703号室のメンバーたち

まーもとリルの動画をみていない方は、ぜひみてくださいね。一つ下の記事にあります。

今日は予定を変更して、我が家のメンバーの紹介をします。

本当は、昨日ほのパパさんと一緒に、ほの&まーもを連れて、MOMOへ行ったことか、うちのナナの特集を書くつもりでしたが、なんとなくやめました。

ちょっとずつでも、たまにはみんなを登場させないとね。

①べべ(女の子 11歳)
クリックすると元のサイズで表示します

病歴:胃がん、しっぽのがん、多発性腺腫、肝臓疾患、アレルギー、IBD
手術を数度くり返し、現在食事療法と投薬で維持しています。

言わずと知れた我が家の小さなボス犬。
非常にわがままで、特別扱いが大好き。

リルが苦手。

食欲旺盛、残飯を狙って家中ウロウロしています。得意技は盗み食い、ボールの持って来い。

我が家の犬猫たちの中で一番知能が高く、数十のコマンドをマスター。

チチと私が取っ組み合いのケンカをすると、私の側についてくれます。

②ナナ(女の子 10歳)
クリックすると元のサイズで表示します

病歴:フィラリア、フィラリアによる若干の心臓肥大、膀胱炎
フィラリアは陰転。膀胱炎は完治。現在特別なケアはしていません。

シニアの域に達しても、楊貴妃顔負けの美しさ(だと私は思ってる)。
やさしく、我慢強く、芯のある女性です。

おとなしいはずなのに、「おでかけする?」のひと言でキャラが変わり、狂喜乱舞するところがまたかわいい。チチよりも、断然ハハ派。

洋服を着るのが大好き。「オシャレ」の一語に弱い。
雷が大っきらい。

年に数度、新しいおもちゃをめぐって、リルと命懸けの大ゲンカに発展しますが、リルに負けたことは一度もありません。ナナはケンカが強いです。

土手出身。1歳8カ月まで、心ない人間による暴力を受けながら生きてきました。

③リル(女の子 8歳)
クリックすると元のサイズで表示します

病歴:ある種の植物や食物による突発性のアレルギー
抗生物質ですぐ落ち着きます。

もう、シニアなのに……我が家のおてんば。チチ大好き。チチの側室。実は繊細で傷つきやすい。

土手犬ナナの姪。今は亡きナナの姉妹犬タカコが産んだ子犬。3歳5か月の時に、土手から我が家にやってきました。叔母であるナナにケンカを売るも、毎度こっぴどくやられる。

犬のフードは、きらい。パンの方が好き。

全般的に、食べることに興味がない。ダイエットが趣味?

布製品を齧るくせがある。ベベが苦手。

子犬や子猫が来ると、お世話をしてくれる。弱い者いじめをしない、正義感の強い女の子。

④ゴンタ(男の子 14歳)
クリックすると元のサイズで表示します

病歴:フィラリア、血管肉腫、心臓疾患、痴呆
フィラリアは陰転。血管肉腫は手術済み。痴呆対策にサプリ、その他若干投薬をしていますが、基本的にはいじらない方針を取っています。

我が家でダントツ手がかかる。愛らしい雰囲気はビジュアルだけ(笑)。これでもかというほど大変。夜鳴きは若干おさまったけど、うんちを踏むのがひどい。おしっこは、超多量を1日に10回ほど。

シャンプー時、車での移動時は、近くにいる人間がケガするほど本気で暴れます。

チチによるあだ名は、「子ヌーピー」と「怪獣スヌーゴン」。

無垢な子犬っぽくもあり、怪獣のようでもあるかららしい。

食欲旺盛。なんでも食べてくれます。

寝顔は、この世のものとは思えないほどチャーミング。笑顔もイケてます!

だけど本当に手がかかる(笑)。今まで出会ってきたどの犬よりもどの猫よりも。

土手出身。13年もの間、ボロボロになるまで土手で生きてきました。

⑤ほほ(男の子 5歳)
クリックすると元のサイズで表示します

病歴:水頭症
脳圧を抑えるために、以前は利尿剤を飲ませていましたが、現在は特にケアなし。

703号室の一番人気。
へんてこなお顔と、ピンと立ったアンテナがくすぐったい。昼の顔より夜の顔の方がかわいい。

人間にはそっけないけど、私の具合が究極に悪い時は、近くで添い寝してくれることも。ボーナスを支給された気分になり、テンションが一気に上がります。

夏よりも冬の方が人間に甘える。(寒いから)

水頭症を患っているので、体の均衡が取れず、運動能力は低い。だけど、なににでも挑もうとします。プライドが高い(本当に高い!)。ジャンプなどがうまくいかないと、イライラします。イライラがはじまると、必ずあまたの首を噛みに行き、あまたを泣かせます。

猫さんが大好き。

やってくる保護猫と仲良くなりたくて、必死。あまたをポイする勢いで(涙)。

愛猫かつが亡くなる3日前に、保護しました。保護当時は立てもしなかったほほが、まさか1か月以上生きられるとは思いませんでした。今では懐かしい思い出です。

最近は、卒業猫ほののお世話に忙しい様子。

⑥あまた(男の子 推定7歳)
クリックすると元のサイズで表示します

病歴:膀胱炎
PH専用フードで改善され、現在は特にケアなし。

ぷくぷくさんの保護猫。かつを病気で亡くした私が、4年半前に里親サイトで一目惚れし、ぷくぷくさんに問い合わせ。縁あって我が家に迎えた成猫。

食いしん坊。癒しの神。

あまぱん太郎、甘山春来、あまぱんマン、あまのちゃんなどと呼ばれています(私に)。

とにかく、やさしい。性格は、二重丸。ほほに尽くす。ほほに噛まれても、やり返さない。

でもたまに、こっそりほほのごはんを食べてます(爆)。

お母さん大好き猫。甘えん坊。デブなのに、声が甲高い。お顔は意外と美男子。

ブログの更新時は、80%の割合で、私の膝の上にいます。(今もいます。重い)

万年ダイエットを敢行中ですが、チチがあまぱんの激しいおねだりに負け、ちょくちょくあげてます。

⑦まーも(男の子 推定4歳)
クリックすると元のサイズで表示します

病歴:白血病、慢性腎不全末期と、慢性腎不全末期による尿毒症
ラクテック朝200ml、夜 200ml、制吐剤、ビタミン剤、ホルモン注射(現在週1)を自宅にて行う。通院は平均週2回。食欲増進剤や鉄分を補うことも。昨日の通院で、アルサルミ ンを新たに処方されました。口内潰瘍を少しでも緩和させるのが狙いです。そして、最後の最後に備え、抗けいれん薬も処方してもらいました。抗けいれん薬を 使わずに済むことを祈りながら、お守りにします。

行きつけのMOMOペットクリニックがお盆休みに入るのが怖い。

嘔吐はひどいけど、何度吐いても、また立ちあがって食べようとする意志の強い猫。

通常なら、到底耐えられないことを耐えたりする。

保護前、保護当初は凶暴の一語でしたが、心の鎧が溶けてからは、極端な甘えん坊に変身。

ゼロか、100か、の性格。

リルが好き。ナナも好き。ベベはあまり好きじゃない(まーものごはんを狙うから)。

一生懸命、一生懸命、命懸けで、生きてます。

⑧卒業猫ほの(男の子 推定3歳)
クリックすると元のサイズで表示します

病歴:肝アミロイドーシス、免疫低下による皮膚疾患
試験開腹ののち、病名確定。当初は抗生物質、止血剤、ウルソ、ステロイドを飲ませていましたが、現在はステロイドとウルソだけになりました。耳が皮膚炎になってしまったので、毎日消毒し、薬を塗っています。運動を制限し、腹部への圧迫を避けています。抱っこもそっと。

明確な治療法がない難病肝アミロイドーシスによる肝臓の内出血で、計3度、突如危篤に陥る。一番ひどい時は、HCT値がなんと6%にまで減少。入院先の病院で悶え苦しむほのの姿は、あまりにも悲壮で、強烈でした。

頑張り屋さん。猫大好き。犬とも仲良くできる心根のすばらしい猫。

現在、事情があって703号室に滞在していますが、9月にお家に帰る予定。

昨日、ほのを連れて、ほのパパさんとともにMOMOペットクリニックに通院。

血液検査の結果、RCT(赤血球)が減少し、肝臓の数値が上がったことを受け、減量していたステロイドをまた増やしてみることに。1日おきにステロイドの量を、2分の1⇒4分の1⇒2分の1⇒4分の1、投与する。解明されていない難病とあって、すべてが手探りの状態。

ほのパパさんも心配していました。

エコー検査の結果は、今のところ問題なし。

血液検査の結果は心配ですが、元気いっぱいです。かつおバー、ササミバーが大好き。

シーバも好き。肝臓食は基本、プイします。

里親さんの元に無事に帰せるよう、祈る思いで日々過ごしています。

むずかしい病気を患いましたが、ほのは力いっぱい、生きています。

誉れ高い703号室の卒業生。

⑨保護猫ひかる(男の子 推定2歳すぎ)
クリックすると元のサイズで表示します

病歴:目の炎症、FIVキャリア
抗生物質の投与。インターフェロン入り目薬の点眼。

預かりのプロ、うららさんに預かってもらっています。うららさんのケアにより、目はだいぶ改善されました。FIVキャリアですが、差別や偏見をもたないス テキな里親さんを探そうと思います。FIVキャリアは、FIVではありません。知識も心もない人によって、怖がられるのは心外です。第一、ひかるは好きで 感染したわけではないし、変な言い方かもしれないけど、FIVキャリアの猫はごまんといます。珍しくもなければ、悲観視だけをされる所以もありません。

今月中に家族募集を開始する予定。

現在、人慣れをがんばっています。

うららさんのことは、まあまあ好き。

それ以外の人は怖い。

やさしい声で鳴きます。一切手のかからない健気な猫。

外界の荒波にもまれながらたくましく生きてきました。

血の涙を流しながら……。

以上、703号室のメンバーでした。みんなキャラが濃いでしょ?

でも、最高にいい子たちばかりじゃないですか?

ごめんなさい。親バカ度が過ぎました。

スポンサーリンク





史上最高の“まーも通信”

言葉はいらないよね。

まーもからのメッセージを受け取った方へ。

今までで最高の動画を見てくださり、ありがとうございます。

つい最近まで、まーもは屈強で怒りんぼで孤高な野良猫でした。

人間はもちろんのこと、犬の散歩中にすれ違うだけで、我が家の犬たちに対しても、威嚇が止まらなかったほどです。人も犬も、他の猫たちのことも、狂ったように拒絶していました。自分自身以外、なにも信じようとしない猫でした。

現在、白血病と慢性腎不全と闘病中。

この世にいられるのが奇跡だと言われるほど、腎臓の数値が悪く、体中に毒がまわっている状態です。普通は、立つのもやっと。

だけど、まーもは、ひたむきに生きています。

そんなまーもに、最近、お友だちができたのです。

そのお友だちへの親愛をしめす姿をみていたら、雄叫びをあげたくなりました。

私たちが生きるこの世界はきっと、想像以上にすばらしく、愛と希望に満ち溢れています。

今、猫を保護しようか迷っている方は、ぜひ、まーもの声を聞いてやってください。

703号室史上、最高のデキの動画を、ご覧あれ!!(再生しなきゃ損しますよ)

PS まーもがお友だちにちょっかいを出しますが、どんなちょっかいなのか、わかった方はコメント欄に書いてくださいね。いえ、別に理由はないの。ただコメント欄に書いてもらったら、私が喜ぶってだけだけど(笑)。

LOVE

もういっちょ!

LOVE!!

愛、愛、愛!!

スポンサーリンク





みゆき

チチがナンパした(チチが逆ナンパされた?)猫のみゆきちゃんについて♪
クリックすると元のサイズで表示します

体重:2.1キロ 痩せすぎではないのです。もともと小柄。

推定年齢:3~4歳? もっと若いかも。外猫の年齢はよくわからないです。

性別:女の子 不妊手術をしたあとがあります。保護された状況から考えて、地域猫や迷子猫ではなさそうなので、元飼い猫ですかね?

状態:FIV、FeLV共にマイナス。食欲旺盛で健康に見えます。けれど、片目が風邪の影響でしょぼしょぼしていて、口内炎がありました。おそらく、猫ヘ ルペスだと思われます。目については、インターフェロン入りの目薬を、口内炎については、抗生物質で様子見中。大巻先生のおススメもあって、黄金サプリ、 D-フラクションプレミアムをはじめようかと。ワクチンは済んでます。3種混合を打ちました。

性格:人が大好き。大胆不敵です。だけど人にゴマするのは初日だけ? 慣れてくると、部屋に入っても、目でご挨拶するのみ。体勢を変えずお昼寝してます (笑)。こういうタイプの女性いますよね^^; 最初だけ尽くす系の。私は最初から尽くしてないから、みゆき以下だけど(爆)。

夜は側室として、リルとともにチチの部屋で寝ています。

汚らしい写真ですが、よろしければご覧ください。
クリックすると元のサイズで表示します

みゆきが一番幅を取ってないか?(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

全部の写真のリルの表情にご注目ください。どれだけチチ好きか、わかっていただけるかと。
クリックすると元のサイズで表示します

それにしてもチチ、ハンサムな寝顔ですこと@~@
クリックすると元のサイズで表示します

リルー、お父さんは、うっとりする相手か?

「うん。大好き! 好き好き」   「ヨシヨシ。オレもリルが好きだよ
クリックすると元のサイズで表示します

「あっ! いけねー! みゆきも大好きだよ。オレって罪……」
クリックすると元のサイズで表示します

「おい。パチパチ写真撮ってないで、テーブルの上の十六茶取って」
クリックすると元のサイズで表示します

「ぐびぐびっ」
クリックすると元のサイズで表示します

まあこんな感じで、みゆき&チチ&リルは共存しています。みゆきは動じないお子なので、どこへ行っても、うまくやっていけそうな感じです。でもたまにトイレを失敗するから、里親さんになる方は、トイレを2つくらい置いてもらった方がいいかな?

保護後に知ったことですが、実はみゆき、うちのマンションのエントランスに数日間居たそう。突如どこからともなく現われたみゆきのあまりのなつっこさに、4Fに住む方と2Fに住む方が、メロメロになり、毎晩ごはんを運んでいたらしいです(笑)。

特別猫が好き! でもなさそうな住民さんが、夢中になっちゃうほどみゆきは性格がいいのです。

みゆきを保護したあと、2Fの住民さんが突然703号室を訪ねてきたんですよ。

「白っぽい猫ちゃん知りませんか? もしかして保護してませんか?」

って。

若いお嬢さんとお母さんが。

「え……うちにいますけど?」

きょとんとしながら答えたチチと私。

すると、お嬢さんはこう続けました。

「よかった! あれからずっと探してて、でもいなくて……今、お母さんに相談したら、お母さんが、田辺さんが保護しているんじゃないかって。あの白っぽい 子、外で私の膝に乗ってきたんです。かわいくて、猫缶あげて、何時間も一緒にいました。でも、飼ってあげられないから、彼氏(男友達)に相談したら…… やっと、彼がいいって! 彼の家で飼ってもらうことに決まったから、探しに来たんです」

若いお嬢さんは必死でした。

でも、私たちが保護し病院へ連れて行ったし、責任があるので、はいっと渡すわけにはいきません。みゆきのことを真剣に考えてくれるようなら、今後の通院な どもお願いしたい。若いお嬢さんが飼うのではなく、彼氏? が飼うとのことでしたので、なおさら。もう一度熟考してもらうことにしたのです。

しばらくして、若いお嬢さんから、電話がかかってきました。

「彼と話し合った結果、やっぱり飼えないかも……どうか、あの子をよろしくお願いします。いい人に渡してください」

でも、私は、素直に嬉しかった。

彼女がよく考えてくれたから。

若いお嬢さんが、みゆきに向けてくれた善意と慈悲の気持ち。

うちの近所もすてたもんじゃないな。

みゆきのご縁が正式に決まった暁には、また改めてご報告しますが、現在、みゆきにはご縁のお話があります。先住動物がいらっしゃるお家なので、慎重にやり 取りを重ねていきたいと考えています。みゆちゃんに幸せが訪れることを、切に願いながら、楽しく保護生活を送っていきますので、皆さま、またみゆきに会い に来てくださいね。よろしくお願いします。

かつくん「外の子にあたたかい眼差しを向けてくれる人がいるってことがわかって、ハハは感動したそうです。野良猫に冷たい近所の人にもまれながらここで暮らしてきたチチハハにとっては、ステキな発見でした。幸せになれる子が増えるといいですね。

それにしても、チチってナチュラル……。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





側室たち ~静かな炎~

「憎い人。心変わりしたあの人が憎い。あたちをこんなにボロボロに傷つけて、あんな子を迎え入れるなんて、あたち、どーにかなりそうです皆さま」
クリックすると元のサイズで表示します

「ここまでは良かったの。位置的にも、ギリギリ許せる気がした。なのにあの女、次の日から豹変して、あたちの場所を取ったのよ!」
クリックすると元のサイズで表示します

「ボーボー(いびき) ゴーゴー(いびき)」  「うふふ
クリックすると元のサイズで表示します

「へへ。ほらみて。あたちたち、こんなに近い。もともとチチさまがあたちをナンパしてこの家に入れたんだから、あにゃたはお古ってことでしょうが!」
クリックすると元のサイズで表示します

「お母さん、あの猫、ぶっとばしてもいいですか?」
クリックすると元のサイズで表示します

「ゴホゴホ。チチさま~! あたち、今日まだお薬飲んでにゃーい。あたちは、虚弱で小さな女子だから、ちゃんと全身で守ってね」
クリックすると元のサイズで表示します

「ピトっ」
クリックすると元のサイズで表示します

「お母さん、早くあれを卒業させて……」
クリックすると元のサイズで表示します

あ、はいはい^^;

☆☆☆ありがとう☆☆☆

卒業猫メロンが3歳になりました!!
クリックすると元のサイズで表示します

ご家族からメロンのかわいい写真やプレゼントが届いたのです。えだまめ子さん、ご主人さま、どうもありがとうございました。ペコリ。かつおバーやササミバーは、ほのの投薬には欠かせないので、ほのにもちょっとあげてます♪ メロン、ずっと元気でね。

卒業猫クー太の里親MIHOさんからおいしいさくらんぼが届きました。
クリックすると元のサイズで表示します

MIHOさん、毎年ありがとう。甘すぎて気絶するかと思った(笑)。

横川さんからは京都のおみやげが。
クリックすると元のサイズで表示します

ありがとうございます。お上品なおふきん! つかうのがもったいないです♪

まーものことは次回書きますね。

おやすみなさい。

スポンサーリンク





生と向き合う ②べべ

連休中にいくつか更新したので↓の記事もお読みくださいね。

今日はほのを連れてMOMOペットクリニックに行きました。ほのパパさんも一緒です。

ほののことは改めて書きますね。

チチが急性胃腸炎で倒れたのですTдT おかゆ作って食べさせ、早めに就寝してもらうことに。もちろん、禁酒です。本人も今日はさすがに酒どころじゃないらしい。

明日はうららさんとひかるくん(茶白猫)の通院です。

毎日のように動物病院へ行ってる気がする。1日で2軒の病院をハシゴすることも^^; 金が貯まらないわけです。うちは。しょうがないですね(笑)。

最近は、まーもの通院が圧倒的に多いですが、真の動物病院通院大将は、べべ。
クリックすると元のサイズで表示します

我が家で唯一ペットショップ出身のベベは、アレルギー疾患があったものの、6歳頃までは比較的健康に育ちました。土手出身のナナやリルとは比べ物にならな いほど、食に対する執着が強い。運動量も半端じゃなく、きかんぼうでわがまま。誰の目から見ても、“元気”そのものだったのです。

ジャックラッセルテリアって、制御至難の犬種だってご存知ですか?

気が強い子が多く、トレーニングが難しいんですよ。覚悟して迎え入れたつもりでしたが、やっぱりベベは私の手に負えず、途方に暮れたものでした。

それから、縁あっていろんな犬猫と接する機会を得られている私ですが、当時のベベを超えるつわものはいないので、他の子たちが楽に感じます。べべは私の師匠ですね。

そんな元気娘が、7歳を目前に胃がんに侵され、余命半年と宣告されたのですから、その時のショックと言ったら……。目の前が、一瞬にして、真っ暗になりま した。震えが止まらなかったのです。ベベを失うかもしれないなんて、耐えられませんでした。考えたこともなかった。第一、かつくんを失って半年しか経って なかったし、もう、これ以上は、と。

私は、あの時の自分の行動や生活をあまり覚えていません。ただただ、無我夢中でした。たとえ無一文になっても、やれることは全部やりたかった。幸運と努力 が重なり、麻布大学の信田先生チームのオペを受けることができたべべは、大巻先生に術前、術後のケアを担当してもらい、死の淵から生還しました。持ち前の 生命力もあったからこそだと思います。

術後、4日間の絶食は、食いしん坊には本当に辛かったことでしょう。

今思い出しても、胸が苦しくなるんですよね。

大手術だったから、回復するまで、べべ、とっても痛かっただろうし。

それから、二年に一度くらいの割合で、腺がんや腺腫が再発しているので、何度か手術をくり返していますが、11歳半の今も、ちゃんと生きていますよ。

バキソ、ウルソ、ザンタック、フラジール、マイトマックス(サプリ)毎日2回、5種類のお薬を飲まなきゃならない体ですが、私のそばで、やりたい放題やってます(笑)。

リルとケンカばかり。

常に特別扱いされたい。
クリックすると元のサイズで表示します

好奇心旺盛(ベベだけを散歩に連れて行った時の一枚。ベンチでくつろぐ犬に注目! 笑)
クリックすると元のサイズで表示します

よく笑って、よく淋しがる。

実は、一番やさしい子。人の言葉だけでなく、感情も瞬時に読み取る。
クリックすると元のサイズで表示します

だけど、やっぱりわがまま。

ボール大好き。おもちゃ大好き。

お顔がだいぶ白くなってきたのに、永遠の子犬。

小さい体で一生懸命訴える。

生きてる! 生きてる!

べべ、苦労ばかりかけて、いつの間にか大所帯になって、すごく面目ないけど……
クリックすると元のサイズで表示します

これからも、よろしくお願いします。ペコリ。

ベベへ感謝の気持ちを込め、チチハハより、ボーナスを支給!
クリックすると元のサイズで表示します

皆さまからの支援物資が届くたびに、ベベが真っ先に飛んできて、すかさずチェックを入れるんですよ。いつも物資のそばにちょこんと写ってるでしょう? ふふ。

今回はベベのものだったので、かなり嬉しそうでした♪ IBDと闘病中のベベが食べれるのは、フード3種類、おやつ1種類しかないから、いつも同じものばかりなんですけど^^;

ちなみに、こちらは前回のボーナス↓ 箱買いしたけど、好評につき、これが最後の1缶。
クリックすると元のサイズで表示します

よく食べてくれました。たまにはウエットもいいよね。また買ってあげるから!

卒業生たちを、ともに育ててくれてありがとう。

お母さんと一緒に、たくさんの生と向き合ってきたべべへ。

★★★今日のまーも★★★

なにやら……いたずらに精を出してます。
クリックすると元のサイズで表示します

「ギロ! 見回りだよ!!」
クリックすると元のサイズで表示します

あ、そ ̄ー ̄

現在、保護部屋から鳴き声が聞こえます。まーもが私に来いって言ってる^^;

遊ぶ元気や甘える元気はあるのに、なんで食べる元気はないのか。

頼むよまーくん……。

スポンサーリンク