LOVE探求

保護猫いせやんはときどき間仕切りの扉をするりと交わしてリビングに入ってきます。

IMG_4275

 

 

サイドテーブルに重ねておいたクッションの上でくつろぎはじめました。

IMG_4282

 

 

おーいいせやん!

IMG_4276

 

リビングにはいせやんを怖がるほほやライバルのさぶがいるんだよ。

IMG_4286

 

 

私と保護猫スペースで一緒にあそぼう♪ いせやんの大好きなブラッシングしよう!

 

 

「やだ。おれ ここがいい!」

IMG_4289

 

 

うん。いせやん変わったね。

私やほかのお子たちがいる場所がいいんだ。

屈強で孤高の野良猫時代とはちがうよね。

いせやんの主張をぜんぶ聞いてあげられなくてごめんなさい。

でも、必ずいいご縁をさがすから!

 

 

さあ、明日からまた一週間がスタートしますね。

近頃、保護猫たちのお届けや卒業生ファミリーとの再会などで犬猫を愛する方と頻繁にお会いします。あらためて自分の周囲を見渡すと「里親になる方」「不遇な犬猫に目を留め、家族として迎え入れる方」にはいくつかの共通点があるのです。

知性と教養に富んだ(私とはちがい)奥ゆかしい方々が多いように感じます。

懐の深い想像力豊かな方々。

他を思いやり他の痛みに己の心を重ね合わせることのできる方々。

「人間力」の高さはほんとうに憧れます。

お話をしていて刺激になるし楽しいです。

 

いっぽう、ファッション感覚で犬猫たちを入手する人もいまだにあとを絶ちません。

 

売られている「血統の犬猫」に価値を見いだすすべての方へ

千度でも万度でも声をかけて差し上げたいです。

「家族は買わなくても出会えます」

道徳心溢れる社会は、健全で成熟した国家を形成していきます。

私たちの慈悲と品格が道しるべとなり、生き直すチャンスを得られる犬猫たちがいることをどうか知ってください。

命を粗末に扱う時代はそろそろ終わりにしたいですね。無関心や他人事もしかり。

ブランド、ビジュアル至上主義を超越した先に実在するLOVE! を探求して。

スポンサーリンク





タキシードのシンデレラ1

皆さまこんばんは! 本日の主役はタキシードのシンデレラです。

 

マイ太郎さんのブログの天音の卒業記事のコメントで天音を魔法のかかったシンデレラのようだと書いてくださった方がいます。ほんとうですね。

まずはマイ太郎さんとマイママさんに深く感謝します。

天音と出会ったとき、精神的にも環境的にも私はキャパオーバー気味でした。

ツイッターで天音の保護を報告すると、マイ太郎さんはすぐにマイママさん預かりをに打診。おふたりのお申し入れに恐縮しながらも、マイ太郎さんのご実家ならまちがいないとお願いすることに。

 

そのときの一連の記事はこちらです⇒ 「忠ねこ 天音」

 

保護から数日後、天音はひどく体調を崩しました。今までの疲れが体に出たのでしょう。

マイママさんとマイ太郎さんは、連日天音を連れて病院へ行ってくださいました。

ある日はマイ太郎さんが仕事を休んで連れて行き、ある日はマイママさんがタクシーで。

パパッと文章にしてしまうと軽く聞こえるかもしれませんが、簡単じゃありません。気力、労力、時間、お金がかかることです。その後もおふたりは私が天音に用意した支度金? や医療費などを受け取ろうとはしませんでした。

 

「私には多くはできないわ。でも、私も天音の幸せを願っているのよ」

 

何度切り出しても笑顔で固辞するマイママさん。どうご恩を返せばいいのでしょう。

 

おふたりがなにかに困ったときには、私などでお役に立つことは全力ではたらかせていただこうと心に決めました。天音に対するご慈悲を忘れません。

IMG_0456

 

 

 

天音の卒業はおふたりなくしては語れないですね。手のぬくもりや涙をありがとう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

今だから書きますが、実は私怒っていたのです。

 

天音を保護した直後のこと。

 

過去の記事で触れていますが、天涯孤独でひっそりと暮らしていた天音の存在を、母の店で私に知らせた方とのやり取りでした。 その方は私の顔を見るたびに、ご自身が見かけた不幸な動物の話をしつこくしてきます。過去にはその方が見つけたという「不幸な猫」を私が数匹里子に出したことも(苦笑)。

 

私に期待しているのはわかります。たきつけているのもよくわかる。

私よりずっと恵まれている環境の方ですから、私は正直おもしろくありません。

 

「自分でやればいいのに」

 

ついそんな風に吐き捨てそうになります。

 

どこかで知った天音の存在を私に話し私を動かしたあと、なぜかその方は態度をコロッと変えました。おそらく私の本気度にひるんだのだと思います。

 

話を聞きすぐに天音の元へ向かった私は、とりあえず天音を母の店まで連れて行くことに。

IMG_3144

 

 

厨房の裏に閉じ込めキャリーを用意するまでの時間稼ぎをしました。

IMG_3149

 

 

そんなことをしなくても天音は亡くなった飼い主さんの家から離れはしなかったでしょう。

 

でも、なんとなくいつものクセで保険をかけてしまうのです。

 

 

店に着いてスリスリみんなのご機嫌とりをする天音。甘えたかったのね。

IMG_3150

 

 

天音をキャリーにおさめたあと、私は受け入れてくれそうな動物病院などあちこちに電話をかけはじめました。私に天音の話をしてきた方はその様子をそばで見ていたのです。

 

電話を切り天音を病院へ連れて行こうとしたらその方と目が合いました。

 

「大変でしょう? やっぱりこの猫ちゃん保護しなくていいよぉ~~~」

 

「は?」

 

「私考えたんだけど~ あそこで“死んじゃった飼い主を待つ”のは、この子の幸せなんだろうなあって! 私たちが簡単に(保護するしないを)決めるんじゃなくて……この子はきっと飼い主を待ちたいんだろうなあって! それがこの子の意思なんだよ。この子は待つのが幸せなんだよ~~~」

 

 

意味がわかりません。

 

でも一言一句覚えています。

 

私は一切その方に責任を求めることはしていません。誰が持ってきた話であれ、天音の保護を決めた瞬間から、すべては私の自己責任です。

 

なのになににひるんでこんな形で自分の前言をひっくり返したのでしょう?

 

最後の言葉だけはどうしても納得ができなかったので、私は返しました。

 

「お言葉ですが●●さん、私はあそこで死人を待つのがこの猫の幸せだとは思えません。仰っていることの意味がわかりません。この子は今を生きているから過去には戻れません。●●さんにはなにも期待していません。すべては私の責任で行うことです」

 

ご縁が決まった今、私はその方にも感謝しています。もうこれ以上不幸な動物話を私の耳に入れてほしくはないけれど、その方が教えてくれなかったら私は天音を知らないままでした。そしてあのような生きづらい状況でしたら、天音はもうこの世にいなかったでしょう。

 

だからぜんぶ、ハッピーエンドかもしれないですね。

 

一生懸命ひたむきに生きてきた子は報われて当然です。

IMG_5294

 

 

天音のお見合いのときの写真をコラージュしてみました♪

 

①里親さんからおみやげでいただいた焼き菓子

マイ太郎さんに甘える天音

③天ちゃんきょとん顔

④里親さんはiPadにお宅の動画を撮って持参し、飼育環境を見せてくれました。

⑤真剣かつ和気藹々の話し合い(天音はどこ吹く風で昼寝してました^^;)

⑥私が買って行った栗どら焼き。たまには和菓子もいいですね!

 

いろんな善意を受け、天音は生まれ変わりました。

 

次回は、彼女を見つけシンデレラにしてくださった里親さんが登場します。

 

LOVE! をまとって

 

スポンサーリンク





ダーリンたち どうもありがとう

卒業猫天音の記事は時間を取ってきちんと書きたいのでもう少しお待ちください^^

仕事が落ち着いたら必ずご報告します。

 

今日は私のダーリンたちとの濃厚な小話を!

 

Ⅰ「お母さん呼んだぁ?」

 

『ほほ~』

『さぶ~』

『ほほ~♪』

『さぶ~♪』

『ほほ、さぶ、ほほ、さぶ……』

 

昨日、リビングで笑いながらほほとさぶの名を連呼していたら、一度も名を呼ばれていないあまぱんが私の視界の外から突如、私のもとへ駆け寄ってきました。

 

「お母さんぼくのこと呼んだぁ?」

IMG_3713

 

 

私の膝めがけ重い体で飛んできたのです。

 

屈託のないあまぱんのまあるい目を見て、私は「ハッ」としました。

あまぱんを抱きながらほんとうに謝ったのです。

どうしようもなくダメなお母さんでごめんなさい。

あまぱんの健康に甘えて、お母さんはあまぱんにひどいことをしました。

あまぱんがそばにいてくれることが当たり前だなんて思っていません。

お母さんはあまぱんを愛しています。

もっとちゃんと気持ちを表現できるようあまぱんに淋しい思いをさせぬよう気をつけます。

シーバとブラッシングで許しを請いました。

あまぱん、どうもありがとう。ずっと一緒だよ。

 

 

Ⅱ「ケンカすんなよな」

 

これまた昨日の話ですが、人間の夕飯時足元にいた犬のナナとリルがふとしたきっかけで年に1度やるかどうかの大ゲンカをしてしまいました。ナナに首を噛まれ、リルが少し流血。

だいたい調子に乗ったリルがナナにケンカを売って負けるパターン。女同士の本気の戦いはなかなかの迫力ですが、めったにしないとはいえほかのメンバーはなれたものです。

リルの首輪を掴み別の部屋に隔離し収拾させました。

さて、つづきを食べようと席に着いた瞬間、逆毛を立てたさぶがウーウー怒りながらナナに近づき、なんと! ナナの首をかぶっと噛んだのです。

あっけにとられ、きょとん顔のナナにさぶはもう一度言い渡しました。

 

「(ウー)ごはん中はケンカすんなよな」

 

私はただただ驚きました。

 

「おれがでしゃばって犬たちをしつけてごめんな。食事中はマナーがだいじだからつい……」

IMG_3724

 

 

我が家に来て約1年半のさぶ。

たしかナナとリルのケンカははじめてだよね?

びっくりしたでしょう?

さぶ、どうもありがとうね。ナナちゃんもさぶに一喝され、反省したと思うよ。

 

 

Ⅲ「ぺろぺろぺろ……おくしり おえ ぼき いきてまち」

 

ほほとさぶは毎日薬を飲まされています。スポイトタイプの投薬をさぶは1日1回ほほは2回。

 

点滴は暴れまわるさぶですが、薬はまあまあ上手に飲めます。

いっぽうほほは、薬のスポイトを見て逃げられないと悟った直後からペロペロ舌を出し飲み込む仕草をはじめるのです。ちなみにこの時点ではまだ薬を与えていません。

親バカながら、スポイトを見て投薬に気づくほほは実に賢い猫だと思います。

 

「ぼき おくしり ちと ゆーつでち」

IMG_2200

 

 

気をつけていてもときどき薬を喉に詰まらせて苦しい思いをさせてしまう。

涙ぐみゴホゴホ咳をしながらも薬を一生懸命飲み込もうとがんばるほほを見ているのが私はつらかったりするのです。そして余計ほほを好きになってしまう。

 

ほほ、生きるって大変だよね。どうもありがとう。

 

 

Ⅳ「こっちに来いよ」

 

サスケとこのはが我が家を巣立ったあと、保護猫スペースにはいせやんが残りました。

サスケとこのはが卒業した日の夕方、家に戻るといせやんの様子がおかしい……。

 

鳴きながらサスケとこのはを探していたのです。

寝室、保護部屋、ホール、止まることなくうろつきあちこち覗いては行ったり来たり。

やっとできた仲良しの友だちをふたり一気に見失ってしまったんだね。

いせやん、ごめん。

 

それからは、輪をかけて私を呼ぶようになりました。

私は保護ゾーンとリビングを行ったり来たり忙しいです(笑)。

 

いせやん、リビングに招致したいけどほほがいせやんを怖がるの。

IMG_3968

 

 

6月中に家族募集する予定だったのに、結局手がまわらずできなかったね。

サスケもこのはも天音も家族が決まったから、次はいせやんの番だよ!

 

いせやん、どんどん近づいてきてくれてどうもありがとう。

 

今の距離感なら、いせやんの心がよく見えます。

 

 

I LOVE MY CATS!

 

 

 

スポンサーリンク





Day of happy rain ~祝! サスケこのは~

今日は703号室を巣立ったさんきゅう&寿子の新しいお家へご案内します。

さんきゅうは「サスケ」、寿子は「このは」として生きていくことになりました。

ご主人さまが考えてくださったかっこいいお名前です!

 

お届けはひとりで行きました。大荷物と2匹の猫たち。方向音痴なので母の車を借りることに。私の車はカーナビの調子がおかしいのではじめて行く場所は不安なのです。

IMG_5249

 

 

ガソリンがカラカラの状態で借りたのに、満タンにして返せとか暴力的な母(笑)。

でも有能なカーナビのおかげで迷わず時間通りに到着しました。

 

雨の中、外で待っていてくれた奥さまと息子さん。お人柄はすでにこちらの記事で紹介済みですね。お問い合わせから譲渡の日まで真剣にやり取りをつづけてくださいました。ご家族皆さまが「人徳者」そのものです。

 

 

おじゃまします!

IMG_4033

 

 

ご主人さま渾身の手作り柵。安全ですし木の雰囲気がオシャレですね。

IMG_4031

 

 

お見合いのときお会いしたご主人さまは若輩者の私の話をいろいろ聞いてくださいました。

 

 

そして真心を込め準備してくださったのです。

IMG_5248

 

 

家中すべての窓に脱走を防止する柵を設置してくださいました。一部載せておきます。

IMG_4036 IMG_4019

 

 

キッチンの勝手口は開けられるようにしてあります。ここまでやってくださるとは……。

IMG_4039

 

 

脱走防止だけではありません。萌えグッズや楽しいアレンジがいっぱい^^

IMG_4098 IMG_4095

IMG_4022 IMG_4037

IMG_4096 IMG_4049

 

 

がんばったんですけどすべてのグッズは撮りきれませんでした^^;

 

 

光が降り注ぐリビング

IMG_4043

 

 

サスケとこのはがメインでつかう和室にはお手製のキャットタワーまで♪

IMG_4028

 

 

奥に見えるのは「先住さん」たちのゾーン

IMG_4017

 

 

快適に過ごせるようにとトイレも複数ありました。

IMG_4046

 

 

器用な里親さんは猫柄のキュートな布地で

IMG_4026

 

 

パソコンカバーやソファーカバーを作ったんだそう。本気でうらやましい才能です。

IMG_4023 IMG_4025

 

 

先代ウサギ「アロマちゃん」「ミルクちゃん」。8年間ご家族に溺愛されていました。

IMG_4018

 

 

ご家族のアルバムの中にはいつもアロマミルクちゃんの姿が

IMG_4111

 

 

動物が好きでたまらないお兄さんと。おリボンつけておめかし?

IMG_4110

 

 

すでに独立されている娘さんとも仲良しです。

IMG_4119 IMG_4116

 

 

ウサギさんたちは寿命をまっとうし天国へ旅立ちましたが、このお方たちは元気いっぱいです。

 

カメの一徹さん

IMG_4054

 

 

ヘビの王子さん(数年後女性であることが判明、玉子にするか? との案も出たようです)

IMG_4065

 

 

毒はありませんし性格の穏やかな艶やか女性です。私もちょこっとさわらせてもらいました。

IMG_4062

 

 

ふふ(笑)。未知で新しい感触~!

 

実はウサギのアロマ、ミルクちゃん、カメの一徹さん、ベビの王子さんのお話を伺って私はご家族にサスケとこのはをお願いすることに決めたのです。

彼ら全員が行政処分の対象でした。慈悲深いご家族が引き取らなければすでにこの世には存在しなかった子たちです。ウサギもカメもヘビも専門的な飼育知識の要る動物たちですがご家族は一丸となり勉強しみんなを長生きさせています。専門クリニックへ通ったりして。

 

奥さまは当初「ヘビはさすがに~」と思われたそうですが、ご主人さまから事情を聞かされ「連れて帰ってもいい?」の打診を受けすぐに飼育本を買ったとか。

 

ニコニコお話しする姿を見て私は何度も泣きそうになりました。なんていうか、あったかくて。

 

 

お届け時もアジサイという名のキレイな和菓子をいただきながらたくさんお話しました。

IMG_4102

 

 

サスケ、話聞いたか?

IMG_4074

 

 

「サスケは聞いてなかったわね。わたちはちゃんと話を聞いてた。たしかにいい家族ね」

IMG_4093

 

 

いやいやこのはちゃん、あなたの家族の話ですよ?

IMG_4091

 

 

「え? ぼくたちの家族の話なの?」

IMG_4090

 

 

そうよ。すばらしいよね。

私はあなたたちのご家族の大ファンになりました。

 

なんて美しい笑顔だろう。私も将来、こういう女性になりたいです。

IMG_5186

 

 

礼儀正しくやさしく育ったイケメンの息子さん

IMG_5189

 

 

私、サスケとこのははまちがいなく幸せになると確信しています。

 

ああ……なにこの気持ち

IMG_3294 keiswaizumi (2)

 

 

出会った日も雨

 

卒業した日も雨

 

あなたたちを見送りながら雨も悪くないなあと、ふと思った。

 

 

「ハハ~ 雨降って地固まる、ですから」

IMG_3261

 

 

「ですから~」

IMG_3351

 

 

ご家族からはお手紙、猫の扇子、おいしいお菓子、ペットシーツ、ふたりの医療費、ご支援をいただきました。どうもありがとうございました。

IMG_4135

 

 

余談ですが、ふたりのきょうだい猫麦さん(元 素なう)の里親さんがサスケ&このはの里親さんとコンタクトを取ってくださり、メールでお話をしているようです。きょうだい同士の里親さんのご縁がまたいいですね。麦さんも里親さんとラブラブの日々を送っていますよ。

 

麦さんの卒業記事はこちら⇒ 「麦さんちへ」

IMG_2398

 

 

サスケとこのはの里親さんからの近況写真↓

IMG_5247

 

 

きみたちさあ、夜中の運動会はいいかげんにしなさいよ?

 

スクスク、ね。

 

のんびり、ね。

 

 

かつくん「X220サスケ、221このは卒業おめでとう♪ ぼくからもお祝いのことばをひとこと!

サスケとこのはを保護したハハは、無事に保護できた時点から大きな安堵感、幸福感に包まれていたらしい。そしてふたりを送り出した今、幸せがさらに倍増したんだって。

幸せをもらっているのは人間たちのほうかもね。

幸せをもらえる人が増えますように! ぼくからLOVE」

1-3483

 

スポンサーリンク





ぼくが“クー太”になるまで

皆さまこんばんは。

いつも応援ありがとうございます。

ツイッターでのリツート。ブログでもさぶのランキングバナーにポチっと押してくださったり。素直にうれしいです^^ コメントのお返事を終えていますのでよかったらご覧くださいね。

 

さてだいぶ時間が空いてしまいましたが、先日MIHOさんが遊びに来てくれたときのことを少し書かせてください。MIHOさんは3ヶ月に一度くらいの割合で703号室にやってきます。

 

今回もたくさんのおみやげを持ってきてくれました。重かっただろうにどうもありがとう。

IMG_4741

 

 

ランチはほぼMIHOさんが買ってきたおみやげで済ませ

IMG_4742

 

 

お茶菓子はMIHOさん持参のロールケーキをいただくという横着振り

IMG_3620

 

 

実はこの日保護猫天音の家族募集をはじめたばかりでドタバタでした。

天音のことで頭がいっぱいだったのです。

 

もうすぐ卒業の天音嬢。マイママさんちで気持ちよさそうに眠っていますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

(天音の写真:マイ太郎さん

 

MIHOさんがいるのにブログの更新をしたり、MIHOさんにお子たちのごはんを任せスーパーへ行ったり。最低レベルのホストぶりの私^^; でもごはんをお願いしたのには理由があるのです。私がお子たちにごはんをあげるとMIHOさんは私をせかします。

 

「ナナちゃんが待ってるよ」

「アンちゃん、あまぱんがほしがってるよ」

「ほほちゃんが食べたそうにしているよ!」

 

MIHOさんを安心させるにはもはやMIHOさん自身に任せてしまうのが一番早いと気づきました。それにMIHOさんは「みんなに好かれる“得役”」を喜んで引き受けてくれるのです。

私はその日の様子を写真におさめる余裕がなく皆さまにお伝えできませんが、ぜひMIHOさんの「703号室レポート」をお読みくださいね。

MIHOさんが撮ってくれたうちのお子たちの写真、悔しいほどかわいいです。

特に猫じゃらしで遊ぶほほ&さぶ、保護猫いせやん&さんきゅうが萌えます。

最後はあの人私からのプレゼントを手に台湾タケノコを食べて機嫌よく帰りました。単純です

 

 

MIHOさんちには2匹の愛猫がいます。クー太(黒猫)ときなこ(グレートラ)。

1510938_343572592449730_1902028750_n

 

 

クー太(元フック)は703号室の卒業猫。きなこはみいさんがMIHOさんに譲渡しました。

 

クー太を保護したのは6年以上前の話です。

あまりにも悪い飼育環境にいたため、クー太は今でも重い慢性風邪を患っています。

 

 

超虚弱体質ですが、MIHOさんに完璧のケアをしてもらい日々楽しく生きているクー太!

1779291_363385080468481_44425632_n

 

 

前回ゴクウたちのことを書いたのですが、クー太の保護がまた壮絶で……。

 

クー太とクー太の仲間たちが味わってきた過去をここで紹介させてください。

 

昔私が書いた記事です。クー太は「フック」という仮名で登場します。

「幸せの703号室/フックたちのこれまで」   (←ここをクリック)

 

お読みいただければ、なぜ保護動物の譲渡に慎重にならなければいけないのか、フィルターをかける理由をご理解いただけると思います。

ほしがる人間に動物をあげる前に、その人の背景、環境、責任能力について今一度冷静に考えてみる必要があるのではないでしょうか? 丁寧な譲渡を心がけたいですね。

 

つらい過去にも関わらず、クー太はとても快活でやさしい男の子です。保護当時から私はクー太がかわいくて仕方ありませんでした。里親になってくれたMIHOさんに深謝しています。

 

 

保護猫時代のクー太と仲良しだったのが、うちのほほ

IMG_2506

 

 

ときどき、クー太とほほのスローな追いかけっこやぶきっちょな舐め合いの姿を見かけては悶絶していたっけ。私にとってそれらは懐かしくあたたかい思い出です。

 

私は我が家を巣立った犬猫たちが大切です。

彼らが家族に出会うまでは私が彼らの家族です。

703号室を巣立ったどの子の幸せも私の幸せです。

 

一頭でも多くの犬猫たちが終の棲家を得られることを願いつつ

 

 

LOVE!

 

スポンサーリンク