ほたるが来たよ

私がほたると名づけた子猫がやってきました。

ahoe (3)

 

 

 

ほたるはemi-goの病院に保護された「源ちゃん」「あんず&かりん」「麦」の姉妹です。当初男の子だと勘ちがいしていたけれどほたるは女の子でした。

ahoe (4)

 

 

 

なんとなくほたるが気になっていたけれど、私が目を奪われたのは蝶々(あんず)。蝶々は私のドストライクでとにかく魅惑的な子猫だったのです。

 

 

障害のあるほたるのほうではなく、蝶々にロックオンされたことを私は自然だと思っていますし、自分の直感をぜんぜん恥じていません。

ahoe (2)

 

 

 

注目度の高かった蝶々を筆頭に、つぎつぎにご縁が決まっていくきょうだいたち。みんなとってもかわいいです。里親になってくださった方もすばらしい方ばかり。軽いノリで家族希望してきた方はいません。

 

 

 

いっぽう、離れたケージの中には、いつもほたるがいます。

 

 

きょうだいたちとケージを分けたのには理由があるのですが、私は次第にひとりぽつんと佇むほたるに心が寄っていくのを自覚しました。

 

 

ほたるにきょうだいと接触する時間を設けるよう提案すると、emi-goはできるだけそうしました。最近は見ていられるときに遊ばせていた模様です。

 

 

きょうだいだけでなく、同じ月齢の保護猫たちともごあいさつ

ahoe (9)

 

 

 

ほたるはちょっぴり気が強く、姉妹のじゅじゅ(麦)と女子同士のけんか。劣勢ぎみのじゅじゅの姿に私たちは笑わせてもらいました。ちなみにけんかと言ってもほっこりレベルですのでご心配なく。

ahoe (8)

 

 

 

5匹で産まれ、5匹揃って保護されたのです。

 

 

なら5匹とも、終の棲家へ旅立たないと辻褄があいません。

ahoe (7)

 

 

 

よしほたる。きょうだいたちはみんな未来へ旅立つことになったから、ほたるは703号室へ移動して持久戦で私とがんばろう。

ahoe (5)

 

 

 

ほたるは生まれつき眼球がありません。全盲です。

ahoe (6)

 

 

 

猫の目は宝石のような輝きを放っています。目は私の大好きなパーツです。

 

 

しかしほたるには目がない。そういう意味では不憫だし、不便ですね。

 

 

けれど、目は全部じゃない。目がすべてではないのも事実です。

 

 

蝶々の家族募集の際に使ったピンクのリボンをほたるにつけてみました。

ahoe (18)

 

 

 

ふふ。まだブカブカだ^^

ahoe (17)

 

 

 

皆さまにほたるがどんな風に映っているのかはわかりません。私自身がほたるについてどう表現すればいいのかも、迷うところです。

ahoe (16)

 

 

 

ただのかわいそうな子ともちがうけれど、正直「超絶美猫」も厳しいですよね。

 

 

でも私たちの社会は、捨てたもんじゃありません。

 

 

いろんな考え方、いろんな価値観を持った方々がいます。

 

 

どこにウエイトを置くのかは各々の自由です。

 

 

揃っている状態に安心を感じる方もいれば、あるものを駆使する能力に唸りをあげる方もいる。美しさはひと通りではないことを私たちは知っています。

 

 

私はほたるの卒業をめざして、ほたるの魅力を精いっぱいお伝えしていきますので、皆さまどうぞよろしくお願いしますね。黒猫だから写真むずかしいけど。

ahoe (19)

 

 

 

広いスペースにごきげんです。

ahoe (20)

 

 

 

ほほを投入

ahoe (25)

 

 

 

異物(ほほ)に気づいたほたるが1度シャーしました。

ahoe (1)

 

 

 

ほたる、ほほはやさしいから大丈夫。きっと仲よくなれるよ♪

 

 

 

病院でペットシーツを使っていたのに、うちで猫砂にかえたら一発で大成功!

ahoe (23)

 

 

 

やるね! ほたるあなた天才じゃない?

ahoe (24)

 

 

 

ほほ、ほたるが来たよ。

ahoe (21)

 

 

 

ほほがほたるにあれこれ教えてあげてね。

ahoe (22)

 

 

 

さぶもね。いい?

ahoe (14)

 

 

 

「まあ やれるだけやってみるな」

ahoe (15)

 

 

 

「おれ ちびの教育担当だから」

ahoe (13)

 

 

 

さて、我が家は全盲のほたるとFIVキャリア成猫のポテチの2スターになりました。「譲渡」の観点からするとどちらもハードルは低くありません。

 

 

だけど私はポテチとほたるを素敵なお宅に卒業させたいです。

IMG_6557

 

 

 

ポテチなんか愛嬌度10000%ですよ。

IMG_6560

 

 

 

ほかの子たちのアピールに追われて、ポテチの出番が少なかったですが、これからたっぷりと皆さまを魅了していきます。

IMG_6553

 

 

 

そしてポテチとほたるの放出の合間にうちのレギュラーメンバーも登場しますので、クスッと笑っていただければ幸いです。

ahoe (12)

 

 

 

「この手は離さない」

ahoe (10)

 

 

 

うん。そうだよね。その手はリルの夫の手だもんね。毎晩手を繋いで寝てほほえましいね。お母さん邪魔しないから思う存分にラブラブしてください(笑)。

ahoe (11)

 

 

 

リルは相変わらずチチにべったりですが、ポテチともまあまあ友だちです。

 

 

 

平和がいちばんっ!

 

 

Smile

 

 

 

スポンサーリンク





フルーツファミリー2

さて、本日は蝶々&お珠改めあんず&かりん姉妹の新居へご案内します。

 

 

この兄妹のお届けはすべてemi-goと行っています。お世話してきたemi-goに子猫たちの行く末を見てもらいたいし、emi-goも見送りたい気持ちで忙しい合間を縫って私と行動を共にしています。

 

 

あんず&かりん家に着いた私たちはあまりの都心さにびっくり。うっ……繁華街のど真ん中。へ? ここ? emi-goハイヒール履いてきて正解だね(笑)。

 

 

「いらっしゃい わたし みかんです 家の中は静かでしょ?」

IMG_6807

 

 

 

わ、みかんさんほんとうに19歳ですか? 若く見えますね。

IMG_6806

 

 

 

ごあいさつもじょうずです。さすが営業担当者!

IMG_6809

 

 

 

リビングの一角に設置されたあんず&かりんのケージ

IMG_6859

 

 

 

私のおススメが準備されていたのですが、子猫たちがまだ小さくてすり抜けてしまうアクシデント発生。すみません。他のをおススメすればよかった。

IMG_6663

 

 

 

でも重厚感のあるお宅にはぴったりのケージだと思います。ちょい成長したら使えますね。今は里親さんが工夫してくれています↓

anzi (2)

 

 

 

ふふ。これまで病院の1段ケージだったので高さがあるだけでも楽しいよね。

IMG_6841-1

 

 

 

「わたしんちですか?」

IMG_6860

 

 

 

そうですよかりんちゃん。おもちゃもいっぱいだし、あんずもいるしいいね。

IMG_6831

 

 

 

なんか写真が白く光っちゃう。実物はスペシャルプリティです。

IMG_6837

 

 

 

「わーい おもちゃだ♪」

IMG_6842

 

 

 

天真爛漫で順応性の高い姉妹は早速遊びを開始

IMG_6851

 

 

 

見てください↓ 里親さんがケージの床にカーペットを敷いてくれたのです。

IMG_6835

 

 

 

やさしいねえ。私も細やかな心配りができる女性になりたいなあ。

 

 

 

我が家のさぶの写真も飾ってくれていました。ありがとうございます。

IMG_6824

 

 

 

裏面は私がお見合いのときに渡したお手紙。私は保護猫たちに会いに来てくださる方に感謝を込めてお手紙を書くようにしています。

 

 

あんず&かりん宅は持ちビルの最上階メゾネット。お部屋がいくつもあり特殊です。全窓の網戸はステンレス製で猫の爪では破れず、専用ロックもついています。けれど私は念のために開ける可能性のある掃き出し窓の脱走防止対策をお願いしました。

 

 

「2面のうち、1面でもいいので換気用の部分だけでも」とお話していたのですが、なんと2面ともやってくださいました。まったく厭わずにです。

 

 

傾向的な話ですが、私も含め長年猫と暮らしてきた方は、猫を守ってきたという自負があります。そこに出会ったばかりの私があれこれ立ち入ると、アレルギー反応を起こされることが予想できるので、私は常に言い方を考えてお話してきました。しかし里親さんは即座に仰ってくれたんです。

 

 

「なにかいい方法を考えます」

 

 

ありがたいし尊敬……。

 

 

レースのカーテンをめくると

IMG_6856

 

 

 

右側も

IMG_6813

 

 

 

左側もガッチリ。大きな窓なのに……お疲れさまでした。

IMG_6816

 

 

 

※ テーブルに飾られているユリは危険だと里親さんもご存知です。プレゼントでもらったので客人の私たちがいる間だけ少し置いたそう。ご安心くださいね。

 

 

美しい里親さんをぼかすのがもったいないけどお顔はナイショ

IMG_6873-1

 

 

 

幼いあんず&かりんが上の階で迷子にならないよう、立ち入り禁止の柵が

IMG_6817

 

 

 

あ、みかんさんも写ってる

IMG_6854

 

 

 

涼し気な雰囲気からは想像できないけれど、こうして拝見させてもらうと、お迎えの準備たいへんだったんだろうなあ、と改めて感じました。

 

 

ちなみに玄関は2つ。2つとも脱走防止対策が不要です。

IMG_6888

 

 

 

里親さん姉妹しか使用できないエレベーターとエレベータホールがあり、ほかの方が入ってこれず、猫も100%出ることができません。うらやましい限りです。

IMG_6891

 

 

 

お茶をいただきながら譲渡誓約書にサイン

IMG_6861

 

 

 

みかんさんをはじめ長年お世話してきた猫さんたちの話を伺いました。

IMG_6879

 

 

 

FIVやFeLVの猫さんもいたけれど、闘病をがんばり、精いっぱい生きて、看取られて天国へ旅立ったのです。慈悲深い里親さん姉妹が家に入れ大切に育てた猫さんたちは幸せですよね。

 

 

慢性腎不全と闘っているのに体重が増えたみかんさん。セミントラを飲んでいるんですって。セミントラはうちのあまぱんとさぶも飲んでいます。

IMG_6883

 

 

 

ラインで繋がっているところ

IMG_6876-1

 

 

 

ではみかんさん、上階に隠れていたレモンくん&ライムくん、あんず&かりんをよろしくね。emi-goもにっこりの安心譲渡になりました。

IMG_6869

 

 

 

里親さんよりお菓子やヒグチユウコさんの本、プチカードのプレゼントが ♪

anzu (7)

 

 

 

ありがとうございます。

IMG_6892

 

 

 

お預かりしたあんず&かりんの基礎的な医療費は全額emi-goに渡しました。

 

 

 

以下が里親さんから届いたあんず&かりん姉妹の近況

anzu (13)

 

 

 

仲よくくっついてあったかいね。

anzu (12)

 

 

 

みかんさん、レモンくん、ライムくんとも打ち解けはじめた模様です。

anzu (5)

 

 

 

ふたりともきれいね^^

anzu (4)

 

 

 

かりんは写真多めに載せないと!

anzu (6)

 

 

 

寝顔萌える~~~!!

anzu (2)

 

 

 

ベランダで産まれた5匹の子猫のうち、源ちゃん、あんず、かりんが終の棲家へのお引越しを済ませました。今週末にはじゅじゅ改め「麦」が病院を巣立ちます。そして今夜、ブログで未紹介の5匹目の姉妹が703号室にやってきます。

 

 

猫の虐待が頻発する昨今ですが、私が関わった猫たちは暴力や悲しいことと無縁の生涯を送ってほしいと切に願いながら全力で行動しています。

 

 

急がば回れ、石橋を叩く、の精神でこれからも微々たる活動をつづけていきたいです。胸が痛いからこそ、私は冷静に着実に一歩を進みたい。

 

 

すばらしい方はちゃんといます。良縁は探せば見つかります。

 

 

理想論ではなく、事実だということを卒業記事で証明しているつもりです。

 

 

適材適所。ベランダよりフワフワのベッドがあんずとかりんには似合いますね。

anzu (1)

 

 

 

応援してくださった皆さま、お問い合わせをくださった皆さまに感謝して!

 

 

LOVE!

 

 

かつくん「253、254あんず&かりんおめでとう。お留守番が1~2時間のおうちだからずっと家族といられるね。お嬢さまとしてスクスク成長してね。ぼくも昔塀の上で保護されたときボロ雑巾みたいだったけれど、ハハがぼくを磨いて太らせてツヤツヤにしたよ。外の猫はみんなスター候補です」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク





源ちゃんとるい兄2

皆さまこんにちは。今日は約半年ぶりに美容院行きます。チチに「白髪が目立つ」と言われた悲しいお年頃。白髪染めとカットで1歳でも若返りをはからなくては。その前に源ちゃんの卒業記事を終えられるかな? がんばります!

 

 

前回書いたとおり、源ちゃん宅は隣の隣の県。どの位で到着するのか読めず、不安なまま出発。キャリー内の源ちゃんはとてもおりこう。小さいのにえらいね。

 

 

高速道路がすいていたので結局1時間ちょっとで到着!

 

 

 

広いお庭には家庭菜園がちらほら

IMG_6715

 

 

 

玄関を開けて(私の靴がそろっていなくてお恥ずかしい)

IMG_6708

 

 

 

猫居るのにそんな開けて大丈夫? と思った方。ふふ。猫の飛び出しを防ぐ内扉があるのです。猫と暮らすために建てたお家だからきちんと設計されています。

IMG_6709

 

 

 

そしてこのお宅の窓はほとんどが「明り取りのための開かないガラス」で、なんとベランダがありません。ベランダがないのでちょくちょく外へ出ないということなんです。設計の段階でベランダは不要だと思ったそうです。なるほど。

IMG_6712

 

 

 

洗濯ものは室内干し派

IMG_6667 (2)

 

 

 

自宅内の換気は扉の上部を使えばOK

IMG_6672

 

 

 

唯一開ける可能性のあるキッチン横の小窓は脱走防止対策をお願いしました。

IMG_6645

 

 

 

もとから安全対策が徹底されていてありがたい限り。窓の写真や扉の写真ばかりを並べていますが、これは私がもっともよく見せていただくポイントです。

 

 

保護猫の脱走は皆さまの想像よりはるかに多いです。迷子になった保護猫を探されている保護主さんや里親さんもいれば、探さずにあきらめてしまう方もいて、譲渡された犬猫の中の一定数が行方不明になるという悲しい現実があるのです。

 

 

だから私は「安全」について自分と感覚の合う方への譲渡を目指しています。

 

 

 

「ぼくと源の話 しないの?」

IMG_6649

 

 

 

おおお。ごめんなさいるい兄。会いたかったよ。はじめまして。源ちゃんがお世話になりますがどうぞよろしくね。

 

 

里親会出身の4歳のるい兄は人見知り皆無。ぐいぐいこっちに来てくれるタイプです。しかも相当のかまってちゃん(笑)。源ちゃんをケージに移す際、るいくんを別室に隔離したら、納得がいかなかったようで猛抗議していました。

IMG_6679

 

 

 

中心でいたいタイプ。書いていて自分とキャラがかぶるところがあり耳が痛い。

 

 

 

「ねえねえ 見てみて~ ぼくキャットタワー持ってるよ」

IMG_6691

 

 

 

「ぼくんちの親きれい好きだから トイレもマメに掃除してもらってる」

IMG_6644

 

 

 

「ほらぼくが2Fに案内してあげる」

IMG_6634

 

 

 

「emi-goさん ぼくんちマンガ集めてるの」

IMG_6675

 

 

 

「ねこの飾りものもいっぱいだよ」

IMG_6684

 

 

 

「源のサークルだよ ぼくチェック済み 親がTシャツと段ボールで源の隠れ家つくってた ぼくは大きいから体が半分しか入らなかった」

IMG_6652

 

 

 

「るい兄 はじめまして ぼく げんちゃん♪」

IMG_6657

 

 

 

源ちゃん、ドライブお疲れさま。素敵なお家だね。

IMG_6662

 

 

 

まずはサークルからスタートしよう!

IMG_6660

 

 

 

目じりが下がりっぱなしの里親ご夫妻。メロメロです。

IMG_6668

 

 

 

希望通りの新居を建てるまで、おふたりはペット1匹のみ飼育可能の賃貸アパートでるいくんと暮らしていたそうです。当時は住居の規約をキチンと守り、「猫2匹を家族として迎え入れる夢」をがまん。

 

 

このたび晴れて次男坊源ちゃんと家族になりました。

IMG_6664

 

 

 

私はこういう方こそが責任感のある方だと思います。るいくんの暮らしぶり、明るい性格を見ていれば、おふたりがどんなに大切にしてきたかよくわかります。

 

 

 

「つぎはぼくが1Fに連れて行ってあげる 書類にサインするんでしょ?」

IMG_6686

 

 

 

「まあ ぼくの親が淹れたお茶でも飲んでいってください」

IMG_6696

 

 

 

とりあえずなんでも前面に出て全面的に張り切るるい兄。頼もしい限りです。

 

 

肝心の記念写真は元気すぎてブレてしまうという

IMG_6703-3

 

 

 

里親さんからはおいしいスイートポテトとキュートすぎる動物たちをプレゼントしていただきました。うれしいいい。どこで買えるんだろ?

IMG_6723

 

 

 

源ちゃんのワクチン代、ウイルス検査代、駆虫薬費は里親さんに負担していただき、全額emi-goに渡してあります。

 

 

以下が里親さんの撮ったるい兄と源ちゃんの写真↓

IMG_6608

 

 

 

るい兄めちゃめちゃ見てるし^^;

IMG_6611

 

 

 

源ちゃん腰が引けてますね。

IMG_6606

 

 

 

ごあいさつ

IMG_6607

 

 

 

源ちゃんはるい兄指導のもと、楽しくおおらかに成長していくでしょう。

IMG_6667

 

 

 

源ちゃんファミリーの幸せを願いつつ、応援リツイートしてくれた皆さまにも改めてありがとうを。終の棲家を得られる犬猫たちが一頭でも多く増えますように。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「x252源ちゃんおめでとう。ベランダで生まれ育ち、きょうだいたちと生き延びたたれ目の源ちゃん、善い方に出会ってきみはラッキーだね。快適なおうちでスクスク成長してね。きょうだいたちもつづくから安心して!

長距離を運転したemi-goさんお疲れさまでした。休めるときは休んでね」

1-3483

 

 

スポンサーリンク





源ちゃんとるい兄1

皆さまこんばんは。本日2度目の更新です。

 

 

日中はひたすら窓を開け換気に徹しました。なお、猫たちの脱走防止対策をしている窓を開けているのでご安心ください~! やっぱ玄関の扉つけてよかった。

 

 

さて本日から2回に分け、emi-goの病院にて保護されていた黒猫源ちゃんの卒業記事をUPします。源ちゃんは私が譲渡責任者ですので703号室卒業生です。

IMG_6230

 

 

 

お見合いの様子はこちらをご覧ください↓

 

「源ちゃんにつづけ!/幸せの703号室」

 

 

一口に「病院に保護された子猫」と括っても、個体それぞれにいきさつがあります。源ちゃんの場合はどんな過去があるのでしょう?

 

 

源ちゃんは5兄妹で生まれ育ちました。

 

 

源ちゃん、蝶々、お珠ちゃん、樹々、そしてもう1匹全盲の女の子がいます。私は全員が幸せになれるよう力を尽くしていく所存です。全盲の子についてはいずれ紹介しますのでしばしお待ちください。かわいいですよ♪

 

 

源ちゃんの母猫はemi-goの病院の患者さん宅にごはんを食べにくる野良猫でした。妊娠した母猫は患者さん宅のベランダで源ちゃんたちを出産し、そのまま育児。困った患者さんがemi-goに相談。病院も際限なく保護できないので一度は断ったのですが、子猫の中に全盲の子がいることを知り、emi-goは困ってしまいました。全盲の子は外では生きていけないからです。

 

 

悩んだ挙句、emi-goは母猫の不妊手術を条件に子猫たちを引き受けることに。全盲の子も健常な子もみんな病院に来る運びとなりました。※母猫は手術済

 

 

源ちゃん、病院は安全だもんね。

IMG_6232

 

 

 

小さいのに兄妹たちとよくがんばったね。

IMG_6231

 

 

 

だれが悪いんじゃないんだけど、私は常々、emi-goと中島先生の負担が大きすぎると感じています。もし私なら自分で保護し自分で里子に出します。それは私が保護譲渡活動をしていて自信があるからではなく、仮に私がこの活動をまったく経験していなかったとしても。

 

 

だって想像してみてください。ちゃんと想像してみてください。

 

 

保護から譲渡までの一連は決して簡単ではありません。お金もかかることです。

 

 

emi-goのご主人が中島先生でよかった。いつもお疲れさまです。

IMG_6494

 

 

 

私はきびしいことを言っていますね。自覚しています。でもemi-goの病院は駆け込み寺ではなく、動物の医療を目的に夢を持って建てられた施設です。彼女はアニマルポリスではなく、ここは無償のシェルターではなく、彼女は「保護できない人々」のサポーターではなく、自分の人生をキラキラと生きるべき女性です。

 

 

もちろん、emi-go自身が決断してやっていることです。しかし絶えず犬猫の生死の決断を迫られる彼女の身になれば、いろんな葛藤や苦しみが見えてきます。

 

 

私も全部は引き受けられないですが、少しずつできるお手伝いをしています。

 

 

前にも書いたのですが、源ちゃんたちをツイッターに載せて宣伝してみたところ、幸運にも素敵な出会いを果たせたんですよ♪

IMG_4564

 

 

 

源ちゃんの里親さんとのやり取りが妙に新鮮でたまりませんでした。

 

 

メールがコンパクトでありながら、非常にわかりやすいですし、こちらの知りたいことを前もってサラッと写真つきで送ってきてくれるのです。

 

 

たとえば新しい子猫がつかう予定のケージや、先住猫るいくんの写真など。

 

 

くわえて細かいこだわりがなく、明言をひと言。

 

 

「猫はみんな好きだから男の子ならどんな子でもいいです」

 

 

仰っていることはわかります。私もどんな模様の子も好きです。

 

 

けれどご連絡をいただいた時点で病院には多数の子猫がいて、変な言い方ですが、選ぶことだってできたのです。にもかかわらず、里親さんは一度も外見や性格に対する希望を口にしませんでした。私のこともさっぱり知らなかったようで、どこからかまわってきたツイートを発見し、すぐ問い合わせをしてくれたとのこと。けれど決していい加減な気持ちではありません。2匹目を迎えるにあたり家を建て、引越しを済ませ、慎重に考えてきたご夫婦です。

 

 

それに、里親さんご夫婦と私は近所ではありません。2つの県をまたぐのですが、軽快にemi-goの病院まで会いに来てくださいました。本当、パッと。

 

 

ふふ。なにもかもが清々しい。

 

 

「やあ! ぼく源ちゃん」

IMG_6486

 

 

 

源ちゃん、源ちゃんの里親さん、おもしろい方々だね。

 

 

きちんとしているのに全然猫への要求が細かくないところ、尊敬します。

IMG_4379

 

 

 

源ちゃんぜったい幸せになれると思うわ。

IMG_4373

 

 

 

いろんな意味で「譲渡」は身を削られるような疲労感を伴うのですが、正直源ちゃんの縁結びは、スムーズの一語に尽きました。まるでプレゼントのようです。

 

 

源ちゃんの里親さんのお人柄の賜物ですね。

 

 

里親さんのツイッター → @neconoago

 

 

源ちゃんと姉妹のお珠ちゃんの黒黒コンビ

FullSizeRender

 

 

 

源ちゃんの食べているごはん、私のおすすめの猫砂を聞かれたので答えると、速攻でご準備くださいました。やることが早いのもいいですね。

 

 

先住猫るい兄。地元の里親会出身のこの方はかなりキャラが立っています。実際に会って虜に。自慢のお家を案内してくれたのは里親さんじゃなくて、るい兄だったし。私がプレゼントしたシュシュ(マイ太郎さん作)をつけて!

IMG_6389

 

 

 

お届け日車内のキャリーにて撮影した源ちゃん

IMG_6633

 

 

 

源ちゃん、隣の隣の県だから、ちょい我慢だよ?

 

 

(高速が空いてるから行きは1時間で到着)

 

 

ちなみにトライアルはなし。ご夫婦のおおらかさに接し、必ずうまくいくと信じての卒業。現にるい兄と源ちゃんは距離が縮まっています。

 

 

次回は源ちゃん宅にお邪魔します。

 

 

源ちゃんよりるい兄さんの写真が多いかも^^;

 

 

ベランダで育った源ちゃんの、とにかくうれしい譲渡でした。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





源ちゃんにつづけ!

今日は濃い一日でした。すっごくうれしいことがあったんです。

 

 

ねー♪ 源(げん)ちゃん♪ 私はemi-goの病院にて「ひとり里親会」を開催

IMG_4412

 

 

 

悪い癖のiPhoneパチパチは封印。カメラを手に真剣な気持ちで臨んだのです。

IMG_4332

 

 

 

先日emi-goの病院に子猫がいっぱいいると書いたじゃないですか?

 

 

実は水面下で私なりに1匹でもどうにかできないかと動いていたのです。

 

 

皆さまがツイッターに拡散してくださったおかげで反響があり、その中にすばらしい出会いがありました。皆さまに感謝しご報告の意も兼ね、『源(げん)』と名づけられた子猫の未来にスポットを当てていきます。

IMG_4391

 

 

 

挙手してくださったのは4歳のるいくん(里親会出身)を育てているご夫婦。おふたりの希望はなんと「男の子」一点のおおらかさ(笑)。ご紹介できる男の子は2匹。私のほうでいろいろ考え、黒猫のおちびさんをすすめたところ、快諾。

 

 

ふふ。なんてすがすがしい人たちでしょう。

 

 

あ、もちろん事前に写真はこちらからお見せしています。

 

 

「ぼくに会いに来てくれたの? ぼくが主役ですか?」

IMG_4359

 

 

 

そうですよ。あなた「源(げん)」ちゃんになるんだって。おめでとう。

 

 

先住猫るいくんのどうぶつ健康保険証。写真がイケメンですね。

IMG_4341-1

 

 

 

「猫仕様」のお家を建てたおふたり。安全性の高いうらやましいお宅です。

IMG_4333

 

 

 

お茶会はemi-goの病院で行ったのですが、お家の写真をご持参いただくようお願いしています。保護猫の住環境をあらかじめ知ることはあらゆる面に於いて安心です。アドバイスもできますし、なにより円滑にお話をすすめられます。

IMG_4331

 

 

 

そして私もできるだけ透明性を高める努力をしています。源ちゃんの住処をオープンに見ていただきました。源ちゃんのきょうだいたちのお顔もね^^

IMG_4339

 

 

 

室温管理の取れた清潔な場所でだいじに育てられています。

IMG_4322

 

 

 

源ちゃんは10月のはじめ頃巣立ちます。私が譲渡責任者ですので、源ちゃんは703号室の卒業生になります。今後もできるだけ写真をUPします。かわいいので癒しや和みとして会いに来てやってくださいね。卒業記事もお楽しみに!

IMG_4399

 

 

 

お顔はナイショですけど、おしゃれで素敵なご夫婦でした。遠くからお越しくださりありがとうございます。源ちゃんは幸せになることまちがいなしです。

IMG_6388

 

 

 

で、源ちゃんがらみで私のハートにこびりついているお方がいるのですが……

IMG_4409

 

 

 

源ちゃん(左)といっしょに放牧中のさび長毛(右)。源ちゃんの姉妹。

 

 

私はひそかに名前をつけました。正直言ってもろタイプです。ツボです。

IMG_4366

 

 

 

左の黒い塊が源ちゃん。右のブラウンのまだら模様が蝶々(ちょうちょ)

IMG_4414

 

 

 

見てこの一枚!! 源ちゃん(左)も蝶々(右)も萌えません?

IMG_4349

 

 

 

ううう。連れて帰りたい。家族として迎えたいレベル……

 

 

勝手に蝶々とか呼んでemi-goに呆れられるかな?

 

 

私の顔を見るとしつこく同じことばかり言ってくるemi-go

 

 

「田辺さん猫要りません? 田辺さんになら喜んで渡します」

 

 

いや。ありがたいけどうちはもういいや。

 

 

新たに3匹の子猫が病院に保護され、てんてこまいなんでしょう。お疲れさま。

 

 

私の力作がこちら↓ 蝶々って仮名がほんのり合いませんか?

IMG_4377

 

 

 

残念ながら家族として迎えることはできないけれど、赤い糸を探すお手伝いならできるかな? 来週この写真で家族募集サイトに掲載しようかと悩んでいます。

 

 

病院はいつ行っても忙しそう。トリミング中の小型犬。まんまる顔です。

IMG_4323

 

 

 

源ちゃんのお茶会の合間に、保護猫十香のトライアル前検診をお願いしました。なかなか時間を有効活用しているでしょ? 意外と合理主義なんですよね。

IMG_4328

 

 

 

体重3.9(保護時より1キロ増)。体温37.8。心音正常。触診異常なし。血液検査(スクリーニング検査)及びFIV、FeLV検査(2度目)を実施

IMG_4329

 

 

 

保護したての2か月前、FIV、FeLV検査は陰性でしたが、FIV陽性のポテチと外猫時代に密な接触があると考えられるので念のため再検査を依頼したのです。

 

 

ほんとうはもっと時間を置いたほうが正確かもしれませんが、現時点の状態を私がきちんと把握しておきたくて。スクリーニング検査のついでにできちゃうし。結果はどちらとも陰性。スクリーニング検査のほうも異常なしの健康優良児!

 

 

 

「はあ疲れた 貧血ぎみよ……」

IMG_4325

 

 

 

いえいえとかちん、貧血をうったえるほどは抜いてませんから!

 

 

これで胸をなでおろしてトライアルに見送れます。

 

 

 

満天とうまくいくといいなあ。

 

 

「譲渡」

 

 

渡す対象が血の通わないただの「物」ならどんなにいいだろうと思うことがあります。しかし私はモノではなく、命を扱っています。注意に注意、細心に細心を重ねてもなお足りません。ほかのことなら粗削りでいい。

 

 

不器用さ、不完全さはときとして人の心を奪い、目をくぎづけにし、感動を呼ぶこともあるかもしれません。けれど、「譲渡活動」でそれはダメです。譲渡は完全をめざしていかないと。そう自分に言い聞かせながら取り組んでいます。

 

 

ますます自分が納得できる形をめざして

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク