ぼく エリーゼのために


ツイッターをごらんの皆さまはご存じかもしれませんが、べべ公の調子が悪いです。

isogasii (10)

 

 

 

チチは輸血に反対ぎみ(理由は不明。刺激が強そうだから? なんだろ?)でしたが、やらなければいけない状況になり、ようやく前向きに。家族一丸というのは、簡単なようでなかなかむずかしい。でもチチも私もべべへの気持ちは同じ。なるべくケンカせずに穏やかに過ごしていきたいです。加えて私は頭の中で考えていることを、ちゃんと口に出し、人に伝える訓練をしていかなければと反省。うーん。協調性ってやつですか?

 

 

 

万全を期してのぞみます。べべ公、がんばろう!

isogasii (13)

 

 

 

 

さて~! サクに会いに来てくださっている皆さま(いますか?)、ポテチ、母猫十香、子猫エリーゼ一家の近況を交えサクッと放出します。サクは現在お問い合わせがありません。

 

 

 

けれどサク(黒白)もエリーゼ(茶白)も私の宝物なんですよ。宝物を自慢させてくださいね。

isogasii (18)

 

 

 

まず、保護猫十香(とか)ちんを迎えに行った日の写真を

isogasii (2)

 

 

 

十香ちんはかなりワイルドレディ。現在は手がつけられないレベル。先に保護したポテチの横のケージにステイ。ふたりとも茶白で、状況から察しておそらく夫婦かと。

isogasii (7)

 

 

 

ポテチはエリーゼの父猫である可能性が高いです。父娘、そっくりなんてもんじゃないですよ!

isogasii (8)

 

 

 

たとえ父じゃないとしても、ポテチはエリーゼの命を救いました。大げさ抜きにポテチがいなかったらエリーゼときょうだいたちは死んでいたでしょう。子猫たちを死に追いやったのは、まちがいなく私であったはず。そして私は、子猫たちを死なせたことにすら気づかずに、のうのうと生きていたにちがいありません。ポテチが子猫と私を救ってくれました。感謝しています。

isogasii (4)

 

 

 

落ちついたら経緯を書きます。少し時間をください。

isogasii (9)

 

 

 

当初は母猫十香ちんとエリーゼをいっしょにするつもりだったのですが、エリーゼは野良気質がようやくおさまって、おっとりガールにかわりつつあります。母猫は未だ興奮状態なのでチチとも相談した結果、別々からスタートさせることに。とは言っても、十香もエリーゼも703号室にいるので、臨機応変に対応していきます。

isogasii

 

 

 

チチ、エリーゼさまを溺愛

isogasii (6)

 

 

 

チチの本妻リル(犬)が嫉妬に狂っています(笑)。

isogasii (5)

 

 

 

「わたち 人間のおじさんはすきじゃないもん」

isogasii (3)

 

 

 

うん。私も(爆)。

 

 

 

じゃあエリーゼさまに、私がとっておきの王子さまをご紹介しましょうか?

isogasii (12)

 

 

 

不器用でシャイなところがあるんですけど、スマートでハンサムですよ。

isogasii (25)

 

 

 

会ってみたいですか?

isogasii (23)

 

 

 

YES? YESねその顔は!

isogasii (21)

 

 

 

サクお願い。私にサクの力を貸してください。

isogasii (16)

 

 

 

「わ・・・・・・♪」

isogasii (14)

 

 

 

「わたちのタイプです」

isogasii (15)

 

 

 

 

「ハハ~ みてみて」

isogasii (11)

 

 

 

「わたちたち」

isogasii (24)

 

 

 

「いい感じにもりあがっています」

isogasii (20)

 

 

 

「サク兄に ぴとっ」

isogasii (22)

 

 

 

サクは自分がいちばん小さかったから自分よりミニサイズのエリーゼさまの扱いに戸惑いを見せましたが、いじわるもせず、猫じゃらし遊びをしたり、追いかけっこをしてくれました。

isogasii (17)

 

 

 

 

エリーゼさまの愛らしさは疑いようのない事実ですが、オトナの階段をゆっくりあがるサクも私にはかわいくて仕方がないです。私はサクを信頼しています。

isogasii (19)

 

 

 

サクならエリーゼにやさしくできる。そう信じて遊び役をサクに任せました。

 

 

 

サクは今、さぶにくっついて眠っています。

1ar

 

 

 

サクもまだまだ甘えたい盛り。サクを家族にしたい方はいませんか? 先住猫がいてもいなくてもだいじょうぶ。サクは魅力的な紳士です。エリーゼにとっても、私にとっても。

 

 

 

これから大巻先生の病院にべべの尊いお友だちをお迎えに行きます。それではまた!

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*