妹とめい


私のは、2年に一度くらいの割合で、本気を出したりします。

今日がその日でした。ひとり暮らしのOLの中にも、あつい心と底力があります。

いつも妹から、会社の愚痴や恋愛話を延々と聞かされ、辟易の私ですが、今日は感動しました。ハハ妹お疲れさま。

ハハ妹がずっと気になっていたオッドアイの白猫の保護に乗り出しました。午前中、我が家に捕獲箱を借りにきて、ひとりで悪戦苦闘していたそうです。あえて、手を出さず、口でアドバイスを伝えて、離れたところから見守っていたのですが、ハハ妹からのSOSの電話がしつこいほど何度も鳴ったので、現場に行って様子をみることに。

結局、狙っていた白猫は捕獲箱には入らなかったけれど、こんなにかわいいお子をGETしました。
クリックすると元のサイズで表示します

白猫のことをあきらめたわけではないので、次のターゲットにします。ハハ妹が無理なら、私がやります。っていうか、ハハ妹が活動できる次の週末まで待てそうにないので、ちょっと落ち着いたら、私が保護してみようと思います。

ハハ妹は、自分の力で、めいと名づけたこの猫に不妊手術と医療ケアを受けさせ、里親探しすることを決めました。さっき、革手袋、フード、フロントラインをプレゼントしました。貧乏OLが自腹でがんばるっていうんだから、姉の私としては全力で応援しないとね♪

ハハ妹が会社に行っている間、私がめいの面倒をみに行く約束もしました。ハハ妹は犬のまめと猫の福(超凶暴)と暮らしているので、めいはしばらくケージ暮らしになります。
クリックすると元のサイズで表示します

この活動は、ルールやコツがあります。命を預かる重責からも逃げられません。けれど、心を配って、丁寧に、きちんとやろうと思えば、誰でもできることですね。20代後半のOLの奮闘ぶりを目の当たりにして、改めてそう感じました。

最後に、どーでもいい話かもしれませんが、今日、猫を保護するために、猫缶やかつおバーをたっくさ~ん自転車の前かごに入れていました。めいが捕獲箱に 入ったので、捕獲箱を静かな場所に移動させるために、2、3分? 自転車から目を離したのですよ。そしたら、誰かにフードの入った袋を丸ごと盗まれまし た。ショック! 猫を飼っている人かなぁ? はあ(涙)。

かつくん「ハハ妹ちゃん、やるね! めいが捕獲箱内で大暴れしたから、その時だけはさすがにひるんだみたいだけど、にこにこ笑いながら前向きに保護してい る姿をみて、ハハは安心したそうです。結局、捕獲箱を担がされ、ハハ妹ちゃんちのケージに移す作業をやらされたハハだけど、妹と猫の話で盛り上がっている 時が、最高に幸せなんだって。皆さま、めいをよろしくお願いしますね。ペコリ。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室かつくん

スポンサーリンク





コメントを残す




*