うちのタフガイ


皆さまこんにちは。黒真珠とあおたんが間もなく703号室を巣立ちます。

66 (6)

 

 

苦しい中で紡いだご縁なので、感無量のひと言に尽きます。

 

 

そして私のもとに来てくれた保護猫たちに改めて「ありがとう」を伝えたいです。

 

 

さおたんと

66 (7)

 

 

かおたんは、ひきつづき家族を募集しています。

66 (8)

 

 

さかえ先生、猫砂やおやつをありがとうございます。正直助かります。

66 (11)

 

 

にゃん太さんもフードなどをありがとうございました。

66 (10)

 

 

ちかたん、お菓子とちゅーるをありがとう!

66 (12)

 

 

里親さんや友人方に恵まれた日々を送っています。

 

 

先日ブログで紹介した天国へ旅立った卒業犬宙家に、13年前の同じ頃、私の保護犬タロの里親になってくれた黒田さん(現まるの里親)がお手紙を書いてくれたのです。私が郵送役をつとめました。

 

66 (4)

 

 

ふふ。なんかあったかいなあ。

 

 

さて、たまにはレギュラーメンバーのことでも書きますかね♡

66 (5)

 

 

ヘビーな病と闘っているあまぱん(推定15歳以上)はかなりのタフガイ

66 (9)

 

 

見てこれ↓ 点滴(皮下補液)を受けながらランチを召し上がるという^^;

66 (13)

 

 

毎週emi-goの病院で、あまぱんやさぶの闘病に必要なグッズを買っています。

66 (3)

 

 

買っても買ってもすぐになくなってしまう。ちなみに本日も行きますよ。emi-goが安く売ってくれていなかったらおそらく私は破産していたでしょう(苦笑)。

66 (1)

 

 

慢性腎不全組はコストがかかりますね。補液ひとつとっても1日1パックなくなります。点滴の針は4本、チューブ、シリンジ、薬、サプリ、猫砂も消費がはやい。

66 (17)

 

 

でも、やれることがあるうちが華だと思います。

 

 

保護猫の数が多いこともあり、トイレもまめに洗っています。

66 (2)

 

 

最近はキャパオーバーぎみなので、とにかく1匹でも多く幸せな卒業をさせ、自分自身の能力と向き合って活動量を決めていかなければ、と考えています。

 

 

あまぱんに補液をする足元には高菜が控えています。

66 (15)

 

 

滑ってしまうからマットを敷いている部分に行けばいいのに……

66 (14)

 

 

私をめがけて這ってくる姿が愛おしいです。お母さんの近くにいたいのね♪

66 (16)

 

 

台風の影響でシッターのお仕事がひとつ流れてしまいました。残念ですが、空いた時間はDVD鑑賞でもしようかな? もう一度観たいのがこちら↓

55 (9)

 

 

私を応援してくださっている脚本家篠崎絵里子さんの作品。実はすでに2回観ています。家族の在り方、が深くじわじわ胸に迫ってくる感じ……。好きです。

 

 

ひさびさにblogに我が子たちの写真を載せられて満足♪

 

 

このあと掃除もゆっくりできそうです。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





2件のコメント

  • タロパパ

    恥ず。。。。

    • anny703

      タロパパ様
      ちゃんと届いていましたよ。喜んでいました。

コメントを残す




*