鏡の中の私たち


※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

尿毒症がひどく、昨夜を超えられないと思った信くんは、今しがたお水を飲みました。

IMG_7466

 

 

シリンジごはんも18ml食べました。

IMG_7450

 

 

夢のような時間を授けてくれて本当に感謝しています。

 

 

血を吐いてしまうので、痛々しいビジュアルをしていますが、呼吸は安定していています。

 

 

うつら、うつらとしているふうに感じます。

 

 

どうかどうか、七転八倒の苦しみを味わうことなく、このまま少しずつ意識やエネルギーが低下し、穏やかで永い眠りについてほしいです。そのために私にできることは、なんでもします。

IMG_7453

 

 

今日は中島先生に薬を処方してもらいました。

 

 

もう信くんに移動の負担をかけたくないので、私が病院に取りに行ったのです。

 

 

とはいっても、信くんの口からは投薬ができません。

 

 

だから私の思いつく限りのものを皮下点滴に混ぜる感じでお願いしたのです。

 

 

ラクテック40mlに制吐剤、胃薬、抗生剤、止血剤、造血ホルモン剤

IMG_7473

 

 

たとえわずかでも、信くんが楽になってくれたら本望です。

 

 

延命とか、奇跡とか、完治とか……私はその次元にいません。

 

 

目の前の症状が緩和されるのをひたすらに祈っています。

 

 

オシッコはまだ出ています。だから様子を見ながら補液をつづけています。

IMG_7455

 

 

信くんのお気に入りの場所

IMG_7469

 

 

体温が低下しているのはまちがいないので、温活が欠かせないです。

IMG_7470

 

 

大事に育ててきた信くんが、どんどんと弱っていきます。

 

 

向き合うのが怖くて、正直な話、逃げ出したくなります。

 

 

元気じゃない姿を見るのはキツい。自分までもが蝕まれていく気がします。

 

 

私は加齢とともに、精神状態が身体に出やすくなったので、リルがいなくなったあたりから、頭痛が悪化し、口の中が口内炎だらけになってしまいました。とても生きづらいです。

 

 

でも、私には、ひとつだけ心に決めていることがあります。

 

 

それはこれからもずっとつづけていこうと誓っています。

 

 

「鏡」

 

 

どんなときも、信くんの目線で、私自身を客観的に眺めること

IMG_7461

 

 

信くんは、愚痴も吐かずに重い病気と闘っています。

 

 

命を賭してまざまざと、生きることの本質と厚みを教えてくれている。

 

 

なら私も。信くんの目に映る私は、せめて頼れる肝っ玉母ちゃんでありたい。

 

 

うまくできているかわからないけれど、最後まで絶対に信くんのそばにいるよ。

IMG_7462

 

 

好きだ好きだバカヤロー。信くんを連れて行くなバカヤロー!!

 

 

信くんは私の後ろのケージの中で寝息を立てています。かわいいです。

 

 

おやすみなさい。

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す