なくいただきます。

neneiru

 

 
特に茶白猫の「のんき(ジョイ)」は繊細なタイプゆえいろいろ心配だったのです。シャイなのんきに目を留めてくださったちほさん。惜しみなく愛情を注いでくれるおかげでのんきは明るい子に成長。深く感謝しています。

 

 

 

「じー のんきくんいいなあ 憧れます」

neneiru (10)

 

 

 

そうね。楽しそうに暮らしているよね。彼女までできて。

 

 

 

サクものんきみたいになりたいでしょ? うちじゃ頭数が多すぎてサクがかわいそうだもんね。

 

 

 

MIHOさんが撮ってくれたサク

neneiru (12)

 

 

 

獲物(猫じゃらし)を前に精悍な顔つき

neneiru (7)

 

 

 

放置ばかりでごめん。MIHOさんに遊んでもらえてうれしそうだったね。

neneiru (8)

 

 

 

サクはいっちょまえに人見知りしますが、何度も来てくれているMIHOさんとはすっかり狩り仲間になりました。サクには即答を求めずゆっくり向き合ってくれる家族が必要だと思います。

 

 

サクが障壁を跨ぎ寄ってくる一歩は、大きい一歩です。

 

 

サクに家族が決まる日まで、サクを宣伝しつづけます。

 

 

703号室の看板スターですよ。

 

 

終の棲家を得られる犬猫が増えますように。

 

 

 

Smile

 

 

スポンサーリンク





10分更新(じゃないけど) 『しじのの家へ』

写真を取り込むまでにすでに「10分」以上なのに、10分更新とか無理あるし^^;

 

 

ネタがたくさんあるのです。

 

 

お蔵行きは悔しいのでなるべくブログで放出します。本日は数回更新しています。

 

 

 

ソフトバンクへ行ったらiPhoneカメラなおしてくれました。ありがとうございます。

 

 

 

スーパーで買い物後、郵便ポストを開けたらこんなものが!!

ssnn (13)

 

 

 

しじみの里親りょうちゃんーーー!!

 

 

ありがとう。

 

 

 

りょうちゃんはセスのご縁のいきさつを私のブログで読み、娘さんの考えに感動したそうです。

 

 

 

先日遊びに行った際も、サクとセスを何度もかわいいって言ってくれてうれしかった♪

 

 

 

「わたし セスじゃないわよ ののこよ」

ssnn (8)

 

 

 

のの~! ひさしぶり!

ssnn (12)

 

 

 

しじみ家の一員になった黒猫ののこは「703号室」を経由しているんです。なつかしいな。

ssnn (11)

 

 

 

 

「来たのか」

ssnn (7)

 

 

 

しじみ嬢、おじゃましますね。

 

 

 

りょうちゃんがしじみ嬢を捕まえてきてくれた連れてきてくれたので抱っこ写真撮れました!

ssnn

 

 

 

超絶萌えるフォルム。だーい好きです。

 

 

 

忙しい合間を縫って個性的でおいしいランチを作ってくれたりょうちゃん

ssnn (2)

 

 

 

電車で行ったので貴腐ワインをごちそうになりました。貴腐ワイン好物です。

ssnn (3)

 

 

 

貴腐ワインでほんのりリラックスしたチーさん(ご主人)は今回も天然ぶりを炸裂。ふつうに寝室でお昼寝をはじめました。そのキャラクターに憧れます。自然体でいいなあ^^

ssnn (6)

 

 

 

りょうちゃん工房に案内してもらいました。

ssnn (5)

 

 

 

商品はネットで注文できます。

ssnn (4)

 

 

 

長くアパレル業界にいたおふたりはセンスが抜群。ほしいので予約済み。猫型クッション。猫用のベッドに添えてもいいですね。私はキャリーバッグの中に入れようと思っています。

ssnn (10)

 

 

 

未完成のバッグ類。絵を描いているのはりょうちゃんです。すごいねえ。

ssnn (9)

 

 

 

りょうちゃんのショップ「にゃっ展」に参加します。

 

 

 

チーさんがスヤスヤと夢を見ていた頃、りょうちゃんと私はペチャクチャおしゃべり。学生時代からの親友のような感覚で話ができます。猫の話もするし、猫以外の話もするし。

 

 

りょうちゃんは真剣な話も不真面目な話もできる私にとって貴重な存在。しじみ嬢をたいせつに育ててくれています。ののこももちろん。そして自分でも家のまわりの猫をTNRしたり里子に出したりしています。バランス感覚にすぐれ、力のある方です。

 

 

りょうちゃんに会って元気復活。留守番中のチチの夕飯を作らなければならなかった私は、ギリギリのギリギリまで粘って、ギリギリのギリギリまでしゃべり倒してから帰宅(笑)。

 

 

りょうちゃんもブログに書いてくれています。しじみ嬢が私のことをほんとうにうっとうしそうにしていたのがウケる。私が席を立つたびに「あなた やっと帰るの?」という顔をするしじみ嬢。

 

 

「ううん まだ帰らないよ? 私まだいる」

 

 

ひひひ笑いながら返す私。ガッカリするしじみ嬢の姿にまた悶絶。

 

 

 

しじみ嬢、あなたさあ、あなたとりょうちゃんのご縁を結んだのは私なんですけどね?

 

 

まあ、人生こんなもんです。

 

 

 

お子たちのお世話や家事から解放された週末の貴重なひとときでした。

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク