おれおれサギ


今日はナナを連れて病院へ行ってきました。慢性腎不全ステージ3のナナ。通院のたびに数値がじゃっかん上がっていたのです。よって検査数日前からドキドキ。悪化していたらやだな。

 

 

しかし避けるわけにはいきません。私は以前書いたとおり、慢性腎不全と闘うには計画的なモニタリングがたいせつだと考えているのです。次の一手を打つために、保護者の私はナナの体に起きている異変を絶えず知る義務があります。

 

 

よーしナナ、がんばろう!

kyounoneta-5

 

 

 

長年忍耐強いキャラだったけど、ここんところ性格が変わったナナ(苦笑)。先生や看護師さんを噛んでしまわぬようカラーを装着!

kyounoneta-8

 

 

 

検査の合間に点滴をお願いしました。これで本日はナナの自宅点滴をせずに済みます。

kyounoneta-12

 

 

 

待つこと15分。血液検査の結果が出ました。やった!! 数値が下がってる!!

kyounoneta

 

 

 

ほんとうにうれしかった。犬は猫よりも予後がわるいとされる慢性腎不全。数値が下がっているというのは私たち夫婦がコツコツ投薬や点滴をつづけてきた甲斐だとうぬぼれています。

 

 

少し前に検査したさぶもあまぱんも数値が下がっていたのだから、うぬぼれていいですよね^^

 

 

お子たちの闘病は地味なケアの積み重ね。努力が報われるのはこういうときくらいですから素直に大喜びしています。でも、いちばんがんばっているのはナナ。ナナありがとう。

 

 

べべ、あまぱん、さぶ、ナナの薬をもらって帰りました。会計には泣いた。

 

 

べべもスゥスゥ寝息をたて、べべのペースで生きていますよ。

kyounoneta-13

 

 

 

「なあなあ おれの話を聞けって・・・・・・」

kyounoneta-9

 

 

 

ジョイの卒業後、やたらスキンシップを求めてくるさぶ。前にも増してベタベタくっついてきます。

 

 

昼は「片手抱っこスタイル」で区の生活衛生課の担当者と長電話。超腕がしびれたし。

 

 

区の生活衛生課が例の老人宅に出向き、いろいろ動いてくれています。今回はやり手の女性職員に言いくるめられるような形で終始おとなしかったらしい。けれど侮れません。

 

 

私とも昔何度も「自分勝手な方法での餌やり」を控え、周辺住民の迷惑を顧みることを約束してくれました。ですが老人はなにひとつ変わりませんでした。だからいい方向へ向かったとは信じがたいですが、自治体も腰をあげているというのが私にとっては重要なのです。

 

 

せめて堂々と保護できるようになりたい。わるいことをしているわけではないのですから。

 

 

 

「なあなあ ジョイ元気かな? 里親さんからメール来てるか?」

kyounoneta-4

 

 

 

ちょいちょい来てます。さぶは心配しなくてだいじょうぶ。

 

 

でもさびしいね。わかる。私はジョイの大きな「おねだり声」が聞きたい。たくさん食べてくれたのジョイだけだもん。頭数が減り物理的にお世話は楽になったけど、物足りない気もするよ。

 

 

 

「さぶ兄~ もうすぐそっちに戻るからね」

kyounoneta-10

 

 

 

「待っててね」

kyounoneta-2

 

 

 

「ヒヒ」

kyounoneta-11

 

 

 

「お 帰ってくるのか?」

kyounoneta-6

 

 

 

「さぶ兄 そいつはニセ者です。だまされないでください。ぼくはそちらに帰る予定はありません。あたらしいお家でぼくの家族とともに 日々努力中です」

kyounoneta-3

 

 

 

「シッシッシ・・・・・・」

kyounoneta-7

 

 

 

満天(まんてん)おまい、ずいぶん余裕ヅラになったわね(笑)。

 

 

さぶがジョイと満天の見分けつくのか密かに楽しみ。

 

 

読者の皆さまにも「ちがい」をちゃんとアピールしていかないとね。

 

 

ジョイは名前が変わりました。卒業レポ時に発表します。

 

 

ニセ者? 満天の写真はemi-goが送ってくれました。彼はまだ病院にいます。

 

 

保護時の印象があまりにも強烈だったのですが、emi-goの話によると、昨日からちょっと撫でられるようになったんですって。すごいなあ。emi-go感謝感謝。LOVE!

 

 

決めつけるのはいけませんが、過去の経験から見て私はてっきりFIVャリア&人慣れゼロの屈強男子コースだと観念していたのですよ。それはそれで仕方ない。満天の「丸ごと」なら悲観視せず、譲渡のハードルが上がろうがベストを尽くす所存でした。

 

 

すべては「個性」ですから。

 

 

なのにウイルス検査陰性(顔にケンカ傷があるため時期を置いて再検査します)で、保護後たったの数日で軟化してきたなんて・・・・・・。人に慣れるのに最低でも半年は覚悟したのに。

 

 

とんだ誤算です。ボーナスをもらったようなハッピーな気持ち。

 

 

満天~! ありがとう。

 

 

私いっしょうけんめい赤い糸をさがすからね!

 

 

 

ALL LOVE!

 

 

スポンサーリンク





4件のコメント

  • Shiman

    数値の減少はチチハハさまの努力のたまものです!
    我が家の猫ズは見た目の似た預かりっ子が入れ替わりで来ると気づいてませんでしたねー。あんがい雑ですね(笑)「新人だ」と認識すると執拗にチェックするくせにww

    • anny703

      Shimanさま
      さぶはねえ、気づいてしまったようなのです。満天は変わった猫で、ほほとあまぱんにはスリスリベタベタなんですが
      さぶのことは大嫌いみたいでシャーシャー威嚇します。
      同じ茶白でものんき(ジョイ)とキャラがちがうからさぶは困惑しているようです。かわいそうに^^;

  • wasako

    満天くん、体を倒してリラックスして肉球のお手入れなんかしちゃって表情も柔らかい。
    この子もさぶくんと同様、助けてもらったんだと自分の状況を把握出来るとっても賢い子なんでは?!って思ってます。
    とりあえずウイルス検査も陰性で本当に良かった!(^^)!

    • anny703

      wasakoさま
      聞くところによると写真よりはまだ緊張しているみたいです。ですがデカ円級じゃないなら本当にうれしい(爆)。
      さぶは一瞬で超キャラ変しましたが、満天も少しずつでいいからキャラ変をしてほしいです。
      想像よりは大丈夫そうでかなりホッとしています^^

コメントを残す




*