一生けんめい家族でいた証

あまぱんの月命日にchiseiさんより美しいお花が届いていました。

1noe (4)

 

 

お友だちの出口アヤさんからもあまぱんのデッカいクッションのプレゼントをいただいてテンションが一気にあがった私です。どうもありがとうございました。

1noe (6)

 

 

リルと並べてみるとこの通り

1noe (7)

 

 

リルは体格のしっかりした中型犬で、ブログより実物のほうが大きいと言われます。

1noe (8)

 

 

あまぱんがいなくなって考えたのですよ。

 

 

あまぱんって、いったいなんだったんだろうって?

1noe (3)

 

 

あれだけうるさく騒いで、甘えたいだけ甘えて、ふといなくなってしまうなんて……置き去りにされたほうはたまらないですよ。あまぱんの存在は私の中で曖昧さがなく、あまりにも「クッキリ」しているので、まあ、なかなかキツいです。

1noe (1)

 

 

食べるときはだれよりもハムハムおいしそうに食べるし、膝から降ろしてもまた速攻戻ってくるし、寝るときはお腹を出して無防備だし、起こしても起きない神経の持ち主でした。明るくてやさしくて、肝の据わった平和主義者でした。703号室での生活をあまぱんが謳歌してくれていたのが今頃になってしみじみわかります。

1noe (2)

 

 

私が勉強をしていたときも、あまぱんはよくテキストの横に転がっていたっけ。あまぱん、ようやく7回のレポートが終わったよ。お母さん9月の試験もがんばるね。

1noe (5)

 

 

身近な友人たちも次々と犬猫家族を亡くし、見ているのがとても辛いこの頃です。「喪失」の悲しみを乗り越えるのはたいへんエネルギーが要ること。「ペットを失うと、あとあとさびしくなるから愛しすぎないようほどほどにつき合うのがいい」と言っている専門家もいるようですが、私はその意見に首を傾げています。

 

 

後悔のないように、精いっぱい接するからこそ報われるのではないでしょうか?

 

 

愛や情に自らブレーキをかけるのは、私たちの本能に逆らうことになりかねません。

 

 

確かに「しすぎた後悔」が私たちを苛むこともあるでしょう。

 

 

「しすぎた後悔」も「しなかった後悔」も、両方とも苦しい。

 

 

けれど私は、(精神的にも物理的にも)犬猫たちと距離を取るのが、ペットロスの回避や癒しになるとは思えません。むしろその反対です。

 

 

相手にぶつかっていくからこそ、本気で向き合うからこそ、ぎゅーと抱きしめるからこそ、失いたくないと死神相手に地団駄を踏むからこそ、逃げなかったからこそ、いつか時間薬がほんのり効いて来た時に得られる充足感があります。

 

 

そして、なにを選択しても、なにを選択しなかったとしても、胸を痛めて真剣に出した結論はすべて「正解」であり、一生けんめい家族でいた証です。

 

 

私はそう遠くない将来に、あと2回別れを経験しなければなりません。

 

 

想像するだけで恐ろしくて身震いがします。

 

 

しかしだからこそ、さぶとリルのケアや介護をエンジョイしていきたいです。

1noe (9)

 

 

ね?

1noe (10)

 

 

生きていてくれる今は、キラキラの奇跡です。ありがとう♡

1noe (11)

 

 

思い出をいっぱい作ろうね。どうせなら深くて濃いやつにしよう。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





尊厳のある最期

異種の犬猫家族たちとの時間は、実は言葉を交わし合う関係より濃密かもしれません。

 

 

通じているかはわからないけれど、彼らに話しかけまくるのが私の習慣ですが、実は私が発する言葉の意味なんかより、その奥にある想い、つまりは彼らへの「関心」や「愛情」や「心配」が、彼らに伝わっているのだと感じることがあります。

 

 

私の声の調子や顔つきを彼らはよく察してくれていて、私が心身穏やかだと彼らも情緒が安定し、表情が安らかになり、口角があがるのです。不思議ですよね。

 

 

私たちの何倍ものスピードであっという間に成長して、瞬く間に年を取る。

 

 

別れたくないのに、別れなければならない。

 

 

いろんなものをこちらに遺して、フッと旅立つその背中を見送るのは本当に苦しいです。

 

 

離れがたい存在だから。

 

 

今日はお別れが二つあり、心が沈んでいます。

 

 

朝、私が17年前に保護した成犬のまめ(妹に譲渡)の「さようなら式」に参加しました。

kanasii (2)

 

 

推定18歳以上。よく生きました。まめ、お疲れさま、ありがとう。

kanasii (3)

 

 

私が昔からお願いしているお寺は私の周りの方々に支持されていて、静かな場所で弔いたいと、みんなが真似してくれます。私自身はできればあまり行きたくない場所ですけど……。

 

 

まめは手のかからないやさしい犬でした。

kanasii (11)

 

 

17年前に草加警察で出会ったまめ

kanasii (14)

 

 

収容された小さなケージの中から私を不安そうに見つめていた顔を思い出します。

kanasii (12)

 

 

まめとは数えきれないほどたくさんの思い出があります。大好きだよ。

kanasii (13)

 

 

火葬に向かう後姿を見送る瞬間がもっとも辛いです。時間を巻き戻せたらいいのに……。

 

 

妹の家に寄ってランチをごちそうになり、さて、次はみいさんちにちゃぴこの皮下補液をしに行こうと、LINEをチェックして胸が締めつけられました。

 

 

「ちゃぴ亡くなった」

 

 

え?

 

 

ちゃぴこがみいさんちの子になる前から私はみいさんと友だちで、ちゃぴこをみいさんが保護したときも、里子には出さずに自分で飼うことにしたとみいさんが決心したときも、私はみいさんのそばにいたのです。ちゃぴこが子猫の頃からよく知っています。他人事ではありません。

 

 

みいさんの心痛を想像するとなおさらです。

 

 

ちゃぴこの体調が悪化したと聞いていたのでMRIを撮りに一緒に大学病院へ行く予定を立てていました。1日に何度もみいさんと電話し、ちゃぴこの回復を願っていたのに悔しい。

 

 

かわいいでしょ? 美少女ちゃぴこはみいさん自慢の愛娘

kanasii (8)

 

 

持っていく予定だった皮下補液セットと薬を置いて、かわりに花屋へ行きました。野で摘んできたようなお花がちゃぴに似合う気がして作ってもらった花束です。

kanasii (4)

 

 

ブルーのさわやかなお花が純粋なちゃぴこにピッタリです。 みいさんちに着いたあとは、みいさんとふたりでちゃぴこを冷やしたりお寺へ連絡したり紅茶を飲んだり……

 

 

 

「アンちゃん私さあ、ちゃぴが大好きだった。ああ。ちゃぴの尻尾も好き。おてても好き。ちゃぴこも私が大好きだったんだよね。ほら見て、このちゃぴの写真かわいくない? この動画のちゃぴかわいくない? “ちゃぴこ”っていう名前も気に入ってるんだよね」

 

 

みいさんはときどき泣いて、悲しそうで、ちゃぴこの亡骸をずっと撫でていて、ちゃぴこの話ばかりしていました。私は天国へ送り出したあまぱんやべべ公たちのことを考えたり、ちゃぴこのことを考えたり、頭の中がグルグルとまわっていました。

 

 

帰りの車内でも、相変わらず私の頭はグルグルのままで、どうしようもなくやるせなかったです。けれど、車が(703号室へ来る前に)私が暮らしていたコーポ付近に差し掛かったとき、あるシーンが脳裏をよぎって私はつい声を漏らしてしまったのです。

 

 

「あっ……」

 

 

頭がグルグル回って辿り着いた白黒の猫……

 

 

16年前、2DKのこのコーポに住んでいたある日、私は開けた窓の真下に白黒の猫の死体を見つけて衝撃がほとばしったのです。口から大量の血を吐いてこれでもかというほど痛々しい形相の猫。だれに看取られることなくコンクリートの上で散っていました。その上、死体を見た通行人たちの悲鳴が次々と聞こえ、まるで汚らわしい(汚物)か、恐ろしい(化物)のような扱いで、「命としての尊厳」が、あの猫の世界のどこにもなかったことを思い出しました。

 

 

うまく言えないのですが、「非業の死」とは、そういう最期です。

 

 

正直、まめやちゃぴことは比べ物にならない。比べてもいけない。

 

 

私は、まめもちゃぴこも1000%幸せだったと思います。

 

 

ちゃぴこありがとう。一生けん命生きたで賞と、キュート女子大賞をちゃぴこにあげます。

kanasii (7)

 

 

よし!!

kanasii (10)

 

 

 

私もリルとさぶを幸せにするぞ!!

kanasii (1)

 

 

 

私たちの伴侶である犬猫たちが、一頭でも多く珠のように大切に扱われ、尊厳のある生き方と、尊厳を保つ死に方ができる社会をめざしていきたいですね。

 

 

合掌

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ゆげ姫とふう姫

「みんな元気か? ムシムシするな」

yuuyuge

 

 

ムシムシする日はゆっくりとお風呂に浸かるのがいいですね。

 

 

もなちゃんが私の大好きなバスグッズをプレゼントしてくれました。天国のあまぱんへのドライフラワー付き♡ もなちゃんどうもありがとうございました。

huuyuge

 

 

さて、新たなお仕事が舞い込むかもしれないので、希望を込めて「ゆちゃん」ちへお世話に行った日(3回分)の写真をUPします。お仕事用のHPのブログもちょっとずつですが更新しています。

 

 

よかったらそちらも覗いてくださいね。

 

 

最近、打ち合わせと1回とシッティング2回の合計3回ゆちゃんちへ行きました。

 

 

さすがはゆちゃん。玄関の脱走防止対策と

huuyuge (1)

 

 

窓の脱走防止対策がしてありました。猫たちの安全に気を配っているのがわかりますね。

huuyuge (2)

 

 

愛猫「ゆげ」姫と「ふう」姫のトイレの前にはそれぞれの排泄回数の記録があり

huuyuge (5)

 

 

ごはんも細かくわけられています。

huuyuge (6)

 

 

ゆげ姫、はじめまして。よろしくね♪

huuyuge (3)

 

 

ふう姫もよろしく(男子とまちがえてごめんね^^;)

huuyuge (7)

 

 

出張中のゆちゃんにかわって、トイレ掃除やごはんとお水を与えるのが私の仕事ですが、この度は闘病中のゆげ姫に数種類のサプリ等を直接お口に入れて飲ませるという難関のミッションも。家じゅうフリーで過ごすゆげ姫の居場所を見つけることからはじまるので、前日からドキドキでした。

 

 

お仕事をいただくたびにとても緊張します。

 

 

でも、ちゃんとやろうと思うからこそ緊張をするので、私は自分の緊張感がキライではないのです。

 

 

ゆげ姫は2日ともゆちゃんの寝室にいました。姿を発見するだけで内心大喜びの私

huuyuge (12)

 

 

そっと胸に抱いて無事に飲ませることができて至福です。ゆげ姫ありがとう!

huuyuge (8)

 

 

小食のゆげ姫ですが、ごはんも食べてくれましたよ。やったね!

huuyuge (9)

 

 

こちらはふう姫のケージ

huuyuge (4)

 

 

ふう姫はしっかりナデナデコース♥

huuyuge (11)

 

 

ゴロゴロ喉を鳴らしてくれました。動画はゆちゃんに送信済みです。

huuyuge (10)

 

 

ゆちゃんの部屋の枕元に見つけた私の本2冊。「それでも人を愛する犬」と「ノラ猫あがりのスターたち」。ゆちゃん、こうして目覚まし時計の下に置いてくれてたんだ……

huuyuge (13)

 

 

ゆちゃん、ありがとう。ゆげ姫もふう姫もゆちゃんに似て美しくて芯のある素敵な猫さんたちでした。外から彼女たちを保護し、家族として迎えたゆちゃんを尊敬します。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





相思相愛の子

※ブログを連続更新中

 

 

卒業生ごましお家より上品な和菓子とあまぱんへのお花が届きました。感謝!

IMG_4658

 

 

ごまちゃん、今年中に絶対に会いに行くからね。元気でいてね♡

IMG_4695

 

 

我が家を巣立った犬猫たちの幸せな近況を知るのはうれしいです。みんな長生きしてね。

 

 

卒業生はもちろんのこと、私のお友だちの愛犬愛猫たちもどんどん年齢を重ねていくので、闘病中の様子などを見てはこっそり応援しています。相談に乗ることもしばしば。

 

 

最近はマイ太郎さんちのはっちゃんに2度会いました。

21 (16)

 

 

二回とも渡すものがあってお邪魔したのです。はっちゃんは今病気と闘っています。

21 (13)

 

 

食欲がいまいちだけど、とてもがんばっているよね。

16 (7)

 

 

マイ兄は変わらずおねだりじょうず

21 (14)

 

 

はっちゃんが心配だね。でも、きっと大丈夫!

21 (15)

 

 

愛するお子が病気になると、胸がソワソワドキドキして何をするにも気力が出ない。同じ経験を私も幾度となく重ねてきました。気持ちが痛いほどわかります。

 

 

いっそ不老不死の薬があったらいいのに。

 

 

うちはリルとさぶに1日でも長くいっしょにいてもらおうと必死にケアをつづけています。

 

 

昨夜の美しいチェリーボーイをどうぞ♥

IMG_4709

 

 

「うわ だからそれを言うなって!!」

IMG_4710

 

 

ベタでごめん^^;

 

 

さくらんぼを食べていたら並べて写真を撮りたくなったの。

 

 

さぶといると私は本当に心が満たされます。そして気持ちが落ち着くのです。

 

 

さぶは私の精神安定剤ですね。これでもかというほどさぶに依存しまくっています。

IMG_4704

 

 

さぶうさぎ

IMG_4712

 

 

さぶといると、さぶがどれだけ私のことを好きでいてくれているかがわかります。絶えずずっと私を見て、呼ぶとどこからでもすっ飛んでくるのです(自慢)。

 

 

そしてさぶに負けない位、私もさぶのことが好きです。

 

 

ただ私は「人間」だから、家の外でも中でも、やらなければならないことが多々あって、常にさぶのことだけを見ていられる状況ではないのが残念です。けれど賢いさぶならきっと全部理解してくれていると思います。さぶと私は相思相愛だもんね。

IMG_4707

 

 

 

さぶは私の光です。

 

 

近所でスカウトして6年半。ノミだらけのノラ猫だったさぶはまだ、まだまだ、まだまだまだ生きる気満々です。さぶと過ごせる日々に感謝と感謝と感謝を!

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ミミ玉のご縁が決まりました

※ブログを連続更新中

 

 

703号室を応援してくださっている皆さまへ

 

 

この度保護猫ミミ玉の終の棲家が決まりました。うちからとっても近いのです。

 

 

里親さんの素敵なお人柄は卒業の際にじっくりご紹介します。単身で2匹の愛猫さんたちの闘病をがんばり抜いた根性のある女性です。大学病院でのオペや自宅の皮下補液など、やれることをすべてやった方なので、医療ケアの面でも安心です。

 

 

人見知りで固まってしまったミミ玉にちゅーるをあげたり

IMG_4676

 

 

やさしく話しかけたり……

IMG_4677

 

 

ミミ玉が新しい環境に馴れるまでに時間がかかるタイプだということも理解してくださいました。

IMG_4679

 

 

ふだん、チチと私しか接していないせいで緊張してしまったミミ玉ですが、「まあるい♡ 想像より小さい♡ かわいい♡」と言ってもらえてよかったです。

IMG_4681

 

 

ゆっくり少しずつミミ玉のペースで馴染んでもらえたら、と思います。

IMG_4680

 

 

お輿入れ日は未定ですが、来月を予定しています。なんせ車で10分かからない距離ですのでミミ玉の移動の負担も問題なしですね。ミミ玉は卒業前検診を受けてから巣立ちます。皆さま、ひきつづきミミ玉に会いに来てやってくださいね。

 

 

里親さんからいただいたおいしすぎるラスクと猫ちゅーるのプレゼント

IMG_4685

 

 

ごちそうさまでした。どうもありがとうございました。

 

 

ミミ玉主宰の「お茶会」の友は、さぶがつとめてくれました。さぶ、お疲れさま!

IMG_4684

 

 

幸せになれる犬猫たちが1頭でも多く増えますように。

 

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク