2 希望の種

ジャイアン改めコテツの卒業レポート第二弾です。

 

 

※まだお読みでない方はひとつ下の記事から遡って読んでくださいね。

 

 

きーやんさんのtwitterに載っていた一枚。コテツがTVにかじりついています。

IMG_3221

 

 

 

真剣ですね。これ、一足先に703号室を巣立った兄貴のポテチもやるんだとか。そういえばうちでは一度もTVを観せる機会がなかったな。めったに私がTVをつけないのも理由ですが、そもそも、ポテチもコテツもTVのない保護部屋中心の生活だったのでTV好きだとは気づきませんでした。私の知らないコテツの一面がなんだか胸に迫ります。みんなほんとうのお家で開花していくんですね。

 

 

6月16日留学(トライアル)スタート

IMG_0851

 

 

 

着いたよ。

IMG_2667

 

 

 

コテツ、がんばろう!

IMG_0852

 

 

 

ポテチのケージを今度はコテツが使います。

IMG_0864

 

 

 

この日私は爪が伸びきったポテチのネイルケアを仰せつかりました。

IMG_2914

 

 

 

ベッドの下から引きずり出し洗濯ネットに入れてチョキチョキ

IMG_2910

 

 

 

どうしようもなく、卒業生はかわいいもんです。私の宝ですよ。

 

 

彼らが我が家を巣立ってようやく私にじゃっかんの余裕が生まれ、俯瞰的に見れるようになるのです。そして改めて、彼らの強さと美しさに魅せられるという。

 

 

シャイの王道をひた走ったポテチはペットホテルデビューを果たし、なんとはじめて泊まった場所で堂々とおやつをおねだりをしたそうです。成長したなあ。

IMG_0860

 

 

 

コテツ、怖いかい?

IMG_0858

 

 

 

きみはどんな風に変わっていくのかな?

IMG_0856

 

 

 

うちはね、コテツにとっての踏み台だったと思う。

IMG_0855

 

 

 

わかる? コテツが大きくステップアップするための……

IMG_0854

 

 

 

コテツには勇気を持って、エイッと勢いよく飛躍してほしい。

 

 

きっとできるよね?

IMG_2911

 

 

 

所詮すべてはご縁との緩やかな気持ちできーやんさん夫妻にお任せしました。

IMG_0861

 

 

 

その節はおいしいお茶をありがとうございました。

IMG_0863

 

 

 

あとは信じるだけ。

 

 

自分の見てきたポテチと、自分の見てきたコテツを。きーやんさん夫妻を。赤い糸を。ポテチの寛容さと、コテツの順応性を。自分の予想を。その根拠も……

IMG_2943

 

 

 

時間を経てケージから解き放たれたコテツはポテチに全身でぶつかっていきました。

IMG_3220

 

 

 

コテツなりに空気を読んで少し遠慮をしながらですが

IMG_3004

 

 

 

とても素直に、元気よく甘えたのです。

IMG_3013

 

 

 

コテツはポテチを観察して

IMG_3324

 

 

 

「弟の顔」でマネばかりしています。

IMG_0118

 

 

 

調子に乗りすぎるとポテチ兄からの教育的指導が入ることも^^;

IMG_0120

 

 

 

朗らかで明るいふたり。ぽっちゃりボディーの中身はパンパンに詰まった命です。

IMG_3273

 

 

 

「関係を築く」ってたいせつなことですが、意外とむずかしいんですよね。

IMG_0203

 

 

 

しかし703号室のスターたちはみんなじょうずにやってのけます。

IMG_0252

 

 

 

新居でくつろぐ姿は保護主冥利に尽きます。ありがとうコテツ♡

IMG_3219

 

 

 

ポテチとコテツの存在はきーやんさん夫妻を突き動かしました。コテツの正式譲渡が決まった週末、おふたりは母猫に見放された3匹の乳飲み子を保護したのです。

IMG_0265

 

 

 

左の2匹は生まれつき障害や身体的な問題があり、残念ながら育ちませんでした。

 

 

こうして振り返っていると電話口で号泣していたきーやんさんの声がよみがえってきます。

 

 

手を尽くしたのに報われなかった悲しみ、しなくていい種類の後悔、生への慈しみ、死への悼み、ヤマトの発育に対する不安……

 

 

ふだん理性的なきーやんさんが流す濃い涙に私はかける言葉を失うほどでした。

 

 

今、きーやんさんの家には三匹の猫がいます。

 

 

先住ポテチと本日の主役コテツ、それから生き残ったヤマト坊

IMG_0246

 

 

 

彼らはつまり、希望の種です。

 

 

素晴らしい出会いに感謝して!

 

 

かつくん「Ⅹ264コテツおめでとう。本日の写真の多くはきーやんさんの提供です。コテツの医療費を過分にお預かりしました。ありがとうございました。ハハはちょくちょくヤマト坊のご尊顔を拝みに行っているそうですが、ポテチは完ぺきに姿を消し、コテツも他人行儀で素っ気ないと嘆いていました。ポテチもコテツも703号室に連れ戻されるんじゃないかとビクついているんだと思います」

1-3483

 

スポンサーリンク





1 再生の道

春先にようやく保護できたいじめっ子。外で小柄な卒業生ローズを蹴散らし、ローズの食べ物を奪っていたシーンが強烈に私の印象に残っています。

 

 

「スターが揃った/幸せの703号室」

 

 

改めて記事に出てくる元ジャイアン(いじめっ子)の写真を見て驚きました。

 

 

捕獲箱に入った際の表情もなかなかキツいよね。

IMG_3323

 

 

 

汚れ具合や人間不信の睨み

guuto

 

 

 

ジャイアンの反骨ぶりが切ないです。いったいなにに抗う姿なのか。

 

 

これまで生きていて楽しいと思える時間がこの猫にはあったのでしょうか?

 

 

だいぶきれいになったあとも、ビクビク、オドオド

IMG_0300

 

 

 

まだ若いのに傷だらけ。FIVキャリアに感染。

 

 

うちの近所のオス猫たちのうち、2匹に1匹はFIVキャリアです。みんな体をぶつけ合って必死に生きてきたんですね。やわらかい心をいちばん奥に隠して、何重も蓋を被せ、前へ出る。

 

「ここはおれのテリトリーだ」

 

「これはおれの食べ物だ」

 

「出て行け、おれが生きるだけで精いっぱいの場所だ」

 

 

当然ジャイアンに友だちはいませんでした。

 

 

生き物としての「余裕」がなかったから。

 

 

私はジャイアンに出会って、ジャイアンの悲しみを知ったのです。

 

 

語弊があるかもしれませんが、野良猫はみんな、非力なストリートチルドレンに似ています。

 

 

私は、重い蓋に潰されすっかり委縮した彼らの心をふんわり元に戻す活動をしています。

 

 

根気よく語りつづければ、与えつづければ、私たちはわかり合えるのです。

IMG_2243

 

 

 

ジャイアンももちろん例外ではありませんでした。

IMG_2246

 

 

 

甘えん坊の素晴らしい猫なんです。

IMG_2247

 

 

 

ジャイアンがコテツという仮名で卒業生ポテチ家留学していたことは皆さまご存知ですよね? ポテチ家にコテツを打診したばかりの頃、実は一回里親きーやんさん夫妻に私、振られているんです。ご主人のひと言が、チクっとしみたな。

 

 

「アンニイさんは焦っている気がします」

 

 

言われた瞬間、ハッとしました。少し恥ずかしいような気持ちも……。

 

 

けれど反面、正直に意見を交換できる里親さんと巡り会えた自分は恵まれていると思いました。

 

 

たしかに私は焦っていたから。

 

 

でも、だれでもいいから渡してしまいたいという考えは一度も持ったことがありません。

 

 

私には追いかけっこをするポテチとコテツが明確にイメージできたのです。なぜならば私は両方の暮らしぶりや性格を知っている立場だから。

 

 

だいぶ経ってから、今度はきーやんさん夫妻が私に声をかけてくれました。

 

 

「トライアル」のお約束でしたが、すごくうれしかった。

 

 

6月3日、きーやんさん夫妻がemi-goの病院へ来てくれました。

IMG_2679

 

 

 

コテツの卒業前検診です。

IMG_2655

 

 

 

この日きーやんさん夫妻とコテツは初対面。中島先生にアドバイスを伺いながら実際のコテツに触れてもらう機会です。責任感の強いきーやんさん夫妻は、すでに「親の顔」をしていて、私はおふたりの雰囲気にひそかに感動していました。

IMG_2654

 

 

 

病院には保護犬時代の「まる」

IMG_2653

 

 

 

まるに会いに来た黒田さんもいたんですよ(笑)。

IMG_2649

 

 

 

きーやんさん夫妻と黒田さんとパチッ

IMG_2681

 

 

 

雑談の中で黒田さんがきーやんさん夫妻に私のことをさりげなくアピールしてくれました。

 

 

「この人(私)から(保護動物を)もらうといいですよ」

 

 

なんか、じーんとしちゃって。黒田さんの保護主宣伝に感謝します。

IMG_2683

 

 

 

こうしてコテツは再生の道を歩んでいくことになったのです。

 

 

まずは1か月留学生としてでしたが、私はうまくいくと確信していました。

 

 

理由はポテチの懐が深いのと、コテツのフレンドリーさ。そしてきーやんさん夫妻の強くあたたかいお人柄も私を前向きにさせてくれた大きな要因でした。

 

 

怒ってばかりのジャイアン時代の壁を乗り越えて、コテツは未来へと旅立ちました。コテツは今、ポテチを兄だと崇拝し、日々ポテチのマネばかりしています。

 

 

次回はコテツの写真を満載でお送りします。ポテチと旬なヤマト坊も登場します。

 

 

皆さま、お楽しみに。

 

 

目立つことはできなくても、私は自分の世界を隙間なく愛で埋めつくしたいです。

 

 

LOVE IS PEACE♡

 

 

スポンサーリンク





もものお輿入れ1

皆さまおはようございます。

 

 

前夜にブログを更新予定でしたが、チチが延々とテレビをみていてかないませんでした。すっかり遅くなりましたが、本日は長期トライアルを終え卒業生になったお姫さまに登場してもらいます。

 

 

百香(ももか)改め「もも」

IMG_0184

 

 

 

保護したのはなんと1月中旬

 

 

「死地からさらったお姫さま/幸せの703号室」

 

 

ももと出会ったいきさつを書いています。

 

 

私も読み返しました。

 

 

なつかしさに胸が詰まりますね。ナナが生きている頃だったので余計にそう感じるのかもしれません。ももはナナの介護がたいへんな時期に私といっしょに過ごしてくれたたいせつな存在です。

IMG_0133

 

 

 

来たばかりの頃はシャーシャー威嚇し虚勢を張っていたね。

 

 

少しずつ見せてくれたももの「本来の姿」に私は無限の可能性を垣間見ました。

 

 

ずっと言いつづけてきていること。

 

 

「馴れない猫はいない」

 

 

それをうちの保護猫たちが体現してくれているのです。

 

 

ね? もも

IMG_0128

 

 

 

薄皮をはがしたらとんだ甘えん坊がいました。

IMG_0131

 

 

 

私は保護動物と接して学んだのですが、人間のみならず、犬も猫もみんなほんとうは自分の心を預ける場所を求めている気がするんですよ。はじめからチャンスに恵まれた子たちは快適な環境で無邪気に腹を出して眠れるけれど、それ以外の子たちはオーバーリアクションで愛を乞うか、はたまた共存すべき対象を信じることができず、牙を剥いてジタバタと暴れるか。とても悲しいことですね。

 

 

私は彼らの生きづらさを目の当たりにするとまるで自分が生きづらいみたいな錯覚を起こして手を伸ばしてしまうのです。もちろん多くの数はできないけれど、いっぺん取り組んだらとことん突き詰めてしまう。じゃっかんラフなタイプのほうが楽なのはわかっています。しかし私には無理。

 

 

肩に力が入りまくりです。

 

 

命と向き合う場所に「脱力」があってはならないんじゃないでしょうか?

 

 

私は犬猫を擬人化しているわけではないのです。

 

 

ただ、うまく表現できないのですが保護動物は私の中でものすごい存在感があり、私は自分の愛を自分の形で徹底して貫きたいのです。

 

 

昔同じ活動を手広くしている方にクスクス笑われたことがあります。

 

 

「自分の家から巣立った子の名前をぜんぶおぼえているのは逆に不思議」

 

 

そうかな?

 

 

まあその方と私は規模がちがいますが、私は相槌を打てませんでした。

 

 

私には忘れようがないですよ。

 

 

自分なりに一生懸命、珠のように育ててきたんですから。

IMG_0134

 

 

 

もものお見合いの日のことははっきりと覚えています。

 

 

ナナの火葬の日の夜だったからなおさらね。

 

 

精神的にあまりにもキツかったので日にちをずらすことも頭をよぎったのですが、いったいどこにピリオドを打てるかわからず予定通り行うことに。

 

 

今振り返っても、あれでよかったと断言できます。

 

 

そもそもナナとの別れと、ももの幸せは別の次元です。ひとつは抗えないものだとしても、もうひとつは丹念に創作できるのです。ここは前へ進むべきだと思いました。

 

 

けれど私もそこまで強くないので、お見合いのヘルプに来たみいさんにお願いをしたのです。「お見合いが終わるまではナナの話をしないで」と。

 

 

 

「ハハの精神力が試された“お茶会”だったんですね」

IMG_0106

 

 

 

「ぼくのときもシャキッとまとめてくださいね」

IMG_0103

 

 

 

はいよ。あさひ、任せておきなさい!

 

 

ももの里親さんは一途な方で、ももだけにお問い合わせをくださっていました。

IMG_0180

 

 

 

そしてナナの命の終焉を静かに見届け、共に祈ってくださった方です。

IMG_0178

 

 

 

気長でやさしく責任感の強い里親さんに私はバトンを託せて本望です。

IMG_0190

 

 

 

辛い時期でしたが、もものおかげで一筋の光を実感したのです。

IMG_0188

 

 

 

もも、ありがとうね。

IMG_0182

 

 

 

うちでももにしてあげたかったこと、できたはずのこと、いろんな心残りをすべて「譲渡のエネルギー」に変換し、私は安心してお任せすることができました。

IMG_9851

 

 

 

終の棲家で家族のみなさんにクルクル変わる表情を見せてね。

IMG_9855

 

 

 

ペロッと舌を出すもも

IMG_0051

 

 

 

ダイナミックなあくび

IMG_0049

 

 

 

けだるそうな昼顔

IMG_9881

 

 

 

かわいいね♪

IMG_9883

 

 

 

つい撫で撫でしちゃう♡

IMG_9880

 

 

 

もものお嫁入り道具を準備していたら、目の前の霧がうっすら晴れていきました。私は「卒業」させるのが好き。私にとってもっとも有意義な瞬間です。

IMG_1405

 

 

 

遠方のお届けにはマイ太郎さんがつき合ってくれたんですよ。

ga

 

 

 

マイねー忙しい中どうもありがとうございました。

 

 

 

2か月のトライアルを設けたのは、先住猫「るい」くんとももの相性をじっくり合わせるため。るいくんは元保護猫ですが、一匹で保護されたのでほかの猫を見たことがありません。ももがるいくんのお友だちになれるかが要だったのです。

 

 

このたびもものがんばった甲斐があり、まだ道半ばですが正式譲渡のお返事をいただきました。るいくんとももの距離は日に日に縮まっています。

 

 

「皆さま応援ありがとう 次回はわたしのお城に案内するね わたしんちにはお留守番用の猫部屋があるの お父さんが手づくりなんだけど 超快適よ」

IMG_9852

 

 

路地裏で飢えていた一匹のホームレス猫がシンデレラになりました。

 

 

入魂の結果だと自負しています。でも決して難しいことではありません。

 

 

だれにでもできることをしたまでです。

 

 

それによって救われたのは、実は私のほうです。

 

 

困っている猫を見かける猫方は、ぜひやってみませんか?

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





まるスマイル

無気力かつバタバタで時間がかかってしまいました。お待たせしてごめんなさい。

 

 

まる坊の新居へ皆さまをご案内します。

 

 

お届けはまるをお世話してくれたemi-goといっしょに行きました。

 

 

私は個人で保護譲渡活動をしていますが、すべてに於いて独断的かと言われると実はそうでもありません。関わった人の気持ちは常にたいせつにしていこうと考えています。

 

 

今回もまるの譲渡にあたり、なるべくemi-goの意見を聞き、尊重できる部分はすべてしています。透明性も然り。emi-goが納得してこそのご縁だと思うからです。

 

 

まるを乗せて迎えに来てくれたemi-go。黒田さん宅のそばで黒田さんも合流

IMG_0738

 

 

 

まるが待ち遠しかった黒田さんは、ド緊張状態でよく眠れず、何度も吐き気に襲われた模様。犬が家族に加わる。黒田家にとってはまさに一大事ですね(笑)。

IMG_0741

 

 

 

まる、わかる? それだけ真剣なんだよ。

IMG_0740

 

 

 

頑丈なキャリーとまるで合計20キロ以上はありそう^^;

IMG_0744

 

 

 

へへ。私はこまごまとした荷物持ちの役で助かりました。

 

 

 

到着~!

IMG_0777

 

 

 

オドオドのまる氏

IMG_0763

 

 

 

「えっと……どこ?」

IMG_0751

 

 

 

「はじめての場所はとりあえず警戒します」

IMG_0753

 

 

 

そりゃそうだね。まあ、ゆっくり慣れればいいから。

IMG_0775

 

 

 

まるは黒田さんの仕事部屋(寝台もあります)からスタートします。

IMG_0761

 

 

 

黒田さんの仕事部屋(10畳弱)→娘さんの部屋→物置→寝室→リビングと広い黒田家を徐々に制覇していく予定。最終的にお庭にも出られるよう一歩ずつならしてもらう作戦です。トレーナーさんは散歩へ行けるまで3か月かかると踏んでいますが、私の予想ではもっと早く外に出れるのではないかと。まあ、焦らずのんびりね。

IMG_0776

 

 

 

玄関。猫とちがってまるはこの高さの柵をまたぎません。

IMG_0747

 

 

 

 

玄関の左側にまるの居住スペースがあります。

IMG_2854

 

 

 

まる用にいろんなグッズが用意されていました。うれしいね。

IMG_0755

 

 

 

悩みに悩んで選んだごはん。まるの体調に合わせて臨機応変にチェンジしていくんだとか。ふふ。計量カップもふたつ置いてある。黒田さん抜かりないなあ。

IMG_0762

 

 

 

リビングに繋がる廊下にはもう一つの柵が

IMG_0749

 

 

 

リビングから見るとこんな感じ。つきあたりがまるルーム

IMG_0773

 

 

 

そして専用庭。庭へ連れ出す際はもちろんリードをつけてもらうのでご安心ください。

IMG_0764

 

 

 

まるがケージ内でくつろぎはじめたので一同はリビングへ移動

IMG_0791

 

 

 

emi-goがまると黒田さんのために用意した分と私からのささやかなプレゼントを手渡しました。黒田さん、まるがお世話になります。どうぞよろしくお願いします。

IMG_0799

 

 

 

リビングの一角に設けられた「タロゾーン」。タロの写真がいっぱい……

IMG_0771

 

 

 

アルバムも見せてもらいました。なつかしい。703号室同窓会の日の写真ですね。

IMG_0797

 

 

 

譲渡誓約書や医療明細や各種証明書もファイルされきれいに残っています。

IMG_0794

 

 

 

黒田さんとタロの歴史、黒田さんと703号室の歴史を実感します。タロのおかげでほんとうにいい人間関係を築かせてもらえました。タロに感謝です。

 

 

ここで二代目のまるは、めいいっぱい幸せになると確信しています。

IMG_0811

 

 

 

だって黒田さんにとっては、簡単なことじゃないんですよ。

IMG_0801

 

 

 

乗り越えるべき壁をぜんぶ越え、大きな覚悟を持って迎え入れてくれたのです。

IMG_0803

 

 

 

だからきっとまるの未来は明るいはず。

IMG_0802

 

 

 

現に不思議なことですが、まるが異常に落ち着きを放っていたんです。

IMG_0810

 

 

 

この譲渡の意味がまるにも伝わったとしか思えません。

IMG_0809

 

 

 

ドキドキは最初だけで、すぐに穏やかな笑みを浮かべたんです。

IMG_0808

 

 

 

「以心伝心です」

IMG_0787

 

 

 

そうそう。まちがいないね。

IMG_0783

 

 

 

まるのくつろぎぶりに胸を撫でおろし、おいしいケーキをいただいて、お腹いっぱい♪

IMG_0792

 

 

 

キュートで表情豊かだから写真を連写しまくりですよ。

IMG_0786

 

 

 

結局選べなくてほぼ載せるという……

IMG_0784

 

 

 

これが私の写真ならキツくて皆さまは耐えられないでしょうが、モデルさんはまるなのでいいですよね? ハンサム王子の画像を仰山おがんでやってください。

IMG_0788

 

 

 

変顔

IMG_0789

 

 

 

やる気ない顔

IMG_0804

 

 

 

あほっぽい(あほとは言ってません!)

IMG_0785

 

 

 

利発で聡明なニコニコフェイスも添えて

IMG_0807

 

 

 

まるの写真を見つめていると、子犬のあどけない頃を回想します。

IMG_0805

 

 

 

おんなじおんなじ。まるの無邪気さは、ちゃんと残ってる。

IMG_0806

 

 

 

まるの一生は、巻き戻してスタートを切ったばかり。この先は素晴らしい日々を送っていくことでしょう。さっそく新居でやりたい放題との報告を受けています。

 

 

黒田さんのTwitterアカウント→ @KurodaJunichi  タロパパ

 

 

まるの笑顔は霧がかかった視界に一気に青い空を広げてくれた気がします。

 

 

黒田さんの視界、emi-goの視界、私の視界、まる自身の視界。

 

 

理不尽ばかりではないこと、絶望ばかりではないこと、むしろ強い希望がこの世には溢れている、いたるところに。思わずこちらがふとつられ笑いしちゃうほどに澄んでいます。シンプルな表現ですが、犬も猫も最高にかわいいですよ。パートナーですもん。

 

 

獣医志望の小2の娘さんが描いた絵。左の犬はタロかな? まるかな?

IMG_0813

 

 

 

父親黒田さんからの「注意」

IMG_0812

 

 

 

黒田さんご支援とおみやげの数々をありがとうございました。

IMG_2882

 

 

 

かつくん「x262まるおめでとう。こわいこわい世界を乗り越えてワクワク圏に突入したまる。粗相やいたずらはほどほどにしないとね。でもまるがまるらしく意気揚々と過ごしているのを眺めるのはやっぱり気分がいいね。黒田さんはたいへんだろうけど……逸材まるから目が離せません。まる、ずっと家族とともにハッピーでいてね」

1-3483

 

 

 

 

スポンサーリンク





ローズとのリレー 3ローズんち

さてローズの卒業記事の最終章です。今回は自分の葛藤からはじまったのでいつもより長くなってしまいました。おつき合いしてくださった皆さまに感謝です。

 

 

前々回前回をお読みになってからお進みくださいね。

 

 

とにかくデッカいにゃん太さんち。見たことないレベルです。

IMG_0612

 

 

 

「お城のようですね……」と呟く私に対し、にゃん太さん夫妻が口を揃えました。

 

 

「いやいや、もう、倉庫でしょう」

 

 

ご本人たちはほんとうにそう思っているようです。

 

 

写真にすべてをおさめることができず、ほんの一部のみの紹介になります。

 

 

 

あちこちに遊び心を感じるWelcomeモード

gafa (1)

 

 

 

全部をじっくり読ませていただきたかったのですが、なにせ多すぎて読めたかどうか。おふたりがローズのお輿入れをどんなに楽しみにしてくださったかを想像すると胸が熱くなりますね。

 

 

「クンクン……だれ?」

IMG_0621

 

 

 

にゃん太さんちの愛猫、ご存知にゃんタマちゃんです。

gafa (3)

 

 

 

にゃん太母さん(推定15歳?)

IMG_0678

 

 

 

娘のタマちゃん(13歳)

IMG_0693

 

 

 

ふたりとも超毛ヅヤがよくてピッカピカなんですよ。驚きました。

IMG_0690

 

 

 

めちゃくちゃに愛されてるんだよね、タマちゃん♪

IMG_0677

 

 

 

にゃん太母さんにごあいさつさせてもらいました。ローズがお世話になります。

IMG_0663

 

 

 

玄関

IMG_0705

 

 

 

リビングの一角にある大きなグランドピアノ

IMG_0708

 

 

 

猫たちのくつろぎスペース

IMG_0684

 

 

 

いっぱいのおもてなしを作ってくださったキッチン、ご主人の愛するお酒はなんと「ローズ」、猫も入れるお仕事部屋、ローズの曲が流れる巨大スピーカー

gafa (2)

 

 

 

家じゅうのなにもかもがローズを「お招き」してくれていたのです。

IMG_0657

 

 

 

ローズを保護した私としては、幸せすぎてうまく言い表せられないですね。

IMG_0655

 

 

 

猫たちは自由にお庭に出れます。にゃん太さんちにはなんと4つもの中庭があるのです。脱走は100%不可能。理由は「ロの字の中庭」だからです。

IMG_0700

 

 

 

 

ローズ専用ルーム(出入口が2か所あるので利便性にも優れています)

IMG_0669

 

 

 

和室です。

IMG_0626

 

 

 

トイレは2種類ありました。

IMG_0644

 

 

 

うわー! 三毛猫と黒白猫だ♥

IMG_0639

 

 

 

キャリーから出たローズは緊急避難所にいますね(笑)。

IMG_0631

 

 

 

「げ、わたしの行動が完全に先読みされてる」

IMG_0651

 

 

 

にゃん太さんはローズを慈しむように撫でてくれました。

IMG_0634

 

 

 

「ローズいらっしゃい。怖くないよ。怖くないよ」

IMG_0632

 

 

 

 

なんなのこれ? 私が嫁入りしたい。

IMG_0641

 

 

 

洞窟もありました。

IMG_0636

 

 

 

好きに隠れていい場所だそうです。

IMG_0637

 

 

 

にゃん太さんちはセキュリティーが厳しい造りですが、唯一開ける可能性のある外向きの窓には脱走防止対策を2か所お願いしました。ローズの専用庭は念のため天井に網を張っています。完璧!

IMG_2724

 

 

 

ローズの専用庭から撮った室内の写真とローズの部屋から撮った専用庭の写真

IMG_2747

 

 

 

にゃん太さんのお料理はおいしい上に見栄えがきれい。むりだけどぜひ見習いたいです。

IMG_2720

 

 

 

ちなみにキッチンから即ローズ部屋に入れる動線のよさ

IMG_0671

 

 

 

昼夜を問わずリビングからローズの様子が見渡せます。はあ、ため息出ちゃう。

IMG_0717

 

 

 

写真じゃわからない気がして皆さまにお見せしようと動画を撮りました。1本目

 

 

 

駆け足バージョンの2本目。にゃん太さんには公開OKの許可をいただいています。

 

 

 

まるで遊園地に来た子どもの気持ちを味わうことができました。にゃん太さん夫妻のおもてなしに深謝です。どうやったって私にはまねできないなあ。尊敬に尽きます。

 

 

 

私からローズ家へのささやかなお嫁入り道具と皆さまからお預かりしたローズへのプレゼントを渡しました。にゃん太さん夫妻は喜んでくれましたよ。

IMG_0716

 

 

 

そして私のほうも仰山のごちそうをいただきました。

IMG_0714

 

 

 

にゃん太さんが作ったお料理に手をかけラッピングしてくれているのです。

IMG_0697

 

 

 

「いいのに~」といくら恐縮しても懇願しても聞いてくれません(汗)。

IMG_0696

 

 

 

てんこ盛りのおみやげに加え、交通費までご負担くださいました。

IMG_2716

 

 

 

このほか大量のささかまもごちそうになったという……。

 

 

 

にゃん太さんちがこれほどの規模とは知らず、ローズを打診した私ですが、ローズがなかなか捕獲箱に入ってくれなかった当時から改めて振り返ってみると、ただただ感慨無量です。ひっそりと物乞いをしていた外猫ローズがお姫さまになったのですから、譲渡活動にやる気がみなぎりますね。

 

 

ブログで卒業記事を書くといつも自分でじゃっかんの違和感をおぼえます。

 

 

どうしても「包装紙」の部分がメインになってしまうからです。

 

 

でも私は、里親さんの愛情の度合い、責任感の強さで縁を結んでいるつもりです。

 

 

たとえどんなに物理的に恵まれていたとしても、私の保護動物をたいせつに扱ってくれないお宅には私はぜったいに譲渡しません。

 

 

まあ外見だとしても、こうして皆さまに透明性を持ってご覧いただくのはたいへんありがたいことなので、これからもどうぞ見守ってくださいね。

IMG_0650

 

 

 

最後に、観てもらいたい動画があります。にゃん太さんのご主人がつくってくださいました。曲が終わっても画像はしばらくつづきます。1匹の外猫のシンデレラストーリー。これはノンフィクションです。皆さまの周りにもシンデレラ候補はいませんか? いたら保護するのも悪くないですよ?

 

 

ローズありがとう。あなたと出会えてひとまわり成長させてもらえました。

 

 

 

末永く、生を謳歌してね。せっかくこの世に生まれてきたんだから。

 

 

 

 

途中走者よりアンカーへ

 

 

 

PSにゃん太さんも私が仙台へ行った日のことをブログに書いてくれました。両方読んでくれるとよりわかりやすいと思います。こちらをクリック!

 

 

 

LOVE

 

 

かつくん「x261ローズおめでとう。痛い手術も乗り越えてがんばったね。ハハがローズの代わりにローズんちに住みたいって騒いでます。無視でいいね。ハハ撮影の動画はどっちでもいいんですが、にゃん太さんのご主人のほうは観てくださいね。にゃん太さん家の真心がこもっていますから」

1-3483

 

 

 

 

 

スポンサーリンク