保護猫ミミ玉の勇気


※ブログを連続更新中

 

 

「ハハ これ フワフワですね おふとんも枕もいい感じ」

kokomimi (3)

 

 

「これがうわさの ねこまくら ですか?」

kokomimi (4)

 

 

先日ふと保護猫ミミ玉がホールに出てきているのを見かけました。

kokomimi (5)

 

 

高菜を失ってあたふたしていた私に、シャイなミミ玉からのあたたかいプレゼント

kokomimi (7)

 

 

あまりにもキュンキュンして思わずミミ玉を抱きしめてしまいました(イヤがられたけど^^;)。どうして猫ってときどきやさしくしてくれるんだろう?

 

 

ミミ玉の自我、大胆さ、勇気に救われた私。703号室での生活に慣れてきてくれたか^^

 

 

ミミ玉に感謝、ですね。

 

 

この子は耳が傷だらけだった。だから外で「ミミ」と呼ばれていたのです。

kokomimi (6)

 

 

ミミ玉とココ玉の外猫時代の写真が手元にあります。落ち着いたら紹介させてくださいね。

kokomimi (1)

 

 

猫嫌いの人たちからも車の往来の激しい車道からも命からがら生き延びた子たちですよ。

kokomimi (2)

 

 

すべてが人間の目線で配置されている世界を生き抜いてふたりは本当にえらい。

 

 

やわらかい寝床とは無縁の生活を送ってきたココ玉とミミ玉。

 

 

「幸せになってもらいたいな」

kokomimi (8)

 

 

そうだね。いいお家探さないと♡

 

 

のんびりとした私の予定では、まずアスター(白まんじゅう)の卒業記事、次にトライアル中のミケ玉の卒業記事、それから保護猫たわしを前面に出してアピール。並行してココ玉、ミミ玉のアピールという流れにしようと考えています。

 

 

時間がかかるかもしれませんが一頭一頭丁寧に向き合っていきたいです。保護動物たちの日常や終の棲家を皆さまもいっしょに追っていただければうれしいな。

 

 

うちには「かわいそうな子」じゃなくて、「かわいい子」がたくさんいます。

 

 

最後に、最近の食生活を……

kokomimi (9)

 

 

こういう種類の雑な鍋(らしきもの)を毎日食べています。前夜はニラを入れてキムチ風味にしました。あたたまるし、栄養のバランスがいいかなと。まあ「簡単」というのがいちばんの理由。若いときは気にも留めなかった女性ホルモンの問題をめちゃくちゃに抱え、体質改善をもくろんでいます。

 

 

皆さまも健康を第一にお過ごしくださいね。

 

 

「みんなカラダはひとつしかないからな」

kokomimi

 

 

皆さまにとってよい1日でありますように。

 

 

今夜はシッターで大好きなお子たちに会う予定です。やった!

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*