2みなさん ぼくんちへようこそ(満天より)

さて、つづきです。皆さまお待たせしてごめんなさい。

 

 

皆さまもご存じのとおり、満天は卒業直前にいきなり胃腸炎になり通院しました。長らく飲ませていた抗生物質が原因です。お届けを延期しようかとも考えましたが、様子を見て大丈夫そうなら予定通り行くことに。ほんとうは午前中に満天の新居に着くはずでしたが、念のため午後にしてもらったので、ご主人さまにはまたも会えず。せっかく半休を取ってチチと私を待っていてくださったのに。近々ごあいさつに伺わせていただきます。

 

 

4カ月も我が家にいたのでお婿入り道具はひいきぎみに^^

gaoria (13)

 

 

 

703号室から車を走らせること1時間。満天着いたよ~!

IMG_2848

 

 

 

ここが満天の新境地です。

IMG_2859

 

 

 

ケージはお兄さんとお姉さんのお年玉を足して、家族みんなから満天へのプレゼント♪

IMG_2866

 

 

 

満天が緊張しないよう、シーツをかぶせてもらいました。

gaoria (16)

 

 

 

 

先代猫ルランくんのお下がりのキャットタワー

gaoria (24)

 

 

 

爪とぎゾーンにルランくんの足跡が。ここでバリバリやっていたんだろうなあ。

gaoria (14)

 

 

 

手作りの猫トンネルも!

IMG_2863

 

 

 

広々として清潔なお家です。

gaoria (23)

 

 

 

写真には写っていませんが、受験を控えたお姉さんの勉強机もありました。お兄さんがお姉さんに勉強を教えているそうです。いいな。でも満天がいたら勉強どころじゃなくなりそう(笑)。

 

 

壁には家族の写真がたくさん。真ん中がお姉さんだ。かわいい!

IMG_2854

 

 

 

お兄さんは野球少年だったのですね。若かりし日のお母さんもいます。

IMG_2853

 

 

 

そして、ルランくん。ルランくんはご家族の胸の中で永遠に生きていると思います。

IMG_2870

 

 

 

今回満天を迎えるにあたり、つけてくださった換気用掃き出し窓の脱走防止柵

IMG_2856

 

 

 

天井からしっかりとつっぱっていました。安全な環境は保護主としてありがたい限りです。

 

 

 

満天のいるリビングには重厚なドアがあるので玄関への飛び出しはできないですが、玄関にはルランくんのときから設置されていたゲート(1m超)もありました。3重という意味です。

 

 

猫はジャンプ力があるので、せっかくのゲートにもう少し高さがあった方がいい気もしますけど、感心したのはゲートを設置した場所。扉のすぐそばについているのがわかりますか? 扉と柵の間に隙間がほとんどありません。だから人間の帰宅時に猫がゲートの向こう側で待ち伏せをするという状況が考えられないのです。

IMG_2879

 

 

 

もちろん、満天の生活ぶりを見て追加でいろいろ手を施してくださるご家族ですので安心です。

 

 

 

おいしいロイヤルミルクティ、ごちそうさまでした。心も体もポカポカです。

IMG_2868

 

 

 

お兄さんが満天をこねこね

IMG_2847

 

 

 

お姉さんが満天をこねこね

IMG_2852

 

 

 

少し緊張しているかな?

gaoria (5)

 

 

 

ケージから飛び出す満天をみんながあたたかく見守ってくれています。

IMG_2876

 

 

 

この家族なにもかもが「あうんの呼吸」なのです。

 

 

たとえば私がお婿入り道具のベッドをお母さんに渡すと、お姉さんがどこからかハサミを持ってきてタグを切ったり、お母さんと私の(譲渡誓約書に関する)会話を聞いていたお兄さんが、お母さんからの目の合図でスッとハンコを持ってきたり。お父さんとお母さんは私とほぼ同じ年齢ですが、どうやったらこんな子どもに育つのか正直不思議でたまりませんでした。

 

 

家族みんながお互いを認め、助け合い支え合って生きているんですね。

 

 

 

満天、よかったねえ。幸せになれるよね!

IMG_2875

 

 

 

記念写真。ちゃっかり私も輪に入れてもらいました。

IMG_2871

 

 

 

おみやげありがとうございました。最後の通院だけは私がお伝えしていなかったのですが、それ以外の満天の医療費を全額お預かりしました。次の保護猫に充てさせていただきます。

IMG_2882

 

 

 

以下が満天家から届いた満天の近況画像↓

IMG_0202

 

 

 

だんだん慣れてきたね~!

IMG_0201

 

 

 

にょきっ

IMG_0198

 

 

 

ぬいぐるみたちに紛れてかくれんぼ

IMG_0197

 

 

 

おねだり(相手はお母さんかな?)

IMG_0203

 

 

 

ちゅーるをゲット

IMG_0200

 

 

 
今日はブログのつづきを楽しみにしている満天の様子が送られてきました(笑)。

FullSizeRender

 

 

 

動画もいっぱい送ってくれています。いくつか載せているのでツイッターをご覧の方は知ってますよね。未公開ですがお父さんと満天の会話も笑えました。

 

 

 

数々の動画の中で、このラブラブぶりが特に印象的だったので貼りつけておきます。

 

 

 

お兄さんは満天を置いてバイトへ行くのがイヤだと言っているようです(爆)。

 

 

元捨て猫満天は家族に出会い、超溺愛されまくっています。

 

 

ルランくんはむろん、共感をもたらせてくれたかつくんにも感謝、ですね。

 

 

 

かつくん「x243満天おめでとう。出会いのきっかけを与えてくれたのはルラン兄だったけど、満天のありのままを受け止めてくれる家族だから、満天のぜんぶをさらけ出していいんだよ。

満天のお母さんはお茶会の日、満天に遠慮し、満天のいる前でルラン兄の話をするのを控えていたんだって。さっきハハにメールで教えてくれたんだよね。メール読んでハハが言ってた。

【そういえば合点がいったわ、お茶会の日私がルランくんの写真を見たいと言ったら、お母さんはじゃっかん戸惑った顔をしたから、なんでかな? と思ってたの。そういうことだったのか】

ぼくはそれを聞いて、お母さんのお人柄の深さを改めて感じた。満天を個として扱ってくれて、思慮深いステキなお母さんだね。もう一度、満天、おめでとう!」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク

出世魚なつこさん

「みなさんこんばんは わたしの名は【なつこ】 ほんとうの名です なつこという名にたどり着くまで わたしは出世魚のように名前がコロコロかわりました

 

 

最初は【さくら】

 

 

野良猫時代にごはんをくれた人がつけてくれたのです わたしは姉妹の花枝(かえ)とともに外でこっそり暮らしていました 未来は考えたことがありませんでした その日その日を生きることに わたしもかえも精いっぱいだったのです

 

 

 

保護時は【洗濯ネットの子】または【ベールに包まれたきみ】

img_5874

 

 

 

これはわたしの保護を決めたハハさんからの呼び名です たくさんの猫と関わっていたハハさんは わたしを区別するときに横着にそう呼んだのです ブログでもツイッターでも わたしは【洗濯ネットの子】 ちょっといやだったけれど 保護されたのがうれしかったので文句はいいませんでした わたしはかえとともにFさんちにお世話になり ゆっくりと体をやすめました

komira-10

 

 

 

 

そしてわたしは咲き誇る瞬間をいまかいまかと待ちわびる【つぼみ】になりました

 

 

つぼみ・・・・・・保護猫にぴったりの仮名です つぼみんと呼ばれていました わたしを慈しんでくれたマイ太郎さんとにーたんからもらった仮名 気に入っています

img_8175

 

 

 

わたしは マイにいとはっちゃんといっしょに毎日あそびました 家でどうすごしたらいいのかよくわからないから マイにいやはっちゃんのまねをしました マイにいは気むずかしいと聞いていたのに わたしにはとてもやさしくしてくれました はっちゃんはいつも わたしを受け入れてくれました 季節は冬だけれども わたしはあたたかい日々をすごしました

iiiito-11

 

 

にーたんはわたしに キスを迫りました わたしにキスの嵐を浴びせました 1回キスされるたびに わたしは1回愛を知り 1回声をかけられるたびに わたしは1回ぬくもりを知りました

img_8876

 

 

 

マイ太郎さんはどこへ出かけても わたしの自慢ばかりしていたそうです ハハさんは耳ダコのようすでした でもハハさんがおねがいした保護猫だからこそ ハハさんはうれしかったらしいです マイ太郎さんの“つぼみん自慢話”を聞くたび ひとり感慨に耽るハハさん

 

 

あのとき ベストの選択をした』

 

 

ふふ そう思っていただけて光栄です

img_8362

 

 

 

マイ太郎さんのおうちで クリスマスイブを過ごしました もはや わたしもかえもマッチ売りの少女ではありません 家の中にいて たいせつな人たちと体温をわけあっていたのです

 

わたしはどこででも やさしい手を信じ どこででも にこりと生きていこうと思いました

 

だれとでも仲よくなって

 

 

わたしがだれかのサンタクロースになれるかもしれないし もしかすると わたしのもとに サンタクロースがくるかもしれないのです あきらめずに生きていて よかったなあ♪

img_8727

 

 

 

 

・・・・・・マイ太郎さん ハハさん わたしはどこへ向かうのですか?

friaua-24

 

 

 

どこへ来たとしても 必ずうまくやっていきます

friaua-16

 

 

 

 

《ねえねえ きみはだれ? きみがぼくのサンタクロース?》

fullsizerender-1

 

 

 

はいっ どうやらそのようですね なつこと申します のんきくん どうぞよろしく」

fullsizerender-3

 

 

 

つづく

 

 

スポンサーリンク

703号室流の育て方

保護猫たちのご縁のチャンスを掴むべく、iPhone内に溜まっている写真を放出します。

 

 

まず我が家のいちおしのハンサムボーイ。満天、推定2歳、男の子です。

ritua-2

 

 

 

お腹側もかわいいでしょ? 白のバランスがいい感じでしょ?

 

 

満天をひと言で表現するなら「動じない」ですかね? もちろんポジティブな意味合いです。

 

 

ビクビクしない。媚びない。だけど威張らない。

 

 

満天の生き方が私はほんとうに好きです。ウソがない気がして。

 

 

満天のように振る舞えたらどんなにいいだろう。人間社会はいろんなしがらみをはらんでいるからむずかしいけれど、満天を目標にがんばります。そして彼の長所をそのまま未来のご家族に引き継ぎ堪能してもらえるよう、誉めながら伸ばしながら育てていきたいです。

ritua-7

 

 

 

省エネモード。お問い合わせをお待ちしています。どうかお目に留めてやってくださいね。

ritua-8

 

 

 

「あら お兄さん 遊んでいかない?」

ritua-9

 

 

 

おいらん風のかえ嬢。妖艶な目力をiPhoneに飛ばしてきます。

 

 

私一筋だったさぶまでもを持っていきやがったな!(笑)

fullsizerender

 

 

 

ううう。悔しい。さぶかえに取られた。かえ、さぶを返して~!

 

 

 

「ぴとっ ハハ~ まあ細かいことはどーでもいいじゃない」

1akeake-9

 

 

 

 

かえは人の心をもくすぐります。

1akeake-13

 

 

 

セクシーで美形で子猫とまちがわれるほど小さくて毛がふわっふわなのです。

1akeake-10

 

 

 

声を出さず口だけで鳴くところも萌える。花枝(かえ)は1月下旬にお茶会の予定が入っていますので結果次第で一般募集するかどうかお知らせしますね。

 

 

 

そういえば数日前、かえがおもしろいことやってました。

1akeake-22

 

 

 

 

べべのお尻をタッチしながら寝ていたのです。

1akeake-8

 

 

 

べべのお尻の尿漏れ、うんち汚れは気にしないでください(汗)。加齢とともにゆるんできたらしく、常におしっこかうんちをつけています。毎晩拭いていますがきれいになりません。

1akeake-20

 

 

 

かえのおててはやさしくてあったかい。異種交流とはこのことですね。ありがとう。

1akeake-5

 

 

 

犬猫はどんな子もキュートですが、703号室の保護犬猫たちはいちだんとステキだと自負しています。理由もそれなりに説明できます。親バカの戯れ言だと笑いながらお聞き流しください。

 

 

うちのお子たち(レギュラーメンバー)がね、とにかく子育てじょうずなのです。

ritua-10

 

 

 

マンション暮らしの多頭ですが、みんな精神的にのびのびと暮らしています。

ritua

 

 

 

細かいことに固執しません。新しい友だちを嫌いません。譲り合いを忘れません。

hohokae

 

 

 

ときにはケンカもします。不快をあらわしたりも。

 

 

しかしそれは誤解を解き絆を深めるための過程であり、それぞれがそれぞれを適度に構い、適度に放置し、タッグを組んだりひとつにまとまったりバラバラになったり・・・・・・組み合わせや形を自在に変えながらじょうずに生きているのです。

 

 

ここには書物では学べない理屈抜きの共存の真髄がつまっています。うちのお子たちは温和に生き物としての尊厳を放っています。私は日々目を丸くし勉強、吸収させてもらっています。

 

 

私たち夫婦もまた、原則的には犬のファントレーニングを支持しており、感情を入れるべきところと感情的になってはいけないところを区別する努力をつづけています。

 

 

怒らずに済むことは極力怒りません。お子たちのいいところを見つけ、撫で、誉め、伸ばし、彼らに理不尽な扱いをしないよう、多頭の中で大きな不平等が起きないよう耳を澄ませ目を見開き心を配りながら接しています。むろん完璧にはほど遠いですけどね。

 

 

だから自慢の保護猫たちなんですよ~! へへ^^

 

 

満天を家族に! と思ってくださる方いませんか? いません?

 

 

ああと、来週あたりにこの子が移動してきます。何度か登場していますね。Fさんが保護した子猫。仮名を「ソイル」にしました。土、土壌の意。生物の根源のイメージです。やりすぎかなあ?

ritua-4

 

 

 

Fさんが人慣れさせてくれています。この子には「べべちゃん」っていう呼び名があるそうですが、うっ、べべちゃんはうちにいるんですよー。だから申し訳ないけど「ソイル」にしました。

 

 

703号室は保護猫満天、花枝(かえ)、ソイル、昨日の主役だった実葉(みは)のご縁を結びたいです。皆さまお助けください。よろしくお願いします。

 

 

気が早いのですが、今から満天と花枝とソイルの婿・嫁入り道具をそろえています。

1akeake-6

 

 

 

うちで大人気のドームベッド「猫の巣」。オトナ買いしてみました。満天はガリガリサークルも好きなのでガリガリサークルも買いました。幸せな卒業式を脳内に描いています♪

 

 

さあさあ、寄ってらっしゃい見てらっしゃい。

 

 

703号室には人生を豊かにする宝物たちが皆さまを待っていますよ。

 

 

慈悲に満ちた柔らかい手でぜひ抱きしめてやってくれませんか?

 

 

 

スポンサーリンク

胸ポケ

MWさまたくさんのクリスマスプレゼントとご支援をありがとうございました。猫砂助かります。長年気にかけてくださり申し訳なく思います。本年はご心配をおかけしないようがんばります。

1akeake

 

 

 

マイ太郎さんステキなカレンダーありがとうございました。コツコツとがんばっていきます!

1akeake-4

 

 

 

カレンダーといえば703号室卒業犬ゆずの里親ちさとさんからも届いたのです。1月~12月までオール「ゆず」。4月はゆずの子犬時代に私が703号室の風呂場で撮った思い入れ深い1枚。里親掲載のアピールフォトとして使いました。これを見てちさとさんがゆずに一目惚れし、私に連絡をしてくださったのです。縁を繋いだ写真を眺め、しばし感動に浸りました。

1akeake-12

 

 

 

思わず静岡県のちさとさんに電話。春までに白髪になった暴れん坊ゆず姫を連れて703号室に泊まりに来るようお願いしました。ゆず、ちさとさーん! 待ってます。

 

 

追記:ちさとさんから届いたゆずのメッセージつき近況写真。20キロクラスの大きな女性です。

Processed with MOLDIV

 

 

 

よく私は数多いる卒業生を覚えているのかと聞かれたりします。

 

 

あっという間にご縁に恵まれた子、長くいた子、いい子、わがままな子、手のかかった子、手のかからなかった子、男の子、女の子・・・・・・もちろん全員胸の中にいます。私は胸の大きな女性ではありませんが、意外と奥行きがあるのです。

 

 

胸ポケットにぎゅうぎゅう詰めこみパンパンにして持ち歩いています。

 

 

だれひとりとして記憶から完全に消えた子などいません。

 

 

みんなが私を成長させてくれました。いろんなことに気づかせてくれました。私の人生に色を添え、私に笑いかけ、そばに寄り添い私をいだいてくれました。父のように。母のように。

 

 

だから私は、辛いこともあるけれど、実際に今、とても辛いんですけど、躓いても倒れても転がっても、必ず起き上がる力がほしいと思っています。

 

 

そしてご縁にならなかった方からもときおり励ましやあたたかい言葉をかけられ、もう、わが身にあまることだと恐縮しています。苦しいんですけど幸せですし、幸せですけど苦しいですね。

 

 

ダメだ。最近涙腺がゆるい。いったいどうしたんでしょう。

 

 

 

なんかうまく言葉が出てこないので、写真を並べて心を落ち着かせてみます。

 

 

 

本日心願成就祈願をしてきました。私の願いは決まって3つがワンセットです。

1akeake-7

 

 

 

うちのお子たちの健康、保護猫たちの良縁、卒業生たちの多幸。胸ポケットからぜんぶを取り出して真剣に祈っています。怖いですね(笑)。

 

 

 

満天、募集がんばるからね!

1akeake-16

 

 

 

体の大きな満天、素で自然体の満天、風邪が治ってきた満天

1akeake-17

 

 

 

やさしい満天、好奇心旺盛の満天、ダイナミックな満天、ときどき省エネの満天

1akeake-14

 

 

 

食い意地がはっている満天

1akeake-11

 

 

 

満点の、満天

1akeake-15

 

 

 

皆さまのおかげで何件かのお問い合わせをいただきましたが未だご縁にはいたっていません。詳細は今度書きますが、ひとまずはひきつづき応援していただけるとうれしいです。

 

 

満天は「猫力」の高い男性です。満天を見習い私も明るく楽しく「人間力」をあげていきたいな。

 

 

 

では最後に、宇宙からの使者を皆さまにご紹介し本日の更新を終えます。

1akeake-21

 

 

 

地球滞在歴、9年半。満天には及びませんがこの方も「猫力」はそれなりに高め(笑)。

1akeake-19

 

 

 

体が硬直してしまわぬよう、毎日数分間ストレッチをしてもらっています。

1akeake-2

 

 

 

いっしょうけんめい生きていますよ。

 

 

703号室には、強い者、尊い者、愛おしい者がいます。

 

 

教えられ、生かしてもらっています。

 

 

ありがとう。

 

 

 

スポンサーリンク

2016年を振り返って

皆さまこんばんは。2016年もたいへんお世話になりました。いろいろありがとうございました。

 

 

今年中にあともう一回くらい更新できるかもしれませんが、年の瀬に近づけば近づくほどバタバタと忙しなくなるので本日は全員登場で皆さまにごあいさつさせていただきます♪

 

 

2016年はレギュラーメンバーの闘病に喘いだ一年でした。

 

 

信じられない額の医療費がかかりました。ペット保険に入らなかったことをこれほど後悔したことはありません。お金だけでなく、時間も手もかかりました。フルタイムではないものの、それなりにがんばってきた仕事も辞めました。譲渡活動のペースも落ちました(自分比)。

 

 

「老い」、「病」・・・・・・これらは犬猫を家族に迎え入れた瞬間から相当の覚悟を持ち突きつめて考えてきたつもりです。しかし見積もりが甘かったというべきか、とにかく私が想像してきた以上の壮絶さでホトホト参りました。

 

 

私は保護主として絶えず里親希望者さんと向き合い、それぞれのキャパシティについて話し合わなければならない立場であり、おこがましいながらも里親希望者さんにとって、一種の模範でいなければと自負しています。常に重責とプレッシャーを感じています。

 

 

そのため、実際は仮に100苦しくても、100苦しいとは口にできず、30、40のところで愚痴をこぼしたり居直ってみたり。ほんとうは不安で、ほんとうは苦しかったです。

 

 

かかる医療費よりも正直「手間」がしんどかった。

 

 

私は頭痛持ちですが、一度頭が痛み出すとどうにもならないのです。横になりたいときに限って横になれず、お子たちの世話や投薬や排泄の失敗の片づけに追われ、限界を思い知ったときもありました。チチの出張がつづいているゆえ、我が家は母子家庭状態。天災や有事の際、あるいは複数のお子がいきなり倒れた場合・・・・・・いわゆる「いざ」のときをどう乗りきればいいのかもわかりませんでした。明らかにキャパオーバーだと自覚しています。

 

 

犬猫たちの年齢が接近しているのもひとつの原因ですよね。

 

 

みんな一気に年を取るんだもん(苦笑)。

 

 

けれど「一頭だったらしてやれたことを六頭だからしてやれない」ではお子たちに面目が立ちません。私の意思で数を増やしてきたのですから、彼らががまんするのは筋ちがいです。

 

 

だから踏んばらなければ、と肩に力を込めてきました。

 

 

 

さて、どうでしょう?

 

 

2016年も残すところあと2日半。この分ですと99.999%の確率で揃って年を越せます。

 

 

全員で年を越せるのです。

 

 

万感胸に迫って書いている今、私は鳥肌が立っています。鼻の奥もつんとしています。目頭が熱いです。まさかこのメンバーで年を越せるとは夢にも思いませんでした。特にべべ。夏、東大病院で胃がんの手術を迷い、結果選択しなかった私は、その時点でべべの余命は長くて2か月程度だろうと見ていました。先生たちにもそう言われました。あれから半年経っています。

 

 

私の苦悩と葛藤をぎゅっと詰めこんだ記事です↓

 

「もっとも耐えがたい後悔/幸せの703号室」

 

 

べべは来月16歳になります。

 

 

獣医学が進歩し、犬猫たちが高齢、長寿化している昨今、決して「16歳」はめずらしくありません。でもべべは6歳の終わりに胃がんの大手術をし、以後数度ほかの部位のがんの手術をしています。闘病の長さが健やかだった頃をはるかに上回っていることを鑑みるとやはり私はべべのお母さんとしてべべが誇らしく、誉めて誉めて誉めてやりたい気持ちでいっぱいになります。ナナも、ほほも、あまたも、さぶも。そして健康でいてくれたリルももちろん。

 

 

703号室のレギュラーメンバーたちは2016年を逃げ切りました。

 

 

次の年が我が家にとってどんな一年になるのかは予想もつかないですが、私はまず2016年を家族で超越できそうなことに心の底から安堵しています。

 

 

素直にうれしい^^

 

 

 

べべ公、16歳まであと一ヶ月! 無事誕生日を迎えたいね。盛大にお祝いさせてください。

goaisatu-5

 

 

 

ナナ。ナナは点滴とお薬をがんばろうね。ぼけてもかわいいお母さんの子。たいせつです。

goaisatu-4

 

 

 

リル健康でいてくれてありがと。13歳シニア期だからごはんをしっかり食べて栄養つけないと。

goaisatu-7

 

 

 

ほほもべべ同様お見事でした。可能が不可能になってもまた可能に戻す、ほほの力あっぱれ!

goaisatu-8

 

 

 

全顎抜歯のあと、総じて調子があがったあまぱん。さまざまな治療を乗りこえました。

goaisatu-3

 

 

 

涼しい顔で飄々と点滴を受ける。薬を飲む。どこまでもイケメンのさぶ。ウットリします。

goaisatu-6

 

 

 

家族を募集する「保護組」も忘れないでやってくださいね。

 

 

 

ひょうきんで明るい満天(♂2~3歳)

goaisatu

 

 

 

逆境を乗り越え、辛い手術から甦った実葉(♀3歳?)

img_0139

 

 

 

人を虜にし下僕にする方法を知り尽くしている花枝(♀1~2歳)

goaisatu-2

 

 

 

人慣れをがんばっているおちびさん(名前考えないと)(♀生後3か月)

img_8524

 

 

 

保護組は「幸せな卒業」をめざし、レギュラーメンバーは「生きる」を新年の目標に掲げ、ドタバタと暮れていきます。皆さまも有意義な年末、年始をお迎えください。

 

 

 

703号室より多謝と多愛を込めて

 

 

 

スポンサーリンク