アイスブルーの目の紳士


※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

在宅ワークのときも、たわしの家族募集で希望者さんとやり取りをしているときも、ブログを書いているときも、勉強をしているときも、アイスブルーの目の紳士が私の膝にすっ飛んできます。

 

 

甘えん坊のイケメンです。

125_atari

 

 

「こんなことを考えても何の意味もない」と頭に浮かぶ恐怖を手で払いつつも、私はいつかやってくる別れに対し、絶望を感じ、常に身構えている状況です。

 

 

幸せが過ぎると不安になる。

 

 

今の一瞬が満たされているからこそ、明日も、明後日も、来年も、再来年も同じであってほしいと願うのです。肉体的な機能のみならず、精神もまた、「恒常性」をはかろうとするのかもしれません。

 

 

ましては対象はあなただから

174_atari

 

 

はじめて外で見かけたのはいつだったか?

 

 

10年前? 8年前?

 

 

よく覚えていないけれど、その顔が強烈なインパクトを放っていたことは忘れられません。

 

 

私が持っていたファミマのチキンを凝視していた2メートル先のあなたに、私がチキンをちぎって投げましたよね? あなたがチキンに食いつく顔を見て私は「ブサイクな猫だなあ」と思いました。

 

 

ごめんね。

171_atari

 

 

その後、近所の餌やりさんに「パンダ」と名づけられていることを知ったのですが、パンダという名がどうも私にはしっくりきませんでした。だってそんな険しい目をしたパンダはいないのです。

 

 

ノラ猫時代のあなたは、メチャクチャに汚れていて、悲壮感が漂っていました。

 

 

個性の強すぎるビジュアルのせいで余計に負のポイントが目立っていたのでしょう。

173_atari

 

 

保護したときのシャーのすごさ……

 

 

驚くほどのノミの量……

172_atari

 

 

保護猫を洗わない私ですが、あなたは特別でした。

 

 

シャンプーを終えたあなたは、一枚の不要な厚い皮がはがれたように真っ白のふわふわになりました。あなた自身がまるで生まれ変わったかのようでした。

 

 

とても美しかったです。

176_atari

 

 

 

さぶ、私はメンタルの強化をしようと、「心」の勉強をかじっています。

 

 

あなたとよりよい人生を送るために、私より駆けっこの速いあなたとのバランスを取るために、いろいろな覚悟をするために、そしてそれらぜんぶをあなたとの暮らしに還元できるように……。

175_atari

 

 

今日もあなたなりに元気でいてくれてありがとう。

 

 

あなたの一番のファンの濃厚接触者より

 

 

(写真はすべてカメラマンの筒井さんより)

 

 

KISS

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*