太陽をめざして


ジャイアン改めコテツの卒業記事をUPするはずでしたが、写真の整理が捗らないので次回までお待ちください。明日は保護ほやほやのすずらんを迎えに行ってきます。

 

 

最近の私はとにかく無気力です。なにをするにも腰が重い。怠惰の極みですね。

irua

 

 

 

このまま人生が終ってしまうのではないかという恐怖と懸念。

 

 

すべてが自分の思い通りにはいかないですよ。

 

 

皆さまもきっと胸の内に悩みを抱えていらっしゃるのではないでしょうか?

いるあ (1)

 

 

 

私の場合はべべナナとのお別れも相当に辛かったのですが、それ以前から私には苦悶がありました。べべナナの介護や闘病のおかげで頭の隅に追いやっていただけの話です。

 

 

そろそろ自分の人生と真摯に向き合う時期が来ているのかもしれません。

 

 

多面的な役割があるとどこに照準を合わせたらいいのかわからなくなることがあります。しかし迷うも進むも一度きりの人生。壊すも守るも一度きりの人生。

 

 

岐路に立たされても岐路に立ったままではなにも解決せず、どちらかへ進まなければならないときが来ます。選んで歩いて行きついた先が明であろうが暗であろうが、分かれ道の間で座り込むような生き方だけはしたくないものです。

 

 

意味深なことをすみません。頭は大丈夫です(笑)。

 

 

そして目下の心配はほほの運動機能

いるあ (3)

 

 

 

自分の身体をうまくコントロールができない姿はお母さんの切なさをさそいます。

いるあ (4)

 

 

 

けれど昨日の朝、私は心震えるシーンを目の当たりにしました。

 

 

太陽が昇りはじめたのにあわせほほが大きな窓をめざしてゆっくりと動き出したのです。

 

 

日光浴に最適のお気に入りポジションへ向かって這って這って這いつづけ、全身が朝陽の恩恵を受ける位置にたどり着くまでがんばりました。

 

 

光を浴びながらグルーミングに勤しんでいたほほは神々しかったです。

 

 

勇ましく、美しい。

 

 

生きづらいのはほほなのに情けないのはお母さん。

 

 

ほほは失ったものの数など端から気にしていません。

 

 

今、なにを手にしたいか、それだけを意識し努力しています。

 

 

かっこいいよ。

いるあ (2)

 

 

 

人間のほうがよほど弱虫ですね。

 

 

 

スポンサーリンク





2件のコメント

  • テンコママ

    こんばんは。
    先日子猫の保護の事でコメントさせていただきました。
    あれから心がいつも重く憂鬱で、何が原因?と考えれば子猫のことでした。
    70を過ぎた私が保護するなんて口で言うような簡単な気持ちでは出来ません。
    でもいつも憂鬱で居るんだったら保護してから考えようと決断。
    夕方捕獲器で保護、興奮して暴れまくりどうなる事かと思ったのですが捕獲器のまま動物病院へ直行
    ワクチン、レボリューション、検便して帰宅しました。
    子猫も落ち着いたらしく触れるし抱っこも出来ます。
    ハチワレの可愛い男の子でした。
    体重1.12キロ(2ヵ月半くらいでしょうか?)
    少し落ち着いたら里親募集したいと思います。
    応援よろしくお願いします。
    ピッピと名付けました。

    • anny703

      テンコママ様
      取り急ぎ
      お疲れさまでした。やった!!
      すごいことだと思います。
      もしよければ子猫の写真をいただければブログにも載せますね。
      がんばってください。

コメントを残す




*