ぼくの名はじゅん

私はひどい根性なしです。

外にいる猫の写真を撮ることが苦手です。

本当は外にいる猫の写真を撮りたいのですが、精神的に無理なのです。

よってほとんど外猫の保護前の写真がありません。

 

“百聞は一見にしかず”

野良猫が痩せ汚れた姿で生ゴミを漁るシーンを写真で見ていただけたら、幸せになったあととのコントラストをくっきりあらわすことができると思うのです。

だけどもし、捕獲が失敗したら……そしてモタモタしているうちに写真におさめた子が非業の死を遂げたら、私は保存されたリアルな現実に苛まれる気がします。

どこかで吹っ切らないとやっていけませんし、救えなかった子たちを忘れる努力をしなくてはいけません。だから写真を撮れないのです。

そのくせ無事に保護したあとは、いつも後悔します。

 

「あああ、外でのあの雄姿をどうして撮って残しておかなかったのか!!」

 

勇気を振り絞りカメラを構えても、このレベルの写真が一枚二枚撮れるだけ

aaan

 

 

心の乱れが写ってますね(笑)。

かろうじて「猫」を確認できるでしょうか?

彼は7年近く(私が知る限りでは5年以上)外で生きてきた猫です。

 

餌やりさんから「二等兵」と名づけられた一匹のオス猫。

 

もう勘弁して私の前に現れないでと本気で願うほどみすぼらしくて

名づけてくれた餌やり夫婦が引っ越してしまってからは

なおいっそうクタクタメチャクチャになって

 

私は彼が憎らしいと思いました。

保護したくても捕獲箱に入らないくせに、やたら私の前に現れるものですから

いったいどうしてあげたらいいのか混乱して。

 

長い時間をかけやっと保護したとき、私はその場に膝を折ってワンワン泣きました。

その日の記事はこちらです→  「速報 のりまきを保護しました!!」

 

↓の写真は我が家でだいぶきれいになった頃ですが、誰ひとりからもスキンシップを受けたことのない彼は人間不信の表情が能面のようにはりついていました。

lkinn (15)

 

※写真 みいさん

 

FIVキャリア、重度の貧血、高齢、人馴れ(人が触れる状態のこと)はゼロに等しい。

保護当時書いた記事→ 「のりまきの未来は私の夢」

 

家族探しが難しいのはわかっていましたが、彼にも家族が見つかったのです。

 

彼の里親さんはフラットです。

里親さんは長らく海外に住んでいたこともあり、あらゆる差別を一切しない教育環境に育ちました。貧しい者を差別しない、同性愛者を差別しない、障害や病気や感染症の人を差別しない、宗教や思想や国籍や外見や肌の色を差別しない。

野良猫と血統の猫を差別しない、幼猫と老猫を差別しない、障害や病気や感染症の猫を差別しない。自分に甘えてくる猫も自分に爪を立てる猫も差別しない。

「ちがい」を学び知る努力はしても、色分けして排除することをしない。

 

彼にピッタリの家族だと思いませんか?

その里親さんから数日前に彼の近況動画が送られてきました。

 

はじめは開いていた里親さんとの距離が、こんなことになっています。

 

 

この動画を見たとき私は震えました。

外であんなひどい姿を長年見せられていたのです。日に日に傷だらけになっていく彼をうまく捕獲箱に誘導できなかった自分を心底恨みました。

記録に残すのがいやで……保護前の写真もそうですが、彼の存在自体をブログにもほとんど書けませんでした。

私の心を痛くさせるばかりだった彼が、今度は私に、こういうものを見せるもんですから、私は感極まるのです。

 

はじめの数ヶ月は里親さんが触ろうとするだけで攻撃モードに切り替わっていた彼が、動画では触れるのをやめようとする里親さんに「もっと触れ」と催促しているではありませんか!

(関連記事はこちら

 

人から逃げることは得意でも、人を求めることはできなかった彼が、どうしてこんな風に私をくすぐるのでしょう。私は彼の中に「家族」が宿ったんだと思います。

 

アパート住民のバイクの上に乗ってしまい持ち主の男性にほうきで叩かれていた姿

大雪の中トボトボ歩く後姿

引っ越してしまった餌やり夫婦の家の前でぽつんと佇んで待っていた姿

 

あああ

あああ

 

じゅん、よくがんばった。ありがとう。

 

 

供血のお願い

(2月5日のコメントより)

「家の長男にいにの血が足りません
とんでも無いお願いですが、もしこれを見てる方で、健康なウイルスキャリア(エイズ、白血病)でないお子様をお持ちの方で、浦和方面に連れて来て頂ける方が居れば連絡ください
何度も死に掛けてるので、もう麻痺までしてるのですが、なんとこの状態から数か月ぶりに御飯まで食べるのです
でも血が足りなく、一日で無くなってしまう…
此処さえ乗り切れば、なんとかいけそうなのです
もし見てて協力してもいいって思う方が居ましたら、是非お願いします
にいには血液型はA型で一般に一番多い血液型です
そしてかつ君とあまたんと同じ白黒ちゃんです。
http://nekonooyado.blog.fc2.com/  」

 

 

 

 

 

スポンサーリンク





ストリートファイター

私は昨日、保護猫萌乃にドームベッド、保護犬バービーにペットシーツを注文しました。

「人馴れ」がいまいちの萌乃。ケージから出すときが一番大変です。

私が実践しているのは以下の通りです。

ケージから出す→洗濯ネットに入れて抱いたり撫でたり→ネットのまま手からおやつ→ネットから解放しフリーで遊ばせる→ケージにごはんを置き、萌乃が入ったところで扉を閉める。

運動、スキンシップを取り入れながら徐々に人間との距離を縮める作戦。

同じやり方で多くの保護猫たちが軟化してくれたのですが、いせやんも萌乃もまだ厳しいです。

人馴れしなければ里親募集できない。里親が決まらなければ次の猫を保護することができません。焦っても仕方ないけれど非常に歯がゆい状態がつづいています。

そこでドームベッドに期待を寄せることにしたのです。

ケージから出すとき出口を塞いだドームベッドを丸ごと抱いてしまおうかと。

無駄に正面衝突せずスムーズに友好関係が築けたらいいなあ。

 

昨夜はネットで洗面所に連れて行き、洗面所でフリーにしてみました。

ネットを体から少しずつ外しネットなしの抱っこにはじめて成功!

IMG_0919

 

 

暴れて逃げる萌乃ですが、首根っこを押さえてしまえば一瞬黙ります(笑)。

IMG_0912

 

 

萌乃の目の前でさぶにブラッシング。さぶ、協力してくれてありがとうね。

 

「おれ 人間がぜんぜん こわくないよ。萌乃 おれを よく見て な」

IMG_0913

 

 

写真などの静止画だとわかりづらいと思いますので、動画におさめてみました。

短い動画ですがよろしければご覧ください。

 

これが通常時の萌乃です。野性味溢れてますね。小柄ですがストリートファイターです。

 

 

 

格闘(というか私が一方的にやられまくった)の末、なんとか膝に抱くことができました。

ここからが「?」です。二重猫格……

 

 

は?

 

でしょ?

1本目の動画と2本目の動画の間は5分弱。びっくりしません?

 

無理やり触るとかわいそうかな? とかいろいろ考えてしまいます。

でもいったん触れてしまえば、彼女は喉を鳴らして大喜びするのです。

「対峙姿勢」にならぬよううまく振舞えば、萌乃ともっと仲良くなれる気がします。

楽天さん、どうかドームベッドを早く703号室に届けてください。

首を長くしてお待ちしています。

 

 

ありがとう♪

だいぶ前になりますが、MWさまよりお米、チョコ、お手紙、クオカードが届きました。

IMG_0666

 

いつもありがとうございます。チョコは母たちとおいしくいただきました。

 

さて、そろそろパソコンを閉じ萌乃とのラブラブタイムに移行しますか。

本日は萌乃さまのご機嫌が斜めじゃありませんように。

 

次回は保護犬バービーが皆さまを悩殺します。

家族募集に備え、バービーのプロフィールもそろそろ明らかにしていかないと。

体重だけは秘密、だそうです。

ウソ。

 

 

 

 

スポンサーリンク





スター候補

今日も仕事と仕事の合間にポツポツ空く「心の隙間」にいろんな子たちを想う。

キットを想う。

彼の近況写真を眺めるたびに鼻の奥がツンとする。

どんな気持ちで生きてきたんだろう。

痛みを感じない犬猫はいない。

「感じる」者たちは、当然喜怒哀楽を持つ。

キットを蝕む暑さ寒さ疲れ空腹害虫外敵……

彼に向けられた蔑みの眼差し、あるいは乾いた人間たちによる「完全無視」。

 

そのキットが片目を見開き這って這って這って這ってたどり着いた終の棲家で

ようやく知った手のぬくもり。

彼は遅咲きながらも蜜の暮らしを味わいはじめたのに

まさにこれからだというのに

満身創痍だった彼の全身はすでに深い病みに被われてしまった。

 

私は考えても仕方のないこういった類に頭をめぐらせてはひとり歯ぎしりをするのです。

悔しいことが多すぎる。

 

でも彼はこの瞬間もあきらめずに生きているのだから、うじうじ嘆くのはやめないと。

 

チラッと見せる白目がかわいい。朗らかな表情になったなあ。

IMG_1736

 

 

キット、今、お口の中痛いでしょう。

でも、がんばって食べているんだってね。点滴も無抵抗でえらい。

あなたを守る家の柱も

あなたを抱く白いタオルも

それを包むグレーとブラウンの毛布らしきものも

ぜんぶ私の心に染みる。

 

「家猫」はいいよね。「家猫」を増やさないと!

 

 

変身前

417841_353722711394955_505400834_n

 

 

変身後(写真:猫撮る氏)

fannn

 

 

「あらハハさん “家犬”だって同じよ。わたしはおもちゃ遊びをおぼえたの。お気に入りのおもちゃをじぶんのまわりに集めるのが好き。このロープ素材のボール 歯磨き効果もあるの」

fap

 

 

だれかが気にかけ見つめてやれば、どの子もスターになりキラッと光るんですね。

光がいっぱいの国は、光のない国より魅力的で住みやすいはずです。

皆さまのまわりにもいませんか?

「スター候補」

 

 

 

スポンサーリンク





あたたかな光

こんばんは。本日はご報告があります。

その前に、恒例の保護犬バービー画像を!

IMG_1240

 

 

仕事が一段落したらバービーにほかの服を着せパチパチ撮りますね。

 

さて、定期的にブログに登場している片目のキット。

知らない方はぜひこちらを読んでください

リンクをたどれば、保護当時のキットの痛々しい姿や保護経緯、私が関わることになった理由などが載っています。

 

私は昨年からポストカードを販売しているのですが、その売り上げの一部とお預かりしているニャンニャンBOXの売り上げからキットを支援しています。

キットの医療費のみならず、キットの保護主さんが行うことになった野良女子猫6匹のTNRの費用も出すことにしました。

ポストカードおよびニャンニャンBOXでご協力くださった皆さまへご報告いたします。

継続的にキットに物資支援していましたが、医療費支援はクリスマスのときがはじめて。

2度目の今回は万能サプリD-フラクションプレミアム、リジン、そして前回と同額を渡しました。

IMG_1288

 

 

キットはおそらくもう長くありません。

詳しい血液検査の結果は別の機会にUPしますが、数値が悪すぎてどうにもならないのです。

点滴の量と回数も増えました。

当初私が考えていた額より多く必要になったので追加した次第です。

 

保護主さんから皆さまへ「ありがとうございます」の感謝の言葉を預かっています。

IMG_1286

 

 

今日は小宮さんも一緒。小宮さんは私が保護活動をはじめた12年前に私の手を取り一緒に走ってくださった方。今は北海道に移住していますが、里帰り中に会いに来てくれました。

IMG_1289

 

小宮さんは顔出しを嫌がるので右端にちょこっとね^^

 

小宮さん、おみやげありがとうございました。

IMG_1291

 

 

保護主さんに預けているカメラでキットの写真を撮ってきてもらいました。

私も時間を作り今月中にキットに会いに行く予定です。

見てください! 人馴れしていなかったキットを保護主さんは触れるようになったんですよ!!

IMG_1755

 

 

毎日自宅で点滴しています。おりこうでしょう?

IMG_1760

 

 

よしよし、がんばったねぇ!

IMG_1748

 

 

同居猫のうちの1匹、FIVキャリアのクーちゃんに見守られ

IMG_1744

 

 

キットはようやく人のぬくもりに身を預けるようになりました。

IMG_1732

 

 

最近は口内炎・歯肉炎がひどいようですが、慢性腎不全のため抜歯(麻酔)ができません。

ステロイドもほとんど使えません。痛みに耐えながらキットは生きているのです。

せっかく家の中に入れたのに、あと数ヶ月の命だといわれ悔しいよね。

彼のQOLを尊重し、できるだけ支援していきたいです。

 

私がクリスマスにプレゼントしたベッド、気に入ってくれたようでうれしい。

IMG_1740

 

キットは赤が似合うよね。

永く生きるだけがすべてだとは思わない。

でも、もう少し、どうかもう少し、これまでの苦労を癒し「家猫」を謳歌してください。

心からのお願いです。

 

最後にもうひとつ写真つきでご報告を!

キットの保護主さんが行っている6匹の野良女子猫たちのTNR。

1匹目の手術&医療ケア&リリースが終了しました。明日2匹目を行います。

 

1匹目はこの子↓

IMG_1722

 

 

保護主さん宅から自転車で1時間弱の病院にて

IMG_1724

 

 

病院側が撮ってくれた手術後の写真。傷が小さくてきれいですね。上手!

IMG_1726

 

 

数日休ませリリース

IMG_1729

 

 

寒空の下のリリースは人間側も精神的にきついですが、今の私のキャパでは保護を引き受けることができません。いせやんか萌乃を卒業させなければむずかしいのです。

 

せめてもの罪滅ぼしにできる医療ケアをさせてもらっています。

IMG_1292

 

 

●全頭不妊手術

●全頭基礎的な診察

●全頭3種混合ワクチン(ワクチンについてはさまざまなご意見があるでしょうが病院と相談しながらやっているのでご安心ください)

●全頭フロントラインプラス(ノミ・マダニ予防)

●全頭プロフェンダー(お腹の駆虫)

その他必要に応じてくわえていきます。

 

皆さまのご善意があたたかな光となりました。

生まれてきたからにはだれだって光に照らされ包まれたいはずです。

キットともども深謝の気持ちでいっぱいです。

どうもありがとうございました。

ポストカードはまだ若干ありますが追加生産せず売り切って(売り切れるかわからないけど^^;)終わりにしようと思います。

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク





抱きしめてもらいたくて

皆さまこんばんは。バービーにたくさんのお言葉ありがとうございました。

お正月休みをほとんど家で過ごした私も明日からは仕事がはじまります。

またもろもろ遅れが出て皆さまにご迷惑をおかけするかもしれませんが、犬猫たちのお世話を第一に時間を有効活用できるようがんばりますので見捨てないでください(笑)。

 

「わたし おるすばんできるので……というか今までほとんどひとりだったからハハさん安心しておしごとに行ってください。帰宅後、少しなでてくれたらうれしいです」

IMG_1232

 

 

はいよ^^

バービーは心根のやさしい犬なので早めに家族募集ができると思います。

1月下旬までには家族募集サイトへ掲載しますが気になる方は先にお問い合わせください。

仕事が一段落したら写真を撮り宣伝しまくります。

厚かましいお願いですが、ひきつづき応援してくだされば幸いです。

バービーは現在生理中なので不妊手術を見送っています。1月の3週目あたりに不妊手術を受けさせる予定ですのでそれに合わせて家族募集も考えていきます。

※お届けは不妊手術を終えてからになります。

 

抱っこすると恍惚顔します。

IMG_1233

 

 

当たり前ですが、控えめながらもちゃんと情緒があります。

むしろ人の気持ちに繊細で敏感な感じ。

人間に甘えたかったんだろうなあ。

体を預けるのはまだこわいみたいですが、勇気を出して近寄ってくれます。

抱きしめてもらいたくて。

 

 

 

スポンサーリンク