進む者と留まる者

2008年12月14日(日曜日)

この日、私の一歩先を歩くチチは、いつになく不機嫌で、何か話しかけようものなら、理不尽なほどきつい応対が返って来ました。

「ちょっと待って!歩くの速いよ!」
「うるせぇ。知らねえよ。」
「土手から出す時、怖がるかな?」
「知らねぇ。そんなの。」

話しかけるのが嫌になって、怒っている背中を撮りました。


スタスタスタスタ…


私に怒りをぶつけるのは、筋違いです。
私だって苦しい。

残酷な決断を出し、歩き始めたこの瞬間も頭の中で葛藤を繰り広げ、気が重いのです。決めるまで、何度も何度も狂おしいほど考え、何度も何度も立ち止まってはため息をつきました。だからせめて、他愛もない話をしながら、夫婦で土手へ向かいたかったのです。

土手に残っていた犬、タロウ改めゆずを保護したのは夏でした。その頃から、コロンとゴクドウについて、考え続けて来ました。コロンとゴクドウは、タロウ (ゆず)やリルの叔父にあたる犬で、うちのナナや卒業犬リュウの兄弟です。最後に残ったこの犬達は、生まれてから6年間以上、一度も離れた事がありませ ん。他の土手犬がそれぞれ別々のホームレスに引き取られても、この二頭だけは、いつも一緒。セットでした。


一緒に生れ、一緒に育ち、殴られる時も、餓える時も、台風の季節も、寒い夜も、肩を寄せ合って乗り越えて来ました。土手の中でも、一番苦労して来たこの二頭は、お互いの存在によって励まされ、日一日、何とか生き延びて来た気がします。

「コロンはやる。チビ(ゴクドウ)はダメだ。チビはここに置いとく。」

夏頃から、二頭を飼っているホームレスと交渉を重ねた結果、私が得たのはこういう答えでした。
チチにはとっくに話してあります。だからチチも、分かっているはず。散々悩んでいた私にも、気がついていたはずなのです。コロンだけを引き渡してくれるな ら、いっそのこと、二頭とも土手に残そうか、そんな風に考えた事もありました。けれど、救える時に救ってしまわなければなりません。

コロンもゴクドウもまだ若い。

苦労の数は半端なものではないけれど、まだたったの6歳です。
健康なら、これから10年生きるかもしれない。
だからこそ、残りの長い時間を土手で終えるのが、不憫でなりません。
今回、ホームレスが手放すと言ったのはコロンだけ。
でも先々、ゴクドウの事だって手放すと言い出すかもしれないし、そうなれば、その時にゴクドウを土手から出してやれるから、だからここは心を鬼にして、コロンを迎えに行こうと決めたのです。

チチだって、そうすることが一番だし、それしか方法がない事を知っています。私と同じ位、知っています。けれど、土手で独りぼっちになってしまうゴクドウ を思うと、心がキリキリ痛むのでしょう。だから、こういう日に、こういう態度を取るのです。私の方は、戸惑わないわけではありませんが、気持ちが分かるだ けに、いつものようにやり返せません。返す元気もないと言った方が正確な気がします。

リルも連れて行ったのは、コロンを安心させるためでしたが、リルもいつもと違うチチに戸惑っているようでした。でもご安心を。チチはリルにはとっても優しいので(笑)。

ゴクドウ。


ごめんね。


今はそれしか言えません。


コロンが好きだから、コロンを連れて行くわけではないよ。コロンもゴクドウも好きだけど、コロンしか連れて行けないの。どう言えば、お前に伝わるのか、うまい言葉が見つからないけど、これだけは信じて欲しい。

お前の事、見捨てたりしないよ。

そしてコロン、

いらっしゃい。


ずっとこういう日を待ち望んでいたんだよ。
これからは、どうか犬らしく生きて欲しい。
いい家族に出会って、甘えるのが当たり前だと知って欲しい。
人はそんなに悪い生き物ではないってことを、私の全てに懸けてコロンに伝えるよ。

どうぞよろしくね。

小さかった頃のコロンとゴクドウ。


この頃は、全ての物を信じ、受け入れ、キラキラと生きていました。
写真に写っている他の子(タカコ・アオヤマ)は、もうこの世には居ません。
苦境に勝てず、朽ち果ててしまったからです。

だからこそ、生き残って私の元へやってきたコロンを幸せにしなくてはいけませんね。


頑張るぞ!

★★★おまけ★★★

コロンがやって来て10日以上経ちますが、不思議なほどいい子です。
それは追々、動画も交えながら伝えていきますね。
コロンの事、まだ良く分からないと思うので、過去についてももう少し詳しく書く予定です。そして近日中に家族探しをしますので、ご希望がありましたら、お 知らせください。ご家族探しの際に、皆様にリンク等をお願いするかもしれませんが、元土手犬コロンを応援して頂ければ本望です。どうぞよろしくお願いしま す!

それから、保護当日、機嫌が悪かったチチですが、23日(イブイブの日)は私をデートに連れて行ってくれましたよ(笑)。夜景を楽しんでから、六本木でご 飯を食べ、マッサージまでごちそうしてくれました!ゾウさん貯金箱でお金を貯め、デート代に充ててました。嬉しかったです!チチ、ありがとう♪

今宵は、家族皆でパーティを!


チチがとんでもないほど高いお水を買って来ました(謎)


トナカイレディ♪


はなママさんからおやつを頂きました!ありがとうございます!ペコリ。


他にも色々クリスマスプレゼントを頂きました♪ありがとうございます!

「本日二度目の更新ですね。クリスマスは家族で楽しく過ごしました。
皆様にとっても良いクリスマスとなりますように…

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんのの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

かつくん なな
 

スポンサーリンク





5お見合い&お届け(不定期更新です)

遅くなってごめんなさい。マリアの家族募集をしていたので、この手の更新を控えていました(笑)。
すっかり長くなりましたが、今日で終わります。

今までの分は、

捕獲方法1

捕獲後の保護期間

里親探し(写真の撮り方のコツ)

里親探し(文章の書き方)

里親様とのやり取り

今日は、保護犬猫のお見合い&お届けについてです。
やり取りを続けて、希望者さんとのお見合いをセッティングします。お見合いといっても、男女のお見合いのようなかしこまった席ではなく(笑)、保護犬猫を 希望者さんに会わせ、双方で意思の確認を行うのです。お見合いをしたからと言って、絶対にお渡ししなければならない訳ではありません。又、相手の方から 「やっぱりやめます」と断られるかもしれません。なので、遠慮せずに、聞きたいこと、お願いしたいことを希望者さんにぶつけてみましょう。その際は、あく までも、丁寧な対応がいいと思います^^ 私の場合、既に数度メールのやり取りを済ませ、アンケートも頂いているので、その辺の事を再度確認し、自分がお 願いしたい事を述べるようにしています。相手の方がお見合いに慣れていない場合もありますので、主導権を握って、相手の方にリラックスしてもらう方がお話 が円滑に進むかもしれませんね。

「完全室内飼育でお願いしていますが、必ずお守り頂けそうですか?」
「里親詐欺防止の為、お届けの際は、誓約書をお願いしていますが、よろしいでしょうか?」

等、こちらの希望を話し、犬猫の性格・体調について知る限りの情報を伝えます。私はその際、医療ケアの証明書や明細なども開示しています。そして、具体的 なアドバイスを付け加え、その場で飼う、飼わない、と決めず、もう一度じっくり考え、家族で話し合ってもらうようお願いします。他の希望者さんを待たせて いる場合は、その旨も話し、お見合いが終わった日の夜までに、保護犬猫を希望するかどうか、お返事頂く事にしています。又、実際会ってみて、こちらがお願 いする飼い方ができなそう相手でしたら、話を進めません。

それから、保護犬猫にかかった医療費についてですが、私の場合、里親希望者さんに一部ご負担頂く事もあります。でも、お金が絡むと人間関係が難しくなるの で、誠意を持ってお話しましょう。個体差はありますが、犬猫を保護すると大体1万~5万程度の医療費がかかります。検便・駆虫・血液検査・ワクチン・不妊 手術… これらのお金をどちらが持つか、この時点に至るまでお話していないのであれば、ここでお話しましょう。
全額貰う方もいるし、私のように一部のご負担をお願いする方もいるし、貰わない方もいます。貰いすぎは確かに良くないけど、今後も保護活動を続けていきた い場合には、ワクチン代や不妊手術代など、一部頂いてもいいと思います。ちなみに私は、交通費やその他のお金を頂く事はありませんが、交通費をご負担頂く 方もいます。双方で良く話し合い、出来るなら明細をお見せしたり、お渡しすることをお勧めします。

私は数年前まで、幾らかかっても全額自分が負担していました。里親さんが「出します。」と言ってくださっても、全て断っていました。けれど、頭数が多くな り、正直生活がまわらなくなってしまったので、今は素直に一部負担をお願いするようになりました。偉そうに聞こえるかもしれませんが、次の子を救いたいか らです。けれど、貰い過ぎは良くないですよね。私の里親さんは、私の保護犬とご縁が決まる前、他のボランティアが載せていた「子犬」に希望メールを出したそうです。そしたら、「医療費として10万円頂きます」と返ってきたそうです。10万の内訳を聞いたら「ワクチン1回分のお金です」って(笑)。あり得ないですよね…
ワクチン一本と手数料と称して、10万貰うのは、もはや生体売買ですよ…
そういう輩は、ボランティア不信を招くので、是非やめて頂きたいと思います。
お金の話が続きましたが、信頼し合うことは、とても大切なので、良く話し合いましょうね!

あ、お見合いお見合いって、場所について書かなかったんですが、場所は基本的に「自分の自宅」か「希望者さんの自宅」で行うようにします。犬などは外へ連 れて行けるので、大きな公園やドックカフェでもいいと思いますが、猫を外で会わすのは危険なので、絶対にやめましょう。逃げだしたら、せっかく保護した命 を危険に晒しますから… 私は来てもらう方が多いのですが、自分から希望者さんのお宅へ行く事もあります。マリアの場合、希望者さんのお宅で行いました。 けれど、その日は一旦連れて帰りました。もう一度飼うかどうか、考えて欲しかったからです。お見合い後そのまま犬猫を置いてくる方も居ますが、その場合 は、慎重にお願いした方がいいと思います。そして二度手間ですが、出来るようであれば「お見合い」と「お届け」は別の日にした方が無難かもしれません。

後、良く耳にするのが「トライアル」。
これ、ある一定期間のお試し飼育という意味です。希望者さんのお宅に先住犬猫が居る場合、自分の保護犬猫との相性が今後の生活に関わってきます。だからト ライアルを設けているボランティアが圧倒的に多いです。トライアルの期間は通常2週間~1ヶ月程度。その間に先住犬猫と相性が合わない場合や、何かの事情 で飼えなくなった場合、犬猫を返してもらうのです。こちら側のメリットとしては、トライアル期間中、相手方が犬を放し飼いにしていた、あるいはおかしな飼 い方をしていたら、いつでも返してもらえること。トライアルには賛成です。けれど、私自身は、トライアルをなるべくせずに済む方に犬猫を渡す傾向にありま す。誓約書があるので、相手方が犬を放し飼いにしているのが分かった場合、トライアルの有無に関わらず、私は犬を連れ戻します。
トライアルを設けた方がいいかどうかは、個人の選択ですが、保護活動に慣れるまでは、設けた方がいいかもしれません。ただ、トライアルを簡単に考え過ぎる希望者さんがいるのも事実です。

「色々な子とトライアルしてみたい!」
という方も居ますので、ご注意を。
犬猫はお試し商品ではありません。一旦環境が変わると莫大なストレスを感じる生き物です。特に猫。双方が真剣な思いの下、成立したトライアルならいいので すが、嫌になればいつでも返せる!と勘違いされている部分もあるので、その辺の意思確認を良く行ってから決めるようにした方がいいと思います。

お見合いでご縁がまとまったら、次はお届けになります。
相手の事を良く知っている場合でも、お届けはこちらから、必ずご自宅まで伺うようにします。
「引き取りに行きますよ」と言ってくださる場合でも、こちらから届けるのです。相手がどんなに素晴らしい方であってもです。これは、ある種の決まりだと 思って行ってください。どんなに遠くても、お届けします。うちの卒業生で一番遠いのが、静岡、次は茨城。勿論、こちらからお届けしました。保護犬猫を大事 に思えば、どんなお宅で過ごすのか気になりますよね?その関心が、彼らを守る糧となります。その際は、生活感があり、矛盾がないかどうか、きちんと見ま しょう。

例えば、お見合いは公園で行った。その後お届けに至ったが、相手のお宅は一軒家だと聞いていたのに、案内されたのが、犬猫不可の団地だった。これ、話が違 いますよね?そういう場合は躊躇なく、犬猫を連れて帰りましょう。まあ、いい方が多いので、こういう例は極論ですが、ないとは限りません。実際今も猫の皮 で三味線を作られているし(犬も)、製薬会社では、実験用に繁殖されたビーグル犬以外の犬にも動物実験を行っているし、アンダーグラウンドで犬猫の需要が あるのは事実です。そこをちゃんと把握しての「お届け」です。

又、相手の方が「今急な来客が来てしまったので、犬猫は家の近くで受け取ります。」と言った場合は、「ではお客様が帰った頃もう一度伺います。」と言って犬猫を連れて帰りましょう。怪しいようなら破談です。
家の近くまで行って、上がらずに帰るのは、「お届け」とは言いません。お届けはサービスではなく、家に上がって飼育環境を確認する大事な作業です。疑うだ けの理由でもありません。保護犬猫がどのような楽しい生活になるのか、想像しやすくなるし、具体的なアドバイスも出来るし!

「ここにゲージを設置した方がいいですね!」
「階段が苦手なようなので、柵を一つ設けた方がいいかも知れません。」

しつこくない程度に、相手の方に少しアドバイスできたら、里親さんと犬猫にとっても良い結果になると思うんです。その為のお届けでもありますから、是非、自宅の中へ入るようにしましょうね!

最後になりますが、誓約書。
書き方は自由ですが、宗教・政治・勧誘・金銭トラブル等に巻き込まれる事を恐れる方もいます。あくまでも犬猫の事だけを明記しましょう(当たり前か^^;)
細かい部分は省きますが、私の場合、まず譲渡対象の犬猫の情報を細かく載せます。種別、仮名、年齢、性別、特徴、不妊の有無等を書き、その後8項目に渡ってお願いしています。

(犬)
①昼夜、天気を問わず、散歩の時間以外、完全室内飼育
②終生飼育
③病気、怪我の予防・治療 不妊手術
④経過の連絡
⑤脱走・盗難・迷子防止
⑥食べ物の注意 誤飲・感電の注意
⑦空調について
⑧災害時について

(猫)
①24時間、通院時以外は、いかなる場合も完全室内飼育(ベランダ・庭不可)
②終生飼育
③病気、怪我の予防・治療
④経過の連絡
⑤不妊手術
⑥誤飲・感電の注意
⑦空調について
⑧災害時について

これらの8項目を更に細かく説明したのが、実際使っている誓約書に載っています。結構細かいと言われますが、これは私にとっての最低限です。もっと細かい 方も居るんじゃないかな?(笑)。必要な方はお送りしますので、言ってくださいね。誓約書は二部用意し、一部は相手に、もう一部は自分が保管しましょう。 その際に身分証の確認をする場合は、必ず自分の身分証明を先に出しましょう。私達はボランティアであって、警察官ではありません。いくら素敵な里親さんで も、常に疑いの眼差しを受け、あれもこれも提示せよと命じられたら腹が立って当然です。やんわりした口調で、必要性を理路整然と話す事が大事です。言いに くいことや聞きづらい事があった場合には「ボランティアの先輩から、確認した方がいいとアドバイスを頂いたので…」と言ってもいいかもしれません。

これらが全て滞りなく終わったら、いよいよ犬猫を置いて帰ります。
淋しいのと、嬉しいのと、心の中はメチャクチャですが(笑)必ずこれで良かったと思える時が来ます。そして、保護主として、その子の成長を見守る事を誇り に思う時がすぐにやってくると信じています。私は必ず、その子が使っていた物や、気にいっていた物を婿入り道具として持って行くようにしています。プレゼ ントを買って渡すこともあるし、逆に頂いてしまう事もあります。高価な物は必要ありませんが、一つでもそういう品物があると、里親さんも、保護犬猫も嬉し いし、場も和みますよね!余裕があったら是非、少しだけでも^^

以上です。
このシリーズ、全部読んでくださった方が居たとしたら、もう感謝感謝です。
長きに渡ってダラダラと書いてしまい、本当にすみません^^;
あくまでも私個人のやり方で、他の方と抵触するかもしれませんが、何かの参考になれば幸いです!

そして、メリークリスマス!


我が家は今日、パーティです!

「皆さまメリクリ。今日の内容はクリスマスを思いっきり無視したものですが、ご勘弁を。次回はいよいよ写真に載っているニューフェイスの紹介をせねば、とハハは思っているそうです。だってもう保護して10日経つからね… 焦っているのか、いないのか。

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんのの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

かつくん なな

 

スポンサーリンク





温かい家を得て2

新しい犬の紹介も、不定期更新の締めくくりもまだ終わっていないのに、「今年」が物凄いスピードで私を追うので、かなり焦りを感じています^^;どうしよう… 今年中にやりたい事、UPしたい事が沢山あるのに、このままじゃ、間に合いそうにありません…

「今年」があと一か月あればいいのになぁ…

ってことで、今日はババ(母)のお店のクリスマスパーティだったので、疲れてしまい、更新を断念しようとしたんですが、やっぱり書こうと思い直しました。叔父とも喧嘩になったので、本当はこのまま熱いお風呂に入ってさっさと寝ちゃいたいんですが^^;

でも、マリアが幸せになった様子を皆様に早くお届けしたいし!

あ、マリアは多分の名前が変わりますが、里親さんがまだ迷っているようなので、今日はマリアでいきまーす!新しいお名前が決まったらお知らせしますね!

「あたちは秋に生まれたから、それらしい名前になるかもね。」


そうね!マリは可愛いから、どんなお名前でもきっと似合うよね!


あまたんに甘えるように、先住猫ハナちゃんとも仲良くなってね!


少しずつでいいから!

そうそう。

マリアは昨日卒業したばかりですが、実は夜にはプリンセス天功技を披露したそうです。メールを見て焦りました。違う場所から、ドアを開けて勝手にリビング に入ったそうです… かつくんに似てます。でも、かつくんでもいきなりそこまではやらなかったよ(涙)。マリアー、ちょっと気をつけてよね^^; お転婆 もほどほどにしてー!

お届けはチチと一緒に行ったんです!
我が家のレンタルケージを組み立てて貰う為に、つき合わせました(笑)。

マリアはキャリーの中でおとなしく見ていました。


頑張って組み立て中!


一段目完成!(これが結構大変でした^^;)


二段目も完成!!早速マリを入れてみましたよ^^


マリのご家族は、30代のご夫婦。

奥様は穏やかで知的で、美人です(笑)。家族募集中のマリアの写真を見て

「いたずらっ子のような目が我が家のハナに似ている。」

と申し込んでくれました♪ ハナちゃんとマリアは、靴下柄もそっくりでしたよ~♪

超がつくほど人懐っこいハナちゃん(7歳・女の子)


靴下模様が可愛いでしょ?


マリアに驚き、目をまん丸にして逃げていましたが、時間をかければきっと仲良くなれると信じています。それに、ママさんは、ちょっとしたことで動じるような感じでもないし、猫が大好きで、猫について詳しいので、安心してお任せすることが出来ます!

ただ、マリアが想像を超えるような動きをするもんだから(汗)、その辺だけは心配なんですよね^^; 怖がりのくせに好奇心が旺盛だし、構って欲しいのか そうじゃないのか、よく分からない… 小悪魔タイプの子猫なので、もしかすると少し手がかかるかもしれません。でも、いいご家族に巡り会えたんだから、 きっとうまくいくと思っています!

ね、マリア


そうよね!


はじめて会った時、外でブルブル震えていたマリア。
温かいお家を得て、本当に良かった!
おめでとう!

次回は不定期更新の「お見合い」&「お届け」についてです!
それが終わったら、うちの王子の紹介をします!

居るんだか、居ないんだか、分からなくなるほどいい子です(笑)。
本当、こんなにいい子でいいの?ってほどですよ…

あり得ない…

「Ⅹ116マリア、卒業おめでとう。名前が正式に決まったらお知らせします!ハナちゃんと少しでも仲良くなれるよう、皆で祈っているよ。

それから、頭がいいのは良く分かったから、予想を超える行動は、そこそこにお願いね…

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんのの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

かつくん なな

スポンサーリンク





温かい家を得て1

昨日は、兼ねてよりお誘いしていた方々との忘年会が実現しました。本当は夏あたりから「近々飲みに行こうね」と言い合っていたんですが、皆忙しく、忘年会になってしまいました。参加者は、皆さまご存じ、ももママちゃん華ママちゃん満月さん&私です。私、慣れない幹事なんてやったもんだから、今日は雨になるんじゃないかと思ってました^^; 時間がたつのが早くてビックリ!話が尽きることは、なかったです!

ああ、ストレス発散!(笑)
楽しかった~♪

今日は今日で夜、幼馴染のさっちゃんが泊まりに来てくれるので、軽ーくお掃除しました!まあ、犬猫だらけの我が家に来たい来たい!って言ってくれるから、 気も使わないし、掃除なんてしなくても良かったんですがね^^ 具合が悪いと、さっちゃんはうちで料理まで作ってくれるし、一緒にお風呂に入って、夜は一 緒に寝るから(笑)、姉妹のような存在なのです!何時ころ来るのかな~♪ 楽しみです^^

さて、本題ですが、マリアが本日、卒業しました!

早いでしょ?(笑)。今年のうちに新しいお家へ送り出そうと思っていたんです。でも、手抜きはしていないので皆さまご安心を!素敵なお宅へ旅立ちました!
その様子は明日ご報告しますね!

マリアは、2キロ近くある大きめな子猫ですが、お問い合わせ数21件。

嘘でしょ?って位大人気でした。
だからやり取りしているだけで、1日過ぎてしまうんです…
新しい犬も来たし、マリアのお問い合わせも凄いしで、最近、バタバタしちゃってたんです^^;

今回ご縁に至らなかった方々は素敵な方ばかりですので、是非違う不遇な猫に目を向けてくださることを祈ります。本当にありがとうございました!!

今日は、撮りだめしていたマリアの可愛い写真をお送りしまーす!

アップ


お澄まし?


おねむ


抱っこ


いたずら中


たっち(いいでしょ、この一枚!)


ふたりで一つ(笑)


ほほにグルーミングしてもらって、気持ち良さそうにしてます^^


ほほとは本当に仲良しでした^^


ね、ほほ!


あまたんは猫に興味がない子ですが、甘え上手のマリアは特別♪


ずっと寄り添っていたんですよ。


可愛くて可愛くて食べちゃおうかと思いましたよ。


大掃除前の部屋(^^;)にて猫会談?


(ほほがどうして高い場所にのぼれたのか、我が家の謎なんです^^;)

二度目のエイズ検査(一度目も二度目も陰性です)

それにしても、マリアは表情豊かですね…

まだまだ可愛い写真が沢山あるんですが、想像を超えるスピードで卒業してしまったので、残りは明日少し紹介しますね~♪ マリア、先住猫ちゃんと早く仲良しになってね!

人間に対してちょっとビビリなマリアですが、きっと新しいお家に慣れて、のびのびと暮してくれると信じています!マリアの卒業は、次回に続きます~♪

「マリア、おめでとう!良かったね。早くお家に慣れてね!

不定期更新でお送りしている“家族探し”ですが、マリアの卒業記事が終わったらUPします。皆さまも良い週末を~!!って、もうすぐ週末終わっちゃうけど…

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんのの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

かつくん なな
 

スポンサーリンク





マリアパニック

昨日は自分の通院の日でした。

本当は12月4日の予定だったんですが、ユキが亡くなってしまった日だったので、キャンセルしました。毎度言っていますが、通院の度に諭吉が飛ぶ(涙)。
それに、毎月検査じゃ、精神的に参ります(笑)。
しかも近所じゃないから、電車で行くか車で行くか迷ってしまいます。
今回は、森絵都さんの「カラフル」をバックに入れ、電車でのんびり行く事にしました。
高速で行くので車の方が断然早いけど、たまにはフラフラと電車に揺られるのも悪くないですよね!

癌研有明病院には、素敵なテラスがあるので、アイスレモンティを注文し、そこで暫く読書を愉しんでいました。お天気も良かったし、何だか一人の時間を満喫 しちゃいましたよ。家に居ても、全然休めないので(笑)こういう時間は大切なんだと実感。通院じゃなければもっといいけど。

検査検査検査…
私は細胞の核まで病気に侵されている身なので、死ぬまで多分、検査の連続でしょうが(笑)、低血圧なので、大量に血を抜かれると、惜しい気がします。それ に昨日は、これから自分が辿るであろう道筋を主治医から聞かされ、色々と考えなくてはならない日となりました。でも、誰だって先の事は分からないし、一寸 先は闇だとしても、今光に包まれているなら、それはそれで良しとしなければ、勿体ないと思うのです。今を生きる事が一番重要ですものね!
べべ達のお陰でそう思うようになりました^^ エへ♪

あ、でもご心配なく!
昨日の検査結果は、悪いものではなかったです!

近所のスーパーで夕飯の材料を揃え、家に着くとゴングが鳴ります。
まず、新しく来た犬をケージから解放し、べべナナリリ、ほほ、あまたんを撫で、おやつタイム。

掃除・洗濯・夕飯の準備・メールチェック…

でもその前に、洗面室に入れているマリアの様子を見なくては…

え?

マリが居ない…
ええ?
マリア?

2畳強の洗面室の何処にも居ない…
洗濯機の中にでも入ったか?
慌てて、稼働させたばかりの洗濯機を止めました。

「居ない…」

頭の中はパニック状態。
でも、ここで大声を出すと、猫はますます隠れてしまうので、何とか平静を装って探しました。

探しても探しても見つからない…
マリアはどこ?

どうしよう、マリアが消えちゃった!!

「まさかね…」

と、

①の引き出しを開けたら、この中に居ました。

 

「WHY…?」

「HOW…?」

思わず得意な英語で話しかけちゃいましたよ(汗)。
何の為に、どうやって入ったんでしょうね。
もしかすると私かチチが引き出しを閉め忘れて出かけたのが原因かもしれない、そう思って今度はきちんと引き出しを閉め、洗面室を離れてみました

ら、

又やってるし(苦笑)…


引き出しとパイプ部分は、中で繋がっているから、入ったら色々自由に探検できるんだろうけど、危なすぎるから、マリちゃんやめて!(願)


だって触って欲しくないものが沢山入ってるんだよ!


ささ、マリちゃん、お引越ししましょう!


って事で、マリアは寝室へ移動させました。勿論、危険物は全て除去済みです。
マリアを見ていると、かつの小さい頃にそっくり。どうやってこんな場所に入ったの?と聞きたくなるほど頭が良く、探究心が強いんですよね。他の保護猫達はやらなかったのに…  あ、人見知りする所も似てます^^;

かつくんは、ベランダへ出ようとしたり、ドアノブを器用に開けたりする子だったので、心配でいつも気を付けていました。だからマリアの事もしっかり見張らないと^^; マリアの身に降りかかる危険を排除し、安全な環境を与えるのが、彼女への一番の愛情だと信じているから。

それにしても、おったまげました!
入った後、自分で閉めちゃってるから、全然見つけられなかったです。

プリンセス天功のような、すごい子猫だ(笑)。


プリンセスマリ功、あまたんにスリスリ中


飽きずによく^^;


ほほにもご挨拶。


ほほの周りをウロウロ。


「ほほくん、あたちのこと、ちゃんと見ててね」

 

驚いた顔は、なんかのキャラクターみたいでしょ^^

 

★★★おまけ★★★

高級ビールタワー♪


チチ、大喜びです。ひよこ豆さんわらびさん、貧しい我が家の為に、こんなに大量にありがとうございました。ペコリ。本当に嬉しいです!チチ、いつも雑酒だから^^;

「マリア、ぼくの小さな頃にそっくりだね。ぼくのほうがもっともっと愛想がなかったけど。でもそういう子が慣れると、考えられない位甘えん坊に変身しちゃうんだよね。ぼくもいつの間にか、超がつく甘えん坊猫になってたよね!

それにしたって、器用だね…
ほほやあまたには、絶対に考えつかない技だよね。

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんのの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

かつくん なな

スポンサーリンク