パピーまる坊

iPhoneのカメラロールの中をまさぐってみたら、ちっこい頃の保護犬まるが出てきました。妹犬もいっしょに写っています。萌え~! 去年の6月の写真↓

IMG_3927

 

 

 

1年の間にいろんなことが起きました。

 

 

 

新たなスター候補たちと出会い、試行錯誤を経てスカウトに成功。卒業生たちとして送り出すなど有意義なこともありましたが、私にとっては総じて悲しいことが多かった1年だった気がします。

 

 

 

べべを失い、ナナを失い、台湾のアマーも天国へ旅立ったのですから。

 

 

 

私のメンタルは、未だ暗いトンネルの渦中にいます。どんなに“ふつう”に振舞おうとしても、いや振舞っていても、べべやナナの死からは到底逃げられません。

 

 

 

まるの写真を挟むように、カメラロールの前後にはべべナナの写真が大量に保存されていて、正直見るのが辛いです。自分の過去ブログも読みたくありません。

 

 

 

まるの里親になってくれた黒田さんもきっとそうだったんだろうな。

 

 

関連記事はこちらです。改めて読み返してしんみり

 

「合掌 黒田タロ/幸せの703号室」

 

 

この記事で私、タロに生まれ変わったら黒田さんちに行くよう勧めてますね。ふふ。ならもしかしてまるがタロの生まれ変わりだったりして。

 

 

 

最愛のタロと別れて黒田さんがどれほど意気消沈したか

IMG_2870

 

 

 

タロを呼ぶ黒田さんの声が今でもはっきりと私の耳にこびりついています。

IMG_2869

 

 

 

タロと歩く黒田さんの姿が私のまぶたに焼きついています。

IMG_2871

 

 

 

12年前、センターに収容され殺処分対象になったタロが、黒田家の一員という不動の居場所を得て、穏やかに一生をまっとうした事実を私は忘れません。

IMG_2868

 

 

 

生きる上で必要なプラスの感情をタロと黒田さんからほんとうにたくさん教わり学ばせてもらいました。タロと黒田さんを見ていると「絆」という単語が浮かびます。

 

 

信頼関係は1日にして築かれるものではなく、日々の積み重ねによってじんわりとお互いの全身に染みわたるものだと思います。

 

 

黒田さんとタロがそうであったように。

 

 

 

それにしてもまるデッカくなったね……

IMG_1947

 

 

 

ヨチヨチの青臭いちびっ子だったのに

IMG_3949

 

 

 

私はよくまるたちと遊んだんですよ♪

IMG_3946

 

 

 

いつでもどこでもだらしがなくてごめんなさい^^;

IMG_3945

 

 

 

まるに髪の毛を噛まれ参っているところ。完全に襲われています。

IMG_3950

 

 

 

きみたちは快活な子犬だったよね。

IMG_3937

 

 

 

妙に懐かしい気もするし、昨日のできごとのようでもあります。

IMG_3955

 

 

 

まるが身体の成長と反比例し委縮した心で病院へ出戻ってきたのは喜ばしいことではありませんが、敢えて「終わりよければすべてよし」の一語でまとめておきましょう。

 

 

まるは黒田家の末っ子として生き直すのですから。ね?

IMG_2420

 

 

 

タロママさん(奥さん)とも超仲よしの毎日だそうです。

IMG_2439

 

 

 

「ねえねえ ぼく じぶんらしく生きていいよね?」

IMG_2418

 

 

 

ママにわしゃわしゃ撫でられるまる

IMG_2460

 

 

 

 

「まあ 基本シャイで なれると図にのるけど わるいヤツじゃないのよ」

IMG_2412

 

 

 

おませなガールフレンドちゃぽぽのお墨つき!

IMG_2453

 

 

 

そうそう。まるは適応力があるし、意外と明るいのよね。

 

 

 

まるは1歳になったばかり。安息の地で永ーい時間を謳歌できるのです。

 

 

さっそく、まるは新居でやりたい放題。いたずらもするらしい。

 

 

黒田さんのため息を聞くたびに、黒田さんには申し訳ないけれど「犬らしいまる」に出会えついプッと吹き出してしまいます。幸せのおすそ分けをありがとう。

 

 

まる、ニコッとね。笑っていればたいがいのことは解決しますよ。

IMG_2481

 

 

 

まるの一生で起き得るさまざまな問題を、横に並んで解決してくれる家族に恵まれたのだから、まるは大船に乗ったつもりでどんと構えていてね。とにかく元気に、世間のだれにもなににも臆することなく精いっぱい生きていなさい。

 

 

まるの新居は次回ご案内します。

 

 

最後に4秒と短い動画ですが、パピーまる坊がやたらかわいいのでよろしければご覧ください。

 

 

もうなに? 反則! 食べちゃいたい。エンドレスで再生し昨日から寝不足です。べべナナに会いたくなっちゃうから困りますね。

 

 

LOVE♡

 

 

 

スポンサーリンク





ローズとのリレー 3ローズんち

さてローズの卒業記事の最終章です。今回は自分の葛藤からはじまったのでいつもより長くなってしまいました。おつき合いしてくださった皆さまに感謝です。

 

 

前々回前回をお読みになってからお進みくださいね。

 

 

とにかくデッカいにゃん太さんち。見たことないレベルです。

IMG_0612

 

 

 

「お城のようですね……」と呟く私に対し、にゃん太さん夫妻が口を揃えました。

 

 

「いやいや、もう、倉庫でしょう」

 

 

ご本人たちはほんとうにそう思っているようです。

 

 

写真にすべてをおさめることができず、ほんの一部のみの紹介になります。

 

 

 

あちこちに遊び心を感じるWelcomeモード

gafa (1)

 

 

 

全部をじっくり読ませていただきたかったのですが、なにせ多すぎて読めたかどうか。おふたりがローズのお輿入れをどんなに楽しみにしてくださったかを想像すると胸が熱くなりますね。

 

 

「クンクン……だれ?」

IMG_0621

 

 

 

にゃん太さんちの愛猫、ご存知にゃんタマちゃんです。

gafa (3)

 

 

 

にゃん太母さん(推定15歳?)

IMG_0678

 

 

 

娘のタマちゃん(13歳)

IMG_0693

 

 

 

ふたりとも超毛ヅヤがよくてピッカピカなんですよ。驚きました。

IMG_0690

 

 

 

めちゃくちゃに愛されてるんだよね、タマちゃん♪

IMG_0677

 

 

 

にゃん太母さんにごあいさつさせてもらいました。ローズがお世話になります。

IMG_0663

 

 

 

玄関

IMG_0705

 

 

 

リビングの一角にある大きなグランドピアノ

IMG_0708

 

 

 

猫たちのくつろぎスペース

IMG_0684

 

 

 

いっぱいのおもてなしを作ってくださったキッチン、ご主人の愛するお酒はなんと「ローズ」、猫も入れるお仕事部屋、ローズの曲が流れる巨大スピーカー

gafa (2)

 

 

 

家じゅうのなにもかもがローズを「お招き」してくれていたのです。

IMG_0657

 

 

 

ローズを保護した私としては、幸せすぎてうまく言い表せられないですね。

IMG_0655

 

 

 

猫たちは自由にお庭に出れます。にゃん太さんちにはなんと4つもの中庭があるのです。脱走は100%不可能。理由は「ロの字の中庭」だからです。

IMG_0700

 

 

 

 

ローズ専用ルーム(出入口が2か所あるので利便性にも優れています)

IMG_0669

 

 

 

和室です。

IMG_0626

 

 

 

トイレは2種類ありました。

IMG_0644

 

 

 

うわー! 三毛猫と黒白猫だ♥

IMG_0639

 

 

 

キャリーから出たローズは緊急避難所にいますね(笑)。

IMG_0631

 

 

 

「げ、わたしの行動が完全に先読みされてる」

IMG_0651

 

 

 

にゃん太さんはローズを慈しむように撫でてくれました。

IMG_0634

 

 

 

「ローズいらっしゃい。怖くないよ。怖くないよ」

IMG_0632

 

 

 

 

なんなのこれ? 私が嫁入りしたい。

IMG_0641

 

 

 

洞窟もありました。

IMG_0636

 

 

 

好きに隠れていい場所だそうです。

IMG_0637

 

 

 

にゃん太さんちはセキュリティーが厳しい造りですが、唯一開ける可能性のある外向きの窓には脱走防止対策を2か所お願いしました。ローズの専用庭は念のため天井に網を張っています。完璧!

IMG_2724

 

 

 

ローズの専用庭から撮った室内の写真とローズの部屋から撮った専用庭の写真

IMG_2747

 

 

 

にゃん太さんのお料理はおいしい上に見栄えがきれい。むりだけどぜひ見習いたいです。

IMG_2720

 

 

 

ちなみにキッチンから即ローズ部屋に入れる動線のよさ

IMG_0671

 

 

 

昼夜を問わずリビングからローズの様子が見渡せます。はあ、ため息出ちゃう。

IMG_0717

 

 

 

写真じゃわからない気がして皆さまにお見せしようと動画を撮りました。1本目

 

 

 

駆け足バージョンの2本目。にゃん太さんには公開OKの許可をいただいています。

 

 

 

まるで遊園地に来た子どもの気持ちを味わうことができました。にゃん太さん夫妻のおもてなしに深謝です。どうやったって私にはまねできないなあ。尊敬に尽きます。

 

 

 

私からローズ家へのささやかなお嫁入り道具と皆さまからお預かりしたローズへのプレゼントを渡しました。にゃん太さん夫妻は喜んでくれましたよ。

IMG_0716

 

 

 

そして私のほうも仰山のごちそうをいただきました。

IMG_0714

 

 

 

にゃん太さんが作ったお料理に手をかけラッピングしてくれているのです。

IMG_0697

 

 

 

「いいのに~」といくら恐縮しても懇願しても聞いてくれません(汗)。

IMG_0696

 

 

 

てんこ盛りのおみやげに加え、交通費までご負担くださいました。

IMG_2716

 

 

 

このほか大量のささかまもごちそうになったという……。

 

 

 

にゃん太さんちがこれほどの規模とは知らず、ローズを打診した私ですが、ローズがなかなか捕獲箱に入ってくれなかった当時から改めて振り返ってみると、ただただ感慨無量です。ひっそりと物乞いをしていた外猫ローズがお姫さまになったのですから、譲渡活動にやる気がみなぎりますね。

 

 

ブログで卒業記事を書くといつも自分でじゃっかんの違和感をおぼえます。

 

 

どうしても「包装紙」の部分がメインになってしまうからです。

 

 

でも私は、里親さんの愛情の度合い、責任感の強さで縁を結んでいるつもりです。

 

 

たとえどんなに物理的に恵まれていたとしても、私の保護動物をたいせつに扱ってくれないお宅には私はぜったいに譲渡しません。

 

 

まあ外見だとしても、こうして皆さまに透明性を持ってご覧いただくのはたいへんありがたいことなので、これからもどうぞ見守ってくださいね。

IMG_0650

 

 

 

最後に、観てもらいたい動画があります。にゃん太さんのご主人がつくってくださいました。曲が終わっても画像はしばらくつづきます。1匹の外猫のシンデレラストーリー。これはノンフィクションです。皆さまの周りにもシンデレラ候補はいませんか? いたら保護するのも悪くないですよ?

 

 

ローズありがとう。あなたと出会えてひとまわり成長させてもらえました。

 

 

 

末永く、生を謳歌してね。せっかくこの世に生まれてきたんだから。

 

 

 

 

途中走者よりアンカーへ

 

 

 

PSにゃん太さんも私が仙台へ行った日のことをブログに書いてくれました。両方読んでくれるとよりわかりやすいと思います。こちらをクリック!

 

 

 

LOVE

 

 

かつくん「x261ローズおめでとう。痛い手術も乗り越えてがんばったね。ハハがローズの代わりにローズんちに住みたいって騒いでます。無視でいいね。ハハ撮影の動画はどっちでもいいんですが、にゃん太さんのご主人のほうは観てくださいね。にゃん太さん家の真心がこもっていますから」

1-3483

 

 

 

 

 

スポンサーリンク





ローズとのリレー 2ゴーニャンニャン

お待たせしてごめんなさい。前回からのつづきになります。

 

 

「主役はもちろんわたしよ」

IMG_0578

 

 

 

突如降りてきたにゃん太さんのアイコンに導かれにゃん太さんに電話をかけた私。

 

 

実は数日前に別件で連絡をもらっていたのです。内容は来年の「にゃっ展」についてでしたが、その中にローズに関する重要な話も出ていました。

 

 

中身は今オフレコですが、いずれお伝えしますね。

 

 

加えて、ローズはにゃん太さんの支援金によって助けられた猫。にゃん太さんにローズを打診しようと決めたのはもしかすると私の中の伏線の回収作業だったのかもしれません。

 

 

もちろん、自分でもよくわからない一方的な感覚ですけど。

 

 

 

私「にゃん太さん、保護猫の里親になるって考えたことありませんか?」

 

 

にゃん太さん「え? はいっっっ? ど、ど、どしてですか?」

 

 

私「あの、ローズとかどうです?」

 

 

からスタートし、私たちは2時間以上しゃべり倒しました。

 

 

 

「ほんとハハは口から先に生まれてきたのね」

IMG_2018

 

 

 

会話が長すぎてぜんぶは書けませんが、私は途中で何度かあきらめかけたんです。「あ、にゃん太さんはこんな風に考えているんだな。ならばむずかしいかもしれない。無理だね……」と。そういえば私はにゃん太さんの正確な情報に乏しすぎる。私の中のにゃん太さんは、力強く、猫が好きで、正義感の強いきめ細やかな女性。「にゃっ展」を取りまとめる主宰者の顔がメインです。

 

 

そもそも私はにゃん太さんの暮らしぶりや愛猫への深い思考をうかがったことがない。

 

 

にゃん太さんの愛猫にゃんタマちゃんたちの年齢もはじめて知ったのです。写真で見るよりずっとシニアだったことに驚きました。逆に言えば、にゃん太さんのケアが行き届いているおかげでにゃんタマちゃんはとっても若々しいのですね。

 

 

キャパシティは人に押しつけられるものではなく、自発的に考えていくものだから、私のこの電話はにゃん太さんに負担と困惑を与えてしまったのではないかと反省。私、焦ってる。なにかちがう方向へ進もうとしている。どうしよう。

 

 

けれど話を持ち掛けた以上、私は自分の意見を最後まで説明する責任があります。

 

 

私はローズをにゃん太さんのアイコンにしてほしいとお願いしました。

 

 

いやらしい意味だと受け取る方もいらっしゃるでしょう。それは皆さまの解釈の自由です。でも私の中ではちがう。にゃん太さんにもそれが伝わっている。

 

 

にゃん太さんはいろんな意味で発信力のある方ゆえ、「ありのままのローズ」を活かし、それを皆さまに披露し、猫の保護譲渡活動に還元できる方なのです。

 

 

私にとってこれは非常に有意義な部分ですので、そこはしっかりと述べて電話を切りました。にゃん太さんはご主人に相談するとのことでした。

 

 

外で苦労してきた猫たちは、必ずしもいい状態の子ばかりとはいえません。

 

 

年を取っている子、感染症の子、人慣れが遅い子、ハンディキャップのある子、病気を患っている子……ぜんぜんめずらしいケースじゃないです。

 

 

カレンダーに載っているようなふわふわの子猫ばかりとは限らない。

 

 

 

ローズ独特の凛としたオーラ

IMG_0295

 

 

 

孤高さ

IMG_9961

 

 

 

陰の雰囲気

IMG_9963

 

 

 

戸惑い

IMG_9958

 

 

 

怒り、不信感

IMG_9701

 

 

 

さびしさ

IMG_0135

 

 

 

忍耐

IMG_0289

 

 

 

物憂げな表情

IMG_0292

 

 

 

闘いつづけてきた、飢え

IMG_0298

 

 

 

ようやく解消しつつある食への不安

IMG_0297

 

 

 

「ごちそうさま」

IMG_0294

 

 

 

苦労のにじむ片目や雑に切られた耳

IMG_0581

 

 

 

私にはこれらすべてをにゃん太さんがプラスに転じてくれる気がしました。

 

 

たしかに、そうなんです。

 

 

あのにゃっ展で魅せてくれる圧倒的なパワーでローズを変えてほしい。

 

 

「飢えだけじゃなくて渇きも問題だったの」

IMG_2026

 

 

 

「新鮮なお水はおいしいね」

IMG_2025

 

 

 

投げた球を待ちきれずに翌日再度連絡すると、にゃん太さん夫妻から「YES」をもらえました。

 

 

電話口で私は大絶叫。興奮のあまり、こめかみの血管が浮き上がるのを自覚したほどです。

 

 

ぃやったっっっ!!!

 

 

 

そして迎えた5月22日(ゴーニャンニャン)

 

 

 

「いい? みんな聞いて? わたしは間もなく未来へ出発しますよ」

IMG_2029

 

 

 

「わたしこんな感じのお家にいくの」

IMG_2055

 

 

※イメージ画はにゃん太さんのご主人が作って送ってくれました(笑)。

 

 

 

「わたしは身ひとつで生きてきたから忘れ物はないの。ハハはだいじょうぶ?」

IMG_0582

 

 

 

いやいや……姫はそうでしょうけど、付き人の私は大荷物ですよ。

IMG_0589

 

 

 

でも、新幹線乗れる~♪

IMG_2306

 

 

 

仙台ははじめてです。楽しみ^^

IMG_0592

 

 

 

チチが上野駅まで送ってくれたので、こっからはローズとのふたり旅

IMG_2316

 

 

 

ローズはキャリーの中で一度鳴いたっきりおりこうにふるまってくれました。

IMG_2312

 

 

 

ありがとう。がんばろうね。

 

 

ボケ~、とiPhoneを眺めること1時間半ちょいで仙台駅へ到着

IMG_0607

 

 

 

ド派手な宣伝カーがローズを待っていてくれました。完全に目を奪われますね。

IMG_2324

 

 

 

にゃん太さんの助手席に乗せてもらい、ローズの新居へ

IMG_0598

 

 

 

津波の被害がひどかった場所を通りすぎました。町自体が新しい建物だらけなのは、失ったものの多さのあらわれなんですね。胸に迫る景色です。忘れません。

 

 

にゃん太さんの案内で一か所だけ立ち寄りました。

IMG_0605

 

 

 

あああ

IMG_0603

 

 

 

美しい……

IMG_0600

 

 

 

ローズあなた、あなたやるねえ、あなたはすごい。

IMG_0610

 

 

 

このあとの記事でローズ邸内部に潜入します。

 

 

最後にひと言。にゃん太さん夫妻とじっくりふれ合った感想を先に書かせてください。夫婦仲がよく、謙虚でラフで努力家で「飾らなさ」がハンパじゃない。超かっこいい。

 

 

「能ある鷹は爪を隠す」

 

 

 

私がこれまで向き合ってきたにゃん太さんとは別の一面を知ることができ、たいへん刺激を受けました。ローズが私ににゃん太さん夫妻を本質を見せてくれたんです。ローズに感謝。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





親バカタケノコの会

皆さまこんばんは。すっかり深夜です。

 

 

さて、先日母の店でプチ「親バカタケノコの会」が開催されました。お誘いをくださったのは卒業生ポテチの親のきーやんさんご夫妻。私が入ることなく里親さん同士がTwitter、インスタグラム、フェイスブック、ブログを通じて勝手に仲よくなっていってます。

 

 

そんで私はおまけに声をかけてもらっているという。

 

 

たいへんうれしいです。善き方がいいエネルギーで繋がっているからね。

 

 

断っておきますが私は頂点に君臨したいタイプではありません(笑)。もともと私は人の上に立てる器ではないのです。しかも正直あまり興味がない。

 

 

あくまでも「個」と「個」を重んじます。

 

 

「里親さん」という言い方も実は苦手です。

 

 

ただほかに言葉が見つからないので仕方なく使っているだけです。私の親しい人をほかの方が「私の右腕」とか「私の左腕」といったような表現をすると、私は不快感をおぼえます。人はみんな平等ですし、それぞれに名があり、そこには上も下もありません。ですよね?

 

 

あ、脱線。

 

 

話をもとに戻しますと、親バカさんたちが、タケノコを食べたいという欲求のもと集結しました。台湾タケノコは私、いちばん好きな食べものです。

IMG_2228

 

 

 

よって当然乱入

IMG_2226

 

 

 

私たちのテーブルはタケノコをオーダーしまくりで~す。

IMG_2224

 

 

 

メンバーは、ポテチ家

IMG_2581

 

 

 

ポテチの娘リリ家

IMG_2580

 

 

 

チョコレートキャンディーみたいな? すもも家

IMG_2582

 

 

 

私に渡したいものがあるというので「来ちゃえば?」と誘ったちゃた幸家

IMG_2579

 

 

 

の4家族∔私∔妹夫妻

IMG_2230

 

 

 

ほんとうに楽しくて時間があっという間に過ぎていきました。

 

 

プレゼントもありがとう。上がポテチ家で下はすもも家より♪

IMG_2238

 

 

 

すももの里親あっティーさんいわく、私は「珍獣」だそうです。

 

 

うーん。そうかなあ?

 

 

珍獣……どんなところを言っているんだろう?

 

 

誉め言葉って受け止めていいのかはビミョーですが、まあとりあえず無味無臭よりは多少匂っているほうが生きている気がします。だから、いいね。

 

 

みなさんの帰宅後、妹が突如フェイスブックにあげた動画に爆笑した私は、思わず喘息の発作が起きました。短いけれど私のテーマソングが入っているらしいです。意味がわからない。あまりにもバカバカしいのでよろしければご覧ください。

 

 

 

なんなのこれ?

 

 

 

外で物乞いをしてきた子たちが、あるいは家の中で幸せを得られなかった子たちが、再び生き直し、家族の心の拠り所になっている。有意義なことですね。

 

 

最高です。

 

 

次回は脱走猫について、緊急集会の様子、ローズの卒業記事も控えています。

 

 

ではまたお会いしましょう。皆さまお身体をたいせつに!

 

 

LOVE IS ALL!

 

 

スポンサーリンク





総じてイキイキ

昨日も楽しい一日を過ごすことができました。ダイジェストで自慢していきます。昼、実葉の里親みかぞさんがお友だちと母の店へ。みかぞさんのお誕生日だったそうです。

IMG_2108

 

 

 

実葉の写真は里親みかぞさんのツイッターよりお借りしています。

IMG_2117

 

 

 

もうほんとうにたまらんね。

IMG_2116

 

 

 

ヤバい~♪ こんなキャンディーちゃん目の前にいたら食べちゃう!!

IMG_2115

 

 

 

「タナベさん やめてぇぇ」

IMG_2118

 

 

 

みかぞさんおみやげありがとうございます。母や妹の分まですみません。

IMG_2129

 

 

 

みかぞさんハッピーバースデー! お会いできてうれしかった。みかぞさんは実葉の新たな変身グッズを私に披露してくれました。ふふ。好きだなあ。

IMG_2103

 

 

 

実葉も天音同様、703号室アイコン的存在です。

 

 

保護いきさつはこちら→「わたしは実葉/幸せの703号室」(ある意味強烈です)

 

卒業記事はこちら→「プリンセス実葉2/幸せの703号室」

 

 

実葉を知らない方はみかぞさんのお城で姫扱いを受けている実葉にまさかこんな過去があるとは思いもしないでしょう。猫はいつだってひたむきに生きているんですよね。当時を振り返ると万感の思いがします。実葉が今幸せでよかった。

 

 

 

みかぞさんと(私が一方的に)バイバイのキスを交わしたあと、母と私はいちばん近いデパートへ。母がたまには人の作ったものが食べたいと言うのです。

IMG_2110

 

 

 

しょうがない甘えん坊だなあ。なんでもお好きにどうぞ(笑)。

IMG_2113

 

 

 

私は食べない時間帯だったのでほぼ母の食べる顔を見ていました。そして会計はもちろん私^^; これはお決まりのパターン。言い訳しておきますが、私は決して金持ちではありません。ただ台湾は儒教を重んじる一面があるのでこういう関係性を保っているという……。

 

 

お腹を満たしたら次は妹の誕生日プレゼント選び。母と折半し、ふたりから靴を贈りました。ぺったんこ靴なので敢えて先端がとがっているものにしたのです。そのほうが足が長く見える気がするでしょ? 色は3色の中から母がチョイス

IMG_2127

 

 

 

歩きやすく、雨の日も履ける実用的なタイプに妹は大喜び。

 

 

母と電車内で別れた私は帰宅し、家事をもろもろ。

 

 

夜、emi-goの病院へローズ、ジャイアン、あさひの駆虫薬を買いに

IMG_2126

 

 

 

駆虫は一度済ませていますが、念には念を入れることにしたのです。

IMG_2120

 

 

 

病院の帰りに妹家へ寄り、早々にプレゼントを渡しました。左のオーガニックのメイク落としとヘアスプレーとカードは私から妹へ。いつもネイルでお世話になっているんで。右のピンクリボンのかかった箱には母と選んだベージュの靴が入っています。

IMG_2128

 

 

 

妹は妹だけのつき合いではなく、703号室卒業犬猫の里親でもあるんですよ。

 

 

 

私が14年くらい前に保護した福と

IMG_2121

 

 

 

私が15年くらい前に保護したまめを妹が育てています。

IMG_2125

 

 

 

妹は里親としても私とは縁が長いのです(笑)。

 

 

 

毎日が駆け足で過ぎていきます。予定が狂うこともしばしば。立てたスケジュールを確実にこなしたい私は番狂わせに出会うとストレスを感じることも。

 

 

 

でも、総じてイキイキと生きています。周りの方々のおかげです。感謝。

 

 

 

最後に、最近我が家に覗き魔がいるのでぜひ紹介させてください。

IMG_2003

 

 

 

トイレに入ると、ストーキング目線を感じます。

IMG_2004

 

 

 

あ、これは証拠写真を撮るために入っただけですので、用を足していません。

IMG_2008

 

 

 

「見ているぞ~~~」

IMG_2006

 

 

 

 

キャー!!

 

 

 

ふふ。構ってちゃん保護猫ジャイアンの意外な? 一面をお送りしました。

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク