白まんじゅうのお茶会

みなさまこんにちは。いろいろとご心配をおかけしてごめんなさい。

 

 

本日は保護猫白まんじゅうが主役。いっしょに喜んでいただければ幸いです。

 

 

もふもふ譲渡祭に出れなかった保護猫白まんじゅうですが、この度お茶会を経て良縁を得ました。人馴れの部分で1年かかってしまいましたが、あとは里親コスモちゃんに引き継ぎます。コスモちゃんのお母さまは703号室卒業生ハリと暮らしています。三本足のハリをおぼえていらっしゃる方も多いのではないでしょうか? コスモちゃんなら皆さまに安心、納得していただけると思います^^

000eise (14)

 

 

オシャレしてます♡

000eise (2)

 

 

私は譲渡会ではなく、里親希望者さんと細かくやり取りを重ねたあと、自宅に招くスタイル(もしくは私が伺う形)を取っています。理由はじっくり話せるから。

 

 

変な話、時間やコストはかかりますが、立ち話で縁結びするのが私は苦手なのです。

 

 

703号室スターたちのそれぞれが主役になる晴れの日

000eise (15)

 

 

私も気持ちがウキウキします。

000eise (1)

 

 

コスモちゃんが白まんじゅうと私の写真を撮ってくれました。やったね!

000eise (16)

 

 

天国のロンちゃんが使っていた医療グッズを譲っていただきました。感謝。

000eise (11)

 

 

15歳まで生きたがんばり屋でハンサムなロンちゃんはコスモちゃんの宝物

000eise (13)

 

 

おみやげも恐縮です。

000eise (12)

 

 

ご主人とははじめてお会いしたのですが、コスモちゃんとお母さまはもふもふ譲渡祭にも遊びに来てくださったのですよ。仲よくさせてもらえてうれしいです。

000eise (4)

 

 

おもしろくて素敵なご主人に抱っこしてもらえてよかったね。

000eise (3)

 

 

住宅のペット可の証明書を持ってきてくださったコスモちゃん

000eise (8)

 

 

和気あいあいの雰囲気で卒業日が決まっていきます。

000eise (5)

 

 

あまぱんは自分からご主人の膝に飛び乗って甘えモード全開☆

000eise (6)

 

 

ふふ。あまぱんやるね~!

000eise (7)

 

 

いい子いい子してもらってウットリ中

000eise (9)

 

 

荷物チェック係のさぶも近くにいます♪

000eise (10)

 

 

白まんじゅうは「アスター」というかっこいい名でまもなくうちを巣立ちます。

 

 

長くかかってしまいましたがあたたかい目で応援してくださった皆さま、どうもありがとうございました。コスモちゃん、アスターをよろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





風雅くんとして

皆さまこんばんは。つづきが遅くなってごめんなさい。

 

 

ふうちゃん改め風雅くんの新居へご案内します。

 

 

風雅くんの里親さんは長年猫と暮らすのが夢だったそうです。

 

 

念願かなってにゃんにゃんちゃんを迎え入れ、そして長い時間を経て「もふもふ譲渡祭」に出たふうちゃんと出会い、2匹目の家族として名乗りを挙げてくださったのです。

 

 

もふもふ譲渡祭で私のかわりに譲渡ブースを担当してくれたみいさんは、里親さんのふうちゃんへのちゅーるのあげ方が穏やかで素敵だったと話していました。

 

 

猫に関する安全意識の高い方なので脱走防止対策は完ぺき!

Inked33 (6)_LI

 

 

玄関にも当然高さのあるゲートが設置されていましたし、キッチンから室内に入るときも写真のとおり柵がたてられています。まさに2重の安心ですね。

33 (29)

 

 

カレンダーにはふうちゃん婿入りの日がしっかりと書かれています。

33 (30)

 

 

名前もさんざん迷ったのですね(笑)。

33 (31)

 

 

ふたりで話し合って「風雅」にしたのです。由来は前のお家との繋がりですが、里親さんと友人宅と私の胸にしまっておきます。気品のあるいい名前でしょ?

 

 

ノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)をお買い上げくださいました。感謝!

33 (32)

 

 

私はこうしてノラスタが少しずつ波及していくことがとてもうれしいです。

 

 

「あなたはだれ?」

33 (2)

 

 

ごめんね^^; 獣臭がするでしょう。今日は新しいお友だちを連れてきたの。

 

 

「なんの話?」

33 (13)

 

 

にゃんにゃんちゃんかわいいねえ♡ 怒っているお顔もイケてます。

33 (20)

 

 

風雅くんのために新設されたケージ

33 (3)

 

 

コンパクトで機能的。ずっと使えそうですね。

33 (19)

 

 

風雅くん、リラックスしてね♪

33 (33)

 

 

里親さん世帯と隣に住む息子さん世帯はなんとこの内側の扉で行き来できるのです。自己物件ならではの造りですね。うらやましい限りです。

33 (18)

 

 

息子さんともごあいさつさせてもらいました。礼儀正しくやさしい男性です。

 

 

猫ファーストのお部屋

33 (26)

 

 

いたるところに猫グッズが……

33 (28)

 

 

おもちゃ発見

33 (5)

 

 

もふもふ譲渡祭バザーの戦利品の一部を見せてもらいました。

33 (17)

 

 

りょうちゃんのねこまくらとマイ太郎さんのシュシュも買われたのですね。

 

 

おいしいお菓子とお茶をごちそうさまでした。

33 (25)

 

 

里親さんがソワソワしているのが伝わってきて、微笑ましかったです。

 

 

どれだけ心待ちにいてくださっていたのか……。

 

 

風雅くんは幸せですよね。皆さまもそう思いませんか?

33 (24)

 

 

先住さんがいるお宅ですのでまずは2週間のトライアルでしたが、私は戻ってこないトライアルだと踏んでいました。なぜならば風雅くんはほかの猫さんがOKですし、里親さんは年単位で馴染ませていきたいとの固い意思をお持ちだったのです。風ちゃんおめでとう。安心して日々楽しくね!

33 (4)

 

 

プレゼントありがとうございました。

33 (1)

 

 

※お預かりした(風雅くんにかかった)医療費は全額友人のご主人に渡しました。

 

 

トライアル終了後、正式譲渡のお申し込みをいただきました。

 

 

風雅くん、終の棲家で家族に囲まれながらワイワイ生きていきます。やったね。

 

 

以下は里親さんのSNSから拝借した写真です。

IMG_9644

 

 

別室の隔離からスタートしたふたりですが、だんだんと距離が縮まっています。

IMG_9659

 

 

里親さんの努力の賜物ですね。

IMG_9658

 

 

外猫時代の風雅くんを知る者としてこういう姿は感無量です。

IMG_9660

 

 

 

一匹でも多くの犬猫たちが終の棲家を得られますように。

 

 

私も微力ながら1頭1頭丁寧にご縁を結んでいきたいです。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ294風雅くんおめでとう。よかったね。風雅くんを取り巻くすべての善意が結んだ結果だと思います。ハハにかわってもふもふ譲渡祭で里親さんの対応をしたみいさん、お疲れさまでした。ぼくからもありがとうを送ります」

1-3483

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





青い手袋

皆さまこんばんは。ブログまでなかなか到達しない日がつづきましたが、ようやくふうちゃん改め風雅くんの譲渡レポをUPします。ぜひ写真を見てくださいね。

 

 

外猫から保護猫になった風雅くんに、友人は欠かさず排泄の回数をつけていたのです。便秘で苦しんだ風雅くんにとって、QOLを維持するたいせつな記録。机の上に置いてあったカレンダーの裏紙に涙が止まりませんでした。

5a4 (2)

 

 

自分(友人)が辛いときに他者(風雅くん)のためにコツコツと……すごい。

 

 

友人が入院してから、風雅くんのお世話はご主人がしていました。

5a4 (14)

 

 

開放的な部屋で「長いひとり時間」を送らせるのがふびんだと仰っていたのが印象的です。

5a4 (9)

 

 

キャパシティーの問題で、飼いつづけるのはむずかしい。しかしできる限りのことを風雅くんにしてあげたいという厚い思いがヒシヒシと私にも伝わってくるのです。

5a4 (10)

 

 

風雅くんは恵まれた幸せな保護猫時代を送ったよね。

5a4 (6)

 

 

運のいい王子さまです。

5a4 (5)

 

 

私とも仲よくしてくれてありがとう♡

5a4 (23)

 

 

もふもふ譲渡祭への参加にあたって、ご主人は夜な夜な「風雅くんを持ち運びのできるケージに入れる練習」をし、よくラインで状況を知らせてくださいました。

 

 

食いしん坊の風雅くんが自発的にケージに入るよう、食べ物で誘導する作戦です。

5a4 (11)

 

 

おかげで無事にもふもふ譲渡祭への参加を果たした風雅くん

5a4 (1)

 

 

※風雅くんの送迎を手伝ってくださったわらひよさん、ありがとうございました。

 

 

里親さんと運命の出会いをした有意義な1日となりました。

5a4 (8)

 

 

がんばったねお疲れさま♪

5a4 (12)

 

 

風雅くんのお引っ越し前、ご主人が風雅くんにポチったプレゼントが届いたのです。

5a4 (22)

 

 

ふふ。マッサージ用の青い手袋^^

5a4 (19)

 

 

風雅くんはこれが本当に好きで、目を細めて喜ぶのです。

5a4 (20)

 

 

気持ちいいね~!

5a4 (21)

 

 

ごほうびウエットタイム

5a4 (17)

 

 

こねこねつき

5a4 (18)

 

 

風雅くんの譲渡に関するいっさいは私が担当。お渡しも私ひとりで行ったのです。その際、風雅くんのいたケージから自分のキャリーバッグに移しかえるのが超難航。わかりづらいかもしれませんが、上段に避難した風雅くんをケージの小さな扉から出せずに汗をかきました。

 

 

今となってはいい思い出ですけど……

5a4 (24)

 

 

猫用のケージじゃないので、仕方ないですよね。でもちょっとした武勇伝です。

5a4 (25)

 

 

風雅くんの保護譲渡を通じて、私はいろいろなものを学びました。

 

 

友人の底力、家族のサポート、そして月並みですが、「愛」の一語を

5a4 (13)

 

 

友人の風雅くんへの愛であったり、ご主人の友人への愛であったり、里親さんの風雅くんへの愛であったり……。風雅くんを取り巻く世界が感じさせてくれた「静かなる愛」にたびたび胸を締めつけられ、たびたび私自身が奮い立たされました。

 

 

友人は以前、「アンニイさんの譲渡を信じている」と言ってくれたことがあります。「もしものときはアンニイさんにふうちゃんを任せたい」と。風雅くんの里親探しの一連で迷いが生じたとき、私は友人がかけてくれた言葉を頭の中で反芻したのです。

 

 

そして何度も「友人ならどう考えるか」を想像して取り組みました。

 

 

自分の意思だけで保護した犬猫とは比べようのないプレッシャーを感じながら。

 

 

だからこそ、風雅くんに良縁を結ぶことができてうれしいです。

 

 

一匹の元外猫風雅くんが結びつけてくれた人間同士の太い縁を私は忘れません。

5a4 (15)

 

 

風雅くん、おめでとう。この結果をだれより喜んでいるのは友人だと思います。

5a4 (7)

 

 

次回は風雅くんの新居を簡単にご紹介しますね。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ルナとして1

皆さまこんばんは。TwitterにはすでにUPしましたが、昨日メル子改めルナが703号室を巣立ちました。応援してくださった皆さま、どうもありがとうございました。

55 (8)

 

 

ルナを届けたあと自宅に戻って無意識にルナにごはんをあげようとしていた私。

 

 

ふふ。すっかり生活習慣になっていたのですね。

 

 

とっても元気な女の子だから今も家にルナの「なにかを催促する声」や「甘え鳴き」が響き渡っている錯覚がします。耳おかしいのかな? そして、ほんのり淋しい。

 

 

新居にあっという間に馴染んだルナの写真を何度も見て自分の心を落ち着かせました。

 

 

「別れのプロ」を自称している私ですが、やっぱり湧き上がる感情に胸が締めつけられます。

 

 

多頭飼育の我が家で隔離生活を強いられていたルナのためにはよかった。

 

 

でも毎日こうして撫でていたからルナの毛の感触を忘れられないのです。

55 (2)

 

 

幸いなのは、ルナがどこでも生きていける性格なのと、里親さんご夫妻が責任感と慈愛の塊のような方たちなので、心配せずにいられていること。ありがたいですね。

 

 

ルナ家の写真の紹介は次回必ず♡

 

 

じゃんっ。私の顔がアレですが、卒業前に記念写真を撮ってもらいました。

55 (3)

 

 

お嬢、わずか10秒でいいのでじっとしてもらえませんか?

55 (4)

 

 

なんか無理やりな感じになってますね^^;

55 (5)

 

 

はいはい、もう下ろすから。美しいモデルさん、おつき合いありがとうね♪

55 (6)

 

 

「みなさん! 見て! わたしセクハラ受けてます!」

55 (7)

 

 

笑。いやいや、こういう顔がキメ顔だと信じているだけなのです。

 

 

お嫁入り道具はもふもふ譲渡祭で買ったオリジナルエコバッグに入れました。

55 (9)

 

 

このエコバッグ驚くほど入りますね。しかも驚くほどコンパクトになりますね。すごい軽さだし、ほかのバッグに入れてもハンカチ程度の厚さで邪魔にならない。重宝しまくっていますよ。

 

 

デザイン&制作してくれたりょうちゃんを改めて尊敬します。

55 (1)

 

 

手には「ハズしたくないとき」につけるお守りを……

IMG_8689

 

 

(直前までつけていたにもかかわらず、手を洗って一度外してしまった)お守り。つけ忘れたことをマンション1階のエントランスで気づいて再度家に取りに走ったとき、私の中で、ルナの存在がどれだけ大きかったのかを知りました。私の手につけてはいますが、ルナの良縁をイメージしています。

 

 

というか、それしかなかった。私が守ってほしいのはルナのご縁。

 

 

私のルナへの愛情表現は、ルナを終の棲家へ案内すること。

 

 

保護して終わるのではなく、アンカーにバトンをタッチするところまでが私の目標でした。

 

 

クサい表現かもしれませんが、ルナへの愛を私の方法で貫けて本望です。

 

 

お輿入れ日の花嫁衣装にと決めていた(マイ太郎さん作)の黄色い花の首飾りが憎らしいほど似合っていて、ああ、かわいいったらありゃしないですよ。泣けました。

 

 

ルナとルナの家族になってくださった里親さんに感謝を込めて。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





星太郎のファミリー

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

さて皆さま、本日は星太郎の新居へご案内します。

 

 

星太郎のおうちは都心のマンション。人間の家族はパパ、ママ、お兄ちゃんの3人。とにかく明るく朗らかで、しかも家族の会話がひたすらおもしろいご一家です♡

 

 

ワンフロアーに2世帯しかなく、そのうえ内廊下。非常に脱走しづらい構造です。

Inkedhositarou (6)_LI

 

 

にもかかわらず、じゃーん! 玄関に脱走防止対策をしてくださっています。

hositarou (10)

 

 

立派な3段ケージは爪とぎつき! このケージお高いんですよね^^; ご覧のとおり、掃き出し窓にも脱走防止柵がついています。安全安心、ですね。

hositarou (25)

 

 

「え~? ここはどこでしょうか? ぼくプチパニックですっ」

hositarou (15)

 

 

星太郎の終の棲家なの。きっとすぐなれるから♪

hositarou (21)

 

 

だいじょうぶだいじょうぶ!

hositarou (8)

 

 

ほら、後ろにパパさんがいるでしょ? 星ちゃん落ち着いてね。

hositarou (14)

 

 

開口呼吸でドキドキしていた星太郎。意外とビビりで繊細ですね。

 

 

ママさん手づくりのプレートが星太郎のお部屋(ケージ)にかかっていました。

hositarou (23)

 

 

かわいい……星太郎が待ち遠しかったのがよく伝わってきます。

 

 

チリひとつない清潔なお宅

hositarou (1)

 

 

壁に素敵な飾りを見つけました。家族の象徴ですね。旅先で買ったそうです。

hositarou (9)

 

 

星太郎のために準備された寝床と丈夫なキャリーバッグ

hositarou (13)

 

 

震災時にも使えるようにと大きめのタイプを選んでくださいました。

 

 

星太郎のファッショングッズ

hositarou (17)

 

 

黒猫は何色でも似合うので写真撮影のときに小物たちが役立ちそうです。

 

 

マイ太郎さんお手製のブルーサテンのシュシュをさっそくつけてみることに

hositarou (20)

 

 

うわ……ハンサム! 端正な顔つきの星太郎にピッタリです。

hositarou (19)

 

 

おいしいコーヒーとケーキをごちそうになりました。

hositarou (4)

 

 

もりよさん夫妻もいます。和気あいあい、星太郎の未来について語りました。

hositarou (11)

 

 

このファミリーなら1㎎の心配もありません。本当に素敵な方々です。

hositarou (7)

 

 

ノラスタノラ猫あがりのスターたち)も買ってくださっていたので

hositarou (18)

 

 

僭越ながらサインとメッセージを書かせていただきました。

hositarou (26)

 

 

里親さんはもふもふ譲渡祭にもいらしてくださいます。またお会いできるのが楽しみで仕方ない。(里親さんのtwitterアカウント→@yamada_seitaro 星太郎★)

 

 

星太郎の医療費交通費のほか、お菓子、保護猫メル子の首輪、そしてなんと星太郎のマウスパッドをプレゼントしてもらいました。もりよさんとお揃いです。ありがとうございました。

hositarou (3)

 

 

「星ちゃんマウスパッドがもったいなくて使えない」と話していたもりよさんですが、翌日には会社で使っている自慢写真を里親さんと私に送ってきて爆笑。

 

 

へ? と呆気にとられるほどのスピードで「家族の一員」として見事に溶け込んだ星太郎。

 

 

以下は里親さんが撮った近況です。

hositarou (24)

 

 

黒々と光ってかっこいいこと!

hositarou (16)

 

 

お兄ちゃんがブラッシングしてくれています。

hositarou (2)

 

 

すぐ仲よしになりました。

hositarou (12)

 

 

来年の年賀状だそうです。最高!

hositarou (5)

 

 

(※画像や情報はすべて里親さんと相談しながら公開しています)

 

 

ふふ。いいでしょう?

 

 

「子猫ではなく成猫を希望した理由はなんですか?」

 

 

そうたずねた私に里親さんは不思議そうに首を傾げ、答えてくれました。

 

 

「え、うちは最初から子猫は考えずに、オトナの子を探していたので……」

 

 

深い理由や理屈もなく、ただ普通に成猫を求めていた里親さんの自然なリアクションが私にはとてもあたたかく、新鮮に感じられました。感動しますね。

 

 

5か月もの間、星太郎を預かってくれたもりよさん、そして星太郎の最後の日まで星太郎を息子として迎え入れてくれた里親さんに感謝しています。

 

 

不遇の犬猫たちが一匹でも多く星太郎みたいに安楽の日々を過ごせますように。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ291星太郎おめでとう。星太郎が加わったことで、もともと会話の絶えない家族がさらにいっそう楽しくなるだろうね。高い場所にのぼったり走りまわったり……自由もいいけれど、星太郎、いたずらはほどほどにお願いしますよ」

1-3483

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク