新生ひかる

追伸:妹が作ってくれました。ひかるのスライドショーを見て、号泣しました。ひかるの誕生日のお祝いに、ぜひ覗いてやってください。

ハッピーバースディひかる花束
クリックすると元のサイズで表示します

昨年の6月10日に保護してから1年が経ちました。成猫だったのでハッキリした年齢は不明ですが、当時推定3歳だったので昨夜で4歳のお誕生日を迎えたことになります。

人慣れが遅れたのもあり、なかなか本格的な家族募集にはいたりませんでした。人を問わず甘えるようになったのは比較的最近の話ですが、それでも、703号室の中ではもっとも保護期間が長い猫です。

人慣れしていなかった時期は、正直、誰がひかると暮らせるのだろうと案じていました。心を開こうとしない猫との暮らしは安楽ではありません。脱走にも気を遣うし、人間側は淋しさも感じるはずです。

でも全部昔話。

今は、単純にひかるとの暮らしを私が楽しませてもらっています。

ひかるの卒業が決まらないことについては悩みました。一度はお問い合わせをくれたものの、改めて掲載文を読み返し、FIVキャリアだと知っての辞退が相次いだこともありました。

悔しさゆえ、FIVキャリアについて掘り下げたこともありましたね。一部の方からは、FIVキャリアが原因ではなく保護主の私に原因があるとのコメントも いただきました。実際そうかもしれません。私も他の保護主さんたちがFIVキャリアの子たちのご縁を得ているのを見聞しているので、キャリアだけが原因だ とは思いません。決まりづらいというのは現実であっても、決まるときは決まる。

この世界には、汚水と清水の両方が流れているのです。

猫を虐げる人間もいるけれど、お心ある方もいるはずです。

そこで理由を考えました。自分自身を客観視しきるほど、私は人間的に成熟していませんが、何度も何度も考えました。迷路の中でさまよいました。だけど今は、なんかそこを超えちゃったというか。結局すべては、“縁”の一語に尽きると思うのです。

縁を得たくてもがき、縁に喜び、縁に涙し、縁を夢見てまた走る。

縁は私にとって、人生の希望そのものです。

なかなか結果を出せずに時間ばかり過ぎて、真心で応援してくださっている方には申し訳ございませんが、皆さまひかるを見守ってくださり、本当にありがとうございます。

生まれたときから環境に恵まれた子たちや、子猫期に保護された子たちや、地域の方にかわいがられてきた地域猫たちとはちがい、あたたかい手を知らなかった であろうひかるですので、心身に染み込んだ“警戒心”を完全にぬぐい去ることは難しいかもしれません。極端な話、大声を出し、急に正面からさわろうとする と、今でもオドオドしたような表情を浮かべます。でも私は、「ひかるができるようになったこと」に目を向けています。

根っからの天真爛漫な猫のこういう姿は見慣れています。
クリックすると元のサイズで表示します

だけどひかるの「油断」や「隙」は、感動の一語に尽きるのです。
クリックすると元のサイズで表示します

一から作り上げた絆。

ここまで来たら、もうどこへ行っても大丈夫。はじめは戸惑うかもしれないけど、ひかるは人間の愛をちゃんと吸収できます。そして、ひかるは日々めまぐるしく成長を遂げています。

ひかるの人慣れに躓いていたとき、私はときどき、意識的にタイムスリップしました。あくまで私の想像の中でしかないけれど、ひかるの子猫時代、もっと小さなヨチヨチ時代、更にさかのぼってお母さん猫のおっぱいを必死で吸っていた時代。

警戒の鎧を着るまでのひかるは、きっと、無垢でやんちゃだったんだろうなあ。

生まれたときから心を閉ざしている猫なんて、いないはずだもの。

そうすると、どうしてこの子があんな風に生きなければならないかを理解できるし、ひかるへの接し方、ひかるに対する自分の鎧もキレイさっぱり脱げました。

もう赤ちゃんじゃないのに、幾度も生まれ変わって、ひかるはすごい。

えらい。

ここまで来るのに、いったいどれだけ勇気が要ったでしょう。

ひかる、ありがとう。703号室で4歳のお誕生日を迎えさせてごめんね。
クリックすると元のサイズで表示します

これからも皆さまに新生ひかるを送りつづけますので、どうぞひかるをよろしくお願いいたします。

PS ささやかながら、ひかるのバースディパーティを企画しています。

LOVE!

スポンサーリンク





6月29日ペンクラブの集い

6月29日(土)専修大学にて、シンポジウムが行われます。私は絶対に参加します。もしこのブログを読んで、当日行かれる方がいましたら、ぜひ声をかけてください。皆さまとお話したいです。

【脱原発を考えるペンクラブの集い】part3

~ 動物と放射能 ~

*開催日時;2013年6月29日(土) 14時~17時30分

*入場料:無料(事前申込みは必要ありません)

*共 催;日本ペンクラブ

専修大学人文ジャーナリズム学科

*会 場;専修大学(302教室) / 定員300名

〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8

(地下鉄神保町駅A2出口より3分)

詳しくはこちらをご覧ください↓

http://www.japanpen.or.jp/news/guide/part3.html

私が尊敬してやまない作家の森絵都さんが理事をつとめている「ペンクラブ」。会長は浅田次郎氏です。原発については賛否両論あるでしょうが、「賛」が 「否」の意見に耳を傾けること、「否」が他の方の考えを聞くこと、あるいはその中間に位置する方が、諸問題を精査することに意義を感じます。つまり日本の ことを勉強したい方にはピッタリのシンポジウムだと思います。わかったようなことを言ってますが、正直あまりわかりません。だからこそ私は参加します!  今回は動物と放射能が議題ですしね。

もうーすさんこと、太田さんも講師として参加しますよ。

ますます行く気満々になりますね。

森さん、太田さん、当日お会いできるのを心より楽しみにしています。

森さんが関わるシンポジウムならきっとすばらしいシンポジウムになるでしょう。

●●●●●●

太田 康介(おおた やすすけ)
日本写真家協会(JPS)会員。アフガニスタン、カンボジア、旧ユーゴスラビア連邦など紛争地帯、北朝鮮、中国の中南海地区、台湾原発などの潜入取材の経 歴をもつ。2002年に自身で猫を飼いだしてからは、猫のかわいさに引き込まれ、ペットなどの動物を被写体とした撮影もするようになる。ブログ「うちのと らまる」http://ameblo.jp/uchino-toramaru/

森 絵都(もり えと)
早稲田大学第二文学部卒業。講談社児童文学新人賞を受賞した『リズム』でデビュー。同作品で椋鳩十児童文学新人賞を受賞。『宇宙のみなしご』で野間児童文 学新人賞、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞。『アーモンド入りチョコレートのワルツ』で路傍の石文学賞を受賞。『カラフル』で産経児童出版文化賞 を受賞。『つきのふね』で野間児童文芸賞を受賞。『DIVE!!』で小学館児童出版文化賞を受賞。ノンフィクション作品に『君と一緒に生きよう』『おい で、一緒に行こう』。2006年『風に舞いあがるビニールシート』で第135回直木賞を受賞。

★森さんって? とか太田さんって? って方がいらっしゃるといけないと思い、一応プロフィールを載せてみました。

「ぼくも行こうかな」
クリックすると元のサイズで表示します

え?

ひかるも?

っていうのはもちろん、冗談ですけどね。

スポンサーリンク





別猫

今日職場でお世話になっている方と仕事の合間にお話しました。保護活動に尽力しているその女性 が703号室の卒業猫を覚えてくださっていたのです。ウィリアムとフェリシアーノ(はかせ)の名が上がりました。いずれも私にとって、思い入れの深いお子 たちです。健やかなるときも病めるときも、ご家族の愛を一身にまとい、誇らしく生を謳歌している猫たちです。改めてうちの卒業生たちの大切さを感じまし た。外で野良猫たちを見かけるたびに、なんとも言い難い焦燥感に襲われます。ひかるの卒業が決まったら、1匹ずつ迎えに行きたいです。そしてどんなに時間 がかかろうとも、どんなに回り道をしようともそれぞれに合ったご縁を紡ぎたい。

さあ、明日も仕事です。

さっきPC内のひかるフォルダーを整理をしていたら、こんな写真が出てきました。(撮影:うららさん
クリックすると元のサイズで表示します

最近のひかると比べると、別猫ですね。

保護当初のひかるを知る方に会うと、ひかるのあまりの変わりように驚かれます。性格もですが、外見が特に。ボロボロに消耗するまで、命を削りながら生きて いたんだね。この写真を撮ったのは保護直後ではありません。この写真はうららさんが撮ってくれた、「ある程度マシになった姿」だったんですよ。

最初はもっと痩せていました。皮膚がぱさついて、目からは血の涙が流れていたのです。悲壮感を込め書いているわけではありません。私はひとつの命に人間が向かい合い、少し手をかけるだけで、その命がまるでちがう生き物に生まれ変われることを言いたいのです。

そして大金持ちの令嬢でもなく、名門御曹司の奥様でもないただの主婦の私にできるのだから、誰にでもできるってことを言いたいのです。

それでも、実際の保護は難問に直面することもあるでしょう。やりたくても、抵抗を感じる方が多いのはわかります。ならば、今こそ里親になってみませんか?

善き里親になることが、最上の保護活動だと私は思っています。

過去にも書きましたが、私は逆立ちしても善き里親さんたちにはかないません。一番尊敬するのは、善き里親さんです。

里親さんが増えるといいなあ、と自分の考えを述べると、他でお断りされつづけ、なかなか譲渡してもらえなかった方たち? から、なぜか私の元へ苦情が寄せられます。

「せっかく里親になってやろうと思ったのに、私は以前ある団体から断られました」や、「ある保護主にいろいろ質問され、えらそうにしていてむかつく」や、 「もらえないならペットショップへ行ってやる!」などのお怒り? コメントがどさくさに紛れ書き込まれることがありますが、私は他の団体さんや保護主さん のことは関知しておりません。

「いつか環境の整ったご家庭に愛らしいお子を迎えられることを心より祈っております」としか言いようがないです。

私の本意は「里親が増えたら救われる子たちが増える」だけ。

多くの善意が日本を変えると信じています。

ひとりひとりの力は小さくても、束になればできるでしょう。

最近陰惨な動物虐待のニュースをよく目にします。正視に耐えない……心臓をえぐられるようなひどい仕打ちを加えられている猫たちがいます。私たちと同じ「人間」によって。

善き里親さんになることで悪を洗い、この日本の尊い命を救えます。

つまり「善行」ですね。

いや大袈裟じゃないですよ、本当のことです。

キラキラのひかるくん
クリックすると元のサイズで表示します


スポンサーリンク





ダブルタッチ

先日、新しい職場へ行ったのですが、そこで私を知ってくださっている方に偶然出会いました。突 如お声をかけていただきましたのでびっくりしましたが、聞けばその方も猫の保護活動に尽力していらっしゃるとのこと。善意の輪がじわじわ広がっているので すね。うれしかったです。まだまだ慣れない新人ゆえ、いろいろとご教示いただいてますが、とてもあたたかなお人柄に心が洗われました。鈍くさく、物覚えが 悪くて申し訳ありませんが、また明日もよろしくお願いします。

って、ここに書いてもね(笑)。

少しずつ少しずつ日本は変わりつつあるのですね。

なら安心です。

きっとこの子の未来も安泰だから。
クリックすると元のサイズで表示します

私がひかるの頭を撫で、マイ太郎さんがお尻を撫でてくれています。名づけて、ダブルタッチ? 写真はみいさんが撮ってくれたものです。かわいいでしょう?
クリックすると元のサイズで表示します

目を細め、夢心地のひかる氏
クリックすると元のサイズで表示します

無口でシャイなひかるだけど、その心はなにを想うのか?

どんな犬猫たちにも、未来が訪れますように。

「ぼく、生まれてきてよかった」

「あたし、生まれてきてよかった」

どんな子も平等に日の光を浴び、温かい手に抱かれますように。

今日もひかるは家族を求めています。

LOVE!

スポンサーリンク





のぞき

「みなさまあたしの告発を聞いてください。うちのお母さんには、変なクセがあります。いろいろあるけれど、ここんとこ、特に気になるのが“のぞき”。ドアのほんの隙間から中をのぞくの。部屋に入る前に必ずこれをやり、ひとりでにやにや笑ってます。きもちわるい……」
クリックすると元のサイズで表示します

ひひひ ̄ー ̄

ひかるくん、なにしているかな?

どんな体勢で、どこにいるかな?

またひとりで地味にベッドメイキングしているのかな?

それとも部屋の隅に転がったねずみのおもちゃを追いかけているの?

お腹出して寝てくれてたらうれしいなあ。

部屋に入る前に、まずはこっからちらっと見せてもらおっと!
クリックすると元のサイズで表示します

おおお!

おまんじゅう顔が見える。

目が合いました。

ピカ忠は福の神だから、今日はいいことあるかもっ。

ずっとこっちをみてますね。なに考えてるんだろ?
クリックすると元のサイズで表示します

3cmほどの小さな隙間からひかるをのぞく。

逢瀬前の楽しみ♪

前菜ってところでしょうか?

カメラでパパラッチしてみました。
クリックすると元のサイズで表示します

王子さま、今日も一段と凛々しい。

「わかったから はやく入っておいでよ ハハ」
クリックすると元のサイズで表示します

うおーんTдT

ひかるくんからお誘いいただきました。

へいへいお代官様。

あっしの膝をお貸しします。

「ぼく ハハの言動には いささか 呆れているのです」
クリックすると元のサイズで表示します

ふふ。

私の入浴中に、Hくんがこっそりのぞきにくるのは、ここだけの話にしておきます^v ゜ 証拠写真も持っていますが、Hくんの名誉のために、今回は載せないでおきますね(笑)。

ひかるはご家族を募集中です。

どうぞお見知りおきください。

お問い合わせ大歓迎。非公開コメントでも承っています。

★★★ありがとう★★★

MWさまより、お手紙、ユンケル、さくらんぼ、クオカードをいただきました。ありがとうございました。ペコリ。
クリックすると元のサイズで表示します

手抜きしてくださいって書いてありますけど、大丈夫です。抜きまくっています。いつもよくしてくださり、申し訳なく思っています。

送ってくださった山形のさくらんぼ、宝石のように美しいですね。
クリックすると元のサイズで表示します

もうすでに、すべて腹の中でございます。

スポンサーリンク