月太郎はナイトになりました2

皆さま、つづきをどうぞ♪

 

月太郎改めナイトのお宅へ案内します。

 

 

里親amalちゃんと私は去年から2匹目の譲渡を緩やかに約束していました。amalちゃんの愛猫ローズさんとの相性が合いそうな成猫がいたらお渡ししようと。

 

 

emi-goの病院に保護されていたナイトを見たとき、なぜかすぐにamalちゃんの顔が閃きました。うまく説明できないのですが、雰囲気が似ている気がして……

IMG_2632

 

 

「ハハ ここは?」

IMG_2637

 

 

703号室から高速で1時間ちょっとのamalちゃんち。うちよりだいぶ都心です。

IMG_2618

 

 

保護成猫出身の先住ローズ姫を脱走させてたまるかと、あらかじめ柵がつけられていました。amalちゃんは礼儀正しく、責任感が強く、思慮深い女性です。

IMG_2610

 

 

ナイトのために新たに用意された楽しげなケージ

IMG_2606

 

 

マイ太郎さんお手製の首飾りをつけてもらいました。ハンサムすぎる♡♡♡

IMG_2638

 

 

「ようこそ いらっしゃい~」

IMG_2643

 

 

かわいいグッズが仰山です。

IMG_2617

 

 

ひとつひとつ、愛を込めながら増やしているのが伝わってきます。

IMG_2619

 

 

出た! スイーツベッド!

IMG_2620

 

 

ローズちゃんの姫仕様のネイルサロン

IMG_2615

 

 

キャリアウーマンの味方、自動給餌機

IMG_2607

 

 

掃き出し窓の脱走防止対策及び立派な猫タワー

IMG_2608

 

 

ふふ。絶対快適ですよね。

 

 

美しい金色の額縁をパシャリ。amalちゃんセンスよく暮らしています。

IMG_2623

 

 

日に日にいたずら小僧と化しているナイト、めちゃくちゃにしないでよ?

IMG_2626

 

 

どうかお願いします。

IMG_2628

 

 

amalちゃんのお母さまが作った「ローズのマグカップ」。いいなあ♪

IMG_2642

 

 

おいしいスイーツをごちそうさまでした。

IMG_2622

 

 

寝室にノラスタ発見。amalちゃんお買い上げに感謝^^

IMG_2611

 

 

※掲載しているすべての写真は撮影許可を得ています。

 

 

ナイトにかかった医療費やセンスのいいプレゼントをありがとうございました。

IMG_2651

 

 

このほかにまちがえてポチったというケージのステップを譲ってもらいました。

 

 

amalちゃんはだれから見ても物理的に猫2匹と暮らせる方ですが、先住ローズちゃんとの相性の面が不安でかなり慎重でした。だから私はまずナイトのフォスターになってもらうことを提案したのです。しかしamalちゃんは内心相当の覚悟を決めていたのでしょう。頭が下がるほど根気よく向き合ってくれたのです。

 

 

大変なこともあるけれど、乗り越えた先は楽しさも2倍です。それと、2匹のQOLを保てるなら1匹より2匹のほうがありがたいですよね。理由はひとつのお家に暮らせる子が1匹多く増えれば家なき猫の数が1匹分減るからです。

 

 

「なるほど~」

IMG_2635

 

 

ナイト、ローズちゃんと幸せになるんだよ。何ごとも、控え目にね……

 

 

以下がローズちゃんとナイトの近況画像です。

IMG_4172

 

 

キラキラのローズちゃん

IMG_4173

 

 

萌える~

IMG_4171

 

 

amalちゃんのおかげでだいぶ仲よしになりました。

 

IMG_3157

 

 

微々たる地味な個人活動ですが、一頭また一頭と困っている猫を終の棲家へ案内したいです。次回から703号室所属スターの保護猫メル子、黒真珠をアピールしていきますので、どうぞ皆さま、応援をよろしくお願いします。

 

 

かつくん「Ⅹ283ナイトおめでとう。ナイトのワルさが落ち着きますように。お届けの日、amalさんとハハはコスメの話でワイワイ盛り上がっていたらしいです。安心できる環境だからこその他愛のない話、かもしれませんね」

1-3483

 

スポンサーリンク





月太郎はナイトになりました1

※blogを連続更新中。遡ってお読みくださいね。

 

 

皆さまこんにちは。すっかりご報告が遅れましたが、amalちゃんのお宅に預けていた保護猫月太郎が「正式譲渡」となりました。わたしゃあ超うれしいです。

 

 

月太郎の新しい名前は「ナイト」くん。里親amalちゃんが一生けんめい考えてくださったピッタリのお名前。ぜひ覚えてください。ナイトくんの近況はamalちゃんのtwitter(@amal110)で見れますので、どうぞよろしくお願いします。

 

 

ナイトはきょうだい星太郎とともに、元飼い主による虐待で保護された猫。

 

 

足をカッターで切られて病院へ運び込まれました。

IMG_1738

 

 

犬猫と暮らす資格のない方が多すぎますね。ふたりのがんばってきた足跡を私の知る範囲でまとめた記事を今一度お読みいただければと思います。

 

 

「月太郎、星太郎/幸せの703号室」

 

 

emi-goの病院を出たナイトは703号室にしばしステイ

IMG_2339

 

 

キラキラの愛嬌を振りまいてくれました。

IMG_2337

 

 

ナイトはわが家ではじめて「家猫」になれたのかもしれませんね。

IMG_2345

 

 

のびのびとくつろぐ姿に目尻が下がる私

IMG_2336

 

 

つい、甘やかせすぎたかな?

IMG_2334

 

 

「ハハ なんでもしていい って言ったもん」

IMG_2335

 

 

夜はこうしてピトっとくっついてくれたよね。

IMG_2352

 

 

本来の姿を取り戻してくれているようで妙にホッとした。

IMG_2356

 

 

高菜とゴロゴロ

IMG_2347

 

 

犬も猫も大丈夫の肝の据わったタイプです。

IMG_2348

 

 

ハンサムナイト

IMG_2351

 

 

いろいろ大変だったのに、折れずにまっすぐ生きていてくれてありがとう。

IMG_2355

 

 

amalちゃんのお宅では先住猫ローズさんに譲らないワルチビらしいですが、amalちゃんはそこも含め2匹愛育を楽しんでいるそうです。まあ、精神的にもう少しオトナになれば落ち着くかな? 次回はナイトの新居へご案内しますね。

 

 

日々忙殺されていますが、こうして少し前の記憶を自分の中で呼び起こしてみると、私はなんて幸せな毎日を送っているのだろうと気づきます。私を幸せにしてくれる犬猫たちと里親さんたちに改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

レギュラーメンバーが生きている間はつづけようと決めているblogも多くの方が遊びに来てくださりありがとうございます。皆さまにもいいことがいっぱい起きますように。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





回想:にゃっ展準備の日

皆さまこんばんは。

 

 

本日中に返さなきゃならないDVDがあることに気づいて心が折れかかっています。それにしても今週はなかなかのハードさ。息つく暇がなく、睡眠時間も極端に短い。

 

 

皆さまへのご無礼や不義理があるかもしれません。お許しくださいね。

 

 

数日前に撮った美しいさぶをどうぞ

28821F8A-CA0B-42B4-9C5C-B867A22025FC

 

 

どんなに時間がなくてもお子たちのケアは手を抜けません。特に闘病中のあまぱん、さぶ、高菜に手がかかりますが、やらないと彼らの生死に関わるので必死です。

9CA9774C-6E87-47EA-87A7-3568448EF427

 

 

掃除中もこの距離感。近いな。おかげで外出してもちょくちょく思い出します。

ED60D8A4-D509-4AD1-8078-8FC6B3B6253C

 

 

掃除といえば、先日拭き掃除で磨いた保護部屋の扉にようやく飾ったのです。

IMG_2928

 

 

にゃん太さんがプレゼントしてくれた宇宙組のポスター

IMG_2930

 

 

にゃん太さんありがとうございました。うれしかったです。

IMG_0938

 

 

にゃっ展の準備の日に手渡してくれたんですよ♪ 天国へ渡った私の家族がほほを中心に(SALA以外)全員載っています。しんみりしちゃいますね。いつかは私も同じ場所へ行けるのかな?

IMG_0939

 

 

さて、ということで皆さま、5月24日にタイムスリップです(笑)。

 

 

全力で参加させてもらったにゃっ展についてブログで紹介していませんでしたので、今さらですが数回に分けてサクッと振り返っていきますよ。

IMG_0921

 

 

ノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)を置かせていただけるとあって、出版社から私が買った分を、前日に鼻息荒く持ち込んだのです。ひとりなので車から降りたらどう運ぼうかと悩んだ挙句、閃いたのが「タカナ号」。

IMG_0920

 

 

ふふ。高菜のカートがあれば行けますね。

IMG_0919

 

 

会場は「日仏会館」。入り口には啓発用のポスターなどが並んでいました。

IMG_0922

 

 

いろんな作家さんの作品に胸が躍ります。

IMG_0936

 

 

瞬時に売れたというマイ太郎さんのバッグ(買ったのはうちの卒業生みも&あかりのママ)

IMG_0935

 

 

きゃ! かわゆい~!

IMG_0933

 

 

猫ってこういう表情しますよね。

IMG_0932

 

 

斬新な色遣いに目を奪われます。

IMG_0929

 

 

卒業生ローズが愛用している「あられベッド」にロックオン

IMG_0931

 

 

初日に2つ購入。ひとつは本の販売のお手伝いをしてくれたノラスタゆきちゃんの里親まりおさんへプレゼント。もうひとつはわが家の保護猫たちが愛用しています。人気商品だったようで、あっという間に完売。すごいなあ。

IMG_0930

 

 

準備していただいたノラスタブース。サイン用のテーブルまでついています。

IMG_0923

 

 

にゃん太さん、スタッフの皆さまに深謝

IMG_0927

 

 

「縁の下の力持ち」の一語がピッタリ合う有能なスタッフの方々。にゃん太さんの人徳と日ごろの細やかな心遣いの賜物ですね。卒業生天音&ほたるの里親もりよさんが作ってきたランチを囲んでワイワイ食べている図をパチッ。おいしそう^^

IMG_0928

 

 

駐車場料金の心配もあり、サインを終えた私はすぐ帰宅。

 

 

買いに来てくださる方がいるのかドキドキしながら……。

 

 

有意義なイベントに参加させてもらえて幸せいっぱい♥

 

 

PSコメントがたくさん来ていますがお返事と同時に公開します。身内のきもちもあるので公開を控えさせていただくものもありますが、読ませていただきました。

 

 

つづく

 

 

スポンサーリンク





眞子さんとノラスタ

Uさま、ノラスタ感想入りのお手紙、おやつや入浴剤ありがとうございました。

IMG_2944

 

 

皆さまこんばんは。

 

 

頭痛の合間に火照る、冷える、火照る、冷える……を繰り返しています(涙)。

 

 

「若くないんですね」

IMG_2950

 

 

はい。陽乃ちゃんそのとおり。気持ちだけは10代よ♡

 

 

さて、昨日私は渡辺眞子さんのお誘いでミスターマックアカデミー(第34回)にお邪魔してノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)を販売させていただきました。

IMG_2952

 

 

詳細はこちら

IMG_2957

 

 

18年前に眞子さんの「捨て犬を救う街」を読んだ私は号泣の果てに著者である眞子さんに一方的に悲しみをぶつける手紙を出したのです。著者へ手紙を書いたのは眞子さんが最初で今のところ最後。

 

 

犬猫を取り巻く社会の歪が本当にひどい時代でした。メッチャクチャの。

 

 

若かりし日の私は、年間65万頭殺処分の現実を突きつけられ狼狽の極みでした。ぶつけどころのない消化不良の怒りや苦しみにどう向き合ったらいいか悶々。眞子さんの本を、現実を、「知らなければよかった」「読まなければよかった」と心から後悔したのをおぼえています。

 

 

そんな一読者の私のもとに、著者である眞子さんから返事が届きました。

 

 

驚いて封を切ると、可憐な便せんに私への共感文がびっちり綴られていて、かわいい犬のシール(未使用)がプレゼントとして添えられていたのです。

 

 

「無力な人はひとりもいません。おたがいがんばりましょうね」

 

 

最後の一文まで読んで私は体の空気が入れ替わるのを感じました。

 

 

穴が開くほど読んだ眞子さんからの返事。私が微々たる活動をつづけていられるのは眞子さんの一文のおかげでもあるのです。私自身も前作とノラスタの感想文をいただくことがありますが、眞子さん同様、気持ちを寄せてくださった方と同じ目線で物を考えるよう意識してお返事を書いています。

 

 

感謝のラブチュー(これは本気のKISS)です!

IMG_2961

 

 

ノラスタの横には石黒由紀子さんのご著書が

IMG_2956

 

 

ご主人とはイベントでご一緒したことがありますが、由紀子さんは「はじめまして」です。涼しげで凛とした雰囲気の美しい女性でした。

IMG_2954

 

 

19時~22時すぎまでみっちりとお勉強。自分にしか解読できないメモもぎっちり……

IMG_2955

 

 

アメリカの獣医師西山ゆう子先生とは数度お会いしていますが、ここまで長い時間お話を伺ったのは初です。日本に於けるあらゆる「保護動物」たちの処遇、改善点、アメリカや他の先進国との比較、アメリカの具体的な事例、法令、条例など。

 

 

動愛法改正の数値規制(繁殖業者のみならず第二種動物取引業も)に闘志を燃やす私は「うんうん。そうだそうだ」と頷きすぎて首が疲れるという^^;

 

 

環境省の担当職員の皆さまと保護数の多さや病気ケガをしている保護動物を前面に出しまくる感情派の団体の方々にぜひとも真剣に聞いてほしい内容でした。

 

 

西山先生が声を詰まらせた最後の言葉が胸に迫ります。

 

 

「競い合うように殺処分ゼロをスローガンに掲げすぎている昨今、一頭一頭のQOL(動物の5つの自由)が置き去りにされがちです。悲しい。一頭一頭の福祉をたいせつにしていけば、(殺処分ゼロという)結果はあとから自ずとついてくるはずです」

 

 

拍手。ご本人にももちろん感動を伝えました。伝えないと気が済まないタイプ。

 

 

第二部はこの4方がトーク

IMG_2959

 

 

左から、西山ゆう子獣医師、俳優浅田美代子さん(いなくてはならない保護譲渡会のメシアですよね)、渡辺眞子さん、おもしろくておきれいな俳優菊池由美さん。菊池さんとは初対面でしたがあとの皆さまはたまにお目にかかっています。

CFDFFB42-E02F-40ED-B4A3-41465B340568

 

 

ノラスタそこそこ売れました。皆さまありがとうございました。

993AA9D6-7FCF-4F6F-8306-B1A441E72DB0

 

 

終了後、浅田さんたちは向かいの居酒屋で打ち上げをするというので私もありがたいお声がけをいただきましたが、お子たちの留守番時間が長くなってしまったので参加せずに帰宅。

 

 

ほんっとうにすばらしい趣旨のアカデミーでした。

 

 

黒真珠、ただいま!

IMG_2971

 

 

アメリカでは保護動物一頭当たりに30分以上時間をかける団体または個人が優良とされているそうです。(45分ならなおいい、15分だと明らかなキャパオーバー)。保護数と照らし合わせてみると実現可能か一目瞭然ですよね?

IMG_2970

 

 

一頭ときちんと30分向き合う。遊ぶ。撫でる。簡単のようで意外と難しいかも。

IMG_2972

 

 

しかし保護動物たちのQOLを追求するのが「いい活動」だと思うので、これまで以上に接する時間を持っていこうとお子たちに誓いました。

 

 

近ごろは週に2日さぶを引き連れて保護部屋で就寝しています。

IMG_2855

 

 

さぶ、お手伝いありがとう♪

IMG_2853

 

 

最後に、家族として加わったばかりのタカナですが、最近吠える回数が減り、私にベッタリくっついてくれるようになったので自慢させてもらいますね(笑)。

IMG_2938

 

 

認知症の症状は見られますが、前よりだいぶしっかりしています。

IMG_2934

 

 

ちなみに、アセプロのような強い薬は使わず、中島先生に処方してもらったパキシルを毎日飲ませています。薬が効いているのか、生活に慣れてくれたのか?

 

 

シャンプーは週1。お尻周りを中心に結構ガッツリ洗います。

IMG_2979

 

 

お顔は濡れタオルで丹念に拭いています。

IMG_2982

 

 

トリートメントも完了。タカナからはほんのりやわらかい花の香りが漂ってきます。

IMG_2984

 

 

ドライ後、マナーバンドとおしめを装着。アカラス(皮膚病)も改善されています。

IMG_2985

 

 

世間一般ではおじいちゃん犬ですが、私はタカナの「成長」に目を細める毎日です。手がかかるけれど、赤ちゃんみたいでかわいくてしょうがないですよ。

 

 

息も合ってきたのかな?

 

 

愛育される犬猫たちが増えますように。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





キビ坊+タビ坊

※blogを連続更新中!

 

 

お待たせしました。頭痛がじゃっかん去ったので先ほどのつづきを書きます!

 

 

①6月7日、キビ坊のお届け

IMG_1486

 

 

キビ坊と私。市川家までふたりきりのドライブ。移動には神経を注ぎ、洗濯ネットとキャリーバックの二重使いで慎重に運びました。1時間弱で到着♪

IMG_1510

 

 

キビ坊、新しいお家だよ。

IMG_1509

 

 

慣れるまで時間がかかると思うけれど一歩ずつね!

IMG_1500

 

 

短期間だったのに、こんなに心のこもった脱走防止対策を施してくれた市川さん

IMG_1481

 

 

見てください。上部の隙間まで鉄の網で完全に塞いでくれたのですよ!

IMG_1520

 

 

掃き出し窓にも専用の柵が取りつけられていました。

IMG_1479

 

 

隙間もがっつりガードされています。

IMG_1483

 

 

感動のひと言に尽きますね。キビ坊はパニックに陥りやすいタイプなので、きちんと考えてくださったことが私にとってどんなに安心に繋がったか……。

 

 

感謝の気持ちでいっぱいです。キビ坊用にケージも用意してくださいました。

cache_Messagep243080

 

 

どこでもとりあえず石のように固まるキビ坊(苦笑)。

cache_Messagep243081

 

 

まあ、徐々にね。 ※私はほかの服も持っています。

IMG_1545

 

 

②チャチャちゃん

 

 

清潔で快適なお家の中には先代猫チャチャちゃんの面影がいっぱい♡

IMG_1517

 

 

作家さんが作ってくれた「チャチャちゃん」

IMG_1518

 

 

チャチャちゃんのメモリアルスペース。写真、絵、そしてご友人から寄せられたチャチャちゃんへのお手紙と市川さんへのお手紙。読んで鳥肌が総立ちでした。

IMG_1519

 

 

子猫の頃からシニア齢まで家族の中心にいたチャチャちゃん(写真は市川さんより)

IMG_1627

 

 

市川家の愛の中で一生を全うした超幸福の猫さんです。

IMG_1629

 

 

会ったことはないけれどチャチャちゃんのやわらかい雰囲気が写真を通じて伝わってきます。

IMG_1630

 

 

チャチャちゃんを病気で失った市川さんはキビくんに出会うまで精神的にきつかったそうです。そりゃそうですよね。仲よしで相思相愛なのですから。

IMG_1628

 

 

チャチャちゃんとキビ坊は同じ性格ではありませんが、市川さんとお父さまはキビ坊の個性を尊重しながら向き合ってくださっています。

IMG_1512

 

 

ちょこっと添えられたお父さまの手がいいですね。

IMG_1497

 

 

③お手紙、プレゼント、キビにかかった医療費などをありがとうございました。

IMG_2361

 

 

遅い時間にいただいたあたたかい紅茶が身に沁みました。ごちそうさまでした。

IMG_1488

 

 

プレゼントに入っていた「すっぽんの煮こごり」

IMG_2909

 

 

先日温そうめんにして豪勢な晩ごはんをいただきましたよ。味が上品かつ元気が充電された気がします。とてもおいしかったです。ありがとうございました。

IMG_2910

 

 

④タビ坊フォスターのその後

IMG_2879

 

 

譲渡後、キビ坊のオドオド、ビクビクグセがなかなかよくならず、ふと出てしまったキビ坊をケージに戻そうとした際に手を噛まれてしまった市川さん。何度も話し合い、私から2匹目のフォスターになることを提案させてもらったのです。

 

 

前に書いたとおり、猫が好きなキビ坊のために天真爛漫で怖いもの知らずのタビ坊を投入し、弟分にする作戦♡ 賢いキビ坊はタビ坊の行動を学習するにちがいありません。まずは「フォスター(預かり)」からお願いすることにしました。

 

 

結果、こういうことになっています。(タビ坊の写真、動画は市川さんより)

 

 

そしてもちろん、正式譲渡です!

 

 

キビ坊に並んで、子猫タビ坊も市川家へお婿入りしました。キビ坊はタビ坊の出現以降、明るくのびやかになり、自分から市川さんの近くへ来ることも増えたんだとか。

IMG_1499

 

 

ちっこいタビ坊のおかげですね。タビ坊もおめでとう♪

IMG_2669

 

 

キャー! すごくうれしいです。

 

 

キビ坊とタビ坊の近況は市川美絵さんのJFNラジオSeasoning(月~木)やツイッターで見られます。私も楽しみにしているひとり。市川さん、お父さま、今後ともどうぞよろしくお願いします!

 

 

善き方への命のバトンタッチは最高ですね。素敵なご縁に深謝です。

 

 

※譲渡レポートは里親さんの了解を得ています。

 

 

かつくん「Ⅹ281キビ、282タビおめでとう。市川さんの動画を観てほっこりしました。外見もそっくりだし名前も似てるし、いいきょうだいですね。岡山県出身のキビと東京都生まれのタビ。縁あって揃った保護猫コンビ。市川家で末永くお幸せに」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク