こじくんありがとう♡

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

アレルギーで目がかゆいけれど、医者に行くのをためらうこの頃です。皆さまはどうされていますか? 動物病院は迷いなく通うのに、なんだろうね?

 

 

「あしたは わたしが病院かぁ……」

aya22 (21)

 

 

出口アヤさんからプレゼントが届きました。貴重なマスクも入っています。

aya22 (22)

 

 

アヤさん、いつも気にかけていただきありがとうございます。

 

 

今日はカメラロールに入っているアヤさんちのこじろうくんの写真をどうぞ♪

aya22 (18)

 

 

ハンサムでしょう?

aya22 (2)

 

 

我が家の老犬高菜が亡くなった後に、アヤさんからシッターの依頼を受けました。あまりに心臓がバクバクしたので、お受けするか少し迷ったのですが、伺って本当によかったです。

 

 

こじくんのお世話を通じて、克服の方向へ迎えたから……

aya22 (12)

 

 

アヤさんは高菜のことも気にかけてくださっていました。

aya22 (3)

 

 

「こじくんはじめまして」

aya22 (14)

 

 

噂に聞いていたこじくんですが、実物はさらなるキュートさ♡

aya22 (15)

 

 

アヤさんとパートナーさんに溺愛されています。

aya22 (10)

 

 

夜と朝の2シッティングでした。こじくんの顔を見るのが楽しみで仕方なかったです。

aya22 (11)

 

 

キッチンに立つ私を見ているこじくん

aya22 (7)

 

 

ちゅーるのごほうびをどうぞ

aya22 (9)

 

 

「ペロペロ」

aya22 (8)

 

 

「うんまい」

aya22 (19)

 

 

こじくん専用ルームの一部

aya22 (13)

 

 

幸せな家猫暮らしですね。

 

 

※なお、ブログなどでの紹介はアヤさんの許可を得ています。

 

 

アヤさんのご著書を発見! 私も持っています。

aya22 (4)

 

 

アヤさんのパートナーさんに誕生日プレゼントでドライヤーをもらいました。

aya22 (1)

 

 

すぐに乾くし髪がまとまるので重宝しています。ありがとうございました。

 

 

こじくん色のタイツで行きました。

aya22 (6)

 

 

ふふ。お揃いね^^

aya22 (5)

 

 

翌朝、まだ3回しか会ったことがないのにお腹出して甘えてくれたのです。

aya22 (16)

 

 

うれしくて心の中で叫んでしまいました。やった。こじくんありがとう。

aya22 (17)

 

 

実はブラッシングのとき、こじくんにちょっとだけ高菜の話をしたのです。

 

 

「うちの高菜が亡くなってしまって、こじくん、私、胸が痛いんだよね」

 

「高菜に会いたいな」

 

「こじくんは長生きするんだよ。いっぱいいっぱい生きてね」

 

「仲よくしてくれてありがとうね。こじくんのお世話に来てよかった」

 

「こじくんかわいいねえ。立派だねえ。ありがとうね」

 

 

モコモコの身体を撫でながら話をすると、こじくんはちゃんと聞いてくれました。

 

気のせいじゃないですよ。私の目を見て、ゆっくり何度も瞬きしてくれたのです。

 

 

明るく! 元気に! そう自分に言い聞かせ、暗い気持ちを表に出さないよう気をつけていたのですが、それでも漏れた分の悲しみが伝わり、こじくんに共有させて申し訳ないことをしました。

 

 

私の家庭の事情をこじくんに押しつけるのはなんとなくイヤだったのです。

 

 

でも、こじくんはあたたかく接してくれました。

 

 

こじくんのやさしさにどれだけ救われたか。

 

 

改めて、犬猫たちの人間の傷を癒す力の大きさに気づかされました。

 

 

こじくん、お留守番えらかったね。がんばりました。

 

 

アヤさんがお家に帰ったあと、こんな写真を送ってくれました。

aya22 (20)

 

 

沁みますね。こじくんとアヤさんの健やかな日々を祈っています。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





最近のお気に入りショット

皆さまこんばんは。保護猫アスターの卒業記事を書くと言っていたのに時間が足りず伸び伸びとなっています。写真の整理があるのでしばらくお待ちください。

 

 

保護したての黒白猫「牛丸」ですが、明日病院へお迎えに行ってきます。

 

 

私が会ったときは前足をあげて不自然な歩き方をしていたのに、病院では後ろ足の肉球がパックリと割れていたのが見つかったそうです。ケガをした後ろ足は中島先生が縫ってくれています。正直いろいろと不安ですが、ひとつだけよかったのは、今後近所で牛丸の姿を見る恐怖から逃れられたこと。

 

 

そこだけは心底ホッとしています。

 

 

昼前から動き回って疲れてしまったのでお気に入り写真を何枚か添えて簡単に更新します。

 

 

本日の打ち合わせ先でおがんだ夜景

09 (1)

 

 

これまた打ち合わせ先に咲いていた可憐な花たち

09 (9)

 

 

やさしい色合いに心が和みます。

09 (8)

 

 

昔から私は生活に余裕のないときも精神に余裕がないときもお花を眺めると気持ちが豊かになり、落ち着くのです。ついパチッと撮ってしまいますね。

 

 

ほげっとしたリル

09 (12)

 

 

Twitterにも載せた美リル。おしめを外してテクテク歩きました♡

09 (11)

 

 

近くにいても前足を投げ出してくれた保護猫すずらん

09 (10)

 

 

撮影許可をくれたようでうれしかったです。すずは気前がいいですね。

 

 

カメラマンの筒井さんが撮ってくれたさぶりんとのラブショット

09 (7)

 

 

似たような写真が3枚もあって至福の限りでした。筒井さんありがとう!

 

 

低空飛行ながらずっと飛びつづけてくれているあまぱん(筒井さんより)

178_atari

 

 

慢性腎不全と難病肝アミロイドーシスと闘うあまぱんの生命力は半端じゃないですよ。

177_atari

 

 

首元に黄色のシュシュをつけた赤い糸希望の保護猫たわし(筒井さんより)

109_atari

 

 

私の日常にはキラキラが溢れています。

 

 

宝物たちと生きていく力を培っていきたいです。

 

 

明日が皆さまにとってよき一日でありますように。

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





迷いから出て

長くなりますが、自分の気持ちをまとめました。

 

 

猫を愛する皆さまには多かれ少なかれ共感していただける心境かと自負しています。お時間のある方はぜひおつき合いくださいね。

 

 

昨夜は保護猫たわしのワクチンの日。保護猫すずらんの目薬も処方してもらいました。

IMG_0946

 

 

たわしは来月不妊手術を控えています。

IMG_0944

 

 

生えそろったばかりの真っ白な永久歯

IMG_0947

 

 

爪をチョキチョキ

IMG_0943

 

 

後ろ足も

IMG_0942

 

 

注射おしまい。がんばりましたよ。

IMG_0948

 

 

「田辺さん、ちょっといいですか?」

 

 

病院を出ようした私にスタッフのおだちゃんが話しかけてきて、私は5分ほどおだちゃんの質問に答えました。前々からおだちゃんには保護したい成猫がいて、成功せずに困っているのです。

 

 

「もしよかったらおだちゃん、今度一緒に保護やるよ?」

 

 

「そんなそんな……でも田辺さんにそう言われると心強いです」

 

 

おだちゃんはその猫に関わる人間関係にも葛藤を抱えていて、私は淡々粛々と1匹の外猫に意識を向けているおだちゃんに好意を持っています。

 

 

帰りの車の中で、私は猛烈に自分に違和感を感じました。

 

 

おだちゃんの保護したい猫の保護を手伝うねといい顔をしながら、私自身の保護したい猫は蓋をしたまま。ランダムでありながらも半年以上前から近所で姿を見ていたのに、一度も私は本気でその猫と向き合おうとしなかった。なんかおかしい。自分は正しくない。

 

 

それでも気になる存在だったので、ときどき「保護熱」はあがりました。

 

 

しかし見かけなくなるとホッと肩を撫でおろす毎日を送っていたのです。

 

 

身のまわりにいるノラ猫をスカウトしたい。

 

 

ピカピカに磨き上げて終の棲家に送り出したい。

 

 

しかしそれでは正直私が食べていけない。きれいごとじゃ済まない。だから仕事をどうにかしなきゃと自分の生活のことばかりを考えていたのです。

 

 

うちの近所に半年前から現れるようになった黒白猫を最後に見たのは3月8日。ミケ玉をトライアル先の里親さん宅に送り届けた夜でした。その日の午前中は卒業犬まうとの再会も果たし、「私の手を介して幸せになっていく犬猫たちがいる。こんな私にもじゃっかんの生産性がある」と、少しばかりの余韻に浸っていたときだったのに、前足を引きずった黒白猫が私の前に現れたのです。

 

 

ああ。今日はきみと会いたくなかった。

 

 

しかも隣のアパートのゴミ置き場にいて、前足をあげながら生ゴミの入ったゴミ袋を漁っています。ガリガリではないし体が大きいので栄養失調じゃないのでしょう。それでもゴミの袋をちぎっているのですから、食べたい量を食べれていないのですよね?

 

 

私はミケ玉家からおみやげでいただいた「ちゅーる」を一本出して床に置き、エントランスに向かいました。振り返ると片足を浮かした黒白猫がちゅーるのついた床の上のビニールを必死に舐めていて……私は逃げるように家に入ったのです。

 

 

その日撮った写真。暗がりなのでボケています。

111c

 

 

ミケ玉のお宅にはふわふわのクッションやベッドが数えきれないくらいあった。

 

 

黒白猫は冷たいアスファルトの上で片足を浮かせている。

 

 

冬の間、ずっと裸足でアスファルトの上に立っていた。

 

 

一回として黒白猫がやわらかい毛布にくるまっているところを見たことがない。

 

 

同じ猫でありながら、この差はいったいなんですかね?

 

 

ミケ玉と黒白猫の「格差」に加担している自分が嫌いで仕方なかったです。

 

 

話は戻って昨夜、たわしが入ったキャリーを持ってテクテク歩いていると、黒白猫が目の前をスッと横切ってゴミ置き場に向かっていくのが見えました。その後ひたすら悶々として、精神的限界値に達した私は捕獲箱を持ってエレベーターを降りたのです。

 

 

あまりの寒さに膀胱が縮こまる勢いでしたが、手ぶらで帰るわけにはいきません。

 

 

夜道に佇む私。近隣に不審者扱いされながらも長時間粘りました。過去に何度も通報され警察の職質を受けている身としてはビクビクでしたが、最後にはツナ缶が私を助けてくれたのです。

1111c (2)

 

 

うれしかった。

1111c (4)

 

 

迷いから出れてよかった。

1111c (3)

 

 

今までごめんね。本当に悪かった。

1111c (6)

 

 

深夜の寝床。敷布団2枚にしたけれど石張りの床が冷たい。

1111c (5)

 

 

そしてトイレのドアを開けられないことが判明(号泣)。

 

 

本日、黒白猫を病院へ預けてきました。足も診てもらえるよう伝えています。

1111c (1)

 

 

よろしくお願いします。

1111c (8)

 

 

病歴不明。人馴れ不明(多分してない)。年齢不明。性別はおそらく男子。

 

 

わからないことだらけの相手ですが、私は幸せを願ってスカウトしました。

 

 

名前を「牛丸(うしまる)」にしようかと思いますがいかがでしょうか?

1111c (7)

 

 

牛丸くんが703号室に加わりますので、お見知りいただければありがたいです。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

Smile!

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





愛の子

皆さまこんばんは。立て続けに更新したりしばらく離れたり、読みづらいことこの上なくてごめんなさい。にもかかわらず、いつも遊びに来てくれて感謝です。

 

 

最近歯医者さんでほめられました。

 

 

ほめられるとやっぱり気分がいいですよね。

 

 

昔から私はスケーリングが大好き。3か月~半年に1度の割合で歯の掃除に行くのです。やりすぎないほうがいいという意見も聞きますが、サッパリするのと歯周病予防に繋がるので私は行きます。若い頃歯医者さんで働いていた私は「歯のたいせつさ」を思い知っています。芸能人のような審美追求型の人工的な白い歯ではなく、歯根を含め自然に持っている歯を強く維持するのが私の生き甲斐。

 

 

自慢は(治療済みの小さな虫歯が数本あるものの)歯や歯の神経がすべて残っていること。そして歯茎年齢が20代と言われていること! 腫れず下がらずでいい調子です。

 

 

「歯石、着色もほとんどなく、よく磨かれています」だって♥

 

 

やったね^^

 

 

さて、本日は先週にタイムスリップ

018 (14)

 

 

トライアル前のまうを連れて「卒業前検診へ」

018 (3)

 

 

バベジアを患っているまうは貧血の値が気になるところ

018 (5)

 

 

定期的に血液検査をしています。今回は悪化してしまったので、薬の量を増やしました。もちろん里親さんには偽りなく(データーごと細かく)報告しています。

018 (7)

 

 

爪切り、耳掃除、体重測定をしました。

 

 

腕に抱いた感じが5.8キロ程度だったので、予想したら見事に当たってました。実際の体重計の数字は5.9キロ。でも首輪やハーネスを外したらちょうど5.8キロになるでしょ?

 

 

なんでわかったか?

 

 

まうは亡きべべ公に重さが似ていたのです。べべは約6キロだったのでその位かな? と。

018 (2)

 

 

持病を抱えてはいるものの、まうはちゃんと育っています。えらいえらい。

 

 

マイクロチップも入れました。ちゅーるで釣って鳴かせずに終わったという……

018 (8)

 

 

雰囲気を変えて

018 (4)

 

 

旅支度が整っていくたびに、切なさが増していきます。

018 (6)

 

 

まうの検診のついでに新しい保護猫3匹のお迎えも控えたこの夜……

 

 

重労働かつバタバタするので病院で腹ごしらえを(笑)。

018 (9)

 

 

カレーだからあげられないの。ごめんね。

018 (10)

 

 

すっかり犬舎に馴れたまう

018 (11)

 

 

勝手にベッドでくつろいでいます。

018 (12)

 

 

病院にいっぱいお世話になったし、みんなにやさしくしてもらえたもんね。

 

 

emi-go、あまぱんとさぶにフードをありがとう♪

018 (16)

 

 

まうと保護猫たちを乗せて、家路につきました。

018 (13)

 

 

TNRを免れた地元の猫たちです。がんばっていいご縁を探します。

 

 

まうとの「さようなら」の瞬間が刻一刻と迫ってきます。

 

 

心の中で私は子どもみたいに「やだやだ」と足をバタつかせ、しかし一方では律儀なオトナのように里親さんに写真を送ったりまうのお世話を淡々としたり……

 

 

自分の思考と行動の乖離に苦しんだ日々を送りました。本当にキツかった。

018 (15)

 

 

トライアルに出る前日に突然まうに会いに来てくれたゆちゃん

018 (17)

 

 

私への誕生日カードとチョコレートをありがとう。

 

 

まう、ゆちゃんにおやつをもらってよかったね。

018 (18)

 

 

emi-goも車にチャポポとボボボを乗せて家の下に来てくれました。

018 (1)

 

 

「さっき」の延長線上に「今」がある以上、「昨日」の延長上に「今日」がある以上、気持ちをコロっと一新させるのはなかなかむずかしい。だから文中にまうへの見苦しい未練が漂っているのはお許しください。どうしてもウソは書きたくないのです。

 

 

けれども私は、責任感の強いすばらしい里親さん宅でくつろぎはじめるまうと里親さんを全身全霊で応援しています。まうの幸せを願って送り出しています。

 

 

まうがトライアルを終えたら「おめでとう」を捧げ、まうが戻ってきたら「お帰り。もううちの子ね」と伝えます。うまく言えないのですが、まうは私にとってそんな存在です。

 

 

どこにいようとも、まうが常に愛の子でありますように。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





白まんじゅうのお茶会

みなさまこんにちは。いろいろとご心配をおかけしてごめんなさい。

 

 

本日は保護猫白まんじゅうが主役。いっしょに喜んでいただければ幸いです。

 

 

もふもふ譲渡祭に出れなかった保護猫白まんじゅうですが、この度お茶会を経て良縁を得ました。人馴れの部分で1年かかってしまいましたが、あとは里親コスモちゃんに引き継ぎます。コスモちゃんのお母さまは703号室卒業生ハリと暮らしています。三本足のハリをおぼえていらっしゃる方も多いのではないでしょうか? コスモちゃんなら皆さまに安心、納得していただけると思います^^

000eise (14)

 

 

オシャレしてます♡

000eise (2)

 

 

私は譲渡会ではなく、里親希望者さんと細かくやり取りを重ねたあと、自宅に招くスタイル(もしくは私が伺う形)を取っています。理由はじっくり話せるから。

 

 

変な話、時間やコストはかかりますが、立ち話で縁結びするのが私は苦手なのです。

 

 

703号室スターたちのそれぞれが主役になる晴れの日

000eise (15)

 

 

私も気持ちがウキウキします。

000eise (1)

 

 

コスモちゃんが白まんじゅうと私の写真を撮ってくれました。やったね!

000eise (16)

 

 

天国のロンちゃんが使っていた医療グッズを譲っていただきました。感謝。

000eise (11)

 

 

15歳まで生きたがんばり屋でハンサムなロンちゃんはコスモちゃんの宝物

000eise (13)

 

 

おみやげも恐縮です。

000eise (12)

 

 

ご主人とははじめてお会いしたのですが、コスモちゃんとお母さまはもふもふ譲渡祭にも遊びに来てくださったのですよ。仲よくさせてもらえてうれしいです。

000eise (4)

 

 

おもしろくて素敵なご主人に抱っこしてもらえてよかったね。

000eise (3)

 

 

住宅のペット可の証明書を持ってきてくださったコスモちゃん

000eise (8)

 

 

和気あいあいの雰囲気で卒業日が決まっていきます。

000eise (5)

 

 

あまぱんは自分からご主人の膝に飛び乗って甘えモード全開☆

000eise (6)

 

 

ふふ。あまぱんやるね~!

000eise (7)

 

 

いい子いい子してもらってウットリ中

000eise (9)

 

 

荷物チェック係のさぶも近くにいます♪

000eise (10)

 

 

白まんじゅうは「アスター」というかっこいい名でまもなくうちを巣立ちます。

 

 

長くかかってしまいましたがあたたかい目で応援してくださった皆さま、どうもありがとうございました。コスモちゃん、アスターをよろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク