白い犬りこティ


「みなさま あたちはりこ。りこティってよんでね」
クリックすると元のサイズで表示します

「ピンクのバンダナがあたちのトレードマーク。あたちはカリカリをたべられません。あのパサパサした食感がムリ。お米のパンがだ~いすきな7歳の女の子です」
クリックすると元のサイズで表示します

……。 ̄ー ̄

リル、それどーしたの?

それはみこティのバンダナでしょ?

「……」
クリックすると元のサイズで表示します

「盗った」
クリックすると元のサイズで表示します

「だってみこティがわるいのよ。みんなみこティみこティって騒いでばかりで、あたちのこと、なんだか隅においてる気がしたの。それに、みこティが先にあた ちからお父さんを盗ったのよ。お母さんもみてたでしょ? あたちがお父さんにチューしようとすると、みこティがわりこんできて、チューってしちゃうの。す るとお父さんは、にこにこ顔で、“みこティありがとう♪ みこは本当にチューが上手なんだよな~”なんて、みこティのつんつるてんの頭をヨシヨシしなが ら、みこティみこティ、みこティの話ばっかり」
クリックすると元のサイズで表示します

ふ~ん ̄ー ̄

なるほど……。

つまりリルは、みこティがリルとお父さんのチューを邪魔したり、お父さんがみこティの頭をヨシヨシするのがイヤで、カリカリも食べないし、拗ねちゃうし、その挙句に、みこティのトレードマークのバンダナを奪ったりしたのね。

リルはもっとお父さんにチューしたいのね。

どれどれ? 今日はお父さん、出稼ぎだから、お母さんがチューしてあげようか?

「や」
クリックすると元のサイズで表示します

「やれやれ、子供ね。リルちゃん、そのバンダナ、好きならあげるわ」
クリックすると元のサイズで表示します

かつくん「実年齢は、リル7歳、みこティ2歳。ただし、リルの精神年齢、0歳児レベル。リルが一番ハハに似ているとチチは言います。ハハも食べ物の好き嫌いが激しいしね。

“やだかつくん! 私はリルと違って、チチにチューなんてせがみませんよ”

ハハはそうぼくにしつこく食い下がってくるけど、チチの言いたいのはもっと大きな部分の話だよ。

暮れなのに、チチは出稼ぎに行きました。大掃除どーすんだよ? ってハハは思っているそうです。チロチョウのお世話、ハハひとりでもできるようになりました。チロチョウの機嫌のよい時は、なでなでもできます。でも、ひとりだとお子たちのお世話が大変みたいです。

年末は今年の卒業生を一気に並べて紹介するらしい。恒例だね。更新する時間あるのかな?

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくのバナーをクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

703号室かつくん

スポンサーリンク





コメントを残す




*