ローズ

皆さまこんばんは。ツイッターですでにバレバレですが、ブログでもチチと私が新たに保護した猫のことを書かせてくださいね。ちょっとだけ整理しました。

 

 

まずは「死地からさらったお姫さま/幸せの703号室」を再度ご覧ください。

 

 

↑の記事は新たに703号室スターに加わった茶白猫「百香(ももか)」が主役ですが、一連をわかりやすくまとめてあります。読むと3匹の猫が登場します。

 

①(私たちの大本命)桜耳カットを施された「いじめられ猫」

②桜耳猫を「いじめる猫」(おそらく未去勢のオス)

③最近姿を見せはじめた新顔(百香)

 

 

百香の保護前、①と②の2匹をめぐりチチと私は口論に。

 

 

チチは①の「いじめられている猫」だけを不憫がり、②の「いじめている猫」が捕獲箱に入ろうとした折に、邪魔をして入らせないように阻止したのです。

 

 

私「なんで今(箱に入ろうとした猫の)邪魔をしたの?」

 

チチ「(キレ気味で)だってこの猫じゃねーし」

 

私「え? じゃこの猫はどうなるの?」

 

チチ「知るかよ」

 

 

みたいな会話(苦笑)。到底納得がいかないので、チチと何度も言い争い、チチも最終的には「入った子から703号室に入れる」という流れに落ち着きました。

 

 

どうしても感情が先になってしまうのはわかるのです。

 

 

いじめているほうより、いじめられているほうがかわいそうに映るし。

 

 

でも近所は生きづらい。なら全部まとめて連れて帰りたいじゃないですか。

 

 

それにいじめているほうを先に保護すれば、いじめられている猫は敵が減り、外暮らしのQOLがじゃっかん上がるとも考えたのです。だから順番は関係ない。

 

 

そこに新顔百香が現れ、捕獲箱に入ったので、百香を最初に保護した次第です。

 

 

百香の保護後も、連日餌やり&捕獲箱の設置を繰り返してきました。猫たちが来る時間帯やおおよその居場所もなんとなく把握できるようになり、残りの2匹の保護が順調にいくかのような期待感が持てるまでになったのです。

 

 

なのに近所の人々がまたしても私たちにクレーム? を口汚く浴びせてきて、心底ほんとうにうんざりでした。なんで執拗に猫を嫌うのでしょう? 嫌いだとして、嫌いでいいとしても、私たちが「猫を保護するために行っていること」を阻止する意味はなんですか? 正常な思考の持ち主たちだとは到底思えません。

 

 

おいそこのバカ。猫嫌いのおめえの視界から猫を消し去ってやろうとしてんだよ。文句じゃなくてありがとうございますじゃねーの? が私の胸の声。

 

 

しかし実際はヘラヘラペコペコ。コソコソヒソヒソ。これしか手立てがない。近所とケンカすると猫が余計に嫌われてしまうから、人質を取られたような心境です。気が狂うかと思うほどのストレスの中、時間がむなしく過ぎていくばかり。

 

 

そして数日前、捕獲箱に桜耳の「いじめられているほう」が入ろうか迷っていたときのこと。20m程度離れた場所で猫を静かに見守っていた私たちごとを見張っていたある人が突然捕獲箱と箱の周りをうろちょろしていた桜耳猫めがけ、ホースで冷水を水圧いっぱいに浴びせやがりました。私は怒りで気がふれんばかり。

 

 

チチはそれ以上だったかもしれません。

 

 

リルの散歩中に猫たちにおやつをあげていたのはチチですから。

 

 

 

だれにも迷惑をかけないようにひっそりと暮らしているだけなんです。

IMG_9044

 

 

 

いつもビクビクして、物陰に隠れて……

IMG_9045

 

 

 

生きているから排泄したり、飢えているからゴミを漁ったりしたかもしれません。

IMG_9048

 

 

 

だけどそれがいったいなんの罪になるというのでしょう?

 

 

極寒の日がつづいています。

 

 

冷水事件が起きてから、桜耳猫は2日間姿を消してしまいました。

 

 

いじめているほうも見かけなくなりました。

 

 

2匹はどこでなにしているんだろう?

 

 

猫が風邪をこじらせ小さく丸まっている様子、震えている姿がリアルにまぶたに浮かび、ますます私は眠れませんでした。想像力って恐ろしい。

 

 

で、昨日は24時間体制で捜索と張り込みをすることに決め、チチと行動。といっても、ふたり揃っては家を出れません。ナナたちのケアをする人がこの家には必要です。チチががんばってくれるというので、捕獲箱をアレンジし、チチが車に捕獲箱を積み、車の中から設置した捕獲箱を見張ることに。

 

 

どっかの変態に猫の入った捕獲箱を持ち去られてはたいへんですから。

 

 

チチは車内にてノートパソコンで仕事をしながら8時間以上粘りました。

 

 

そろそろチチも限界で、私と交代かな?

 

 

チチに電話してみよう。

 

 

iPhoneを手に取った直後、奇遇にもチチから着信が……。

 

 

「今箱に猫が入った! 黒白のほう!」

 

 

あああああああああああああああああああああ

 

 

あああああ

 

 

生きていてくれてありがとう。チチお疲れさま。

 

 

いらっしゃいお姫さま!! 703号室にようこそ!!

IMG_9035

 

 

 

レボリューションをつけるために箱からネットに移しかえるところ

IMG_9042

 

 

 

百香をリビングのケージへ移動。百香が使っていた3段ケージへ案内しました。

IMG_9037

 

 

 

今夜病院へ

IMG_9073

 

 

 

※ 病院での様子は後日お送りします。

 

 

病院から戻ったあとの姫

IMG_9263

 

 

 

彼女の肉球は冷たい雪の上じゃなく、チチのセーターに包まれています。

 

 

仮名をローズと申します。

 

 

どうぞお見知りおきください。

 

 

最後に、残る1匹のいじめっ子(笑)についても、全力を尽くしていきます。

 

 

でっかいLOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





人間のほんとうの家族と

皆さまこんにちは。ブログを連続更新中です。トロンのお嫁入り記事はお読みになりましたか? もしまだでしたら遡って読んでくださいね。

 

 

ツイッターで思いっきり吠えたのですが、私には現在深刻な悩みがあります。

 

 

それをブログに書くと、とめどなく悲しくなるので、今日は楽しかった日をお送りします。今後もツイッターで吠えてしまうかもしれませんが、あきらめずに努力中です。ご理解くだされば幸いです。

 

 

まあとりあえず百香だけでも保護できてよかった。百香ありがとう。

 

 

保護譲渡活動にはいろんな「ドキドキ」がやってきます。

 

 

私をもっともドキドキさせているのは、このお方↓

IMG_8808

 

 

 

ちゅーるボーイこと、保護猫ポテチ

IMG_8816

 

 

 

ポテチは私よりもチチが好き。理由は単純。チチの仕事部屋が猫の保護部屋を兼ねているため。つまりポテチはチチといる時間が長いんですよね。

IMG_8819

 

 

 

シャイなポテチでもチチにはすり寄ります。ベタベタな感じ。しかし相手が私だと一拍置き慎重な姿勢で試してくるのです。そりゃそうでしょう。私の居場所はリビングがメイン。忙しいときは、ポテチのトイレ掃除や掃除機などをかけに保護部屋に入るだけの日もありました。ポテチにしてみれば「爆音(ダイソン)を轟かす人間」、あるいは「トイレ掃除のおばさん」のポジション。

 

 

このままじゃいかんと、チチにポテチのごはんをあげる量と回数を減らしてもらい、私が夕飯とおやつちゅーるをあげにポテチを訪問しています。だからうっすらですが私に対してもポテチは好感を持ってくれるようになりました。

 

 

完全にちゅーるのおかげだね。ふふ♪

IMG_8817

 

 

 

「ハハ~ ごちそうさまでした。ぼくのこと少し撫でてもいいですよ?」

IMG_8828

 

 

 

そのポテチが週末お茶会を開くのです。ポテチはチチと私以外の人に接する機会がほぼありませんでした。猫カフェの人慣れした猫たちとはわけがちがいます。

 

 

どうかどうか、ポテチが誤解されませんように。

 

 

結果はどうであれ、にっこりのお茶会になりますように。

 

 

 

お茶、といえば「飲茶」。少し無理やり話題を繋げてみました(笑)。

 

 

先日、母の誕生日を祝う会として、娘2人で母分を割り勘し、ひさびさに3人でお出かけしたのです。誕生日は私のほうが近かったんですけど、甘えん坊の母ですので、仕方ない。

 

 

秘書職の妹はリサーチが得意。用事がなければ地元をあまり出ない私とはちがいます。妹は母のために「飲茶」ができるお店を予約

IMG_8982

 

 

 

ホテルのロビーにて

IMG_8983

 

 

 

私は家族がプレゼントしてくれた一張羅、母は私がプレゼントしたストールを!

IMG_8984

 

 

 

妹の交渉のおかげでスペシャルな個室に案内され一同大興奮

IMG_8974

 

 

 

お店の方が親切にも家族写真をパチパチ撮ってくれました。

IMG_8975

 

 

 

私たちはずっと3人で生きてきたんです。ほんとうの家族と呼べるのはこの3人だけかも

IMG_8978

 

 

 

ね? いいお部屋のいい席でしょ?

IMG_8986

 

 

 

母も私も大満足

IMG_8985

 

 

 

お料理が来る前に、妹が母と私をピンで撮ってくれました。

IMG_8973

 

 

 

ポーズをキメて!

IMG_8972

 

 

 

お店全体が「東洋美」の雰囲気で、特に気に入ったのは壁にいたこのお三方

IMG_9001

 

 

 

オシャレだなあ。東洋も西洋もそれぞれのよさがありますね。

 

 

さあ、飲茶のはじまりです。点心が運ばれてきました。

IMG_8988

 

 

 

つづいて三段の点心やデザートが。香港のお店だからか? こういうところはほんのりイギリスのアフターヌーンティー的ですね。おいしかった♪

IMG_8990

 

 

 

お店からのサービスはマンゴーを使ったデザート

IMG_8993

 

 

 

そしてそして! このような心配りまで……

IMG_8994

 

 

 

プレートを手に記念写真

IMG_8999

 

 

 

間に街ブラも挟みましたが、女3人の財布の紐はめちゃくちゃ固く、セール品に心を奪われながらもだれもなにも買いませんでした。目の保養にはなったけどね!

 

 

ママ、迷いながらも最終的に出産を選択し、私を産んでくれて謝謝。私を産んでくれたのもありがたいけれど、妹を産んでくれたのはもっとうれしかった。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





2 トロンがハッピーに!

さて、みじゅ改め「トロン」の卒業レポのつづきを。まだお読みでない方は一つ下の記事から遡ってお読みください。※ブログを連続更新中です。

 

 

トロンに会ってからというものの、りんちゃんは1日も早くトロンと暮らしたいと、即準備に掛かりました。で、完成したのがこちら↓ 玄関の脱走防止柵!

IMG_8958

 

 

 

実物の強度を確かめていただけないのが残念ですが、頑丈かつよくできていたので驚いた次第です。2LDKの春ちゃんちにはもちろんリビングに入る際の扉もありますが、りんちゃんは春ちゃんが閉め忘れたら困るからと作ったのです。

IMG_8982

 

 

 

二重の安心ですね。ちなみにチチが出入りするとこんな感じ。チチは身長181cmの中年太り体型。真ん中にはちゃんとカギがついています。

IMG_8985

 

 

 

りんちゃんすごい~!  こっちは掃き出し窓↓

IMG_8933

 

 

 

実は春ちゃんもりんちゃんも掃き出し窓を開けません。都心のマンションゆえ、外気を入れて換気をせず、24時間換気扇をまわす生活をしています。けれどもし万が一開けたときのことを考え、わざわざつけてくれたのです。ありがたい限りですよ。ほんとうに素晴らしい友だちです。

 

 

 

「ここ わたちんち?」

IMG_9016

 

 

 

きょうだいの秀多(仮)と離れもっと大騒ぎするかと思いきや意外とへっちゃらのトロン。別室に用意されたケージの中でくつろいでいました。大物ですね。

IMG_9001

 

 

 

トロン、はじめはハッピー兄が入らないお部屋からスタートね!

IMG_9017

 

 

 

トロンのケージが置かれている部屋には多くのトロフィーが……

IMG_8955

 

 

 

春ちゃんは本格的にサーフィンをしています。胸筋が発達するわけだ(笑)。

IMG_8967

 

 

 

 

お? 生ハッピー!! ハッピーはじめまして。あなたの写真は春ちゃんに会うたびにさんざん見せられてきたけど実物もかなりイケてるね♪ ハンサム~!

IMG_8978

 

 

 

ハッピーが写ってませんが、チチもハッピーを少しなでなで

IMG_8975

 

 

 

体がチーターのような模様で懐っこく物怖じせず、かっこいいハッピーです。

IMG_8992

 

 

 

トロンのいる部屋が気になるご様子

IMG_8973

 

 

 

5分も経たないうちに、仕事を抱えているチチは私を置いて先に帰宅することに。チチの帰る前に、3人で集合写真を撮ってもらわないと! 先にハッピーと

IMG_8970

 

 

 

つづいてトロンと

IMG_8980

 

 

 

スッピンのりんちゃんは「半顔出し」。メイクなしでも美人だからいいのに。

 

 

 

春ちゃんちはもちろんペット可。清潔でセンスのいいお宅です。

IMG_8968

 

 

 

部屋のあちこちに猫グッズが紛れ込んでいます。

IMG_9000

 

 

 

トイレの形がいいね。 ※現在はトロンも使えるようになっているそうです。

IMG_9002

 

 

 

爪とぎ。うちも同じやつ買おうかな?

IMG_8998

 

 

 

トロン用に新調されたキャリーバッグ。私のと色ちがいです。

IMG_8966

 

 

 

ん万円出して作ってもらったという“ハッピーぬいぐるみ?”。りんちゃんがひと言、「似てませんよね~」。う~ん……たしかに微妙かも……でもかわいい!

IMG_8996

 

 

 

春ちゃんとハッピー

IMG_8994

 

 

 

ハッピーの医療証明書も見せてくれました。すべて保存しているそうです。

IMG_9006

 

 

 

ハッピーはペット保険(7割型)に入っているとのこと。トロンも加入します。

IMG_9009

 

 

 

あ!! これうちにもあるっ!!

IMG_8969

 

 

 

「もしかしてケイタにもらったの?」と聞いてみたところ「はいっ」だって。

 

 

以下の記事をぜひご覧ください。

 

「窓に貼る猫の巣ほか/幸せの703号室」

 

 

旧友Air Buggyの原口常務が私にプレゼントしてくれたのです。

 

 

ふふ。原口常務春ちゃんにもプレゼントしたんですね。重宝させてもらってます。

 

 

ハッピーは超溺愛されています。春ちゃんちはハッピー中心の生活

IMG_8991

 

 

 

だからトロンも安心して渡せますよね。春ちゃん夫妻だもの!

IMG_8987

 

 

 

トロン、うんと幸せになってね。愛をいっぱい浴びているハッピー兄はきっとトロンを家族として、仲間として、受け入れてくれるよ。がんばって!

IMG_9015

 

 

 

春ちゃんりんちゃんにトロン分の医療費をお預かりし、ペットシーツやおいしすぎるケーキをプレゼントしていただきました。ありがとう。

IMG_9018

 

 

 

譲渡から13日経ちますが、数日前からこのようになっています。

IMG_8930

 

 

 

そしてぜったいに観てもらいたい動画をはりつけておきます。悶絶必至!

 

 

 

ね? ニコニコしちゃうでしょ?

 

 

自分の誕生日にこれを送られてきた私は、うれしくてたまりませんでした。

 

 

春ちゃん、りんちゃん、ハッピー、トロン、ありがとう。

 

 

サイコーです♪

 

 

 

かつくん「x258トロンおめでと。やさしい家族の一員になれたね。ハハも舞い上がってるよ。ハハに大きな力をくれてぼくからも感謝。ハハは丁寧に自信を持って犬猫たちに向き合っていきたい、それをトロンに教わったと言っています。ハッピー兄と末永く楽しく暮らしてください。LOVE」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク





1 トロンに春が来た! 

大雪の中、ひとつ歳を取ってしまいました(苦笑)。ブログを連続更新中です。どうぞ遡って読んでくださいね。本日はみじゅ改め「トロン」の卒業記事!

 

 

すべては年末に参加した忘年会からはじまったのです。

 

 

(↑リンクをポチっと読んでください↑)忘年会の席で私を見つけるなり、愛猫ベンガルの「ハッピー」自慢をしてきた友だちの春ちゃん。古いつき合いです。

 

 

春ちゃんは現在、中野にあるもっつん本店もっつん2号店もっつん新井薬師店の3店舗のオーナー。奥さんのりんちゃんは同じく中野で「ブリス」というビューティサロンを経営。ふたりとも努力家。自らの力でがんばってきた根性のある夫婦です。

 

 

ハッピー自慢の延長で、春ちゃんは「譲渡会」へ行ってみたいと話しました。ハッピーに友だち猫を増やしたい。保護猫も検討している、と。私は譲渡会を開いていないので、「行ってみたら?」とすすめる程度でいったん話を終えたのです。

 

 

でも、春ちゃんは2匹目とハッピーの相性を慎重に考えていて、ハッピーの脅威となるような体の大きな猫さんではなく、できれば3~4か月の子猫を希望しているとのこと。オトナの猫も好きだから相性さえ合えば構わないとも言っていました。うーむ。この時期子猫少ないんだよなあ。でもハッピーが成猫を受け入れるかどうかは未知数。なら、やっぱ無難に子猫がいいなあ……。

 

 

譲渡会で開催者と折が合わなければ、春ちゃんはブリーダーに再び行く可能性もある。

 

 

それじゃヤダ。たとえ1匹でもいいから春ちゃんに「保護猫」を迎えてほしい。そうたくらんだ私は、春ちゃんに希望の毛色を聞いてみることに。

 

 

特に希望はないとしながらも、選べるなら茶トラか黒猫がいいと。

 

 

ほう。茶トラか黒猫ね。(メモメモ)

 

 

後日私はemi-goに電話。茶トラか黒猫の3か月くらいの保護猫がいないか聞いてみました。いたらもちろん、春ちゃんりんちゃん夫妻に紹介するつもりで。

 

 

数日後、emi-goから連絡が。

 

 

「田辺さん!! めっちゃくちゃかわいい黒猫の兄妹が保護されました」

 

 

保護したのはemi-goの病院の患者さん。その患者さんは自分で里親探しをするためにemi-goにいろいろ相談していた心ある方で、決してemi-goに丸投げをしようとしていたのではありません。私は保護経緯や保護した方のお人柄に好感をおぼえ、私でよければ預かる旨を間接的に申し入れました。

 

 

それがトロンと秀多(仮)です。(左:秀多 右:トロン)

IMG_8719

 

 

 

春ちゃんが興味を持ってくれるといいな。まあ仮にダメでも私が譲渡しよう。春ちゃんのキャパはあと1匹。だから兄妹は離れ離れになる。けど良縁を結べるなら「セット」に固執しなくてもいいや。

 

 

子猫たちが703号室に移動してくる直前に私は春ちゃんに電話をかけ、留守番電話にメッセージを入れたのです。「黒猫のおちびさんがいるんだけど、興味があったら折り返して」と。ついでに病院で撮った2匹の写真も数枚添付

IMG_8311

 

 

 

さあ、どうかな? 電話来るかな?

IMG_8312

 

 

 

翌日、キラキラの電話がかかってきました。覚えている方いますか?

 

 

春ちゃんは黒猫2匹に会いたいとのこと。さっそく年始の1月5日にアポを取り、うちにいたトロンと秀多を連れてemi-goの病院へ!

IMG_8709

 

 

 

春ちゃん夫妻は2匹と遊び、おやつをあげ、ワクチンや爪切りを見守り、中島先生の話を聞き悩みまくり。トロンと秀多のどちらにする? いっそ2匹とも迎えてしまう? それじゃハッピーが孤立しない? どっちを選ぶべきか……

IMG_8717

 

 

 

そりゃもう真剣そのもの。

IMG_8716

 

 

 

とりあえずいったん気持ちの整理も兼ね、私のポリシーをゆっくり伝えようと3人で近所のファミレスへ。春ちゃんりんちゃんごちそうさまでした。

 

 

脱走防止対策や誓約書8項目の内容を含め、ふたりが納得してくれるか。

 

 

結果、ふたりとも清々しい快諾。さっそく脱走防止対策に取り掛かるとのこと。

 

 

問題はトロンにするか、秀多にするか、あるいは2匹いってしまうか!

 

 

一同は再度病院へ戻り、トロンと秀多の顔を見て考えることに

IMG_8752

 

 

 

「りんちゃんがわたちをだっこしてくれたの」

IMG_8747

 

 

 

むろん、秀多も抱っこしてもらいました(笑)。

 

 

春ちゃんがひと言。

 

 

「女の子のほうがりんに(顔が)似てるから女の子にする?」

IMG_8736

 

 

 

「女の子はさっきからずっと私と目が合ってる」とりんちゃん。

IMG_8735

 

 

 

熟考したいとのことで、次の日に回答をもらうことに。でこの記事に繋がります。

 

 

ちびたち、お疲れさま。ふたりとも立派だったよ♪

IMG_8701

 

 

 

1日経って結論を聞くと、「女の子に決めました」ときっぱり!

IMG_8483

 

 

 

「え? わたち?」

IMG_8455

 

 

 

そうだよ。

IMG_0004

 

 

 

あなたトロンって名になるんだって

IMG_0035

 

 

 

おめでとうトロン♪

IMG_0026

 

 

 

いっしょに育った秀多とは離れるんだけど、ハッピー兄がいるおうちに行くの。

IMG_0008

 

 

 

だからひとりじゃないんだよ。

IMG_0025

 

 

 

トロンは遊び好きで

IMG_0016

 

 

 

好奇心旺盛の

IMG_0011

 

 

 

おてんばだけど

IMG_0014

 

 

 

おトイレもちゃんとできるし、賢い子だよね^^

IMG_0013

 

 

 

秀多は私が必ず幸せにするから、安心して新しいおうちをエンジョイしてね。

 

 

春ちゃん、りんちゃん、このたびはありがとうございました。

IMG_8754

 

 

 

春ちゃんに「保護猫」を譲渡した喜びは2つあります。

 

 

一つ目はこの記事に全部書きました↓↓↓

 

「トロンの譲渡を昔の自分に見せてやりたい/幸せの703号室」

 

 

二つ目は春ちゃんの無意識の宣伝に期待してのこと。春ちゃんりんちゃんの人脈は半端じゃありません。春ちゃんは絶えずハッピー自慢をあちこちで繰り広げています。だからトロンのこともいずれ自慢するでしょう。トロンは保護猫です。春ちゃんに憧れる人や、春ちゃんの周囲の猫好きが「保護猫」に目を向けてくれる可能性は非常に高い。これこそが私のいやらしい計算です(笑)。

 

 

1月10日に巣立ったトロンはすでにハッピー兄とベタベタの仲よしになっています。本日私のフェイスブックに「誕生日おめでとうございます」のメッセージとともに、ハッピーに毛づくろいをするトロンの動画が送られてきました。

 

 

次回、春ちゃん家に皆さまをご招待いたします。

 

 

つづく

 

 

 

スポンサーリンク





美しい譲渡

最近出てばかりなのでブログの更新がままなりません。

 

 

明日が私の誕生日ですが、チチとのランチの予約はキャンセルしてもらうことに。外出がつづくと疲れやすいこの頃です。でも出先では楽しんでいますよー!

 

 

誕生日はごはんを作ったり掃除機をかけたりしなくてもいいそうなので、じゃっかん楽させてもらい家の中でお子たちと戯れながら、トロンと秀多(仮)の卒業記事に着手します。まず先に巣立ったトロンからいきますね。

 

 

べべもいっしょに祝いたかったな。べべとお母さんは1週間ちがいの誕生日だから毎年合同でやってたのにね。せめて夢の中に出てきてほしいです。

IMG_2826

 

 

 

次はナナの誕生日会だね。3月3日まで体調が安定していてくれますように。

IMG_8115

 

 

 

猫のあまぱんは1月20日で私の家族になってくれた10年記念だったのです。落ち着いたらあまぱんの写真満載であまぱんの近況をお送りさせてくださいね。

 

 

友だちが開いてくれた誕生日会や家族とのお出かけもおいおいブログで自慢したいな。

 

 

この兄妹の卒業関連で心に沁みるできごとばかりが起きました。

IMG_0038

 

 

 

「2匹の子猫を里子に出しただけじゃん」

 

 

と笑われるかもしれませんが、いいんです。

IMG_0019

 

 

 

トロンと秀多(仮)が教えてくれたことは多い。繋いでくれた縁は太い。

 

 

生まれてきてよかったし、いつ死んでも悔いはないと思えるほどです。正しい譲渡のあり方は、実のところ私にもわかりません。

 

 

正解は各々の感覚によってかわってくるでしょう。

 

 

しかし私は、「丁寧さ」を極めてきたつもりです。活動をはじめた頃は現在より粗削りだったけれど、それでもかなり「丁寧さ」は意識、追求してきました。

 

 

 

ざっくり言えば、昔は「もらってください」が主流で、保護主が下で里親さんが上の立場でした。近年、その反動が一気に爆発し、次は里親さんが下で保護主さんが上に立つ形が目立つようになったのです。あくまでも私個人の感覚ですが。

 

 

けれど私にとって、里親さんとの立ち位置は同等で、聞く耳を持ってもらうために自分はどのように努力をすべきかを熟考しています。譲れない部分は譲りません。無理やり求めません。

 

 

笑顔の譲渡はそこから生まれています。

 

 

多大な努力をしなくても、たまに向こうから素敵なご縁がやってくることもあるでしょう。そういう経験は私にもあります。保護主としてラッキーですよね。

 

 

でも703号室は、(里親さんのプライバシーに配慮しながら)どの個体も「だれにでも見せられる透明感のある譲渡」をめざしています。同時に里親さん方には迷子脱走防止につとめてもらいたいです。大人同士が交わした約束なので、ぜひ守ってください。

 

 

内訳をお話しすると、この世界は雑にやってもまかり通るのです。

 

 

「多数のかわいそうな犬猫」が楯となり大義となり、いろんな部分にぼんやりとモザイクをかけてくれるから。しかし私はそうはしません。(だれかを非難しているのではないので誤解のないようお願いしますね!)

 

 

私は美しい譲渡がしたいのです。私にとっての譲渡はそもそも商売ではありませんが、犬猫は物とはちがって、売っておしまいというわけにはいきません。

 

 

先の先まで心配し、見据える能力が求められてきます。

 

 

それでも失敗はあるでしょう。私にも出戻ってきた卒業生たちがいます。しかしそこから必ず学び、次に活かし、生きて出戻ってきた子たちを再び楽園に送り出す気概でやっています。ここの部分は私、慎重かつ精神力が非常に強いです。

 

 

何度も書いているように、703号室は小さい。だけど命を懸けて取り組んでいます。私と出会った保護犬猫たちは自分の命を懸ける価値のある逸材ばかりです。

IMG_0021

 

 

 

「あ~ ハハ話が長いんですね……ぼく飽きました。耳栓ありますか?」

IMG_8866

 

 

 

「黒ちび2匹の卒業でぼく、追い越された感が2倍です。ぽっちゃりの成猫ではダメなんでしょうか? ぼくだってハハよりは小さいですよ?」

IMG_8802

 

 

 

ふふ。ポテチあなたにもひとつお話が来ているのです。

 

 

 

「え? ぼくに?」

IMG_8803

 

 

 

はい。そうです。

 

 

すべてはしょせん「ご縁」なのでまとまるかまとまらないかはわかりません。

 

 

だけど重要なのは、ポテチに目を留め私にコンタクトしてくださった方がいてくれること。希望者さんへの圧になるといけないのでこの辺までにしておきますが、私はたいへんありがたく感じました。

 

 

誠意をもってお話をしていきたいです。

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク