自分に負けず嫌い

おはようございます。

 

 

数日間体調が悪いのとバタバタしていたので皆さまにご心配をおかけしました。

 

 

ごめんなさい。

 

 

卒業生あさひの記事は次回必ずお送りします。

 

 

実はさぶが風邪をひいてしまったようで、夕方病院へ連れて行きました。

IMG_1031

 

 

 

出たな白米子さん! 出ましたよ皆さま! 白米子さんが補てい役です。

IMG_1030

 

 

 

私はこの人のキャラクターに圧倒され、会えるとひそかに得した気分になれるという……

IMG_1029

 

 

 

さぶは点滴をしていただきました。連発するくしゃみが止まりますように。

IMG_1032

 

 

 

受付を担当したのはちゃぽぽ嬢です。この病院どうなっているんですかね?

IMG_1028

 

 

おーい? 人間のスタッフはおらんのかね?(笑)

 

 

さぶ、早く治そう。私とさぶは繋がっているから伝染しちゃったのかな?

IMG_1037

 

 

 

だとしたらごめんね。

 

 

そしてほほも相変わらずです。

 

 

利尿剤とステロイドを倍まで増やしていますが、身動きがほとんど取れない状態です。不憫で仕方ないですよ。排泄は垂れ流しになりました。プライドの高いほほですから、きっと心も苦しいでしょう。思い通りにコントロールできない体を引きずりながらほほは一生懸命生きています。

IMG_1013

 

 

 

がんばっていますよ。

IMG_1046

 

 

 

「シニア」の壁は年々高くそびえたっていきます。

 

 

老いて病んで衰える。

 

 

なす術もないまま指を咥えているのは悔しいです。少しでもお子たちが安楽の道を進めるよう、お母さんとして知恵と力を絞りだして抗っていかないと。

 

 

お母さんのお子はみんな愛の子♡

 

 

ひたむきで自分に負けず嫌いの面々です。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





あまぱんの通院とヒヒの近況

チチが仕事でお世話になっているKさんから猫たちへのプレゼントが届きました。

aaaaaa (12)

 

 

 

メッセージカードも嬉しく拝見しました。ありがとうございます♡

 

 

さて、ここ数日、うちのあまぱんが体調を崩し下痢嘔吐のオンパレード。心配で仕方がなかった私は、昨日あまぱんを連れて中島先生の病院へ行ったのです。

ria (8)

 

 

 

血液検査、エコーをお願いしました。あまぱん黄疸が出ています。

ria (3)

 

 

 

中島先生に点滴と薬の処方をしてもらいました。

ria (1)

 

 

 

外注検査中は対処療法で様子を見ていきます。

ria (4)

 

 

 

あまぱんごめん。かわいそうなことをしたね。

 

 

チチに食べていい物以外を与えないようよーく言いました。聞いてくれることを信じるしかありません。暑くてたいへんだけどしばらくお母さんと通院をがんばろう。ぜったい治すから!

ria (2)

 

 

 

ついでといってはなんですがヒヒのお顔も拝んできましたよ。

ria (5)

 

 

 

広い部屋をひとり占めの姫待遇です。

ria (6)

 

 

 

看板犬ちゃぽぽは昼寝の最中でした。平和でなにより♪

ria (7)

 

 

 

一晩経って本日、同じコースをリピート……

 

 

まずは自分の内科へ。新たに漢方薬を2種類飲みはじめます。

IMG_0381

 

 

 

自分の病院が終ると、次はあまぱんの番

IMG_0387

 

 

 

診察と点滴を終えたあまぱん。えらかったね♪

IMG_0388

 

 

 

老猫はちょっとしたことが引き金で命取りになることもあり得るので、細心に細心を重ねきちんとケアしていきたいです。明日はほほの東大通院日。病院通いがつづいています。お母さんが倒れてはお世話ができないので、体調管理に気をつけなくては。

 

 

 

今日のヒヒ嬢

IMG_0385

 

 

 

めちゃくちゃ性格がいいです。

IMG_0384

 

 

 

ヒヒ、木曜はまなちゃんが会いに来るって。よかったね^^

IMG_0386

 

 

 

ヒヒは近日中に家族募集を開始しますので興味のある方はヒヒを保護したまなちゃんか私までご連絡ください。ヒヒはまだ生後3か月程度の子猫です。

 

 

 

まなちゃんは仕事の合間に家族募集サイトへ登録する「募集掲載文」などを考えています。すごい才能ありますよ。頼もしいですね。

 

 

心ある保護主に保護されてヒヒは幸運だと思います。幸せにしないとね。

 

 

では今からチチの夕飯を作るのでこの辺で失礼します。

 

 

 

おまけはうち漬物石

IMG_2988

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





カモーンゴージャス、ヒヒ!

ホットすぎる週末をいかがお過ごしでしょうか?

 

 

女性の皆さまは紫外線対策に余念がないでしょう。私もそのひとり。40代は太陽が怖い。

 

 

さて、昨日は太田さんの紹介でまなちゃんとemi-goの病院で待ち合わせしました。まなちゃんは太田さんと親しいですが、私とも何度もいっしょにごはんを食べています。美しく謙虚で律儀な女性。私の妹分だな(妹がいっぱい)。

aaaaaa (2)

 

 

 

そんなまなちゃんがこのたび子猫を保護したのです。

aaaaaa (3)

 

 

 

あら? あなたド派手顔ね……メイクがキマっていますこと♡

aaaaaa (4)

 

 

 

まなちゃんの彼が病院まで運転してくれたんです。

aaaaaa (14)

 

 

 

穏やかでやさしい彼。うらやましいな♪

aaaaaa (15)

 

 

 

まなちゃんが見かけた猫は5匹。成猫4匹子猫1匹です。

 

 

電話でまなちゃんがどうしたいのかをじっくり聞いていっしょに考えました。まずは子猫の里親を探し、成猫たちはTNRをしていく方向です。

 

 

まなちゃんは同居する家族に猫の保護を大反対されたため、保護場所に困っていました。

 

 

そこで私がemi-goに頼んで子猫のご縁が決まるまで預かってもらうことにしたのです。emi-goありがとう。ほんとうに感謝しています。

aaaaaa (5)

 

 

 

子猫はみんなで「ヒヒ」と名づけました。マントヒヒに似ていると彼が……

aaaaaa (7)

 

 

 

忙しい中島先生に診察をお願いしました。すみません。

aaaaaa (6)

 

 

 

ヒヒは猫風邪がひどいそうで、病院で治療していきます。まなちゃんはヒヒの顔を拭くためのコットンと、なんと水道水まで持参。いや水くらいどこにでもあるよ? 準備よすぎでしょう。思わずまなちゃんの血液型を聞いてしまいました。案の定A型だそうです。やっぱりね。

aaaaaa (16)

 

 

 

ヒヒは下痢をしているので、ウイルスチェックに加え、パルボの検査も依頼。念のため体温計を入れるのは私の役目に。熱はナシ。38.1度の平熱です。

aaaaaa (10)

 

 

 

あ、Twitterにも載せたのですが、バイオウィルクリアは犬パルボ猫パルボの両方に効果的です。うちは常時大きなサイズを注文しています。皆さまもぜひ!

aaaaaa (13)

 

 

 

ヒヒはパルボ陰性。FIV、FeLV共に陰性。あとは風邪を治すだけです。

aaaaaa (8)

 

 

 

ふふ。ヒヒの採血シーンをご覧ください。ヒヒを素手で保護したまなちゃん。ヒヒは超人間大好きでベタベタのお子です。この動画はかなりすごいですよね?

 

 

 

空気椅子に座っちゃってウケる。見たことないタイプ。いい味を出しています。

 

 

 

顔も性格も世界に1匹の魅力かもしれません。

 

 

 

つけまつげ、アイライン、ノーズシャドー、オレンジのチークにピンクのリップ

aaaaaa (9)

 

 

 

インスタ映えを意識して生まれてきたような艶やかな子猫。女子力高いですね。

 

 

たまらず私もさっそくインスタに載せちゃいました。目の色のスモーキーグリーンもオシャレです。

 

 

濃いめの顔ですがずっと眺めていても飽きません。

 

 

 

ヒヒは早々に家族募集します。家族募集にあたってはまなちゃんがメイン、私は伴走役をつとめます。まなちゃんと私のコラボレーションですね。ヒヒが卒業したら「合同卒業生」になります。まなちゃんにはすでに譲渡のノウハウを伝えました。きっとヒヒのためにがんばると思います。私もできるだけヒヒをblogやSNSに掲載していきますので皆さまお見知りおきください。

 

 

まなちゃん、お菓子をありがとうございました。遠慮なくいただきます。

aaaaaa (11)

 

 

 

譲渡ができるようになれば、人に頼ってペコペコ頭を下げずに済みます。

 

 

そして外でまた手を差し伸べるべき猫に出会ったとき、迷いや不安が軽減されるでしょう。私は多くの人が当たり前のようにそれぞれの地域で譲渡活動をするのが理想的な社会の在り方だと考えています。たいへんなこともありますが、得られる充足感もひとしおですよ。自分の力で歩いていく人はキラキラ輝いています。私はそういう方の応援団でいたいです。まなちゃんTwitter→@hihichan83

 

 

 

おまけ画像はうちのうさぎちゃん

aaaaaa (1)

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





太陽をめざして

ジャイアン改めコテツの卒業記事をUPするはずでしたが、写真の整理が捗らないので次回までお待ちください。明日は保護ほやほやのすずらんを迎えに行ってきます。

 

 

最近の私はとにかく無気力です。なにをするにも腰が重い。怠惰の極みですね。

irua

 

 

 

このまま人生が終ってしまうのではないかという恐怖と懸念。

 

 

すべてが自分の思い通りにはいかないですよ。

 

 

皆さまもきっと胸の内に悩みを抱えていらっしゃるのではないでしょうか?

いるあ (1)

 

 

 

私の場合はべべナナとのお別れも相当に辛かったのですが、それ以前から私には苦悶がありました。べべナナの介護や闘病のおかげで頭の隅に追いやっていただけの話です。

 

 

そろそろ自分の人生と真摯に向き合う時期が来ているのかもしれません。

 

 

多面的な役割があるとどこに照準を合わせたらいいのかわからなくなることがあります。しかし迷うも進むも一度きりの人生。壊すも守るも一度きりの人生。

 

 

岐路に立たされても岐路に立ったままではなにも解決せず、どちらかへ進まなければならないときが来ます。選んで歩いて行きついた先が明であろうが暗であろうが、分かれ道の間で座り込むような生き方だけはしたくないものです。

 

 

意味深なことをすみません。頭は大丈夫です(笑)。

 

 

そして目下の心配はほほの運動機能

いるあ (3)

 

 

 

自分の身体をうまくコントロールができない姿はお母さんの切なさをさそいます。

いるあ (4)

 

 

 

けれど昨日の朝、私は心震えるシーンを目の当たりにしました。

 

 

太陽が昇りはじめたのにあわせほほが大きな窓をめざしてゆっくりと動き出したのです。

 

 

日光浴に最適のお気に入りポジションへ向かって這って這って這いつづけ、全身が朝陽の恩恵を受ける位置にたどり着くまでがんばりました。

 

 

光を浴びながらグルーミングに勤しんでいたほほは神々しかったです。

 

 

勇ましく、美しい。

 

 

生きづらいのはほほなのに情けないのはお母さん。

 

 

ほほは失ったものの数など端から気にしていません。

 

 

今、なにを手にしたいか、それだけを意識し努力しています。

 

 

かっこいいよ。

いるあ (2)

 

 

 

人間のほうがよほど弱虫ですね。

 

 

 

スポンサーリンク





添え木

はるか昔より703号室を応援してくださるMWさまより、猫砂、駆虫薬、クオカード、べべとナナへの供養、ご支援、お手紙が届きました。

bububu (2)

 

 

 

MWさまほんとうにありがとうございました。駆虫薬は保護活動をしている方とわけあいますね。外猫の保護やTNRをしている方はこれからの季節に喜ぶと思います。

 

 

「ハハ~ ぼくももう一度駆虫するんですよね?」

bububu (15)

 

 

 

そうそう。

 

 

駆虫は済ませているけれど念のため再駆虫してからお引っ越しさせます。

bububu (12)

 

 

 

「首にチューとたらす薬だからぼく平気です」

bububu (13)

 

 

 

それからあさひ、爪も切らないと! がんばれるね?

 

 

「え……」

bububu (14)

 

 

 

「ぼく手先の神経が過敏ぎみなんですよ(逃)」

bububu (1)

 

 

 

うーん。そりゃ困ったね。でもやらないと。

 

 

保護猫あさひは月末巣立ちます。里親さんは今準備中だそうですよ♪

 

 

 

さて、我が家のレギュラーメンバーの話でも!

bububu (4)

 

 

 

昨日きーやんさんちで子育てを見せてもらって大興奮だった私。動画で気持ち悪い奇声を連発してごめんなさいね。ヤマト坊に面してお許しください。

 

 

帰宅後、ふと気づいたのですよ。

 

 

あ、私もうちのお子たちを育児しているわ、と。

 

 

犬も猫も成長に従い手がかからなくなるじゃないですか。特に猫なんて、ふつうはごはんをポンと置けばあとは勝手に食べてくれるわけですし。

 

 

しかし年老いてくると再び赤ちゃん返りの日々を送るんですよね。

 

 

ヤマト坊が哺乳瓶でお乳を吸っているように、べべやナナやほかに見送ってきた子たちも晩年は私の手やシリンジからごはんを食べたんです。老犬老猫が愛おしいという声をよく聞くのですが、コミュニケーションやスキンシップをはかる機会が増えるからかもしれませんね。運動機能、視力、聴力の退化に伴い人間を信じ無垢に身体を預けてくる老犬老猫は独特のかわいさがあります。

 

 

最近の703号室ではシリンジ食が中心のあまぱんがベイビー化しています。

bububu (10)

 

 

 

ヤマト坊の体重を1gでも増やしたいきーやんさんと、あまぱんの体重減少を少しでも食い止めたい私は境遇が似ていますもの。心境も同じです。

bububu (9)

 

 

 

ヤマト坊ときーやんさんの姿に励まされました。私もあまぱんをコロコロにしたい。

bububu (8)

 

 

 

そして、不自由になってしまったほほを飛びまわらせてやりたいです。

bububu (3)

 

 

 

ほほはプライドが高く、負けん気が強いからなおさらね……

bububu (11)

 

 

 

ほほや、ヤマト坊ぐびぐびお乳を飲んですごかったぞ!

bububu (6)

 

 

 

ほほもお薬欠かさず飲んでお母さんと希望を持とうね♡

bububu (5)

 

 

 

お母さんは絶えずほほの近くにいます。ほほをしっかり育てていきます。

bububu (7)

 

 

 

添え木役のお母さんがいる限り、お子たちは折れません。母と子の絆は強いんです。

 

 

老犬老猫介護中の皆さまもずっとお元気で心身健やかでいられますように。

 

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク