ほたるのワクチン、ほか

皆さまこんばんは。本日はほたるを中心に私の近況などもUPさせてください。

 

 

今朝起きたら、急にほたるが大きくなっている気がしました。目の錯覚かもしれないけれど、成長著しいのはまちがいなしだと思います。

 

 

ツイッターの動画を観ましたでしょうか?

deki (10)

 

 

えらい格好で水を飲んでいます。ほんとうに女子かね?

deki (9)

 

 

「ペットのおうち」

「いつでも里親募集中」

「ネコジルシ」

 

合計3か所の家族募集サイトにほたるの情報を掲載中。

 

 

ですがなんと、お問い合わせはゼロ。冷やかしすらありません。

 

 

えっと……?

 

 

正直かわいくない? それともお金や手がかかりそうなイメージ?

 

 

かわいくないと言われちゃえばそこまでですが、お金や手がかかりそうというイメージでしたらどうか払拭してください。普通の猫と同じです。断言します。絶えずほたるの生活ぶりをブログやツイッターにあげているのでよかったらご覧くださいね。ご質問等も歓迎ですのでなんなりと!

 

 

世間の反応とは裏腹にわたしゃもう、ほたるにメロメロ。大好きで仕方がない。どこもかしこもぜーんぶ。暇さえあればお腹にチュウしています。ふふ♪

 

 

ほたるの良さに気づいてくれる方に私の言葉が届きますように。

 

 

そんなほたる嬢はお世話になったemi-goの病院にて2度目のワクチンを接種!

IMG_7419

 

 

 

ベランダで生きていたほたるの保護を引き受けたemi-goのご主人中島先生と

IMG_7416

 

 

 

いつも忙しそうな中島先生

IMG_7407

 

 

 

へえ、上着Lサイズなんですね(笑)。

IMG_7409

 

 

 

院内は混んでいるので待ち時間が長いですが、手を繋いでいれば大丈夫

deki (8)

 

 

 

emi-goが撮って送ってきました。ほたると私、仲よしでしょ?

deki (7)

 

 

 

看板犬ボボボ。あどけない顔をしていますが立派なおじいさん。生まれてから8年以上土手でかなりの苦労をしてきたのです。今はハッピーね^^

IMG_7425

 

 

 

お、呼ばれました。ほたるちゃん行きましょう。

IMG_7427

 

 

 

3種混合ワクチン、爪切り、体重測定(1.14キロ)

IMG_7434

 

 

 

目の診察中。視力はないけれど、目の周りなど、ほかは問題なし

IMG_7431

 

 

 

猫って後ろ足に「運動のバランスを取るために生えている毛」があるそうですが、中島先生いわく、ほたるはその毛の量が一段とフサフサしているとのこと。話を聞いてみんなで確かめ、しんみり、ほっこり、そしてにっこりです。

IMG_7435

 

 

 

ほたるの身体はあらゆる方法でこの世界に適応しようとしている。ほたるを形成する細胞のひとつひとつまでがほたるが生きやすいよう進化をつづけている。

 

 

足りない部分をこの子の体が補おうとしている。心が補おうとしている。ほたるは健全な発育を遂げています。そここそ私は着目してもらいたいのです。

 

 

「大きくなったあ!」

IMG_7433

 

 

看護師さんに褒められました。ありがとうございます。スクスク育ってます。

 

 

ほたるは家族募集中です。どうぞよろしくお願いします。

 

 

つづいては最近のお出かけネタを2つ

 

 

カメラマン太田康介さんのぽーちゃん写真展にお邪魔しました。

deki (2)

 

 

ぽーちゃんの本が大好評でなによりです。私も3冊買いサインをGET! ぽーちゃんは外猫時代からナデナデさせてもらったりと印象深い猫さん。ぽーちゃん、たくさんの方の目に触れて幸せね。

 

 

山岸さん、よっしーさん、山路徹さん、太田さん、高石さんと

deki (6)

 

 

 

10代からの友だちたちとも久々に会いました。

yaru (1)

 

 

2児の母、ゆうこちゃんの誕生日会。ゆうこちゃんとのつき合いは古く(25年以上)、昔は仕事でごいっしょしたこともたびたびあるのです。

yaru (3)

 

 

みんなでカニを食べました。

yaru (6)

 

 

犬猫の話がいっさい出ない場。それはそれで楽しい。

 

 

でも、外にいるとやっぱりお子たちの顔が浮かんでしまいますね。

 

 

先日、チチがリルを大巻先生の病院へ連れて行ってくれました。

yaru (5)

 

 

アレルギー治療中のリルは2種類の投薬をしています。ステロイドは1→2分の1→4分の1に徐々に減らしています。現在は4分の1になりました。毎日薬をがんばっています。かゆみはほとんどないようなのでお母さんも一安心。

yaru (4)

 

 

 

リルと保護猫ポテチのコンビショット

yaru

 

 

 

萌えるでしょ? 昨夜撮りました。保護猫ほたる、ポテチ、どちらも私にとって大切な存在。しかしふたりともいわゆる「決まりやすい猫」ではありません。ほたるとポテチの両方を同時にアピールするのは苦手なので、子猫のうちに新しいお家へ嫁がせたいという思いで、まずはほたるにウエイトを置いています。

 

 

時間がかかりますが、ポテチの将来も真剣に考えていますので、ポテチを忘れないでやってくださいね。なるべく写真を出しますので。

 

 

おっとりゆるゆる男子のポテチは元気に過ごしています。

 

 

 

気温差が激しい季節ですので、皆さま風邪などひきませんように。

 

 

私は末端冷え症のさぶをあたためながらラブラブぬくぬくしています。

yaru (2)

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





わたしの放つ光

呼び名をさんざん悩んだ私は、自分ちの黒猫ほほに似た響きと、姉妹猫の仮名に使った「蝶々」に関連づけ、「ほたる」にたどり着きました。

 

 

ほたる……ほたる……

 

 

反芻すればするほどしっくり合う。

IMG_0059

 

 

 

病院で会ったとき、ほたるは決まってケージの中からこちらを向いてちんまりと小首を傾げていました。見えていないのに、見えているかのような顔の角度。

 

 

ほたるに“見られている”ことに少し不思議な感覚をおぼえたほどです。

 

 

かわいい盛りの姉妹たちがもれなく運命の赤い糸を手にしたあとも、ほたるは同じ場所にいました。

 

 

ほたるだって生まれてきたのです。

 

 

生まれてきた事実はほかの姉妹兄弟と変わりません。なのにほたるに構う余裕がなく、この子を顧みなかった私は、人として自分の行動を残念に思いました。

 

 

ただまあ近ごろは、ほたるはみんなとちがう役割を与えられたのかなと考えるようにもなっています。ほたるに接するようになって感じたこと。

 

 

この子は、外見はどこか地味です。けれど自分の力で発光し、一点の輝きに気づいて近づいて来た者をじんわり照らしてくれます。

 

 

ほたるの放つ光はネオンのようなゴージャスさこそはないけれど、渾身かつ自然。ふわっとあたたかいほたるの生命そのものです。

 

 

ほたるの名前の由来が私の中で「ガチャ」とはめ込み音をたてました。

 

 

以後、名は日を連ねるごとにこの子と混ざりあい、溶けあい、一体化しています。

 

 

ほたるは明るく、負けん気の強い女の子。

 

 

よじ登りが得意で、いつの間にかテーブル程度の高さをクリアします。

 

 

しかし降りるのは勇気が要るようで、なかなかできません。

 

 

登ったはいいけど降りられない。ほたるはまず端から端まで行ったり来たり。

 

 

それから1か所に落ち着き、手で着地予想地点の距離をはかろうとします。

 

 

地面をめざし手を精いっぱい伸ばしても、ゴールの位置がよくわからない。

 

 

ほたるは首を斜めに傾けます。明らかに困った表情を浮かべながら。

 

 

もう一度やってみる。

 

 

……やっぱり地面までの距離がわからない。

 

 

ほたるは不安げに鳴きはじめます。

 

 

小さい口をめいいっぱい開けて、私を呼ぶのです。

 

 

「おりたい~ おろして~」

 

 

ほたるの形相や佇まいが必死すぎて身悶え。しかも、なぜか必ず私のほうを向いているのです。私がどこにいるのか、ほたるは知っています。

 

 

私を頼りにしてくれるのがうれしいし、ほたるの素直さが好きです。

 

 

たまらないですよ。

 

 

生まれつきこの子は目が見えません。

 

 

けれど内側に絶えず光を宿し、凝視してくれる人に届くよう一生懸命放ちます。

 

 

障害を抱えてはいますが、トイレを含め、たいがいのことはできます。

 

 

驚くほど聴力や臭覚が発達しています。感受性も豊かです。

 

 

ほたるは私が見えなかったものを私に見せてくれます。

 

 

ほたると暮らす方は幸せな一生を過ごせます。

 

 

どうでしょうか? 逸材だと思いませんか?

IMG_0036

 

 

 

私はもう、メロメロの一語です。

IMG_0048

 

 

(写真:すべてみいさん

 

 

ほたるを家族にと検討をしてくださる方は、どうかご連絡ください。

 

 

ほたるともどもニコニコ顔でお待ちしています。

 

 

Smile&Love

 

 

 

スポンサーリンク





麦の中に希望を詰めて2

皆さまこんにちは。昨日のつづきです。元気満タンでいきますね!

 

樹々→麦

 

 

麦のお引越しは時間が大幅に変更になりました。

 

emi-goの病院がとんでもなく忙しかったのです。楽しみにしていた里親さんを長くお待たせする形になって申し訳なく思いました。

 

 

車で30分程度のドライブ。さあ、到着ですよ。玄関がハロウィーン一色!

IMG_7245

 

 

 

2階へ上がる階段の前に設置された高さ約170㎝の脱走防止の扉

IMG_7174

 

 

 

一同2階のリビングへ

IMG_7214

 

 

 

麦のために新調された円形サークルが。源ちゃんちやうちにもありますね。

IMG_7175

 

 

 

先住メル(703号室卒業生)との距離感はこんな感じ

IMG_7202

 

 

 

おおおメル~! いい暮らしぶりじゃないの!

IMG_7182

 

 

 

卒業後何度もemi-goの病院で会っているのでひさびさではないけど……

IMG_7181

 

 

 

いつ見てもかわいいメル嬢♪ 今日は妹を連れて来たよ^^

IMG_7179

 

 

 

ゆっくりでいいから受け入れてあげてね!

IMG_7178

 

 

 

メルは幼かった仮名ソイル時代、我が家で保護猫満天、さくら(かえ)、うちのレギュラーメンバーたちと仲よく育ったのです。今度はメルが先輩として麦にいろいろ教えてくれると信じています。だからトライアルは設けませんでした。

 

 

先住猫メル(ソイル)の卒業記事

 

「はちみつ、みたいに2/幸せの703号室」

 

 

読み比べると家具の配置がじゃっかん変わっているのがわかります。そしてメル仕様のものがあちこちに少しずつ増えてる(笑)。

IMG_7229

 

 

 

中でも私の心がジーンとしたのは、ケージのステップが増えていたところ

IMG_7184

 

 

 

わかりますか? 食器が置かれた木の板はご主人の手作りです。

tgoaukhrfa (2)

 

 

 

メルが気に入っているケージをちょっとでも広く使ってほしいそうです。

 

 

それとこれ……参りました。泣きそうになったんですよ、ほんとうに。

tgoaukhrfa (1)

 

 

 

窓から外を眺めるのが好きなメルのために、手作りの木の板で居場所を拡大してあったのです。カーテンを開けた時に偶然見つけました。いいなあ。いいなあ。

 

 

全体図。窓にはもちろん脱走防止対策が施されていました。

IMG_7236

 

 

 

掃き出し窓にもがっちり対策してあります。

IMG_7233

 

 

 

安心で安全で清潔です。「守る」っていうのはこういうことなんですよね。

IMG_7201

 

 

 

麦、素敵なお家でしょ?

IMG_7187

 

 

 

気に入った?

IMG_7193

 

 

 

麦のためにあれこれそろえてもらったね♪

IMG_7208

 

 

 

赤いベッドが麦の毛色によーく合ってます。

IMG_7215

 

 

 

サークルからはじめようね。

IMG_7189

 

 

 

先住メル嬢はemi-goの病院へ通っているので、里親さんとemi-goは面識があります。麦のお届けでお宅にお邪魔してemi-goはますます胸をなでおろしたそう。

IMG_7220

 

 

 

それを聞いて私も鼻が高かったです。

IMG_7244

 

 

 

キョロキョロしてます。こっち向いて~!

IMG_7205

 

 

おいしいお茶とお菓子をごちそうになりました。

IMG_7209

 

 

 

おみやげもありがとうございます。麦にかかった基礎的な医療費をご負担いただき、全額emi-goにその場で渡しています。

IMG_7280

 

 

 

私にとってのいい譲渡はシンプルです。保護動物たちの未来がぼんやり見えてくるか来ないか。極端な言い方になりますが、一時とてもお金持ちでも、だれもが知る著名人だとしても、強い愛情を口や文章にうまく表現していても、やり取りを重ねているとうまく未来が見えてこない方もいます。

 

 

もちろん先のことなどだれにもわからないでしょう。私も1度目の結婚をしたときはまさか自分がバツイチになるなんて想像もしていませんでした。

 

 

けれど、環境的な部分のみならず内的にも安定をしている方はいます。将来設計に(現実的な)ウエイトを置きながらも今を充実して生きている方はいます。

 

 

そういう方の「猫を家族として迎えたい」は熟考の末であり、たいがいが本気であり、猫が生きている間じゅう、猫への深い思いと配慮が長くつづくのです。

 

 

メル&麦家はまさに上記のお宅です。

IMG_7237

 

 

 

だからなんの心配もいらないね。

IMG_7195

 

 

 

やさしい家族ができてよかった。麦おめでとう。

IMG_7196

 

 

 

麦はすでに2度目のワクチンを終え、先住メルとの距離を縮めているそうです。

IMG_7032

 

 

 

これで病院にいた4匹の子猫たちの終の棲家の紹介が終わりました。うちにいるほたるは今週中に募集を開始します。ほたるも含め、同じ母猫のお腹から生まれてきた子猫たち全員にあたたかい「家庭」をプレゼントしようと思っています。

 

 

病院にいたのでお世話する時間がかからなかったとはいえ、病院へ会いに行って写真を撮り、アピール、募集、やり取り、お見合い、譲渡の連続で正直楽ではありませんでした。でも、子猫たちを幸せにし、皆さまにいいご報告をするのを目標に、それだけをめざして走ってきたのです。だから皆さまに喜んでもらえるとうれしいです。皆さまの応援がほたるの募集への糧になります。

 

 

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

最後におさらいを貼りつけておきますね。

 

麦の兄弟 源ちゃんの卒業記事

 

麦の姉妹 蝶々&お珠改めアンズ&かりんの卒業記事

 

 

BIG LOVE!

 

 

かつくん「x256麦おめでとう。メル家なら絶対まちがいないよね。メル家は共働きですがお仕事の時間がずれているためお留守番がないのです。そろそろ2匹目を迎えたいねってお話していたときに、麦のお見合いが流れたと知ってハハに連絡をくれたんだって。よかった~」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク





麦の中に希望を詰めて1

皆さまこんにちは。

 

 

樹々(じゅじゅ)改め「麦(むぎ)」の卒業記事をお送りします。麦の姉妹ほたるですが、今週中に里親募集サイトへ掲載します。気になる方は早めにお知らせくださいね。

taupa

 

 

 

私にとって、卒業記事は時間のかかる作業です。

 

 

いちばんは写真の整理。iPhoneやカメラで撮った未公開の写真をなるべく載せたいのです。それと、新居での様子もたくさん撮るので絞るのがたいへん。

 

 

巣立っていく子の晴れ姿を私はここに記録しておきたい。

IMG_6597

 

 

 

こう見えても(下手なりに)写真1枚1枚をちょうどいい大きさにカットし、明るくし、ものによっては一部モザイクをかけています。まとまった時間のあるときにやるのですが、公開するまで平均して卒業から1週間程度経ってしまう。

 

 

でも逆に、遅いなりのメリットも。「スタート」の心配を通りすぎた時期ですので、だいたいみんな馴染んでいて紹介する私も幾分精神的に楽な気持ちです。

IMG_6596

 

 

 

応援してくださった皆さまへの感謝と同時に、自慢も入っています。

 

 

そう。ある意味自慢をするために私は縁結びに力を入れてきました。

 

 

自分の微々たる活動に誇りを持っています。

 

 

この活動の極地は「どういう方にどんな風に譲渡したか」に尽きますものね。

 

 

麦は先に巣立った3匹のきょうだいたちから遅れを取ってしまいました。

IMG_6492

 

 

 

みんなが晴れ晴れしく病院に背を向ける中、ぽつんと残されていた麦

IMG_7030

 

 

 

その姿を見て、「ケージが広く感じね」とemi-goに言ったら、麦のことを見下ろしながら、「暇そうにしてますよね」だって。笑っちゃいけないけど、思いっきり吹き出してしまいました。たしかに!! ひとりで暇そうにしています。

IMG_7026

 

 

 

たまにほたると遊ばせても、気の強いほたるにやられてしまう麦

IMG_7027

 

 

 

この子はおっとりとした雰囲気が漂っていますね。

IMG_4625

 

 

 

姉妹のアンズ(蝶々)&かりん(お珠)のお見合いの日も、終始こんな風

IMG_4616

 

 

 

麦を見たアンズ&かりんの里親さんは引き離すのが忍びないと胸を痛め、いっしょにお迎えすることを考えたりもしたとのこと。

IMG_4615

 

 

 

麦ってなんか人の心にじんわり入ってくるタイプなのよね。かわいいです。

IMG_4614

 

 

 

せっかく入っていたお見合いが私の力不足で流れてしまったあと、私は焦りました。広いケージの中でぽつんと佇む麦に、すごく申し訳なくて。

 

 

だからソイル改めメルの里親さんが「メルの妹に」とメッセージをくれたのがうれしくてたまらなかったです。麦をちゃんと見ていてくれた方がいる。

 

 

しかもあのメル家!!

 

 

麦とメル家のお見合いの記事はこちらをお読みください

 

 

べべが逝き、ナナの老いが顕著になり、他の子たちの闘病もつづいています。私はしぼんだ風船のごとく全身から空気が抜けていくのを実感します。

 

 

失った分を補いたくて、自分にできる範囲でご縁結びにエネルギーを注いでいます。私を膨らませてくれるのは、生きる場所を求める保護猫たち。

 

 

自分の家の未来を想像するのは怖いけれど、保護猫たちの未来を想像するのは楽しい。希望がいっぱい詰まっているからです。

 

 

麦、小さな体の麦ですが、あなた私にとっては大きな存在です。

IMG_6413

 

 

(写真:マイ太郎さん)

 

 

ゆるくて、のほほんとマイペースで、だけど実際は芯の強い大物だってことを、麦の家族に聞いていますよ。よく生きていてくれましたね。ありがとう。

IMG_6412

 

(写真:マイ太郎さん)

 

 

次回は麦&703号室卒業生メル姉家へご案内します。

 

 

皆さまぜったいに安心してくれると思います。

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





You make me happy

七夕の夜、私の願いが叶いました。

 

 

苦しい中、まるでなにかにとりつかれ追い立てられるようにスカウトしたけれど、今私は至福の気持ちであの日のできごとを振り返っています。

IMG_4196

 

 

 

あなたのことを想像するだけで、涙がこみ上げてきます。

 

 

あなたが好きです。ほんとうにたまらないほど。

 

 

あなたは母として最善を尽くしました。ゴミ置き場で漁った生ゴミを貪りながらかわいいベイビーたちを立派に育てたのです。ガリガリに痩せていましたよね。

w (14)

 

 

 

同じ女性として、ただひたすらに尊敬します。

 

 

おそらくあなたのDNAには愛が組み込まれているのではないでしょうか?

 

 

こんなにあどけないのに

IMG_5992

 

 

 

小柄なのに、泥だらけで地面を這いつくばって、あなたはがんばりましたね。

IMG_5991

 

 

 

十香、孤軍奮闘の子育てはつらかったでしょう?

IMG_4188

 

 

 

子を抱きしめるあなたにもまた、抱きしめてくれる手が必要だったのにね。

IMG_4232

 

 

 

外で会うあなたはいつも飢えていて、緊張を全身に漂わせ、例外なく急いでいました。あなたの事情を知らなかった私は、すべての合致がいったあと、とんでもなく驚いたのです。そうか、そうか、そうだったのか……。

 

 

子猫をどこかに隠していたから、何度も私から逃げ切ったんだね。

 

 

※ 当時のブログはこちら→ 「カモフラージュ/幸せの703号室」

 

 

改めて、あなたの責任感の強さに唸りをあげずにはいられませんでした。

 

 

あなたと私は言葉というツールでお互いの考えを伝え合うことができなかった。

 

 

あなたは自分の子を守るために生きていて、私は生ゴミを漁るあなたが不憫であなたをスカウトしたかった。あなたは私に捕まるわけにはいかなくて、私はあなたを逃すたびに肩を落とした。あなたと私は、私たちは、お互いが平行線のままでしたね。もし会話ができたら、もっと簡単にいったのに。

 

 

でも語り合えないからこそ深い境地の理解に達したのだとも思います。

 

 

十香ちん、あなたのこと、ほとんどわかったよ。

IMG_4239

 

 

 

「あっそ」

IMG_4253

 

 

 

あなたのベイビーたちは「未来」の中でスキップしながら暮らしています。

IMG_4274

 

 

 

あなたが見捨てなかったおかげです。あなたのおかげです。

IMG_4280

 

 

 

次はあなたの番。あなたが甘える番。あなたが解き放たれる番!

IMG_4218

 

 

 

あなたの本性は、子どもっぽくて、いたずらも好きで、さびしがり屋の女の子

IMG_4204

 

 

 

毎晩「男ども」を引き連れ運動会に興じていましたね?

IMG_4262

 

 

 

十香の家族は、やさしいお兄さん猫がいるところがいい。漠然と妄想しながらも、次第にひとりの王子さまの顔が私の頭に浮かんだのです。

 

 

 

「どんな顔?」

IMG_4267

 

 

 

十香ちん、こんな方はパートナーにどうだろ?

IMG_6375

 

 

 

なかなかいいヤツですよ?

IMG_6376

 

 

 

「え……」

IMG_4276

 

 

 

ふふ。大丈夫。実はちゃんとしたイケメンです。

 

 

703号室卒業生満天。十香ちん同様私が近所でスカウトしたスターです。

IMG_6379

 

 

 

満天と十香は保護場所も近いし、顔も声も性格も仕草もそっくりだから血が繋がっている可能性がある気がします。ダメもとでサラッとかるーく満天家に打診。

 

 

すると、満天家から意外なお返事が!

 

 

満天家は十香の保護の一連を私のブログで見守っていて、十香の子、リリチャイ&ラテのだれかを迎え入れようかと家族で少し話し合っていたとのこと!!

 

 

キャー!! なら十香はいかがでしょう?

 

 

私の提案に家族会議の結果満場一致で十香のトライアルが決定。

 

 

やったね!!

 

 

十香は知らないでしょう? 満天家がどれほど快適か。

 

 

4人家族全員が同じ(あつーい)温度で満天を育てています。満天家ファンの私にとって、十香が一員に加われるならこれ以上の安心はありません。

 

 

満天家族紹介の記事は2つあります。をクリックで読んでみてください。

 

 

 

トライアルは十香ファミリー保護現場にいっしょにいた妹と行きました。

IMG_4466

 

 

 

たまには姉妹でドライブです。

IMG_6496

 

 

 

こうして、1匹の汚れた野良母猫がシンデレラになりました。

 

 

所詮人間目線かもしれないけれど、私は十香が外にいた頃より、保護されたあとのほうがイキイキして見えます。過酷な環境で生きなければならない猫たちが1匹でも多く終の棲家を得られるよう祈りながら書いています。

 

 

先日読んだ記事で、陰惨な虐待に遭った猫の中でもっとも我慢強かったのは妊娠していたメス猫だと書かれていました。十香の姿が脳裏をよぎり、私は悲しくてたまりませんでした。「母」は産まれ来る我が子のために気丈にふるまいます。

 

 

どうかどうか、迫害せずにそっとしておいてやってください。

 

 

命を育もうと必死なのは、人間だけではないです。

 

 

保護した日の十香ちんを添えて

w (21)

 

 

 

十香に出会って私は幸せになり、十香家も幸せになり、十香も同じだと想像して

 

 

winwinwinの活動!

 

 

スポンサーリンク