保護


外に出る仕事をほぼ辞めました。外出の回数もセーブしています。

 

でもそれは単に家で休むためではなく、長年私を支え、私のわがままを聞いてくれたお子たちの闘病に自分の力を注ぎたかったからです。私の代わりに、チチが仕事を増やし、これまでに私が貯めた「お子らのちょこっと医療費貯金」とあわせて今、暮らしています。

 

出費がすごいので、先週末から私は在宅の仕事をコツコツはじめました。

 

来客を想定しお花も買ったし、カビだらけのエアコンも洗った。お子たちが体調悪そうなら迷わず病院へも連れて行く。しかしお金がありあまっているからではなく、こんなときだからこそどこかに精神的な余裕を残したいと考えているのです。

 

 

本日は保護猫海子の朗報を皆さまにお届けする予定でしたが、悲しくてやる気が起きません。このテンションで書いては海子に失礼なので、次回気分を一新し、皆さまに聞いていただこうと思います。

 

 

近年私は、人との「距離」にウエイトを置くよう心がけています。

 

この書き方、誤解を招くでしょうか?

 

人がイヤだから距離を置いてつき合っている、という意味ではありません。

 

なんて言えばいいか、自分の正義や主張は、自分だけのものにすぎない、と気づいたのです。

 

自分の正義や主張こそがスタンダードだと信じていた頃より、ずいぶん楽になりました。

 

悔しさを味わったり、ガッカリすることが減り、ほんとうに生活しやすくなりました。

 

 

けれど数年に一度、ドカーンと大きいのがやってきます。

 

 

私なら同じことはしない。

 

まず人としてどうなんだろう。

 

 

目の前の命に対して最善を尽くす。自分の力でできる限りやる。やむをえず人になにかをお願いするときは、自分に「できること」を相手に明確にしておく。お金や時間を惜しまない。保護したら責任を負う。私は今後もよりいっそう強く意識して生きたいと思いました。

 

 

頭の中がまとまらないし、ここは幸せの703号室なので特定のなにかを批判することは控えるつもりですが、とても悶々としています。苦しいです。

 

 

ご心配をおかけして申しわけありません。

IMG_0061

 

 

 

胃がんのべべは低空飛行安定中

 

リルは食が細い以外は元気

 

水頭症のほほはほほなりにいい状態をキープ

 

慢性風邪のあまたはたまに嘔吐し食にムラがある

 

慢性腎不全のさぶは変わらず

 

保護猫ジョイと海子は変わらず

 

慢性腎不全と認知症のナナがよくありません。心配で胸が潰れそうです。

 

 

1日中、薬、シリンジ、ごはんを持ってみんなを追い回しています。排泄物と嘔吐物の片づけ、1日に4回の散歩、こまめな通院などが正直キツい。みんなの寝顔を眺めているとホッとします。反面、自分が病気で寝込んでしまったらこの家はどうなるんだろうと不安になったりします。

 

 

「横ばい」を維持するたいへんさを痛感しています。

 

しかしお子たちと私の保護猫たちを私が見るのは当然です。みんな私の家族だから。

 

 

でも残念ながらそれ以外の余力はありません。なにかをお受けすることはむずかしいです。保護した方が己の責任の範ちゅうで行うのがいちばんだと思います。あるいは関わった人みんなが納得した分担作業でそれぞれの役割を果たす。ベストを尽くす。

 

 

それを貫いたとき、はじめて「保護」という言葉が真実みを帯び、光を帯び、未来へ染み渡っていくのではないでしょうか?

 

 

 

「生意気言ってごめんな」

IMG_0070

 

 

 

「海子のことは明るく書くらしいからまた来てな ぺこっ」

IMG_0028

 

 

 

Smile

 

 

 

スポンサーリンク

6件のコメント

  • kaz

    この思いを記事にしてくださって 感謝します

    私は ハハさんやマイ太郎さんの行動力に対してだったり
    保護した子にどんなに問題があっても 時間がかかっても
    素晴らしいご縁を結んでいらっしゃるので
    力を借りたり相談にのってもらいたいと思って
    悶々としていました

    でも以前 マイ太郎さんは チビクロちゃんのことで
    そしてハハさんの今回の記事のを読んで
    勇気を出すのは自分 保護すると決断したら自己責任で最後まで面倒見る
    ほんとに それが当たり前だと思います
    誰かを当てにして 保護する
    それは違いますよね

    • anny703

      kazさま
      コメントありがとうございます^^
      私は相談くらいならいつでも乗らせてもらいたいです! 相談で済む内容なら喜んでなんなりと!
      今までたくさんの方の相談に乗ってきました。その後いいご報告を聞くたびにほんとうにうれしくてたまらなかったです。
      自己責任、とても重い言葉ですね。
      「不幸な動物を哀れんだだけなのに、最後まで自分でやらなければならないのか?」
      という意見も当然あると思います。
      しかし今の日本では、公的なバッグアップはあまり期待できません。
      そうするとやっぱり自分の力が必要になってくると思うのです。
      非常に重い責任を持って取り組まなければならないので、ときとして不安に陥ったり疲弊したりすることはありますが
      その壁を乗り越えたときの達成感もまたひとしおです。
      もちろん、こちらから声をかけて協力させていただくこともあります。
      そのときにはこちらですべてを引き受けるので、必ずしも保護した方の責任ではなくなる場合もありますが、なんていいますか
      はじめから丸投げ希望があまりにも強い場合は、正直辟易することも。
      みんながバランスよく自分のできることをしていければいいですよね!

  • 佑咲

    アンニイ様
    大丈夫ですか。少し、疲れていらっしゃるようで、アンニイさんのことが心配です。

    できることと、できないことがある、というのは仕方ないことだと思いますし、自分が管理できる以上のことを、引き受けられないのも、仕方ないと思うのです。ただ、日々、いろいろ辛いことがありますよね…。

    でもアンニイさんがいらっしゃることで、沢山の人が、勇気をもらえているのは本当だと思います。(私ももらいました)無理をなさらず、まずは703号のみんなのために、アンニイさんの心が元気になってほしいって思っています。

    • anny703

      佑咲さま
      ありがとうございます! 私はだいじょうぶです。
      時々とても疲れることが起きますが、まわりの方々に助けられなんとか元気にやっています。
      闘病ばかりでネガティブな感情を抱えやすくなり、また日々慢性的に緊張していることもあって精神のバランスがおかしいときがありますが(笑)
      がんばります~! いつもやさしくしてくださり感謝の気持ちでいっぱいです。

  • ワタシ

    「やりたいこと」と「出来ること」は「違う」。
    これに尽きます。

    • anny703

      ワタシさま
      そうですね。私はできることをつづけていこうと思います。

コメントを残す




*