12歳になりました

※連続投稿しています。一つ下も読んでね↓

べべが12歳になりました。

「さあ、出かけるよ!」

そう声をかけると、べべ、ナナ、リルは大はしゃぎ。

無垢な姿を見て、心がギュッと痛みました。

卒業犬猫たちが、ご家族に大切にされている様子を知るたび、嬉しい反面、うちのお子たちに申し訳ない気持ちになります。

ごめんね。

本当は世界中の誰よりもお前たちを幸せにしなきゃいけないのに、いつも後回しで。

ゴンタには寝ててもらおう。

今日の主役は、べべ!

べべが12歳になりました。

犬猫の平均寿命が延びている昨今、12歳なんて、大したことないようにも思えるけれど、べべがまだ子犬の頃から、私たちはずっと一緒に生きてきたのです。

いい日ばかりではなかったなあ。

何もかもを捨て、新たな生活をはじめた私ですが、べべだけはどうしても捨てられなかった。普段、ここには書きませんが、私には離婚歴があります。離婚後は、ド貧乏生活まっしぐら。ワンルームアパートからスタートした私のそばには、常にべべがいてくれました。

べべがいるから働けた。

べべがいるから前を向けた。

折れるわけにはいかなかった。

べべがいるから。

べべが私を導いてくれた。

小さな体で一生懸命。

べべが12歳になりました。

6歳で胃がんが見つかったとき、私は相当の覚悟を持ちました。

不謹慎で口に出すのも怖かったけれど、べべは享年7歳だろう、と。

そのべべが、幾多もの手術や治療を乗り越え、今、私の横にいます。

私にとって、この世界で最も尊い奇跡は、べべ。

べべが生きてくれていること。

ささ、出発出発!!

芸のないチチと私は、やっぱり「お台場」を選びました。

まずは恒例のプレゼント選び! 最初にゴンタの介護用品を買ってから、べべに好きなおもちゃを選ばせました。優柔不断のべべは、興奮しながら迷いまくり(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

結局決まらないので、お母さんが決めてあげました。

お買い物を済ませたら、次は海辺へ^^

寒かったけれど、夜景が半端じゃない♪ スマホの画像じゃ伝わらないですけど。
クリックすると元のサイズで表示します

つづいて本日のレストランへ!
クリックすると元のサイズで表示します

チチはオレンジジュース、私は珍しくビールをオーダー!

べべは人間用の椅子に座らせてもらえました。
クリックすると元のサイズで表示します

ナナとリルは体が大きいので、机の下が定位置です。
クリックすると元のサイズで表示します

おいしいお料理が運ばれてきます。
クリックすると元のサイズで表示します

オーダーしたのは、鮮魚のカルパッチョ、アボガドとマグロのディップ、うにのパスタ、焼きサーモン、ケーキ、コーヒー、紅茶。

ふたりでシェアしたので、足りないくらいだったけれど、腹八分目がちょうどいい。

じっと見られると食べれないなあ。
クリックすると元のサイズで表示します

べべのおやつ持参を持参してよかった。合間合間にちょこちょこ与えてご機嫌を伺います。

ケーキはほんの少しみんなに分けました。
クリックすると元のサイズで表示します

レストランを出たあと、駐車場のあるビーナスフォートへ戻りました。

途中、化粧室へ寄った私を、べべナナリルが探してくれていたのがかわいくて遠くからパチッ!
クリックすると元のサイズで表示します

べべへのプレゼントは、ピンクのボール2つ。おやつはナナリル用。マタタビはひかるへ。ゴンタへの介護グッズを優先させなきゃいけないから、質素だけど、堪忍してね^^;
クリックすると元のサイズで表示します

なぜかゴンタに買ったおむつパンツが大人気?
クリックすると元のサイズで表示します

このあと、べべにプレゼントを渡しました。べべが遊ぼうとした瞬間、ナナがふらっとやってきて、おもちゃをかっさらって行きました。これも毎度同じ図^^;
クリックすると元のサイズで表示します

ナナちゃん?

それべべのだよ。

ナナが飽きるまでべべはひたすら根気よく待つしかないのです。

ジャンジャンっ!

べべが12歳になりました。

べべに聞きたいけれど、怖くて聞けない言葉があります。

苦労ばかりさせてきたから。

保護活動をする私を、べべはどんな気持ちで見てきたのでしょう?

いつもほかの子に心を注ぐ私を、浮気者だと思っているのでしょうか?

べべには聞かないけれど、お母さんは、べべに伝えます。

べべと家族になれて、幸せです。

どうもありがとう。

スポンサーリンク





私の決意文

今日は皆さまに聞いていただきたいことがあります。

うまく書けるかはわかりませんが、おつきあいください。

福多朗の排便は、現在スムーズです。2回の骨盤矯正手術が功を奏したと言い切れるでしょう。よって私は、福多朗の家族探しをはじめます。

これでよかったと笑ってくださる方もいらっしゃるでしょう。

この時点で私の決意に、がっかりする方もいらっしゃるでしょう。

うぬぼれかもしれませんが、いずれにせよ、皆さまが703号室に心を寄せてくださっている証だと思い、皆さまのご善意やお気持ちを無駄にせぬよう、しっかりと歩んでいきますので、どうか見守ってくださいね。

福多朗は、私にとって、特別な存在です。
クリックすると元のサイズで表示します

キラッと輝いているでしょう?
クリックすると元のサイズで表示します

常に前を向いて生きている猫です。
クリックすると元のサイズで表示します

努力家であり、甘えん坊、食いしん坊でもあります。
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗に悲壮感を求める方がいらっしゃいましたら、福多朗はその方のイメージとは異なります。動画を見てくださった方は、おわかりになりますよね?
クリックすると元のサイズで表示します

私は福多朗に涙を流しました。

けれど、福多朗に笑わせてもらった回数は、その千倍です。

福ちゃんと、いつも一緒にいたいです。
クリックすると元のサイズで表示します

離れるのが、怖くてたまりません。

だから、里子に出せない言い訳をたくさん考えました。

ここに書く言い訳ではありません。

自分のお子たちと、自分自身に対する言い訳です。

私でなければ見れない理由。

うちでなければならない理由。

いっそ福多朗が、ここまで回復しなかったら、私はこの子とずっと一緒に暮らしていけるのに、とも。

それほど福多朗は、人を夢中にさせるワルイ男なのです。
クリックすると元のサイズで表示します

会ったらきっとメロメロになりますよ。
クリックすると元のサイズで表示します

そしてこの子の強さに、圧倒されるでしょう。

でも私には、すでにべべ、ナナ、リル、ほほ、あまたがいます。半端じゃなく手のかかるゴンタもいます。犬猫を保護する際、毎度キャパについて悩んできまし た。1頭家の中に入れるためには、原則、1頭を里子に出さなければ成り立ちません。心の傷が深いFIVキャリアのひかるは、ご縁が決まるまで、相当の時間 がかかるでしょう。今、我が家に新しい子を入れるためには、福多朗を出さなければ。

保護活動保護活動保護活動!!

微力微力微力……

キャパキャパキャパ!!

ああ。

ワオーーーーーン、と、吠えたい気分です。

まあ、仮に我が家にもう一部屋環境的キャパが増えたとしても、今の私の体調では、福多朗を家族にすることが難しいでしょうけど。ここに体のことを書くと、 いろんな方にご心配やご迷惑をおかけしますが、昨年から私は、体調の悪化を著しく感じるようになりました。私はもう、健康な子猫や子犬を一から育て上げ、 看取るのは難しいかもしれません。目上の方が読んだら、なんと情けない女だと叱咤を受けるでしょう。40前なのに、すでに健康に自信がないなどと、恥ずか しい発言です。ただ、隠しても仕方ないし、私が言いたいのは、なにも今のことだけではありません。5年後、10年後の話です。

我が家のお子たちは、5歳のほほを除いて、ほぼ全員シニアなので、うちのお子たちより私が先に逝くことはないでしょう。全員、きちんと見送れると思います。だけどまだ推定1歳そこそこの福多朗はうちのお子たちとはちがう。

まーものような保護猫ともちがう。

福多朗とまーものちがいは、おわかりになりますか?

まーもは残したけれど、福多朗は出す。

その理由は、語らなくてもおわかりいただけると思います。

要は、余命宣告をされたかどうか。

まーもは生きていました。けれど保護した時には死の影が、着実に迫っていたのです。

でも、福多朗は、命がパンパンに詰まっています。

両足がないだけ。

度重なる検査を受けても、内臓は、ひとつも悪くありません。

だから、もっといい環境で、幸せになってほしい。

決意文と言いながらも、まだ私は、揺れています。

正直、断腸の思いでキーボードを打っています。

全部福多朗が悪いのです。

福多朗が、愛らしすぎるから。

だけど私の個人的な未練を断ち切って、福多朗に良縁を結べるよう、精いっぱい努力しますので、皆さま、応援してくださいね。そして、これを読んでくださった方の中で、福多朗の家族になることを希望してくださる方は、ドン引きしないでください。

言い換えれば福多朗は里子に出したくないほど魅力的でありながら、うちに残る理由が見つからないほど健康だということです。

私は微力ですが、プロですから、自分の個人的な感情にほだされ、手放さないなどはあり得ません。福多朗にとって、良縁だと思えば、きちんと譲渡します。

だから気兼ねなくお問い合わせください。

福多朗のどこを見ますか?

暗い過去ですか?

無くなった足ですか?

それとも……彼の本質を見ますか?

最後に、みいさんが撮ってくれたお気に入りの1枚を(今日の写真は全部みいさんの提供)
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗は家族を求めています。

福ちゃんの紹介、生活ぶりなどは、次回たっぷりと。

チャオ!

スポンサーリンク





いろいろネタ

おかげさまでみもはすごいスピードで新しい生活に溶け込んでいるそうです。里親さんから写真が送られてきました。近日中に必ず紹介しますのでお楽しみに^^

今日は最近のできごとを小ネタ風につらつら書きます。

~べべのこと~

木曜の夜、べべの喉にしこりを見つけた私は、次の日慌てて大巻先生の元へ。
クリックすると元のサイズで表示します

「先生、がんですか? がんでしょ?」

不安爆発で詰め寄る私を先生が一笑。

細胞診の結果、ただの脂肪でした。

ほっ。

~ひかるがやって来ました~

あまりにもオロオロしているひかるくん。まだこんな写真しか撮れません。
クリックすると元のサイズで表示します

うららさんの家に預けていた保護猫ひかるくん。

他の保護猫たちのことで手いっぱいだったし、ひかるがなかなか人慣れしなかったので、あとまわしになってしまいましたが、この度本格的にご縁探しをすることに。

わが家のチチの出番ですね(笑)。

ひかるのことは改めて書きますが、保護してからなんと半年近くが経過してしまいました。

うららさん、長い間、ひかるを預かってくださりありがとうございました。

うららさんのご厚意に報いるためにも、必ずひかるに良縁を繋ぎます。

FIVキャリアですが、健康状態最高です。さすがうららさん。ケアがばっちりですね。

~卒業猫くりちゃんに会った件~

先日、卒業猫くりちゃんに会いに行ったのです。
クリックすると元のサイズで表示します

くりちゃんは頭のてっぺんからしっぽの先まで、“お嬢さま”でした。ひどい猫風邪や慢性腎不全初期を吹き飛ばし、幸せオーラ満点のくりちゃん。会えてうれしかったよ。

ただ遊びに行ったわけではないのです。

実は、ぽちさん&うららさんの保護猫ピッケくんを、くりちゃんの弟として迎えたいとのお話をいただき、くりちゃんのお家にピッケくんを届けに行ったのです。

ピッケくん、かわいすぎです。私も記念に抱かせてもらいました♪
クリックすると元のサイズで表示します

トライアルからのスタートでしたが、正直、うまくいくかどうかは読めなかったです。
クリックすると元のサイズで表示します

だってくりちゃん、保護時代は他の猫さんを一切寄せつけなかったお子だったので^^;

でも、どういうわけか、くりちゃんとピッケくんは、すぐに仲良くなり、今ではグルーミングし合うほど。猫の相性って、なんなんだろ?

「わたし、幸せになったのよ。そうしたら心に余裕が出てきたの。むかしのわたしのように、お家がなくて困っているねこさんの役に立ちたいって思ったの。わ たしが反対したら、きっとママたちが悲しむから、ピッケを弟として迎え入れ、一緒に暮らそうって、そう決めたのよ。つまりはわたしも、保護活動をしている の。ハハ、わたし、成長したでしょう?」
クリックすると元のサイズで表示します

号泣。

くりちゃん、大好き。

ご家族の愛情やくりちゃんの理解もあり、ピッケくんは、無事正式譲渡になりました。パチパチ。

ぽちさん&うららさん、お疲れさまでした。また幸せな猫が増えましたね。私も嬉しいです。

今日、ピッケくん正式譲渡の書類を交わすため、ぽちさん&うららさんと再度くりちゃんのお家にお邪魔するはずでしたが、福多朗の体調が不安定になってしまったので、私は行けませんでした。余談ですが、くりちゃんちとみもんちは近いんですよ♪ ふふ。

とにかく、おめでとうございます。

ぽちさん、フードやクッキー、ありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します

ぽちさんって、平子理沙にそっくりですね。
クリックすると元のサイズで表示します

うららさんからもどら焼きをいただきましたが、とっくに胃の中です(爆)。

~卒業猫くりちゃんのママからのプレゼントの数々~

くりちゃんの美ママはプレゼント魔女です。見てこのお皿!! もったいなくて使えません。
クリックすると元のサイズで表示します

お菓子や、メモ帳^^
クリックすると元のサイズで表示します

にぎやかでセンスのいいものばかり!
クリックすると元のサイズで表示します

ガラスのリースは、早速飾りましたよ。クリスマスの雰囲気が出ますね。
クリックすると元のサイズで表示します

一番驚いたのがこれ↓
クリックすると元のサイズで表示します

貯金箱ですが、デコられすぎでしょう!

なにこれ。ヤバイっ!!

キラッキラ!!

超、超、気に入りました。大切にします。

くりちゃんのママさん、カレンダーを大量に買ってくださり、ありがとうございます。お父さまの医院のスタッフさんに配りまくっているそうです。ありがたいですね。

~福多朗は明日再々手術に臨みます~

クリックすると元のサイズで表示します

金曜の夜までは元気いっぱいでしたが、やっぱり便秘がちで、週末、とうとう吐いてしまいました。前よりはだいぶマシですが、このままだとお腹が苦しそうで可哀想です。

明日、2度目の骨盤矯正手術を受けさせますが、私はもう今から生きた心地がしていません。

代われるもんなら、代わりたいです。

では皆さま、来週もどうぞよろしくお願いします。

スポンサーリンク





退院が延びそうです

チチを囲んで、女子、全員集合!
クリックすると元のサイズで表示します

こういう写真が多いですね。

べべ、ナナ、リルはチチの寝室とリビングを行ったり来たりしていますが、保護猫みもは、ほとんどリビングには入れていません。かわいそうですが、あまたやほほとの相性が悪いのです。

卒業猫とら(まこと)や福多朗のことは受け入れているみもですが、うちのお子たちはダメです。なぜか毛を逆立てながら追っ払うので、隔離せざるえません。

ガラス越しに私を見つめるみも
クリックすると元のサイズで表示します

「ハハ、こっちきて一緒にあそぶ?」
クリックすると元のサイズで表示します

こういう表情をされると、たまらないなあ。

体がひとつでは足りないね。

お届けまでもうちょっと待っててねお姫さま。

みもだけを大切にしてくださるご家族が、今、準備をしてくださっているから。

話は変わって、福多朗ですが。

行ける日は必ず行ってます。会いたくて。

本日、1日ぶりにお見舞いへ。

みいさんの保護猫マーくんにも会ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

大大大手術を乗り越えたマーくん。鳴きながら元気よくごあいさつしてくれました。

早くお家に帰れるといいねえ。

福多朗、いい子にしてた?
クリックすると元のサイズで表示します

相変わらず、ちんまりしています。
クリックすると元のサイズで表示します

みいさんが抱っこしてくれました。この写真、目が開いてる!
クリックすると元のサイズで表示します

私も抱っこしました。福多朗、あったかいなあ。
クリックすると元のサイズで表示します

なにかあると、いつもは一応、ある程度自分の中で消化させてからここに書くのですが、今日は未消化のまま書きます。でも、もう方向性は見えてきているから、心配しないでください。

さっき病院で号泣しました。おとなげない。

福多朗の退院について先生に相談するつもりで病院へ行ったのです。私の頭の中では、退院は来週の頭くらいかなと。来週の頭なら、ちょうど手術から2週間経つので、抜糸もできるし! とか、自宅でカレンダーと睨めっこしながら、いろいろ考えていました。

でも先生から、もう一度手術を受けてはどうかと提案されたのです。

あらかじめお話しておきますが、大巻先生は、私がいままで出会ってきた獣医師の中で、一番信頼している先生です。盲信的に信じているのではなく、結果を出 してくださっているから信じているのです。科学的で、冷静で、緻密で、柔軟。実直なお人柄です。だから他の病院への転院は、考えていないのです。そもそ も、瀕死だった福多朗を救ってくれたのも、先生ですから。

話を元に戻しますが、福多朗は、すさまじい交通事故で骨盤が折れました。折れた骨盤が、運悪く、左右とも内側に入り込む形で徐々にかたまり、肛門を圧迫し ていたので、自然排便がむずかしくなってしまったのです。下痢気味の時はまだよかったけど、うんちがかたくなってきてからは、吐くほど力んでいました。 ずっとトイレに入りっぱなしの姿があまりにもかわいそうだったので、先生と相談した結果、手術を決意。

それが前回の手術、つまり2度目の手術。

手術は大変だったそうです。開けてみると、ひどさはレントゲン画像に写っている以上で、1枚1枚の筋肉をはがしてから骨をいじらなければならないため、手 際の良い先生でも、時間がかかってしまいました。いつまでも麻酔をかけておくわけにもいかないので、結果、片側の骨盤しか手術ができなかったのです。(去 勢手術はできました)

片側だけでも、骨盤を広げたわけですから、私はこのまま維持するのを目標に考えていましたが、福多朗の様子を毎日みている先生は、将来への懸念を持っています。

ここまでやった以上、やっぱり左右両方を広げてあげることが一番の良策だと考えています。骨盤を完全に元の形に戻すことはできないけれど、手術で左右の均 衡を取り、元の形、つまり交通事故に遭う前の形に近づけることで、福多朗の生活水準を上げる。両足を失ったハンデの大きさを考えても、骨盤がしっかりして いる方が、排尿、排便などの基本的な生活がしやすいと。

仰るとおりです。

よくわかります。

納得もできました。

長い目で見れば、きっとそうでしょう。その方が福多朗のためになります。

最後の手術です。もうこれでおしまい。これさえ乗り切ったら、福多朗の生活はもっとよくなる。

だけど、私はまた、ドキドキしますし、不安でいっぱい。

どうしたらいいんだろう。今夜、チチとよーく話し合います。大黒柱はチチだし、チチの意見を聞かないと。チチが納得した形じゃないと、あとで夫婦の間にも歪が生まれてしまうから。

福多朗、ごめんね。

交通事故に遭う前に保護してあげられたらこんなことにはならなかったのに。

病院からの帰り、大通りを通過中に、私の車の前に黒猫らしき猫が飛び出してきました。

私は轢きませんでしたが、あの子はいつ轢かれるんだろうと思うと、胸が痛くなりました。

外に生きている猫にとって、車社会は、命を賭したサバイバルそのものです。

外に猫がいることが自然だとは思えません。

東京で猫と暮らすようになって、ますます外猫の姿に違和感をおぼえます。

家に入れる猫が、1匹でも多く増えますように。

スポンサーリンク





お尻愛

みいさんちの保護猫マーくんが大手術を受けたので、私も病院へ駆けつけました。途中の駅でマイ太郎さんをピックアップし、一緒に行ったのです。マーくんについては下の記事に追記してあるので、そちらをお読みください。福多朗も同じ病院だから、会ってきました。

福多朗の退院は、抜糸を済ませてからということでしたので、もう少し先になりそうです(涙)。

病院で会うたびに、福多朗のたくましさに驚きます。

肩の筋肉が、モコモコになってきましたよ。進化を遂げているのですね。

すごい。

今日は入院前の福多朗の写真を何枚かUPしますが、その前に私の悩みを聞いてくださいっ!

『ハハの小さなお悩み1』⇒みもが食べたがりすぎるのです。
クリックすると元のサイズで表示します

ごはんを要求してばかりのみもたん。

私は心を鬼にして、フード量をセーブしていますが、チチがねえ……。

私がいくらチチを叱っても、みもに甘いチチは、あげてしまうんですよ。

みものこの食欲が健康の証だとしたら、それはとっても喜ばしいのだけど、あなたは嫁入り前の女子なのだから、ちょっとは自制しないとね。まあ、食べざかりのお子には難しいかな?

『ハハの小さなお悩み2』⇒ゴンタがトイレで寝ちゃう件(号泣)
クリックすると元のサイズで表示します

ゴンタのサークルは、トイレゾーンとハウスゾーンにわかれているのですが、近ごろトイレゾーンで眠ってしまうゴンタ。痴呆がまた進んでしまったのかな?  おしっこの上で寝ちゃうから衛生的にも気になる。たまにシャンプーするのですが、老犬は体力を消耗するので、できればあまり洗いたくないんですよね。今は こまめにシーツをかえる策でやりくり中。

なんかいいアドバイスはないですか?

「ぼくがお答えしてあげましょう! ハハ、困った時はみんなでおだんごです」
クリックすると元のサイズで表示します

「ほら、こーやって。むにゃむにゃ。あまたくんのおにく、きもちいい」
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗はあまぱん太郎にタッチすることで、心の平安を得ていたようです。
クリックすると元のサイズで表示します

わかるよ福多朗。

私もあまぱん太郎をおさわりするのが大好きだから^^

あまぱんのお体、やわらかくて、きもちいいんだよね~!

「でも、お母さん、ちょっぴりまずいかも」
クリックすると元のサイズで表示します

「だってね。写真をよーくみて想像して!」
クリックすると元のサイズで表示します

「男同士なのにお尻にタッチするなんて……」
クリックすると元のサイズで表示します

笑。

ナナちゃん、考えすぎ!

「…………」       「そぉかなぁ?」
クリックすると元のサイズで表示します

「お母さん福のこと注意できないね。だっていつもわたしのお尻をベタベタさわってるもん」
クリックすると元のサイズで表示します

ふふ^^

べべのお尻まんまるでかわいいんだもん♪

みーんなお知り合い(お尻愛)ってことで、おやすみなさい。

かつくん「本日のハハのオチがあまりにもナンセンスなので、ぼくが登場しました。とはいっても、ぼくもこの流れをどう変えたらいいのか……。

話題を一気にチェンジします。

卒業猫とら(まこと)のビューティママりっちゃんが、ブログをはじめました。

ここをクリック→ http://ameblo.jp/canaltown/

みもより一足お先に卒業したとらは、本当に幸せそうです。覗いてみてくださいね。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク