すてきな保護主さん ナナの誕生日 ほか

萌乃と同時期に里親サイトへ掲載しているグレーのつみれちゃん、先日ご紹介しましたね?

timgc231073

 

 

つみれちゃんが予想以上の大人気で代理掲載しているマイ太郎さんがパンク寸前。

お問い合わせメールはシェアしているのでマイ太郎さん、保護主ゆきちゃんのママさんと3人で考えながら話をすすめています。私もやっとさっきメールのすべてにお返事を書けました。

 

「萌乃はナシか…… ハハ 萌乃は人気がないんだね」

IMG_2232

 

 

素なう、そんなこと言わないの! 萌乃に失礼だよ(笑)。

 

 

「べつにいいもん わたち へいき!」

IMG_2038

 

 

つみれちゃんはかわいいねえ。グレーの毛色がロシアンブルーを彷彿させて。

でも萌乃も負けてないよ!

いつか今のちょっとさびしい思いも含めぜんぶが笑い話になるよう、私、努力するからね。

 

 

つみれちゃんと同じお宅でご縁を待っている片目のこぐまちゃんが先日703号室に来ました。

IMG_2206

 

 

この子は私が責任を持って預かり里親探しさせていただく予定でした。

しかし私が想定外に「素なう」を保護したことで、こぐまちゃんの703号室への移動が延期になり、時間がもったいないので現在マイ太郎さんが代理掲載をしてくれているのです。

お見合いを経ましたが、再度募集させていただくことにしました。

私もただの「お手伝い」のつもりではなく、自分の保護猫同様熱を込めて関わっていきます。

片目のこぐまちゃん、グレーのつみれちゃん、黒猫アミちゃんの3匹は現在家族募集中でゆきちゃんのママさんのお家にいます。

ゆきちゃんのママさんはマイ太郎さんと私の里親さんであり、友人です。

こぐまちゃんを連れて我が家に来てくれた際、私とマイ太郎さんはこぐまちゃんの家族募集の件を話し合う流れでこれまでの医療明細をゆきちゃんのママさんに見せていただきました。ゆきちゃんのママさんはこぐまちゃん1匹に35万円以上の医療費を支払っていました。

海外旅行や、ブランド品や、下手したら中古車だって買えちゃう額です。

ゆきちゃんのママさんは決して大金持ちではなく月曜日から土曜日まで働いています。

お休みは日曜日だけ。こぐまちゃん以外にもたくさんの猫のTNRや医療ケアをしてきました。実際総額するといくらなのか、なんとなく聞けませんでした。

ゆきちゃんのママさんはこぐまちゃんへのお金や時間を惜しみません。

つみれちゃんやほかの猫さんたちにも愛情を注いでいます。

誰かに捨てられ増えた野良猫に胸を痛め、自分にできることを黙々とつづけています。

一度はTNRしたこぐまちゃんが大怪我を負った姿で現れたことにゆきちゃんのママさんは耐えられず、責めなくてもいいのに自分を責め再保護し、目とあごの手術を受けさせました。

ちなみに誤解のないよう補足で書きますが、こぐまちゃんの里親さんになってくださるご家族への医療費の一部負担をお願いしていますが、金額は3万円です。

大手術を受けたこぐまちゃんですが、普通の保護猫と同じ額ですね。

決してお金うんぬんの話ではなく、私が感動したのはゆきちゃんのママさんのこぐまちゃんへの静かであたたかい愛情です。

 

「痛い思いを乗り越えたこぐまちゃんに幸せになってもらいたい。ただそれだけです」

 

そう仰っていました。

ならば私も、どういう形であれ最後までともに走ろうと思いました。

マイ太郎さんも同じだと思います。

 

萌乃もですが、こぐまちゃんへのお問い合わせもお待ちしています。

 

 

最後に、猫の話題ばかりになりましたが、本日は我が家のナナの13歳の誕生日でした。

IMG_2297

 

 

非業の死で散ったナナの亡ききょうだいタカコ、ジョーユー、アオヤマの3頭の冥福を祈るとともに7年越しに生きて土手を出たナナのきょうだいたち3頭の誕生を祝して。

 

ナナと私が出会ったのはナナがまだ子犬の頃でした。ナナとナナのきょうだいたちとの出会いが私の保護活動のルーツです。あれから13年も経つんですね。

1歳8ヶ月で我が家の家族になったナナももうすっかりオトナですね。

 

 

数年前のナナの写真

DSC00013

 

 

今と比べると顔が黒かったなあ。若いときはもっと鼻黒ちゃんでした^^

 

 

顔が白くなったけど、いつまでも美しい犬だと思います。

IMG_0020

 

 

ナナの家族になれて本当に私は幸運です。

ナナ、誕生日おめでとう。

今週末は、思いっきり祝おうね。

 

 

 

 

スポンサーリンク





ほご猫 もえ乃 素なう いせやん ほか

仕事の合間にこんなしょうもないことをしてみました。

 

【ねこの髪型カタログ 2015】

ta

 

 

 

モデルは全員703号室関係者です。私が拉致スカウトしたイケメン粒ぞろい!

 

ごましお(卒業猫)

素なう(保護猫)

じゅん(卒業猫)

さぶ(うちの子)

ふく(卒業猫)

 

黒髪、栗毛、薄毛? などいろいろなタイプのお子たちがいますが、左下の保護猫 素なう にいたってはなんと金髪ですからね。ハーフみたいでしょ?

 

 

「あの わたち ここでしずかに ハハの話をきいてましたが ほんと バカバカしい……」

IMG_2288

 

 

佐々木希似の萌乃。美少女すぎると逆にお声がかからないのでしょうか?

IMG_2292

 

 

萌乃は家族募集中です。どなたか嫁にもらってあげてください(笑)。

 

 

「ハハ~ ぼくは遠慮します。ぼくはもうすこし清楚な女性が好みで……」

IMG_2278

 

 

素なうも早く婿に行きなさい(笑)。

 

 

「ハハ 居候すみません。ねこの手も借りたいなら ぼく お皿洗ったり 肩もみましょうか?」

IMG_2258

 

 

「疲れてるんだな。だいじょうぶか? おれがそばでいろいろ手伝ってやるな」

IMG_2058

 

 

と、猫の写真に妄想系の自己満的なセリフを勝手につけ、夜な夜な悶えながらリラックス更新してしまう中年女でした。こんな内容で萌乃と素なうを里子に出せるのか?

 

 

保護猫といえば忘れてはいけないのがいせやん氏

IMG_2218

 

 

(あまぱん限定の)同性愛が著しい男です。

IMG_1876

 

 

あまぱんが若干引きぎみですね(汗)。

ほんと、あまぱんはいい仕事をしてくれます。

ただ食べて太ってるだけじゃないんですよ。尊敬!

 

ありがとう!

 

ねこだるまねーさん(あつこさん)から食料品のプレゼントが届きました!

IMG_2219

 

ありがとうございました。我が家は先日お米買っちゃったばかりですが、あつこさんのお米をいただくのを楽しみにしています。チチへのビールや青汁などもありがとうございました。

猫のゴエモンさんとのラブラブの毎日をフェイスブックで楽しみにしています♪

 

 

ささ、明日も6時台に起きないと!

皆さまおやすみなさい。

 

萌乃への些細なご質問もウエルカムです。押しつけたりしませんのでご安心ください^^

萌乃をかわいいと思っている方がひとりでもいらっしゃれば励みになるしうれしいです。

 

「萌乃ちゃん、うちに来てくれてもいいわよ♪」

なんて思ってくれるやさしい方いないかな?

 

萌乃は本日も家族募集中です!

 

 

 

スポンサーリンク





やどかり

本日の午前中は悲しく怖い思いをしました。

最近の一連の体調不良の原因ともいえるべきことがらです。

私は度を越えた「勧誘系」が昔から大の苦手でして……

選択しない自由が私にはあると思っています。

あらゆる意味で節度を持った人間関係を維持したいですね^^

 

でも、お子たちがいるので元気をなくすわけにはいきません。

明日から仕事が忙しくなるし、がんばります!

 

昨日のベストショット!

 

保護猫萌乃がなんとなく幸せに思えるのですが、どうですか?

IMG_1775

 

 

かわいいねえ。本当にいい表情。あま兄とさぶ兄に囲まれてすっかりお姫さまだね。

 

余談ですが、あまぱんは実にいいお兄さんです。

はい↓ 一気に読んで状況を把握してください(笑)。

あまぱんのしっぽにしつこくじゃれ噛みついた萌乃の首をさぶが噛んでしつけたらあまぱんがさぶの頭を手でパシッと抑え「もういいからやらせておきな」と言ったのです。

 

あまぱんはただ太っているだけじゃないんですね。びっくりしました。

 

萌乃は家族募集中です。

年齢:推定2歳弱

体重:3キロ

性別:女子

健康状態良好、ウイルス検査マイナス、いつでもお嫁に出せる状態です。

 

 

お客さまが来てウハウハの保護猫素なうもじきに里親サイトに登場します。

IMG_2175

 

 

前髪とお口のぷっくり具合がやば萌えすぎると大絶賛だった素なう。いいキャラです。

 

 

そうそう。心配なことがもうひとつ。

さっき、お客さまに驚いたほほがお客さまの前でよろけ倒れたのです。

IMG_2161

 

 

幸い、少し時間が経ったら元に戻っていましたが焦りました。

ほほは水頭症なので脳圧のコントロールも考えなくてはなりません。短命の宣告を打ち消しどんどん生を更新しているほほも気づけばシニア世代に突入したわけですから、これからはほほが歳を取りやすいように配慮していかないとね。

 

 

数日前、ほほ氏はペットシーツの袋の中に入って

IMG_2132

 

 

ひとりかくれんぼを楽しんでいました。

IMG_2137

 

 

おもしろいかい? マーキング王さん……その調子でトイレも命中してくれると助かるんだけど。

IMG_2138

 

ほほは生きていればいいんだからね!

そばにいてくれてありがとうね。

特別甘えてくれなくても、好きだよとても。

 

 

 

 

スポンサーリンク





あなたは私の腕の中にとけて

今朝、2度目の鍼治療に行きました。

GA

 

 

鎮痛剤でごまかしてきた慢性的な頭痛胃痛の緩和や冷え性の体質改善を目指しています。

近頃は鎮痛剤も頼りにならないほど不調がつづき、本気で焦った私は重い腰をあげて次の一手に出たのです。それが鍼治療。

鍼治療ってもっと痛いかと思っていたんですがそうでもないですね。

しばらくは週1~2で通います。

 

鍼治療の帰りルームシューズを買いました。1足990円を4足も!

IMG_1735

 

 

リサ・ラーソン×ユニクロです。買うかやめようか真剣に悩みましたが、家中のスリッパを犬猫たちにズタボロにされたのでそろそろいいかなと。かわいいですね。大満足です。

 

さて、保護猫萌乃ですが、1件のお問い合わせが来たものの残念ながらご縁にはならなかったのでお問い合わせは「ゼロ」に。

犬猫の殺処分は「ゼロ」を目指したいけれど、お問い合わせは「メニー」がいいですね。

もちろん「ワン」でも「ツー」でもウエルカムです。

「あの もしかしてハハって 英語がしゃべれるのですか?」

IMG_1744

 

 

和製英語とか簡単な単語ならいくつか……

 

 

「あ それぼくと同等のレベルですね。ユーはキャットがライクですか?」

IMG_1745

 

 

「Do you like cat? ぼくもなかなかイケるくちでしょ?」

IMG_1746

 

 

「あたらしく来た 素なう ってねこ アタマわるそー! あま兄の方が 知的っぽい」

IMG_1708

 

 

「あま兄……かっこいい」                「お母さん シーバください」

IMG_1695

 

 

「ハハ~ 素なう みたいなアタマのわるそうな保護ねこは どうやって“アピール”するの?」

IMG_1707

 

 

う~ん^^;

どうしようっか?

 

逆に私は萌乃も素なうもいいところがいっぱいあって書ききれないくらいだと思う。

お前さんたち超かわいいよ。

兆かわいい!

 

 

「ふーん ハハはM? わたち ずいぶんハハにシャーしたけど かわいい?」

IMG_1703

 

 

そうだね。はじめの頃は萌乃にシャーされたね。正直、凹んだこともあるよ。

でもさあ、萌乃はちゃんと触らせてくれたじゃん。

仲良くなるチャンスを私に与えてくれたよね。

 

目が合うと最初にまばたきでアイコンタクトをしてくれるのはいつも萌乃のほうだよね。

 

「だいじょうぶ。わたちに 敵意はありません」

 

握手してくれるみたいに、パチ、パチ、パチ、パチ。

大きな両目をしばたいて。

 

萌乃の成長ぶりには驚かされるばかりだよ。

 

やさしくしてくれてありがとうね。

IMG_1709

 

 

「いえ どういたしまして。仲よくなりたいのは わたちも おなじだったから」

IMG_1714

 

 

萌乃に接するたびに、萌乃が近くなっていくのを感じます。

昨晩は腕の中に抱いた萌乃がそのまま溶けていくような感覚でした。

 

溶けていく……

解けていく?

 

未来のご家族さま、萌乃を見ていますか?

小さな彼女だけど、一生懸命生きています。

見つけてもらいたくて。

 

萌乃が善き方の目に留まったら、私は次の“萌乃”を外から家に連れ帰ることができます。

個人で細々と活動をしていると、もっと大きな取り組み方をしている方に「意味がない」と言われることも。しょんぼりしますが、私は自分の活動に意味がないとは思いません。

そもそも動物愛護は「活動家」と「一般人」の垣根を作ってはいけないのです。

大きな力を持った一部の活動家だけが活動すべきではなく、また活動家だけの特権でもなく、私のような普通の個人こそが身近な問題として取り組むべきなのです。

なぜならば一部の活動家より普通の個人のほうが圧倒的に数が多いからです。

悲しいかな個人の力はたかが知れています。

ですが圧倒的に数の多い「普通の生活環境を生きる個人」が、1頭分ずつの努力でもすれば日本は変わると信じています。

 

今、私の願いは萌乃を里子に出すこと!

IMG_1749

 

 

願掛けの意をこめ、私のiPhoneのロック画面はそのときどきに我が家で家族募集のステージに立った保護犬猫たちの写真にしています。

iPhoneを開くたびに私は萌乃の写真を前に、誓いを思い出すのです。

一種の圧と鼓舞ですね。自分への。

 

「あなたを忘れていない、あなたの家族をさがす、あなたを家族のもとへ連れて行く、その日が来るまで絶対にあきらめない、投げたりしない、いつもあなたは私の心に」

 

 

 

スポンサーリンク





萌乃ちゃんたちと劉安妮ちゃん

703号室は現在萌乃の家族を募集しています。

些細なご質問等も受けつけているので気軽に声をかけてくださいね。

 

今日は話題たくさんでお送りしますが、トップバッターはやっぱりこのお方!

IMG_1998

 

 

萌乃嬢、憮然とした表情を浮かべていますね。

IMG_2001

 

 

私がこんなに愛し尽くしているのに、いったいなにが気に入らないのでしょうか?

 

それにしてもチチ写真下手^^; シャッターチャンスというものをわかっていないようです。

IMG_2000

 

 

まあこいうのもたまにはいいのかな?

 

萌乃の名誉のためにつけくわえますが、実際はそんなに不機嫌じゃないです。

 

 

ちゃんとアイコンタクトでお話を聞いてくれたりします。

IMG_2004

 

 

仮名:萌乃(もえの)

年齢:推定2歳弱

体重:3キロ

ウイルス検査(FIV/FeLVともにマイナス)

 

 

おしゃべりの際は鼻にしわをよせて一生懸命お話してくれます。

IMG_2031

 

 

保護当初は人を怖がっていましたが、近頃は喉を鳴らしている時間の方が長くなりました。

 

お問い合わせを切望しています。

 

同じく703号室の保護猫素なう(すなう)もお見知りおきください。

IMG_1980

 

 

素なうは若く健康的(ウイルス検査マイナス)で甘えん坊なので遅くても3月の前半までには家族募集をスタートします。気になる方は先に教えてくださると助かります。

 

 

そしてあと3匹紹介したい若猫(みんな1歳程度)がいます。

3匹とも家族募集中です。保護主のゆきちゃんのママさんマイ太郎さんとともに私も3匹の保護猫たちに関わらせてもらっています。

ゆきちゃんのママさんは私にとって大切な友人であり里親さんだからです。実はゆきちゃんはマイ太郎さんと私が合同で里子に出したのですが、当時私は水面下で動く以外の選択肢がありませんでした。だからゆきちゃんはうちの卒業生としてカウントしていませんし、私が関わったこと自体秘密にしていたのです。いつかそのことを書けたらいいなあと思います。

ゆきちゃんのママさんはゆきちゃんと暮らすようになってから近所に来るたくさんの猫をTNRし、保護もつづけています。「個人」の輪が広がっているのを感じますね。

 

私が近々預かる話が出ていたのはこの子(こぐまちゃん ♂)

IMG_2322

 

 

こぐまちゃんはじめは両目ぱっちりだったのに辛い外暮らしで片目を失いました。ずっと面倒を見てきたゆきちゃんのママが見かねて大手術を受けさせ自宅で保護しています。

 

 

こぐまちゃんのお母さん猫(とはいってもママも若い!)アミちゃん♀

IMG_2688

 

 

人大好きのベタベタ甘えん坊。まだ子猫のような大きさのときに出産したアミちゃんは外で立派に子猫たちを育てました。今度はアミちゃんに家猫として幸せになってもらいたいなあ。

 

 

グレーの毛色とこぼれそうな瞳が美しいつみれちゃん♀

IMG_2509

 

 

写真だと緊張顔に見えるでしょうが実際は人馴れ抜群。3匹とも若く、気立て、健康状態がよく(ウイルス検査マイナス)いつでも里子に出せる状態です。

現在は忙しい中マイ太郎さんが3匹の代理掲載をしてくれています。

 

マイ太郎さん宅にいる保護猫プッチもゆきちゃんのママさんが保護しました。

img_0

 

 

プッチは家族募集中ですので興味のある方は挙手してくださいね。

 

このブログを読んでいる方の中でもし「もう1頭迎えてもいいなあ」と思う心やさしい方がいましたら希望の子を添えてお知らせください。よろしくお願いします。

 

はい!

猫の話はおしまいっ!

 

ここからは宣伝等もかねて少しほかの話をしましょう^^

 

先日、3月11日に行われる日本ペンクラブのシンポジウム参加のハガキが届きました。

IMG_2153

 

 

直木賞作家の森絵都さん、カメラマンの太田康介さんなどが出ます。500円で参加可能ですので皆さまこの機会に被災地の現状を考えませんか?

 

それから、3月30日からは渋谷のNHKホールにて 「ペットは家族 一生一緒」フォトメッセージ展 Together Foreverがはじまります。

703号室のパネルも展示されますのでお時間のある方は足を運んでみてくださいね。

主宰者のNPO PM白塚さんと和田さんらが先日母の店に食べに来てくれました。

IMG_1974

 

 

和田さん、母と私へおみやげありがとうございました。きんつばおいしかったです。

IMG_1976

 

 

ブログを見てくださっているTさま(最近悲願だった外猫チャー坊を無事に保護!)よりお手紙とご寄付とチョコレートが届きました。

IMG_2156

 

 

チョコレート上品なお味でした。ありがとうございました。ごちそうさまでした。

 

 

最後に「劉安妮」ちゃんの写真を1枚^^

11001810_531592176980526_6641968564270452896_n

 

 

なつかしい。来日前の私(笑)。台湾の宝来で祖母とふたり暮らししていた頃撮られた写真です。日本に住んでいた母親からプレゼントされた自転車に試乗しご満悦の様子!

 

 

まとまらなくなってしまいましたが、よい週末をお過ごしください。

私は鍼治療と猫のお見合い(萌乃じゃないよ!)の予定が入っています。

 

 

LOVE!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク