可能性


703号室はあさひの家族募集をしています。お問合せをお待ちしています。

tuuinn (11)

 

 

 

火曜日、私はほほ、あまぱん、さぶを連れて東大病院へ行ってきました。

 

 

毎度つき合ってくれるMIHOさんもいっしょです。

 

 

実はほほの状態が悪く、予約日まで待つか診察日を前倒しするか悩んでいたのです。

 

 

投薬をつづけているものの、水頭症の症状が進んでいる感じ。

 

 

ほほはあまり動かなくなり、歩行の際のふらつきも目立ちます。ジャンプはできなくなりました。1日中、ほとんどベッドの中で四肢を突っ張っています。

 

 

移動中のほほ。緊張したのか目を見開き口を開け舌を垂らしています。

tuuinn (2)

 

 

 

病院に着いたらふつうの顔に戻ったのでホッとしました。

 

 

ほほ、がんばっておいで

tuuinn (4)

 

 

 

水頭症のほほは頭部エコー、身体学検査、血液検査を

tuuinn (7)

 

 

 

慢性腎不全のあまぱんとさぶは血液検査を依頼

tuuinn (6)

 

 

 

腎臓病の治験薬も継続しているので経過観察も必須

tuuinn (5)

 

 

 

3匹を先生に預け、2時間の待ち時間を敷地内で過ごすMIHOさんと私

tuuinn (3)

 

 

 

お腹が空いたのでランチを

tuuinn (8)

 

 

 

「ほほが気になるね」「どうなってるんだろうね」などの会話を交わしながら、ごはんを食べる私たち。でも私はほほの無限の可能性を信じているのです。

 

 

これまでだって水頭症が起因でいろんな問題が起きたけれど、ほほは折れませんでした。負けませんでした。乗り越えてきたのです。

 

 

だからこそほほはこうして私のそばにいるのです。

 

 

自然光のいいポジションでMIHOさんと写真の撮りっこをしました。

tuuinn (9)

 

 

 

レストランの前にて。MIHOさんの写真は公開NGだそうですのでお気に入りの赤Tシャツ(友人のブランド・マシス)を着た私のみが出しゃばるという^^;

tuuinn (14)

 

 

 

2時間後、MIHOさんと院内へ戻りました。

 

 

前田先生の登場です。

tuuinn

 

 

 

私の身にもしも何かが起きた場合、前田先生がほほの後見人になる約束です。前田先生はほほ、あまぱん、さぶを丁寧に診てくれますが、特にほほに関しては思い入れが強い。ほほの症状が悪化したことを前田先生は心配していました。いろいろ話し合った結果、①ほほをダイエットさせ、②処方されているステロイドはそのままの量にし、利尿剤のみを増やそうということに。2.5㏄→4㏄で様子を見て、1か月後また検査を受けさせます。

 

 

頭部エコー

tuuinn (13)

 

 

 

脳内の水の量はさほど変わらないのですが、おそらくどうにか均衡を保ってきたほほの脳と水がどこかでバランスを崩してしまったのだろうという診断でした。

 

 

利尿剤の効果に期待を寄せたいです。

 

 

生後間もなく保護したほほも気づけば11歳。

 

 

脳が薄くペラペラの状態のほほが11歳を迎えられるとは夢にも思いませんでした。獣医師の先生方にもほほは「おそらく短命でしょう」と言われつづけてきたのです。

 

 

だから私としては、一喜一憂はなるべく控え、とにかくわずかでもほほの状態が回復することに神経を注いでいきたいと考えています。

 

 

ほほは私にいろんなものを見せてくれました。

 

 

これからも見せてくれるはずです。先生がついてくれているし、大丈夫!

tuuinn (10)

 

 

 

慢性腎不全コンビのあまぱんとさぶの結果はまずまず。

 

 

さぶは調子がいいのですが、あまぱんが200g痩せていたのがショックでした。対策としてあまぱんへのシリンジごはんの量を増やします。

 

 

 

帰宅後、MIHOさんがあさひと遊んでくれました。あさひお留守番ありがとう。

tuuinn (1)

 

 

 

夜はほほの11歳のお誕生日をみんなでお祝い。その様子は次回お送りしますね。

 

 

ほほは生きています。

 

 

皆さまもほほの顔をイメージして共に祈ってくれるとうれしいな。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*