MICRO ADOPTION(3美女を添えて)

皆さまこんにちは。私が都心のマックで保護したてりたまちゃんを覚えているでしょうか?

IMG_4866

 

 

※かおりん、かおりんの息子さん、フラゴビさんご夫妻と輪になって、みんなでてりたまちゃんを保護譲渡した一連はこちらをお読みいただければと思います。

 

 

そのてりたまちゃんが長いトライアルを経て、この度正式譲渡になったのです♡

IMG_4862

 

 

ああ。もうすっかりお嬢様だあ!

IMG_4861

 

 

フラゴビさんの愛猫さんたちとも折り合いがついてよかった。えらかったね。

IMG_4865

 

 

幸せそうな姿にほっこり

IMG_4863

 

 

てりたまちゃん、のんびりと生きていってね。

IMG_4864

 

 

てりたまちゃんにつづけとばかりに、私が譲渡責任者となっている保護猫琴里(とろろさんちにステイ)は今週末、703号室のスター保護猫ミミ玉は来週のお輿入れとなりました。美しい成猫女子たちが次々と終の棲家へ羽ばたいていきます。感無量ですね。

 

 

琴里、最初は緊張しちゃうかもしれないけれど

dde (5)

 

 

琴里のペースでゆっくりなじんでいってね!

dde (6)

 

 

時間はたっぷりあるのだから^^

dde (7)

 

 

「はーい」

dde (1)

 

 

ミミ玉ももうそろそろだね。

dde (2)

 

 

シャイなミミ玉が心配だけど……

dde (4)

 

 

卒業前検診も終えたし、今のところ体調は安定しているし、大丈夫かな?

dde (3)

 

 

ビクビクしながらも外で賢く生き抜いたミミ玉だから、あなたの底力を信じているよ。

dde (1)

 

 

コロナ渦で人々の生活様式が変わり、だれもがいろいろな制限を受けていますが、私の微々たる保護譲渡活動は、実はコロナの影響をあまり受けていないのです。

 

 

こういう部分は小回りの利く「個人」の強みであり、利点ですよね。

 

 

うちの子たちがお世話になっている東京大学の前田先生も「今の時代だからこそ個人が行う草の根の活動が重要になるのではないか?」と自身のサロンで述べていて、私のような個人活動の総称を「マイクロ・アダプション」と名づけてはどうか? とのご提案をいただきました。

 

 

おお。なるほど。かっこいいし、いいですね。

 

 

前へ進む、小さくても確実に成果を出す、関わった犬猫たちの実りある未来を追求する、彼らのQOLを追求する、負った責任を投げ出さない、責任をほかになすりつけない、そして、責任という重石に自分が潰されない、どうせなら楽しくやる……これらを私は意識しながら取り組んでいます。

 

 

恨み言や愚痴をさらけ出してしまう日もあるでしょう。

 

 

しかしその十倍、百倍の感謝や喜びを胸に持って、たとえ牛歩であったとしても、弱小であったとしても、自分のしていることに誇りを持って生きていきたいです。

 

 

てりたまちゃんおめでとう♪

 

 

琴里、ミミ玉の新居の紹介もお楽しみに!

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





琴里のご縁が決まりました♡

こんにちは。体調が悪くてご報告が遅くなりましたが、この度家族募集中だった琴里の終の棲家が決まったのです。応援してくださった皆さまありがとうございました。

3 (1)

 

 

昨日の朝、琴里のステイ先である川崎市のとろろさんち

3 (3)

 

 

高速道路が空いていたおかげで703号室からさほど距離を感じませんでした。

 

 

眺めがよくて素敵なお宅! 正直なところ、保護動物の環境って大切ですよね。ゴージャスじゃなくてもいいけれど「清潔」であることは必須だと思います。

kotoria (4)

 

 

人見知りして隠れてしまわないよう、ケージに入ってもらった主役さん

kotoria (3)

 

 

やあ。ことちゃん、がんばろう^^

kotoria (15)

 

 

「わたしのお茶会ですか?」

kotoria (2)

 

 

そうだよ。幸せになってもらいたいから、つい気合いが入ってしまうね。

 

 

猫ドア発見♪

kotoria (5)

 

 

可憐なお花に心がほっこりします。

kotoria (7)

 

 

とろろさん、ランチごちそうさまでした。

kotoria (6)

 

 

いろいろな方と会った1日。合間の30分間は充電器にささった状態です。

kotoria (8)

 

 

見苦しい姿を失礼っ

kotoria (9)

 

 

充電完了後はムクっと起き上がって……

kotoria (10)

 

 

里親さんにちゅーるをもらう琴里

kotoria (11)

 

 

おいしいねえ。ちゅーるを発明した人は本当にすごいです。

kotoria (12)

 

 

ファンに囲まれたアイドル状態の琴里

kotoria (13)

 

 

テーブルに座っていただいて、ゆっくりとお話をさせていただきました。

kotoria (14)

 

 

琴里は責任感のあるあたたかいご夫婦の元へお輿入れします。

 

 

里親さんちは偶然にも我が家から近いのです。ご近所さんはなんとなく安心できますよね。現在脱走防止対策を含め、いろいろとご準備くださっているので、終わり次第のお届けとなりました。

 

 

譲渡責任者の私ももちろんいっしょに行きます。

 

 

とろろさんお疲れさまでした。おみやげありがとうございました。

kotoria (1)

 

 

琴里はやさしいとろろさんに保護され、恵まれた環境で「保護猫生活」を送りました。

 

 

まだ怖がりで馴れるまでに時間がかかる琴里ですが、里親さんはじっくりと向き合ってくださるそうです。猫を通じていい出会いをさせてもらえて感謝です。

 

 

美しい琴里、おめでとう。私もうれしかったよ。辛いノラ猫時代を生き延びてよかったね。

3 (2)

 

 

私が手掛けた譲渡なので、ぜひ、琴里の新居の紹介もブログでさせてくださいね。

 

 

最後に改めて自分の方向性を少し書かせてください。

 

 

私は小さな命のために自己犠牲を払っているたいそうな人間ではありません。

 

 

第一、保護犬猫たちは私にとって「小さな命」ではありません。

 

 

小さいのは彼らの身体のサイズであって、命は小さくない。たいへんデッカい命です。

 

 

細かいようですが、ここだけは日本語をはっきりとさせておきたいです。

 

 

小さな命のために!!、という文言は私の辞書の中にはありません。

 

 

私は、たいへんデッカい命に日々学ばせてもらっています。

 

 

たいへんデッカい命なので、牛歩ながらも一頭一頭のご縁結びを丁寧にしていきたいです。

 

 

彼らは「束」ではなく「個」であり、私が絶えずフォーカスしたいのは「束の彼らの不幸」ではなく、「個の彼らの幸福」です。ぜんぜんちがいますよね?

 

 

「保護」を謳えば多額のお金や過度の賞賛やたくさんの免罪符が得られる昨今を、私はやるせない思いで生きています。人は人、自分は自分と完全に割り切るのがむずかしい。どうしてむずかしいのか、なにが原因なのか、自分の感情が私憤か公憤かを幾度となく考えました。考えて考えて考えました。結果、ゼロか100かでなはいにせよ、やはり私はやり場のない「公憤」を感じていることに気づいています。犬猫たちは庇護を必要とする生き物なので、正しい管理と確かな知識が不可欠です。そして、搾取をせずとも彼らは大きなものを与えてくれる存在ではないでしょうか?

 

 

私はデッカい命に向き合っていけるたくましさと強さがほしいです。

 

 

18年前からコツコツと保護譲渡活動をしてきたのですが、「原則、自分にできる範囲の中で」というポリシーがあるため、皆さまから見たら歯がゆいほど細々としたものでしょう。にもかかわらず、こんな私を応援してくださる方がいて、至福の限りです。

 

 

これからも同じスタイルで皆さまは飽き飽きかもしれませんが、保護動物たちの悲鳴だけを拾って局所的にアピールするのは私にはできないので、「保護動物たちの確かな幸せが重要」という方に向けてなるべく透明感を出していきますね。どうぞよろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ミミ玉の未来の家族へ

2020年2月11日、保護された日に撮られたミミ玉

api-ru (4)

 

 

病院のケージにてキョトンとした表情のミミ玉。内心は怖かったんだろうなあ。

 

 

本日はミミ玉を家族に迎えることを検討してくださる方に、ミミ玉の過去と私の気持ちを伝えたいです。よかったらぜひ読んでください。

 

 

今回の内容はすべて外でミミ玉の面倒を見ていた方に細かく聞いたものです。

 

 

(信頼できる方で、ちょくちょくお電話をしていますし、何度か直接お会いしています)

 

 

ミミ玉は捨て猫です。

sososo (18)

 

 

 

昔、団地に住んでいた人が引っ越しのときに置き去りにして行ったとのこと

sososo (17)

 

 

捨てられてからのミミ玉は戦友のココ玉(現まるここ)と長い年月を団地の駐車場の片隅で生き延びました。※まるここの新しいお宅はこちらをお読みください。

api-ru (5)

 

 

「生き延びた」と簡単に書いていますが、彼女たちはものすごく努力をしました。

sososo (10)

 

 

団地にはいろんな価値観の人が住んでいるので、彼女たちには会う人会う人の心を読む必要があったのです。非力な彼女たちは、人からもらうごはんで命を繋げなければなりません。

sososo (4)

 

 

 

けれど、彼女たちが「存在している」ことを快く思わない人も大勢います。

sososo (19)

 

 

特にミミ玉が恐れていたのは鬼の形相で彼女たちを追い回す暴力的な年配のおじいさん。粘着質なおじいさんが現れると、ミミ玉はごはんを放棄して一目散に逃げました。

 

 

おじいさんの気配が完全に消えるまで、隠れ場でじっと待つ。

 

 

根気よく、長い時間じっと待つ。

 

 

3キロ台の小さなミミ玉にとって、どれだけ勇気の要ることだったでしょう。

 

 

無口で裸のミミ玉には「逃げ足」以外、対抗する手段がないのです。

 

 

2019年の5月から外猫ミミ玉たちの世話をはじめた女性(彼女たちのお友だち)は、団地の駐車場でごはんをあげることを周りの住民に禁止されました。頭を悩ませた末に、自宅(ちょっと離れた戸建て)の私有地のほうへ、ミミ玉たちを誘導することにしたのです。

 

 

団地の駐車場でごはんをもらっていたときの写真

api-ru (6)

 

 

(このあとごはんが禁止され、2匹はごはんを食べる場所を失ってしまいました)

 

 

「警戒心の薄いココ玉はすぐに私について、うちの前に設けた新しい餌場に来たのですが、ミミ玉は2回来たあと、なぜか急に姿を消したのです。

 

心配で毎日あちこち探したのですが、見つかりませんでした。

 

でも、諦めかけた10日後に、突如うちの前に現れて、“お腹が空いた”と、か細い声で鳴いて訴えたんですよ。どこでどうしていたのか……辛かったんでしょうね。ごはんをあげたら丸飲み状態で……」

 

 

5か月ミミ玉といっしょに暮らしている私には当時の情景が目に浮かぶようで、女性と電話を切ったあと、保護部屋にすっ飛んで行って、ミミ玉を抱きしめずにはいられませんでした。

 

 

ミミ玉、一生けんめいがんばったね。テリトリーが変わるだけでドキドキするよね。新しいものはなんでも緊張するもんね。よくやった。ミミ玉の大きな勇気に拍手。

 

 

季節は極寒の真冬。お友だちはココ玉、ミミ玉を外に置いておくことがいよいよふびんになり、また、近隣トラブルやミミ玉たちが車通りの激しい道路を渡る姿にも胸を痛め、あちこちへ相談。

 

 

その後、病院を介して個人で保護譲渡活動をしている私へと話が繋がり、状況を知った私が地元の2匹を保護することになったのが一連のいきさつです。

 

 

保護の際も、ミミ玉はココ玉に1週間の遅れを取りました。

 

 

前に出るタイプのココ玉が先にキャリーに入り、どうしたらいいのかわからなかったミミ玉は、いったん熟考。1週間かけて問題を自分の中に落とし込んでから、意を決してお友だちの前に現れる、のパターンで保護されたのです。ふふ。人間にも同じような思慮深いタイプの方がいますよね。

 

 

戦友ココ玉が完全にいなくなった世界を1週間過ごしたミミ玉の心細さを想像するだけで、私はたまらない気持ちになります。不安だっただろうなあ。

 

 

まっすぐな子、はかわいい。

 

 

でも、奥で様子を窺いながら、もじもじ迷っている子もかわいい。

 

 

かわいさの種類は微妙にちがうけれど、甲乙つけがたい。

 

 

雰囲気に流されずに、なにをするにも一拍考えて、なにをするにも慎重で、しかし一度決めたら後ろを振り向かない清々しいミミ玉が、私はとても好きです。

api-ru

 

 

本当はミミ玉も甘えたかったよね。

api-ru (3)

 

 

ミミ玉は控えめでやさしい子。もちろんふつうに人に馴れています。家猫としてパーフェクト! 抱っこでキャリーに入って保護されたのでその辺はご安心ください。

api-ru (2)

 

 

ミミ玉は推定5歳位のオトナです。

api-ru (1)

 

 

外猫時代に耳の後ろをケガして血を流していたことから「ミミ」と名づけられました。そこに私が「玉」をプラスして高貴な仮名にしたのです(笑)。

 

 

健康状態はすこぶる良好で、血液検査(問題なし)、ウイルス検査(FIV、FeLV共にマイナス)、3種混合ワクチン、ブロードライン済、耳の治療も終えています。

 

 

703号室にて未来の家族を待っています。当初より家猫として問題なく過ごしていますが、私の愛猫あまぱんの闘病でバタバタしていたため、家族募集が遅れました。

 

 

前に先にご縁を掴んだココ玉目線で書いた2匹の外時代の記事があります↓↓↓

 

「だってわたしは甘えん坊ですよ/幸せの703号室」

 

 

ミミ玉は半日程度のお留守番ができ、どんな家族構成の方にもおススメできるタイプです。

 

 

善き方の目に留まりますように。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ミミ玉うさちゃん

卒業生風雅家よりおいしいブレンドティーが届きました。感謝!

mmmmm (2)

 

 

皆さまこんばんは。昨日私は保護部屋の大掃除をしたのです。

mmmmm (4)

 

 

築15年弱の703号室の保護部屋は6畳弱……

 

 

ここから数百の猫たちが新しい家族の元へ巣立って行きました。

 

 

もっと広かったらいいのに、水回りがあったらいいのに、収納があったらいいのに、給餌に便利なミニキッチンがほしい、窓もあと1つほしい……と、欲を言えばキリがないのですが、私は大まかには満足しています。ふつうの個室だからこそ「誰にでもできる活動」だと思うのです。

 

 

犬猫の保護譲渡活動は特別な環境でなくてもできる、個人の自宅で十分にできる、というのが私のスタンスであり、ポリシー。だから一応体現できていますよね?

 

 

我が家のスター(保護猫)たちは、ここをルームシェアしています。

 

 

2匹がいちばんの理想形。ゆったり使えるし相性が合えば淋しさも感じないですよね。

 

 

1匹のときもありますが、最大4匹の成猫が保護部屋で共同生活を送ったことも。

 

 

それ以上の数を保護するときは、リビングやホールなど別室も使います。

 

 

そうじゃないと「すし詰め状態」になり、スターたちのQOLが下がるのです。

 

 

さて、掃除に話を戻しますね。

 

 

ケージやキャットタワーをずらして掃除機をかけ(なぜか毎度乾燥運子を発見する)、床を水拭きしてバイオウィルで消毒。ケージやキャットタワーや棚も拭きました。ヨレヨレの不要物はガンガン捨てる。トイレは丸洗い。新しい猫砂をザザーと入れて♪ 布製品も洗ったりコロコロをかけたり……大汗をかきましたが、終わったあと、本当に気分爽快でした。

 

 

「ハハ ダイソンがうるさかったです」

mmmmm (5)

 

 

ごめん。家族募集中のミミ玉が快適に過ごせるようがんばってみた。

 

 

ミミ玉のベッドもコロコロしたかったけれど、姫が気持ちよさそうに寝ていたからそのままにしちゃった。よく見たら毛だらけだね。次ちゃんとやる!

mmmmm (1)

 

 

「ハハ わたしの領域に入るときは声をかけてちょうだいね」

mmmmm (3)

 

 

あ、はい^^;

 

 

全体はこんな感じ

mmmmm (8)

 

 

キャットタワーや隠れる場所や爪とぎもあります。

mmmmm (6)

 

 

壁紙の色はスター(星)をイメージして数年前に黄色に張り替えました。

mmmmm (7)

 

 

明るい雰囲気でなかなか気に入っています。

 

 

フリーのミミ玉とケージ中心の牛丸の同棲カップルが現在の住民。

 

 

あまぱんに届いたお花を飾ってみました。

IMG_4260

 

 

皆さまあまぱんにたくさんのお花やプレゼントをありがとうございました。

 

 

近々ブログで自慢させてくださいね。

 

 

あと2回あまぱんのことを書く予定です。

 

 

亡くなったあとのことや火葬を終えた心境など。たいせつな家族を見送ったので整理してお伝えしたいのです。くどいと笑わずにどうかおつき合いください。

 

 

そしてミミ玉ですが、来週中に必ず家族募集サイトへ掲載します。

 

 

今週は在宅ワークや資格取得のための最終レポートや講師をしているフォスターアカデミーベーシックプログラム犬座学の講義を控えているためバタバタします。

 

 

週明けから全力で保護猫ミミ玉をアピールしていきますね!

 

 

「ハハ~ 果報は寝て待てでしょ?」

IMG_4261

 

 

キャー♥ なになに? 耳がうさちゃんみたいになっているじゃないのぉ♥

IMG_4263

 

 

脱力感、やさぐれ感たっぷりのおっさんみたいなミミ玉(女子)です。

IMG_4262

 

 

めっちゃめちゃかわいい!

 

 

ミミ玉が気になるという方はぜひお知らせください。

 

 

控えめでやさしくて愛嬌たっぷりですよ。

 

 

善き方の目に留まりますように。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





私が惚れたあまぱんの掲載写真

ミケ玉改め卒業生はな家からお中元とお手紙とあまぱんへのお花代が届きました。

IMG_4198

 

 

ありがとうございました。あまぱんと仲よしだったはなは幸せに暮らしています

IMG_9971

 

 

皆さまこんばんは。

 

 

本日は都知事選でしたね。ふだん政治的なことは表には出しませんが、私は自分の胸の中にしっかりと政治思想があります。だから選挙は欠かさず行っています。

 

 

さて、保護猫ミミ玉のトドみたいな写真が撮れたのでご報告します。

IMG_4192

 

 

ふふ。まあるいなあ♡

IMG_4193

 

 

みいさんにアピール写真をお願いしたのですが、延期となりました。その前に自分で撮ったものを家族募集サイトに掲載しようと思っているのですが、写真はむずかしい。毎日頭を悩ませています。

 

 

ミミ玉は実物のほうがずっとキュートです。

 

 

ミミ玉が善き方の目に留まることを祈りながら取り組んでいきますので、皆さまどうぞよろしくお願いします。ミミ玉が嫁入りできるよう、応援してください。

 

 

そういえば12年半前に家族募集サイトに掲載されていたうちのあまぱんに私が一目ぼれした写真が保護主さんのブログに載っていたので紹介させてください。

 

 

じゃーん! これです!

IMG_4136

 

 

キャー! 今見てもドキドキする。

 

 

この一枚でしっかりとあまぱん(当時は保護猫カン太くん)のお顔を確認し、次なる一枚で鼻血が出ました。完全にノックアウトされ、保護主さんへメールを出したのです。

 

 

ノックアウト写真はこれ!

IMG_4137

 

 

猫の後頭部フェチの私にはたまらないカット。しかも保護主さんにめちゃめちゃ甘えているのがわかりますでしょ? なんという色男……たまらんですよ。大好きすぎる。

 

 

瞬く間にあまぱんに夢中になって、私の脳内はあまぱん一色染まりました。

 

 

よく見ると白髪も少し混ざっているし、ブレているし、意外かな?

 

 

でも私には本当に興味をそそられる写真だったのです。

 

 

掲載時は推定年齢が2~3歳とのことでしたが、白髪の感じからしても、実際はもっと年上だった気がします。しかしもう年齢なんてどうでもいい。このハンサムボーイをいかに我が家に迎え入れるか、私の思考はその一点に寄っていきました。

 

 

あまぱんはね、3件お問い合わせが来たんですって。

 

 

1件目はある動物病院(看板猫兼供血猫)、2件目は海の近くの立派なお家(飼い猫は家外を自由に出入りする暮らし)、そして3件目が私。結論、うちでよかったのかはわからないけれど、私を選んでもらえたら保護主さんに「よかった」と思ってもらえるよう大事にしようと決めていました。

 

 

実際、あまぱんはとてつもなく大事でした。

IMG_3043

 

 

12年半、あまぱんをかわいいと思わなかった日は一日もなかった。

 

 

目に入れてもいたくない存在です。

 

 

いなくなってもあまぱんのことばかりを考えています。

 

 

iPhoneやパソコンに保存された大量の写真を眺めては会いたさを募らせています。あまぱんは私の「日常」そのものでした。日常が脅かされ、なくなる苦しみがつづいています。

 

 

2017年の秋のあまぱん。傍らには天国のナナもいます。尻尾が写ってる^^

IMG_6813

 

 

自宅での補液も必ずごきげんにつき合ってくれたあまぱん(2017年)

IMG_7258

 

 

立派なんてもんじゃないですね。

 

 

6頭いたレギュラーメンバーのうち、べべ、ナナ、ほほ、あまぱんが天国へ旅立ってしまいました。あんなに賑やかだったのに、リルとさぶしかいない。

 

 

703号室はケアや闘病に力を入れているので、6頭のときは朝も夜も戦争状態で、常にバタバタしていたのを思い出します。絶えず保護動物たちもいるしね。

 

 

あの頃は自分の体調が辛かったりすると、お世話が大変で「早く楽になりたい」と嘆いていたのに、こんなにも物足りないなんて……もったいないことです。

 

 

一頭、また一頭と愛を注いだお子たちが消えていくのはしんどい。

 

 

自分が根まで枯渇しそうで怖い。

 

 

リルとさぶに1日でも長くこちらにいてもらえるよう全力でがんばらないと。

 

 

あまぱんあまぱんうるさくて申し訳ありませんが、最後に保護主さんがメールに書いてくれた言葉がうれしかったのでこちらで自慢させてください。

 

 

「田辺さんあまぱん、よくがんばりましたね。本当に偉いいい子いい子、どんな誉め言葉もあまたんのためにあると思えるほど、あまたん大好き、田辺さんありがとう」

 

「田辺さん電話しようと思いましたが控えます。あまたんは田辺さんに出会うためにお外でも負けずにがんばりました。あまたんは田辺さんが大好きです。今まで本当にありがとう、田辺さんには感謝しかありません。あまたんの昔の写真を見てます。本当にお利口さんでかわいくて大好きです。ありがとうございました」

 

「あまぱんからのありがとう、今日届きました。今までたくさんたくさん本当にありがとうございました。田辺さんもお身体を大切になさってください。感謝」

 

「あまぱんはお外でもたくさんアピールして自力で幸せを掴みました。田辺さんの子になる運命だったんですね、あまぱん、私も大大大好きです」」

 

 

保護主さんもあまぱんを深く愛してくれたのが伝わってきます。私こそ深謝しています。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク