激しいキス


今日(水曜)もタロの里親さんはお仕事帰りに我が家へ寄って、タロとの楽しいひと時を過ごしま した。お仕事もあって大変なのに、往復1時間かけて通ってくださって、本当にタロは幸せな犬だと思います。きっと今までこんなに誰かに思われたことなんて なかったでしょう。タロは、お二人が帰られた後、淋しそうにケージの中でずっと甘え泣きしていました。出してやると、玄関まで行って姿を探し、又泣いて、 あたりをウロウロ。少し人間を甘く見ている部分は確かにありますが、タロもまたお二人が大好きで、一緒に居る時間が楽しくて仕方ないようです。

ご心配頂いていますが、タロは極めて元気坊主です(笑)。二進一退?!って位の成果で、完全ではありませんが、毎日めまぐるしく変わっていきます。

まず、足が拭けるようになったこと!これ、マジですよ!スゴイでしょ?
完全に無抵抗ではありませんが、誉めながら拭くと少し我慢できるようになりました。実際に見てくれた方じゃないと分からないかもしれないけど、スゴイ進歩!タロ最高!

そして猫ですが、ついさっきまでは、リビングでかつくんと一緒に放していても全く我関せずだったのに、どこのスイッチが入ってしまったのか? いきなり 走って追い回し、威嚇してしまいました(涙)。猫についてはまだ時間がかかりますが、幸い、里親さん宅には猫ちゃんが居ませんのでその点は我が家より安心 です。

そして、最大の難関、食へのこだわり(笑)ですが、これについては考えました。チチと、格闘覚悟でお皿を取り上げてみる?との案も出ましたが、無意味だ し、第一、人間はやっぱりぼくからご飯を奪うんだ!と妙にいじけられても困るので、ケージなどの静かな環境で食べさせることに。与える量はそのままに、回 数を1日2回から1回へ減らし、気が荒れる回数を少なくする作戦。ご飯を1回にすると消化が悪くなる子も居ますが、タロは大丈夫。なんせ食べるのが遅い遅 い……。気が強い割には女の子のような食べ方なんです。よく噛んで食べてるから消化は問題ありません!
食べてるそばへ行っても大丈夫。それ位、良い子になりました^^

どうしてこんなに私に従うようになったかと言うと、実はちょっとした事件がきっかけなんです。

「事件の内容はねぇ……。でも、それ、ぼくはあまり悪くないんだけどなー」


その日、タロを連れてババ(私の母)の店(飲食店)へ遊びに行きました。店内の鉄柱に繋いで、スタッフ等と話していると、別のスタッフがタロの存在を知ら ずに、違う部屋にいたまめ(ハハ妹の飼い犬)を放してしまい、放されたまめがこちらの部屋へやってきて、鉄柱に繋がれてるタロを敵だと思い、物凄い勢いで かかってきました。
タロが売られた喧嘩を買わないはずはありません(笑)。
土手で仲良くお散歩をしていた2頭は、文字通り「死闘」になってしまい、物凄い状態になりました(汗)。柴って難しい……。まめはメスなのに、1回スイッチが入ると、相手をクッチャクッチャにしてしまう(爆)。勿論タロも。

このままではどちらかが大怪我する。そう思ってまめを蹴って突き離し、その間にババがまめを抱きかかえ、私はタロを抱えて、喧嘩は収まりました。
タロが悪いわけではないので、あまり怒るのは可哀想でしたが、あえてメチャクチャ叱りつけ、口ばしを掴んでそのまま自分の口の中に入れました。
私の口の中にタロの口ばしごと入った状態で低く唸り「お前、いい加減にしろ」という態度を見せました。そのままの状態で、しばらく静止してから開放してあ げると、タロは何度も何度も舌を出し、自分の口をペロペロなめました。そしてあくびを連発!「退屈、眠い」と言う意味ではありません。この場合のあくび は、犬が恐怖を感じている、あるいは緊張している状態を表します。ついに私、この子の上に立ったわ! 恐れを一歩踏み越えて全身でかかっていけば、この子 にはちゃんと伝わる。まめが悪いにせよ、売られた喧嘩を買いすぎだと。

それからは、何の問題も起きず、帰ってきて足をおとなしく拭かせ(驚)、タロ!と呼ぶとどこからでも飛んできて、ご機嫌を取ってきます。

タロは、木刀が似合いそうお父さんが居るお宅だと、きっと借りてきた猫のようにいい子で居られる犬です。でも、恐怖感だけを与え続けることは出来ないの で、その倍、その存在を誉め、一緒に喜び、学び、そして愛することが重要です。その大前提を忘れず、毅然と振舞うことがタロには大切。タロはリーダーを求 めているのだから。

でも、喧嘩を売ったのは、どう見てもまめで、鉄柱に繋がれたタロは、自分の命を守るために精一杯振舞っただけなんですよね……。だから殴ったりしてません のでご安心を(笑)。ただ、犬はボスに絶対的に従う必要があることを教えるためにタロの口を自分の口に入れただけですから! まあ、愛のある激しいチュー ♪って事で!

あまりの乱闘ぶりに、スタッフ達は、犬達を止めるどころか店の外まで逃げていきました(笑)。そこまで逃げなくても(5m位逃げてました)いいのに……。 そして戻って来たあと、いつもまめをからかっている一人がまめに敬語で話しかけているのを聞いて大爆笑。勿論、タロには一切触れず、仕込みに入りました。

「ぼくって案外か弱い男の子だから」


可愛い襟巻きは、満月邸からのお土産!似合いますよね^^ うふふ

「でもハハ、ぼくファーストキスの相手は、もっと若い人だと決めてたんだけど」

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*