おれ 景虎 1

「リリースすればよかった。どうしてリリースしなかったのか……」

 

何度かブログで告白していますが、私は彼を保護したことをたびたび後悔していました。

 

私の力ではどうにもできなかったのです。

 

いっときはフリーになった彼のいる保護部屋に入ることすらためらう日々でした。

 

保護部屋の出入り口あたりで私を待ち構えていて、扉を開けると本気で襲い掛かってくる。

 

「タッ!!」

 

「シャー!!」

 

情けない話、手に持ったフードを床にばら撒いてしまうほどドキッとしました。

 

 

私は捕獲箱で無差別に保護することが多いので、家に入れるまで個体別に性格や病歴を把握できません。保護後、たとえその猫が感染症などを持っていようと、老齢であろうと、性格がキツかろうと、数年前からいっさいリリースせずに里子に出してきました。

余命いくばくもない子は我が家で看取りました。

猫が住みにくいわが町に彼らを放ちたくないのです。

 

昔私がTNRした猫が外で殺鼠剤(毒)を食べて白い泡を吐いて無残に死にました。

イボクロと名づけた黒白の1歳くらいのハンサムな男の子でした。

 

うちの近所は猫にとって楽園ではないです。

 

しかし捕獲箱に入ったどんな猫もリリースしない、というのはむずかしいことです。里親募集の難易度が格段に上がるだけでなく、性格のキツい生粋の野良猫たちの扱いに手を焼くことも……。

 

 

“いせやん”あらため景虎は歴代の暴れん坊たちの中でもまちがいなく、最強でした(笑)。

IMG_3967

 

 

チチも私も景虎が人になれるはずがないとまで考えていました。

 

けれどある日、私は突如あまぱんの力を借りてみようと思い立ち、それからは皆さまご存知のとおり、景虎の心の鎧が少しずつはがれたのです。

IMG_4445

 

 

あまぱんの前だと「弟の顔」をする景虎

IMG_4405

 

 

あまぱんのおかげで「条件つきタッチ」ができるようになり……

IMG_4412

 

 

最終的にじぶんの恐怖心を克服するために睡眠導入剤を使ってこんなことまで^^;

 

⇒ 「カップル誕生」

 

ひさびさに記事を読んで吹き出しました。どんだけアホかよ?

(※よい子はまねしないでね。だれもしないと思うけど)

 

でも大真面目の作戦! 自画自賛ですが意外と観察的で緻密なんです~^^;

 

 

おかげで私は景虎の本質を徐々に知るようになりました。

IMG_4450

 

 

と同時に景虎も私を知るようになりました。

IMG_4331

 

 

私たちはとうとう知り合い、求め合い、擁き合える関係になれたのです。

IMG_4458

 

 

時間がかかった分、感慨深さもひとしおです。かわいくてかわいくて。

 

景虎と出会い、私はますます確信を持つようになりました。

 

 

「なれない猫はいない」

DSC_0203

 

 

「どんな猫も、何歳からでも、ちゃんと向き合えば立派な家猫になれる」

DSC_0178

 

 

あまぱんや景虎が私に教えてくれたんですね。ありがたい。

DSC_0177

 

 

もうお知らせしたとおりですが、景虎は卒業生サスケ&このはの家に婿入りしました。

「サスケ&このははどんなお家に行ったの?」

を思い出したい方はこちらをご覧ください。

 

景虎がご縁になった経緯の関連記事はこちらこちら

 

 

景虎は約1年の保護期間中に数多の後輩たちに「卒業」を抜かされました。いろんな子たちを見送ってきた彼が、サスケ&このはの卒業後に限って鳴きながらしばらくウロウロとふたりを探していたのです。

 

そのときの記事を再度読んで泣きました。まさかこうなるとはねえ。

 

⇒  「ダーリンたち どうもありがとう」

 

 

以前、遊びに来たMIHOさんが撮ってくれた写真↓

IMG_6916

 

 

MIHOさんにビビったこのははこのとき隠れていましたが、サスケ、このは、景虎が703号室で仲良くルームシェアしていたのがおわかりいただけると思います!

 

サスケ、このは、景虎の3猫がまた一緒に暮らせるなんて……至福の限りですよ。

 

保護期間の長かった景虎は関連記事がたくさんありますが、ご面倒でなければどうぞクリックしてお読みくださいね。景虎の卒業を記念していくつかリンクしてみました。

 

慢性腎不全ステージ2の景虎を快く迎えてくださったご家族。お届けの日の様子や景虎の近況は次回につづきます。皆さまにも祝福してもらえたらうれしいなあ。

 

景虎の「保護」は長い道のりでした。一筋縄にはいきませんでした。

 

だからこそ、彼のたどり着いたゴールが私には燦々とまぶしいです。

 

 

景虎! おめでとう!

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





愛の塊たちをキャリーにのせて

お得意の「時系列メチャクチャ」記事^^;

 

今日は先週火曜(8月11日)までさかのぼります。

 

の前に! みいさん撮影会の8月9日

シナ&モンは終始ハイパーにはしゃぎまくりでした。ふだんより人の手のぬくもりを多く感じて幸せなひとときだったからでしょう。私も見ていてうれしいような切ないような。

 

このときはまだシナ&モンのご縁が決まる前だったので、なにがなんでも甘やかせてくれるお家を早急にさがさなければ! と気を引き締めたほどだったのです。

 

恒例のみいさん写真♪ (左:シナ 右:モン)

IMG_0058

 

 

卒業まで載せまくりますよ! (手前:シナ 奥:モン)

IMG_0011

 

 

「ねえねえ MIHOさんて なんさい?」   (シナ)

IMG_0003

 

 

「なんさい?」 (モン)

IMG_0014

 

 

「え? ほんと? いがいと年ですね。ぼく もっとお若いのかと」 (シナ)

IMG_0038

 

 

「ぼく とんぼで MIHOねえ にあそんでもらいました」 (モン)

IMG_0015

 

 

「へへ すえっこはどこも世渡りじょうずです」 (モン)

IMG_0016

 

 

と、すごく楽しそうだったシナ&モンですが、翌日の月曜モンが連続嘔吐。

 

ちなみにシナは変わらず元気でした。

 

1日モンを隔離して様子を見ていたのですが、次の日念のため大巻先生の病院へ連れて行くことに。治ったように見えても子猫だから心配です。モンはシナよりひとまわり小さいし。

 

シナは付き添わせました。

診察時、モンの比較対象にもなるのでシナがいたほうがいいのです。

 

ついでに卒業を控えたいせやんも連行。

 

ひとりで3匹。シナ&モンが小さいとはいえ結構たいへんで(汗)。

 

病院到着後。これがこの日撮った唯一の通院写真。いせやんは洗濯ネットの中にいます。

IMG_6093

 

 

診察時すでにモンの吐き気が止まっていたことや、撮影会のはしゃぎぶりなどから推察し、大巻先生は「一過性の嘔吐」と診断。

 

もちろん、いつもどおり丁寧に診察してくれました。シナもついでに診てもらいましたよ。

 

チビたちは大丈夫とのことでつづいていせやんをお願いしました。

 

いせやんを保護したのは昨年9月。若く健康的に見えたので病院は保護当初の1回のみ。卒業にあたり、一度きちんと診てもらいたいと思ったのです。

 

里親さんには通院の了承を得ていました。

 

いせやんが新環境にすっと馴染むとは考えられません。

 

新しいお宅で食欲不振や元気消失が起きた場合、保護主として私は「大丈夫です。いせやんはただ緊張しているだけです」と言いきれる根拠がほしかったのです。

よって血液スクリーニング検査を依頼。外から見てもわからないですものね。

結果、腎臓以外の全項目が「基準値」におさまりましたが、腎臓の数値が若干高め。

腎不全初期 ステージ2(基準値2.4までに対し、クレアチニン2.8)

まずは食事療法とネフガードからスタートすることに。

 

まさかと思っていたので、正直ショックでした。すぐさま里親さんに電話。

キャンセル覚悟で率直にお話しました。

 

里親さんは穏やかな声でこう言いました。

 

「なにに気をつけてあげたらいいんだろう? (病気を)見つけてくれてありがとう」

 

そしてその後届いたライン↓ (左から右へとつづきます)

IMG_6106

 

 

自慢ばかりで申し訳ありませんが、私は本当にすばらしい里親さんに出会えたと思っています。

 

いせやんの丸ごとを受け止めてくださりありがとうございます。

IMG_6192

 

 

彼がどれだけ外をさまよっていたか知る術はありませんが、外暮らしは命の消耗が激しいので若くして腎臓を病む子がいます。特にうちの近所は野良猫たちにいい環境とはいえないし。でも昔のことはどうしようもありません。せめてお届け前にいせやんの体の状態を知れて幸いです。そして里親さんの深い理解のもといせやんが晴れの日を迎えられたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

サスケ、このは、いせやんは今、ご家族とともに努力中です。

 

最高の環境ですが一筋縄にはいきません。

 

心躍らせながら皆さまに卒業レポをお送りできる日を夢見つつ、まずは静かに見守りたいです。

 

長くなりましたね。

 

明日もいい一日になりますように!

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





定番ネタ

昨日ご家族で母の店に食べにきてくださったウィズキャトルの永澤代表

 

残念ながら私はご一緒できませんでしたが、ご来店の際に仰山の物資をお持ちくださったと母から聞きました。先ほど店に取りに行ってみると本当にすごい……。

IMG_6195

 

 

子猫フードが中心ですが切手やご支援まで。永澤代表、小島さまありがとうございました。フードは必要な場所に分配しながらムダなくつかわせていただきます。

 

 

さて、もうすぐ我が家を巣立つ保護猫いせやん(いせやんの写真はマイ太郎さん

DSC_0175

 

 

連日ご家族と打ち合わせをしています。どうすればシャイボーイが少しでも円滑に新生活をスタートできるか考えながら。いずれにせよ、いせやんには時間が必要なんだと思います。

DSC_0179

 

 

終の棲家で「愛を知る」のは時間の問題。いせやんにがんばってほしいです。

 

 

そして保護猫といえばすっかり定番化したシナ&モン写真(シナ&モンの写真はみいさん

IMG_0032

 

 

ふたりともひとまわり大きくなりました。これは大好きな一枚↓(シナ)

IMG_0040

 

 

ご家族に笑顔と癒しをもたらすにちがいありません(モン)。

IMG_0030

 

 

ここ数日のシナ&モンの様子を見て、やっぱりセットでのご縁がいいかなあ、と。

 

モンがシナに依存しているからね。

 

どの子であれ保護猫たちのことは石橋を叩きながら慎重にすすめていきたいです。

 

 

これまた定番化したSALA嬢の日常^^

IMG_6124

 

 

放出が追いつきませんが、いつかの投薬時のSALAです。

SALAは現在、抗がん剤(規定量の7割)、ステロイド、胃腸保護薬を飲んでいます。

抗がん剤は直接触らぬようゴム手袋着用で扱うのですが、手の感覚が鈍るので私は素手のほうがやりやすいです。(でもちゃんとつけてるのでご心配なく!)

 

今日は犬用のチーズを買ってきました。

SALAはチーズが好物なので薬を与えるときに便利です。

SALAの目や表情で彼女の気持ちがほんのちょっとわかるようになってきました。

SALAの苦痛を取り除くことはむずかしいですが、SALAのプチ喜びは増やせると信じています。

 

保護猫たちが卒業したら、SALAやうちのレギュラーメンバーたちの自慢ばかりさせてくださいね。私のすばらしい家族をいっぱいブログに載せたいです。

 

では皆さま、明日もいい一日でありますように!

 

私は保護活動の用事で神奈川県に行きますので今夜はこの辺で!

 

 

スポンサーリンク





シャンプー好き

703号室は現在保護猫シナ&モンの家族を募集しています。

 

強力助っ人みいさんがやんちゃシナ&モンの写真を撮ってくれました。

IMG_0068

 

 

次回たくさんお見せするとしてまず数枚♪

 

 

聡明なシナ 首をかしげて

IMG_0004

 

 

甘ったれモン

IMG_0079

 

 

小さなモデルさんたちははりきっています。どの写真も命が輝いていますね。

IMG_0069

 

 

保護猫いせやんの卒業はまもなくです。昨夜里親さんと電話で打ち合わせしました。

IMG_3988

 

 

人に慣れてきたとはいえ、長い間暮らした環境が変わるのですから最初はたいへんかもしれません。でも私はいせやんを信じています。彼ならきっとまた順応できる。がんばれ!

 

 

さて、うちのお子たちは元気です。きみたちは外に出ないから猛暑を知らないだろ?

IMG_5347

 

 

あまぱん、さぶ! 人間は汗だくですよ^^;

 

新メンバーSALAも変わらずです。おととい前の飼い主さんの元を訪ねました。iPhoneに保存したSALAの近況写真を見せたくて。

 

ご主人が対応してくれました。奥さんは不在。奥さんのお母さまが亡くなられたので里帰りしたのです。ご主人ももうすぐ奥さんのご実家に向かうところで……。おふたりが落ち着いた頃を見計らってまた写真を持っていこうと思います。

 

退院日のSALA

IMG_5353

 

 

私が着いたときSALAはトリミングルームにいました。間近にウンチで汚れてしまったのでお尻を洗ってもらっていたのです。

IMG_5354

 

 

emi-go、中島先生お世話どうもありがとう!

IMG_5360

 

 

emi-goいわく、意外なことにSALAはお風呂が大好きとのこと。どこを洗っても痛がらず気持ちよさそうに目を細めていたそうです。さすが女子ですね(笑)。私はお風呂面倒ですけど。

 

SALAがお世話になっている病院は先生とスタッフを合わせると数十名いるので患者数も半端じゃないのですが、ほかの看護師さんがこっそり私に教えてくれました。

 

SALAが入院している5日間、emi-goがほとんどつきっきりでSALAの面倒をみてくれていたと。emi-goには「ありがとう」の言葉だけでは足りないです。

IMG_5363

 

 

退院前、血液スクリーニング検査(再)をすることに!

IMG_5364

 

 

ごめんね。ちょっとだけチクっとするよ!

IMG_5366

 

 

あっという間に終了!

IMG_5365

 

 

SALAは近日中に再度検査入院します。1泊だけね。

 

SALAの病状を知りたいです。しかし私が望んでいるのは「辛い延命」ではなく「穏やかな余生」。SALAの体の声を聞くのはいじりまわすためではなく、よりよい緩和をめざすためです。苦しみの中、虫の息で生かせておくのではなくQOLの向上を意識しています。

 

またSALAに会いに来てください^^

 

 

~ありがとう~

 

先日、GTOさまよりキュートなプレゼントが届きました♪

IMG_5340

 

 

ジャーン! ほほの割り箸です。

IMG_5336

 

 

バリエーション豊か! 表も裏もほほだらけ……

IMG_5343

 

 

手がこんでいてつかうのがもったいないです(つかいますけど。再利用もしますけど)

IMG_5345

 

 

お手紙もくださいました。黒猫さんはアンテナつき(笑)。

IMG_5346

 

 

GTOさまありがとうございました。にっこりしました^^

 

ちびママさま、SALAにメールをくださったSさま、kazさま、ご支援ありがとうございました。

 

本日はシナ&モンを連れて病院へ行ってきますのでこの辺で失礼します。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





いせやんへの手紙

昨日、我が家の保護猫いせやん宛てに一通の手紙が届きました。

 

たった4行なのに息が止まるほど驚きました。

701

 

 

サスケとこのは家がいせやんの丸ごとを引き受けてくださるというのです。

 

 

このやんちゃどもはいせやんより一足早く703号室を卒業したお子たちですが、保護期間中はいせやんと本当に仲良しでした。

__ 3

 

 

いなくなったサスケとこのはをいせやんがしばらく探していたほどです。ちょっと期間があいてしまったけれど、きっと新たにはじまる時間が猫たちの絆を再構築するでしょう。

 

 

いせやんよかったねえ♪

IMG_5945

 

 

いせやんにはほかにも善き方よりお問い合わせをいただきました。

IMG_5947

 

 

あたたかい応援の数々にも感謝しています。どうもありがとうございました。

IMG_5949

 

 

お渡しが済みましたら改めてご報告します。

 

サスケとこのはのご家族に「ありがとう」を重ね重ね申し上げたいです。

 

保護期間11ヶ月……長かった……。

 

感慨深さこの上ないです。

 

 

いせやんの卒業を祝してMIHOさんがタルトを買ってきてくれました。その記事はおいおい^^

__ 4

 

 

SALAですが、水素水をたくさん飲ませています。

__ 1

 

 

機嫌がいいと手にチューをいただけることも(笑)。

__ 2

 

 

今朝はべべに笑顔でしっぽを振りました。

 

べべとSALAは幼なじみで子犬の頃はしょっちゅう一緒に遊んでいたのです。

 

そのうち我が家にナナとリルが増え、べべとSALAはなんとなく疎遠になってしまいました。SALAがナナとリルに吠えかかるようになったのでお散歩で鉢合わせしないようにしたのです。ナナとリルの応戦ぶりも半端じゃなかったし。

 

よってSALAのもとへは私ひとりで通っていたから、まさかSALAがべべにまだ好意的だったとは。

 

 

しかし午後さらなる衝撃が!!

 

 

なんと!

 

 

SALAがお散歩帰りのべべナナリルをしっぽフリフリで歓迎したのです。

 

「おかえり」と言っているようでした。

 

途中から慌てて動画を撮ったので、「SALAのしっぽがノリノリフリフリの最高潮の瞬間」は逃してしまいましたがなんとなく少しだけおわかりいただけると思います^^

 

※短い動画ですが私の声がうるさいです。

 

 

 

長年犬猿の仲だったSALAとナナリルがお互いを認め受け入れました。

 

 

こんな関係になれるんですね。心配が減りました。

 

SALAもおりこうですがべべ、ナナ、リルの懐の深さに改めて感無量です。

 

親バカでごめんなさい。

 

残念ながら犬猫たちに「人権」はありません。

けれど彼らには「尊厳」がありますね。

痛みを感じる体があり、ひたむきな心があり、つくづくすばらしい生き物です。

 

大切にしたいです。

 

 

スポンサーリンク