2、保護期間(不定期更新です)


不定期更新でお送りしているこれらの記事は、あくまでも私個人のやり方で、個人の考え方です。 私のやり方と違うからと言って、それは必ずしも間違いではありません。又私と同じやり方でなければ「里親」が見つからない訳でもありません。その点をご理 解頂き、さらっと読んで頂ければ幸いです。

この前の続きです。今日は、保護したい犬猫に出会って、無事に保護出来てからの流れを書きたいと思います。私は諸事情から他の方に預かってもらうこともあ りますが、ここでは主に「自宅で保護する場合」について書きたいと思います。他の方や、動物病院、ペットホテルに預けながら「里親」を探す場合、有料なら どの程度お金が出せるのか、きちんと考えて迅速に募集を始めましょう。勿論、手抜きは禁物ですが、保護犬猫がある程度いい状態になったら、募集に力を入れ るようにします。又、お金がかからない一般家庭に預ける場合でも、医療費などは保護した方が負担するのが一般的です。一般家庭の場合、私は、フードやお土 産を持って行くようにしています。沢山のお金をかけるのは好ましくありませんが、お世話になるのですから、ある程度の礼儀は見せた方がいいと思います。又 その際には、迷子・盗難・脱走防止などに力を入れてくださるようお願いしています。せっかく保護した命ですから、その辺の事はきちんと話し合わなければな りませんよね!話合うと言えば、預かってくれるご家庭に甘えて、いつまでも置いておくような事はせず、いつ頃までに自分が保護した犬や猫を預けておくか、 双方で話し合うことをお勧めします。
例えば…
「一ヶ月間以内に頑張って、新しい家族を探すので、それまでお願いいたします。長くなる場合には追ってご相談させてください。」等、自分の考えを預かり家庭に示すようにすると、円滑にお話が進む場合が多いです。

自分の手元に保護犬猫がおらず、他の方に預けている場合、募集用の写真は多めに撮っておきましょう。写真については次回触れますが、好きな時に写真が撮れ ないので、撮れる時に沢山撮っておいた方がいいと思います。預かり家庭が厚意で写真を送ってくれる場合には、それに甘え、それを募集用に使うようにしても いいかもしれません。又、希望者が現れた時には、何処で「お見合い」をするのか、どのように「お渡し」するのか、予め預かり家庭と話し合った方がいいかも しれません。

ここからは、自宅保護についてです。
私の場合、保護した犬猫はまず病院へ連れて行きます。病院で行うことはまちまちですが、保護した子を里子に出すという事をここではメインに取り上げたいので、それほど健康状態が悪くない犬猫の場合について書きますね!

『通院』
① 検便を行い、回虫やコクシジウムが居たら駆虫を行う。
→先住動物がいる場合、検便に異常が出たら、虫が落ちるまで保護動物をケージなどに入れて隔離します。
② 犬ならフロントライン、猫ならフロントライン又は、レボリューションを行う
→ノミダニをおよそ24時間で駆除します。駆除が終わるまでは、先住動物と距離を取らせましょう。
③ 体調を見ながら出来そうなら、血液検査を行います。犬ならフィラリアの検査、猫ならエイズ・白血病の検査をする方が増えています。
④ 体調を見ながらワクチン接種を行います。
→月齢によって、又体調や状態によっては、ワクチンが好ましくない場合もありますので、獣医とよく相談して打つ時期などを決めるようにします。先住犬や猫が健康な場合、先住犬や猫のワクチンは済ませておきましょう。
⑤ 不妊手術
→保護した日に不妊手術が難しい場合が多いので、獣医と相談し、体調が落ち着いた頃行うようにしてもいいと思います。尚、子犬・子猫は手術が出来ないケースがあり、この限りではありません。
⑥ シャンプー、その他の医療ケア
→保護犬猫の体調を見ながら、獣医等と相談し、ケアをしていきます。特殊な治療が必要な子以外は、体調が落ち着いてきたらシャンプーなどを行いますが、ワ クチンや駆虫を優先させる場合には、シャンプーの時期を考えた方がいいかもしれません。それから、個人的には猫のシャンプーを勧めません。強いストレスを 与えるし、犬と違って、グルーミングをこまめにしているので必要ない場合が多いのです。獣医とよく相談してください。

これらのケアを一日で行う必要はありません。最初は駆虫程度にし、徐々に色々行うようにした方がいいかもしれません。募集前に血液検査を済ませるのが理想とされているようなので、可能なら募集前に行うようにします。

『先住動物とのご対面』
自分が緊張していると、うまくいきません。先住動物が他の犬猫に不慣れの場合、「うちの子大丈夫かしら?」と心配になると思いますが、先住動物を信じてあげるのも一つの愛情だと思います。
「べべなら大丈夫!ナナときっと一緒に暮らせるようになる!」
悩んだ末、そう自分に言い聞かせてナナを保護したのですが、とても仲良しになりましたからね^^

と言っても、あまり信用し過ぎていきなり会わせると、双方が驚いて予想外の行動を取ることもあります。私の場合は、なるべく友人に保護犬や猫を連れてきて もらうようにして、私は知らん顔していますが、それが難しい場合には、先住動物が居ない空間にケージを組み立て、保護犬猫をさっと入れ、ドアを閉めてしま います。先住動物がやきもちを焼く場合が多いので、あくまでも先住動物に比重を置いて接してあげましょう。勿論、保護犬猫も不安な思いをしていますので、 当分は、保護部屋と先住動物の間を行ったり来たりになるかもしれません。

先住動物が犬であるか猫であるか、他の犬猫等にどういったリアクションを取るのか、飼い主としてある程度想像してから会わせるようにします。保護した犬又 は猫がどのような子であるか、見極める前は、違う空間に離しておいた方がいいかもしれません。私は簡単な問題だとは捉えていませんが、難しくも考えていま せん。確かにうちのリルは、保護猫を追い回してしまい、恐怖を与える事もありますが(笑)、カミュだってミリだって、違うお部屋に入れて保護し、ちゃんと 新しいご縁を掴んだのですから!ちなみにうちはフラットな2LDKのマンションだから、保護に適している訳でもないですし^^ でも、自分次第で、どうに かなる事もあると思います。だから無理をせず、でも簡単に諦めず、色々な方法を模索しながら考えてください。

又犬と猫を会わせる場合は、少し注意が必要です。
卒業犬タロ(柴犬)は、うちのかつくんを必要以上に威嚇してしまいました。だからかつくんをフリーにし、保護犬タロはケージに入れていました。ケージから タロを出す時は、かつくんを違うお部屋に入れるようにしていました。2つ以上の部屋がある場合には、それらを有効的に使って頑張れば、何とか共存できる場 合もあります。まあ、水頭症のほほは保護犬が怖いので、その点では私も手を焼いていますが(笑)。

頻繁に保護する家庭には、必ずケージなどがあります。ケージは是非ご用意ください。
犬や猫を保護したはいいけど、先住動物の具合が悪くなってしまった。という話をよく聞きますが、それらも考えた上で、保護するかどうかを決めた方がいいと 思います。どんな理由であれ、犬猫を保護する場合、途中で投げ出す事は出来ません。先住動物を優先するあまり、保護犬猫を捨ててはいけないのです。長く生 活を共にしてきた先住動物の可愛さは、良く分かります。でも、どんな形であれ、保護犬猫に新しい家族を探してやらなければならないのです(地域猫などリ リース対象を除く)

先住動物にとって、あなたが全てであるように、保護犬猫にとっても、あなたが全てだということを良く理解した上で、保護を決めてください。保護活動は誰に でも出来ることですが、責任が伴います。責任感がない方や責任の重圧に簡単に押しつぶされてしまいそうな方には、あまり向かない活動かもしれません。

先住動物と保護犬猫の相性について、私個人はそんなに重視していません。
カミュやミリがリルと合わなくても、良いご家庭の元へ「卒業」してくれたからです。
けれど、合わないよりは合った方がよりいいので、様々な方の意見を聞き、書物やネットで調べ、正しい知識をつけるのも悪くないかもしれませんね!

うちのほほは保護犬を見ただけで下痢などの体調不良に陥るため、ほほについては正直頭が痛いのですが、どういうやり方であれ、私がいい家庭に送り出すと決めて、手を差し伸べた犬を途中で投げ出す事は有り得ません。

べべナナかつは保護犬猫に慣れている組でした。
でもほほやリルが増えても、保護活動は出来るんです^^
うちが出来るんだから、自信が付くでしょ?(笑)

長くなってしまったのですが、最後に3つだけ(3つも?!とか言わないで^^;)
① 先住猫がいる場合、保護猫の血液検査(ウイルス検査)が終わるまでは隔離しましょう。
→私の場合、稀に検査結果が狂ってしまった経験がありますので、今は二度検査をお願いすることもありますが、血を二回抜く事にもなるし、お金も二倍かかるので、信頼できる病院で、子猫の場合は、ある程度育ってから検査した方がいいかもしれません。
② 日誌をつけましょう
→簡単なものでいいんです。ブログをやっている方は、それが日誌の代わりになりますよね。その他私はカレンダーに色々書きこむようにしています。
「○月○日ミリ、食欲落ちる」 「〇月○日検便&駆虫」
簡単で構いません。保護犬猫の事を記録しておいた方が、円滑に家族探し出来ます。
③ 躾などを行いましょう。
→訓練の方法は人それぞれです。うちは卒業犬タロの事は一回バシッと殴りましたが(噛まれてしまったチチが^^;)それ以外の子に手をあげた事はありませ ん。体罰式の訓練法はお勧めできません。その子を伸ばすようなやり方を考えましょう。猫に訓練はあまり必要ありませんが、犬は散歩の引っ張りや盗み食い等 の癖があったら少し矯正する方がいいと思います。人を噛む等、重症な場合は専門家へ相談することをお勧めします。又、脱走等に気をつけ、食事や健康面にも 配慮しましょう。

色々書きましたが、毎日楽しく暮らすこと。それが先住動物にも保護犬猫にも良い影響を与えてくれると思います。次回は、いよいよ「家族探し」について書きますね!信じられないほど長くなってしまって、本当にごめんなさい。

前回の記事はこちらです→http://anny703.com/archives/2283
はじめて読む方は今日の分と合わせてお読みください。

「精神的にまだ落ち着かないので、今日の出来事などは又今度にします。取り急ぎ、少し前に書いておいた今日の分の記事をUPします。こうしている間にも、里親探しを頑張る方が居ると思うと、どうしてもただ休んでいる気にはなれません。でも、苦しいです。ハハ

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんのの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

スポンサーリンク





コメントを残す




*