親バカタケノコの会


皆さまこんばんは。すっかり深夜です。

 

 

さて、先日母の店でプチ「親バカタケノコの会」が開催されました。お誘いをくださったのは卒業生ポテチの親のきーやんさんご夫妻。私が入ることなく里親さん同士がTwitter、インスタグラム、フェイスブック、ブログを通じて勝手に仲よくなっていってます。

 

 

そんで私はおまけに声をかけてもらっているという。

 

 

たいへんうれしいです。善き方がいいエネルギーで繋がっているからね。

 

 

断っておきますが私は頂点に君臨したいタイプではありません(笑)。もともと私は人の上に立てる器ではないのです。しかも正直あまり興味がない。

 

 

あくまでも「個」と「個」を重んじます。

 

 

「里親さん」という言い方も実は苦手です。

 

 

ただほかに言葉が見つからないので仕方なく使っているだけです。私の親しい人をほかの方が「私の右腕」とか「私の左腕」といったような表現をすると、私は不快感をおぼえます。人はみんな平等ですし、それぞれに名があり、そこには上も下もありません。ですよね?

 

 

あ、脱線。

 

 

話をもとに戻しますと、親バカさんたちが、タケノコを食べたいという欲求のもと集結しました。台湾タケノコは私、いちばん好きな食べものです。

IMG_2228

 

 

 

よって当然乱入

IMG_2226

 

 

 

私たちのテーブルはタケノコをオーダーしまくりで~す。

IMG_2224

 

 

 

メンバーは、ポテチ家

IMG_2581

 

 

 

ポテチの娘リリ家

IMG_2580

 

 

 

チョコレートキャンディーみたいな? すもも家

IMG_2582

 

 

 

私に渡したいものがあるというので「来ちゃえば?」と誘ったちゃた幸家

IMG_2579

 

 

 

の4家族∔私∔妹夫妻

IMG_2230

 

 

 

ほんとうに楽しくて時間があっという間に過ぎていきました。

 

 

プレゼントもありがとう。上がポテチ家で下はすもも家より♪

IMG_2238

 

 

 

すももの里親あっティーさんいわく、私は「珍獣」だそうです。

 

 

うーん。そうかなあ?

 

 

珍獣……どんなところを言っているんだろう?

 

 

誉め言葉って受け止めていいのかはビミョーですが、まあとりあえず無味無臭よりは多少匂っているほうが生きている気がします。だから、いいね。

 

 

みなさんの帰宅後、妹が突如フェイスブックにあげた動画に爆笑した私は、思わず喘息の発作が起きました。短いけれど私のテーマソングが入っているらしいです。意味がわからない。あまりにもバカバカしいのでよろしければご覧ください。

 

 

 

なんなのこれ?

 

 

 

外で物乞いをしてきた子たちが、あるいは家の中で幸せを得られなかった子たちが、再び生き直し、家族の心の拠り所になっている。有意義なことですね。

 

 

最高です。

 

 

次回は脱走猫について、緊急集会の様子、ローズの卒業記事も控えています。

 

 

ではまたお会いしましょう。皆さまお身体をたいせつに!

 

 

LOVE IS ALL!

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*