わたしはヒーちゃん1

はじめてまなちゃんから送られてきたヒヒ改めヒーちゃんの写真を見たとき

IMG_0051

 

 

 

正直私は「クチャクチャの子」という印象を持ちました。

IMG_0008

 

 

 

子猫とはいえ、里親が決まるのか不安なレベルだったのです。

IMG_0017

 

 

 

ヒーちゃんは一定の期間外を放浪していたため、見た目猫風邪がひどく、第一印象はお世辞にも「かわいい」とは言えませんでした。ふふ^^ ヒーちゃんごめん!

IMG_0010

 

 

 

けれどまなちゃんが一晩中コットンでていねいにヒーちゃんの目を拭いたおかげで、次の日病院で会ったヒーちゃんは本来の美しさが戻りつつあったのです。

IMG_0050

 

 

 

まなちゃんとヒーちゃんの様子を見て、私は「ご縁が決まる」と確信

IMG_0014

 

 

 

びっくりするほど性格のいいヒーちゃん

IMG_0007

 

 

 

まなちゃんと私は大勢で3回ほどいっしょにごはんを食べた仲ですが、深く話したことはなかったのです。彼女の猫に対する気持ちを私はちゃんと知りませんでした。この世界はだれでも簡単に入れます。けれど気骨のある人は一握り。

IMG_0002

 

 

 

まなちゃんはノウハウさえわかれば「やる」女性でした。なにをしたいのか、なにをしたくないのか、まなちゃんには明確な線引きがあります。私は敢えてむずかしい方の道を選ぶ彼女を頼もしく思います。まなちゃんはTNRをしたくない。

 

 

TNRの「R」をしたくない。

 

 

そういう意思を持っていました。

 

 

ヒーちゃんはもちろんのこと

IMG_0018

 

 

 

順次保護していく成猫たちについてもです。

 

 

まなちゃんは4匹の成猫とヒーちゃんの合計5匹を一か所で保護

IMG_0013

 

 

 

私もよくやるのですが、ヒーちゃんにいたっては素手です(笑)。

IMG_0045

 

 

 

私はできるだけ応援していこうと清々しく思えました。

 

 

こういう場合は「尻拭い」とは言いませんから。

IMG_0059

 

 

 

ヒーちゃん、emi-goの病院にお世話になったよね♪

IMG_0047

 

 

 

先生やスタッフみんなにかわいがられて安心安全の保護環境でした。

IMG_0041

 

 

 

無償で引き受けてくれたemi-goに感謝。ありがとう。

IMG_0027

 

 

 

写真撮影はご存知みいさんが担当

IMG_0072

 

 

 

みいさんの腕にかかれば出せない子はいないんです。

IMG_0037

 

 

 

情を込めて一枚一枚レタッチしてもらったよね。

IMG_0029

 

 

 

おかげでハリウッド女優級の艶やかさで家族募集サイトに登場!

IMG_0064

 

 

 

「みいさん ありがとう」

IMG_0073

 

 

 

院内のいろんな場所でモデルをがんばりました。

IMG_0066

 

 

 

未来へ繋がる赤い糸を信じて♡

IMG_0026

 

 

 

だらしなく口空いていてすみません。

IMG_0011

 

 

 

長年実感してきたことですが、猫は関わった人によって大きく運命が左右する生き物です。売られている子たちも保護されている子たちも同じ。

 

 

だから私は、どうせやるならいっさいの手抜きはしたくないのです。人がまねをしたくなるような譲渡でなければ意味がありません。

 

 

 

ヒーちゃんが鼻をぐしゅぐしゅさせながら外を彷徨っている姿を想像したら

IMG_0028

 

 

 

ちっちゃい体で心細くトボトボ歩く姿を想像したら

IMG_0006

 

 

 

私は真逆の場所に連れて行きたくなるのです。

IMG_0067

 

 

 

まなちゃんも私も、ヒーちゃんの「案内人」。

IMG_0062

 

 

 

私はヒーちゃんに限らず、どの子にもスターの素質を感じています。

IMG_0063

 

 

 

ひざを突き合わせて向き合えばスターたちの魅力にどんどん気づきます。

IMG_0070

 

 

 

里親探しの自信がないって仰る方は、ご自分に自信がないのですか?

 

 

それともご自分の横にいるスターに魅力を感じないのですか?

 

 

保護動物は保護した人を映す鏡

IMG_0003

 

 

 

ほかに取り柄のない私でも、自分の手掛けたスターたちには自信満々!

IMG_0001

 

 

 

今回まなちゃんとコラボレーションして楽しかったな。

IMG_0060

 

 

 

ヒーちゃん素敵な人に保護されてよかったね。

IMG_0074

 

 

 

次回はまなちゃんと山手の里親さん宅へお届けに行った日の様子をUPします。

IMG_1077

 

 

 

まなちゃん、お疲れ。成猫の縁つなぎもがんばって!

 

 

私も明日から一気に大所帯になっちゃいます。半端なく濃い面々が来ますのでお楽しみに。まずはヒーちゃんの新居までブログで報告しないとね。

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





2一歩ずつ

みなさま間が空いて申し訳ありませんでした。

 

 

さて、本日は卒業生あさひの新居へご案内します。お茶会では自分をいっさい出すことができなかったあさひ。固まりまくりで逃げまくり。それでも里親さんは熟考の末あさひを家族に迎え入れたいと申し込んでくださったのです。

IMG_3441

 

 

 

あさひには悪いけど、私はあさひを1か月程度ケージに入れることを提案。ケージの中で完全にコミュニケーションが取れるようになったら放してもらう作戦です。急がば回れ、ですよね。じゃないと家庭内野良になってしまうから。

 

 

ということで、あさひを連れて出発!

IMG_0145

 

 

 

あさひと私のふたりきりのドライブ。だいぶ早く着いてしまったので待機です。

IMG_0150

 

 

 

6LDKの広ーいお宅に到着。玄関から撮った1枚です。

IMG_0196

 

 

 

里親さんは1F部分で英語を教える仕事をしており、連日生徒さんたちが出入りするそう

IMG_0193

 

 

 

明るく開放的なお家です。

IMG_0192

 

 

 

でも皆さまご安心ください。あさひの居住ゾーンは2Fだけと決められています。階段を登りきると、鍵付きの立派な扉があらわれます。

IMG_0191

 

 

 

扉の手前側があさひとご家族の生活圏となります。

IMG_0186

 

 

 

各お部屋に繋がるホール。贅沢な造りになっています。

IMG_0184

 

 

 

おじゃまします!

IMG_0187

 

 

 

全体はこんな感じ

IMG_0188

 

 

 

素敵です。

IMG_0168

 

 

 

あさひ、出ておいで~♪

IMG_0155

 

 

 

ケージからがっつりスタートするあさひのために大きな3段タイプを準備してもらいました。高さも十分ありますね。ごはんも用意されています。

IMG_0163

 

 

 

窓をほぼ開けない生活を送っている里親さんですが、唯一空ける可能性のある窓には脱走防止対策をお願いしました。お兄さんが設置してくれたのです。

IMG_0165

 

 

 

「ぼく 緊張マックスです」

IMG_0159

 

 

 

「ハハ こういう場合 どしたらいいのでしょうか?」

IMG_0158

 

 

 

まあ、そのうち慣れるから今はしょうがない。

IMG_0202

 

 

 

あっティーさん、にゃん太さんからもらったプレゼントもお渡ししましたよ。

IMG_0180

 

 

 

隠れているつもり(笑)。

IMG_0174

 

 

 

人間たちは食卓に移動して手続きとおしゃべりを堪能

IMG_0167

 

 

 

キャー♡ おいしすぎるゼリーをごちそうになりました。

IMG_0175

 

 

 

時間がかかることを承知であさひを慣らしていってくださる里親さん。外国に住んでいた頃に引き取った愛猫さんを長年かわいがっていたんですよ。帰国の際にはもちろん愛猫さんを連れて帰りました。責任感の強い素晴らしいお人柄です。

IMG_0170

 

 

 

譲渡後、里親さんから届いた写真↓ トイレ籠城中ですが落ち着いています。

IMG_0253

 

 

 

ケージ内の写真なのでかわり映えしないですが、だいぶリラックスしています。

IMG_0220

 

 

 

そして夜鳴きを克服し、里親さんやお兄さんたちとほんとうに仲よくなったんですって!

IMG_0514

 

 

 

先週の時点のラインで近々フリーにすると仰っていたのでそろそろあさひがリビングを飛び回っているかもしれませんね。私は焦る必要なないと思っています。

 

 

 

里親さんからはあさひにかかった医療費のほか、お茶会の際にかわいいお菓子と

IMG_3438

 

 

 

譲渡のときにもおやつをいただきました。どうもありがとうございました。

IMG_0267

 

 

あさひはあさひのペースで楽しく暮らしていけるよう努力中です。

 

 

多くの犬猫たちが幸せになりますように。

 

 

 

かつくん「Ⅹ265あさひおめでとう。一歩ずつ一歩ずつだよね。里親さんはあさひのことをとってもたいせつに思ってくれているよ。だから距離がだいぶ縮まったよね。不安がどんどんなくなればいいね。がんばれ!」

1-3483

スポンサーリンク





1ジェントルマンをめざして

「こんばんは やっとぼくの出番ですよ ぼくあさひ 忘れていないですよね?」

asasa (4)

 

 

 

「ぼくは2月の初旬に703号室に保護されました 当時は意味がわからなかったので悪魔にでも拉致されたのかとずいぶんビビったもんです ふぅ~」

asasa (3)

 

 

 

「ぼくはいわゆる“ビビり系” はじめて会う人も怖いし 知らない場所もダメだし 大きな音も苦手 手を出されるととっさに身構え後ろへ逃げてしまうタイプ」

asasa (2)

 

 

 

「しかし来た以上はこの場所からぼくはピカピカの未来を開拓しなければなりません ぼくも少しは男らしく堂々とふるまえるようになりたいのです ビビってばかりいるのも実は案外疲れるんですよ 身体中の筋肉がこりかたまってしまうのです 人と仲よくなりたいな けれどいじわるされたらどうしよう……」

asasa (1)

 

 

 

「ぼくはぼくのペースで3歩進んでは2歩下がるという感じで修行をつづけました」

asasa (11)

 

 

 

「家猫になる道は意外と険しいものです」

asasa (12)

 

 

 

「ハハがカメラでよくぼくを追いまわしていたっけ」

asasa (8)

 

 

 

「迷惑だったけど ぼくはがんばりました」

asasa (9)

 

 

 

「レンズの先にぼくの明日があると信じたのです」

asasa (10)

 

 

 

「そんなぼくにもようやく家族ができたんですよ」

asasa (6)

 

 

 

「ぼくは今 あたらしいお家で 再度チャレンジをしています」

asasa (7)

 

 

 

「ママにもお兄ちゃんたちにも慣れてきました 夜鳴きも減ったよ 次回はジェントルマンをめざすぼくのお家にご案内します ゆっくりゆっくり ぼくらしさを出していきますね」

asasa (5)

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





2 希望の種

ジャイアン改めコテツの卒業レポート第二弾です。

 

 

※まだお読みでない方はひとつ下の記事から遡って読んでくださいね。

 

 

きーやんさんのtwitterに載っていた一枚。コテツがTVにかじりついています。

IMG_3221

 

 

 

真剣ですね。これ、一足先に703号室を巣立った兄貴のポテチもやるんだとか。そういえばうちでは一度もTVを観せる機会がなかったな。めったに私がTVをつけないのも理由ですが、そもそも、ポテチもコテツもTVのない保護部屋中心の生活だったのでTV好きだとは気づきませんでした。私の知らないコテツの一面がなんだか胸に迫ります。みんなほんとうのお家で開花していくんですね。

 

 

6月16日留学(トライアル)スタート

IMG_0851

 

 

 

着いたよ。

IMG_2667

 

 

 

コテツ、がんばろう!

IMG_0852

 

 

 

ポテチのケージを今度はコテツが使います。

IMG_0864

 

 

 

この日私は爪が伸びきったポテチのネイルケアを仰せつかりました。

IMG_2914

 

 

 

ベッドの下から引きずり出し洗濯ネットに入れてチョキチョキ

IMG_2910

 

 

 

どうしようもなく、卒業生はかわいいもんです。私の宝ですよ。

 

 

彼らが我が家を巣立ってようやく私にじゃっかんの余裕が生まれ、俯瞰的に見れるようになるのです。そして改めて、彼らの強さと美しさに魅せられるという。

 

 

シャイの王道をひた走ったポテチはペットホテルデビューを果たし、なんとはじめて泊まった場所で堂々とおやつをおねだりをしたそうです。成長したなあ。

IMG_0860

 

 

 

コテツ、怖いかい?

IMG_0858

 

 

 

きみはどんな風に変わっていくのかな?

IMG_0856

 

 

 

うちはね、コテツにとっての踏み台だったと思う。

IMG_0855

 

 

 

わかる? コテツが大きくステップアップするための……

IMG_0854

 

 

 

コテツには勇気を持って、エイッと勢いよく飛躍してほしい。

 

 

きっとできるよね?

IMG_2911

 

 

 

所詮すべてはご縁との緩やかな気持ちできーやんさん夫妻にお任せしました。

IMG_0861

 

 

 

その節はおいしいお茶をありがとうございました。

IMG_0863

 

 

 

あとは信じるだけ。

 

 

自分の見てきたポテチと、自分の見てきたコテツを。きーやんさん夫妻を。赤い糸を。ポテチの寛容さと、コテツの順応性を。自分の予想を。その根拠も……

IMG_2943

 

 

 

時間を経てケージから解き放たれたコテツはポテチに全身でぶつかっていきました。

IMG_3220

 

 

 

コテツなりに空気を読んで少し遠慮をしながらですが

IMG_3004

 

 

 

とても素直に、元気よく甘えたのです。

IMG_3013

 

 

 

コテツはポテチを観察して

IMG_3324

 

 

 

「弟の顔」でマネばかりしています。

IMG_0118

 

 

 

調子に乗りすぎるとポテチ兄からの教育的指導が入ることも^^;

IMG_0120

 

 

 

朗らかで明るいふたり。ぽっちゃりボディーの中身はパンパンに詰まった命です。

IMG_3273

 

 

 

「関係を築く」ってたいせつなことですが、意外とむずかしいんですよね。

IMG_0203

 

 

 

しかし703号室のスターたちはみんなじょうずにやってのけます。

IMG_0252

 

 

 

新居でくつろぐ姿は保護主冥利に尽きます。ありがとうコテツ♡

IMG_3219

 

 

 

ポテチとコテツの存在はきーやんさん夫妻を突き動かしました。コテツの正式譲渡が決まった週末、おふたりは母猫に見放された3匹の乳飲み子を保護したのです。

IMG_0265

 

 

 

左の2匹は生まれつき障害や身体的な問題があり、残念ながら育ちませんでした。

 

 

こうして振り返っていると電話口で号泣していたきーやんさんの声がよみがえってきます。

 

 

手を尽くしたのに報われなかった悲しみ、しなくていい種類の後悔、生への慈しみ、死への悼み、ヤマトの発育に対する不安……

 

 

ふだん理性的なきーやんさんが流す濃い涙に私はかける言葉を失うほどでした。

 

 

今、きーやんさんの家には三匹の猫がいます。

 

 

先住ポテチと本日の主役コテツ、それから生き残ったヤマト坊

IMG_0246

 

 

 

彼らはつまり、希望の種です。

 

 

素晴らしい出会いに感謝して!

 

 

かつくん「Ⅹ264コテツおめでとう。本日の写真の多くはきーやんさんの提供です。コテツの医療費を過分にお預かりしました。ありがとうございました。ハハはちょくちょくヤマト坊のご尊顔を拝みに行っているそうですが、ポテチは完ぺきに姿を消し、コテツも他人行儀で素っ気ないと嘆いていました。ポテチもコテツも703号室に連れ戻されるんじゃないかとビクついているんだと思います」

1-3483

 

スポンサーリンク





1 再生の道

春先にようやく保護できたいじめっ子。外で小柄な卒業生ローズを蹴散らし、ローズの食べ物を奪っていたシーンが強烈に私の印象に残っています。

 

 

「スターが揃った/幸せの703号室」

 

 

改めて記事に出てくる元ジャイアン(いじめっ子)の写真を見て驚きました。

 

 

捕獲箱に入った際の表情もなかなかキツいよね。

IMG_3323

 

 

 

汚れ具合や人間不信の睨み

guuto

 

 

 

ジャイアンの反骨ぶりが切ないです。いったいなにに抗う姿なのか。

 

 

これまで生きていて楽しいと思える時間がこの猫にはあったのでしょうか?

 

 

だいぶきれいになったあとも、ビクビク、オドオド

IMG_0300

 

 

 

まだ若いのに傷だらけ。FIVキャリアに感染。

 

 

うちの近所のオス猫たちのうち、2匹に1匹はFIVキャリアです。みんな体をぶつけ合って必死に生きてきたんですね。やわらかい心をいちばん奥に隠して、何重も蓋を被せ、前へ出る。

 

「ここはおれのテリトリーだ」

 

「これはおれの食べ物だ」

 

「出て行け、おれが生きるだけで精いっぱいの場所だ」

 

 

当然ジャイアンに友だちはいませんでした。

 

 

生き物としての「余裕」がなかったから。

 

 

私はジャイアンに出会って、ジャイアンの悲しみを知ったのです。

 

 

語弊があるかもしれませんが、野良猫はみんな、非力なストリートチルドレンに似ています。

 

 

私は、重い蓋に潰されすっかり委縮した彼らの心をふんわり元に戻す活動をしています。

 

 

根気よく語りつづければ、与えつづければ、私たちはわかり合えるのです。

IMG_2243

 

 

 

ジャイアンももちろん例外ではありませんでした。

IMG_2246

 

 

 

甘えん坊の素晴らしい猫なんです。

IMG_2247

 

 

 

ジャイアンがコテツという仮名で卒業生ポテチ家留学していたことは皆さまご存知ですよね? ポテチ家にコテツを打診したばかりの頃、実は一回里親きーやんさん夫妻に私、振られているんです。ご主人のひと言が、チクっとしみたな。

 

 

「アンニイさんは焦っている気がします」

 

 

言われた瞬間、ハッとしました。少し恥ずかしいような気持ちも……。

 

 

けれど反面、正直に意見を交換できる里親さんと巡り会えた自分は恵まれていると思いました。

 

 

たしかに私は焦っていたから。

 

 

でも、だれでもいいから渡してしまいたいという考えは一度も持ったことがありません。

 

 

私には追いかけっこをするポテチとコテツが明確にイメージできたのです。なぜならば私は両方の暮らしぶりや性格を知っている立場だから。

 

 

だいぶ経ってから、今度はきーやんさん夫妻が私に声をかけてくれました。

 

 

「トライアル」のお約束でしたが、すごくうれしかった。

 

 

6月3日、きーやんさん夫妻がemi-goの病院へ来てくれました。

IMG_2679

 

 

 

コテツの卒業前検診です。

IMG_2655

 

 

 

この日きーやんさん夫妻とコテツは初対面。中島先生にアドバイスを伺いながら実際のコテツに触れてもらう機会です。責任感の強いきーやんさん夫妻は、すでに「親の顔」をしていて、私はおふたりの雰囲気にひそかに感動していました。

IMG_2654

 

 

 

病院には保護犬時代の「まる」

IMG_2653

 

 

 

まるに会いに来た黒田さんもいたんですよ(笑)。

IMG_2649

 

 

 

きーやんさん夫妻と黒田さんとパチッ

IMG_2681

 

 

 

雑談の中で黒田さんがきーやんさん夫妻に私のことをさりげなくアピールしてくれました。

 

 

「この人(私)から(保護動物を)もらうといいですよ」

 

 

なんか、じーんとしちゃって。黒田さんの保護主宣伝に感謝します。

IMG_2683

 

 

 

こうしてコテツは再生の道を歩んでいくことになったのです。

 

 

まずは1か月留学生としてでしたが、私はうまくいくと確信していました。

 

 

理由はポテチの懐が深いのと、コテツのフレンドリーさ。そしてきーやんさん夫妻の強くあたたかいお人柄も私を前向きにさせてくれた大きな要因でした。

 

 

怒ってばかりのジャイアン時代の壁を乗り越えて、コテツは未来へと旅立ちました。コテツは今、ポテチを兄だと崇拝し、日々ポテチのマネばかりしています。

 

 

次回はコテツの写真を満載でお送りします。ポテチと旬なヤマト坊も登場します。

 

 

皆さま、お楽しみに。

 

 

目立つことはできなくても、私は自分の世界を隙間なく愛で埋めつくしたいです。

 

 

LOVE IS PEACE♡

 

 

スポンサーリンク