人間のほんとうの家族と


皆さまこんにちは。ブログを連続更新中です。トロンのお嫁入り記事はお読みになりましたか? もしまだでしたら遡って読んでくださいね。

 

 

ツイッターで思いっきり吠えたのですが、私には現在深刻な悩みがあります。

 

 

それをブログに書くと、とめどなく悲しくなるので、今日は楽しかった日をお送りします。今後もツイッターで吠えてしまうかもしれませんが、あきらめずに努力中です。ご理解くだされば幸いです。

 

 

まあとりあえず百香だけでも保護できてよかった。百香ありがとう。

 

 

保護譲渡活動にはいろんな「ドキドキ」がやってきます。

 

 

私をもっともドキドキさせているのは、このお方↓

IMG_8808

 

 

 

ちゅーるボーイこと、保護猫ポテチ

IMG_8816

 

 

 

ポテチは私よりもチチが好き。理由は単純。チチの仕事部屋が猫の保護部屋を兼ねているため。つまりポテチはチチといる時間が長いんですよね。

IMG_8819

 

 

 

シャイなポテチでもチチにはすり寄ります。ベタベタな感じ。しかし相手が私だと一拍置き慎重な姿勢で試してくるのです。そりゃそうでしょう。私の居場所はリビングがメイン。忙しいときは、ポテチのトイレ掃除や掃除機などをかけに保護部屋に入るだけの日もありました。ポテチにしてみれば「爆音(ダイソン)を轟かす人間」、あるいは「トイレ掃除のおばさん」のポジション。

 

 

このままじゃいかんと、チチにポテチのごはんをあげる量と回数を減らしてもらい、私が夕飯とおやつちゅーるをあげにポテチを訪問しています。だからうっすらですが私に対してもポテチは好感を持ってくれるようになりました。

 

 

完全にちゅーるのおかげだね。ふふ♪

IMG_8817

 

 

 

「ハハ~ ごちそうさまでした。ぼくのこと少し撫でてもいいですよ?」

IMG_8828

 

 

 

そのポテチが週末お茶会を開くのです。ポテチはチチと私以外の人に接する機会がほぼありませんでした。猫カフェの人慣れした猫たちとはわけがちがいます。

 

 

どうかどうか、ポテチが誤解されませんように。

 

 

結果はどうであれ、にっこりのお茶会になりますように。

 

 

 

お茶、といえば「飲茶」。少し無理やり話題を繋げてみました(笑)。

 

 

先日、母の誕生日を祝う会として、娘2人で母分を割り勘し、ひさびさに3人でお出かけしたのです。誕生日は私のほうが近かったんですけど、甘えん坊の母ですので、仕方ない。

 

 

秘書職の妹はリサーチが得意。用事がなければ地元をあまり出ない私とはちがいます。妹は母のために「飲茶」ができるお店を予約

IMG_8982

 

 

 

ホテルのロビーにて

IMG_8983

 

 

 

私は家族がプレゼントしてくれた一張羅、母は私がプレゼントしたストールを!

IMG_8984

 

 

 

妹の交渉のおかげでスペシャルな個室に案内され一同大興奮

IMG_8974

 

 

 

お店の方が親切にも家族写真をパチパチ撮ってくれました。

IMG_8975

 

 

 

私たちはずっと3人で生きてきたんです。ほんとうの家族と呼べるのはこの3人だけかも

IMG_8978

 

 

 

ね? いいお部屋のいい席でしょ?

IMG_8986

 

 

 

母も私も大満足

IMG_8985

 

 

 

お料理が来る前に、妹が母と私をピンで撮ってくれました。

IMG_8973

 

 

 

ポーズをキメて!

IMG_8972

 

 

 

お店全体が「東洋美」の雰囲気で、特に気に入ったのは壁にいたこのお三方

IMG_9001

 

 

 

オシャレだなあ。東洋も西洋もそれぞれのよさがありますね。

 

 

さあ、飲茶のはじまりです。点心が運ばれてきました。

IMG_8988

 

 

 

つづいて三段の点心やデザートが。香港のお店だからか? こういうところはほんのりイギリスのアフターヌーンティー的ですね。おいしかった♪

IMG_8990

 

 

 

お店からのサービスはマンゴーを使ったデザート

IMG_8993

 

 

 

そしてそして! このような心配りまで……

IMG_8994

 

 

 

プレートを手に記念写真

IMG_8999

 

 

 

間に街ブラも挟みましたが、女3人の財布の紐はめちゃくちゃ固く、セール品に心を奪われながらもだれもなにも買いませんでした。目の保養にはなったけどね!

 

 

ママ、迷いながらも最終的に出産を選択し、私を産んでくれて謝謝。私を産んでくれたのもありがたいけれど、妹を産んでくれたのはもっとうれしかった。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*