べべが心配です

追記:べべ、大丈夫っぽいです。ほっ

ドキドキします。

うちのべべが盗み食いしてしまいました。チョコがほんのりコーティングされたお菓子を。さっき大巻先生に電話。指示を仰ぎました。べべは胃がんの手術を受 けているので胃の形成が普通の子とはちがいます。胃洗浄は意味がないそうなので、このまま様子見。念のためネフガードを与え解毒作用をはかろうかと。

36時間経っても異常がなかったらおそらく大丈夫とは言われているのですが、そんなに長い時間様子見しなきゃならないなんて、本当に緊張します。

高い場所においてあったお菓子。しかも箱に入っており、紙や袋で2重にくるまれていました。猫が手を貸した上、一生懸命包装を破ったんでしょうね。すごい執念です。でも、全部私が悪い。お願いしますからどうかべべが無事でありますように。

今日は私、仕事場のロッカーで倒れてしまいました(汗)。意識が一瞬、マジでなくなったのです。初体験でした。やっと帰ってきたあと、家でのびてしまい、なんかいろいろ油断していたんですね。お菓子を棚の中にしまっておけばよかった。べべ、ごめんね。

こういう時間が永遠につづくよう
クリックすると元のサイズで表示します

気を引き締めないといけません。
クリックすると元のサイズで表示します

だらけてていいのはお子たちだけ
クリックすると元のサイズで表示します

お母さんは本気で反省しています。
クリックすると元のサイズで表示します

もっと大事にしないと。

保護猫ひかるは元気です♪
クリックすると元のサイズで表示します

相変わらずベッドメイキングがお上手!
クリックすると元のサイズで表示します

かわいくてつい連写しちゃうのです。
クリックすると元のサイズで表示します

この時は、なんと200枚シャッターを切りました。
クリックすると元のサイズで表示します

完全にビョーキですね^^;
クリックすると元のサイズで表示します

でも全部微妙にちがう写真だからいいんだもん!
クリックすると元のサイズで表示します

これは別の日。肌寒い日はあなぐらに潜ってます。
クリックすると元のサイズで表示します

猫らしいですね。癒されます。
クリックすると元のサイズで表示します

よく食べよく出し、適度に甘え、上向きに生きてます。我が家の自慢の保護猫です。ひかるの体はぽっかぽかだよ

あかりも調子いいです。

今日はじめて私の目を見て鳴いてくれました。

「メシくれー」

用件はこんな感じ。

だけどうれしかったなあ。あかりがはじめて私を求め、自己主張をしてくれたから。

べべ、べべになにかあったら生きていけない。

どうかどうか、どうかどうか。

スポンサーリンク





ブレスエアーマット

追記:小梅&すみれママさま よーくわかりました!! 分厚くする考え方ですね。なるほど^^ もう試していますが、いい感じです。継続してやってみます。

土手で13年間、ゴンタのケアをつづけてきたKさん。昨年、原発の放射能を懸念し、お孫さんなどを連れ北海道へ移住してしまったのです。Kさんが面倒をみ てきた地域猫たちや、Kさんの保護犬ケンケンは一緒に連れて行きましたが、ゴンタはすでに我が家にいたので、Kさんの手を離れました。

先日、Iさんとゴンタに会いに来てくれた際、チョコとコーヒー代? を持ってきてくださいました。
クリックすると元のサイズで表示します

コーヒー代なんて、いいのです。

Kさんがゴンタを忘れていないことだけで。

そんなKさんから、本日、ゴンタへのプレゼントが届きました。

ブレスエアー100%のマット2枚。ほしくて検討していた商品です。寝たきり老犬(人間も)に抜群の寝心地を保証してくれ、介護人には手入れのしやすさがうれしい。

薄いマット。中身は一見、へちまたわしのよう?
クリックすると元のサイズで表示します

でもこれが、びっくりするほど寝やすいの!

サークル内でゴンタと一緒にねんねし、実感済みです。

敷きつめてみました。ゴンちゃん、寝心地はどうですか?
クリックすると元のサイズで表示します

頭落ちてますけど、本当に気に入ったみたい。
クリックすると元のサイズで表示します

いつもより長い時間、スヤスヤ寝てくれていた気がします。

Kさん、ありがとうございます。

ケンケンもゴンタに負けずにがんばれー!

豆さまからは、またまた食材が届きました。
クリックすると元のサイズで表示します

ありがとうございます。少しずつ、いただいてます。昨日はサーモンとパンを食べました。高級そうで、胃に入れるのがもったいない。

と、毎度ゴンタか福多朗(+べべ)の話ばかりなので、今日はうちの美女軍団を♪ 先月みいさんが撮ってくれた写真です。

次女ナナちゃん
クリックすると元のサイズで表示します

ゴンタと同じ土手出身者。だけどナナは13年土手で生きたゴンタとはちがい、1歳8か月の時から私とともに暮らしています。3月で11歳になるんですが、すばらしい犬です。チチよりも、誰よりも、私が一番大好きなナナ。お母さんに従順で、常にそばを離れません。

おてんばリル
クリックすると元のサイズで表示します

ナナと同じく、土手出身者。3歳5か月の時に土手を出ました。それ以来、ずっと大切に育てているつもりですが、お母さんには興味がなく、チチのことばかり 考えています。リルは手がかかるかかる。まず、布製品を破きまくるクセがうざい。次にごはんをあまりたべないのがじれったい。だけどどこも全部かわいいの です。

書く記事は偏ってしまうけれど、心は偏っていないつもりです。

どの子も私の宝物。

愛さずにはいられません。
クリックすると元のサイズで表示します

3月から、703号室がこちらの仲間入りを果たします↓

詳細はクリックしてね!

NHKホールにて、パネルを展示してもらう予定です。ぜひ足を運んでくださいね。私も伺わせていただこうと思っています。楽しみだな^^

スポンサーリンク





日常写真館(一部汚い)

スマホがぶっ壊れました。最悪。どこまでツイテないのでしょう? 今修理に出してますが、その関係上、ライン等は使えません。ご用のある方はPCにメールください。

大雪の予報が当たったら、明日予定していた免許の更新に行けないな。明日、ゴンタをどうにか寝かせて行こうと思っていたのに。ってか行かないと無免許運転になっちゃうよ。まずい。

愚痴ではじまりましたが、今日はMIHOさんが遊びに来てくれました。

私が動くたび、私のカメラを持って私を追いかけ、パチパチ写真を撮るMIHOさん。こんな汚い女のどこを撮りたいんだろ? ほとんど変態の域だと呆れています(苦笑)。

案の定、MIHOさんが帰ったあと、私のカメラには、MIHOさんの作品がわんさか。

見るのも忌々しいほどブスなスッピン! スッピン! スッピン!

勘弁してMIHOさん。私、現実をこれ以上知りたくないよぉ……。

まあ、せっかくなのでそれをネタに更新します。飾らない703号室の平日の日常。お目汚しになりますが、どうぞおつきあいください。

「お母さんはおブスでも、あたちはきれい」
クリックすると元のサイズで表示します

「MIHOりん、近いよっ」
クリックすると元のサイズで表示します

「毛穴が写ったらどー責任をとってくれるつもり?」
クリックすると元のサイズで表示します

これは私が撮ったもの↓ 2人でゴンタのお尻洗いです。
クリックすると元のサイズで表示します

MIHOさんがゴンタのために買ってくれたドライヤーで乾かします。横モレしたおしっこがべったり毛にくっついていたゴンタ。さっぱりしてくれたかな?
クリックすると元のサイズで表示します

MIHOさんがべべとボールで遊んでいる様子?
クリックすると元のサイズで表示します

ぶれていますが、べべの充実感が伝わってきます。
クリックすると元のサイズで表示します

別室に避難していたほほ。いつの間に撮ったんだろ?
クリックすると元のサイズで表示します

ナナ、リル、ゴンタ用のごはんを作りはじめた私。めっちゃだらしない顔で笑ってるけど、楽しい話でもしていたのかなあ?
クリックすると元のサイズで表示します

足元にはいつものコンビ
クリックすると元のサイズで表示します

くれくれビームがすごい^^;
クリックすると元のサイズで表示します

落ちたカスすら見逃すまいと意気込むふたり
クリックすると元のサイズで表示します

※ちゃんとご飯あげてます(爆)。

おやつが入った棚をオープンすると、期待度はいっそう高まります。
クリックすると元のサイズで表示します

しょうがないので、みんなにおやつをあげました。
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗、おいしかったかい?
クリックすると元のサイズで表示します

ゴンタは大騒ぎしました。写真は静止画なので、わからないですよね。
クリックすると元のサイズで表示します

ケージに入ってなだめます。延々、ゴンタの気が落ち着くまで。
クリックすると元のサイズで表示します

ごめんねMIHOさん、びっくりしなかった?

ゴンタ、これでも今日はまだ機嫌がいい方だったんだけど。

うわ、髪がボサボサの上、色が二層になっとるTдT ヤンキーもいいとこだわ。週末、チチにゴンタをお願いして、近所の美容院へ行きます。
クリックすると元のサイズで表示します

抱っこだけでは気がおさまらなかったゴンタ。叫び声が止まらないので、歩行補助ハーネスをつけてあんよさせることに。
クリックすると元のサイズで表示します

いっぱいあんよして、ご満悦顔♪ ベロしまい忘れ^^
クリックすると元のサイズで表示します

お水を飲むゴンタ
クリックすると元のサイズで表示します

肩の傷は寝ながら暴れてできたもので、現在治療中です。これでもだいぶよくなったんですよ。今、Kさんがゴンタのために、介助マットを注文してくれていま すが、寝返りをうたせないことによる床ずれとはちがい、自傷に近い行為なので、どこまでマットに期待できるか。とにかく、ゴンタの気持ちを鎮めるために、 いろいろ工夫しないと!

MIHOさん、すっごい助かっちゃった! 明るいMIHOさんが他愛もない話をしてくれるだけで、気が紛れるし、お手伝いもサンキューです。

チチへのチョコもありがとう。
クリックすると元のサイズで表示します

チチ、早速食べてたよ。

他にもいろいろ書きたいことがありますが、今日はこの辺で!

PS ナナ、あまた、ひかるの写真はありませんでした^^;

スポンサーリンク





12歳になりました

※連続投稿しています。一つ下も読んでね↓

べべが12歳になりました。

「さあ、出かけるよ!」

そう声をかけると、べべ、ナナ、リルは大はしゃぎ。

無垢な姿を見て、心がギュッと痛みました。

卒業犬猫たちが、ご家族に大切にされている様子を知るたび、嬉しい反面、うちのお子たちに申し訳ない気持ちになります。

ごめんね。

本当は世界中の誰よりもお前たちを幸せにしなきゃいけないのに、いつも後回しで。

ゴンタには寝ててもらおう。

今日の主役は、べべ!

べべが12歳になりました。

犬猫の平均寿命が延びている昨今、12歳なんて、大したことないようにも思えるけれど、べべがまだ子犬の頃から、私たちはずっと一緒に生きてきたのです。

いい日ばかりではなかったなあ。

何もかもを捨て、新たな生活をはじめた私ですが、べべだけはどうしても捨てられなかった。普段、ここには書きませんが、私には離婚歴があります。離婚後は、ド貧乏生活まっしぐら。ワンルームアパートからスタートした私のそばには、常にべべがいてくれました。

べべがいるから働けた。

べべがいるから前を向けた。

折れるわけにはいかなかった。

べべがいるから。

べべが私を導いてくれた。

小さな体で一生懸命。

べべが12歳になりました。

6歳で胃がんが見つかったとき、私は相当の覚悟を持ちました。

不謹慎で口に出すのも怖かったけれど、べべは享年7歳だろう、と。

そのべべが、幾多もの手術や治療を乗り越え、今、私の横にいます。

私にとって、この世界で最も尊い奇跡は、べべ。

べべが生きてくれていること。

ささ、出発出発!!

芸のないチチと私は、やっぱり「お台場」を選びました。

まずは恒例のプレゼント選び! 最初にゴンタの介護用品を買ってから、べべに好きなおもちゃを選ばせました。優柔不断のべべは、興奮しながら迷いまくり(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

結局決まらないので、お母さんが決めてあげました。

お買い物を済ませたら、次は海辺へ^^

寒かったけれど、夜景が半端じゃない♪ スマホの画像じゃ伝わらないですけど。
クリックすると元のサイズで表示します

つづいて本日のレストランへ!
クリックすると元のサイズで表示します

チチはオレンジジュース、私は珍しくビールをオーダー!

べべは人間用の椅子に座らせてもらえました。
クリックすると元のサイズで表示します

ナナとリルは体が大きいので、机の下が定位置です。
クリックすると元のサイズで表示します

おいしいお料理が運ばれてきます。
クリックすると元のサイズで表示します

オーダーしたのは、鮮魚のカルパッチョ、アボガドとマグロのディップ、うにのパスタ、焼きサーモン、ケーキ、コーヒー、紅茶。

ふたりでシェアしたので、足りないくらいだったけれど、腹八分目がちょうどいい。

じっと見られると食べれないなあ。
クリックすると元のサイズで表示します

べべのおやつ持参を持参してよかった。合間合間にちょこちょこ与えてご機嫌を伺います。

ケーキはほんの少しみんなに分けました。
クリックすると元のサイズで表示します

レストランを出たあと、駐車場のあるビーナスフォートへ戻りました。

途中、化粧室へ寄った私を、べべナナリルが探してくれていたのがかわいくて遠くからパチッ!
クリックすると元のサイズで表示します

べべへのプレゼントは、ピンクのボール2つ。おやつはナナリル用。マタタビはひかるへ。ゴンタへの介護グッズを優先させなきゃいけないから、質素だけど、堪忍してね^^;
クリックすると元のサイズで表示します

なぜかゴンタに買ったおむつパンツが大人気?
クリックすると元のサイズで表示します

このあと、べべにプレゼントを渡しました。べべが遊ぼうとした瞬間、ナナがふらっとやってきて、おもちゃをかっさらって行きました。これも毎度同じ図^^;
クリックすると元のサイズで表示します

ナナちゃん?

それべべのだよ。

ナナが飽きるまでべべはひたすら根気よく待つしかないのです。

ジャンジャンっ!

べべが12歳になりました。

べべに聞きたいけれど、怖くて聞けない言葉があります。

苦労ばかりさせてきたから。

保護活動をする私を、べべはどんな気持ちで見てきたのでしょう?

いつもほかの子に心を注ぐ私を、浮気者だと思っているのでしょうか?

べべには聞かないけれど、お母さんは、べべに伝えます。

べべと家族になれて、幸せです。

どうもありがとう。

スポンサーリンク





私の決意文

今日は皆さまに聞いていただきたいことがあります。

うまく書けるかはわかりませんが、おつきあいください。

福多朗の排便は、現在スムーズです。2回の骨盤矯正手術が功を奏したと言い切れるでしょう。よって私は、福多朗の家族探しをはじめます。

これでよかったと笑ってくださる方もいらっしゃるでしょう。

この時点で私の決意に、がっかりする方もいらっしゃるでしょう。

うぬぼれかもしれませんが、いずれにせよ、皆さまが703号室に心を寄せてくださっている証だと思い、皆さまのご善意やお気持ちを無駄にせぬよう、しっかりと歩んでいきますので、どうか見守ってくださいね。

福多朗は、私にとって、特別な存在です。
クリックすると元のサイズで表示します

キラッと輝いているでしょう?
クリックすると元のサイズで表示します

常に前を向いて生きている猫です。
クリックすると元のサイズで表示します

努力家であり、甘えん坊、食いしん坊でもあります。
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗に悲壮感を求める方がいらっしゃいましたら、福多朗はその方のイメージとは異なります。動画を見てくださった方は、おわかりになりますよね?
クリックすると元のサイズで表示します

私は福多朗に涙を流しました。

けれど、福多朗に笑わせてもらった回数は、その千倍です。

福ちゃんと、いつも一緒にいたいです。
クリックすると元のサイズで表示します

離れるのが、怖くてたまりません。

だから、里子に出せない言い訳をたくさん考えました。

ここに書く言い訳ではありません。

自分のお子たちと、自分自身に対する言い訳です。

私でなければ見れない理由。

うちでなければならない理由。

いっそ福多朗が、ここまで回復しなかったら、私はこの子とずっと一緒に暮らしていけるのに、とも。

それほど福多朗は、人を夢中にさせるワルイ男なのです。
クリックすると元のサイズで表示します

会ったらきっとメロメロになりますよ。
クリックすると元のサイズで表示します

そしてこの子の強さに、圧倒されるでしょう。

でも私には、すでにべべ、ナナ、リル、ほほ、あまたがいます。半端じゃなく手のかかるゴンタもいます。犬猫を保護する際、毎度キャパについて悩んできまし た。1頭家の中に入れるためには、原則、1頭を里子に出さなければ成り立ちません。心の傷が深いFIVキャリアのひかるは、ご縁が決まるまで、相当の時間 がかかるでしょう。今、我が家に新しい子を入れるためには、福多朗を出さなければ。

保護活動保護活動保護活動!!

微力微力微力……

キャパキャパキャパ!!

ああ。

ワオーーーーーン、と、吠えたい気分です。

まあ、仮に我が家にもう一部屋環境的キャパが増えたとしても、今の私の体調では、福多朗を家族にすることが難しいでしょうけど。ここに体のことを書くと、 いろんな方にご心配やご迷惑をおかけしますが、昨年から私は、体調の悪化を著しく感じるようになりました。私はもう、健康な子猫や子犬を一から育て上げ、 看取るのは難しいかもしれません。目上の方が読んだら、なんと情けない女だと叱咤を受けるでしょう。40前なのに、すでに健康に自信がないなどと、恥ずか しい発言です。ただ、隠しても仕方ないし、私が言いたいのは、なにも今のことだけではありません。5年後、10年後の話です。

我が家のお子たちは、5歳のほほを除いて、ほぼ全員シニアなので、うちのお子たちより私が先に逝くことはないでしょう。全員、きちんと見送れると思います。だけどまだ推定1歳そこそこの福多朗はうちのお子たちとはちがう。

まーものような保護猫ともちがう。

福多朗とまーものちがいは、おわかりになりますか?

まーもは残したけれど、福多朗は出す。

その理由は、語らなくてもおわかりいただけると思います。

要は、余命宣告をされたかどうか。

まーもは生きていました。けれど保護した時には死の影が、着実に迫っていたのです。

でも、福多朗は、命がパンパンに詰まっています。

両足がないだけ。

度重なる検査を受けても、内臓は、ひとつも悪くありません。

だから、もっといい環境で、幸せになってほしい。

決意文と言いながらも、まだ私は、揺れています。

正直、断腸の思いでキーボードを打っています。

全部福多朗が悪いのです。

福多朗が、愛らしすぎるから。

だけど私の個人的な未練を断ち切って、福多朗に良縁を結べるよう、精いっぱい努力しますので、皆さま、応援してくださいね。そして、これを読んでくださった方の中で、福多朗の家族になることを希望してくださる方は、ドン引きしないでください。

言い換えれば福多朗は里子に出したくないほど魅力的でありながら、うちに残る理由が見つからないほど健康だということです。

私は微力ですが、プロですから、自分の個人的な感情にほだされ、手放さないなどはあり得ません。福多朗にとって、良縁だと思えば、きちんと譲渡します。

だから気兼ねなくお問い合わせください。

福多朗のどこを見ますか?

暗い過去ですか?

無くなった足ですか?

それとも……彼の本質を見ますか?

最後に、みいさんが撮ってくれたお気に入りの1枚を(今日の写真は全部みいさんの提供)
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗は家族を求めています。

福ちゃんの紹介、生活ぶりなどは、次回たっぷりと。

チャオ!

スポンサーリンク