天音への ラブレター

前回の更新の直後、いよいよ保護猫天音(あまね)へのラブレターを書こうとパソコンに向かった私ですが、まず頭が真っ白になりなにも浮かんできませんでした。

 

次にぽんぽんとさまざまなシーンが閃き、よぎり……あ、いけるかな? と思ったのですが、しかしそれらはランダムな点のように不均等かつ不規則で、線につなぐ自信を失い厭になりました。やる気がなかったのではなく、意気込みすぎていたからです。

 

ワードを立ち上げたまま、深夜2時半頃までウロウロネット徘徊。

 

はあ、こりゃもうだめだ……あきらめかけた頃、なにげなくスクロールしていたマイ太郎さん撮影の天音の写真が突如、強い印象を持って私の目の中に飛び込んできたのです。

123 (4)

 

 

気持ちよさそうに光合成している天音。

 

ここまでの道のりは平坦じゃなかっただろうに、あなたはひと言も嘆かずに、ただ陽の光を全身に浴び、まどろんでいる。

天音、生きているんだね。

いろんな気持ちを抱えながらも、あなたはシンプルに「生きる」をエンジョイしているんだね。

 

天音を遺し先に逝った前の飼い主さんの無念さや、一時とはいえ前の飼い主さんに代わり天音にごはんを与えてくれた隣家の男性や、私が保護したあとすぐに天音の預かりを表明してくれたマイ太郎さん母子の善意を背負い、今自分はここに立たせてもらっているんだと気づきました。そうしたら、天音の声が聞こえてきたのです。

 

「わたしは 若くありません。

それなりに 年輪をかさねてきました。

猫歴は ながいのです。

わたしは 捨てられたのではありません。

かつてわたしには ひとりだけ 家族がいたのです。

わたしよりさきに 旅立ってしまった あの人が」

 

 

その後は文字カウントを意識しながら無我夢中でキーボードを叩き、気づけば夜明けの時刻。夏に向かうこの時期は、日の出が早いんですね。

 

物理的には遠く離れているけれど、なんとなく、天音とともに朝を迎えた気がしました。天音の周りには、彼女に微笑んでくださった方々が寄り添っているようなイメージでした。

 

熱く語った割にはちゃんと紹介文になっているか微妙ですが、ラブレターはこちらです。

 

⇒  「天音(あまね)/ペットのお家」

 

医療ケアを含めた天音の詳細が書かれています。気になる方はどうぞご覧ください。

 

そして、ともに走ってくれているスペシャルサンクスのマイ太郎さん天音への記事も!

 

天音は家族を求めています。お心ある方からのお問い合わせをお待ちしています。

掲載1

 

(天音の写真はすべてマイ太郎さん)

 

マイ太郎さんのお母さまのお家に天音に会いに行った日の記事も近日中に載せますね。

 

 

卒業を控えている保護猫さんきゅう&寿子は元気に過ごしています。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク





わたしは熟れたワインのように

まりおさんにいただいた栄養ドリンクを飲み、今日は徹夜を覚悟で私が保護した忠猫 天音へのラブレターを完成させようと思います。

 

ラブレターといっても私が彼女に宛てる手紙ではありません。

 

私から彼女の未来の家族に綴る天音のプロフィールです。

 

残念ながら私は天音の軌跡のわずかな断片しか知りません。書くにあたり彼女から直接あれこれ聞けたらいいのですが、相手は猫ですからそうもいかないでしょう。

 

うまく紹介する自信がないけれど、私、天音に幸せになってほしいです。

 

世界で一番愛する人を失った天音に声をかけてやりたいのです。

 

あなたがなくしたものは戻らない。

しかし今を生きるあなたに陽の光が降り注いでいることを感じてほしい。

あなたを想うひとりとして伝えたいです。

 

天音あなた、さんさんと輝いていますよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

(写真:マイ太郎さん

 

熟れたワインのように酸いも甘いも苦味も渋味もボディにつめこんだオトナ猫天音

 

彼女の家族募集はカウントダウンの域に入りました。

 

どうか天音の姿がお心ある方の目に留まりますように。

 

 

 

スポンサーリンク





フィルター

今日息抜きのつもりでフェイスブックのタイムラインを見ていたら、猫をドラム型洗濯機に入れて回す画像が流れてきました。虐待した人間が直接流したのではなく、「こういうの許せない!」という方が記事にしたのです。

 

その猫の形相が忘れられず、私は吐き気を催しました。心臓が痛かったです。

 

私が目の当たりにした画像は氷山の一角なんでしょうね。

 

 

私はよく、犬猫の保護譲渡を「だれにでもできる活動」と書いています。

 

しかしそれは「真剣に取り組めば」だれにでもできるという意味です。

 

疲れたら目の前の一頭でやめてしまえばいいと思います。

 

けれど、関わった一頭は妥協せずなにがなんでも幸せにしなくてはいけないですよね。

 

私は今、自戒を込めて綴っています。

 

犬猫を保護している方は、希望者さんをよく見極めてください。

 

三味線業者、虐待する人、犬猫とは暮らせないほど起伏の激しい人、経済的に完全に破綻した人も犬猫をほしがります。みんな善人の仮面をかぶってやってきます。

 

「期日がない。困っている。だれでもいいからもらってくれ」

 

「この縁話を逃したらもういい話が来ないかもしれない」

 

保護主のその弱みにつけこまれます。

 

ご自身が保護動物を見下げてはいませんか?

 

“この子、だれももらってくれないかも……”

 

焦る心を敵に見抜かれ、悪魔が善意に扮して寄ってくるかもしれません。

 

実際、本当のことをお話しましょう。

私の保護動物への問い合わせの中には、相当なレベルで怪しい人間も多数紛れ込んでいます。ときに鳥肌が立つような不快で不気味な思いをしながら石橋をたたくような活動をつづけています。はじめからすばらしい里親さんだけが私のまわりに集まってくるわけではありません。

 

私は「譲渡」までに何重もフィルターをかけています。

 

譲渡後のトラブルに備え自分にできうる最大限の考察も怠っていません。

 

多角的、客観的、包括的に物事を考えるよう心がけています。

感情的になりすぎず……むしろそのときの私は、驚くほどドライかもしれません。

 

だれにでもできる活動ではありますが、真剣に精査すべきところがあるのも事実です。

 

人を見抜く自信がない方は、どうぞ保護活動をしている方に一緒に考えてもらいましょう。

 

せっかく保護した犬猫たちを虐殺されるのはあまりにも不幸です。

 

人を疑うのはよくないです。

けれど、犬猫の譲渡に於いては「人への過信」こそをもっとも警戒すべきだと思います。

 

人のメールや言葉をそのまま信用するのではなく、人の背景になるだけ焦点を当てましょう。

その人の背景と言動に著しい矛盾が出る場合は注意が必要かもしれません。

 

多いとか少ないとか、保護した頭数は関係ありません。

保護した子たちの未来に責任を持てる方が「デキる保護主さん」だと思います。

 

わかっているような顔をしてえらそうに生意気を申し上げました。

 

気分を害した方がいたらごめんなさい。

 

でも、世界すべてが明るいわけではないので気をつけるべきことを気をつけたいですよね。

 

 

幸せになれる子が増えますように!

IMG_3361

 

 

保護動物たちの旅立つ先がスイートホームでありますように。

IMG_3277

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





ぼくは 袋 のーさんきゅう 他

「みなさま ぼくらにたくさんのお祝いのことばありがとうございます」

hoh (8)

 

 

「ぼくはこれから 妹のじゅこを守りながら ともに楽しく生きていきます」

hoh (4)

 

 

「なによ? えらそうに……お見合いでハハが言い忘れたけど さんきゅうにはへんな趣味があるのです。さんきゅうの悪趣味をわたちが名づけてやりました。

“袋 のーさんきゅう”。

※ しかし さんきゅうの場合 エコ的観点からの行動ではありません。

包装袋を見つけるとたまらず裂いてしまう悪習があるのです。

わたちのせいにされるかもだから気をつけてよね。おとーさん おかーさん おにいちゃん わたちの 新しい家族のかたがたに 先にお話しておきます。

さんきゅうは カリカリの袋を裂きました。

さんきゅうは おやつの袋を裂きました。

さんきゅうは またたびの袋を裂きました。

さんきゅうは トイレ砂の袋を裂きました。

さんきゅうは さぶ兄の 水素水の袋まで裂き 昨夜ハハにねっちり小言を言われました」

hoh (6)

 

 

な訳で里親さん^^; 袋系には気をつけてください。昨日話しそびれてごめんなさい。

 

さんきゅう&じゅこの里親さんはご一家でお見合いに来てくださいました。

hoh (17)

 

 

「あたしも なでなでしてもらったよ」

hoh (3)

 

 

そうだよねー♪ ナナちゃんもべべもリルもいい子いい子してもらえたよね♪

 

 

イケメンの息子さんは、テレビ裏に隠れ疲れてようやくノソノソと外界に出てきたほほにもやさしく接してくださいました。こうしてずっとさわってくれたのです。

hoh (2)

 

 

里親さんご一家からはおみやげまでいただきました。かわいいメッセージカードつき^^

hoh

 

 

ありがとうございました。お届けの日にまたお会いできることを楽しみにしています。

 

 

「チビどもはいいな ハハちゃん おれもいつかさあ 家族とかが迎えに来るのかな?」

hoh (5)

 

 

いせやん絶対くる! 約束する。一気にたくさんできなくてごめんね。さんざんあとまわしにしてごめんね。でも必ずいせやんに合う里親さんを見つけるからもう少し辛抱してね。

 

ブーブー言いながら仕事つづきだった先週、たくさんの“ありがとう”が届きました。

 

めいちゃんとちび太くんのママさんよりアマゾンのギフト券とお手紙が!

hoh (10)

 

 

あたたかいお手紙を拝読し身に余る心持ちでした。里親になることを選択しためいちゃんとちび太くんのママさんのような方がもっと増えるようみんなで行動していきたいですね!

私もお手紙を投函しました。めいちゃんとちび太くんのママさまありがとうございました。

 

長い間応援してくださっているMWさまよりレボリューション、おいしい紅茶(お見合いの時お出ししました)、お手紙、ご支援が!

hoh (15)

 

 

ご自身もたくさんの保護動物と暮らしていらっしゃるMWさま。我が家のさぶのことまで気にかけてくださりありがとうございます。

レボリューションは我が家の未来の保護猫たちの分を差し引きTNRなどに尽力されている個人の方にもお分けしようと思います。これからの季節、外の猫はレボリューションをつけるのとつけないのでは大違いですものね。

 

703号室卒業犬ペタ改め「てん」ファミリーからもお菓子、佃煮、お手紙、てんの写真が!

hoh (11)

 

 

添えられていた長いお手紙を何度も読みました。里親さんご自身が保護した猫のたらちゃんとてんの日々の様子、ご主人さまの溺愛ぶりなど。ありがとうございました。私もお返事投函しました。それからお菓子はお見合いのときにお出ししました。おいしいー!

 

餓死寸前まで虐待されつくしたてん。仲間の犬は全員飼い主に殺されました。てんだけ奇跡的に「病院」に知られ守られ死の寸前からよみがえったのです。

てんの過去を知りたい方はぜひこの記事をご覧ください→ 「正体」

※てんは「2頭目の犬」という名で登場します。

(関連記事はこちら

 

てんが生きていることを里親さんに感謝せずにはいられません。地獄の中を這い出た「2頭目の犬」に“てん”の名を授け、大切に育ててくださりありがとうございます。

 

てんは広場ではノーリードではなくロングリードに着替え、ふだんはダブルリードを装着

hoh (12)

 

写真からも里親さんの安全への意識の高さを窺い知ることができます。最高ですね。

 

 

さあ、明日も仕事です。

私は仕事は嫌いではありませんが仕事の日のタイトなスケジュールと早起きが苦手で^^;

 

 

「なら おかーさー はやき ねんね くりさい」

hoh (9)

 

 

「おねぼ ちまちよ?」

hoh (7)

 

 

はい。そろそろ寝ます。

 

皆さま、今週もどうぞよろしくお願いします。

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク





さんきゅうと寿子のご縁が決まりました!

703号室卒業猫いっきゅうよりさんきゅうへのエールをもらいました(笑)。

sasda

 

 

↑ いっきゅうママのツイッターにて発見したので写真を拝借!

卒業猫いっきゅうが保護猫さんきゅうの画像と並んでいます。こういうのうれしいなあ。

 

以前、さんきゅうの仮名の由来をいつか書くと言いましたね。実は保護猫さんきゅうは卒業猫いっきゅうに似ていることから名づけたのです。いっきゅうもうちの近所で苦労していた成猫でした。大地震のあの日も混乱の中、外で何度も彼の姿を見かけたっけ。

元野良猫いっきゅうもパニックだったのに、だれも振り向いてくれなかったよね。

その後縁あって保護することができ、長年仲良くさせてもらっている里親さんに2匹目の703号室卒業生として譲渡したのです。

 

先日、さんきゅうを保護した際、いっきゅうの里親さんからすぐに連絡が。

 

「保護場所に困ったらいつでも言って。私が預かります」

たてつづけに猫を保護した時期だったのでやさしい言葉がどれだけありがたかったか。

 

結局、さんきゅうをいっきゅうの里親さんに預けずに済みましたが、私の気持ちを強くしていただいたおかげで寿子の保護に繋がったと思っています。ありがとうございました。

 

今日は水面下で応援してくださっていた卒業猫いっきゅうファミリーや里親探しの際にリツイートしてくださった皆さまへうれしいご報告があります。

 

ぐうだら愚痴主婦はお客さまを迎えるとあって朝から掃除に大忙し!

 

 

ティーカップをピカピカに磨き

sasa (2)

 

 

さんきゅう&寿子主催のお茶会準備完了^^

sasa

 

 

そう。ふたりのお見合いだったのです♪

 

素敵なファミリーに包まれるような和気藹々の雰囲気で。

 

ちょっと緊張したさんきゅうも

sannsann (7)

 

 

意外と大丈夫だったじゅこもおりこうの一語だったよね!

sannsann (6)

 

 

えらかったね。鼻が高かったよ。ありがとう。

sannsann (8)

 

 

じゅこちゃんお疲れさま!

sannsann (5)

 

 

あなたたちを保護したのがつい最近にも思えるし

sannsann (4)

 

 

はるか昔の感覚もするけれど

sannsann (2)

 

 

あなたたちを外で見かけたときから、吉日を強烈にイメージしながら取り組んできたの。

 

この子たちの保護から家族探しまでの一連を今、私は噛みしめています。

 

そして改めて世間に対し自分の感じたことを発したいです。

 

野良猫と家猫の垣根を作っているのは人間です。

 

当たり前の話ですが、野良猫も家猫もへったくれもありません。同一種です。

猫は猫に過ぎません。どちらもしょせん、猫なのです。

 

しかし関わった人間次第で彼らはみすぼらしい「野良猫」にもなりえるし、艶やかな「愛猫」にも昇格できます。ついこの前、雨に打たれながら儚げに佇んでいた野良猫さんきゅうの姿を皆さまはこのブログで読みましたよね? 紛れもなくあれは野良猫でした。

 

そこへ私が保護しケアし家族探しをし……すばらしい里親さんとめぐり会いさんきゅうは家猫になったのです。同じ猫なのに、彼を取り巻く境遇が180度変わりましたよね。

 

「かわいそう」

 

そう思う猫がいるのなら、その猫の運命を変えてみませんか?

 

保護して里親さんを見つけるだけです。こんなシンプルなことありませんよ(笑)。

 

 

微々たる活動ですが、私は今回も自分の決断と出した結果にたいへん満足しました。

 

自分に満足だなんていやらしい……こういう書き方が癇に障る方もいるかもしれませんね。

 

でも、いつもいつでも自画自賛できるよう、私は自分のために行動することに決めています。同時に、私がやっていることなどだれにでもできることだとの自覚もあります。

 

 

「幸せは歩いてこない、だから歩いていくんだよ。ですね? ハハはハンターだと思います」

sannsann (3)

 

 

「なにそれー! ハハはマッサージ器であり、自動給餌機でしょーが!」

sannsann

 

 

こらっ! 言ったな(笑)。

 

ああああああ超幸せだよーーー!

 

 

さんきゅうと寿子のご家族は早速お迎えの準備をすすめてくださっています。

 

お届けまで大切に預からせていただきますね。

 

 

PS ぐうだらの人たちがいっぱいコメント欄に集まってきたのを読み、心底救われました。ありがとうございました。カツカツの日がつづき、見苦しいことを書きなぐってごめんなさい。

 

 

でっかいのいきますよ!

 

 

L O V E

 

 

 

スポンサーリンク