703号室忘年パーティ ポテチより

「みなさまこんばんは。家族募集中の保護猫ポテチです。ぼくがメインで出るのにアクセスが減ったらぼくのせいみたいでかなしいです。ぼくなりにがんばっていっしょうけんめいお話します。みなさまぼくに会いにきてくださいね。おねがいします」

IMG_8491

 

 

 

「この前ハハがちゅーるを手にぼくに耳打ちしたのです。ハハ、なんですか?」

IMG_8498

 

 

 

ポテチごめん。あのさあ、中掃除の最中だから掃除機をガンガンかけるし、実はお客が来るの。私のファミリーが。年に1度だけうちに集まるの。いい?

IMG_8493

 

 

 

「え? うるさい音と大勢の人……静かで照れ屋のぼくはゆううつです」

IMG_8496

 

 

 

「でも、年に1度だけですよね? ならお客さんを歓迎してあげてください」

IMG_8495

 

 

 

ありがとう。理解力あるなあポテチは。ちゅーる食べようね♪

IMG_8494

 

 

 

「ハハは黙々と中掃除。特に抜け毛に神経を使ったようです。気管支ぜんそく患者が2人(ハハの母と妹)。703号室で発作を起こされたら面倒だそうです」

IMG_8421

 

 

 

「こんなにスッキリ片づけるのは“お茶会”と年末のみ。ハハ、記念写真撮ってました」

IMG_8420

 

 

 

「ファミリーがハハんちに来るには理由があります。703号室のテーブルが異様に長く、お料理がたくさん並べられること(2m20cm)。一定の人数を招くスペースがあること。ハハの集めた多くの“食器”を有効活用できること」

IMG_8419

 

 

 

「みんな集まってはたらいてゴージャスな食卓に変身させました」

IMG_8431

 

 

 

「台湾の親戚に写真を送ると言い、娘たちとやたら写りたがるハハの母」

IMG_8438

 

 

 

「さぶくん入りの集合写真。ちなみに前年の忘年パーティは天国のべべちゃんの背中が写っていたらしい。リンク張りました。ほんとうにべべちゃんいるね」

IMG_8439

 

 

 

「ハハの妹が13秒の動画を作りました」

 

 

 

「おいしそうなものばかり。ぼくもブリのお刺身のおすそわけをもらったよ」

IMG_8435

 

 

 

「猫好きのマーさんと。それにしてもさぶくんのホスト力の高さはすごいなあ」

IMG_8445

 

 

 

「5時に開始したパーティは9時前にはおひらき。ぼくにようやく静寂が戻りました。ぼくはずっとひとりで外で生きてきたから騒がしいのはまだとくいではありません。けど、ぼくもぼくのペースでいろんなことに挑戦しています」

IMG_8475

 

 

 

知ってるよポテチ。ぜんぶ知ってる。ポテチありがとうね。

 

 

ポテチの勇気ややさしさや忍耐力の強さをこれから皆さまに徐々にお話ししていこう。ポテチはえらい。ポテチは最高! ポテチはポテチのままでいいの。

 

 

 

「うんっ」

IMG_8479

 

 

 

「※ 結局ハハの母は喘息の発作が出ていそいそと帰ったとさ」

 

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





ぼくの“好き”なもの ポテチより

「みなさまへ

 

ぼくは703号室保護猫のポテチ。皆さまにとっていい年でありますように、そしてぼくがぼくのほんとうのおうちに旅立てますように。ようやく、ぼくにスポットライトが当たりました。ぼく、いっしょうけんめいじぶんをアピールしていきます」

IMG_8492

 

 

 

「新年そうそうグチるのはあれですけど、聞いてくださいよ。この家は不公平です」

IMG_8504

 

 

 

「ぼくのいる保護部屋にレギュラーメンバーのさぶくんがときどき遊びにきます。ぼくはケージの1Fのふわふわクッションをさぶくんにゆずるのです」

IMG_8562

 

 

 

「争いごとがにがてのぼく。いたって平和主義者。だからこうして2Fからぼくのクッションに寝そべるさぶくんを“見下ろしてやる!” 程度の小さな抗議をしています」

IMG_8505

 

 

 

 

「あっ!!」

IMG_8516

 

 

 

「ちゅーるだ!! さぶくんずるい」

IMG_8513

 

 

 

「ねえねえお仕事中のチチさん見てくださいよ? 気づいてください」

IMG_8514

 

 

 

「ハハはさぶくんに甘すぎませんか? さぶくんが病み上がりなのはぼくも知っています。しかしそれにしても露骨にさぶくんだけにちゅーるを……」

IMG_8511

 

 

 

「さぶくんはちゅーるをペロペロ。ぼくは(食べた気を味わうために)空気をペロペロ……ぼくだってちゅーるが好きなんです。食べたい」

IMG_8515

 

 

 

そんじゃさあポテチ、降りておいで!

 

 

ちゅーるがほしいんでしょ?

 

 

ほしいなら、降りてきて。ポテチは遠慮がちすぎるよ。

 

 

 

「降りたらぼくにもくれるかなあ?」

 

 

 

ほらポテチ、ちゅーるだよ♪

IMG_8543

 

 

 

「こ、このなめらかさと濃厚な味は……」

IMG_8545

 

 

 

「まちがいない! ちゅーるだ!」

IMG_8558

 

 

 

おいしい?

IMG_8557

 

 

 

「はいっ!!」

IMG_8552

 

 

 

「とっても♥」

IMG_8551

 

 

 

「ちゅーるに夢中のぼくを連写するハハ」

IMG_8538

 

 

 

「どうしてだろ?」

IMG_8535

 

 

 

どうしてだと思う?

IMG_8531

 

 

 

「うーん……わからないですが」

IMG_8526

 

 

 

「ちゅーるはうんまいです」

IMG_8536

 

 

 

ポテチはちゅーる好きだよね。その姿の愛らしいこと!

 

 

ポテチの未来の家族になる方に見てもらいたくてパチパチ撮ってるの。

 

 

さぶに先にあげてごめんね。でも最初から2本用意していたよ。こういう顔をゆっくり堪能したかった。いろんな意味でポテチをさんざん待たせたね。

 

 

703号室のたいせつな保護猫ポテチ。いい方の目に留まるよう本気で取り組みます。もうポテチは薄味じゃないから、どんどん自分を出してね。

 

 

わがままもいたずらもいいの。ぜーーーんぶ出していいの。

 

 

「わかりました。ではさっそく」

IMG_8533

 

 

 

「食べ終わったらあと1本おかわりいいですか?」

IMG_8541

 

 

 

まんまる化するから、それはダメ(笑)。

 

 

保護猫ポテチの里親募集を開始します。応援よろしくお願いします。

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク