風のにおいを求めて


ぜんぜん会えていないMIHOさんから誕生日プレゼントが届きました。手紙にはコーヒー券とランチの券(手書き)が添えられていたという。これ、前に私もMIHOさんに同じことをしたっけ(笑)。

00ririririri (1)

 

 

ありがとう。コロナが落ち着いたらぜひ!

 

 

オフの今日は自分の通院やら運転免許証の更新やら野暮用がたくさん。ブログを書き終えたら行ってきます。大人になると休みの日でもいろいろありますよね。ふぅ。

 

 

先日リルを連れて近所の公園へ旅行してきました。

00ririririri (6)

 

 

目を輝かせ、にっこりするリル

00ririririri (7)

 

 

よいしょ、よいしょ、と声をかけながらいっしょにグルグルまわりました。

00ririririri (9)

 

 

うん。そうそう。じょうずじょうず♡

00ririririri (8)

 

 

そして毛布をゴザがわりに敷いて……

00ririririri (2)

 

 

ピクニック気分を味わったのです。

00ririririri (3)

 

 

風のにおい、草のにおい、リルの大好きが詰まっているね。

00ririririri (5)

 

 

冬だけどポカポカと太陽の恩恵を受けられた午後でした。

00ririririri (4)

 

 

私の本心は暗い雲に覆われています。

 

 

2021年はリルを見送る悲しい一年になる。そう考えると、思考が止まり、焦って焦って過呼吸気味になるのです。どんなに前向きになろうとしても、落ち込みをコントロールできません。リルはまだ力強く生きているのに、私は先の先まで想像してしまう。しかし、それだけではリルのためにも自分のためにもならないので、恐怖や負の思いを変換してリルに行動で還元するようにしています。

 

 

リルの不在を想像して怖くなったら、リルの存在を確かめるために抱っこをする。

 

 

リルに話しかける。リルを立たせる。リルのおでこのにおいを嗅いでチュウする。

 

 

リルと近所へ出かける。リルに食べさせる。リルに飲ませる。

 

 

私のひとつひとつの動作がリルに届くよう、そして私自身が常にリルを感じていられるよう、リルとさまざまなことをシェアしています。濃厚で贅沢でしょう?

 

 

今夜はリルが食べられそうな食材で「犬ごはん」を手作りしてみようかな?

 

 

ひさびさだからうまく作れるかわからないけれど。

 

 

あのときああしていればよかった、こうするべきだったと後悔するくらいなら、1分でも長く、リルのそばでリルのお世話をしていたいです。それが私の恐怖克服法になっています。

 

 

「できることがある」というのは、すばらしいことですものね。

 

 

リル、いつもありがとう。

00ririririri (11)

 

 

地球100周分愛しているよ!

00ririririri (10)

 

 

 

I LOVE リル

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す