1 トロンに春が来た! 


大雪の中、ひとつ歳を取ってしまいました(苦笑)。ブログを連続更新中です。どうぞ遡って読んでくださいね。本日はみじゅ改め「トロン」の卒業記事!

 

 

すべては年末に参加した忘年会からはじまったのです。

 

 

(↑リンクをポチっと読んでください↑)忘年会の席で私を見つけるなり、愛猫ベンガルの「ハッピー」自慢をしてきた友だちの春ちゃん。古いつき合いです。

 

 

春ちゃんは現在、中野にあるもっつん本店もっつん2号店もっつん新井薬師店の3店舗のオーナー。奥さんのりんちゃんは同じく中野で「ブリス」というビューティサロンを経営。ふたりとも努力家。自らの力でがんばってきた根性のある夫婦です。

 

 

ハッピー自慢の延長で、春ちゃんは「譲渡会」へ行ってみたいと話しました。ハッピーに友だち猫を増やしたい。保護猫も検討している、と。私は譲渡会を開いていないので、「行ってみたら?」とすすめる程度でいったん話を終えたのです。

 

 

でも、春ちゃんは2匹目とハッピーの相性を慎重に考えていて、ハッピーの脅威となるような体の大きな猫さんではなく、できれば3~4か月の子猫を希望しているとのこと。オトナの猫も好きだから相性さえ合えば構わないとも言っていました。うーむ。この時期子猫少ないんだよなあ。でもハッピーが成猫を受け入れるかどうかは未知数。なら、やっぱ無難に子猫がいいなあ……。

 

 

譲渡会で開催者と折が合わなければ、春ちゃんはブリーダーに再び行く可能性もある。

 

 

それじゃヤダ。たとえ1匹でもいいから春ちゃんに「保護猫」を迎えてほしい。そうたくらんだ私は、春ちゃんに希望の毛色を聞いてみることに。

 

 

特に希望はないとしながらも、選べるなら茶トラか黒猫がいいと。

 

 

ほう。茶トラか黒猫ね。(メモメモ)

 

 

後日私はemi-goに電話。茶トラか黒猫の3か月くらいの保護猫がいないか聞いてみました。いたらもちろん、春ちゃんりんちゃん夫妻に紹介するつもりで。

 

 

数日後、emi-goから連絡が。

 

 

「田辺さん!! めっちゃくちゃかわいい黒猫の兄妹が保護されました」

 

 

保護したのはemi-goの病院の患者さん。その患者さんは自分で里親探しをするためにemi-goにいろいろ相談していた心ある方で、決してemi-goに丸投げをしようとしていたのではありません。私は保護経緯や保護した方のお人柄に好感をおぼえ、私でよければ預かる旨を間接的に申し入れました。

 

 

それがトロンと秀多(仮)です。(左:秀多 右:トロン)

IMG_8719

 

 

 

春ちゃんが興味を持ってくれるといいな。まあ仮にダメでも私が譲渡しよう。春ちゃんのキャパはあと1匹。だから兄妹は離れ離れになる。けど良縁を結べるなら「セット」に固執しなくてもいいや。

 

 

子猫たちが703号室に移動してくる直前に私は春ちゃんに電話をかけ、留守番電話にメッセージを入れたのです。「黒猫のおちびさんがいるんだけど、興味があったら折り返して」と。ついでに病院で撮った2匹の写真も数枚添付

IMG_8311

 

 

 

さあ、どうかな? 電話来るかな?

IMG_8312

 

 

 

翌日、キラキラの電話がかかってきました。覚えている方いますか?

 

 

春ちゃんは黒猫2匹に会いたいとのこと。さっそく年始の1月5日にアポを取り、うちにいたトロンと秀多を連れてemi-goの病院へ!

IMG_8709

 

 

 

春ちゃん夫妻は2匹と遊び、おやつをあげ、ワクチンや爪切りを見守り、中島先生の話を聞き悩みまくり。トロンと秀多のどちらにする? いっそ2匹とも迎えてしまう? それじゃハッピーが孤立しない? どっちを選ぶべきか……

IMG_8717

 

 

 

そりゃもう真剣そのもの。

IMG_8716

 

 

 

とりあえずいったん気持ちの整理も兼ね、私のポリシーをゆっくり伝えようと3人で近所のファミレスへ。春ちゃんりんちゃんごちそうさまでした。

 

 

脱走防止対策や誓約書8項目の内容を含め、ふたりが納得してくれるか。

 

 

結果、ふたりとも清々しい快諾。さっそく脱走防止対策に取り掛かるとのこと。

 

 

問題はトロンにするか、秀多にするか、あるいは2匹いってしまうか!

 

 

一同は再度病院へ戻り、トロンと秀多の顔を見て考えることに

IMG_8752

 

 

 

「りんちゃんがわたちをだっこしてくれたの」

IMG_8747

 

 

 

むろん、秀多も抱っこしてもらいました(笑)。

 

 

春ちゃんがひと言。

 

 

「女の子のほうがりんに(顔が)似てるから女の子にする?」

IMG_8736

 

 

 

「女の子はさっきからずっと私と目が合ってる」とりんちゃん。

IMG_8735

 

 

 

熟考したいとのことで、次の日に回答をもらうことに。でこの記事に繋がります。

 

 

ちびたち、お疲れさま。ふたりとも立派だったよ♪

IMG_8701

 

 

 

1日経って結論を聞くと、「女の子に決めました」ときっぱり!

IMG_8483

 

 

 

「え? わたち?」

IMG_8455

 

 

 

そうだよ。

IMG_0004

 

 

 

あなたトロンって名になるんだって

IMG_0035

 

 

 

おめでとうトロン♪

IMG_0026

 

 

 

いっしょに育った秀多とは離れるんだけど、ハッピー兄がいるおうちに行くの。

IMG_0008

 

 

 

だからひとりじゃないんだよ。

IMG_0025

 

 

 

トロンは遊び好きで

IMG_0016

 

 

 

好奇心旺盛の

IMG_0011

 

 

 

おてんばだけど

IMG_0014

 

 

 

おトイレもちゃんとできるし、賢い子だよね^^

IMG_0013

 

 

 

秀多は私が必ず幸せにするから、安心して新しいおうちをエンジョイしてね。

 

 

春ちゃん、りんちゃん、このたびはありがとうございました。

IMG_8754

 

 

 

春ちゃんに「保護猫」を譲渡した喜びは2つあります。

 

 

一つ目はこの記事に全部書きました↓↓↓

 

「トロンの譲渡を昔の自分に見せてやりたい/幸せの703号室」

 

 

二つ目は春ちゃんの無意識の宣伝に期待してのこと。春ちゃんりんちゃんの人脈は半端じゃありません。春ちゃんは絶えずハッピー自慢をあちこちで繰り広げています。だからトロンのこともいずれ自慢するでしょう。トロンは保護猫です。春ちゃんに憧れる人や、春ちゃんの周囲の猫好きが「保護猫」に目を向けてくれる可能性は非常に高い。これこそが私のいやらしい計算です(笑)。

 

 

1月10日に巣立ったトロンはすでにハッピー兄とベタベタの仲よしになっています。本日私のフェイスブックに「誕生日おめでとうございます」のメッセージとともに、ハッピーに毛づくろいをするトロンの動画が送られてきました。

 

 

次回、春ちゃん家に皆さまをご招待いたします。

 

 

つづく

 

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*