ローズとのリレー 2ゴーニャンニャン

お待たせしてごめんなさい。前回からのつづきになります。

 

 

「主役はもちろんわたしよ」

IMG_0578

 

 

 

突如降りてきたにゃん太さんのアイコンに導かれにゃん太さんに電話をかけた私。

 

 

実は数日前に別件で連絡をもらっていたのです。内容は来年の「にゃっ展」についてでしたが、その中にローズに関する重要な話も出ていました。

 

 

中身は今オフレコですが、いずれお伝えしますね。

 

 

加えて、ローズはにゃん太さんの支援金によって助けられた猫。にゃん太さんにローズを打診しようと決めたのはもしかすると私の中の伏線の回収作業だったのかもしれません。

 

 

もちろん、自分でもよくわからない一方的な感覚ですけど。

 

 

 

私「にゃん太さん、保護猫の里親になるって考えたことありませんか?」

 

 

にゃん太さん「え? はいっっっ? ど、ど、どしてですか?」

 

 

私「あの、ローズとかどうです?」

 

 

からスタートし、私たちは2時間以上しゃべり倒しました。

 

 

 

「ほんとハハは口から先に生まれてきたのね」

IMG_2018

 

 

 

会話が長すぎてぜんぶは書けませんが、私は途中で何度かあきらめかけたんです。「あ、にゃん太さんはこんな風に考えているんだな。ならばむずかしいかもしれない。無理だね……」と。そういえば私はにゃん太さんの正確な情報に乏しすぎる。私の中のにゃん太さんは、力強く、猫が好きで、正義感の強いきめ細やかな女性。「にゃっ展」を取りまとめる主宰者の顔がメインです。

 

 

そもそも私はにゃん太さんの暮らしぶりや愛猫への深い思考をうかがったことがない。

 

 

にゃん太さんの愛猫にゃんタマちゃんたちの年齢もはじめて知ったのです。写真で見るよりずっとシニアだったことに驚きました。逆に言えば、にゃん太さんのケアが行き届いているおかげでにゃんタマちゃんはとっても若々しいのですね。

 

 

キャパシティは人に押しつけられるものではなく、自発的に考えていくものだから、私のこの電話はにゃん太さんに負担と困惑を与えてしまったのではないかと反省。私、焦ってる。なにかちがう方向へ進もうとしている。どうしよう。

 

 

けれど話を持ち掛けた以上、私は自分の意見を最後まで説明する責任があります。

 

 

私はローズをにゃん太さんのアイコンにしてほしいとお願いしました。

 

 

いやらしい意味だと受け取る方もいらっしゃるでしょう。それは皆さまの解釈の自由です。でも私の中ではちがう。にゃん太さんにもそれが伝わっている。

 

 

にゃん太さんはいろんな意味で発信力のある方ゆえ、「ありのままのローズ」を活かし、それを皆さまに披露し、猫の保護譲渡活動に還元できる方なのです。

 

 

私にとってこれは非常に有意義な部分ですので、そこはしっかりと述べて電話を切りました。にゃん太さんはご主人に相談するとのことでした。

 

 

外で苦労してきた猫たちは、必ずしもいい状態の子ばかりとはいえません。

 

 

年を取っている子、感染症の子、人慣れが遅い子、ハンディキャップのある子、病気を患っている子……ぜんぜんめずらしいケースじゃないです。

 

 

カレンダーに載っているようなふわふわの子猫ばかりとは限らない。

 

 

 

ローズ独特の凛としたオーラ

IMG_0295

 

 

 

孤高さ

IMG_9961

 

 

 

陰の雰囲気

IMG_9963

 

 

 

戸惑い

IMG_9958

 

 

 

怒り、不信感

IMG_9701

 

 

 

さびしさ

IMG_0135

 

 

 

忍耐

IMG_0289

 

 

 

物憂げな表情

IMG_0292

 

 

 

闘いつづけてきた、飢え

IMG_0298

 

 

 

ようやく解消しつつある食への不安

IMG_0297

 

 

 

「ごちそうさま」

IMG_0294

 

 

 

苦労のにじむ片目や雑に切られた耳

IMG_0581

 

 

 

私にはこれらすべてをにゃん太さんがプラスに転じてくれる気がしました。

 

 

たしかに、そうなんです。

 

 

あのにゃっ展で魅せてくれる圧倒的なパワーでローズを変えてほしい。

 

 

「飢えだけじゃなくて渇きも問題だったの」

IMG_2026

 

 

 

「新鮮なお水はおいしいね」

IMG_2025

 

 

 

投げた球を待ちきれずに翌日再度連絡すると、にゃん太さん夫妻から「YES」をもらえました。

 

 

電話口で私は大絶叫。興奮のあまり、こめかみの血管が浮き上がるのを自覚したほどです。

 

 

ぃやったっっっ!!!

 

 

 

そして迎えた5月22日(ゴーニャンニャン)

 

 

 

「いい? みんな聞いて? わたしは間もなく未来へ出発しますよ」

IMG_2029

 

 

 

「わたしこんな感じのお家にいくの」

IMG_2055

 

 

※イメージ画はにゃん太さんのご主人が作って送ってくれました(笑)。

 

 

 

「わたしは身ひとつで生きてきたから忘れ物はないの。ハハはだいじょうぶ?」

IMG_0582

 

 

 

いやいや……姫はそうでしょうけど、付き人の私は大荷物ですよ。

IMG_0589

 

 

 

でも、新幹線乗れる~♪

IMG_2306

 

 

 

仙台ははじめてです。楽しみ^^

IMG_0592

 

 

 

チチが上野駅まで送ってくれたので、こっからはローズとのふたり旅

IMG_2316

 

 

 

ローズはキャリーの中で一度鳴いたっきりおりこうにふるまってくれました。

IMG_2312

 

 

 

ありがとう。がんばろうね。

 

 

ボケ~、とiPhoneを眺めること1時間半ちょいで仙台駅へ到着

IMG_0607

 

 

 

ド派手な宣伝カーがローズを待っていてくれました。完全に目を奪われますね。

IMG_2324

 

 

 

にゃん太さんの助手席に乗せてもらい、ローズの新居へ

IMG_0598

 

 

 

津波の被害がひどかった場所を通りすぎました。町自体が新しい建物だらけなのは、失ったものの多さのあらわれなんですね。胸に迫る景色です。忘れません。

 

 

にゃん太さんの案内で一か所だけ立ち寄りました。

IMG_0605

 

 

 

あああ

IMG_0603

 

 

 

美しい……

IMG_0600

 

 

 

ローズあなた、あなたやるねえ、あなたはすごい。

IMG_0610

 

 

 

このあとの記事でローズ邸内部に潜入します。

 

 

最後にひと言。にゃん太さん夫妻とじっくりふれ合った感想を先に書かせてください。夫婦仲がよく、謙虚でラフで努力家で「飾らなさ」がハンパじゃない。超かっこいい。

 

 

「能ある鷹は爪を隠す」

 

 

 

私がこれまで向き合ってきたにゃん太さんとは別の一面を知ることができ、たいへん刺激を受けました。ローズが私ににゃん太さん夫妻を本質を見せてくれたんです。ローズに感謝。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





まるのご縁が決まりました♥

Twitterをご覧の皆さまはご存知かもしれませんが、うちから数年前に巣立った卒業生が里親さん宅から脱走してしまいました。先ほど直接会い、捕獲箱3台を貸して方法をお伝えしました。非常に気合いの入っている方なので、今は水面下で動いていきたいと思っています。加えて私はある地域のTNRも間接的に関わっていてゴッタゴタの日々を送っています。自分だけ忙しいみたいな物言いで申し訳ありませんが、多方面にしばらく不義理をさせていただきます。

 

 

心身ともに絶不調なので、どうかそっと見守ってくだされば幸いです。

 

 

応援に対するお礼もできないです。ごめんなさい。

 

 

まるの幸せの報告だけはサッととさせてくださいね。

 

 

今夜、黒田さんファミリーがまるに会いに来てくれました。

IMG_2410

 

 

 

最初はビビっていたまるですが、次第に安心してくれた模様です。

IMG_2415

 

 

 

奥さんと娘さんがなでなで♪

IMG_2444

 

 

 

まるはおとなしくしていてえらかったです。

IMG_2446

 

 

 

私もいっしょに混ぜてもらいました。まる女性にモテモテ♪

IMG_2441

 

 

 

途中で娘さんに少しアレルギー反応が出てしまったので、いったんじっくり話し合うことに。無理のある譲渡では双方が幸せになれないからです。

 

 

 

けれど黒田さんは在宅でお仕事をしている方ゆえ、まるの様子をこまめに見て、いい意味でお子さまとまるの距離感を保てるとのこと。

 

 

黒田さんのまるへの気持ちはかなり強く、私もまるは黒田さんの元へ行くべきだと考え、全員の総意としてご縁が決まりました。

IMG_2440

 

 

 

犬舎でのワラワラとしたお見合い

IMG_2424

 

 

 

黒田さんはメジャーを持ってきてまるの寸法を測りまくり。すでにステンレスの迷子札も発注しているそうです。私のほうも去勢済みのまるに狂犬病予防接種、ワクチン、フィラリア検査、マイクロチップを入れる手はずを整えました。

IMG_2457

 

 

 

黒田さんは意思の強い方なので、まるにとってプラスになると信じています。

 

 

 

病院でも大賑わい

IMG_2475

 

 

 

いいね。まるやったね!

IMG_2482

 

 

 

「ぼくうれしい」

IMG_2487

 

 

 

お届けは来月中旬。双方が準備をし合い、きちんとした譲渡をめざします。

 

 

週末には専属のトレーナーさんが病院に入るので、まるの今後の生活などについても相談していく予定です。まずは怖がらずにお散歩ができるようになるといいな。

 

 

一日に起こることが多すぎて喜怒哀楽が追いつかず、ほんとうにめまいがします。

 

 

でも今日は「喜」として皆さまにご報告をさせていただきました。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





ポテチんち

さてお待たせしました。ポテチの卒業記事の後半はお決まりの「お宅訪問」です。ポテチの新居に皆さまもごいっしょにどうぞ♪

 

 

里親さんのお人柄やご縁のいきさつについては、前回の記事につづき、「ポテチのお茶会」「ポテチの卒業前検診」でもご紹介済みですよね。

 

 

おふたりは私の話を真摯に聞いてくださいました。深謝しています。

 

 

 

お迎え入れの準備(写真は里親さんより)

IMG_9457

 

 

 

アクシデント連発でたいへんな騒ぎだったそう^^;

 

 

しかし無事に完成しました。見てこれ↓ 重厚感がハンパじゃありません。

hk (15)

 

 

 

あまりにもどっしりとできあがってしまったため、キャスターまでつける羽目に

hk (17)

 

 

 

キャスターがないと脱走防止扉の重みがすさまじく、開け閉めに不都合が出るんだとか。やりますね。頑丈なカギもついています。ポテチが玄関から逃げるのは考えられない。

hk (19)

 

 

 

手づくりですよ? びっくりしません?

 

 

リビングには備えつけのドアがありますが……

hk (55)

 

 

 

将来的にポテチに玄関横の寝室へも自由に行ってほしいとのことで、玄関にこのような脱走防止扉を設置してくれたのです。自慢の里親さんですよ。

hk (68)

 

 

 

いいのを作ってもらったんだから寝室へ行けるようになるといいね。

hk (57)

 

 

 

まあ、まずはリビングからスタートね!

hk (39)

 

 

 

ポテチ専用ケージ。上の赤いベッドは私からのプレゼント。ポテチが愛用していた古い爪とぎと新しい爪とぎ、フード類もお婿入り道具に持ってきました。ポテチはわが家に8か月いたんですから多少ひいきして当然です(笑)。

hk (2)

 

 

 

ケージの横はキャットウオーク的な家具の配置がされています。

hk (9)

 

 

 

間取りは広めの1LDK。ポテチにちょうどいいサイズで清潔感と光の入り具合が最高です。陽当たりのよさを意識してマンションを購入した里親さん

hk (59)

 

 

 

理由は「いつかまた猫と暮らすため」とのこと。

hk (26)

 

 

 

後ろ足がガクガク震えているポテチ

hk (4)

 

 

 

自分が置かれた状況を理解できずトイレ内に籠城しています。

hk (3)

 

 

 

ポテチの姿はチチと私を切なくさせましたが、私たちは里親さんを信じています。

hk (53)

 

 

 

ぜったい大丈夫!

hk (32)

 

 

 

チチもホッと胸を撫でおろしたことでしょう。

hk (37)

 

 

 

ポテチ用にいろんなグッズが用意されていました。私の持って行った分もあるので机の上はポテチ一色に。写真を撮りそびれたのですが、フード類や好物のちゅーるも充実。はじめて見るデジタルの計量カップもありました。ひとつひとつ考えながらポチるのが楽しみだったんですって。わかるなあ。

hk (6)

 

 

 

ふふ。かわいいぬいぐるみ発見。先代のハルちゃんとポテチに似ています。

hk (36)

 

 

 

ハルちゃん、甘えん坊だったハルちゃんとはちがってポテチはシャイです。だけどこの家でいっしょうけんめい成長していきますので見守っていてください。

Inkedhk (23)_LI

 

 

 

せっかくなので、ほかの安全対策も見ていきましょう。高層階ゆえベランダは非常に危険です。掃き出し窓にはガッチリと柵がつけられていました。

hk (5)

 

 

 

換気用の小窓もこのとおり(写真は里親さんより)

IMG_9353

 

 

 

なんの心配もありません。余談ですが、ポテチんちはもともと内廊下のマンションで、里親さんの居住する階は里親さんだけしかいないフロアーなのです。

hk (66)

 

 

 

万が一ポテチがパニックを起こしても、何重もストッパーがかけられています。

hk (70)

 

 

 

譲渡誓約書にサイン

hk (42)

 

 

 

談笑の間、色とりどりのケーキを選ばせてもらいました。

hk (43)

 

 

 

私はこの組み合わせをチョイス。おいしかったです。ごちそうさまでした。

hk (50)

 

 

 

第一歩は食べて出すのが目標だね。がんばれポテチ~!

IMG_9491

 

 

 

集合写真。チチがかなりデカくてすみません。

hk (65)

 

 

 

ふふ。こっちのほうがしっくりくるなやっぱり♪

hk (64)

 

 

 

紅茶、おやつ、チチへのバレンタインクッキー、ナナのおむつ、介護タオル、お見舞いなどのプレゼントをありがとうございました。ポテチにかかった医療費もお預かりしました。

hk (72)

 

 

 

里親さん宅は母の店から徒歩圏内ですので、私はポテチを身近に感じます。そこもポイント高いですよね。いろんな意味ですごく恵まれた譲渡でした。

 

 

 

あとはポテチ自身が自分の幸せに気づくだけ(盗撮? 写真は里親さんより)

IMG_9516

 

 

 

「ハハ~ ぼくすこーしずつわかってきています」(写真は里親さんより)

IMG_9624

 

 

 

「ここ、ぼくんちでしょ?」(写真は里親さんより)

hk (1)

 

 

 

そうだよ。時間はたっぷりあるからゆっくりね。

 

 

 

里親さんのツイッターに載っていた夫婦の会話。涙が出ますよ。

hk (73)

 

 

里親さんのアカウント→きーやん @potechii0212

 

 

私、ポテチを保護してよかったです。

 

 

そう感じさせてくれるのは、責任感とやさしさと慈悲に満ちた里親さん方、そしてキラキラに輝くうちの所属スターたち、あとは皆さまの応援のおかげです。

 

 

 

かつくん「x260ポテチおめでとう。たぶんみーんなが納得のいい譲渡だとぼくは思います。小さな703号室は譲渡を通じて笑顔の社会をめざしています。応援してね」

1-3483

 

 

 

 

スポンサーリンク





ポテチに伝えておきたいこと

ポテチは運のいい猫です。

IMG_8627

 

 

 

ポテチ自身の運もさることながら、彼が意図したのかしていないのか、彼が囮となってくれたおかげで3匹の猫たち(リリ、チャイ、ラテ)が救わたのです。

 

 

このブログのカモフラージュという記事をおぼえている方はいますか?

 

 

カモフラージュに書いた通り、彼のおかげで猫たちは活路を見出したのです。

 

 

つまりポテチは「プラスのオーラ」を放っています。

 

 

「譲渡活動」に於いては私もポテチのような人になりたい。

 

 

なのに肝心の彼自身は、非常にシャイで遠慮がち。いつもオドオドしてばかり。ほかの猫たちはどんどんオープンになっていくのに、ポテチだけは殻から抜け出せないまま。

IMG_8500

 

 

 

ポテチ、まわりを照らすだけじゃダメなんだよ。

 

 

ポテチ、暗い穴から出てごらん。

IMG_8506

 

 

 

身の置き所もなく、今まで苦労してきたのね。

 

 

寒かったでしょう。暑かったでしょう。ケンカに疲れたでしょう。味方はいたの? 寝床は硬かったでしょう。雨は冷たく、風は荒々しかったでしょう。

 

 

ポテチ苦しかったでしょう?

 

 

鼻に傷があるのを知ってるよ。不本意な争いをしたんだね。

 

 

FIVキャリアに感染したのもポテチが生きてきた勲章のようなものかもしれない。だけど世間はまだ意外とクールな反応を取るんだよね。

 

 

環境が悪かっただけで「好きでそうなったわけじゃない事情」はなかなか理解や共感を得られない。私も身をもって痛感した経験があります。悔しいよね。

 

 

でも大丈夫。私はポテチをスカウトした瞬間からポテチのまるごとを包もうと決めていたから。私がポテチの口となり、パイプとなり、ぜったいの味方でいる。

 

 

ポテチの持っているものも持っていないものも、どっちも好き。

 

 

勇気を出してケージから出てきたよね。

IMG_8428

 

 

 

ポテチがこっちに向かって歩いてきた。すばらしいねえ。感動したよ。

IMG_8429

 

 

 

苦手な首飾りをつけて撮影をがんばったね。

IMG_8414

 

 

 

もっと早くにポテチの魅力をアピールすべきだったんだけど、16年半私の娘でいてくれたべべが亡くなり、さぶが大病し、いろんな子を先に譲渡し……気がつけばポテチをあとまわしにしてしまった。ポテチごめんなさい。けれどこれがミラクルにつながることもつけ加えておくよ。

IMG_8766

 

 

 

ポテチは文句ひとつ言わずに、多頭の我が家の保護部屋でじっと自分にスポットライトがあたる日を待っていてくれた。ありがとうね。

IMG_8694

 

 

 

おーいちゅーるボーイ!

IMG_8798

 

 

 

食べるときだけは大胆なキャラに変身するポテチがかわいくてしょうがない。

IMG_8795

 

 

 

舌を器用に動かしながら、おいしいおいしいしてくれた。

IMG_8789

 

 

 

えらいなあ。

IMG_8787

 

 

 

食べることは生きることだもんね。

IMG_8785

 

 

 

「食」を通じて距離を縮めるのは、猫も人も同じかもしれない。

IMG_8775

 

 

 

ポテチ、いいお話をひとつしてあげようか?

IMG_8664

 

 

 

ポテチのご縁の話。実は奥が深いんだよ。そして太いの。

 

 

運命としか言いようがないほど。

 

 

カモフラージュの記事を更新したのは昨年の8月。実はポテチの里親さんは偶然703号室ブログにたどり着き、なにげなくポテチたちの保護経緯を読んだんだって。

IMG_8624

 

 

 

そのとき里親さんは先代ハルちゃんへの気持ちを整理している頃で、新しい猫を迎える心境ではなかった。以後里親さんは私のブログを読まなくなり、日々の生活に追われ、月日が流れた。

IMG_8600

 

 

 

私のほうもいろいろなできごとが重なり、ポテチを家族募集サイトへ掲載するのが遅れてしまった。ようやく掲載できたのは今年の1月4日……

IMG_8827

 

 

 

里親さんは新しい猫を迎える覚悟でその日、家族募集サイトを開き、偶然にも見覚えのある「ポテチのページ」を見つけてしまった。

 

 

「あああポテチおぼえてる! この子、昨年読んだブログの子だ! だいぶ経ったからてっきり里親さんが決まっていると思ったのにどうして載ってるの?」

 

 

 

ほらねポテチ。赤い糸ってあると思わない?

IMG_8594

 

 

 

私は赤い糸を手繰り寄せ、絡みをほどき、端と端を美しく結ぶ人でいたい。

IMG_8580

 

 

 

1月4日にポテチを再び見つけた里親さんは、もう頭からポテチを離さなかった。夫婦で話し合い、ポテチの慎重な性格やFIVキャリアのちょっとしたハンデごとを前向きに抱きたいと連絡をくれた。ポテチの年齢も気にしなかった。

IMG_8577

 

 

 

生きているとさあ、うまくいかないこともあるんだけど、生きていればこそ、ごほうびのようなできごとが、奇跡のようなできごとが起きたりもするんだよね。

IMG_8566

 

 

 

ポテチをお届けしたとき、里親さんがボソッとつぶやいて笑ったの聞こえた?

 

 

あ……(ポテチが)うちにいる……(♪)」

 

 

私は喜びを心底噛みしめた。

 

 

 

ポテチをほんとうの家族に繋いだから。

IMG_8581

 

 

 

ポテチおめでとう。

 

 

 

ポテチ家の内部は明日につづく

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





ちゅーるボーイにちゅーるを届けに行きました

※ ブログ連続投稿中です。よかったら遡って読んでください

 

 

先ほど私は、卒業ホヤホヤの保護猫ポテチに会いに行きました。

 

 

目的は2つ!

 

リリの里親chikakoさんから預かっているプレゼントを渡すこと

 

②ポテチの脱トイレプランや今後の生活の流れについて話し合うこと

 

 

chikakoさーん! 見てますか? たしかにお渡ししましたよ?

IMG_9637

 

 

 

里親さんは大喜び。chikakoさんからのお手紙をポテチに見せています。

IMG_9632

 

 

 

穏やかで凛として、女性としても人としても素敵な里親さんです。

IMG_9630

 

 

 

ポテチはトイレ内ではなく、ケージ上段のベッドの中にいました。

IMG_9621

 

 

 

おー! やるねえ♪ がんばっているんだね。

IMG_9616

 

 

 

キリリとおすまし顔です。

IMG_9614

 

 

 

かっこいいよポテチ^^

IMG_9613

 

 

 

静かな環境。やさしい里親さんが常にポテチを見守り、ポテチのペースを尊重してくれています。だから私の想像よりテンポよく環境慣れが進んでいるのです。

IMG_9640

 

 

 

カウンター上には亡き先代ハルちゃんのお骨や写真やお花に並んで、私が里親さんあてに書いた手紙が額に飾られていました。ジーンときた。ありがとうございます。

IMG_9618

 

 

 

「ハハ、まめにうちに来ないでくださいよ。ぼくいっしょうけんめいやってます。まるでぼくがダメ猫みたいじゃないですか? 少しは遠慮してください。そしてchikakoさん、いつでもぼくに会いに来てってぼくの親が言ってます」

IMG_9639

 

 

 

あ、はいはい^^; 保護主が過保護だとポテチがみなさんに笑われちゃったらいやだもんね。今回はプレゼントを持ってきただけだから安心して。

 

 

ポテチんちの帰りに、MOMOペットクリニックへ寄りナナの腎臓病の薬を取って来ました。私がもっとも信頼する獣医師大巻先生の病院です。

 

 

大巻先生の奥さんとパチッ。もう10年以上前からの古いつき合い

IMG_9643

 

 

 

ポテチは以後、自宅の近距離に位置する大巻先生の病院にお世話になります。

 

 

ポテチに最高の医療が保証されたのですから私としてもこれほどうれしいことはありません。大巻先生夫妻にポテチの情報と里親さんの名前を伝えてきました。

 

 

奥さんはブログでポテチを知っていて、会えるのを楽しみにしてくれています。

 

 

ポテチの未来の医療面に於いても、最高の譲渡だったと自負しています。

 

 

保護主として私にできるサポートはできる範囲で譲渡後も惜しみなくやらせてもらいたいです。まあ、里親さん方のご迷惑にならない程度にね。それも小回りの利く703号室のメリットのひとつではないでしょうか。いかがですか?

 

 

ポテチ! がんばれ!

 

 

 

話は変わりますが、MWさまからチチと私へキュートなバレンタインチョコ、お手紙、栄養ドリンク、ご支援が届きました。MWさま私もささやかな贈り物とお返事を投函しました。ご自身がお辛いときにうちを気にかけてくださり感謝です。日々お元気になっているといいのですが……。

IMG_9611

 

 

 

最後にレギュラーメンバーの写真を見ていってくださいね。

 

 

日向ぼっこ中のウトウト眠そうなナナ

IMG_4438

 

 

 

サイズの合わないベッドで完全に寝ているリル

IMG_3937

 

 

 

眠りながらも異星と交信可能なアンテナつきほほ

IMG_8254

 

 

 

あくび連発なのになかなか寝ないあぱまん。どーでもいい話ですが、私はあまぱんを「AP」と呼んでます。理由は横文字への憧れ。ふふ。意識高い系でしょ?

IMG_9229

 

 

 

片目だけ寝ているさぶ。絶えず「いい男風角度」を忘れません。ハンサムです。

IMG_9230

 

 

 

以上私の愛するお子たちと、卒業生ポテチの近況でした。

 

 

ポテチの卒業記事は次回透明感満載でお送りします。ポテチ家の全体の様子、脱走防止対策、里親さんとポテチがご縁になったいきさつなどをお楽しみに。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク