百香のトライアルが決まりました♪

亡きナナの話をしている最中ですが、うれしいニュースをお知らせいたします。

 

 

このたび保護猫百香の長期トライアルが決まりました。

ブログ未掲載 (3)

 

 

 

猫と触れ合ったことのない先住猫さんのいるお宅ゆえ、現時点でご縁決定とは申せませんが、いいご報告ができるよう里親さんと力を合わせていきます。

IMG_9894

 

 

 

お届け日を調整中ですのでひきつづき百香に会いに来てやってくださいね。

IMG_0090

 

 

 

そしてご無沙汰になってしまったのですが、あさひはじめ保護猫ローズと

faiaffrgi

 

 

 

ジャイアンも控えています。

IMG_0041

 

 

 

ナナの見送りまでを書き終えたら、あさひとローズとジャイアンを前面に出します。応援していただければほんとうにありがたいです。必ず全員卒業させます。

 

 

 

百香のお茶会の模様を簡単に

momokakimari (7)

 

 

 

百香のお茶会が偶然ナナの火葬と重なり、私はうまく頭を切り替えられるか不安でした。希望者さんとは前々からの約束だったのでできれば動かしたくなかったのです。ナナはナナ。百香は百香。私にとって両方たいせつです。

 

 

そこで急きょ助っ人を依頼。みいさんです。

momokakimari (8)

 

 

 

みいさんと私はつき合いが長い。

 

 

みいさんは私が保護動物たちの写真撮影を頼むことで知られているでしょうか? みいさんは写真のみならず「譲渡」が非常に安定していて絶妙にうまい。私の尊敬する女性です。

 

 

希望者さんに偉そうにしません。けれど伝えるべきことはきちんと伝えます。

 

 

実はこれが意外と難しくて、つい上から目線になってしまう保護主さんが多いのです。まあ逆に希望者さんのご機嫌を伺うような保護主さんもいますよね。

 

 

みいさんはフラットな感情で物事を理性的に話すことができるタイプ。

 

 

実際私は電話でかいつまんで漠然としたイメージを伝えたのみでした。

 

 

「こんな感じのお茶会にしたい」的な。

 

 

それを「うん。わかった」のひと言で済ませるみいさん。私とはあうんの呼吸です。むずかしい説明や細かい詰めは必要ありません。みいさんだからこそです。

 

 

お茶会の直前、私のパソコンにて希望者さんとの一連に目を通すみいさん

momokakimari (10)

 

 

※みいさんであっても希望者さんの個人情報の保護はしています。

 

 

夜、ピンポンが鳴り、いよいよはじまりました。百香がんばれ!

momokakimari (9)

 

 

 

里親募集サイト経由で知り合った里親さんはわが家に着くなり、ナナ(とべべ)の遺骨の前に正座し、手を合わせてくださいました。貴重な涙を流しながら……

momokakimari (11)

 

 

 

この一枚で里親さんのお人柄が皆さまにおわかりいただけると思います。

 

 

リルにもあいさつし、かわいがってくださいました。リル、よかったね^^

momokakimari (12)

 

 

 

ナナには枯れない可憐なお花を、犬猫たちのおやつまでいただきました。感謝!

momokakimari (6)

 

 

 

百香は連日ナナに会いに来ていたお客さまがつづき、戸惑い気味

momokakimari (4)

 

 

 

今夜はあなたが主役だよ。里親さんは遠路はるばる百香の顔を見にいらしたの。

momokakimari (3)

 

 

 

私がお茶を淹れている間、みいさんは百香の性格を説明し、里親さんとともにちゅーるをあげてくれていました。助かるね。ありがとう。

momokakimari (1)

 

 

 

2時間みっちり、私のポリシーと里親さんの環境を擦り合わせていきます。これは703号室の卒業生たちにとって、重要な時間です。すでにお宅の写真と先住猫さんの写真は拝見済み。

 

 

さらに間取り図を書いていただき、開口部を細かく確認しているところです。ケージを置く場所、窓及びドアの位置、活かす窓、壁のように動かさない窓……

momokakimari (2)

 

 

 

おススメのキャリーバッグや通院方法も力説。洗濯ネットに入れるところ

momokakimari (5)

 

 

 

里親さんはひとつずつ丁寧に聞き、質問をくださり、先住猫さん(るいくん)と百香の安全や未来について真剣に考えてくださいました。

 

 

ご主人さまに見せる動画を撮ってお帰りになった里親さんは、家族会議を1日経て熟考し、百香のトライアルを快諾! 私のポリシーと百香は「セット」なので、里親さんは早速脱走防止対策に取り掛かってくださっています。

 

 

ナナの命の灯が消えようとしていた時期にやり取りをしていた私は、里親さんをお待たせしてしまうこともあり、ご迷惑やご心配をおかけしたことと思います。

 

 

しかし常に私にやさしく接してくださり、「気長に待ちます」と仰ってくれました。

 

 

トライアルではありますが、百香の良縁を想像すると気分がハイになります。

 

 

百香、苦労してきたあなたには安楽な一生を送ってほしい。

IMG_0091

 

 

 

里親さん、みいさんに感謝。素敵なお茶会でした。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





ゴクウは再生の源

※ブログをハイスピードで連続更新中。下も読んでください↓↓↓

 

 

ナナがヤバいこんなときに、私は用意していたつづきを書きたくなりました。

 

 

簡単にいきます。

 

 

ゴクウはナナのきょうだい。

 

 

7兄弟は土手に捨てられ、暴力団のようなホームレス集団の手に渡り、足蹴にされていたのです。きょうだいのうち3頭が2歳を迎える前に無残に死に、私は胸がえぐれんばかりの日々を過ごしました。私の本に書いてあるので興味のある方はお読みください。絶版ですが、古本で買えます。さまざまな図書館にも置いてあります。

 

 

子犬の頃の彼ら。全員は写っていません。16年前の当時は記録をする余裕も習慣もなかったため、こんなのしか残っていない。まあ、これも盗撮に近い状態で無理やり撮った写真です。写真を撮らせてくれるような仲じゃなかったし。

1 (21)

 

 

 

私はあらゆる知恵を振り絞り、男装に近い格好で土手へ通いつづけました。

 

 

マルコブルーノさんに「女性だけで行ける場所ではない」と言われても私は行きました。人には言いませんでしたが、女性として危険な目にも遭いそうになりました。けれど私は行きました。自分の意志で自分の足で行ったんです。

 

 

「犬たちの保護がダメならせめて予防注射だけでも打たせてもらえませんか?」

 

 

そう懇願するとホームレス男性の一部からはこう返ってきます。

 

 

「おれの太いの(陰部)を注射してやるから、姉ちゃん(私)ケツを出せよ」

 

 

卑猥ですね。この上なく下品な言葉です。

 

 

そんなやり取りに辟易でした。女でいたくなかった。力の強い男ならぶん殴ってやりますよ。土手に行こうとするたびに体がガクガク震えた時期も。

 

 

ではだれのために行ったか?

 

 

7年も。だれのために行ったのか?

 

 

土手犬たちのためなんかじゃありません。実は自分のために行ったんです。

 

 

自分が描く彼らの未来を、私は実現したかった。

 

 

一種の押しつけかも。そしておせっかいかも。

 

 

ちなみに協力者は女性の小宮さんと入田さんのみ。途中からひとりで行くことのほうが多かったほどです。チチも何年も来てくれなかったですし。

 

 

長い時間をかけ交渉の末、私ひとりで土手犬を合計9頭保護。

 

 

その数を上回る犬たちが土手で果てたことも追記しておきます。

 

 

お金もたくさんつかったし、労力や時間やストレスを入れたらもうなにもかもが数えきれません。土手犬たちは私の原点であり、私の再生の源です。

 

 

ドッグランを貸し切り行った703号室同窓会にてナナ一族が集合(全員血縁関係)。左からコロンJ、ゆず、ゴクウ、ナナ、リル、リュウ

IMG_0279

 

 

 

ゴクウは土手を最後に出た犬。ホームレスが番犬用に頑として手放さず7年かかったのです。終盤はいいホームレスさんとめぐり会い、生活環境がずいぶん改善。食器もキレイでしょ?

goku - コピー

 

 

 

703号室保護犬時代(9年前)

DSC_4636

 

 

 

若かりし日に殴られまくっていたゴクウは、背中を触られるのを異常に嫌がり、保護後も背中を触ると容赦なく噛みついてきました。扱いのむずかしいタイプ。

 

 

けれど私は、ゴクウの可能性を信じどこへでも連れていくことにしたのです。長い散歩、ドッグラン、ドライブ、病院……7年間土手で鎖に繋がれていた彼が知るはずもなかった世界を私はゴクウに見せたかった。ゴクウを愛しているから。

 

 

代々木公園のドッグランにて。ゴクウを抱く私の右にはナナが、奥にはリルがいます。走りまわってフレームアウトしていますが、むろんべべ公もいっしょ!

1 (28)

 

 

 

おもちゃに興味津々のゴクウとリル

1 (30)

 

 

 

「ちょうだいよー」

1 (29)

 

 

 

ゴクウとのご縁を希望してくれたのは4人家族の里親さん。のちに猫をたくさん保護し、現在は8匹の猫と共生しています。これはゴクウの卒業の日の一枚↓

1 (68)

 

 

 

小さかった息子さんは高校生に。お姉さんは大学生になりました。

 

 

ゴクウママだけでなく、パパも私に近況写真をダイレクトに送ってくれる仲です。

 

 

ゴクウは卒業後も703号室に泊まりに来てくれました。保護犬いすぎて収取つかない(苦笑)。ナナ、ゴクウ、べべ、リル、コロ、ランが写っています。

kotaro (6)

 

 

 

わが家に数泊したゴクウは私が特注で海外にオーダーしたベッドのマットレスを派手に齧って半壊させました。狼狽ですが、同時に笑えたなあ。すごい笑った。

 

 

里親さんはゴクウを溺愛。朝4時半に起きてお世話をはじめます。

0nananoani (3)

 

 

 

老犬で寝たきりになったゴクウを看るのが「楽しい」と言い切る里親さん。清々しい笑顔からは真実しか感じません。お金がかかるのはしょうがない。手がかかるのはしょうがない。むしろお世話ができてありがたい、と。

IMG_9981

 

 

 

かつて私は、ゴクウに平穏な暮らしをさせたくて7年間土手に通っていました。私の夢は私の力で実現させたんだと自負しています。

IMG_0239

 

 

 

囲まれ感がハンパない。人気者のゴクウ^^

IMG_0281

 

 

 

なにかを叶えたいと思ったとき、皆さまはどのようにしますか?

 

 

私は弛まぬ努力をしてきました。思考に思考を重ね、なるべくほかの方の迷惑にならぬよう、コンパクトかつ着実に。持久力も瞬発力も私は持ち合わせています。

 

 

はじめからできたわけじゃない。今も完ぺきではない。

 

 

しかし理想に近づくための「尽力」を私に教えてくれたのは、犬であり、猫です。

 

 

尊いですね。

 

 

ゴクウは余生を謳歌しています。

 

 

ナナもまだ息していますよ。しっかりと我が家に存在しています。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





アート

とめどなく胸がざわつきます。

 

 

日常の中にいて平常心を保つのがこれほどむずかしいとは。

 

 

悲しいことが起きても、私は少しずつ歩きつづけなければならず、精神のコントロールがキツい。

 

 

ルーツ、ルーツルーツルーツ。私を突き動かしたエンジン、エンジン、エンジン!!

 

 

改めてコロンJという犬の大きさが胸に迫ります。

 

 

コロンJだけでなく、ときどき、わが家を巣立った子たちに潰されてしまいそうです。

 

 

あんまりにもかわいいもんですから。

 

 

彼らの不遇だったころと幸福の姿の狭間に位置する私は、位置する快感をおぼえてしまった私は、ほかのことができなくなってしまいました。

 

 

不遇だったころと、幸福の姿が脳内で交互にチカチカ変わる。

 

 

バチン。はい、シーンが切り替わってバチン、バチン、また、バチン……

 

 

コロンJの一生は私にとって、そんなイメージです。

 

 

 

かつては社会正義への微力な追及であった「犬猫譲渡活動」は近年、自分にとってのアートかもしれないと思うに至りました。

 

 

私にとっての「譲渡」はすなわち、芸術、美術の場であり、自己表現の舞台。

 

 

しかし私はここに冒険や奇抜さを求めず、「譲渡」を一種私の作品と仮定するならば、私はあくまで自分の作品を「本来あるべきスタンダードな姿」に整え、戻すことに徹したいのです。

 

 

補足しておきたいのは、命ある犬猫たちを「作品」と位置づけているのではなく、譲渡にいたるまでの一連の私の動作こそが「作品」だということ。

 

 

そして私は持てる限りの美と愛を足しどこまでも自分の世界を追求していきたいです。洗練された譲渡は豊かで良好な人間関係を築き、その中でいくつもの感謝と慈悲が生まれ、感謝と慈悲に生かされながら、明日の分の呼吸を確保するのが私の生き方かもしれません。善き方を尊敬しています。

 

 

ひとつひとつを丹念に仕上げるには余裕が必要です。

 

 

 

平穏さ、ゆったりした気持ちで取り組んでいきたいです。

 

 

 

「ハハは今長い言い訳をしましたね? 要はぼくらの募集が遅くなるってことですね」

IMG_0020

 

 

 

 

「読解力のある方にはわかってしまうものよ?」

IMG_0035

 

 

 

あさひ、百香、皆さま、申し訳ありません。お察しの通りです。

 

 

 

Relax!

 

 

スポンサーリンク





お帰りジャイアン

※ブログ連続更新中。よかったら下の記事もお読みください。

 

 

いじめっ子だったくせに、4匹の中で心も体ももっともボロボロに傷ついていたのは、ジャイアンのようです。まだとても若いのにFIVキャリアでした。

 

 

まあ、想定内なので仕方ないです。

 

 

去勢手術の麻酔の際に歯の状態で中島先生に推定年齢を考察してもらいました。

za (1)

 

 

 

歯は真っ白。歯石もついておらずびっちりはえそろっています。

za (16)

 

 

 

おそらく2歳前後でしょうとのこと。

 

 

しかし歯を見なければ、私は7~8歳かと思っていたのです。

 

 

外でいつもヨレヨレだったから。

 

 

これも麻酔中。一見目が正常っぽいですが、意識は朦朧としています。

za (18)

 

 

 

言っておきますけど、こんな普通にさわれるタイプじゃないからね(笑)。

za (17)

 

 

 

ケージが重すぎるので中島先生とemi-go夫妻が車まで運んでくれました。

za (5)

 

 

やさしい中島先生、emi-goありがとう。お世話になりました。

 

 

ねえねえジャイアン、病院の空気感伝わってないかな?

za (3)

 

 

 

怖い思いをさせたかもしれないけれど、みーんなあったかいハートを持った人たちなんだよ? 砂で汚れていたケージもきれいに掃除してくれたでしょう?

 

 

スタッフ内に際立ったキャラがいます。仮名白米子(はくまいこ)さん(右)。

za (6)

 

 

 

白米子さんですが、パンもお好きのようで、私が会計待ちをしている間、しきりに袋に残った2つのパンのどちらを食べようか迷っていました。

 

 

見かねた私が「2つとも食べたら?」と提案してみたところ「はっ!! ですよねー!!」だそうです。非常に清々しい。そして愛嬌のある女性です。

 

 

食べるために生まれてきたんだそうです。うん! いい!

za (7)

 

 

 

懐っこい笑顔で「田辺さーん」と呼んでくれる白米子さん。

 

 

カメラを向けると照れて隠れる一面も。最高だよ♪

za (4)

 

 

 

腕のいいトリマーさんでもあります。会いたい方はぜひ大師前どうぶつ病院へ!

 

 

あ、彼氏募集中ですってよ!

 

 

 

ドライブを経てうちの下に着きました。

za (9)

 

 

 

よし、じゃ703号室に戻ろうか?

za (8)

 

 

 

ジャイアンは保護部屋のケージからスタートします。

za (10)

 

 

 

足を投げ出しているの、わかりますか?

 

 

ジャイアンは隠れていないんです。近寄ると激しく怒りますが、スペースはお気に入りのようでくつろいでくれています。なんて賢い子でしょう?

 

 

ジャイアン、我が家はいろんなタイプのお子がいるの。図々しい子や

za (14)

 

 

 

不思議な子

za (15)

 

 

 

野良時代の顔見知りも揃ってるよ。

za (13)

 

 

 

まとめて連れて来ちゃったから^^;

za (12)

 

 

 

あさひと百香をおぼえてる? 全員あなたにいじめられてた子たちだよ。

za (11)

 

 

 

特に被害を被っていたのは超小柄なローズだったけど……。

 

 

 

ジャイアン、好きだよ。

 

 

好きだからこそ、仲よくなりたい。そのフワフワの毛に私の手のひらを乗せたいの。ブラッシングしてあげたい。マッサージしてあげたい。いずれ、いい?

 

 

苦労してきたんね。わかるよ。ぜんぶわかる。だからスカウトしたの。

za (2)

 

 

 

あなたはぜったい、とびきりのスターになれる。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





逆毛を立てない生き方

にゃん太さんのショップのお客さまより私へソフトケージのプレゼントが届きました。譲渡活動に重宝させていただきます。どうもありがとうございました。

IMG_9978

 

 

 

さて、新顔はチチの提案により「ジャイアン」というビミョーな仮名になりました。すみません。ただの仮名ですので……卒業後変わるでしょうね(笑)。

 

 

 

「わー ヤツにぴったり♪」

aeifha (8)

 

 

 

ちなみにローズもチチがつけたんですよ。ローズはかわいいよね。

 

 

 

百香(茶白)とあさひ(茶トラ)の若いコンビは私が名づけたのです。

aeifha (6)

 

 

 

おぼえられましたか?

 

 

ジャイアンでしょ?

 

 

ローズでしょ?

 

 

百香でしょ?

 

 

で、あさひ!

 

 

 

「えー まとまりがないからわかんないー」

aeifha (7)

 

 

 

みんな近所でスカウトした子たちなのに、たしかにセット感がないね^^;

 

 

まあ思いつきだから。

 

 

 

午後、保護ホヤホヤのジャイアンをemi-goの病院へ連れて行ったのですが……

aeifha (10)

 

 

 

正直すんごいたいへんでした。喘息の発作が出たほどです。

 

 

 

まず見てくださいよ。※汚い洗濯物はスルーでお願いしたいです。

aeifha (9)

 

 

 

洗面室に隔離していたジャイアンを玄関ホールにケージごと移動

aeifha (11)

 

 

 

ジャイアンはウーウーお怒りモード。爪が容赦なく飛んできます。仕方ないので上に厚めの布を被せケージの端を引っ張る作戦。キャリーに移せる状態ではないのはもちろんのこと、結局中に入っている重い砂のトイレも食器も出せませんでした。

 

 

 

わが家の脱走防止扉を抜け

aeifha (12)

 

 

 

エレベーター前へ。どうかほかの住民と鉢合わせませんように

aeifha (13)

 

 

 

ジャイアン体格がいいので相当しんどかった。

 

 

車を先にマンションの下に持ってきてよかった。でもどうやって入れよう?

 

 

ひとりで持ちあがるかな?

 

 

えいっ! 

 

 

 

できた~! 火事場のクソ力だね?

aeifha (14)

 

 

 

ようやく出発。

 

 

 

20分強のドライブを経て到着。道中ジャイアンはおとなしかったです。

aeifha (2)

 

 

 

emi-goが助けに来てくれました。もうさすがにひとりじゃ無理……

aeifha (15)

 

 

 

あとは中島先生たちにお任せ!

7tuika (4)

 

 

 

お世話になりまーす。

7tuika (3)

 

 

 

院内でしばしおしゃべり

7tuika (2)

 

 

 

ナナの子犬時代とおんなじ模様と顔つきの子犬がいるんです。

aeifha (1)

 

 

 

チャボボ~♪

aeifha (18)

 

 

 

靴下、胸の白、尻尾の形、耳、鼻黒、毛色……すべてがナナのミニチュア

aeifha (17)

 

 

 

ナナは当然生きてるけどナナの生まれ変わりかと錯覚するほど似てるんです。

aeifha (16)

 

 

 

わたしゃこの娘に夢中です。離さん♥

aeifha (4)

 

 

 

emi-goも相当思い入れがあるようで里子に出すか悩み中だとか。

 

 

 

「田辺さんなら喜んで渡します」

 

 

中島先生、emi-goの夫婦揃って誘惑してくるから本気で悩むよな。

 

 

しかしいかん。家にはナナ、リル、ほほ、あまぱん、さぶがいる。

 

 

適当に交わしながら雑談をつづけることにしたのです。

 

 

 

ナナ、さっきナナに瓜二つの子犬に会ったよ。ナナも昔鼻黒だったもんね。

aeifha (3)

 

 

 

天気が悪かったせいか、めずらしく病院が空いています。でもだからって……

aeifha (5)

 

 

院長婦人、働いてくださいよ。

7tuika (5)

 

 

 

スタッフが呆れていますよ?

7tuika (7)

 

 

 

あ、一応emi-goの名誉のために補足しておきますけど、ふだんは目がまわる忙しさなのでこういうシーンはめずらしいのです。妙にほっこりするね。

7tuika (6)

 

 

 

ジャイアン、戸惑っているかな? 怖くて、不安でしょう?

7tuika (1)

 

 

 

けれど私はこの道のプロですから、身を任せてくれていいです。

 

 

逆毛を立てない生き方をしていけるよう、共に考え模索していこう。

 

 

 

ジャイアン、Smileだよ!

 

 

 

スポンサーリンク