703号室からのごあいさつ

2017年は703号室をご覧いただき、たいへんお世話になりました。

 

 

次なる一年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

さて、我が家のレギュラーメンバーを添えて本年最後のごあいさつとさせていただきます。

 

 

 

15歳9か月ナナ

regyura (2)

 

持病は維持できているものの、老化は確実に進んでいます。今私がいちばん心配なのはナナですが、ナナはナナのペースでがんばって日々を生きています。

 

 

 

14歳2か月リル

regyura (5)

 

実年齢より若く見える末娘リルですが、少々動きが鈍くなってきています。アレルギーの完治をめざして治療をつづけていきます。食欲不振もどうにかしたい。

 

 

 

10歳5か月ほほ

regyura (4)

 

子猫の頃より育ててきたほほももうシニアの域。シニアフードに切り替えるときちょっぴり淋しく感じました。水頭症と闘いながら20歳を目標とします。

 

 

 

年齢不詳確実に13歳以上であることはまちがいのないあまた

regyura (6)

 

もうすぐあまぱんと暮らして10年経ちます。幸せに満ちた10年でした。あまぱんを里子としてお迎えしてほんとうによかったです。成猫おススメですよ!

 

 

 

年齢不詳おそらくあまぱんと同年代のさぶ

regyura (1)

 

一度入院先の病院で死にかかり、意識が5分以上なかったさぶですが、強い生命力で私のもとへ戻ってきてくれました。これからも愛し合っていきます。

 

 

 

16歳半で命の幕を下ろしたべべ(7月20日永眠)

regyura (3)

 

べべが亡くなったあとも変わらないのは、べべとの精神的な繋がり。私の太陽なので私たちはまた必ず再会します。その日を楽しみに私は生きていきます。

 

 

チチと私はレギュラーメンバーの親ですので、2018年は2017年よりさらにいい親になれるよう、努力精進していきます。皆さまも愛するお子たちと濃密な時間をお過ごしくださいね。愛読してくださった皆さまに心より感謝を!

 

 

ありがとうございました❤

 

 

そしてLOVE!

 

 

スポンサーリンク





10分更新 2 さぶの膿胸が完治した!

話は少し戻りまして、昨日のお昼、ナナとさぶを連れて東大病院へ行きました。

 

 

ナナ→腎臓病治験の検査結果

 

さぶ→膿胸や腎臓病治験の途中経過観察

 

 

MIHOさんがつき合ってくれたので、ナナとさぶのセットでも心強かったです。

 

 

さぶはいいんだけど、ナナの通院がたいへんなので^^;

 

 

※ 写真はすべてMIHOさんの提供

 

 

ちなみにほほはMIHOさんが来きたら速攻隠れてしまいました。

IMG_8364

 

 

 

MIHOさんが来る=自分の通院かも、とインプットされているようです。

 

 

で、通院が終わり帰宅するとほほはMIHOさんがいても隠れません。

 

 

ほほは賢いんです。ふだんも私が薬を手に持つだけでスッとどこかへ消えるし(苦笑)。

 

 

後部座席にナナ、さぶ、MIHOさんを乗せて出発

IMG_8350

 

 

 

ナナのお目目がキラキラでかわいい一枚です。

IMG_8354

 

 

 

「おれの目もなかなかいいよな」

IMG_8353

 

 

 

うん。ブルーが際立ってきれいだねさぶ。惚れ直しちゃうよ。

 

 

 

基礎的な検査後、あたらしい研修医小島先生にナナ&さぶを預けます。

IMG_8347

 

 

 

診察中、小島先生が「田辺さんちの子は幸せですね~」って言ってくれました。そしてナナを見て「私、こういう子(昔ながらの雑種? MIX?)大好きなんです」とも。うんうん♪ ですよねー! 私もナナみたいな子LOVEです。

 

 

先生から見て、うちのお子たちが幸せそうに映っているのがうれしかったです。ほんとうのところは彼らに聞いてみないとわからないけれど、でも、いいね!

 

 

 

ナナの腎臓の数値はほぼ横ばい。悪化していないのが幸いです。このままもう少し治験薬を試してみることにして、さぶの検査結果に移ります。

IMG_8352

 

 

 

左が入院前のさぶの胸部。胸水で真っ白。真ん中は退院直後。だいぶ戻りましたがまだ部分的に白い。右は最新の画像。胸水消えた!!

 

 

これでいったん2種類の抗生物質を切ることに。あああ、楽できる。

 

 

心の底からホッとしました。皆さま、応援、見守りありがとうございました。

 

 

今回は約1時間半ですべて終了。よくつき合ってくれるMIHOさん、前田先生と

IMG_8349

 

 

 

会計待ち。レギュラーメンバー今年最後の通院、ナナもさぶもがんばりました。

IMG_8351

 

 

 

べべを失ってしまったけれど、ナナ、リル、ほほ、あまぱん、さぶの全員で年を越すのが私の最重要の目標であり、夢と希望でもありました。大げさ抜きに、日々のケアをし、医療に頼らなければ、シニアの彼らは生きられないような持病をそれぞれに抱えています。年の瀬が迫るにつれ、忙しないながらも感慨に耽っています。私のたいせつなお子たちが生きていてくれてる。ありがたい限りです。

 

 

快方に向かったさぶは、シリンジ食で150g体重が増えたんです。

 

 

すごいと思いません?

 

 

体重測定のとき、信じられなくて2回体重計にのせましたよ。これからは自発的に食欲が戻るのを期待しながら試行錯誤します。次の体重測定まであと100gでも増えてくれたらいいな。

 

 

ねえさぶ、心配したよ。苦しかった。だけど余計にさぶが愛おしくなった。

IMG_8373

 

 

 

病気はイヤだけど、いろいろ気づかされ、学ばされ、手を取り合いともに乗り越えられたことには感謝だね。さぶありがとう。生きていてくれてありがとう。

 

 

KISS!

 

 

スポンサーリンク





10分更新 1 昨夜から今夜にかけて

昨日はバタバタの1日でブログを更新できませんでしたので、本日は小分けに2回書きます~!

 

 

簡単にはなりますが、明日は2017年を彩ってくれた卒業生を紹介したいので、どうか皆さまおつき合いくださいね。

 

 

昨夜、母の店にジャーナリストの山路徹さんとプロデューサーの大久保さんが食べに来てくださいました。母の命令で私もちょこっと店のお手伝い!

IMG_8360

 

 

 

帰宅後、ポストを覗いてみたら、この方からカードが(卒業猫ちゃた幸

IMG_8358

 

 

 

「ネコミュケーション」が苦手だったちゃた幸は、703号室保護猫時代、さぶと大喧嘩。そのちゃた幸が近況を書いてよこしてきたのです(笑)。私への宛名部分は美しい字だったので、里親肉球きらりさんが封筒を代筆したのでしょう。

IMG_8356

 

 

 

中身はちゃた幸が書いたと思われる? 下手な個性的な筆跡でした。

IMG_8357

 

 

 

うれしかったな。ちゃた幸、肉球きらりさん、ありがとうございました。

 

 

 

「ちゃた幸あいつ ようやく読み書きできるようになったんだな……」

IMG_7390

 

 

 

あくまでも上から目線のさぶですが、さぶはまだキーボードしか叩けません。

 

 

ふふ♪ ここだけの話にしてくださいね。

 

 

今日は年に1度の人間ドックの日。朝早かったので通勤ラッシュとぶつかりきつかったです。みなさんこうして毎日お仕事をがんばっているんだなあ、と感心しながらももみくちゃにされ、iPhoneを手にする余裕すらなかった私……

 

 

 

到着。いろいろ検査するので4時間弱かかりますが、ほんとうに手際のいい病院です。さっそくいくつか問題を指摘され、来年早々乳腺科を受診することに

IMG_8366

 

 

 

まあ、んなことよりバリウム検査が大きらいの私は、そっちのほうが苦痛。

 

 

たまにバリウム検査を保護猫やうちのお子らにやっているのが改めて申し訳なくなり、保護猫やお子らの姿を脳裏に浮かべながら乗り切りました。

 

 

 

お昼頃終了。なんとこのクリニックはランチのタダ券がついてくるのです。

 

 

 

指定のレストランの中からOAZO内に入っている和食「えん」をチョイス

IMG_8369

 

 

 

2000円まで無料だというので、2000円ギリギリの高級ランチを選びました。

IMG_8370

 

 

 

やったね。すんごい得した気分!

 

 

 

帰宅後、ポテチと戯れようと保護部屋へ……

 

 

 

ポテチは保護部屋のみならず、玄関のホールスペース、チチの寝室ぜーんぶをフリーにしています。広さにしたら18畳程度あるのに、ケージにいる確率がめちゃくちゃ高い。

 

 

ポテチさあ、どこにでも自由に出てくればいいのに……

IMG_8371

 

 

 

「ハハ今ぼく考えごとをしているんですよ……夜なにもらえるのかな? とか」

IMG_8372

 

 

 

おとなしくやさしい照れ屋のポテチ。攻撃性は皆無。控え目ですが、甘えてくれたり活動的な時間帯ももちろんあります。どんくさく走る姿は笑えますよ。

 

 

どなたかポテチが気になる方は先にこっそり教えてくださいね。

 

 

ポテチは家族募集中です。

 

 

つづく

 

 

スポンサーリンク





10分更新 手抜き主婦のクリスマス(願いは濃いめ)

皆さまクリスマスの夜、いかがお過ごしですか?

IMG_8254

 

 

 

イブの昨日はおーあみさんに声をかけていただき、「おーあみ避難所の報告会&ケーキの会」にお邪魔しました。部外者なのにいいのかな? すみませんねえ。

IMG_8323

 

 

 

第一部は粛々とした雰囲気

IMG_8303

 

 

 

3・11の原発事故のあと、取り残された動物たちがどんなに悲惨な運命をたどったか。一主婦だったおーあみさんが被災地に飛び込み、犬猫たちをレスキューをしつづけた様子。犬猫たちの状況を発信したジャーナリストの山路徹さんのツイートを見て、おーあみさんやカメラマンの太田康介さんは現地に向かい全力で行動しました。太田さんは今も月に2度福島入りをしています。

 

 

被災地でのおーあみさんの活動の動画は何度拝見しても胸が詰まります。

 

 

すごいなあ、と思う。

 

 

二部はみんなでワイワイケーキをいただく会(ヒロシさんお疲れさまでした)

IMG_8320

 

 

 

私はアップルパイをチョイス。ボリュームたっぷりで程よい酸味♪ おいしかったです。なゆすけさんからはプレゼントまでいただきありがとうございました。

IMG_8337

 

 

 

茶色の袋の中身はハンドクリーム。うれしい。手がボロボロだから……

 

 

 

またカメラの位置がわからない。目線がひとりだけズレてますけど紳士の方々と

IMG_8321

 

 

 

今回は車で伺ったのですが、薬の副作用か? ふだんは食べない時間にたらふく食べてしまったからか? 高速道路を運転中に異様な眠気に襲われました。

 

 

停まろうにもSAがなく、仕方がないので窓を全開にし冷気を入れ、眠気と闘ったのです。実は行きもそれなりに眠かった。やっぱり薬の副作用かな?

 

 

あ、無事に帰ってきたのでご心配なく^^;

 

 

 

そしてクリスマス本番の今夜!

 

 

心療内科から戻った私は「いっさい作らないぞ!」と決め込んでこのありさま

IMG_8336

 

 

 

ぜんぶスーパーのお総菜。(割引品も入ってますが)超豪華バージョン! ケーキはコージーコーナー。毎年私なりになにかしら作ってきました。でも正直今日は皿すら洗いたくない。サンタさんはきっとわかってくれますよね?

 

 

だって私のクリスマスでもあるんです!!

 

 

さぶの食欲が出ますように

IMG_8284

 

 

 

わが家のお子たちがみんな安泰でありますように

IMG_8127

 

 

 

来年早々、保護猫ポテチを終の棲家に案内できますように

IMG_8418

 

 

 

ふふ。貪欲すぎ?

 

 

皆さまよい夜をお過ごしくださいね。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





それぞれのストーリー2 みいさんの贖罪

※本日2度目の更新です。

 

 

先日私はemi-goの病院へ行きました。

 

 

彼女の病院には絶えず保護猫がいます。私なりに手伝えることがあるのではないかと思い、忙しいemi-goにかわり保護猫の写真を撮ってみることにしたのです。

 

 

ついでに慢性腎不全トリオの自宅点滴(補液)に使う道具も買いたかったし

IMG_8074

 

 

 

慢性腎不全トリオのあまぱんとさぶは703号室のレギュラーメンバー

IMG_8085

 

 

 

食べるときもいっしょの仲よしコンビ

IMG_8068

 

 

 

同じく慢性腎不全のナナも腎臓のケアをしていますよー!

IMG_7889

 

 

 

病院へ行く前みいさんから電話が。

 

 

「アンちゃん、emi-goちゃんの保護猫私が撮ろうか?」

 

 

みいさんが手を挙げてくれるなら私の出番はナシ。せめて運転手程度ですね。

IMG_8072

 

 

 

みいカメラマンを助手席に乗せ、emi-goの病院へ

IMG_8073

 

 

 

みいさんとemi-goは知らない仲ではありません。

 

 

おぼえている方もいるかもしれませんが、みいさんの妹ちゃこさんは703号室卒業猫ニコ&ピースの里親になってくれたのです。姉のみいさんが妹のちゃこさんに私の保護猫たちをゴリ押しですすめてくれました。その節はどうも^^

 

 

私が譲渡した2匹のうちの1匹「ピース」を保護したのはemi-go。だからピースとニコのお届けはみいさん、emi-go、私の3人で行ったんですよ。

 

 

みいさんの妹ちゃこさんも登場の幸せすぎるお届け記事↓↓↓

 

ぼくとニコ、ぼくとピース2/幸せの703号室

 

 

あれから2年以上か……

 

 

703号室卒業生のニコ&ピースはみいさんの妹ちゃこさんちでお坊ちゃまライフを満喫中。いただいた2匹の近況写真を添えておきますね。ふふ♪

IMG_8078

 

 

 

さあ、emi-goの病院へ到着。

 

 

ですが予想に反し現在は保護猫1匹のみ。この子は人慣れがいまいちゆえ、家族募集はもっと先になりそう。イカ耳の1枚が撮れただけでした。

IMG_8096

 

 

 

でも保護されてよかったね。外はキツい寒さだもん。

 

 

せっかく来たので「なら病院の写真を撮ろう」となり、中島先生、emi-go、元保護老犬(前の飼い主さんは他界)のシーズーのタロウ、スタッフさんをパチ!

IMG_8095

 

 

 

大師前どうぶつ病院です。どうぞごひいきに。だけど病院に犬猫を捨てたり、犬猫を手放したいという「引き取れ」系の相談は安易にしないでね!

IMG_8088

 

 

 

目に入れても痛くない存在だから抱っこしちゃうっ!!

IMG_8090

 

 

 

みいさんと私も撮ってもらいました。

IMG_8093

 

 

 

病院からの帰り道、みいさんがつぶやきました。

 

 

「保護猫さんあまりいなかったね。今日実はさあ、罪滅ぼしに来たの」

 

 

ん? なんじゃそれ?

 

 

意味がわからなかったので、みいさんを近くのファミレスに連行し、ドリンクバーのコーヒーを片手に事情聴取。みいさん、いったいなんの贖罪?

 

 

「アンちゃん私さあ、気になってしょうがない子(猫)がいるんだよね。私の通勤路でよく見かける黒白さんで、その子が大きな道路を渡る姿も見ているし、餌やりさんはまちがいなくいるんだけど……なにかしらはもらっているんだろうけど……ひもじそうで。ここんところ、寒いでしょ?

その子汚れてて、目も鼻もグチュグチュなの。

でも私、気力ないよ。マーくんやほかの子たちの闘病があって、前とちがって気力がないの。ぜんぜん(保護する)気力がわかない……」

 

 

みいさんちにはみいさんが保護した猫たちが7匹います。みんなシニアになり、腎臓病の子も増えました。みいさんがいちばん心を砕いているのは生まれつき腎臓に大きな障害を抱えている若猫「マーくん」。マーくんはみいさんの生き甲斐そのものです。ずっと一緒に支え合っていたご主人も長期転勤となり、保護譲渡活動をがんばっていたかつてのみいさんと今のみいさんは生活状況が一変。

 

 

数年前までみいさんちには途切れることなく保護猫がいました。私は変化前のみいさんと変化後のみいさんの事情も心情もすべてを知っています。

 

 

そうか。みいさんはカメラを持って、黒白猫さんに償いに来たのか。

 

 

そもそもなぜみいさんが償わなければならないのかわからないけど、みいさんは保護したくても気力がわかない黒白猫に謝りながらemi-goの病院へ行ったのか。

 

 

事情聴取終わり。

 

 

私はみいさんの言葉とみいさんという人間を完全に咀嚼してから返しました。

 

 

「みいさん、ふたりでやろうよ。ふたりの合同の卒業生にしようよ。保護しちゃおうよ。みいさんは私に背中を押してほしかったんでしょ? だから私にその子の話をしたんだよね? みいさんはやりたいんだよね? 毎日黒白猫の姿を見かけるから余計に辛いんでしょ?」

 

 

車内で罪滅ぼしに来たと語ったみいさんの横顔はたとえようのないほど悲しげで、私が話し終わったときのみいさんの表情は別人みたいにイキイキしていました。

 

 

「じゃあさあ、アンちゃん……悪いけど近々捕獲箱貸して?」

 

 

にっこり笑ったみいさん。そういうところ好きだわ(笑)。

 

 

しかし方向性と希望が定まっただけで、その日すぐに黒白猫を保護したわけではなく、みいさんの中でじゃっかんの葛藤はつづいていたようです。

 

 

ファミレスで見せてもらった黒白猫の写真

IMG_8168

 

 

 

みいさんが椿(つばき)と名づけました。

 

 

椿の話は次回!

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク