おススメの一冊


頭痛、治りました^^ 昨夜は頭痛や吐き気と闘う意力すら起きないほどぐったりしましたが、家事があるので、寝ていられません。追加でバファリンプラスを飲んで、なんとか乗りきった感じです。寝る前にゴンタのトイレシーツをかえたのに、起きたらこれ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ここまで多尿(しかも量が多い)だと、シーツをかえる回数が増え、疲労困憊になります。でも、ゴンタが悪いわけではないので、私がもっとしっかり体力をつけて、お世話していかないと!

「頭が痛いなんて 騒いで あたくちたちの ごはんはまだ?」
クリックすると元のサイズで表示します

リオ、生意気(笑)。チロチョウはすっかりリオの保護者になっていますね。この生意気さが結構うけると知ったので、来週あたりにリオは募集を開始しようと思います。それに、リオはリオなりに、日々人間との距離を縮めていますし♪

卒業猫このはが703号室にいた頃は、弟分のようにこのはにくっついていたチロチョウが、今はリオのよいお手本役になっているんだもんね♪
クリックすると元のサイズで表示します

なんでもリオに譲ってくれて、チロチョウ、ありがとう。
クリックすると元のサイズで表示します

チロチョウのやさしさに気づいてくれる心のきれいな里親さんが、きっとみつかるよ。
クリックすると元のサイズで表示します

チロチョウは、ただいま家族募集中です。次の猫を保護するためにも、チロチョウには卒業してもらわないとね。うちは自信が持てない子を里子に出すことはし ません。私は誇りを持ってチロチョウをおススメします。チロチョウはいい猫です。人間を信じてくれました。懐の深い男です!

リオのお兄さん役ばかりでなく、あどけない一面もあるんだから♪ 鼻の下めっちゃ伸びてる(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

さあ、チロチョウの宣伝はこのくらいにして、今日はぜひ読んでいただきたい一冊を!

成毛厚子さんの「ずっと犬が飼いたかった」(幻冬舎ルネッサンス)
クリックすると元のサイズで表示します

漫画家の成毛さんは、この本の表紙の犬、れい子さん(当時推定7歳)の里親になりました。そしてその後、縁あって、捨て猫だった吉之助くんを育てるはめことになります(笑)。この本の主役は、犬のれい子さん&猫の吉之助くん。つまり、保護犬や捨て猫がメインなのです。

保護主の目線ではなく、里親側の目線で描かれているので、大変興味がありました。一気に読ませていただきました。わかりやすい言葉でつづられた里親としての日々、成毛さん&れい子さんの戸惑い、幸福……読みながら、この本が、私の中に沁み渡っていくのを感じました。

犬よりでもなく、猫よりでもない。両方を慈しみ、各々の個性を大切にしながらの暮らし。まさに私のめざす場所です! それから、一方的に成毛さんに親近感を覚えました。成毛さんが昔、コンビニに着ていった恰好は、まさに今の私と同じです(爆)。

笑えたのは、DVや、嫁姑関係になぞらえた愛猫との生活。

「確かに! これは猫だから許されるんだわ。もし相手が猫じゃなかったら……」

強い共感を覚えながら、楽しく読ませていただきました。

でも、笑えるばかりではありません。成毛さんの後悔や懺悔、今の社会への問題定義も含まれています。成毛さんが正しい! そう思いました。だから、皆さまにも読んでほしいのです。

成毛さん、いつも応援ありがとうございます。成毛さんはうちのカレンダーを大量に買ってくださった方でもあるんです。もちろん私も、れい子さんのイベントにうかがいますよ! 私は3月18日の午後に行きますね。楽しみにしています。

※本の売り上げは、寄附されるそうです。3月1日から31日まで紀伊国屋新宿本店、新宿南口店でキャンペーンあり! この間はれい子さんフェアなんだとか♪

日本の動物愛護精神は弱小だ、そう思われたらたまりません。多くの方が関心を持つ、その関心を「形」にする。だからこういう本が多く売れるよう、全力で応援したいのです!!

多くの方が「保護犬猫」の存在に気づき、心を寄せてくれますように。

ネット徘徊も楽しいけれど、読書もいいですよね~♪ ちなみに成毛さんの本を読み終えた私は、推理小説を読んで、犯人捜しに熱中しています。

次回はナナちゃんが主役です!
クリックすると元のサイズで表示します

かつくん「すばらしい1冊だよね。ぼくもれい子さん、吉之助君、ホタルちゃん、さよりちゃんが大好きです。こういう本が浸透すれば、日本は変わるよね。だ からいっぱい売れますように! この前の703号室人気投票で、成毛さんは、“かつくんに1票”だと思ってくださったそうです。投票には間に合わなかった けど、その話を聞いて、ぼくはとても嬉しかったよ。どうもありがとう。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくのバナーをクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

703号室かつくん

スポンサーリンク





コメントを残す




*