ハリの家族

「ぼくは食べ物のかおりが大好きです」

1haha (4)

 

 

 

ハハの作った適当な夕飯の前にスタンバイするぼく」

1haha (3)

 

 

 

「結局ぼくは一口ももらえませんでしたけれども……」

1haha (1)

 

 

 

数日前にemi-goから電話がかかってきました。

 

 

「田辺さん、ハットリのお届け(トライアル)にスタッフがみんな行きたがっているんです……申し訳ないんですが連れて行ってもらえないでしょうか?」

 

 

みんなか^^; 里親さんはどう思うんだろう?

 

 

まあ、わかるけどね。

 

 

emi-goのスタッフたちはハリが病院にいた頃、ハリをたいせつにお世話してきたんです。ハリは病院のアイドルでした。それに、若いスタッフたちは現在それぞれが個人で保護譲渡活動を勉強中。経験を積ませてあげたいと思うのはemi-goの親心。そこで迷惑承知で里親さんにお願いしてみました。

1haha (1)

1haha (2)

 

 

ラインを送ったあと、やっぱり図々しかったかなと反省した私。すると里親さんが返事をくれました。(※SNSでの紹介の了解を得ています。鮫島さんはマイ太郎さんのこと)1haha (2)

1haha (3) 1haha (4)

 

 

キャー! やったね!

 

 

「ハハ、ぼくトライアルじゃないの?」

1haha (5)

 

 

ハリんちには先住猫アジさん(12歳)がいるけれど、たとえ何年かかってもいいと仰ってくれているよ? 素晴らしいね。トライアルはしないかもしれない。

 

 

「いいのですか?」

1haha (6)

 

 

 

とってもあたたかい方だから、大丈夫だと思うよ。

 

 

「ありがとうございます」

1haha (7)

 

 

ハリならきっとアジさんと仲よくできると信じています。少し時間が必要かもしれないけれど、ハリはよくできたお子なのでだれとでも共存可能なんです。

 

 

先住さんとの相性の問題以外はトライアルの必要性を感じません。

 

 

たまに同じ活動をしている方から「いきなり正式譲渡で大丈夫ですか?」と言われますが、もちろん大丈夫。703号室は譲渡会などをしていません。理由は保護頭数が少ないからではないんです。個人の方々に声をかければ譲渡会ができる頭数は簡単に集まります。譲渡会をしない理由は希望者さんとじっくり膝を突き合わせるため。

 

 

けれど私は譲渡会の開催をしている方を否定しているわけではないので誤解のないようお願いしますね。あくまでも私のやり方をここに書いているのです。

 

 

トライアルは一般的に里親さん、保護主の両サイドの保険の意味合いも含まれていますが、それを熟知した上で私はケースバイケースの臨機応変で対応しています。

 

 

ハリくんはトライアル先ではなく、お家が決まりました♡

 

 

応援してくださっている皆さまに喜んでいただけると嬉しいです♪

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





山口えい吉くん

長年応援してくれているソウルメイトのMWさんよりほほへのお悔やみが届きました。ほほをまるで人間の息子のように扱ってくれて……感無量です。

0eik (11)

 

 

心あたたまるお手紙も拝読しました。MWさまありがとうございます。ほほが生前大変お世話になりました。ほほともどもありがとうの気持ちでいっぱいです。

0eik (5)

 

 

 

さて、本日は新星えい吉の紹介です。

 

 

ほほの追悼動画を作ってくださったジャーナリストの山路徹さんが仰ったひと言がえい吉の運命を変えました。ある方から山路さんの会社宛てに「殺処分間近」のえい吉の情報が添えられたメールが送られてきたんだそうです。

 

 

「ほほちゃんは幸せな子ですね。ほほちゃんの動画作っていて思ったんだけど、一方で健康な身体なのに殺処分されていく猫がいるんだもんなあ。たまんないなあ……」

 

 

山路さんはえい吉の写真が忘れられなかったようで助けてやりたいと話していました。そのときおこがましいながらも「私にはできる」と思ったんです。

 

 

※画像はお借りしています。

0eik (6)

 

 

※えい吉を含め画像に載っている3匹の猫たちは全員殺処分を免れました!

 

 

幸いemi-goの病院は山口県で殺処分寸前の子犬たちを引き取って家族募集をしているので情報を得やすいし、協力してもらえる。早速私はemi-goにいろいろ聞いてみました。

 

 

その後、直接現場で動いている山口県のaiさんとのやり取りを経て私は「牛くん」と呼ばれていたえい吉を空輸してもらい、emi-goの病院へ運んだのです。

 

 

山口市の保健所にいた頃のえい吉(写真はaiさんより)

0eik (7)

 

 

aiさんは山口県で個人で保護譲渡やTNR活動をする傍ら保健所に収容された犬猫たちが殺処分施設に行かないよう、流れを食い止める活動をしています。

 

 

話をしていてaiさんの意識の高さや理知的なお人柄に驚きました。頭脳明晰なaiさん。自分がしていること、したいこと、できること、できないことを端的にムダなく説明する能力に長けた方です。

 

 

私「aiさんは山口市の保健所にはどの位の頻度で通っているのですか?」

 

aiさん「施設がお休みの土日を除いて収容された猫がいればその都度必ず行きます」

 

aiさん「去勢手術や医療ケアは一切していませんが、大丈夫ですか? また空輸代金は里親さん(私のこと)の負担になりますが大丈夫ですか?」

 

私「医療ケアはこちらの責任で行います。猫は第三者へ譲渡しますがいいでしょうか? 空輸代金はもちろん支払います。ちなみにおいくらでしょうか?」

 

aiさん「6000円弱だと思います。キャリーケースや備品込みの値段です」

 

私「わかりました。ではすぐに振り込みます」

 

aiさん「空輸の手配は私か個人で活動しているほかの方が行いますね」

 

 

個人……すごい。個人の集合体がいるんですね。個人と個人が手分けして助け合い、山口県で結果を出しているのを知り、大きな勇気に繋がりました。

 

 

そして正直、金額の安さに仰天です。手数料や寄付などの余分なお金が乗っていないんです。本当の実費。犬猫の保護をしている私にはわかります。なにをするにもお金がかかるこの社会で空輸の実費だけで活動が賄えるもんか(笑)。aiさんたちは少なからずポケットマネーを持ち出しているはず。

 

 

遠く離れた山口県で純粋に個人活動をしているaiさんは私にとって目から鱗でした。

 

 

日本は捨てたもんじゃない。素晴らしい人々も大勢いる国ですよ。

 

 

ANA便で一時間半の空の旅を無事に終えた山口えい吉くん♡

IMG_4764

 

 

 

空港で会うなり「シャー」だって^^;

0eik (2)

 

 

 

去勢手術や医療ケアをするためemi-goの病院にしばらくお世話になりましたよ。

0eik (3)

 

 

 

大好物のちゅーるを食べているとき以外はたいがい不機嫌であちこちでシャー&パンチを披露しています。山口県にいた頃もみなさんずいぶんシャーされた模様です。

0eik (4)

 

 

 

実際来るまでえい吉の年齢、病歴、性格はまったくわかりませんでした。

 

 

でも私はえい吉がどんなものを持ってきたとしても、それはえい吉の持ち物だから、えい吉の持ち物をたいせつにしていこうと決めたんです。

 

 

この縁のどこかにほほの存在を感じられることも私にとってはありがたい。

 

 

MIHOさんがプレゼントしてくれたえい吉の大好物で仲よし作戦をはかっています。

0eik (10)

 

 

 

えい吉のハウスは面積を広く使えるようにしてあります。

0eik (8)

 

 

ふだんは自分のポリシーで近所の猫を優先的に保護するようにしていますが、たまには例外があっても楽しいですよね。えい吉、ウエルカム♪

0eik (9)

 

 

ウイルス検査の結果、えい吉はFIVキャリアでした。そして正直まだ今は怒りん坊です。ぜんぶえい吉の持ち物ですから、まるごとをだいじだいじしていきますね。

 

 

えい吉の憧れはぽっちゃりリタ嬢

0eik (1)

 

 

リタに向かって夜な夜な愛を叫ぶえい吉、想いは実るのでしょうか?

 

 

「知らね」

0eik (12)

 

 

では皆さま、山口えい吉くんをよろしくお願いします。山路さんがかわいいイラストを描いてくださったので紹介OKの許可をいただいたら載せます。未来の家族には額に入れてプレゼントします。

 

 

PS aiさんみなさん、こんなにかわいい子を守ってくださりありがとうございました。一生懸命丁寧にえい吉を磨いていきますね。

 

 

日本全国の「えい吉」に活路が開かれますように。

 

 

LOVE♡

 

 

スポンサーリンク





きみたちは例外なくみんな尊い

あつこさん(ゴエママさん)よりほほへプリザーブドフラワーとフォトフレームのプレゼントをいただきました。あつこさんありがとうございます。

kimiga (3)

 

 

こんなのはじめて。素敵ですね。

ddd (3)

 

 

前から見てもいい感じです。

ddd (2)

 

 

ほほ、お母さんさびしいです。べべ、ナナ、リル、ほほ、あまぱん、さぶのレギュラーメンバーの集合写真。うちがこんなに賑やかだったのが信じられません。

kimiga (2)

 

 

べべとナナとほほはどこへ行ってしまったんでしょうか? 正直お母さんはリルとあぱまんとさぶを見送る自信も気力もないです。ただただ怖くてたまらない。

 

 

幸せな時間ほどあっけなく過ぎていくのかもしれません。意識して堪能しないと、霧のようにフッと消えてしまいます。べべとナナとほほに会いたいです。

 

 

最近家にひとりでボーといることが増えています。刺激的なできごとと言えば……

kimiga (4)

 

 

歯医者で大好きなスケーリングを2回したこと。これこれこれ!

kimiga (1)

 

 

超音波で歯の汚れを落とす「通称エイミー」。やみつきになります♡

 

 

気分が落ち込むと私は歯科医院が配信しているYouTubeの「歯石取り動画」を延々とリピートして楽しむのです。あとは戦争映画の観賞ね(血ではなく血のりですから!)。私流のストレス発散法をご紹介しました。ぜひ皆さまも!

 

 

先日は里親きえさんに教わった方法でリンゴを煮てみました。

kimiga (11)

 

 

キッチンのまわりが甘い香りに包まれてにっこり♪

kimiga (13)

 

 

我ながらとってもおいしくできたと思います。

kimiga (14)

 

 

今度どこかへ行くときにおみやげとして作って行こうかな?

 

 

保護猫たちは元気にしています。

 

 

「ぼくねえ年末お引っ越しするの」

kimiga (15)

 

 

ハットリは「ハリ」という名前にかわります。個性的でかっこいいですね。

 

 

お届けレポートを楽しみにしていてください。

 

 

そして新星えい吉を近日中にきちんとご紹介します。

kimiga (6)

 

 

チチからもちゅーるをもらってご満悦

kimiga (12)

 

 

「ちょっとクルミパンをよこしなさいよ」

kimiga (7)

 

 

私の夜食を保護猫すずらんに取られそうになりました。女子力高めのすずきちはパンがお好きのようです。私が一口食べて、小さくちぎってすずきちに投げて、私がまた一口食べる感じで完食。すずきち、ずいぶん大胆になったね。

kimiga (8)

 

 

「野菜のピクルスもよこしなさい」

kimiga (9)

 

 

あのさあ、別にいいけれどおいしくないと思うよ?

 

 

「どれどれ」

kimiga (10)

 

 

すずらんを保護したあと、私は悶々としていたんです。

 

 

「馴れない猫はいない」

 

 

それが私のスローガンなのに、曇った表情といつまで経っても環境にも人にもなじまないすずらんの佇まいに、私はすっかり自信をなくしていました。

 

 

外猫時代のすずらんは、イキイキしていたから。

 

 

けれど近ごろのすずらんを見ていると、私はやっぱり自分はまちがっていなかったと思うのです。すずらんは明るく活発になりました。キャラ替えを果たすまですずらんなりにいろいろ悩んだことでしょう。相当の勇気が要ったと思います。えらいなあ。

 

 

ほほ、あまぱん、さぶ、ハリ(ハットリ)が絶えずすずらんに寄り添ってくれたのも大きかったでしょうね。すずらんが愛の子であることを、みんながすずらんに教えてくれているから、すずらんは打ち解けはじめたんです。

kimiga (5)

 

 

保護猫たちの存在はありがたい。

 

 

きみたちがここに福をもたらしてくれているんだよ。

 

 

きみたちは例外なくみんな尊い。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





I love my son

山口の保健所からやってきたえい吉くんはまだ怒りん坊です。

wasureru (16)

 

 

収容される前のいきさつはわかりませんが、人に馴れていないところ、未去勢であるところから考察すると生粋の野良だったのかもしれません。

 

 

人馴れをさせるのも大変ですし、FIVキャリアのえい吉くんの家族募集も少しだけハードルがあがるでしょう。それでも縁あってきてくれたえい吉くんに私は最高のお宅をプレゼントしたいのです。

 

 

今、私はえい吉くんが怒っている顔も私の思い通りにコミュニケーションを取れないところもすべてえい吉くんからのプレゼントだと思って楽しんでいます。えい吉くんが希望の星となれるよう努力していきますね。来週はソフトタッチができるのを目標にしています。

 

 

ふふ♡ しっぽに白いポイント発見!

wasureru (17)

 

 

 

さて、先日私はひさびさにネイルをしました。

wasureru (1)

 

 

 

爪が割れて仕方がないのと年末に向けて気分をあげるためです。ネイルしてくれたのは卒業生麦&とろろ家。里親きえさんとはずっと仲よしです。

wasureru (15)

 

 

 

お接待がじょうずなイケメンとろろくんにメロメロの私

IMG_4932

 

 

 

とろくんは本当に愛嬌があるお子なんです。

IMG_4931

 

 

ママ以外にはツンツンの麦嬢も無理やり抱っこさせてもらいました。

wasureru (14)

 

 

美しいきえさんと美しい麦嬢

wasureru (11)

 

 

毎度現実的なおみやげをくださるきえさんに感謝(笑)。助かります。

wasureru (5)

 

 

卒業生ファミリーの顔を見ると気分が晴れますね。

 

 

昨日お邪魔する予定だった卒業生天音ほたるのお家には行けませんでしたが、マイ太郎さんのtwitterで楽しませてもらいましたよ。

 

 

そうそう。天音ほたる家より素敵な贈り物が届いたんです。

wasureru (9)

 

 

ほたるの手紙も入っています。感動したな。ありがとうございました。

wasureru (8)

 

 

 

中身はシルバーのブレスレット。ほほのお母さんという意味のチャームがくっついています。

wasureru (10)

 

 

ほほが生きた証がほしい。ほほグッズがほしい。ほほと私を関連づけるものならなんでもほしい。そんな思いに駆られています。だからとてもうれしかったです。

wasureru (7)

 

 

 

さんざんいっしょに暮したのに、なぜもう会えないのか理解に苦しみます。

 

 

生きる意味とか死ぬ意味とか看取る責任とか順番とか……わけがわからなくなっています。正直ウンザリです。これはいったいなにを意図とした苦行でしょうか?

 

 

私はお子たちのそばから離れたくないだけなんです。私たちは家族だから。

wasureru (6)

 

 

 

私の太陽のべべが逝き、703号室一のお母さんっ子のナナが逝き、奇跡の連続を起こしつづけてくれたほほまでもが宇宙にかえってしまいました。一年半の間に3頭も。私が珠のように育て、命をわけあってきた大事なお子たちが、です。

 

 

私はべべ、ナナ、ほほのためならほしいものをがまんしたり行きたいところに行けなかったり眠い目をこすったり走ったり重いものを持ったりなんて屁でもないです。

 

 

なのにみんないなくなってしまう。寿命の差だとしても理不尽な気がしてなりません。

 

 

今日は「Hmom」ブレスをつけてフォスターアカデミーベーシックプログラム犬座学の講義をさせてもらいました。参加者たちは意識が高い専門的な方々です。

wasureru (2)

 

 

でも、ほほが腕に絡みついているからにっこりね^^

wasureru (3)

 

 

事務局の松原さんもパチッ

wasureru (4)

 

 

参加者の中には卒業生ほたるの希望者Iさんもいたんです。驚きました。その節はご縁にならなかったのですが、こうしてちがう形でご縁が持てたことに深謝します。

 

 

今年は犬のみでしたが、来年からはフォスターアカデミーベーシックプログラムの犬猫両方の講座を私が受け持つことになりました。責任重大ですね(汗)。

 

 

少人数の強みを活かしてグループディスカッションの時間等も設けています。

 

 

よりよい社会をめざして!

 

 

LOVE♡

 

 

スポンサーリンク





703交流会後半ほか

皆さまこんばんは。前回の703号室交流会関連の更新からすっかり日が経ってしまいました。ほほがいなくなってから気力が起きません。

 

 

ちょっとでもやる気が出たときは本の執筆や保護猫ハットリの家族募集を優先させてきました。

eieiie (1)

 

 

 

おかげさまでハットリが良縁に恵まれたので延び延びになっていた交流会の写真をUPします。ハットリは元気にしています。Twitterにはちょくちょく登場中!

eieiie (20)

 

 

 

卒業猫楽の里親福田ファミリーよりほほへのプリザーブドフラワーとお手紙とちゅーるが届きました。余談ですが、とハットリは似ているんですよ。

eieiie (19)

 

 

 

ほほからもありがとうございました。

IMG_4337

 

 

 

ほほ、青も似合うね。

eieiie (18)

 

 

 

お花は今ほほの骨壺のそばに飾っています。

IMG_4459

 

 

 

emi-goからもクリスマスプレゼントをもらっちゃった♡

eieiie (16)

 

 

 

中身はこれ↓ オーガニックコスメやバスグッズが大好きなのでうれしすぎます。

eieiie (17)

 

 

 

あの日ほほはまだ生きていて、チチにお世話を頼んで私は数時間交流会に参加したっけ。ほほが心配だったけれど、みなさんに会えるのがとても楽しみでした。

eieiie (3)

 

 

 

大遅刻した私ですが、幹事たちが中心となりみなさんが勝手に盛り上がっていてくれたのも最高でした。私がいなくても大丈夫だったかもしれない(笑)。

eieiie (9)

 

 

和気あいあいのイタリアンレストラン

eieiie (6)

 

 

 

50人を超えているので貸し切りで大正解!

eieiie (5)

 

 

 

スマイル

eieiie (2)

 

 

おちびさんも参加してくれました。あつこさん(ゴエママさん)のお孫さんです。

IMG_4181

 

 

 

群馬県から参加のややすやママちゃん。703号室卒業生を2匹育てています。

eieiie (8)

 

 

終盤、お仕事帰りに駆けつけてくれたジャーナリストの山路さんにもごあいさつしていただきました。山路さんは福島の動物たちのお話がメイン。足が長いです。

eieiie (7)

 

 

みなさん真剣に聞いていますね。

eieiie (4)

 

 

夢のようなひとときはあっという間に終わりました。ふだん画面上でやり取りしている方と実際にひと言でも言葉を交わすことができたのは有意義です。次回の開催は5月あたりかね? とにゃん太さんと話しています。実現をめざしますね。

eieiie (15)

 

 

山路さん、気楽に写真撮影を快諾してくださりありがとうございました。

eieiie (11)

 

 

みなさんがサプライズでプレゼントしてくれたほほへのエールの色紙

eieiie (13)

 

 

2枚あります。

eieiie (12)

 

 

色紙とたくさんのプレゼント(写真がなくてごめんなさい)を手に速攻ほほの病院へ戻ってほほに見せたんですよ。みなさんの励ましでお母さんは笑顔でほほと一晩過ごしました。ほほ共々感謝の気持ちでいっぱいです。

eieiie (14)

 

 

 

つい最近のできごとなのに、だいぶ昔の話をしている錯覚がします。

 

 

正直ほほがいないのが悲しいです。この生活、ぜんぜん慣れません。

 

 

次みなさんにお会いするときは「幸せのおすそ分け」をもらうばかりでなく、みなさんにもらっていただくことのできる人間に成長していたいです。

 

 

参加者の皆さまほんとうにありがとうございました。感想や写真をtwitterかblogのコメント欄にぜひ残してくださいね。特に写真が少なかった気がするので持っている方は放出してください。「#703交流会」をつけると関係者は読めます。

 

 

LOVE♥

 

 

 

スポンサーリンク