オアシス

私にはずっと気がかりだったお兄さんがいました。

 

 

emi-goの病院に私の保護子猫ニコちゃんに会いに来てくれたお母さんとお兄さん。ニコちゃんを抱いたときのふたりの笑顔が忘れられません。

 

 

ニコちゃんはほかの方との縁が決まり、私はお母さんにお断りメールを書きましたが、ふたりの落胆したそぶりを想像するだけで胃がキリキリと痛んで仕方なかったです。

 

 

自分が乾いたつまらない大人になってしまったと思いました。

 

 

ドライでパサパサの心。いつからこうなったんでしょう。

 

 

しかしこの度こま吉の里親きちこさんが保護した4匹の天使たちのおかげで、私はお母さんとお兄さんの夢を叶えることができたのです。

 

 

そして1匹の子猫が、お兄さんとお母さんの掌で幸せを掴みました。

 

 

ありがとうの気持ちでいっぱいです。

 

 

きちこさんが保護した子猫たちの中にキジトラの女の子がいる!

IMG_1491

 

 

 

ニコちゃんと似ている!

 

 

私はすぐにきちこさんに連絡しキジトラの女の子を私が引き継ぐことを提案。

 

 

きょうだいたちと引き離してしまう旨も伝えたのですが、きちこさんは「一匹ずつでもいいご縁なら気にしません」と二つ返事。

 

 

横浜から菊ちゃん(仮名)をemi-goの病院に届けてくれたのです。

 

 

きちこさんが愛情を込めて育てた菊ちゃん

IMG_1493

 

 

 

風邪の治療もがんばりました。

IMG_1490

 

 

 

「もしまだ子猫が見つかっていないならぜひ会いませんか?」

 

 

私は菊ちゃんの写真を添えお母さんにメール……

 

 

私たちは会う約束を交わし、お母さんは仕事帰りにひとりで病院に来てくれたのです。

kiku (4)

 

 

菊ちゃんいいところをたくさん見せてくれました。

kiku (3)

 

 

小さいけれど、利発で素晴らしい猫さんです。

kiku (5)

 

 

菊ちゃん、お母さんの腕の中はあったかいでしょ?

kiku (2)

 

 

耳を掻いていたので検査してみたのですが、異常なしでした。

kiku (7)

 

 

中島先生、かなちゃん、いつもありがとう。

kiku (6)

 

 

きちこさんがまんまをたくさんくれたのでお腹ぽんぽこりんの菊ちゃんです。

kiku (8)

 

 

きょうだいを代表して採血

kiku (9)

 

 

ウイルス検査の月齢については中島先生とつめた話をしています。あくまでもこの時点での検査結果であることも含めて里親さんにはお伝えしています。

kiku (14)

 

 

ごほうびにお母さんからちゅーるをもらってご満悦

kiku (13)

 

 

一生けんめいちゅーるを食べる姿を眺めていたら

kiku (10)

 

 

鼻の奥がツンとしました。

kiku (11)

 

 

ああ。この子は生きるために生まれてきたんだなあ、と。

kiku (12)

 

 

 

きみたちには五感と喜怒哀楽があるんだもの。ね? タロ

kiku (1)

 

 

 

もらったおやつを隠すボボボ。8年以上河川敷で苦労してきた犬です。

kiku (19)

 

 

 

食事中は隔離されるちゃぽぽ。理由はみんなの分を奪ってしまうから(笑)。

kiku (18)

 

 

 

帰り際、お母さんは菊ちゃんを育てていきたい、うちの子にします、と仰いました。

 

 

そのときの表情がイキイキしていてとても美しかったです。

 

 

私は美しいものが見たくてこの活動をはじめたことを思い出しました。「運命は変えられる」と実証するためでもあります。私は簡単にギブアップしたくありません。

 

 

壁の向こう側にどうしても行きたいのです。

 

 

砂漠を越えればオアシスが広がっている気がするのです。

 

 

お母さんはニコニコ顔で帰っていきました。サプライズを準備するんだそうです。

 

 

後日、菊ちゃんはお輿入れの日を迎えました。

kiku (15)

 

 

おみやげ、きちこさんから預かった嫁入り道具、書類を持って♪

kiku (16)

 

 

 

私たちがいる場所は砂漠でしょうか? それともオアシスでしょうか?

 

 

すべては自分次第だと思いませんか?

 

 

お母さんの様子を目の当たりにして、私も潤いを感じました。

kiku (17)

 

 

循環しているんですね。

 

 

ならば常に前進しなくては!

 

 

菊ちゃん改めチョビちゃん♡ おめでとう!

 

 

次回はサプライズパーティに皆さまをご招待します。

 

 

LOVE IS ALL

 

 

スポンサーリンク





まあるも来たよ♡

皆さまこんばんは。本日は子猫菊ちゃんをお届けしました。

 

 

ブログの更新がまったく追いついていませんね^^; 自覚しています。いつかピタッと合うように更新回数を増やしていきたいものです。

 

 

昨日は丸ビルの地下で自分へのごほうびを買ったのです。

0nnaee (3)

 

 

 

真ん中のシャインマスカット♡ 死ぬほど大好き。とてつもなくおいしいですよね。私、マンゴーとシャインマスカットだけあれば生きられると思う。両方高いけどね。

 

 

夜は買ってきたアスパラを焼いて食べました。なかなかのお味でしたよ♪

0nnaee (4)

 

 

 

さて、保護猫すずらんにお友だちが続々と増えています。

0nnaee (2)

 

 

 

ハットリと同じ日にアメショーの「まある」もやってきたのです。

0nnaee (8)

 

 

 

まあるは生後8か月の男の子ですよ。

0nnaee (7)

 

 

まあるは「一般社団法人ねこのおうち」のゴエママさんが保護した猫

0nnaee (6)

 

 

 

私はゴエママさんよりもあつこさんのほうが呼び慣れています。

0nnaee (9)

 

 

 

ずっと仲よくさせてもらっている方です。あつこさんスープありがとうございました。

0nnaee (1)

 

 

 

まあるは90歳の老婆が成田のイオンのペットショップで買った猫。なんと2週間で飼育放棄されたという。その老婆、以前はチワワを買って、3年もの間外に繋いで飼っていたらしい。見かねた獣医さんがチワワを里子に出した過去があるのです。

 

 

ばあさん、いい加減にしなさいよ。

0nnaee (10)

 

 

 

あつこさんに保護された日のまある

0nnaee (11)

 

 

 

2週間の飼育環境はとても劣悪だったそうです。トイレすらなかったとか(涙)。

 

 

私も以前、コジマで軽く80歳はすぎている足の悪いひとり暮らしの老人に「ジャックラッセルテリア」をしきりに売ろうとしている店員を目撃したことがあります。

 

 

「おとなしい犬種だから手がかからないんですよぉ」

 

 

ってあんた!

 

 

ジャックラッセルテリアはおとなしくなんかないじゃん? むしろ超活発で大型犬と同レベルの運動量を必要とします。犬にくわしい方ならだれでも知っていること。

 

 

ほんとうに「商品」なんですよね。売っちゃえば終わりだから。

 

 

まあるは人がだ~~~い好き! 猫とも犬とも共存できるタイプです。

0nnaee (5)

 

 

 

emi-goの病院で数日お世話になりました。

0nnaee (14)

 

 

 

いや~ しないで写真撮ろうよ(笑)。

0nnaee (13)

 

 

 

私がとびっきりの里親さんをさがします。

0nnaee (12)

 

 

 

先日、子猫の菊ちゃんを預けにきたきちこさんとパチッ

0nnaee (15)

 

 

 

あつこさんがpHコントロールオルファクトリーを与えていたのでうちでも引きつぎます。

IMG_1817

 

 

 

うちはみんなロイヤルカナン

IMG_1816

 

 

 

ロイヤルカナンの中に発がん物質が入っているから危険だと言う方がたまにいますが、私はちがうと思います。なぜならうちのべべは6歳まで支持者の多いナチュラルハーベストやヤラーを食べていたのですが、胃がんになりました。

 

 

もちろん、フードのせいではなくべべの体質の問題だと考えていますが、ナチュラルハーベストやヤラーを常食にしても、病気になってしまったのです。

 

 

ところが、胃がんの手術後、べべは大巻先生がすすめてくれた「低分子プロテイン」を9年以上食べて生き永らえたのですが、低分子プロテインはロイヤルカナンの製品です。療法食と一般の総合栄養食の差はあれど、私は身をもってロイヤルカナンのよさと嗜好性の高さを実感しています。

 

 

腎臓食もうちはついロイヤルカナンをポチってしまいます。

 

 

長くなりましたが、そんなわけで703号室には茶トラすずらん、黒白ハチワレハットリ、アメショーのまあるが家族募集を控えています。どうぞお見知りおきください。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





ハットリが来てくれた♡

chiseiさま(めいちゃんとちび太のママさん)愛の詰め合わせをありがとうございます。

IMG_1820

 

 

703号室に保護猫が増えたのでプレゼント助かります。うれしすぎる~♪

 

 

今夜はほほを洗いました。

IMG_1303

 

 

下半身のみまめにシャンプーしています。

IMG_1401

 

 

 

特に抵抗もせずおりこうにふるまっていますよ。

IMG_1813

 

 

シャンプー直後は花の香りがするの♡ 色男でしょ?

IMG_1314

 

 

さて、溜まっていたネタを放出するとともに、新しい保護猫の紹介をさせてくださいね。

 

 

少し前の話になりますが、私はemi-goの病院で子猫たちのお見合いをしました。

IMG_1233

 

 

 

希望者さんのお目当ては「ニコちゃん」

IMG_1254

 

 

 

ちゃんとブログで紹介していませんが、現在は兄妹揃って703号室卒業生になっています。兄がベルベットくん(下)で、兄を踏むおてんばの妹はニコちゃん(上)

IMG_1189

 

 

ちなみにこのときのお見合いはご縁になりませんでした。ニコちゃん、ベルベットくんのことはまたの機会に必ずご報告します。しばしお待ちください。

 

 

emi-goの病院の珍獣たち♡ 山口県の保健所出身のちゃぽぽ

IMG_1241

 

 

噛みつき虫のタロ。タロは老犬になって手放された犬なので気難しい一面があります。前の飼い主さんが病気で亡くなってしまったんですよ。emi-goほんとうにえらい。

IMG_1239

 

 

emi-goレベルの保護活動をやっている女性を私は見たことも会ったこともありません。

 

 

この日調子が悪かった私のためにemi-goがピンクの犬用毛布を床に敷いてくれました。

IMG_1261

 

 

ちゃぽぽ~ 枕にしてごめんよ~

IMG_1260

 

 

ちゃぽぽは天国のナナに似てかわいいね♡

IMG_1258

 

 

 

病院にはまなちゃんの保護猫「ツブ」ちゃんもいました。

IMG_1251

 

 

 

「田辺さーん」

 

 

帰り際、emi-goに呼ばれ紹介されたのはこのお方

IMG_1262

 

 

洗濯ネットが血だらけ……

 

 

事情を聞くと、黒白猫はなんとこの状態で外で1年以上生きてきたとのこと。

IMG_1399

 

 

よーく見てください。すごい痛そうだと思いませんか? しかもパンパンに腫れています。重篤な感染症にならず、この程度で済んだのが奇跡かもしれません。

IMG_1398

 

 

とはいえ折れた手が変な形にくっついたまま固まってしまいました。だからこのまま生きていくしかなかったんです。なぜなら彼は飼い主のいない野良猫だから。

 

 

とりあえずお決まりの写真を!

IMG_1248

 

 

よし。手術が終わったらやったる。みんなに内緒で縁探しを約束してお別れしました。

IMG_1245

 

 

骨をバッサリ

IMG_1396

 

 

片手を完全に失ってしまったので

IMG_1394

 

 

彼には超スイートな未来を保証してやりたいですね。

IMG_1785

 

 

名はハットリくん。ちゅーるが大好き! 若い男の子です。

IMG_1786

 

 

人とも猫とも仲よし。生真面目でやさしいタイプ(笑)。抜糸も終えました。

IMG_1790

 

 

三本足ですが、703号室内を飛びまわっていますよ。

IMG_1823

 

 

ハットリはリリース不可能な体なので保護した方が里親探しをすることになっていました。けれど私が出しゃばって「里親探そうか?」と切り出したのです。

 

 

おせっかいかなと思ったんですが、emi-goの「ぜひ!!」という叫び声を聞いて安心。emi-goの信頼を裏切らないよういいご縁を結んでいきたいです。

 

 

皆さま応援してくださいね。一生懸命がんばります。

IMG_1822

 

 

 

次回はアメショーまあるの保護経緯を!

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





続々と家族を得て

blogの更新が追いつかない中、私は3匹の子猫の譲渡をしました。

 

 

ひとりめはご存知まなちゃんが保護した三毛猫のヒヒ

hihia (5)

 

 

 

emi-goの病院に預かってもらい、風邪の治療をやってもらったよね

hihia (4)

 

 

 

「emi-goさん 中島先生 スタッフのみなさん ありがとう」

hihia (3)

 

 

 

撮影はみいさんが行いました。みいさんありがとう。

hihia (2)

 

 

 

ヒヒ嬢は大人気でお問い合わせがたくさん来ました。

hihia (6)

 

 

 

まなちゃんともども感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

まなちゃんは私がお願いしたことを即座にやってしまうスピード感を持っています。すごいなあと思います。そして人と接するときとっても丁寧です。

 

 

将来有望ですね。じきに白猫「たまごちゃん」の里親探しをはじめるとのこと。またできる形で応援していきたいです。まなちゃんがんばれ!

 

 

そして東大生のしのちゃんもやりました♡

hihia (7)

 

 

 

しのちゃんが担当したのは「ベルベット(♂)くん」と「ニコちゃん(♀)」

hihia (8)

 

 

 

この子たちはblogに登場していませんが、しのちゃんと私のコラボレーションなので卒業生として近々に紹介しますね。愛嬌たっぷりのキジトラの兄妹です。

 

 

毎日あっという間に終わってしまいます。自分のことをやる時間が足りません。

hihia (1)

 

 

 

でも「できる人」を増やせば、いつか必ず報われる気がします。

hihia (10)

 

 

 

同時に善き里親さんも増やしていきたいです。

hihia (9)

 

 

 

猫と暮らそうと考えている方々は、ぜひ「保護猫」に目を留めてくださいね。

 

 

来週も私はお見合いを控えています。

 

 

こちらへの放出が後手後手にまわっていますが、いずれちゃんと書きますので楽しみにしていてください。私を信じてくださる皆さまへ愛を込めて。

 

 

 

スポンサーリンク





きみがこのまま動けないとしても ほか

卒業生こま吉(デカ円)の里親きちこさんにあんこの最中をいただきました。

ffe (6)

 

 

めっちゃめちゃおいしかった。ありがとうございました。

 

 

譲渡から2年。怒りんぼの成猫でボロボロだったFIVキャリアのこま吉は、艶ピカ紳士の一途をたどりつづけています。家族の愛を知ったから。

ffe (13)

 

 

 

けれどこま吉は仲よしの兄を病気で失いました。こま吉の兄、ぽん吉もまた私が保護したFIVキャリアの成猫(譲渡は妹が担当)。心を閉ざしていたところまでふたりはそっくりで……

ffe (3)

 

 

 

私も妹もぽん吉が大好き。元はうちの近所にいた猫なので思い入れもひとしおです。ぽん吉が天に召されたのを知り、私はきちこさんへお花とカードを送りました。卒業生の訃報を受けるたびに私はお花を送っています。ぽん吉にはこれをオーダー↓

ffe (1)

 

 

 

きちこさんは天国のとら吉兄、ぽん吉の遺影に添えてくださっています。

ffe (2)

 

 

 

そしてお返しに、ぽん吉のマカロンをもらいました。えー! 似てる!

ffe (4)

 

 

 

まだ傷心が癒えない中、きちこさん夫妻は栄養不良+風邪っぴきでクチャクチャの子猫4匹を知り合いの方にソフトに押しつけられ? 保護することに……

IMG_1492

 

 

 

でも今夜電話口で話したきちこさんの声は、どこか吹っ切れてお元気そうでした。きちこさんは以前も成猫たちを保護し、譲渡した経験を持っています。

 

 

私の周りの方々や里親さんは、尊敬に値する方ばかり。素晴らしいですね。

 

 

よし。私もできる協力は惜しまずにしますよー!

 

 

さて、703号室の近況を少々♡

 

 

本日私はノートパソコンを手に近所のカフェへ行きました。

ffe (8)

 

 

この章は1万文字程度にしよう。なんとなくボリュームを決め、一章をさらに6分割に。ここまでの作業がいちばん頭を使うのです。柱が立ったら次は6つにカットした分を書きます。粘って6分の1.5が終りました。まだまだ、ですけどね。予定より遅れぎみですが少しずつやっています^^;

 

 

「お母さん 乾かして」

ffe (7)

 

 

 

チチにシャンプーされショボくなったリル。ドライヤーの音を怖がるのでタオルでひたすらゴシゴシ。リルはふわふわじゃないとなんかおかしい(笑)。

 

 

最後に、昨夜の自慢話を♪

ffe (9)

 

 

 

リビングでふと目に留まったほほを腕に抱いて、同じ布団で寝てみたのです。

ffe (11)

 

 

もともとほほは自立心の高いタイプで私の近くで寝たがりません。しかし最近は這って逃げるのも面倒のようで、そばで寝息を立ててくれました。

 

 

私の真横で爆睡するほほの背中を眺めながら私は思ったんです。

 

 

ほほがこのまま動けないとしても、私はほほを幸せにするんだろう、と。

 

 

別の方法を模索しながら、いっしょに楽しく歩いていくんだろう、と。

 

 

ほほが喉を鳴らすまで私はほほを撫でました。

 

 

ほほのゴロゴロ音はまるで大きな深呼吸でした。

 

 

毎日欠かさずほほの手足をマッサージをしています。

 

 

繰り返し刺激を与えていれば、いつかまたじょうずに歩けるようになるかもしれません。未来のことなどだれにもわからないのですから。

 

 

中トロを一切れあげました。

 

 

あまりのおいしさにほほは目を丸くして、ゴクリと飲み込んでしまいました。

 

 

できないことがあるのは残念です。

ffe (10)

 

 

 

ですが、できることもたくさんあるんです。

ffe (12)

 

 

 

明日は東大病院の診察日。またお漏らしをしてしまうでしょうか?

 

 

生きていてくれてありがとう。そんな風に日々ほほに感謝しています。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク