ぼくは、歩きたいのです

地元の不動産屋さんのウインドウを覗いて、求人募集の張り紙なんか探しちゃう。

働きたい。っていうか働かないと、今の生活を維持できない。

1年以上、飲食店の配膳のバイトをやってきましたが、場所が新橋だったので、通勤時間がもったいなかったです。次はもっと近くじゃないと。

22歳の時に宅地建物取引主任者証(宅建)を取得し、宅建業での営業の職歴もあるから、宅建業がいいなあ。地元の不動産屋さんなら、中国の方が多く利用するから、私の語学能力も活かせるにちがいない。努力は必要だけど、やりがいがありそう。

でも、1日に5時間程度の労働じゃ、使ってもらえないんだろうなあ。

実際5時間働けるのか? 私……。

パートタイムで責任のある仕事を任せてもらえるほど、世の中は甘くない。そうなれば、やっぱり現実的に、スーパーのレジ打ちか、飲食店だろうなあ。

それだってマックス5時間じゃあ、むずかしいのかな?

うーん……。

くどくどと悩みを書いて失礼しました^^;

いえね。飲食店でバイトをしている時、保護活動や犬猫たちのお世話、家事との両立? に苦しんだのです。だけどたとえわずかでも、自分の収入があるのは嬉しかった。それに、なんていうか、この社会の生産力のほんの一役を担えている気がして。

お出かけ記事などもUPしているので、一見そんな風には見えないでしょうが、ゴンタが前よりずっとお留守番できなくなりました。今、私が3時間以上出かけ る時は、チチが見てくれています。チチも社会人ですから、当然つきあいがあります。チチが出かける時は、私が家にいなければなりません。お互い助け合って 乗り越えている毎日です。

ゴンタは変わりました。

まず、ひとりではうまく食べれなくなり、食事の介助が必要になりました。食べ終わるまでの時間も、前よりずっと延びています。

食欲旺盛ですが、途中で、噛むのも飲み込むのも忘れてしまう時も。

膝に抱きながら、一口一口食べさせ、終わると顔を拭きます。

食べるだけならまだしも、お水もひとりでは飲めないので、1日に何度も、水飲みの容器を鼻に近づける作業が必要です。

食べる、飲む、に加え、お得意だった旋回運動も不得手になりました。

目的のない行動……旋回、徘徊。

だけど痴呆の犬にとっては重大任務です。

一度まわりだしたら止まりません。ぐるぐるぐるぐる、起きている間中、何時間でも連続してまわっています。痴呆の犬を知らない方は、にわかに信じがたい光景でしょうが、本当にノンストップ、でした。

ゴンタが来て2年経ちますが、近ごろは、旋回が思うようにいきません。

転んだり、立てなかったり。

その都度、ゴンタはイライラし、大声で叫びます。

ねこなで声ならどんなにいいか。

「ワオン!! ワオン!! ワオン!!」

私が体勢を変えてあげるまで、エンドレスに騒ぎます。

今、寝たきりになる一歩前なんだと思います。

体が思うように動かなくなってきた。

でも、まだ動く。

だけど、やっぱり動きづらい。

当然、本能は「動きたい」方にいるので、苛立ちが大きいのでしょう。

体勢を直しても直しても、また倒れる。ならいっそ起き上がらないで寝ていればいいのに、と思うけど、ゴンタは起きたい。自分が劣化していくような感覚に苛まれ、抗おうとするのでしょう。

ひどい時は、数分おきに叫ぶので、ナナがゴンタのケージのそばでごはんを食べなくなりました。私も働かずに家でだらっと過ごしている割には、睡眠不足で、妙に疲労感が^^;

ゴンタが来ていろいろありましたが、今が一番壮絶かもしれません。

1年前はお外で少し歩けていました。立派な雄姿です。
クリックすると元のサイズで表示します

最近の写真↓
クリックすると元のサイズで表示します

起きている時は私が支えているので、写真が撮れない。
クリックすると元のサイズで表示します

寝ているシーンばかりでごめんなさい。
クリックすると元のサイズで表示します

先日、2年弱封印してきた安定剤を飲ませたあとに撮った写真です。

寝れないゴンタも、寝れない私たちも、どっちも不幸だから、先生に相談し、規定量の半分だけを飲ませました。なんか、無理やり寝かせるようで心が痛かったなあ。

薬のおかげでゴンタはその晩、ひさびさにぐっすり眠ってくれて、その寝顔をみて、私はまたがんばろうと思えました。

昨日は円形のエンドレスサークルの購入を検討しネットであれこれ調べたり、めったに読まない老犬介護のブログをサーフィンしてみたり、いろいろ研究も^^

エンドレスサークルを設置したら、ゴンタはパニクるんじゃないかとか、でもあった方が転びづらいのかな? とか。気づいたら頭の中は、ゴンタ一色。

老いて赤ちゃんに戻ったゴンタ。

前ほど立派に歩けなくなったし、できないことが増えています。

だけど立派に歩いて見せたゴンタも、起きたいと駄々をこね、泣いてしまうゴンタも、ゴンタはゴンタだから、私はやっぱり、両方好きです。

どうか神さま。

ゴンちゃんが、辛いばかりじゃありませんように。

スポンサーリンク





食と輪郭

関東地方は驚きの大雪です。犬たちを連れてドッグランに行くつもりでしたが、断念。家の中でじっと過ごします。外で生きなければならない犬猫は不憫ですね。

昨夜は、姉ちゃんルルさんパピさんと新年会を開催。

地元のタイ料理屋でごはんを食べました。こんな写真しか撮れなかったけど^^;
クリックすると元のサイズで表示します

すごいボリュームです。カニカレー、カニの炒め物、トムヤンクン、あとなんだっけ? 女子4人、ペロリと完食。お値段もリーズナブルでお財布にやさしい。また行きたいな♪

食といえば! 先日豆さまから、チゲ鍋セットが届いたのです。
クリックすると元のサイズで表示します

野菜の値段が高騰している昨今、これだけの量をいただけるのはありがたいですね。お風呂上がりの我が家の「のび太くん」が、手を合わせて“いただきます!”していました。
クリックすると元のサイズで表示します

一晩では食べきれなかったので、二夜連続チゲ鍋を堪能。

幸せでした。豆さま、ごちそうさまでした。

そしてそれでもあまった野菜をつかい、犬用おじやを作りましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します

作る人いないかもしれませんが、念のため材料を書いておきます。

※かつおでダシをとったスープ、冷凍ごはん、鶏肉、白菜、キャベツ、芋、えのきだけ、水菜、くずきり(くずきりは戻してから細かくします。消化をよくする ために、フードプロセッサーにかけてもOK)、煮込みあがったらオリーブオイルやごま油、または亜麻仁油をかけて完成! 各種サプリメントと混ぜ合わせ、 ナナ、リル、ゴンタのお口へ^^

食べることは生きること。

たくさん食べていつまでも元気でいてね。

福多朗やひかるにも、おいしいごはんが届きました^^
クリックすると元のサイズで表示します

送ってくださったのは、ゆきちゃんの父さまです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ゆきちゃんは左側の白いにこにこ犬。カレンダーの「2月スペシャルゲスト」です。右の猫さんは今は亡きサニーちゃん。腎不全を患い、14年の生涯に幕を閉 じました。サニーちゃん用にそろえたごはんを、送ってくださったのです。ご寄附やお手紙も入っていました。福多朗もひかるも喜んで食べています。本当にあ りがとうございました。

「お母さん、わたしのごはんもそろそろ注文しないと」
クリックすると元のサイズで表示します

ふふ^^

大丈夫よべべ。

注文するから。べべのごはんのことが出てこなかったから心配だったのね。ちゃんとわかってるから、安心しなさい(笑)。

さあ、福多朗好きの皆さま、お待たせしました。

カーテンの向こう側に黒い影を発見した福多朗。
クリックすると元のサイズで表示します

影の正体が気になります。
クリックすると元のサイズで表示します

ちょんちょん
クリックすると元のサイズで表示します

ちょんちょん
クリックすると元のサイズで表示します

もしもし?
クリックすると元のサイズで表示します

エイッ!
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗はとても快活で、遊びが大好き。

ほほと福多朗が遊んでいるシーンは、なんていうか、心が揺さぶられますよ。

ふたりとも一生懸命「生」を謳歌していて。

愛らしさこの上ないです。

福多朗、ご縁に恵まれるといいねえ。

最後になりましたが、私の考える福多朗の家族像について、ちょっとだけ述べておきます。これから書くことは、あくまで原則であり、例外がないわけではありません。個別にお問い合わせをくださった上で、やり取りした方がいいので、さらっとお読みください。

①福多朗はお留守番できます。私もチチも24時間家にいるわけではありません。でもできれば、1日7時間~9時間以下のお留守番のご家庭が望ましいかな と。もちろん、冠婚葬祭、お仕事の都合、その他いろんな事情がありますので、たまにもう少し留守番が長く日があるのは大丈夫です。あくまでも普通の日の平 均的なお留守番時間です。パートタイム(6時間前後)くらいのお留守番なら、なお安心です。

②犬猫大好きの福多朗ですが、一番依存する相手は人間です。福多朗は大変な甘えん坊ですので、先住さんがいらっしゃる場合には、2~3頭までのお家にと考えています。私の主観ではありますが、家族探しは保護主が基準を決めるのですから、ご理解くださいね。

③小さなお子さまのいらっしゃらないご家庭にお願いします。福多朗は、現在、ジャンプができない以外は、他の猫となんら変わりません。自分のことはなんで も自分でできます。ですが、残っている前足2本を壊すと、生活の質が落ちてしまいます。故意でなくても、お子さまによる家庭内の事故が起きては心配なの で、中学生以下のお子さまがいらっしゃらないご家庭を希望しています。抱っこして高い場所から落とした、強く踏んでしまった、蹴ってしまった、などが起き にくいご家庭じゃないとね。

④はじめて猫と暮らす方でも大丈夫です。安心してください。真剣な思いで福多朗と向き合ってくださるなら、私もできる限りのサポートをいたします。

ずらっと書きましたが、ここに書いたのはあくまで「輪郭」です。

原則であり、絶対ではありません。この他にもいろいろあるんですよ。最低限のことは、いつでも里親募集中のサイトにも書いてありますので、そちらも併せてご覧ください。

かつくん「卒業猫さんのお宅に行ったことなど、まだ書きたいことがあったハハですが、長くなりましたので、またの機会にするそうです。福多朗の家族募集に ついてハハの考えを書きましたが、臨機応変に対応する方法を取っていますので、さらっと読むにとどめてください。不必要に福多朗の可能性を狭めたくはない とハハは考えているので、どうか遠慮なくお問い合わせください」

スポンサーリンク





THE 保護活動1

~まえがき~

ごめんなさい。今回は福多朗は出ません。

(第1章 出会い、別れ、そしてまた出会い)

ある町にみすぼらしい野良猫が住んでいました。

名もなき野良猫は、いつも傷だらけ。

常に空腹。

汚水や生ごみで腹を満たしながら、右へ左へ、所在なく彷徨い歩くしかなかったのです。今の一瞬を生き延びれる場所を求めながら、トボトボトボトボ。

あたたかい寝床や、撫でてくれる手とは無縁の生活。

生きる意味などどこにもない。

死に方を知らないから、死なないだけの日々。

そんな野良猫にある夜、転機が訪れました。

20代後半の女の子と、その夫に出会ったのです。

女の子の母親は、野良猫のテリトリー内で飲食店を経営しています。飲食店を見つけた野良猫は、たまにもらえるマグロの刺身を目当てに、足繁く飲食店に通うようになっていました。

女の子は、外の世界に野良猫が増えるのを好みません。そこで、夫と共に、野良猫をつかまえ、去勢手術を受けさせることにしたのです。

空腹の野良猫は、まんまと女の子の仕掛けた罠にはまり、動物病院へ連行されました。

気がついた時には、去勢手術が終わっており、女の子の住むアパートのケージの中にいたのです。

「イタタタタタ! なにすんだよ]

「ごめんね。1週間のがまんだよ。手術の傷が癒えたら、また外に戻してあげるから。1週間だけお世話させてね」

朝が来て夜が来て朝が来て夜が来て……

とうとう、1週間が経ちました。

女の子と夫は、予定通り、ぽんたと名づけた野良猫を、外に連れて行きました。そしてキャリーのフタを開け、ぽんたを逃がしたのです。

虚を突かれたぽんたは何度も振り返り、なかなかその場を立ち去ろうとしませんでした。

そこではじめて、女の子は、後悔をおぼえたのです。

いいえ。

実はぽんたを家に入れた時から、ずっと迷っていました。ぽんたを野良猫に戻したくない。でも、家では飼えない。ぽんたはハンデがあるから、誰も里親になってくれないかもしれない。なら、外に放すしかない。

女の子を見上げたあと、ぽんたは腹を決め、ようやく歩き出しました。

女の子はポタポタと涙を流しながら床に座り込み、去り行こうとするぽんたの背中に叫んだのです。

「おねがいぽんた、やっぱり行かないで!! お家に帰ろう」

闇に溶け込むぽんたの後姿を思い出しながら、涙の女の子は、姉に電話口で言いました。

「アンちゃん、私、もう1回、ポンタをつかまえたい……」

「なら、つかまえに、行く?」

「今から?」

こうして妹は、再びぽんたに罠を仕掛けることにしました。そして、知恵比べ根比べを繰り返しはしましたが、ぽんたはやはり食べ物の誘惑に負け、放されてから24時間後に、再び妹のもとへ戻ってきたのです。

「ぽんたの真っ白だった肉球が、たったの1日で汚れてしまった……かわいそう」

ぽんたのキャリーを抱きながら、妹はまた泣き崩れました。

(第2章 ぽんたとの毎日)

家での生活を送ったことのなかったぽんたは、いろいろ戸惑いました。食事の時間、トイレの場所、細かい規則。狭い空間、絡んでくる犬や猫、そして、距離を縮めようとする人間。

「シッシ、あっちへ行きな!」

こう言われつづけてきた元野良猫。誰からも必要とされなかったぽんたは、以前の生活と今の生活のギャップに驚いたのです。でも、なかなか悪くないと思いはじめました。

「あたたかいね、ここ」
クリックすると元のサイズで表示します

「犬もいいヤツ多いんだね。知らなかった。犬のまめはぼくにはじめてできた友だち」
クリックすると元のサイズで表示します

「ねえねえ。今日は何時に帰ってくるの? ぼく待ってるから」
クリックすると元のサイズで表示します

妹とぽんたの距離は、時間を重ねるたびに縮んでいき、いつの間にか、お互いいなくてはならない存在にまでなりました。

朝が来て夜が来て朝が来て夜が来て……

「おはよ。今日もぽんちゃんが好き」
クリックすると元のサイズで表示します

ぽんたに対する家族希望のメールが届いたのは、ちょうどその頃だったのです。

「はじめまして。私は、ぽんたくんを家族に迎えたいと考えている者ですが……」

メールを読んだ妹は、言葉を失ってしまいました。

つづく

スポンサーリンク





私の決意文

今日は皆さまに聞いていただきたいことがあります。

うまく書けるかはわかりませんが、おつきあいください。

福多朗の排便は、現在スムーズです。2回の骨盤矯正手術が功を奏したと言い切れるでしょう。よって私は、福多朗の家族探しをはじめます。

これでよかったと笑ってくださる方もいらっしゃるでしょう。

この時点で私の決意に、がっかりする方もいらっしゃるでしょう。

うぬぼれかもしれませんが、いずれにせよ、皆さまが703号室に心を寄せてくださっている証だと思い、皆さまのご善意やお気持ちを無駄にせぬよう、しっかりと歩んでいきますので、どうか見守ってくださいね。

福多朗は、私にとって、特別な存在です。
クリックすると元のサイズで表示します

キラッと輝いているでしょう?
クリックすると元のサイズで表示します

常に前を向いて生きている猫です。
クリックすると元のサイズで表示します

努力家であり、甘えん坊、食いしん坊でもあります。
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗に悲壮感を求める方がいらっしゃいましたら、福多朗はその方のイメージとは異なります。動画を見てくださった方は、おわかりになりますよね?
クリックすると元のサイズで表示します

私は福多朗に涙を流しました。

けれど、福多朗に笑わせてもらった回数は、その千倍です。

福ちゃんと、いつも一緒にいたいです。
クリックすると元のサイズで表示します

離れるのが、怖くてたまりません。

だから、里子に出せない言い訳をたくさん考えました。

ここに書く言い訳ではありません。

自分のお子たちと、自分自身に対する言い訳です。

私でなければ見れない理由。

うちでなければならない理由。

いっそ福多朗が、ここまで回復しなかったら、私はこの子とずっと一緒に暮らしていけるのに、とも。

それほど福多朗は、人を夢中にさせるワルイ男なのです。
クリックすると元のサイズで表示します

会ったらきっとメロメロになりますよ。
クリックすると元のサイズで表示します

そしてこの子の強さに、圧倒されるでしょう。

でも私には、すでにべべ、ナナ、リル、ほほ、あまたがいます。半端じゃなく手のかかるゴンタもいます。犬猫を保護する際、毎度キャパについて悩んできまし た。1頭家の中に入れるためには、原則、1頭を里子に出さなければ成り立ちません。心の傷が深いFIVキャリアのひかるは、ご縁が決まるまで、相当の時間 がかかるでしょう。今、我が家に新しい子を入れるためには、福多朗を出さなければ。

保護活動保護活動保護活動!!

微力微力微力……

キャパキャパキャパ!!

ああ。

ワオーーーーーン、と、吠えたい気分です。

まあ、仮に我が家にもう一部屋環境的キャパが増えたとしても、今の私の体調では、福多朗を家族にすることが難しいでしょうけど。ここに体のことを書くと、 いろんな方にご心配やご迷惑をおかけしますが、昨年から私は、体調の悪化を著しく感じるようになりました。私はもう、健康な子猫や子犬を一から育て上げ、 看取るのは難しいかもしれません。目上の方が読んだら、なんと情けない女だと叱咤を受けるでしょう。40前なのに、すでに健康に自信がないなどと、恥ずか しい発言です。ただ、隠しても仕方ないし、私が言いたいのは、なにも今のことだけではありません。5年後、10年後の話です。

我が家のお子たちは、5歳のほほを除いて、ほぼ全員シニアなので、うちのお子たちより私が先に逝くことはないでしょう。全員、きちんと見送れると思います。だけどまだ推定1歳そこそこの福多朗はうちのお子たちとはちがう。

まーものような保護猫ともちがう。

福多朗とまーものちがいは、おわかりになりますか?

まーもは残したけれど、福多朗は出す。

その理由は、語らなくてもおわかりいただけると思います。

要は、余命宣告をされたかどうか。

まーもは生きていました。けれど保護した時には死の影が、着実に迫っていたのです。

でも、福多朗は、命がパンパンに詰まっています。

両足がないだけ。

度重なる検査を受けても、内臓は、ひとつも悪くありません。

だから、もっといい環境で、幸せになってほしい。

決意文と言いながらも、まだ私は、揺れています。

正直、断腸の思いでキーボードを打っています。

全部福多朗が悪いのです。

福多朗が、愛らしすぎるから。

だけど私の個人的な未練を断ち切って、福多朗に良縁を結べるよう、精いっぱい努力しますので、皆さま、応援してくださいね。そして、これを読んでくださった方の中で、福多朗の家族になることを希望してくださる方は、ドン引きしないでください。

言い換えれば福多朗は里子に出したくないほど魅力的でありながら、うちに残る理由が見つからないほど健康だということです。

私は微力ですが、プロですから、自分の個人的な感情にほだされ、手放さないなどはあり得ません。福多朗にとって、良縁だと思えば、きちんと譲渡します。

だから気兼ねなくお問い合わせください。

福多朗のどこを見ますか?

暗い過去ですか?

無くなった足ですか?

それとも……彼の本質を見ますか?

最後に、みいさんが撮ってくれたお気に入りの1枚を(今日の写真は全部みいさんの提供)
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗は家族を求めています。

福ちゃんの紹介、生活ぶりなどは、次回たっぷりと。

チャオ!

スポンサーリンク





しんねんの ごあいさつ

「みなさま あけまして おめでとうございます」
クリックすると元のサイズで表示します

「ぼくにも あたらしい年が やってきましたよ」
クリックすると元のサイズで表示します

「とても うれしいです」
クリックすると元のサイズで表示します

「にょきにょき年は いっぱいたべて げんきよく 生きたいです」
クリックすると元のサイズで表示します

かつくん「みなさまあけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくおねがいします。ハハはまだ完全には復活していないので、年賀状を送るのを断念したそうです。年賀状代わりにゆっくりお手紙かお葉書を書くらしいです。

福多朗は相変わらずです。昨年末、福多朗にご寄附をお預かりしました。にゃん太さんまるぽこの母さま、どうもありがとうございました。福多朗は幸せな猫さんですね。2013年の前半は、福多朗やひかるに焦点を当てながら更新していく予定です。楽しみにしていてくださいね。もちろん、日々の生活やお子たちも登場します」
クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク