門出を祝いつつ

年末にあつこさんよりお餅や野菜が届きました! あつこさんありがとうございました。

oyome (10)

 

 

おいしかったです。ごちそうさまでした。

 

 

「ねえねえお母さん……なんかこの家妙に静かじゃない?」

oyome (4)

 

 

そうなんです。かわいいお嫁さんたちがつぎつぎと巣立ってしまったもので。

 

 

一番手をかけてあげられなかったのは桜かな? 時間が足りなかった。

oyome (6)

 

 

いっしょにいたくて昨夜リビングに連行し思いっきりフリーにしてみました。

 

桜、あれもこれもさせてもらいたかったな。束の間だけど我が家に来てくれてありがとう。

 

 

昨日は群馬県に夜々子&すやのお届けへ!

 

急な声掛けにも関わらずマイ太郎さんが快くつき合ってくださいました。ほんとうにありがたい。マイ太郎さんのやさしさに救われました。しかもずっと運転してくれたのですよ。

 

 

車&キャリー嫌いのやや、移動がんばりました。お疲れさま。

oyome (2)

 

 

すやは卒業の朝に大捕物劇を繰り広げてしまい警戒モードマックス。けれど車内ではややよりおとなしかったです。えらかったね。

oyome (3)

 

 

群馬から戻り私は熱を出してしまいました。扁桃腺が腫れ頭フラフラ。お決まりのウザくて大嫌いな頭痛も(涙)。風邪薬を飲み、約9時間爆睡。夜中に一度目を覚ましたものの、パソコンも開かず、桜の嫁入り支度もせず、食べもせず、飲みもせず、ただひたすら眠りました。

 

 

おかげで体調が半分程度回復し、本日元気よく桜を見送れました。大切な日だものね!

oyome (5)

 

 

桜のお届けは妹と。妹も風邪気味なので運転は私でしたが隣にいてくれるだけで心強かったです。首都高を走行中、道をちょっとまちがえた以外はスムーズにスイスイ♪

 

夜々子、すや、桜の美女トリオの卒業記事は丁寧に書きたいのでしばしお待ちください。

 

プライベートの問題や仕事が一段落したらすぐに着手します。1週間以内には必ず!

 

 

左:桜のお届けにて              右:母の誕生日祝い

oyome (9)oyome

 

 

夜、母の誕生日を祝うため妹夫妻とお店へ!

 

私からは花束、化粧品のプレゼント、おこづかいを。母にクリスマスプレゼント(靴)を奮発した妹は今回はケーキのみを担当(笑)。いろんな行事を終えた一週間でした。

 

連休最後の明日は家事をやっつけてのんびりとした夜を迎えたいです。

 

 

夜々子、すや、桜の門出を祝いつつ彼女たちにありったけの感謝を捧げます。

 

 

生きて奇跡を見せてくれてありがとう。

 

あなたたちはたくましくすばらしい女性です!

 

PS MIHOさんのブログに「すや」の感動記事が載っています。ぜひごらんください。

 

Good Night!

 

スポンサーリンク





嫁入りカウントダウン

ご心配おかけしていますが生きてます!

 

今日やっとぜんぶ揃いました。先日25キロ以上のフードを買ったのですが猫のほうがなかなか来なくて。小袋3つは美しいお嫁さんたちへのお嫁道具のひとつとして注文していたので卒業に間に合うか心配でした。ぎりぎりセーフ! よかった。

IMG_7707

 

 

あー明日で夜々子とお別れか。正直すごくさびしいです。ほんとうにかわいいだもん。

IMG_7460

 

 

すやとは仲良くなれずじまいだったね。ごめんね。たくさん食べて元気に生きてほしいな。

IMG_7465

 

 

つい先日やってきたと思ったら、桜もあさって行ってしまうのね。最近ちょう甘えん坊ですよ。

IMG_7703

 

 

仕事と体調不良が重なってしまいましたが、夜々子、すや、桜のことはしっかりと見送ります。もっといろいろ手をかけてあげるべきだったのに不自由な思いをさせて悪かったなあ。

 

桜は一日長くいっしょに居れるから明日たっぷりこねます♪

 

みんな大好き。それぞれの旅立ちにデッカイ幸あれ!

 

夜々子LOVE!

すやLOVE!(たのむ! 心開いて~)

桜LOVE!

 

スポンサーリンク





リンク

年末、私は深く思い入れている卒業生に会いに行きました。

ffiuaoer (10)

 

 

里親さんにはどれだけ感謝してもしきれません。

 

卒業生の名は「じゅん」と「めい」。

 

※ 過去に数えきれないほど登場しているのでよろしければ「じゅん」「のりまき」「めい」「グッチ」を入力しブログ内の検索機能で検索してみてくださいね。関連記事をいくつかはりつけたいのですが、ひどい頭痛に見舞われ余裕がありません。

 

じゅんは6年間近所で不器用に生きてきた孤高の猫でした。

 

「のりまき時代」のじゅんは常に痩せていて常に汚れていました。

 

灰色の身体から外を突き刺す鋭い眼光。

 

 

心ない人のバイクの座席で暖をとっているところを見つかり、ほうきで殴られていた現場。

 

降りしきる雪の中ポツンと佇むまるまった背中。

 

静かにゴミを漁るシルエット。

 

じゅんはあまりにも悲しい猫でした。

 

今も彼の苦労が脳裏に焼きついています。

 

 

なかなか捕まらなかったじゅんをようやく703号室に連れて帰れたときの安堵感はたとえようのないものでした。神さまが私にごほうびを与えてくださったのだ、と思いました。

 

 

そのじゅんが、「卒業生」となって余生を生きているのです。

 

いえ。愛情深い里親さんの体内から新しく生まれてきたのかもしれません。

 

 

里親さんの愛娘「小人姫さま」とのツーショット

yainoyaino (2)

 

 

怒りの感情以外うまく出せず所在なくさまよっていたじゅんが、小さな足を枕に眠っている。

 

 

里親さんから送られてきた写真を前に、涙が止まりませんでした。

 

 

じゅん、来たよ。

ffiuaoer (15)

 

 

約半年ぶりの再会だね。

ffiuaoer (2)

 

 

ウソみたいにまあるくて白い。

ffiuaoer (3)

 

 

703号室の卒業生はじゅん(のりまき)だけではありません。じゅんと同時期に保護した黒猫めい(グッチ)もいます。めいは黒い上隠れん坊なのでこれしか写真が撮れませんでした^^;

ffiuaoer (13)

 

 

FIVキャリア、人馴れいまいちのめいの家族探しは苦戦の限りでした。

 

せっかくお話が来てもなぜかキャンセルが相次ぎ、私は精神的に何度も折れかかりました。

 

「FIVキャリアが先住犬にうつったら怖いので辞退します」

 

と言われたこともありました。FIVウイルスは犬にうつらないのに。

 

私の大切な保護猫を分厚い色眼鏡で品定めされているようで苦痛でした。

 

だから里親さんからお問い合わせが来たとき、どうせまたダメだろうとのやさぐれた気持ちもあったのです。必要以上の期待を持つことに、もう耐えられなくて。

 

 

めいの卒業時に渡した「グッチだるま」がお正月の飾りといっしょに置かれているのを発見♪

ffiuaoer (7)

 

 

グッチの名と片目を描いた頃は必死だったな。

 

 

里親さんちにはじゅんとめいの後輩「ブランくん」も仲間入りしています。

ffiuaoer (11)

 

 

じゅん、めい、ブランくんは3名ともFIVキャリア。

 

けれど全員体重オーバー気味で元気いっぱい。

 

すばらしいことだと思いませんか?

 

 

マイ太郎さんに撫で撫でされるブランくん

ffiuaoer (12)

 

 

マイ太郎さんはやさしい方だから気持ちいいよね!

 

 

私もさわらせてもらいました。ブランくん、「祝! 家族になって一年記念」です。

yainoyaino

 

 

広いリビングは猫たちの楽園。トイレもそれぞれひとつずつ!

ffiuaoer (8)

 

 

ピザをシェアし

ffiuaoer (5)ffiuaoer (4)

 

 

里親さんお手製の栄養満点サラダを取っていただき

ffiuaoer (6)

 

 

ゴージャスで美しい手づくりケーキまでいただきました。

ffiuaoer (16)

 

 

まじめな話、ケーキおいしすぎておかわりしちゃったくらいです。

ffiuaoer (17)

 

 

マイ太郎さんもこの日ばかりはダイエット放棄でパクパク(笑)。

ffiuaoer (9)

 

 

里親さんと里親さんのご友人からはご支援やおみやげまで……恐縮です。

ffiuaoer

 

 

どうもありがとうございました。

 

 

帰り道、マイ太郎さんの助手席で私はなお、じゅんとめいと会っていました。

 

 

じゅんとめいの軌跡を、そして奇跡を、私の全細胞がくり返し思い出していたのです。

ffiuaoer (14)

 

 

過去と現在の彼らを、私の中でリンクさせながら。

 

ああ……

 

 

卒業生たちとご家族に深謝して。

 

BIG LOVE!

 

スポンサーリンク





703号室に生きる女性たち

自分のブログなのに今日はすごい出てきづらかった。

 

前回書かれていたのは私のことではなく私の双子の姉妹のほうです。

 

 

「正月とはこうあるべき」の主張が著しいチチの発案で最低限の行事はこなしたつもりですが頭の中は例の猫ばかり。さすがにチチの「一喜一憂しすぎ。チビたち(うちの犬猫たち)がかわいそうだろ」のひと言は無視できず、ハッと我に返った私。

 

あれから一度も会えていませんが、出会えたら次こそは必ず連れて帰ります。それまではスイッチを切り替えお子たちのお世話に心を尽くします。自分の新年の誓いですしね。

 

 

「じゃハハなんか食べものをください」

rantosyougatu (7)

 

 

またー! 夜々子はお正月休みに合計何本のちゅーるを食べたんだっけ?

 

 

昨日、桜が保護部屋に入りすやを慰めている現場を目撃しました。

rantosyougatu (12)

 

 

カメラを向けた頃にはもう終わっていましたが、桜がすやにグルーミングしていたのです。

rantosyougatu (11)

 

 

おかしかったのは、そのグルーミングが実にへたくそでぎこちなかったところ。

rantosyougatu (10)

 

 

すやの背中を毛の流れとは逆方向に舐めるもんだからすやはボサボサに^^;

rantosyougatu (9)

 

 

桜はあまりお友だち同士でグルーミングし合わなかったの? そういう機会少なかった?

rantosyougatu (8)

 

 

だとしたら余計に愛おしい。桜ありがと。ポーカーフェイスのすやもきっと喜んでいたと思う。

rantosyougatu (14)

 

 

「ちょっとあったかい」

rantosyougatu (13)

 

 

そうそう。くっついていればぬくぬくだもんね。

 

 

このあとややがすやのケージに入ろうとしたら、なぜか桜が激怒!

 

ややを追っ払っていました(汗)。桜、すやをややから守ってどうするんでしょう?

 

すやとややは同じお家に行くというのに(笑)。

 

 

保護猫たちとまったりすごしたあと、べべ、ナナ、リルを乗せ目的地へ!

rantosyougatu (15)

 

 

「やったー!」

rantosyougatu (16)

 

 

おりこうさんたち、お待たせしました! お正月に公園に連れてくる約束をしたのです。

rantosyougatu (17)

 

 

まずはドッグランでフリータイムをエンジョイ!

rantosyougatu (20)

 

 

内弁慶のナナ以外はじょうずにごあいさつできました。えらいね。

rantosyougatu (21)

 

 

ナナちゃんはリードで繋がっていないのに、お母さんのそばを離れません。

rantosyougatu (19)

 

 

けれどうれしいんだよね。ナナ、退屈な毎日に新鮮な風が吹き込んだ感じでしょう?

rantosyougatu (18)

 

 

ランで遊んだのち、併設された公園内を1時間半かけて歩きました。

rantosyougatu (3)

 

 

べべは足取りがおぼつかなくてときどき転びます。でも落ち葉のじゅうたんがだーい好き!

rantosyougatu (22)

 

 

みんなでなんのお話をしているのでしょう?

rantosyougatu (23)

 

 

リルのあどけない笑顔が印象的でした。キラキラしてるね。

rantosyougatu (2)

 

 

邪魔になるかな? と迷ったのですが、カメラを持っていくことに。この子たちが元気なうちに美しい姿を撮っておきたかったのです。先を歩くナナ、リル、チチ組をパチッ!

rantosyougatu (4)

 

 

チチがめずらしく「べべと撮りたい」と主張したのでパチッ!

rantosyougatu (6)

 

 

私も撮ってもらいました。汚らしいすっぴんなので遠目からお願いすることに。リル~!!

rantosyougatu (5)

 

 

なんじゃこりゃ? たぶんすっぴんだから撮影を拒否していたのかな?

rantosyougatu

 

 

この日iPhoneで撮った写真はコラージュに↓

rantosyougatu (24)

 

 

「犬は外~ 猫は家(内)~」と「703号室に生きる女性たち」がテーマです。

 

 

今、更新している私の足元にスヤスヤ眠るリルがいます。

yurimoi

 

 

木の板の上で硬くないのでしょうか?

 

柔らかい布団の上で眠ればいいのに。

 

「リル~」

 

名を呼ぶとかろうじて一瞥をくれましたが、ほとんどお母さん無視の状態です。

 

 

うちのお子たちにとって、703号室は憩いの場であり、終点なのですね。

 

ここがどんな場所だとしても、お子たちにほかの選択肢はない。

 

 

ならば私は703号室を安息の地にする義務があるのだとあらためて思いました。

 

いつもそばにいてくれてありがとう。

 

限りなく大切なうちのお子たちへ

 

KISS!

 

スポンサーリンク





三輪の花 ほか

あと一週間くらいで703号室の三輪の花が巣立ちます。

 

 

夜々子は環境の変化に弱いかもしれません。

faioufagfr

 

 

夜々子は我が家で二度体調を崩したのですが、思い返せば二度とも新しい保護猫が来たときでした。すやと桜……。あと夜々子は車での移動が苦手です。里親さんちは遠いので今からドキドキ。念のため抗生物質を少し持たせようかな?

 

 

すやのことも心配

faioufagfr (5)

 

 

夜々子とはそれなりにうまくやれるかもしれないけれど、人への不信感が消えません。里親さんへ私の素直な気持ちをメールしたところ、すやの存在を【ミニいせやん】だと腹を括り、1年でも2年でもすやの人馴れにつきあうとのお返事が届きました。

 

今のすや様を丸ごとひっくるめて、家族ですので」だそうです。やさしいですね。

 

 

度重なる移動が不憫ではあるけれど、桜は特に問題点がなさそうだから大丈夫かな?

faioufagfr (3)

 

 

703号室自慢の3名の美しいお嫁さん。

 

それぞれに持たせる嫁入り道具を考えるだけで胸がワクワクします。

 

幸せを願わずにはいられません。みんな超かわいいんだもん。

 

 

さて、ツイッターを見て知っている方もいますかね。

 

私は元旦から猫の保護に失敗し落ち込んでいます。

 

足元にすりよってきた子を持っていた洗濯ネットに入れたところまではよかったのですが、チャックが絡まってすぐにしめられない。猫は一瞬でネットの中から飛び出してしまいました。

 

その後も警戒せずそばに居つづけてくれたのに、手持ちのかつおバーを使い切り洗濯ネット保護の限界を感じた私は自宅に捕獲箱を取りに戻ったのです。猫はその間に姿をくらましてしまいました。あれから何時間も何度も行ってますが会えません。

 

あとでまた見に行ってみます。

 

神さま、縁があるならもう一度会わせてください。今度は絶対に連れて帰ります。

 

 

やだね。このどんよりした気持ち。保護したらたとえいっとき動物病院に預けてでもご縁探しをするつもりだったので保護できなかった自分がほんとうに恨めしいです。

 

 

「おかーさー ざね でちね」

faioufagfr (2)

 

 

 

「しかち にっこりね」

faioufagfr (4)

 

 

 

ありがと。ほほの顔を拝むと元気が出ます。

faioufagfr (9)

 

 

 

眺めれば眺めるほど味わい深い顔をしているのね。

faioufagfr (6)

 

 

 

「おかーさー も」

faioufagfr (10)

 

 

え?

 

お母さんはちがうでしょう。お母さんは!

 

 

至極標準的なアジア人の目鼻立ちだと思いますけど?

 

 

ほほや、そばにいて毎日個性的なお顔を見せてくれてありがとう。

faioufagfr (7)

 

 

アンテナをピンと立てて、いろいろ知って、ほほはえらいね。

faioufagfr (8)

 

 

ほほ、家に入れる子たちが増えるといいねえ。

faioufagfr (11)

 

 

外は寒いんだもん。

 

はあ。お母さん自分が憎いしとても悔しい。

 

スポンサーリンク