キャラメル家の子猫たち


すっかり遅くなりましたが、今日はハニーミルクのお届けについて♪

ピンクの会以降は、寝込んでいました。いや、実は会の前から精神的にいろいろ悩みがあって。責任を痛感してしまって……この活動は、いろんな方が交わっているからね。

責任の所在は私にあると考えているので、今後の活動については、もう少し考えてみます。

ただ今は、目先にある、大切なことだけに目を向けていく力がほしいです。こんな微力な私にも、できることがあると信じて、まずはウイリアムの家族探しをしますね♪

胃薬を飲んで、なんとかパソコンの前に座ったら、ミルクと、
クリックすると元のサイズで表示します

ちょっぴり大きくなったハニたんの写真が届きました。
クリックすると元のサイズで表示します

泣きました。思いっきり。
ハニーミルクのママさんが、写真を送ってくれたのです。ハニーミルクのために、新たにエアコンを買い、もうすぐキャットタワーも届くんだとか(笑)。

よかったね♪

無垢な子猫たちと違って、ミルクはお外でたくさんの苦労を重ねてきました。
クリックすると元のサイズで表示します

子猫を出産したのも、一度や二度ではありません。けれど、産んだ子のうち、9割が亡くなったと聞いています。ミルクのことだから、どんな時も全力で、あらゆる外敵から、子猫たちを守ろうとしたでしょう。ミルクは常に、立派で優しい母猫でした。

我が家では、私に追い回され、鉄分補給サプリを飲まされたり、慢性化してしまった風邪の影響で、絶えず流れる鼻水、それが固まってできる鼻くそ、目やにを拭かれたり、目薬をさされたり……。受難の連続でした。

私がいくら、ミルクのためだと言ってお世話をしたところで、ミルクには分からなかったでしょう。だって今まで、食事以外の面倒をみてくれた人間はいないのですから。

ミルクが母の顔を脱ぎ去り、完全に甘えられるようになるまでには、おそらく時間がかかります。

そう伝えたところ、ミルクの里親さんはこう言いました。

「いいです。一生をかけて、仲良くなりますから」

あまりにも清々しく、きっぱりと放たれた一語を聞いて、私、思いました。

あああ!

世の中も捨てたもんじゃないな、と。

ミルク、よかったね♪
クリックすると元のサイズで表示します

ハニー、小さかったね^^ この一枚! すくすく育ってね♪
クリックすると元のサイズで表示します

ミルクが命懸けで産んだ赤ちゃんたちも、それぞれ幸せになったよ。
クリックすると元のサイズで表示します

ハニたんと、いつまでもなかよく、ふたりで暮らしてね♪

って、締めてどうするの?(笑)。

ご家族紹介は、これからですから!!

いえね、ミルクハニーの里親さんが、いかにミルクハニーを大切に思ってくださってるか、まずはそれを書きたかったのですよ。天真爛漫で信じられないくらいお元気者のハニたん&苦労を知るが故に、なかなか心を開けなくなってしまった母猫ミルク。私はどっちも、大好きです!

そんなミルクハニーをあたたかく包み込むご夫婦は、この後に続きまーす。

「ここ……どこ?」
クリックすると元のサイズで表示します

ミルクの新しいお家だよ。

かつくん「ハニミルのお届け話は、この後つづきまーす! 皆さま、楽しみに待っててね。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*