アッシュ退院


昨日は、卒業犬フウガ(くまぐす)が遊びに来てくれました。前々からの約束で、chinutsさん&ご主人さまも一緒です。その様子はまた今度お伝えしますが、フウガが大きくなっていて驚きました。予想通り、いや、それ以上のハンサムぶりです。美しく成長したな~(シクシク)

それから、ご心配いただいている卒業猫アッシュですが、無事退院したそうです!!

アッシュ、退院おめでとう。1週間よくがんばりました
クリックすると元のサイズで表示します

もう、めちゃめちゃ嬉しいんですけど♪

「ぼく、先生にちょっとシャーした以外はいいこだったよ」
クリックすると元のサイズで表示します

そうだよね! えらかったよー!
クリックすると元のサイズで表示します

写真は全て、先週火曜に撮ったものですが、アッシュの視線の先には、常に里親ヒロさんの姿が。一体どんだけマザコンなんでしょう(笑)。これもヒロさんとご主人さまの愛情の賜物です。アッシュを大切にしてくださって感謝です。

8日前、アッシュがMOMOペットクリニックに運ばれてきた時は、正直、心配を通り越して、ひとり勝手に絶望に似た気持ちを抱いていました。

まだ1歳の男の子を取り囲む私たちの耳に入る重すぎる言葉。

「峠は今」
「今日がやま」
「どうなってもおかしくない状況、むしろ今こうしているのが不思議なほど……」

「生死の境」

死ってなに、死って……。

やめてよ先生。悪い冗談でしょ?

輸血をしても、ショック反応が起きてしまったらおしまい。実は少し前に、Kさんが保護した猫が他の病院で輸血直後に亡くなってしまったのです。そのことを 聞かされていた私は、輸血に対しても警戒心があらわでした。でも、輸血なしでは生きられない。選択の余地なんて、はじめからどこにもない。そんな状況だっ たのです。

里親ヒロさんは、妊娠中の身でありながら、ご主人共々、気丈に振舞っていました。本当はどれだけ心配だったか。

アッシュ、どうかどうか、どうかどうかアッシュ、どうかどうか、乗り越えて!

頭の中で繰り返し祈りました。

病院から帰った後も、先生に何度も電話し、プレッシャーをかけてしまいました。ごめんなさい。そもそも日曜の午後は休診なのに、アッシュのために、病院に泊まり込み、つきっきりで診てくれた大巻先生。心から「ありがとう」を捧げます。

しかも、神業ともいえる「勘の鋭さ」と「豊富な経験」。
なんと、一発で病名を当ててくれました。

「ヘモバルトネラ」

病名が分かったんですから、当然、早期治療ができたわけで^^

他の病院なら、アッシュは助からなかったかもしれません。
私が昔通っていた動物病院だったら、おそらくさじを投げていたでしょう。
そうやって命を落とした犬猫も少なくないはず。

改めて、病院選びの大切さを学びました。

アッシュはまだ治療が必要な身ですが、近日中に必ずや完全復活を成し遂げると思います。大巻先生がついているし、なにより、情の深いパパママがそばにいてくれるんですから!

アッシュ、乗り越えてくれてありがとう♪

最近、今まで救えなかった犬猫たちの顔がリアルに浮かんで困っていたの。目の前で死んでいった土手犬たちや野良猫たちを思い出すたびにね、自分に対して、どうしようもないほどの嫌悪感や無力感、果てにはすべてのことに倦怠していたんだよ。だからとにかく、嬉しかった!

★★★ありがとう★★★

今日、ウイリアムを連れてMOMOペットクリニックへ行ったら、アッシュのママさんから預かったマカロンを渡されました♪ ありがとうございます!!
クリックすると元のサイズで表示します

ウイリアムの原因不明の多飲多尿で悩んでいる私は、ヒロさんからのマカロンですっかり気を良くし(笑)、元気よく家路につきました。あとでオレンジティと共にいただきます!

ウイリアムについては、次回書きますが、ここ数日、飲水量が500mlを超える日もあります。病的な量なので、現在、大巻先生に様々な検査を多方面からお願いしているのですが、時間をかけても、お金をかけても、まだ原因を突き止めていません。

はっきり言って、心にものすごい負荷がかかります。ウイリアムも不憫です。でも、こんな時だからこそ、気を強く持って、ウイリアムを支えていきたいです。

通院お疲れさま
クリックすると元のサイズで表示します

ウイリアムは私の希望なんだから、もうちょい辛抱してね。
クリックすると元のサイズで表示します

かつくん「ウイリアムは病気なのかな? それすらもまだ分からないんだって。お水を飲む量、おしっこの量は多いけれど、それ以外、何も症状がないんだよね。だから消去法でひとつずつ病名を消していくしかないんだって。長い旅にならなければいいけど。

アッシュ、おめでとう。たくさんの人が心配してくれたんだよ。あじちゃんママさんももママちゃん、いろいろありがとう!

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*