この年の出会いと別れ1


今年ももうわずかですね。私は今日、大掃除をしました。明日は大晦日ですが、明日もやります。 703号室に感謝を込めて、普段は手の届かないところまで磨きました。この家は、悲しみの日も、喜びの日も、卒業生たちや、うちの子、私たち夫婦を包み込 んでくれる場所です。卒業生たちの実家でもあります。もう少し部屋数の多い家に住めたら、保護活動も円滑なのに、などと嘆くこともありますが、やっぱりこ こが好きです。

卒業生たちがやらかしてくれた、壁の傷、汚れを眺めていたら、この家がますます愛おしくなりました。次の年も、703号室から私たちの日常を発信したいです。

2010年は私にとって、有意義な一年となりました。

「縁」を強く感じた年でした。

犬や猫との縁はもちろんのこと、たくさんの善意に触れた年でもありました。多くの里親さん、自分と同じように活動する方々、応援してくださった皆さまに、心より深謝します。2011年も、どうぞよろしくお願いしますね。

今年の卒業生に再登場してもらう前に、書きたいことがあります。卒業生たちの記事は、この後つづきますので、少しお待ちください。そして、コメント返しやメールのお返事が遅くなっていますが、年をまたがってでも必ずしますので、そちらも気長に待っててくださいね。

コロ。

愛してるよ。

どうしても今、コロに伝えたくなった。コロを失ってから、コロの存在感の大きさを思い知ったよ。コロを失ったばかりの頃は、コロへの自責の念で胸が張り裂 けそうだった。考えまいとしていたけれど、ふとした瞬間に、コロが脳裏をかすめるのは、止められそうもない。コロのにおい、コロの息づかい。コロを抱きし めたい。

703号室に来た頃のコロは、もうボロボロで、なにをどうしたらいいのか、分からないほどでした。
クリックすると元のサイズで表示します

それが数ヵ月後には、こんなにきれいな姿に。
クリックすると元のサイズで表示します

通院をがんばったもんね。
クリックすると元のサイズで表示します

この写真を載せるのははじめてですね。コロ、最期の日。
クリックすると元のサイズで表示します

最後の一瞬まで、この子はがんばりぬきました。この世に生まれてから、いいことなんて、数えるほど少なかった犬で、いつもいつもがんばらなきゃいけなかった犬でした。

この年で一番悲しかったのは、言うまでもなく、コロを失ったこと。
クリックすると元のサイズで表示します

至らぬ私たち夫婦は、十分な暮らしをさせてやれなかったかもしれないけれど、私たちは、コロと暮らせて、この上なく幸せでした。今年、一番感謝を述べたい相手は、コロです。

コロ、どうもありがとう。

かつくん「今年一年、ポチポチしてくれたみなさま、どうもありがとう。ぼくはポチ大臣として来年もがんばります。みなさま、応援してね。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくのバナーをクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

703号室かつくん

スポンサーリンク





コメントを残す




*