丈の短いスカート

昼間エアコンのクリーニング屋さんが来ました。

1eakon (16)

 

 

 

703号室のエアコンは2004年度式。一度も洗浄してません(汗)。3台中2台はほぼ効かなくなっています。新しいエアコンを買う余裕はありませんが、そろそろ洗わないとヤバい感じ^^;

1eakon (19)

 

 

 

リビングのエアコンは特殊なので修理してから洗うことになったのですが、保護部屋、チチの寝室の2台は予定通りシャンプーの刑に処しました! 結構大がかりなのね。知らなかった。

1eakon (17)1eakon (18)

 

 

 

業者さんに興味を示すべべ公

1eakon

 

 

 

ナナは序盤吠えまくりでしたが、最後にはペタッと電池切れ(笑)。

1eakon (20)

 

 

 

電池が切れたナナに代わり、ソファ下で充電を済ませていた黒豹がリビングを徘徊。業者さんがまだいるのにどうしたことでしょう? いつもならどこかに雲隠れしてしまうのに。

1eakon (21)

 

 

 

リルはおりこうだったよね。おまけに朝ごはんも晩ご飯もしっかり食べてえらい♪

1eakon (2)

 

 

 

エアコンの買い換えをそれとなくすすめてくるクリーニング業者さん。

 

 

「今はちょっと厳しくて・・・・・・」

 

 

お茶を濁す私。

 

 

すると今度は部品の交換を提案してくれました。

 

 

「調子が悪くなったなら、古くなった部品を替えてしまえばいいんですよ」

 

 

うん。替えてしまいたいよ。替えてしまいたいです。

 

 

でも私が替えたいのはエアコンの部品じゃないんです。

 

 

 

「ハハ~ ハハの替えたいものはなんですか?」

1eakon (14)

 

 

 

さあ、なんだろね?

 

 

さっきいいことあったよ。おまいにはさんざんだったね。業者さんが来ている間に石のように固まっていた保護猫ジョイの爪切りに成功したのです! ビビって魂を飛ばしていた若造に対するひどい仕打ち。まるで鬼ババアですね。でもずっと切りたかったんだもん。私ひとりのときは逃げ回って切らせてくれないじゃん? 絶好のチャンスだった^^ 気分スッキリ~♪

1eakon (15)

 

 

 

そうそう。ブログに載せたかった先週末の「大きな公園」へのお出かけ

1eakon (10)

 

 

 

チチと交互で記念写真を撮りました。

1eakon (9)

 

 

 

合計30m程度しか歩けなかったけど、楽しそうに笑っていました。

1eakon (7)

 

 

 

いっしょうけんめい前へ進んでいます。

1eakon (8)

 

 

 

クンクン。土の香り成分を真剣に調査しています。

1eakon (11)

 

 

 

ほかのお宅のお子とも礼儀正しくごあいさつできました。

1eakon (13)

 

 

 

「出会い」ってワクワクするよね。

1eakon (12)

 

 

 

私の仕事Bの女性社長との一昨年の雑談をこの頃よく思い出します。

 

 

仕事の打ち合わせのあと、ふと他愛もない世間話に。

 

 

 

私「ああ、私もそういうスカート持ってます」

 

 

社長「履いてないの?」

 

 

私「はい。丈が短いから私の年齢だとじゃっかん見苦しい気がして・・・・・・。でも捨てられずに取ってあるのでいつかまた履きたいなあ、と」

 

 

社長「いつかって? あなたの人生の中であなたは今日がいちばん若いんじゃなくて? いちばん若い今日履かずに、いつ履くのそれ?」

 

 

私「ああ・・・・・・」

 

 

社長「みんな【私は年だから、若くないから】って言うじゃない? 30の頃も40の頃も50の頃も60の頃も、みんな自分より若い世代を見回し、自分と比べ、【もう若くない前はよかった昔に戻りたい】って。もったいないと思うんだよね。自分より年上の人から見たら、すごく若いよ。60代の方も80代の方からみたら若いの。・・・・・・履いてみたら?」

 

 

 

妙に納得した社長の言葉。以後ことあるたびに実践しています。

 

 

べべの闘病にももちろん応用中。

 

 

以前のべべは食欲の塊だった。最近とは比べものにならないほどコンディションもよかった。

 

 

しかしべべのこれからの一生の中で、まちがいなくべべは今日がいちばん若く、おそらく来週より今日のほうが体調がいい。ならば今は悲観に暮れるべきじゃないと思うのです。

 

 

もちろん、平然と笑っていられる状況ではありませんし、一喜一憂もやめられません。

 

 

けれど、「今がいちばんいいとき」ということを強く意識しべべとの暮らしを楽しんでいます。

 

 

クオリティオブライフ。

 

非常に抽象的で、解釈の範囲が広く、重点の置きどころがわかれる一語ですが、べべを見て、べべに触れ、べべに教えてもらいながら共生していきたいです。

 

 

とは言っても、ときどきみっともない弱音が飛び出すかもしれませんけれども。

 

 

腫れ物に触るかのように接したり、べべをタンスの肥やしにせず、べべと楽しく暮らしたいな。

 

 

 

べべ公は重い病気と闘っているんだからお母さんいっぱいひいきします。

1eakon (4)

 

 

 

明日も「うれしいこと」「できること」を追いたいですね。そばにいてくれてありがとう。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





みんなでお茶をすすりました

「ハハ~ ドタバタ掃除してますね みいさんが海子さんを撮りに来るんでしょう? ぼく 人見知りするので今日の撮影会はパスしますね」

komitan (12)

 

 

 

仕方ない。ジョイは今度私が撮るから好きな場所に身を潜めていなさい(笑)。

 

 

 

「わたしもすこし 緊張するもん」

komitan (13)

 

 

 

海ちゃんも? 海ちゃんはモデルさんがんばってもらわなきゃいけないんだけどな。

komitan (14)

 

 

 

まあ、なんとかなるでしょう。

 

 

 

到着しました。みいさんよろしく~!

komitan (7)

 

 

 

「べべちゃん ごはん食べないとね」

komitan (8)

 

 

 

カメラ2台と日常品のおみやげを手に我が家へ

komitan (6)

 

 

 

いつもありがとう。遠慮なくいただきます。

 

 

 

トライアルが決まっているサラダあらため大吉もリビングへ投入

komitan (4)

 

 

 

楽しい時間はみんなでシェアしたいです。

komitan (15)

 

 

 

なんだかんだいちばんはりきっていたのは大吉くんかもしれません。

komitan (3)

 

 

 

リビングには美しいモデルさんがいっぱいです。

komitan (9)

 

 

 

お茶を飲みながら、私からみいさんにささやかなプレゼントを渡しました。みいさんには保護猫たちの写真撮影でお世話になりっぱなしで。

komitan (5)

 

 

 

アロマの香りがやみつきになるスリーのクレンジングオイル

komitan (16)

 

 

 

これでこの人はますます透明感あふれるはずです。

komitan (11)

 

 

 

つづいて北海道にお引っ越しした小宮さんも遊びに来てくださいました。

komitan (17)

 

 

 

夕張メロン、ほほの通院用のタオル、おやつ、お菓子、ご支援をありがとうございます。

komitan

 

 

 

夕張メロンはチチ、妹夫婦とおいしく平らげました。ごちそうさまでした。

komitan (2)

 

 

 

私からは小宮さんが関わっている保護犬猫たちへの支援物資をお渡ししました。

komitan (18)

 

 

 

↑この袋2袋分ほどの量を自転車で持ち帰った小宮さん。すごい。中身は皆さまから届いて消費しきれなそうなものや私が犬たちに買って食べてもらえなかったものなどが入っています。

 

 

廃棄するのはあり得ません。保護犬猫たちがつかってくれたら物資も活きると思います。

 

 

うちのお子たちに声をかける小宮さん

komitan (19)

 

 

(以下の写真はすべてみいさん撮影↓)

 

 

「リル~ 元気そうだねえ 私をおぼえてる? なんとなくわかる?」

IMG_0050

 

 

 

「べべちゃん~ いつも見てるよ がんばってるよね」

IMG_0069

 

 

 

「べべちゃんがたくさんの子を受け入れてくれたおかげでみんな幸せになったんだよね」

IMG_0057

 

 

 

そうなんです。べべのおかげで微々たる活動が円滑にできています。

 

 

そしてもうひとつ。

 

 

14年前の小宮さんとの出会いも私にとっては重要でした。

 

 

小宮さんは人を妬まず人にえらそうな態度を取らず、若輩者の声にも耳を傾けてくださいました。ていねいにやさしく、ご自身をへりくだりながら話をする人です。お金に執着せず、損得を気にせず、ときには毅然と相手と対立することもありました。この活動をつづけていると、小宮さんのキャラクターでありつづけることのむずかしさを痛感します。

 

 

未熟者の私は小宮さんのようにはいきませんが、人と話す際は「上から目線」にならないよう意識しています。たとえじぶんのほうがじゃっかん経験値が高いとしても、年上であったとしても。

 

 

 

べべと小宮さん、素敵女子ふたり♪

IMG_0059

 

 

 

みんなでお茶をすすりながら語り合う午後。お子たちはかわいいし、気分最高です。

otya

 

 

 

「わたしたちはここで密会中です」      「どきどき でち」

IMG_0066

 

 

 

海子、家族募集用の写真が撮れたよ。お疲れさまでした。いいご縁があるといいね。

IMG_0064

 

 

 

みいさんの写真はこれからドシドシ放出していきますので、皆さままた覗きにきてくださいね。

 

 

明日はほほの東大病院通院日です。小宮さんにプレゼントしてもらった花柄のバスタオルを持ってルンルン気分で行ってきます。先生たちに動画見せないと!

 

 

皆さまも有意義な一日をお過ごしください。

 

 

スポンサーリンク





ぽんこま祭り2 ぼくたちそれぞれの再スタート

「とら兄へ そちらはどうですか? うちにあたらしい しましまが来ました」

koma2 (11)

 

 

 

 

「こんな風貌をしています」

koma2 (9)

 

 

 

 

「先月末からいたそうですが 数日前 はじめて 家の中で姿を見かけたのです」

koma2 (12)

 

 

 

 

「とら兄が 大好きだったぼく」

koma2 (6)

 

 

 

 

「とら兄と いつもいっしょにいたぼく」

koma2 (7)

 

 

 

 

「アニキの大きさと ぬくもりに ぼくは包まれながら生きてきました」

koma2 (17)

 

 

 

「最近は こうして おひざで さびしさを紛らわせています」

koma2 (16)

 

 

 

「と とら兄? とら兄なの?」

koma2 (13)

 

 

 

「こま吉(デカ円)です ぼくは 703号室からやってきました 着いた当初はこわくてこわくて ぼく専用のお部屋のベッド下から出られませんでした」

koma2 (3)

 

 

 

「監視盗撮カメラに写るぼく 勇気を振り絞り ベッドの下から 一歩抜け出したときの証拠写真」

koma2 (4)

 

 

 

「毎日 知らない人に声をかけられて ごはん運ばれて・・・・・・知らない人だったのに ぼくたちはだんだん 顔見知りになっていきました ここにはチチもハハもいません この人たち以外 だれも来ないのです どうして?」

koma2

 

 

 

「ぼくは ちょっとだけ近づいてみることにしました ふたりを ためしてみようと思ったのです ぼくを煮て焼くつもりなのか ちがう意図があるのか この人たちはなにを考えてぼくのもとを訪ねてくるのでしょう?」

 

 

 

「いつの間にか ぼくにも うまく説明がつかないのですが こうして撫でられることが楽しみになってきました ぼくがシャーしても 冷たくしても 相も変わらず にっこり顔を 向けてくるのです こういう人たちを 世間では 【お人好し】と呼ぶのでしょうか?」

koma2 (5)

 

 

 

「ぼくは 基本 ご主人派です 実はけっこう好きです つい甘えてしまうのです ママさんとは まだじゃっかん距離を置いています 理由はぼくが 男好きだからです けれど 手にちゅーるを持ったママさんは例外 つい愛想をふりまいてサービス おお喜んでる 感動してる もういいから その手のちゅーる 早くよこしてください」

koma2 (14)

 

 

(※ この写真を撮ったのはピンできちこさんちに遊びに行ったうちの妹・笑)

 

 

 

【そろそろぽん吉に会わせてみようかね】

 

【そうだね 会わせてみようか】

 

 

 

「いったい なんの会話ですか? この家に まだぼくの知らぬ秘密があるのですか?」

 

 

 

「え だれ・・・・・・」

koma2 (12)

 

 

 

 

「そっちこそ だれ?」

koma2 (15)

 

 

 

「ぼくは 夢中で追いかけました においを たくさん かぎました 鼻キッスもしてみました ぼくがここまで大胆になったことに いちばん 驚いたのはぼく自身です」

koma2 (10)

 

 

 

「まったく相手にされないときは ひとりで くつろいでいます」

koma2 (18)

 

 

 

 

「そして とうとうここまで近づけるようになりました」

koma2 (2)

 

 

 

「ぽん兄へ ぼくは とら兄に比べたら 取るに足らない青二才ですが ぽん兄と暮らすために ぽん兄のお家にやってきました ぽん兄に会った日に ぼくは ぼくが ここに来た意味がわかった気がしました ぼくたちなら 仲よく やれそうですよ? ぼくたちなら たとえケンカしても ぜんぜんだいじょうぶだし ぽん兄がひとりになりたいときは ぼく そっと見守れるよう 努力します ちなみに ぼくもぽん兄と同じ出身地です こま吉と申します すこーしずつでいいから ぼくに近づいてみてください」

koma2 (8)

 

 

 

ぽん吉とこま吉のほほえましいストーリーはきちこさんヒスロックさんのツイッターでごらんになれます。徐々に心の距離が縮まっていくさまにウルウルしています。こま吉がんばれ!

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





ぽんこま祭り1 ご縁のいきさつからお届けまで

べべのことで皆さまにご心配をおかけしてごめんなさい。

 

べべはあいかわらずですが、今日オシャレしてみいさんに写真をたくさん撮ってもらいました。

 

主役は家族募集を控えている保護猫海子だったのですが、みいさんのカメラを覗いたらべべの写真のほうが多く入っていたような気がします。ちなみに人見知りボーイの保護猫ジョイは案の定あまり撮れませんでした^^; いい! ジョイの撮影は私が腕を見せます!

 

うれしい来客も。私と長年いっしょに活動してくだった小宮さんが北海道から会いに来てくださったのです。小宮さんやみいさんが来てくれた日の様子は今度UPしますね。

 

 

お子たちのこと、保護動物たちのこと、703号室は二本柱を軸に放出していきますね。

 

 

今夜はトライアル中のデカ円あらため「こま吉」が主役です。

IMG_9917

 

 

 

こま吉を保護したのは昨年10月。ご存じのとおりなかなか人なれせず家族募集のスタートが遅れました。一般募集も考えたのですが、チチが手放すのが辛いと漏らしていたので、いろいろ考えたあげく、思い切ってぽん吉の里親きちこさんに手紙を書いてみたのです。

IMG_9912

 

 

 

手紙を書いた当時、きちこさんは「とら吉」くんを亡くされてまだ日が浅く、私は迷いながら筆を進めました。もし、失礼に当たったら? 私の本意を誤解されたら? 傷つけてしまったら?

 

 

だからちゃんとは書けませんでした。書いているうちになにを書きたいのかわからなくなってしまい・・・・・・あまりにも意味不明の一通を破き捨ててしまおうかとも思ったのですが、この中途半端さこそ今の自分の気持ちなので迷いながら投函。

 

 

数日後、きちこさんから返事のハガキが届きました。

 

 

私に負けないくらい、もやもやっとした内容でした。

 

 

きちこさんらしい。

 

それから私たちはなんとなく核心に霧をかけながらも、お互いを意識していたと思います。

 

 

半月ほど経過。いや、もっとだったかな?

 

 

きちこさんが「いつ里」や「ペットのお家」を覗く余裕が出たのを知り、私はハッキリとじぶんの思いを伝えました。きちこさんもご主人も私と同じことを考えてくださっていたそうです。

 

 

そして、とら吉くんの49日を終えた翌週、こま吉主宰のあのお茶会が実現。

 

 

きちこさんに手紙を書いた理由は、単にきちこさんのお家で長年FIVキャリアの子たちを愛育しているからではなく、卒業生ぽん吉がぬくぬくと暮らしているからだけでもなく、おふたりの猫に対する愛情と粘り強い根気を知っているからです。きちこさんは外で生き場を失った成猫2匹の保護と家族募集をやり遂げました。猫にいっさいの偏見がなく、深い理解をしめす方です。

 

 

 

長くなりましたが母につき合ってもらった例のお届けの日の写真をごらんください。

 

 

 

ドライブの末、到着~

IMG_9950

 

 

 

何度も遊びに来た居心地のいい空間

IMG_9929

 

 

 

母もすっかりくつろいでいます。

IMG_9923

 

 

 

この猫タワーにこま吉がのぼる日が来るのかな^^

IMG_9928

 

 

 

にっこり

IMG_9927

 

 

 

こま吉用に独立したお部屋とケージを準備してもらったのですが、私がこま吉をじょうずにケージに誘導できず、こま吉はベッド下に籠城。きちこさんごめんなさい。

IMG_9919

 

 

 

こうなったら無理やりやれません。予定外ですが、ベッド下からスタートすることに。

IMG_9921

 

 

 

きちこさんちはマンションにしてはめずらしい造り。こま吉の部屋からリビングまでそれなりの距離があり、こま吉とぽん吉は距離をちょっとずつ縮めていける感じなのです。

IMG_9942

 

 

 

リビング横の和室の押し入れに籠城しているのはぽん吉

IMG_9922

 

 

 

ぽんぽん、ぽんとこまちゃんはふたりとも703号室の近所で保護された者同士。

 

 

同郷のよしみでこまちゃんとなかよくしてくれたらうれしいな。

 

 

 

ソファ横に設置された猫のトイレゾーン。透明のパネルがいいですね。うちもほしい。

IMG_9926

 

 

 

天国のとら吉くんにごあいさつさせてもらいました。

IMG_9948

 

 

 

玄関のとら吉くんのメモリアルゾーンが素敵です。

IMG_9945

 

 

 

お茶とおいしいお菓子をいただいて

IMG_9935

 

 

 

私の無遠慮なところは母親譲りのようですね(爆)。

IMG_9940

 

 

 

女性陣でパチッ

IMG_9937

 

 

 

ベッド下のこま吉はそれどころじゃないので人間だけで記念撮影です。

 

 

 

新鮮なお野菜や

IMG_9964

 

 

 

たくさんのおみやげとこま吉の医療費を過分にお預かりしました。ありがとうございました。

IMG_9962

 

 

 

さて、肝心のこま吉の近況ですが、きちこさん、ご主人のヒスロックさんのツイートやラインで届いた写真をまとめて次回お送りします。トライアルがつづいていますので、かつくんからの卒業生としての紹介はもうしばらくお待ちください。でもこれがお届けレポになります^^;

 

 

こま吉、がんばっていますよ。

 

 

ぽん吉もがんばっています。

 

 

つづきをお楽しみに~♪

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





なあなあ おれの横おいでよ

皆さまこんばんは。

 

今週土曜は世田谷区にてフォスターアカデミーベーシック講座(犬)で講師をつとめます。言い訳ですが闘病中のお子たちを抱えていますので準備らしいことはできていませんが、これまでの経験を本番で発揮したいです。

 

まだ参加者を募っていますのでよろしければこちらをご覧ください。

 

→ 6月18日の会参照。詳しくは事務局へお問い合わせください。

 

 

長時間家を空けたくない私は今回お断りするつもりでした。理由はもうひとつあるのです。

 

人前で話すことに慣れていない私は、公の場だとエネルギーを要するのです。いやたとえ人前に慣れているとしても人に向け真剣な気持ちを伝えようとしたら負荷がかかるじゃないですか。

 

来てくださる方は犬猫保護の世界に於いて「未来の希望」。

 

失礼がないようふるまうのは当然ですし、短時間でお互いを理解し合い、私も含めそれぞれが次の「一歩」を踏み出すために知恵を絞り出し、自分の持てる限りの力を注ぎ込みたいですし。

 

しかし今はエネルギーを家に向けていたい・・・・・・という中でじゃっかんの葛藤がありましたが、ひとりでも私の話を聞いてくださる方がいればお受けするのが筋だと思い直しました。

 

 

「保護譲渡活動」は多くの方ができる活動です。それを自分の言葉で伝えたいです。

 

 

当日お会いする方はどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

本編の前にウザいうんちく入りの宣伝をごめんなさい~!

 

 

では今夜は我が家のほっこりシーンをお送りします。

 

 

さぶはこうしてベッドの端により、保護猫ジョイのスペースを空けて待っています。

orera (7)

 

 

 

私の在宅に比例し「フリータイム」がのびるジョイ。好き気ままに飛び回って楽しげです。

orera (9)

 

 

 

20分後、さぶの読み通りの結果に。

orera (11)

 

 

 

ジョイ、おまいは単純ですね。さぶも私もおまいの行動が手に取るようにわかりますよ^^

orera (13)

 

 

 

さぶに顔をこすりつけるジョイ

orera (4)

 

 

 

さぶがジョイをペロペロ。ジョイもさぶをペロペロ。

orera (5)

 

 

 

見ているとねえ、ほんとうに自然に笑顔になるのです。

orera (3)

 

 

 

「小僧 昼ホタテ味の缶詰食べたか? 男は食後きれいに顔洗わないとな」

orera (2)

 

 

 

「甘えん坊なんだな おれが好きか?」

orera (6)

 

 

 

「おれの胸でよかったら いつでもこうしてやるからな」

orera (8)

 

 

 

「小僧が【卒業生】になるまでは おれらが家族だから 酸いも甘いもいっしょだぞ」

orera

 

 

 

我が家でお子たちが繰り広げる日常の動作のひとつひとつが、私にとっては珠玉の名シーンばかり。中でも、本日の一等賞は「さぶとジョイの融合」。

orera (12)

 

 

 

ふたりの間にあまりにも隔たりがなく、このふたりはごちゃごちゃいちゃいちゃしながら、解け合ったのか、ひとつの形になってしまったのかと錯覚するほど双方を受けいれあっていました。

 

 

私たち人間は血を分けたきょうだいであっても互いにここまで許し合えるでしょうか?

 

 

利害や損得勘定を取っ払ったら冷ややかな空気しか残らないチンケな人間関係よりも、さぶとジョイの「交流」のほうがよほど清らかで誉れ高い気がしました。

 

 

寝ちゃった(笑)。さぶの手を見てください。

orera (10)

 

 

 

右手はベッドのヘリを支えています。体を固定し、ジョイが寝やすいように。

 

 

左手はジョイと繋がっています。

 

 

さぶが私の活動を助けてくれている、というのは私の妄想でも戯れ言でもないとおわかりいただけましたか? こうもやさしいから、うちのお子らや保護猫たちがみんな頼りにするのです。

 

 

いい男に出会えたなあとしみじみ。

 

 

くわえて、さぶのような愛すべき対象は、ペットショップではなく空き地や路地裏や駐車場の片隅にいたりするのです。迎えに来る手を待ちわびながら。

 

 

LOVEさぶ! andジョイ!

 

 

スポンサーリンク